幽玄の闇

熱心なご訪問者様のお陰で、このところしばしばカウンターが多く回っている日がある。
カウンターの上にマウスポインターを持って行くと、棒グラフが出るざんすよ。
何処の何方様かは存じませぬが(アクセス解析を設置しているので、一応全ご訪問者のホスト等ははわかるっす)、このような所を細かくご覧いただき恐縮でありんす。


さて、15日(水)夜は、家の前の小川へゲンジボタルを見に行った。
遅番の仕事を終えて帰宅する時、毎年ホタルが見られるこの小川の側で車の速度を落とし、
「飛んでいるかなー?」
と目を凝らしたら、おおー!結構現れているじゃないっすか♪

我が家は水田が目の前にあり、それを一枚挟んだ向こうには市営住宅。
水田の脇を用水路が流れている。
蛍と聞いて、静かなせせらぎや水源などで鑑賞する様子を思い浮かべる向きも多かろうが、農薬の過度な使用などが問題視された時代を経て、近年はこの地方都市郊外での水環境は回復してきているようで、実は民家近くの流れでも、意外と多く蛍が暮らしているのだ。
我が家のご近所では、市営住宅や民家のすぐ目の前で、蛍がフワフワ飛んでいる訳で、この我が家の庭にも飛んでくることがある。


ミラーレス一眼カメラ(DMC-GX1)を入手して約1年経つが、昨年はホタル撮影にトライしていなかった。
今年は挑んでみよう。
ISOを上げ、シャッター速度と絞りをマニュアルモードにして、蛍を撮影してみよう。
バルブ撮影用具はないけれど、このカメラ機能には、60秒までのシャッター速度が付随している。

2軒隣の家の前が、ちょうど川べりに立つことが出来る場所なので、そこに行って三脚立てて撮影。
もう22時近くなっており、蛍は段々と飛翔をやめてしまう時刻になる。
帰宅時には気づかなかったが、風も少し出て来た。
条件がいいのは短い時間だなー。
そう思って撮影していたら、隣人(従兄)が車で帰宅した。
でもここで車を止められたりしたら、光が入って撮影の妨げになる。
暗闇に向けているカメラの設定以上の明るさになってしまうので、通過されること自体困っちゃう。
挨拶もせず路傍に立ってカメラを操作したまま、車道には背中を向けてスルー。

蛍6

そんな事もあったけど、何とか撮影できた1枚。
地上にいた蛍が飛び立ったところ。
ISO 12800 Tv30 Av5.6
明るすぎた感ありあり。

しばらくしたら隣人宅から、今度は懐中電灯を持った人影がこちらへ来る。
なんだなんだよ、撮影したいのに、ピカっと迷惑なその光!

「こんばんはー」
先ほど通った従兄の嫁様だ、一応挨拶する。
「あなただったとねー」
「はあ?」
「うちの人が、杖をついた婆さんがいるって言うから」
「ち、違いますよ!」
「何しとると?」
「蛍の写真撮っていたんですよー」
「あら、もう出ているとねー、多かねー」

よくよく話を聞くと、従兄は車で通りかかった時に、
「杖をついた婆さんが、川岸にボーっと立っている」
と思ってしまったらしく、嫁様が様子を見に来たんだと。
三脚が杖に見えたんかい!
そして私が婆ちゃんかい!
(-"-)


近所に認知症が進んだお婆ちゃんがいて、時々一人で家を出て行き、家族を心配させているらしいのだ。
その婆ちゃんがいると誤解されちゃったワタクシ。
「ち、違いますよ!」
などと言っている間に、別な方向から、この婆ちゃんの息子さん夫婦が懐中電灯持参で登場。
婆ちゃんと見間違えた従兄、婆ちゃんが川に落ちたりしたら大変だろうと、このご家族へ電話入れちゃったんだって。
(-_-;)


でもこのお婆ちゃんのことでは、とてもご家族が困っていることをあらためて知った。
「行くな」「行く」の連続で、仕事に行くときも気が気じゃなく、毎日心配しているそうだ。

「冗談じゃなくてな、見かけたら教えてくれよ。
 他人に迷惑かけるようになったら困るからなー。
 防災無線で時々さ、行方不明老人を探している放送が流れるだろ。
 あれ、自分のところの話になりかねないって、
 ホントに深刻な状況なんだ」

そうだったのかー。
この間もこのお婆ちゃんを見かけたけどさー、同居している娘さんが、怒鳴りながら追いかけているの図だったもんなー。
大変なのね・・・。



そんなことをしているうちに、風がさらに吹き始めて、肌寒くなってきた。
蛍も葉の上に止まっているものが増え、撮影は不完全燃焼にて終了。





翌16日(木)つまり昨日、私は仕事お休みで、歯科医院に行ったりして過ごした。
虫歯の治療中なんだけど、ブリッジ架け替えで問題発生。
その根っこのところに、どうしても痛みが残る。
「ブリッジの土台を作りましたが、
 これは適切では無さそうですねー。
 今後の方針は、インプラントか入れ歯ですね…」
私の奥歯は抜歯している箇所が多い。
現在の治療箇所だけでなく、そこも何かの形で補填しないと、残っている大臼歯部分に負担が掛かり過ぎると言う。
そんなに多くの箇所にインプラントなんて、無理無理、絶対無理、経済的に無理!

部分入れ歯の方針になっちゃったっす。
( ;∀;)






ダンナが帰宅したのは18時前。
早いと聞いていたが、あまりにもはえぇ〜〜〜!



食事が早々に終わってしまった。
19時前だ、まだ外は明るい。

「昨日の夜、ホタルを見に行ったんだよ」
「もう飛んでいたんだ?」
「もうって、そろそろ終盤だよ」
「見ていなかったなー」
「そしたらさ、こんな訳で徘徊老人と間違われてさ…」
ダンナに前夜の経緯を説明する。
「そりゃ、ご迷惑をお掛けしちゃったな」
と言われてしもーた。


「今夜も見に行ってくるよ」
カメラを持って出ようとすると、
「まだ明るいよ」
って。
「明るいから歩きやすいし、スタンバイしやすいんじゃん」


先日他所のお嬢さんの車が脱輪していた橋の横から、まだ田植え時期前の田んぼを突っ切り、小川の畔に行って待機しよう。
その橋のところで、前夜私を見間違えた従兄と遭遇。
「昨夜はまちごーたー」
そう言われて、ははは!と笑い返すしか無い。

人騒がせなやつー。




蛍1

民家のすぐ横にあるこの小川、カキツバタが咲く浅い流れ。
ここにも蛍が現れる。
この場所は車の通行による「光害」を受けることなく、長めに設定したシャッター速度でも撮影が可能なため期待しちゃう。


ところが暗くなっても、蛍の数が少ないのだ。
フレームインしてくれるのは2頭程度という少なさで、意気込んで撮影するほどじゃないなぁ。


ホタル撮影に行くことをTwitterに投稿していたら、ご近所友達くりちゃんが、
「お伴します」
と返していて、どうやら家を出た模様。
すっかり暗くなった中、この場所がわかるかいな?と案じていたが、ああ、あの橋のところにぼんやり人影が見える、あれだ。
LINEで場所を伝えたりして、最後にはケータイ振って、その画面を照明代わりにして「ここだよ」サイン。

彼女も合流して、しばしここで蛍ウォッチング。
でもやっぱり数が増えない。
そこから見る上流のほうが少し数は出ているようだ。



前夜撮影した場所へ移動する。
従兄の嫁さんがまた出て来て、さらにはその目の前の家の、これも従兄の嫁さんが出て来て、昨夜の出来事とか蛍の話でかしましい。
まあ、光の害はないからいいけどさー。

蛍2

飛んでる飛んでる。

蛍3

でも前夜のほうが多かったな?という印象。
2枚とも、ISO 1600 Tv15 Av5.6で撮影



くりちゃんに、
「3月に芹とクレソンを採りに行った場所、
 あそこがさっきまで行っていた小川の上流なんだけど、
 ここよりもホタルが多いかも知れない。
 あの時は我が家の方から歩いて行ったけどさ、
 裏の方から車で入って行くことも出来るよ。
 行ってみようか?
 狭い里道だけど、ダンナの軽で行けばいいよ。
 あの車4WDだから、ちょっとくらいの悪路もダイジョブ」
と話を振り、自宅からダンナの車に乗って、休耕田地帯の奥へ向かう。

雑草も刈られていない道を、
「四駆だからオッケー!」
とガサガサ進む。
周りは真っ暗だし、くりちゃんってば本当は心配顔をしていると思われ(笑。
坂を下って芹を採った田んぼの横に車を停める。


おー、いるいる、結構いるじゃん。
でもこの場所としては少ないほうだなぁ。
やはり天候がカラリとし過ぎているしなー。

「イノシシ除けのフェンスが増えているー」
そうなのだ、3月にここへ来た時に、前年はなかったイノシシ除けのフェンスが出来ていて驚いたが、それがまた増えている。
近くで栗を育て始めた人が、イノシシ被害を自治体に訴え出て、こうした措置を取ってもらったらしいのだが、正直言って山菜採りの私らには邪魔なフェンスだったのよねぇ。
あの時には栗林の中に、イノシシ捕獲の箱罠も置かれていたっけねぇ。

この辺りにイノシシがいることは、ずっと前から知っていた。
子供だったゴエモンとこの辺りを歩いていた時にも、イノシシの足跡や、「ぬた場」として転げまわった痕跡などがあったし、近くで農作業をしていた人が、イノシシに遭遇した話も沢山ある。
我が家からほんの200〜300mの場所だど!
よくよく考えてみると、結構スゲー所で暮らしているなワタシ。


蛍4

良い感じで飛んでくれたので、こんな画像も撮れたよー。
ISO 1600 Tv15 Av5.6で撮影



撮影していると、新たに増えていたフェンスの向こうで物音がした。
落ち葉を何かが踏んで歩いている。
枯れ枝が踏まれてパキパキ鳴る。

げっ!
もしかして、これは獣の気配?

野ウサギとかもいる場所だけど、野良猫野良犬だっていそうだけど、イノシシだったらちょっとヤバイじゃん。
「コワイヨー」
くりちゃんガクブル。
パンパンパン!と手を叩いて大きな音を出し、こっちへ来るなと一応警戒。

「帰ろうか」
「帰ろう」

車に乗り込んでひと安心の二人。
「車の中にいれば、とりあえず襲われてもまだマシだしね」
「うんうん、ダンナの車に傷が付くだけだしね、
 車両保険入っているから良かろう」
「旦那さん怒るよーw」
「イノシシに体当りされて、車両保険って出るんけ?」
そんな事を言いながら、車の向きを変えられる場所まで、狭い里道をバックで坂道登る。


うぉっ!!!


車の後退灯に照らされて、道を横切る獣が見えた!!
フェンスが設けられていない場所まで、車が後退してきているところだった。
くりちゃんは前を向いていたからソレを見なかったが、体を捻って後ろを見ていた私は見た!!

色は柴犬っぽい色だが、柴犬よりも大きな体、スタイルは犬の姿よりもやや長く、尻尾は殆ど見えなかった。
これってイノシシじゃ!?
いや、イノシシだよおそらく!!
ゴルフ場で野生のイノシシに何度か遭遇している私にはそう見えた。

「イノシシ横切ったー!」
声を上げると、くりちゃんびっくり!
「マジですか!」
「マジですよ、大人イノシシだよ」
「うり坊ならば可愛いけど、オトナは怖いですね!」


ヤバかったかも私達(滝汗。
「ホタル観賞の主婦、イノシシに襲われる」
等と朝刊に載らなくて良かったっす。


うーむ、我が家近辺が危うし。
イノシシは夜行性と言われるけれど、昼間にゴルフ場で見かけたことも複数回あるしねぇ。
我が家の近所の人々は、昼間の農作業中に遭遇しているしねぇ。
ほんの少し人家を離れただけで、イノシシが闊歩していることをあらためて考えると、こりゃ恐ろし。


近くには名水100選&蛍の名所100選に選出されている水源もあるが、実はそこの湿地もイノシシのぬた場になっていることを私は知っている。
昼間に行くと、その痕跡がわかる。
あそこもホタル観賞に行くときは要注意ざんすー。




でもあれだけフェンスを張り巡らせてもさ、こうしてそれがない場所から出入り可能なイノシシって訳で。
効果はどれだけ出ているのかねぇ???



どれ、仕事に行く準備をしよう。



励みになります

テーマ : (`д´)ウオォォォ!!
ジャンル : 日記

コメントの投稿

夜行性なれど善良なヤモリ

ほう
あこちん様、お婆ちゃんと見間違えられたんでありますか。

ヤモリはヘンタイと間違われ職質受けること数度。。。
まっ夜撮り専門なんでしょーがないですが・・
中でもMAXバージョンはとてもハリウッド的でございました。

いつもなら免許証照会の後「や、どうも・・それじゃ気を付けて」で
すむハズだったのですが
いわゆる所持品検査というやつをやられまして
クルマから降りて両手をクルマの屋根に付けて
足を開かされて~のやつです。(頭を起こそうとしたら叱られたど・・(ーー;))

衣服と身体が終わると今度は車内のモノに着手
ヤモリのクルマからモノという物が車外へ出されてフロアーマットまで剥がされました。

結局、「手みやげ」になるようなものは何も出ず
2台のクラウンパンダ号は『ブシャー』という加速をしてあっという間に見えなくなりました。

ヤモリはすっかり写欲も失せ力無く加速して帰宅したのでありました。
トホホ


こんなにハッキリと色がでるんですね。
ヤモリは夜専なのに今だ蛍は挑戦していません。
気付いた時には毎回、時期を逃しています。

今からでも間に合いますぜ

>ヤモリさん
なんと!
職質でそんなご経験が…。
なんだかなー、それ、やりすぎじゃね?な印象ですなー。
緊急配備でも敷かれていたのかなー?
それともよっぽど挙動が…ゲホゲホ…。
いや、正直、そこまで気合入れて調べた話は、
「身近なその筋の仕事関係者」からも聞いたことがないです…。


蛍はまだ今シーズン行けますよ!
トライしてみてください、ぜひ!
我が家の近所はピークを過ぎつつありますが、
6月上旬がピークって地域もまだまだかなりあります。
吉備の国のホタルさん、ググると情報出て来ますね。
高島小学校の近くのJAの前の川
湯迫温泉の辺りの川
足守川や日近川
これからでもイケるんじゃじゃないですかね?
そしてあっちにもこっちにも、ジンベエジェットに続いてうp!

蛍を撮ったっていいじゃない、夜専だもの
               みつを(違)
非公開コメント

CALENDER
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR