05/30のツイートまとめ

uuban_gya

ついっぷる復活
05-30 20:43

ついっぷる鯖落ち?PCからはブラウザ変えても入れず。
05-30 20:36

マグニチュード8.5って…(・ω・ ;)(; ・ω・)震源深いけど…。我が家は揺れなかった。羽田R/Wクローズ、点検中。地元空港は視界不良のためホールド中。
05-30 20:34

05/29のツイートまとめ

uuban_gya

暑かったですなぁ。今年も扇風機が遂に登場。しかし寅蔵よ、そこにいてもさほど涼しくないと思うぞよ。 http://t.co/mLwDGO9MFm   http://t.co/aa1zia91bH 扇風機でも暖房機(2枚め)でも、何故か足元が好きな寅蔵。
05-29 18:19

桜島の噴煙も高く上がっているなう。→ http://t.co/fqtCis7kzZ
05-29 14:32

NHK取材ヘリのリアルタイム映像など…→http://t.co/99BBxZzdiL
05-29 14:23

JA11HP…広島県警!?広域派遣か…。KMJエリア通過。
05-29 11:33

明らかに迂回→ http://t.co/ANOIxmSe8X
05-29 11:05

近い→ http://t.co/Z6ICkn9WyB
05-29 11:02

噴煙の流れは南南西方向と。火砕流も起きているし…人的被害が出ていないことを祈る。
05-29 10:38

続報 口永良部島の噴煙は最も高いところで40,000ftくらいまで。屋久島方向へ流れているそうである。
05-29 10:31

エアバンドを聞いていたら、口永良部島の火山灰、上空35,000ftくらいまで到達しているらしい。
05-29 10:16

えっ!?割と最近TVでお見かけした気がしていたのに…ご冥福をお祈りします。今いくよさん急死 67歳、昨年胃がん公表 くるよと漫才ブームけん引(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース http://t.co/5wMS4VdcEV
05-29 06:30

05/28のツイートまとめ

uuban_gya

RT @NHK_PR: BSプレミアムで今夜19時30分から「中井精也のてつたび! 静岡 岳南鉄道」です!風景に癒され、鉄道写真家・中井精也さんのキャラに癒され…ヾ(o´∀`o)ノ 番組では「わたらせ渓谷線」の魅力が伝わる写真を募集していますよ♪番組サイト→ http://t.…
05-28 15:05

05/26のツイートまとめ

uuban_gya

さて…台本原稿仕上げたし、リハ待ちタイムでございます。あ、申し遅れましたが、本日アレに出ます。くうぴいちゃん、帰宅間に合うかなぁ?
05-26 14:57

更新わず。4日前に受付フロアまで辿り着いたが、実は■■■を忘れて来た事に気づき大ショック。次の休みを待って出直した。本日迄有効でしたの、焦りますわよね。(¯―¯٥)それにしても講習って、眠くなって困るわー。 http://t.co/u3z3HDUoin
05-26 14:55

午前3時。自宅近くでホトトギスが鳴いている。夜中にこの声を聞くと、初夏だなぁとの印象が深くなる。
05-26 03:07

05/25のツイートまとめ

uuban_gya

RT @ANA_travel_info: 【列車で巡る旅2015☆】走るレストラン『おれんじ食堂』にて、絶景の車窓を楽しみながらランチを堪能できます♪ ゆったりとした時間を過ごしてみませんか?⇒http://t.co/DmSGtQGFuA #おれんじ食堂 http://t.…
05-25 21:06

RT @NHK_PR: 【フグ】先日ニュースウオッチ9で放送した「世界が注目!砂に模様描くフグ」、番組サイトに動画が上がっていました。世界の新種トップ10に選ばれたフグです。(゚ー゚*)。oO(模様描く動きがかわいい…)http://t.co/LJIXl6lij4
05-25 21:04

05/24のツイートまとめ

uuban_gya

セブン-イレブンで恒例のくじがまたスタート。本日の買い物で3回の権利発生。私「当たらないのよねー」店長「そんなことないですよ」お?おお?おおお?まさかのアイス3連発!見ているだけでお腹が冷えて来たぉ。 http://t.co/SwAoWX0VVA
05-24 00:53

日本の秘境とも呼ばれる村へ

阿蘇中岳は、相変わらず活動を続けている。
噴煙の量は増えたり減ったり。
風向きによっては、我が家にも降灰が及んだり。

5月20日。
空は快晴。
南阿蘇へ向けて車を走らせた。

「今日のお山、噴煙が結構出ているねぇ」
「灰色ではないけれど、高森の方へ流れているね」

助手席の相方と、降灰の影響を気にしつつ、高森町へ着く。
目的地の丁度真上に、中岳からの噴煙が覆い被さっていた。
心なしか、空を見上げていると、目がチカチカして来た。
降灰?

灰で車が汚れる程ではなかった。
しかし足元を見ると、地面は火山灰が黒く降り積もっている状態だ。
噴火活動の活発化から半年近く。
風下になりやすいこの高森町では、降灰被害が深刻である。


昼ご飯をここで食べようと決め、やって来たこの店。

漬物5

老舗の漬物屋さんが

漬物6

その敷地の中で営む食堂。
出されるのは漬物をおかずにし、だご汁が添えられる定食だけ。
シンプルなこの食事、メディアで知って以来、大変興味がそそられていた。
一度は行ってみなきゃ!
昨年からそう思っていた願いが叶う。


漬物6種。

漬物1

二人で食べるには十分すぎるほどの量。
画像奥左から、生姜の醤油漬け、白菜の古漬け、高菜漬け
画像手前左から、大根漬け、大根キムチ、摘果メロン漬け
季節で変わるものもあるらしい。

いずれも美味しかった。
日本人なら一度はおいで!

週替りの雑穀米、本日はきびご飯。

漬物3

鶏肉入りのおこわ飯にすると、200円追加。
そしてだご汁は、味噌味と醤油味から選べる。
私は味噌味のだご汁、相方は醤油味のだご汁をチョイス。
薬味に山椒と柚子胡椒の2種が提供されるが、私は何も入れずにシンプルに頂くのが好き。

御膳代わりに使われているのは、漬物樽の蓋だったりして、なかなか風情がありまする。
風情があるといえば、看板やお品書きは、女将さんの文字だとか。

漬物2

こちらも風情がありまする。

だご汁の出汁には、いりこ、かつお、こんぶ、あごの4種を用いているそうだ。
この出汁に使ったものを乾燥させ粉末にして、小袋でお土産に持たせてくれる。

デザートに豆乳プリン黒蜜がけと抹茶のケーキ、そしてほうじ茶。

漬物4

これで1080円の定食。
シンプル・イズ・ベスト!
また来てもいいわ、ここ!!



この日のお出掛けは、実はまだここが始まり、序の口である。
昼ご飯を漬物定食という、サクッとした感じのものにしたことにも理由がある。
今夜の食事が楽しみだから。




数年前の出来事。
リビングで寝落ちしたワタクシ。
ふと目が覚めると、よくある話でTVがつけっぱなし。
どぎゃーんでんヨカ時はそのままでまた寝てしまうのだが、この時は違った。

ナニコレ!?
お、お、面白い!

NHKスペシャルだった。
寝ていたから、冒頭の部分を少し見逃した。
だけどズンズン引き込まれ、最後まで目が離せなくなった。

翌日だったか、相方O嬢とその話になる。
「すっごく面白い番組を見たんだよ」
「私も見た!」
「興味深い話がいっぱいあったねー」

その番組は何度も再放送された。
録画することも出来たので、見逃した冒頭部分もしっかり見届けられた。

NHKスペシャル クニ子おばばと不思議の森




ご覧になった方も多いだろう。


宮崎県の椎葉村。
熊本県の五家荘や球磨郡水上村といった、私がかつて訪れたことがある場所と、県境を接している自治体だ。
そのほとんどが山地であり、冬期になると山間地では積雪も珍しくない。
五家荘と同様に、壇ノ浦の戦いで敗れた平家の残党が隠れ住んだという伝承が残る。


隣県のことなのに、そこに日本でただ1軒、伝統的な焼畑農業を継承し続けている家があるとは、この放送を見るまで知らなかった。
水上村に行った時も、山間地でお茶を栽培する農家の民宿に泊まり、奥深い山林を散策し、先祖代々この地で暮らしてきた人々の逞しさや生活の知恵などに触れる機会を得て、東京生まれ熊本の平野部生活の私は、まだまだ知らないことが沢山あるなぁと目から鱗が落ちる思いだったけれど、この番組の舞台になっている土地は、それよりもまだ山奥にある集落と言っても良いだろう。


焼畑農家さんが暮らす土地。
TV番組だから、演出や誇張はあるかもしれない。
だけど機会があれば、あそこへ行ってみたいな。
あのお婆ちゃんに会えたらいいな。
興味深い話がたくさん聞けそうだな。
漠然とそんな思いを持った。


インターネットの時代はありがたいやら恐ろしいやらで、色々と眺めているうちに、このお宅が民宿を営んでいる事を知る。
相方にもこの話を伝えると、
「行きたい!」

いつかここへ行こう。
それが二人の目標になった。



職場の繁忙期が一段落したこの時期、昨年は白川郷へ行った我々。
今年も何処かへ…と考えた時、そうだ、椎葉村へ行こう!
山菜が美味しい季節だよ、きっと!
目標が現実になる時がやって来た。



長くなります。
一休みしながらどうぞ。





我が家から高森町を経て、約4時間弱でそこに着く。
五ヶ瀬ハイランドスキー場までは、何度か来たことがあるから気分的に楽勝。
その先、五ヶ瀬川沿いの山道はまだマシだった。

椎葉村に入り、ややわかりにくいルートになった上、工事の関係で時間規制の通行止めに遭い、想定していなかった迂回路へ回ることを余儀なくされる。
そして上椎葉ダム湖畔のカーブ続きが、こりゃかなりのクセモノ。
この湖畔には、一体何本のカーブミラーが立っているんだろう。
警笛鳴らせの道路標識、久しぶりに見た。
夜間には通りたくないわ。
昼間でも十分に疲れるわよ。
離合できる場所が少なすぎるわい。


ダム湖からさらに上流の渓谷沿いを進む。
この人々の先祖は、何故この土地を選んだのかと考える時、平家の落人伝説が、さもありなんと思えるほどの山奥。
隠れ住むには適している深山へ。


そこまでくれば、「民宿焼畑」の看板が幾つか目に入ってくる。
随所でカーナビに助けられつつ、やっと到着したこの場所。

椎葉1

スマホのアプリで計測したら、お宿は標高864mと出た。

椎葉21



ちょうど庭先では、茶摘みを終えて茶葉を広げているところだった。
ご近所様か身内の方か、お手伝いも加わっておられた。
縁側に、あのクニ子おばばが。
リアルおばばだ〜!
テンションあがるー。
皆さんの温かい笑顔で迎えられ、車を駐めて荷物を下ろし、今宵の部屋へ運び込む。



本宅が食事処になっていて、

椎葉17

宿泊する部屋は別棟。

椎葉18

別棟は、おばば夫妻の隠居所にもなっている。
しかし旦那さんはこの別宅であまり長く暮らすこと無く他界され、昨年が7回忌だったそうだ。

荷物を運び終えた頃、ちょうどおばばも戻って来て、
「奥さん方、おばばの部屋へお越しなさい。
 食事の時間までは、未だ間があるよ。
 お茶入れるから、飲みにおいで」
って。
あのおばば様が!
どっひゃー!緊張!
しかし目尻が下がる我々。


気さくなおばば。

椎葉4

自作のよもぎ茶を入れてくださった。
春と秋によもぎを摘み、天日干しをして大釜で炒る。

椎葉3

それをお茶パックに入れて保存。

香ばしくてスッキリして不思議な味。
実は日頃のワタクシ、日本茶は自宅ではほとんど淹れない。
紅茶とかハーブティーは、たまに飲むんだけどねぇ。
私もダンナもゴエモンも、日本茶党ではなくコーヒー党。
相方O嬢がお茶好きなので、そのために買い置きしているだけのようなもの。

なのにこのよもぎ茶は、私のハートを射抜いた。


今日の泊まり客は、もう1組。
宮崎市内からの熟年ご夫婦。
途中からこの方々も交えての談笑タイムとなった。

私はおばば著のエッセイも読ませて貰っていた。



お許し頂けるならば、この書籍にサインを頂きたいなと、バッグの中に収めてきている。
おばば曰く、
「書いたんじゃなくて、話したの」
だそうだけど。
たぶんそうだろうなと思っていましたから、はい。

その中に出てくる話も、TVの中で話していたことも、おばばの話の中にはぐるぐる回りながら出てくる。
でもおばばの記憶力はすごい。
そしてその話の中に出てくる体験談や、生活の知恵も興味深い。

「あんた、よう知っとるね!」
おばばがそう言う場面があったりする。
「本を読ませていただきましたから」
「ああ、そうなのー、どの本?」
おばば関連の書籍は多い。
雑誌で紹介されたことも数多。


お茶とお菓子を気さくに勧めてくださりながら、おばばの話は本当に楽しかった。
ご自分のことを「原始人おばば」と宣う。
御年90歳。
「働き過ぎて、右手がここまでしか上がらんのよ、痛いのよ」
右手は肩の高さまでしか上がらないと言って、話をしている間に何度も肩を叩いていた。

兎に角働き者だということは、色々な方面から伺えていたことだ。
「畑にはもう何年も行っていないんだけどね」
島根から戻って来た息子の勝さんが、数年前に家業を継いだ。
「親父のことがあったんで、帰って来たんですよ。
 一度は田舎が嫌で、ここを出たんですけどね」
勝さんは話していた。

でもじっとしていることが出来ない性分なのだと言い、おばばは自室で折り紙や広告を使って、入れ物を作ったりして過ごしているし、よもぎを摘んだり草取りをしたり、そうしたことは未だ続けているらしい。
よもぎ茶が保存されているのはお菓子の空き缶だし、ティッシュペーパーの空き箱も、
「こんなのも何かに使えると思ってね」
と重ねてあったし、広告も無駄にしないで折り畳んで細工するおばば。
昭和20年に結婚し、戦後の激動の時代も乗り越えてきた人。
私の母も空き缶好きだったわ…。
裁縫箱や薬箱が空き缶だったよねぇ。




夕食の時間になり、本宅へ呼ばれる。

椎葉5

山の幸をふんだんに使った夕食。
ヤマメの背越しに鯨の刺身も添えられたが、鯨は山奥では貴重な食材だった名残だろう。



椎葉名物の菜豆腐。

椎葉6

美しい。
(手前の器の縁にピントが合っていて悲しいワタクシ)
刻んだ野菜などを入れた固めの豆腐。
大豆が貴重だった時代、少しでも大きな豆腐にするために野菜などを入れていたのだと言われている。
おばばのところでは野菜の他に、野草の花や藤の花を加え、彩り豊かに仕上げる。
この画像の紫色も、自宅庭の藤の花で、今年の花を冷凍保存して用いたのだそうな。
おばばのところでは、藤は開花時期ならば、天麩羅にすることもあるらしい。


野草や山菜の天麩羅。

椎葉8

おばばがひとつひとつ何の葉か説明してくれた。

椎葉7

絶対に覚えきれないと思ったので、ICレコーダーで録音したわさ(笑。
衣にはそば粉を混ぜてあり、塩も入れているので味付き。
だから天つゆも抹茶塩も添えられていない。
「このままで食べてくださいね」
って。
うんうん、十分に味付きです。
栗の天ぷらも添えられていて、塩気のある衣が引き立てるのだろう、お菓子みたいでとても甘かった、美味しかった。

「イノシシが手に入ったから」
と勝さんが追加で持って来てくださった!

椎葉9

美味し!


ごはんは粟飯。

椎葉11

そしてここの名物のわくど汁。

椎葉10

わくどはカエルを指す方言で、要するに蕎麦がきなのだが、味噌汁に入れてあるのが珍しい。
そば粉は勿論、焼畑で作られた蕎麦。
蕎麦がきが鍋の中で踊る様が、カエルに似ているのでこの名で呼ぶそうな。

粟も蕎麦も、このお宅の焼畑で収穫されたもの。


うー、満腹です。
夕食直前に、よもぎ茶3杯飲んでいるし、おばばに勧められてお菓子も食べているし(笑。
そこへこの量の夕食ですもん。
しかもビール頼んだら大瓶だし。
相方は飲まないから、私一人でやっとのことで空けたし。
(*´д`*)〜зふう。



同宿のお客さんが豪快な人で、
「大将は晩酌しているんでしょ?」
って勝さんを呼んで、
「大将も一緒に飲みましょう!」
とお付き合いしていただくことになさった。
ははは。

勝さんはTVや書籍などで見ていた、どこか強面な山の男的なイメージとは違い、笑顔が素敵なとてもチャーミングな男性だった。
勝さんの話の多く聞けたこと、ありがたかったなぁ。
本音もチラリと聞かせてくださって、意外な面に接することも出来たなぁ。



食事を終えて外へ出ると、空にはたくさんの星。
「星が近くに見える」
相方が言う。
「うん、私もそう思っていた」

木々のざわめきとカエルの声。
そして水の音だけしか聞こえない。


日中は30度近くになったこの日だけど、この奥山での夜はさすがに冷え込む。
温かい寝具を用意してくださっていた。
そして薪で焚いたお風呂で温まり、ロング&ワインディングドライブを果たした夜はコテンと寝落ち。




何度か目が覚めたけれど、朝まで布団から出ることもなく、
「そろそろ食事の時間だよ」
と相方に起こされるまで寝続けた。


朝食にはきび飯。
そして細いタケノコ(名前聞き忘れた―)の味噌汁。

椎葉14

モチモチしたお米が美味しい。

椎葉12

( ゚д゚)ハッ!
温泉卵。
相方、これダメなんですぅ。
この人との旅では恒例、こっそりと納豆とトレードしてあげる。
納豆も自家製だったかもしれないけど…しくしく。
まさか温泉でもない土地で温泉卵が出るとは思わなかったので、予約の時に苦手なものがあることを伝えていなかった。

同宿のご夫婦は、前日に我々よりも早く到着されていて、茶摘みを終えた皆さんのお茶タイムをご一緒し、お芋だとか地場のハチミツがかかったヨモギ餅をごちそうになったのだと言っていた。
ああ、それは惜しいことをした!と、我々内心ジェラシーだったのだが、朝食の時に我々へ、そのハチミツがかかったヨモギ餅を出してくださった。

椎葉13

\(^o^)/ヤッター!
餡は入っていない、至ってシンプルなヨモギ餅。
濃すぎず薄すぎずな蜂蜜が美味。



けやきの一枚板を用いた戸棚。

椎葉15

林業の村だからこその伝統。
本宅は築300年の民家である。
スゲー!



昨日から庭で1匹のワンコとスキンシップしていた。
「うちの犬じゃないんですけど、隣の犬なんですけど」

椎葉16

ゴンちゃん。
「幼犬の時に車に当たって瀕死になり、
 今でも顎が変形していて、
 耳のあたりの神経もちょっと…」
それでもイヌ好きがわかるらしく、我々へ果敢に遊んで遊んで!とアタックしてきていて笑わせた。
「飼い主が面倒見てくれないのか、うちにばっかり来るんです」
遊んでワンコには、人が絶えないこの家のほうが面白いんだろうな…。

ニャンコも2匹見かけたが、この家の猫というわけではないらしい。
こちらは人見知りな奴らで、声だけ聞かせてばかりで、もっぱら車の下に潜り込んでばかりいた。


オーアーオアと山のほうでアオバトの声がする。
こんなにも沢山アオバトの声を聞いたのは初めてだなぁ。
時々ギャッと、近くでキジが鳴く。

道端に普通にヤマウドの立派なものがニョッキリ。

椎葉22

山菜の宝庫。




谷を挟んで向こう側は日当(ひあて)地区。

椎葉23

民宿焼畑があるこちら側は日添(ひぞえ)地区。
日当たりが良い側と、日陰になりやすい側、それぞれの集落の名になっている。
そして尾手納(おてのう)という地区を含めて、おばばの暮らす集落は、3地区で元々98戸があったそうだ。
尾手納とは、元々は追手納から来ているそうで、平家の残党討伐に来た源氏の武者たちが、これほどの山奥では、もう残党を追うのはやめようやと言うことで、追手を納めた…が由来だと、おばばが解説してくれた。

山奥とは言っても、100戸近くが暮らして来たとは。
厳しい環境の中で、源平の時代からの生活が続いているとは。
本当に驚かされる話だよなぁ。


二日間とも素晴らしい天候に恵まれた。
椎葉の山の神様、ありがとうございます。
「山にも木々にも、みんな神様がいる」

椎葉24

おばばが語っていた言葉を思い出し、空を仰いで感謝する。




おばばの話の中に、「寒の水」のことがよく出てくる。
大寒の時期に汲み置いた水は、蓋さえ開けなければいつまでももつのだよと。
だからおばばは毎年、寒の水を沢山汲んでおくのだと。
空のペットボトルに何本も、寒の水を汲んでおくおばば。
おばばは我々に、
「持って帰りなさい」
と、その貴重な寒の水を沢山分けてくださった。
「煮炊きに使うんじゃなくて、そのまま飲みなさい」
ドライブにも空のペットボトルを持参し、時には我が家の井戸水も貰って帰る湧水フリークの相方が、これを格段に喜んだのは言うまでもない。



今回こちらの皆さんへ、地元のお菓子と果物を、皆さんでお茶菓子にどうぞと、少しばかりお持ちしていたのだが、帰り際になって、
「お土産をありがとうございました」
と、勝さんからは干し椎茸とヤマグワの葉のお茶を、おばばからはよもぎ茶を頂いてしまった。
そんなつもりじゃないのにー、深く恐縮ー。

よもぎ茶は本当に美味しく思えていたので、これは買って帰ろうとまで考えていた。
その購入をお願いしに行くと、おばばは折り紙細工を自室でしていた。
本当にじっとしていない人だわー。
おばばにお願いし、30パックずつ購入する。

そして前日から「出来ることならば…」と思っていた、おばばの語り書きエッセイへのサインをお願いすると、
「指も曲がってしまってねぇ」
と言いながらも、おばばは丁寧にサインしてくださった。

椎葉19

その書籍を手に素敵な笑顔を1枚。

椎葉20





勝さんと奥様のミチヨさんは、それぞれ所用で外出したあとだったが、おばばが我々の車が見えなくなるまで、隠居所のデッキからいつまでも見送ってくれていた。



憧れの人のようだったおばばに会えて、そして思いがけず沢山のお話を伺えて、本当に幸せな時間だった。
おばばがいつまでも、お健やかでありますように。
焼畑の伝統を守り続けていくのは大変なことだろうけれど、勝さんの息子さんが後継者になってくれることも決まっているそうだ。
世界的にも貴重なこの文化が、末永く続いていきますように。

焼畑を含む【高千穂(たかちほ)郷(ごう)・椎葉山(しいばやま)の森林保全管理が生み出す持続的な農林業と伝統文化~森と農林文化が創る森林理想郷~】は、農水省が世界農業遺産への認定申請する地域として承認されている。
我々の訪問直前にも、この関連の視察が来たりしており、なかなか多忙な日々をお過ごしの勝さんなのだった。




山を下りながら、白水の滝をパチリ。

椎葉25

釣り人にはたまらん渓流が続くよ。


上椎葉で、国の重文「鶴富屋敷」を見学し、

椎葉26

これで椎葉とはお別れ。
帰りは蘇陽町の山彩バイキングで、これまた山の幸をたらふく食らう。
二日間、たくさん食べたっす。

で、ふと気づく。
あれ?
出て来ないぞ、逆流性食道炎。
食べ過ぎたりしたら、すぐにヤバイな人だったのに、どうしちゃったの私。
連日飲んでいたH2ブロッカー、飲もうと思わずに過ごしているぞ。

帰宅後の丸一日を過ぎても、自宅でもおばば作のよもぎ茶を飲んでいるせいなのか、胸焼けおサラバの状態ッス。
まじですか、そんなに体にヨカとですかよもぎ茶は!

帰り道で相方と話していた。
「ヨモギは健康に良いというからねー」
と相方。
「おばばがね、傷にはヨモギを当てていたって」
「うん、私も子供の頃そうしていたよ」
「ええっ!?」
「外で遊んでいて怪我すると、
 ヨモギをちぎって傷に当てていたよ」
「で、治ったわけ?」
「うん、そうだと思うよ」
お婆ちゃんがそうしていたんだって、だから自分もそうだって。
知らなかったのは私だけ???


ともかくですよ、私の逆流性食道炎が鳴りを潜めている訳で。
関連性があるとしたら、すっごく助かるんですけど、この効能。
本気で続けてみようと思う。
だがそれでは今回買っただけじゃ足りない。
我家の庭にはヨモギはうじゃうじゃ生えていて、いつも抜き去られている状態。

作るか?
自分でも作るか?
でも大釜なんてないわよ、しくしく。



ありがとう、おばば。
また会いに行きたい。




励みになります

05/21のツイートまとめ

uuban_gya

天空に近い秘境から無事に帰宅。 http://t.co/s1bOmDhdhT 御年90歳のレジェンドおばばから、貴重なお話を沢山伺えました。 http://t.co/5z75MzQfkb アオバトやキジの鳴き声、久し振りで聞けましたわ。空が凄く近くに感じられた~。
05-21 18:24

05/20のツイートまとめ

uuban_gya

焼畑農業のレジェンド!クニ子おばばに会いに来ました。素敵なご家族です。山の幸の夕食素晴らしかった。焼畑の蕎麦粉で作った「わくど汁」美味しいよぉ。 http://t.co/BTa0Y4bgtG   http://t.co/uCKSAQHU6w
05-20 21:31

本日の目的地到着!標高約850m、LTEエリア外(笑)。 http://t.co/NGgonoI5aG
05-20 16:15

デザートも付いて1080円のランチ。だご汁は野菜たっぷりでした。お腹いっぱい! http://t.co/0D6iLbpCZY
05-20 13:18

近年ちょっと話題の、漬物屋さんが営む食堂なり。 http://t.co/ef0ZjDCJYz
05-20 12:56

阿蘇中岳の噴煙の、もろに風下、頭の真上に噴煙の高森町。そこで漬物ランチ。素朴ながらもそれぞれの素材の味が生きていて美味しい。 http://t.co/NjhuPELjJ4
05-20 12:53

05/17のツイートまとめ

uuban_gya

室屋さんを見ながら喧嘩するバカちん。 http://t.co/CEwNRzuU4J
05-17 20:24

05/16のツイートまとめ

uuban_gya

昼時入手したスイカ、サマーオレンジを切る。生産者が少ない、淡いオレンジ色の大玉スイカ。甘いっ!美味いっ!タネが少なく実がしっかり。物産館の支配人氏が「これならば間違いなし」と太鼓判を押してくれた玉を買った。間違いなかった! http://t.co/01gCCGoAUG
05-16 20:46

取材に行ったら味来コーン貰っちゃったなう。申し訳ないからレア物スイカのサマーオレンジを買わせて貰ったなう(奥のくまモンシール付)。完全赤字収支(笑)。 http://t.co/1CIwigd8Sn
05-16 13:21

05/14のツイートまとめ

uuban_gya

阿蘇プラザ♨
05-14 21:47

行き先は内牧方面…。でた!いまきん(笑)
05-14 21:28

当家の庭に新顔の侵入者現る。つか、落ち着き過ぎだろキミ。 http://t.co/YudUBgJtg0
05-14 18:19

05/13のツイートまとめ

uuban_gya

仕事終わってからダッシュで人生初レイトショー。そしてボッチ。なかなかえがったー。コレを観ました→ゲキ×シネ『蒼の乱』公式サイト http://t.co/esDfFkegsg
05-13 23:25

05/12のツイートまとめ

uuban_gya

(¯―¯٥)ガッツリ雨雲。青嵐。出勤時には止んで欲しい…。 http://t.co/uDVGlgkJTW
05-12 08:01

05/11のツイートまとめ

uuban_gya

RT @Canon_mj: 【キレイなボケ味が、写真をもっと楽しくする】人気の「EF50mm F1.8 II」が25年ぶりにリニューアル。デザイン・操作性が進化した「EF50mm F1.8 STM」が新登場。 http://t.co/dNsDBEGbMD http://t.c
05-11 15:28

05/10のツイートまとめ

uuban_gya

RT @ubugoro: 先日、西新井駅西口で、信じられない光景。緊急車両スペースに、救急車がきたが、共産党の街頭車が停まり前に進めず。婦人が「ここは緊急車両の場所です」と声をあげたのに、共産党員は「いつも、ここに停めているんだ!」と逆切れ。ひどい!拡散希望 http://t.…
05-10 15:54

05/09のツイートまとめ

uuban_gya

RT @KAGAYA_11949: 速いシャッタースピードで夕日に照らされた波の動きを止めると、まるで宝石で作られた彫刻のように。 http://t.co/caXRTs6KKP
05-09 21:07

深夜に働くDreamlinerさん、頭上通過。 http://t.co/thorJ0FN4R
05-09 02:27

2晩前、雨上がりの夜。そろそろだよね…と思いながら帰宅していると…やっぱり!自宅前にフワリと1頭のゲンジボタル。今年初お目見え。そして蒸し暑い今宵。自宅前の小川に複数現れていた。今年も出会えた幽玄の世界。田舎暮らしはヨカですばい。
05-09 02:16

05/07のツイートまとめ

uuban_gya

湯治場なう。(T_T)やはりと言うか、LTE圏外。 http://t.co/kOUfUEL5PR
05-07 14:43

自家製チーズのクリームリゾット。幸せ気分に浸る。 http://t.co/cLtIgDvDrw
05-07 12:53

玄米とチキンのクリームコロッケ http://t.co/UjfPcMY44o
05-07 12:48

お気に入りの隠れ家でランチなう。赤牛のわさび和風タリアータ。昼から贅沢な。しかし価格が誠に良心的。 http://t.co/7XjzwIK1Z2
05-07 12:40

雨上がり南阿蘇村。 http://t.co/xe3Pmw8qlU
05-07 12:33

05/05のツイートまとめ

uuban_gya

ちょw!ゴエモン、ここ迄チャリで行った事あるわwww→熊本の山奥に究極の鶏肉を出す店があるらしいので行ってみた「ろばたやき山ろく」 - ネタりか http://t.co/lXVvUPg8dH
05-05 01:43

05/04のツイートまとめ

uuban_gya

夏雲みたいだわな。 http://t.co/XLAPrMug5W
05-04 18:32

RT @railman_nakai: ストラップがひかかっているのにきづかずバックを勢いよく担いだら砲丸投げみたいにα72ちゃんが飛んで行きましたかなりの勢いで落としたので仕方ないです(T ^ T)カメラは無事なのが奇跡
05-04 18:27

RT @railman_nakai: おかしいなレンズが外れちゃいけないところから外れたぞ。落としたら(T ^ T) http://t.co/RvV6MzbpuP
05-04 18:27

05/02のツイートまとめ

uuban_gya

大盛モダン焼きキタコレ♪ http://t.co/5IRyTOgYmD
05-02 18:57

湯上がりにモダン焼き食らう。 http://t.co/Oz1O9b5C8s
05-02 18:48

いつものご近所温泉で、草むしりの疲労回復に努める。はぁ〜。 http://t.co/pX2eaB515K
05-02 18:25

昼過ぎまで草むしり。暑かった、疲れた。風がそよそよと吹いて、家の中や日陰に居れば涼しく感じられるのだが、大きく開け放った窓辺が、なんと火山灰でザラザラ〜。( ´Д`)=3本日の風向きはこっちでしたか…。
05-02 13:36

CALENDER
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR