長州遠征記4(リゾートなお宿)

本日のオイラは仕事が休み。
昨日の熊本は最高気温が30度を超えて、今年初の真夏日になったそうだ。
今日もお外はお日様燦々、きっと気温も上昇ちう!だろう。
エアバンドをBGMにして、窓を開け放ちおうちの中に引きこもりなう。
そして、なおも引き延ばして書いている旅行記。
まだ初日の記事が終わっていない。



萩の滞在時間は、計画からかなり超過した。
維新史を訪ねるでもない旅なのに、お買い物どころでツボに嵌る事の繰り返し。
やっぱりオナゴは、土産物などのショッピングに、ついメロメロになる生き物である。
旅の計画を練った段階で、店々での所要時間など、おそらく予定通りには行かないだろうと思っちゃいたけれど、その予感以上に時間を食ったね。
だけど萩にはまた行きたいなー。
相方ー、また行こうよー、見ていない所が多すぎるよー。

そもそも私の朝寝坊で出発を遅らせていた旅行なのに、宿の夕食時間に間に合うかどうかというギリなタイミングで萩を発つ。
宿へ向かって、萩から西ヘ西へ、右手には日本海が何度も見えていた。
ダンナはここを、とても好きなルートだと言っていた。
だが正直言って、目的地への時間が気になりながらハンドルを握る私にゃ、それを眺める余裕などほとんど無い。
急ぎたい、でも違反で検挙なんて真似はせんぞ、嗚呼この葛藤。
助手席の日本海初体験オンナである相方よ、それらの風景を楽しむことは出来たのかね?

たいして渋滞もないルートで良かった。
カーナビが最初に予想した着時間よりも、ズンズンその予測を短縮し、最終的にはおよそ45分早く到着した。
途中でスマホからGoogle Mapsのナビ機能を使ってみたんだけど、こっちの着予想時間のほうが現実には近かったわい。
でもこれ、バッテリーの減りが早くなって困るのよねー。
シガープラグから充電し続けていたけどねー。


ダンナのオススメ宿。
「俺の一番のお気に入り」
と言っている宿。
お気に入りの理由は、海がどばーっ!と見える開放感だろう。
海の近くで生まれ育って来たダンナは、現在の山に囲まれた暮らしの中で、
「時々海を見ないと、息が詰まっちゃう」
と言っている。
確かにね、私もそう感じることがあるよ。
ここに来る前は、目の前が東京湾だったからねー。
海と山、両方に恵まれた土地で暮らしたいなと、今はそう思う。




今回のお宿は、いわばリゾートホテル。
全室オーシャンビューで、夕日が見事だと評価されているお宿。
日没前に着くことが出来たぞ、頑張ったよオイラ。

フロントで例の総支配人様がお出迎えしてくださった。
夫が常々お世話になっていること、そしてこの度は無理なお願いをして申し訳ありませんということなどご挨拶。
そしてお部屋へ案内していただく。

夕日が目の前に見え、そりゃぁ嬉しくなる部屋だった。
この時点で時刻は18:55頃。
「夕日がちょうど沈む時刻ですので、ご鑑賞ください」
と客室係さんがおっしゃる。
「食事は19時までに開始をとのお話でしたが…」
急がなければならんのだろうと思いつつ尋ねると、
「少しくらい遅れても構いませんよ」
ニコッと言われてお言葉に甘える。


窓は大きなガラスになっており、窓越しでも十分に眺めが良いが、カメラを携えてベランダに出る。

お宿1

いいねぇ!

お宿6

DMC-GX1のシーンモードを「夕焼け」に設定して撮影。
スマホのカメラでも撮影したが、ここまでキレイには表現できなかった。
以前使っていたFOMAには夕焼けモードがあったのに、現在のスマホにはそれがない、ツマンネー。

お宿2

右手には角島大橋。
この橋が見える側の部屋か、そうでないかで、お宿の口コミ欄への書き込み人の温度が違っていたっけ。

お宿3

相方も夕日に向かってシャッターを押していた。



本当はこの夕日を見ながら、海に面した露天風呂へ…と言いたいところなのだが、今の季節だと日没時間と夕食時間が重なってしまう。
冬場だったら夕食前に、温泉に浸かりながら夕日を…が可能なのだがねー。




夕日を堪能し、お食事タイムざんす!
食事はお食事処にて。
先に食事を始めている方々もおられたが、その途中で夕日を見にお外へ出ておられたようだ。

お宿4


激安で泊めていただくにも関わらず、これらの方々へ先に運ばれて来て紹介されているメニューと同じだし。
いやはや恐縮っすね・・・。

お宿5

夕食に備えてお腹を空かせて行ったもので、食べるペースが早いっつーの(苦笑。
普段は家でアルコールを飲むことが稀な私も、この日ばかりは生ビールを頂戴する。
雲丹釜めし!
これは美味しかったなー。
フルーツはお品書きに反して三種盛り、なにゆえに・・・?


ごちそうさまでした!
次はお風呂だ温泉だ〜♪



ここの大浴場は、海が目の前という露天風呂が素敵なのである。
しかし他のお客様もいて、夜のお風呂の部は撮影自粛っす。
というか、月夜じゃなかったものでなー、目の前は真っ暗闇でありましてな、時々浅瀬で砕ける白い波頭が、チラリチラリと分かる程度なのねー。
カメラ向けたとしても、おそらく何も写らんわな。
でも波の音だけが聞こえて来る露天風呂は、そりゃぁ日常を忘れるのんびりした時間で、視界は真っ暗(対岸方面に灯火は見える)でも、我々にとっちゃ気分ヨカヨカ!ですがな。


明日の朝も早起きして、露天風呂に入るわよ!
私はそう心に決めて、ロングドライブの疲れとともに就寝。
相方もぐっすり。





朝が来たー。
朝風呂のためにアラームセットしておいたけど、それより5分早く目が覚めたー。
「お風呂行くよ、お風呂!」
「私はまだいい・・・」
相方起床せず。
いいもん、ひとりでも行くもん!

お宿7

GW明けの平日だし、それほど混んでいなかった宿泊状況だった。
6時ちょい過ぎに大風呂に行くと、幸いにも婆ちゃんグループと入れ替わりにて、しばし私一人の貸切状態とは贅沢なり。
スマホ(防水防塵仕様)にて撮影しながら入浴。

お宿8

垣根などという無粋なものは存在しない。

お宿9

沖行く船から丸見えだっていいじゃな〜い。
吉備の国の隠密どころの話じゃないよね、来るなら誰だって来い!っていう開放的な気分になっちゃうのだわよー。
実際に船が1艘、左から右へと沖を横切って行った。
でも地元の船主さんたちは、露天に人影なんて慣れっこなのだろうねぇ。

温泉地に来たら、やっぱり夜も朝もお風呂に行く派なワタクシ。
「お風呂良かったよー、気持良かった、眺めも最高!」
部屋に戻ってそう言うと、相方もやっとモゾモゾ起き出して、
「じゃあ、私もサクッとお風呂に行ってくるー」
ドライバーよりも多く睡眠を取っている同乗者。





朝食は眺めの良い角のテーブル。
おそらくこれもまた、
「良くお休みになれましたか?」
と朝からにこやかにロビーで出迎えてくださった、この総支配人様のご配慮。

お宿10

やっぱり朝食には温泉卵ですよねー、中央に居りますなー(爆。
事前のお知らせがちゃんと通っており、温泉卵がNGな相方には、それに代わって納豆でござった。
相方は喜んでおりましたー。




食事の後は眺めの良いラウンジでコーヒーを飲み、ちょいとお外へ出て綺麗な海の写真を撮ったりしていた我々。
そこへ総支配人様が現れて、
「シャッター押しましょう、お二人でどうぞ」
と声をお掛けになった。

「あ、いえいえ、いいんです。
 私たちは風景写真家で、人物写真は撮らないんですよー。
 私達が写ると、ギャラが発生するんです、あはは」

私は撮られるのが嫌いだし、相方も嫌がる。
だから風景ばっかり撮る。
どさくさに紛れて相方を写り込ませようとすると、実に怒るんだわなー。
(相方の登場回数が減少しているのはそのため。
 ブログに出すと、たとえモザイク掛けていてもご機嫌悪し。
 但し、夕日画像は本人の許可を得て撮った)



朝のうちのほうが、ここからの海はキレイなのだと、総支配人様が教えてくださった。
確かにね、順光になるし、いい色が出ますなー。


お宿11

お宿のラウンジ前からの撮影。
キレイっすね、たまらんっす。
好天時に訪問出来て幸せっす。



ところでこの画像を見て、何か感じた方は鋭いお方。




実は、




通常の撮影ではなく、





ジオラマモードを使って撮影したもの。
俯瞰で見た画像が、ジオラマ(模型)のように仕上がるのだ。
手前の白いデッキの部分などが、そうしたムードになっているのですなー。
ちょっと面白いっしょ?
色味は何も加工していない。
この色の海が目の前にある。
たまらんー!


俯瞰の撮影って、これまであんまり機会を得ていなかったり、機会があってもウッカリこの機能を忘れていたり。
去年の義母の一周忌でスカイツリー・ビューなレストランへ行った時に、どうしてこれを忘れていたんだよ自分!!
アレはすごく悔いているー。
今回は時々思い出して、この機能を使って撮影したものもあるッス!


さて旅の2日目のことなど、まだネタが残っているのだった。
ぼちぼちとアップして行くので、懲りずにお付き合い下されよ。



励みになります

テーマ : .+.(♥´ω`♥)゜+.゜
ジャンル : 日記

コメントの投稿

No title

露天いいながめで最高ですねー。

夕日もすっごい綺麗だし人が影になってるのも夕日の綺麗さをすっごい出してますねー。

ジオラマもかなりすきですw

なんか景色がわかりやすく見える感がするのは俺だけだろうかw

食事旨そうでめっちゃくいたいーーー

でも、量が倍はないとたらない予感(*′ー`)ニヤ

使える!!!!

お!
ここは橋が見えてきたら眼下にあるホテルじゃありますまいか!?
テニスコートなんかが見えるトコ。(違うかも。。。)

いつか泊まりに行きたいと思っていたところです。
なので、この情報は大変興味深いです。

ラウンジ前からのジオラマモード画像 スバラシイ!!!
ホントここの海の色はきれいですよね。
「沖縄行ってきた~」って言っても通りそうです。

このロケーションは使えますな「口説き」に・・・うむ。

ジオラマ、でかした!

>聖龍さん
食事の量ですな、おそらくアナタには足らぬでしょう。
そんなアナタのために、このお宿は館内に寿司屋があり、深夜まで営業しておりやす(笑。

夕日は良かったっすよー。
ジオラマモード搭載のデジカメ、最近は幾つかリリースされています。
ご購入を検討なさる事などあれば、この機能を取り入れてみてはいかが?
…と家電総合ADと書き加えられた名刺を昨日貰った私が申しております。


>ヤモリさん
ですです、あのあたりで大きなホテルといえばここしかござんせん。
テニスコートってあったっけ?
ああ、Googleさんの航空写真で確認しますた!
ありますね!
気づかずに滞在していた(汗。

そうですか、いつかはクラウン…じゃなくて、
いつかは西長門リゾートでしたか!
その折にはご相談ください、清水白桃の恩義は忘れませぬ。

白砂で遠浅、適度な岩場とその岩場に海草類。
これが見事なグラデーションを生み出していますね。
そうなんです、沖縄だといっても通用しそうです。
いや、この海岸画像などは、外国だといっても信者がいそうです。

当然使えますよ、ええ。
夕日も海も、口説きキットは揃っております!
で、誰を口説くんですかぁ?

余談ですが、ジオラマモードにすると、
色彩も微妙にオモチャちっくになる感じですね。
角島大橋の画像を見てそう感じておりました。
非公開コメント

CALENDER
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR