秋の黒川温泉紀行〜その2〜

間が開いてしまった。
黒川温泉へ行った話の続きを書かねばと思っていたのにね。



1軒目の立ち寄り湯から上がり、昼食は絶対にここへ!と思っていた店へ向かった。
実はゴエモンが帰省していた夏にも、ここへ来たいと考えていた店。
しかしその時はダンナの「豚足(岳の湯の噴気蒸し)が食べたい」発言があり、その事はつまり「湯上りにビールと焼酎を飲みたい」となるダンナであることを暗示する。
このような人には似合わない(アルコールは出していない)店なので、その時の訪問を回避した。
お気に入りの店をゴエモンに紹介することが出来なかったし、自分自身も食べたいと思っていたモノを諦めなければならず、その時からずっと悶々とし続けていたのだ。


今月初めに瀬の本高原へ行った時、自分の中ではこの店も候補に上がっていたが、O嬢の提案を優先し、ランチは他の店にしていた。
だけど帰りにケーキを買うためには立ち寄った。


黒川8

吉備の国のヤモリ様も、当ブログの過去記事を見て惚れ込んでおられた(笑)、この急坂を登って・・・、

黒川9

念願のボルシチ、ビーツのボルシチを食べに!

黒川1

「カフェ シエル」(ciel) (外観は2年前の撮影)
WEBサイトはこちら http://ciel-cafe.com/

あー、ボルシチ久しぶりー。
美味しかったー、満足じゃー!
ホントに美味しいんだから。
私の好みにジャストマッチなんだから。

黒川10

窓からの眺めも気持ちいい〜♪
静かでくつろげるー。



ケーキ付きセットを注文したので、ショーケースの中から選んだのはコレ。

黒川11

栗の風味がぎっしりと詰まっており、口の中いっぱいに「栗で〜す!」と訴えてくるモンブラン。
ここでケーキを頂く時、いつもお皿の中には木の葉がアクセントとして添えられていたと記憶。
この皿には薄く色づいたモミジ。
季節感倍増ドン!で、ちょっとした装飾が嬉しいね。

庭に葉っぱだらけの我が家ゆえ、こんな感じでひと工夫って年中可能かも。
そうしたら食卓もムードが変わるだろうなと、こうした場面ではふと思い浮かべるのだが、帰宅するといつもバタバタしており、そんなことを忘れてしまってばかり。
なかなか実践には及ばない。


「先日もお見えでしたよね?」
とオーナーさんから声を掛けられた。
「ええ、2〜3週間前に…」

覚えられていたー、あはは。

時々寄らせていただいているのですよと、そんなお話もさせて頂き、また来ますねとお約束。
私はゴエモンを絶対に連れて来たいなー。






温泉街へ戻って、腹ごなしにちょっと散策。
土産物屋を覗き込んだり、温泉街の真ん中を流れる川で、水浴びしているのか餌を探しているのか、見事な潜水を見せているカワガラスをしばし観察したり(撮影したけど、望遠効かないのでボケまくって不採用)し、

黒川12

私は腹ごなしの筈なのに、これが食べたくて先程はケーキを我慢(私のモンブランをちょっと貰った)していたO嬢に付き合い、白玉団子を食べちゃった。




つい先日、黒川温泉と瀬の本高原方面を結ぶバイパスが開通した。
狭い箇所もありカーブが多かった旧道に比べ、真っすぐ伸びて広々したバイパスの走りやすいこと!
これを使って黒川温泉の最奥地へ。

本日2ヶ所目の立ち寄り湯。

黒川13

周囲の山を借景とし、敷地内の紅葉もいい感じで色づき始めている「帆山亭」。
全室離れのお宿。

黒川14

田ノ原川の伏流水を引き込んだ水車など、なかなか風情のあるお庭が良いですなぁ。




黒川15

コスモスに囲まれた小道の先に露天湯。

黒川16

洗い場は狭いが、お風呂はなかなか広いのでござる。
但し奥に見えているのは水風呂なのでご注意。
右手前は浅い寝湯ですぞ。


露天湯のすぐ下が田ノ原川。

黒川17

良い子は縁の石に上っちゃいけません。

先客と入れ替わりになり、ここでも二人の貸切状態。
おほほほほ。

黒川18

空の青と木の葉の色に癒されますなぁ。
外気温とお湯の温度のバランスも良し。
秋の露天風呂はいいもんだ。

そんな訳で、温泉>ランチ>おやつ>温泉の休日を堪能。
自宅から車で黒川温泉まで1時間半弱って、
「遠い人から見たら、かなり幸せなことよねぇ」
だと思う。
黒川へ行くとレンタカーを良く見かけるもんね、遠方からの旅行者もかなり多いよね。
日帰りで気軽に行けちゃうのは、ホントに幸せなことですわ。



紅葉のピークにはまだ間がある。
今年の紅葉はどこを狙おうかなぁ。

その前に仕事がちょっと忙しいかもよー。
休みの都合もまだわからないしなー。
今日もこれから仕事だよ~ん。

昨日は公休日なのに、また勉強会出席で熊本市内へ。
熊本まで行ったから、帰りにちょっと買い物でも…と思ったら、財布を忘れて陽気なサザエさん状態であることに途中で気づいた。
勉強会ではお食事券が配られて、昼飯にありつくことが出来たけれど、これを頂戴していなければ、空腹のままショボーンとしていなければならなかった。

家を出る時に「バッグが軽いなー」とは思ったんだけどねぇ。
その時にチェックしなかった自分が悪い。




励みになります

テーマ : .+.(♥´ω`♥)゜+.゜
ジャンル : 日記

コメントの投稿

!あの!

1速 5000 rpm (回転数違ったかも・・) のヒルクライム
でしたか!

ヤモリ、間違いなく下りは柵をぶち抜くと思われます。

ボルシチ・・
ビーツの鮮やかな色は改めて見るとオドロキです。
このビーツを使ってスイーツとかできたら・・・
いえいえ素人考えでした。

「帆山亭」
全室離れのお宿とは・・

なにやらドラマに使えそうです。
「密会の宿に消えたOL」 とか

美しい画像に「行った気」になり癒されました。

※あこちんさま
2年半の通院を経て
くすりも通院も不要の「仮釈放」を迎えました。
これもあこちんさまから励ましを頂いたおかげで
あります。

もっとも「波があるからね・・そんときは来なさい」と
付け足しがありましたが・・・

取りあえずは晴ればれであります。

ヤモリ
あこちんさまへの感謝を忘れることは終生ございません。

遅くなりましたが・・・

>ヤモリさん
コメントが遅くてすみません。
まずは仮釈放(?)おめでとうございます。
その後世間では「師走」という<せわしない時期>に入りましたが、
マイペース第一で、無理無駄のない気の持ちようをお続けください。

黒川温泉界隈は、既に何度か積雪も…と思われます。
凍結時期にはあのお店、いったいどうなるのでございましょう。
気になるー。
柵を壊す人が出そうですよねー。
いや、それ以前に登れないじゃん。

全室離れのお宿は、本県及び隣県の温泉地に増殖中ですね。
雰囲気よくてたまらん!のですが、
そうなるとお代がハンパねぇ!な宿になるのです。
この帆山亭も然り、お高いお宿でございます。
立ち寄り湯に行かせていただけるだけ幸せですな。

一昨年に一生分のくじ運を使い果たし、
一年で2ヶ所の離れの宿へ、無料宿泊券で泊まったワタクシですが、
もうこのようなお宿へ行くのは当分無理でしょう、シクシク。

あ、ヤモリさんが一緒に行こうと招待してくださるならば別です。
勿論その時は、ブログでお馴染みのお友達も一緒ですが、あっはは。
非公開コメント

CALENDER
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR