03/30のツイートまとめ

uuban_gya

RT @Dreamfighter787: エプロンに絵を描いてます。おつかれ ANA B747の文字と、ジャンボの絵です。 http://t.co/LOfkBsW8ND
03-30 11:32

03/27のツイートまとめ

uuban_gya

幼い頃のワタクシ、大好きだったたそうな(T-T)。→『ヤン坊マー坊天気予報』3月31日をもって約半世紀の歴史に幕 | おたくま経済新聞 http://t.co/QlquVK27Qb #otakuma @otakumatchさんから
03-27 23:34

RT @ANA_travel_info: 【お知らせ】 3月30日(日)、B747が新千歳空港に飛来しますが、この日に限り、国内線ターミナルビル4階の展望デッキが特別開放となります。 ※3月30日 10時~18時半(予定) ※天候等の諸条件によっては入場制限や開放中止となること…
03-27 21:40

RT @NHK_PR: くまモ & ン。 RT @zyunkoturbo: @NHK_PR タキツバはタッキー&翼の略ですか?だとすると、くまモンは何の略ですか?
03-27 21:38

ANA、1.7兆円で新型機購入 エアバスなどから70機 http://t.co/FLr1BWTqYa
03-27 15:20

03/25のツイートまとめ

uuban_gya

だいぶ前に銀杏の一枚板を入手。これで「まな板」自作しようかな?と、WEBで色々調べてみた。するとその足あとから、アホーショッピング発の銀杏まな板に関するおすすめメールが舞い込むようになった。自作は当面諦めたけど、買う気はさらさら無いからほっといてくれー。Σ(*`ω´*)
03-25 10:39

03/21のツイートまとめ

uuban_gya

庭へ新顔の野良猫さん現る。丸々としたべっぴんさん(性別不詳)。堂々としてカメラ目線。完全なる野良ではなさそう。アナタどこの子? http://t.co/ZpqVH8jxbB
03-21 11:58

続々々・初恋の君(さようなら・B747)

阿蘇くまもと空港には、かつてANAの乗員訓練所があった。
その当時は空港に行くと、訓練機のタッチ・アンド・ゴーが何度も見られたものである。

下地島でB747のタッチ・アンド・ゴーが見たかったなぁ・・・。


さて、この日の注目行事、タッチ・アンド・ゴーへ向かうB747は、R/W25から空港を離陸した訳だが、

16日24

エアボーン後になーーーーーんと、

ふり1

ふり2

ふり3

ふり4

ふり5

ふり6

ふり7

ふり8

ふり9

機体を右へ傾け、翼を振って挨拶していたんですわ!
振って戻した様子が伝わりましたかな?

Pさんやりますなぁ!
空自の航空祭でしか見たことないわ。
帰投する外来機の挨拶、アレみたいですがな!
乗客を乗せていないから出来るんですなぁ。





離陸から約6分後には、タッチ・アンド・ゴーを行うためにR/W25へ姿を見せた。

16日25

そこの赤いボクちゃん、カメラ構えないと、はよ!

一瞬で通り抜けてしまうタッチ・アンド・ゴー。
この時だけは、レンズを45-175mmから14-42mmのズームにチェンジして撮影した。
45-175mmを付けたままだと、へなちょこな私はしばしば大きな機体をファインダーからはみ出させてしまう。

16日26

動画で撮っておけよ!という声もあろうが、一発勝負なので不慣れな動画撮影に挑む度胸を持ち合わせない・・・。

16日27

レンズ交換しておいて正解〜。

16日28

はみ出さないで撮れた〜。

16日29

それにしても、

16日30

3000mの滑走路をギリギリまで引っ張って行きますなぁ。

16日31

これって07エンドにいたらさぁ、

16日32

かなりの低さで通過しているから、

16日33

迫力あったと思うのよねぇ。

16日34

でも悪路だしなぁ、あそこには2回ほどしか行ったこと無いんだなぁ。






時間があったら、このタッチ・アンド・ゴーは、2〜3回やってくれたのだろうか?
先にも書いたが、イベントの進行に遅延が発生していた。
タッチ・アンド・ゴーは1回だけで終わった。



演技(?)終えてお戻りのB747。

16日35

タッチ・アンド・ゴーの時がギャラリーの数のピークだったのかな。
ちょうど順光になって来ていたし、北側道路に集まった人の数は、益々増えていたように思う。



「着陸ですけど、滑走路いっぱい使って、滑走路エンドまで行きますから」

16日36

着陸前に操縦室から管制塔へそう伝えて来た。
なんとサービス精神が旺盛なクルー。
そうしてくだされば、この北側道路いっぱいに押し寄せているギャラリーの端々にまで、機体を見届けてもらうことが出来る。
途中のタクシーウェイからスポットへ行くなんてのは、野暮なもんだわさ。

16日37

その滑走距離を伸ばすのに、

16日38

目一杯の距離までノーズギアを上げたまま、さながらオートバイが前輪を上げて走行するように滑走する。

16日39

あなた方は素敵です。
ありがとう、この日のクルー!

素敵といえば、スポットに入っている間に、コクピットの上の小窓を開けキャプテンがニョッキリと顔を出し、帽子を脱いで手に持ち、それをグルグル振って送迎デッキの人々へ挨拶したんだって。
こちらからは気づかなかった。
それは羨ましい。
これには感激したとの記述を、WEB上でいくつか目にしたよ。

16日40

この姿をひと目見ようと押し寄せた、予想以上のギャラリーが見守る中、その端々の人にまで気を配り、

16日41

乗員訓練所があった熊本への、里帰りイベントのクライマックスは幕を閉じる。





最後は成田へ向けての離陸となるのだが、この2002便の搭乗手続きがこれまた大変。
同時間帯に出発する定期便もあるものだから、手荷物検査場に長ーーーーーーーい列。
勿論、空港ターミナルビルに一歩も足を踏み入れていない私なので、その様子を目にした訳ではない。
カンパニー波からその様子が伝わって来たので、状況が把握出来ていた次第。

定刻から大きく遅れているが、まだ出発準備が整わない2002便。

16日42

待っている間に、阿蘇外輪山の上に月が出ちゃったよ。

この機体の左後方に写っている崇城大学の建物が、元ANA乗員訓練所である。
この崇城大学のパイロットコース1期生にゴエモンの同級生がいて、卒業後は民間航空会社に進み、操縦士デビューの日を目指して頑張っている。
同級生くんが大学生の時には、帰省したゴエモンはよく会っていた。
「飛行機の専門的な話題で盛り上がれる友だちがいて嬉しい」
とゴエモンは言っていた。
昨年ゴエモンが羽田に出張した時は、彼と久しぶりで会って、蒲田で飲んで来たんだって。



16日43

偶然なのだろうけれど、この日の夕方着のソラシドエアの便は、午前中にここを発って行った機材と同じくまモン号。





さあ、遅れに遅れたが遂に最後だ。
満席の乗客が乗り終えてドアが閉まると、

16日44

地上ではまたスタッフたちが手を振っていた。
今度は昼間よりもグレードの高い横断幕を持って。
「THANKS JUMBO!
 ありがとう さようなら ANAボーイング747
 大きなありがとうを込めて」
と書かれている・・・と思う。
(成田で出発時に掲げられていた同様の画像がWEB上にあったのよ)


16日45

この撮影がちょうど19時。
定刻よりも1時間近く遅れた出発。
すっかり暗くなちゃった。
トーイングカーが外れた直後、AFのままシャッター速度4秒で撮影してもコレ。
MFにしないとシャッター速度が長くなってしまうので、離陸時の撮影無理〜。
AFのままで離陸撮影に挑んだが、案の定ブレブレー。



最後の離陸後にも、翼を振ってくれたというような記事も見たが、私はそれには気づかなかった。
終日好天に恵まれたこの日この機体、感謝を込めて見送った。

はぁ、終わった・・・・・。



ということで、私が収められたB747の勇姿はこの画像が「何とか見られるもの」の最後。
最後の離陸まで、私の周囲でも本当に多くの人が残って、B747の姿を見送っていた。
そしてB747が見えなくなると、一斉に皆、車を出して去って行くのであった。


ガラーン。
夜の空港も、照明類が綺麗なのだけどねぇ。
(・´ェ`・)ボケ‾
でもまだ今の時期は寒いねぇ。
(((゚ー゚;)))ブルブル




実はここまで引っ張ってきた余談がある。


月が出るまだまだ前のこと。
撮影の合間は愛車の中に入って休憩していたワタクシ。
この日は好天に恵まれて、車の中はポッカポカ。
窓を開けないと暑い。
車へ出入りする度に、窓を開けたり閉めたり忙しかった。

何度もそのようなことを繰り返していたのに、夕方近くに運転席に座り、エンジンはかけずにキーだけ回し、窓を開けたその直後、カーステレオのイルミが消えた。
「あれ?」
どした?

その後はエンジンを回そうとしても、うんともすんとも言わない愛車バロンちゃん。
オーマイガー!
まさかのバッテリートラブル!?
そんな兆候など微塵も感じさせていなかったのに!

前照灯周りを確認すると、LEDである車幅灯は点灯するが、ヘッドライトはアウト。
オーディオはやっぱりオフのまま。
室内灯をつけっぱなしにしていた訳でもないのに、何故突然こんなことになったのだろう。
バッテリーの寿命が来たのかなぁ?

しかしこの時にボンネットを開けて調べ始めたのでは、周囲にひしめくギャラリーの手前恥ずかしすぎる。
ブースターケーブルは持っているけれど、見ず知らずの人に頼むのも、気が小さい私にはどうも・・・。
それにまだ明るかったこの時刻、車がびっちり並んでいて、そうした作業をするような余裕もなかった。

ど、どうしよう。。。。。。。

( ゚д゚)ハッ!

すぐに浮かんだのは、同じこの北側道路の中、崇城大学の建物方向にいる筈のお友達、くうぴいちゃん!
彼女にはイベントの終了後に、近くで落ち会う約束をしていたのである。
電話しても出ないのでメール送った。
まもなく連絡取れた。

別な場所で落ち合うつもりでいたけれど、このお恥ずかしい事情を伝え、イベント終了後にこの場所まで来て救ってくださいとお願いした。
少しだけ勇気を出して、ボンネットを開けてバッテリーを見たら、中の方はよく見えないんだけど、バッテリー液が激しく減っているようでもあった。
外側から見ただけじゃ、バッテリー液の量がわかんない状況だったのよー。
くうぴいちゃんは快諾してくれて、おまけに近くのホームセンターでバッテリー液まで買って来てくれると言う。

どっちにしたってB747イベントが終わり、くうぴいちゃんの撮影も終了し、そしてこの道路の帰宅ラッシュの喧騒が終息しないと救援は無理。


空港の夜景を一人眺めつつ、ボーっとしていたのはこうした理由から。
開け放たれたまま閉じることが出来ない窓。
その車中でじっと待つのは寒かった(苦笑。


この日のワタクシ、くうぴいちゃんへ土産を持参していた。
先月大雪がこの地方にも降った時、
「停電したら暖房アウトよね」
「火鉢を使うしかないね」
「火鉢!ない!」
「我が家にはある。
 しかもひとつ余っているから譲るよー」
そんな話になっていて、
「じゃあ16日にでも!」
我が家の火鉢は彼女のお宅へ嫁ぐことになっていたのだ。

20年近く前になるだろうか。
火鉢が欲しくて、熊本市内の店で白地に青い柄の入った陶器のものを4,000円で手に入れ、当初は室内で炭火を起こしていた。
餅を焼いたりして、幼いゴエモンが喜んでくれた。
やがてそれよりも一回り大きな火鉢が手に入ったので、初代のこの陶器火鉢は、メダカと睡蓮を入れて玄関前に置いていた。
今はメダカ用には睡蓮鉢を買ったし、火鉢は別にもうひとつあるので、初代のこの陶器火鉢は引退。
眠らせていても勿体ないから、友人O嬢や我が妹tamaちんに、
「メダカ飼わない?
 メダカも家で増えているし、火鉢と一緒にあげるよ」
と振ったけれど、一様に断られた。
「ボウフラ食べてくれるし、メダカはいいのにー」
そう誘っても、メダカも火鉢も断られた。
つまんねぇな、アンタ達。

その火鉢がやっと日の目を見ることになり、火鉢を積んでB747を見に行ったオナゴ・あこちん。
朝ドラの「ごちそうさん」でぬか床が「べにこ」と名付けられ、よそのお宅へ身を寄せていたことに因み、我が家の火鉢も、
「べにこをよろしく」
と申し上げ、私の手からくうぴいちゃんの手に。

彼女のお陰で助かった。
バッテリー液を注ぎ、ブースターケーブルを繋いでドキドキしながら回したエンジンキーは、見事一発で点火。
もしもコレでダメだったら、自動車の任意保険で付けている特約で、ロードサービスを頼まねばならんところだった。

かくして無事家路についたワタクシ。
途中で事情を伝えたダンナからは呆れられ、くうぴいちゃんを待っている間には腹を空かせたダンナから、
「まだかかんねぇの?」
とダメ押しで呆れられ、楽しかったけどちょっぴり(;´д`)トホホ…な気分で帰宅した。


くうぴいちゃんありがとう。
これからは恩人様と呼ばせて頂かねば。
アリガト━━゚.+:。d(≧ワ≦)b:.。.+.:━━ッ!!




初恋の君の思い出は、最後の最後にも甘酸っぱい思い出に。
ありがとう
お疲れ様
さようなら B747。




励みになります

テーマ : (。´‐ω‐)みぃ…
ジャンル : 日記

03/19のツイートまとめ

uuban_gya

ガラス越しに初ヤモリ。勝手口のこのガラスは!我が家のヤモリさんたちの定位置で、冷え込まない季節の間は、連日のように姿を現す。今年も温かくなってきた証だな~。 http://t.co/eakkzoysY5
03-19 21:03

RT @55_kumamon: チェッくま! RT @ruruto238 おはくま!今夜21:00からのBS-TBS「にっぽん百景・日本うまいもん紀行」は、「熊本県横断!!海の幸から山の幸 名産食べ尽くし」だそうです。熊本県は、くまモンがいつもPRしてる美味しいものがたくさんあ…
03-19 15:13

続々・初恋の君(まだイベント中・B747)

昨日のお仕事、フルタイム激務、一日が長い、しかし時間の経過があっという間。
平日なのにバタバタ〜。
嗚呼、駆け込み買いがコワイ。
忙しすぎて目が回る、腰が軋む、膝が笑う、足が痛い。
風の噂では臨時賞与が出るらしいが、それってパートのおばちゃんも貰えるんか???

疲れて寝落ちし、夜中に更新できなかった。
夕食を食べた後の記憶がプツンと消えている。
そのくらいヘトヘトになってしまっていた。




どこまで書いたっけ?

16日17

あー、虹まで書いたのね。
そっか。



空港に一日中いたのって、おそらく初めてだったと思う。
当たり前のことだけど、この地方空港でも、時間帯によってはスポットもちょっとは賑わうものだ。
朝の便が集中する時間帯や、夕方の便が多くなる時間帯、そのあたりはなかなか楽しめるじゃないか。
撮影しようと思ったら、この日のような特別なイベントがなくても色々撮れるぞ。
そう思いながら過ごしていた。


16日18

B787も就航している路線なので、地方らしからぬ「大きい共演」が収められた。
(それにしても相変わらずデッキの人の数=B787の上辺り=がスゴイ)


成田からは大きな遅れもなく到着していたが、遊覧飛行に出る辺りで遅延が出始めていた。
チケットの売れ行きが物凄かったこのイベント、会社サイドが予測していたほどのキャンセルが出ず、「大人の事情」の面では何かと大変だったとの噂もある。
しかし当日になってのドタキャン等も多少はあった模様。
加えて空港周辺のこの大混雑。
空港利用者にとって、駐車場の満車状態が全然解消しないのも困ったもんだ。
搭乗手続きや保安検査等が大幅に遅れていた。

遊覧飛行に行かんとするその直前、3名のキャンセルが出ているとか何とかの交信も聞かれ、乗客の最終カウントに手間取り、
「手作業で座席の消し込みをしている」
との情報。
そうした事から、遊覧飛行2014便(粋だね!)の出発は予定よりも遅れ、その後のスケジュールも遅れた。



遊覧飛行の乗客を降ろし、カラの状態で滑走路へ向かうB747。

16日19

タッチ・アンド・ゴーのご披露の開始だ。

16日20

だいぶ日が傾いてきたなー。

16日21

空っぽの機体の滑走距離は短い。

16日22

イッテラ─ヽ(*´∀`)ノ─♪

16日23

と言ってもすぐ戻ってくるのよね。

16日24

西日を浴びて、私の位置からは離陸直後の機体が銀色に輝いて見えた。







・・・とここまで書いて、仕事に行く時間になってしまった。
今日は寝落ちしないで続きを書きたいぞよ。
明日は休みなのでちょっと夜更かし頑張るか。


そんじゃちょいとお仕事へ行って来ます。
またバタつくのかなぁ。
仕事量が多すぎるよー。



励みになります

テーマ : .+.(♥´ω`♥)゜+.゜
ジャンル : 日記

続・初恋の君(お疲れ様・B747)

初恋の君、B747。
最初に投入されたのはB747-100という形式だが、ちょうどこの機材が日本で国内線に投入された頃、TVではドラマ「アテンションプリーズ」の放映が始まった。
・・・と書くとトシがバレバレになりそうだが、まだ小学生だった私は、このドラマに相当のめり込んだ。
主題歌のEPレコードは、何度も何度も繰り返して聞いた。
ドラマに感化され、今で言うCAに憧れた。
飛行機そのものにも興味津々で、空港へ行く機会があると小躍りしたい気分だった。
そしてB747に、ジャンボ機に自分も乗りたい!と、そう夢に見るようになった。
私が空への憧れを抱くきっかけになった「初恋の君」と言うのは、そうした所以からである。

実際にB747に搭乗する機会を得るのは、それから10年近く経過し20代に入ってからのこと。
横浜・横須賀で長く生活していたので、熊本の実家へ帰省する際は空路を利用することが多かったけれど、学生時代からの親友ミゾがCAとして勤務していたことから、彼女のツテで割引を利用させてもらっていた彼女の勤務先であるJAS(旧TDA)便を利用して帰省するばかりで、B747を保有している会社(JALとANA)の便を利用する機会はほぼなかったようなもの。
新婚旅行の際、札幌からの帰路で初めてB747に搭乗した。
長年の希望を叶えるために、ダンナにせがんでわざわざこの機材を投入している便を選んだほどである。

その後またしばらく間が空き、スペインへ飛んだ時が、往復ともイベリア航空のB747だった。
復路の便で隣の席に座った男性と話をする機会を得て、オナゴにしては飛行機やらエアバンドやらに詳しい私と話が弾んでいたところ、この人が空自築城基地の司令を退官したばかりのお方だと伺って驚いたもんだ。
「鬼の司令って言われていたんですよ」
と笑うその方は、とても鬼には見えない紳士だった。


それでもまだB747ならではのアッパーデッキ、つまり2階席には座ったことがなかった。
古い人間なので、ビジネスクラスという言葉に慣れるには時間がかかり、アッパーデッキ=ファーストクラス=高嶺の花のイメージが付き纏う。
国際線とは異なり、国内線ならばそう高額ではない差額を奮発する程度で、この2階席を利用できることを知ったのは、20代後半になってからである。
里帰り出産をするために、妊娠7ヶ月のお腹で空路羽田から熊本へ飛んだワタクシ、「大きなお腹だからゆったりと」との理由を付けて、遂にこの時念願のアッパーデッキを利用することにした。

ゴエモンよ、話したことがあったっけ?
キミはお腹の中にいる時に、2階席に乗っているのだよ。

ゆったりとした椅子は快適だったし、エコノミーとは違ってウェルカムドリンクが出てくるところも、ワンランク上を感じさせて鼻の穴が広がる気分。
でも2階席ゆえ、ドーム型に天井が迫る印象は否めないよねー。


その後見かける機会は何度もあったが、あの2階席以来B747に登場する機会を得ていない。




さて、16日に行われたイベントについての話に戻ろう。

成田からのツアー客をのせて阿蘇くまもと空港へ到着したB747-400は、国際線ターミナルのスポットに入って乗客を降ろし、しばし羽を休めた後、トーイングカーで国内線のスポットへ移された。

16日8

B747目当てのギャラリーが集う国内線ターミナルビル屋上の送迎デッキ。
やっと近くに来てくれた機体、撮影しやすくなったと喜んでいたことだろう。

この時の送迎デッキの様子。

16日9

柵に張り付く人人人人人・・・・・。

16日10

おーい、零れ落ちるぞ、そこの脚立の人!
ここに行かなくて良かったわぁ、こんな状況では気が小さい私なんか撮影できないもん。

私がいる場所のあたりは、ここまでの喧騒ではなく、比較的まったりした空気の中で終始撮影が出来た。
人垣はできていたけれど、それでも人と人の間に十分な空間があった。
空港北側道路でも、入り口からそう遠くない舗装区間の方では、両側駐車場になっているなど、我々がいた場所よりも激しく混雑した状況にあったようである。
もっとも私がいた場所では、両側に車を止めようにも、舗装区間よりも幅員が狭いことに加え、大きな水たまりが幾つもあるものだから、降車の際に水たまり以外の場所へ足を下ろすことが困難な地点が多すぎて、無理に車を止めたくても止められなかったようなものだわよ。







ここで乗客を乗せ、続いては熊本県下遊覧飛行へと出発だ。

16日11

おや、また何やらメッセージボードが。

16日12

「熊本の空をお楽しみ下さい」
そう書かれたボードを出し、地上スタッフが手を振ってお見送り。
いいねぇ、こういうの。

16日13

R/W25から離陸した機体は、高度9000ftで天草や阿蘇の上空を飛んで、約1時間10分の遊覧飛行を行った。
朝方は白っぽく霞んでいた空で、進入機から空港が見えるのは3〜4マイルくらいに近づいてからと報告されていたけれど、この時間くらいになると朝方よりも視界が少し良くなってきていた。

遊覧飛行はいかがだったのでしょか。


16日14

着陸はR/W07から。
撮影の好機を狙うマニアには、泣かせてくれるR/Wチェンジだのぅ。
私みたいなへっぽこには、この立ち位置だったらどっちから来ても、たいしてショックなど受けないけどさー。

私の横に来ていたオジサマは、鹿児島から来たのだと言っていた。
「あそこ(デッキ)とここ、2往復しました」
歩いてだって、どっひゃー!
そりゃ、歩くわな、この状況では車は動かせないもんな。
でもでも、私には真似出来ましぇん!
私は撮影機会がない時間帯、車の中で休んでいた。
座ることが出来るって幸せ。
デッキにいたんじゃそれも難しいだろう。
機体が遊覧飛行に行っている間なんて、あたしゃ車の中で少し眠った。
9時半から日没後まで、いや、実は正しく言うと20時頃まで、私はこの場所にいることになった。
何度も車の中で休憩できて幸いだった。
まさか!なオチがついて、B747が飛び立った後、周囲に1台もクルマがいなくなった後も、ひっそりとこの場所に留まる事情が生まれたのだが、その話はもっと後に・・・と勿体ぶる。

脚立持って、歩いて移動している人も多かったなー。
みんなスゴイ努力家なんだなー。
終日同じ位置で粘っていたワタクシ、そんな努力をしようとは思わないから撮影の腕も上がらないんだなー。

この日の勝ち組は、自転車或いはバイクで現場を移動していた人々だと思った。
止める場所にも困らない。
歩きよりも早いし疲れなさそう。
折りたたみ自転車を利用している人もよく見かけたので、車に積んできたのだろうか。
ここまで準備していれば、フットワーク軽く移動して撮影できるよねぇ。


遊覧飛行からの着陸後、R/W25エンドまで行って折り返し、俵山の風力発電風車を背景に進み、

16日15

この後は誘導路から滑走路へ入って、中央付近へゆっくり戻るB747。
滑走路中央から誘導路に入るところで、2台の消防車からの放水セレモニーが待っていた。
この時のデッキは、先程よりもさらにギャラリーの数が増えていて、なんかもう見ているこっちがオソロシイ。
MD90のさよならフライトの時、デッキの最前列は刺々しい空気だったもん・・・。
あれの何倍の人が来ているのよ、コワイわもう・・・。

16日16

そしてこの時、B747の上に虹が現れた。
光線に恵まれたこの角度だから見えた虹。
デッキからは見えることのなかった虹。

オイラ勝ったぜ。
v(・∀・)yeah!




16日17

ありがとうB747。
お疲れ様でしたB747。
さようならB747。
はなむけの虹のようにも見えて、ちょっと胸が熱くなったぜ。



遊覧飛行の乗客を降ろした後は、タッチ・アンド・ゴーをご披露となるのだが、長くなってきたので更に続きへと持ち越し。
いや、勿体ぶるほどの画像はないんだけどさ。
(; ^ω^)




励みになります

テーマ : .+.(♥´ω`♥)゜+.゜
ジャンル : 日記

初恋の君(おかえりなさい・B747)

3月12日は九州新幹線の博多ー鹿児島中央間全線開業日。
そしてくまモンの誕生日でもある。
くまモンの誕生祭が行われている会場では、連日県内外からのファンで賑わっているそうだ。

16日(日)はその最終日だったらしい。
さぞかし大賑わいだったことだろう。


そんな16日、

16日2

朝の熊本空港にもくまモンがいた。

いや、わざわざここへ出掛けたのは、くまモン号に会うためではない。
これはたまたま偶然の機材繰り(だろうと思う)。

なのに、

16日1

くまモン仕様のレンタカーにも出会った(笑。
駅レンタカー九州(JR九州グループ)の、九州限定プランで借りられるらしい。
めっちゃ注目を集めていた。
「わぁ〜!」
と思うけれど、実際に乗っている側になったら、注目集めっぱなしで恥ずかしいんじゃないかと思われ。

多かったなぁ、レンタカー。
くまモンレンタカーの左前にいる白いワンボックスカーも、鹿児島ナンバーのレンタカー。
行き交う車にもレンタカー多数。

こんな未舗装の悪路なのに、空港北側道路は大混雑していた。
私がここへ着いたのは9時半頃なのだが、空港出入りのタクシーで乗り付けている人もいた。
こんな場所へタクシーでだど!
フリフリのスカートを着たおねーちゃん、キャスター付きの旅行バッグと共にタクシーから降りていた。
どっから来たんだろ、この人。
帰りはケータイからタクシーを呼ぶんだろうか。
とにかくここには売店もなければトイレもない。
単なるの空港外周緑地の一部。
なのに大混雑。


火の国住民になってから20有余年、飛行機が見やすいのでずっとこの場所へ通い続けているけれど、ここまで混んでいる状況下に置かれたことはなかった。
昨年3月末のMD90ラストフライトの時だって、空港デッキから見る限りでは、ここまでの様相になっていなかった。



私を含めた人々が待っていたのはこのお方。







16日3


来た!
4機のエンジン。
この姿は紛れも無く、皆が期待を込めて待っていたあの機体。
機体に期待、洒落ている場合じゃないぞ。





16日4

B747通称ジャンボ。
私が空への憧れを持つきっかけになった機体で、いわば初恋の君。

日本国内の定期路線から引退することが決定し、里帰りフライトなどのイベントを行っている。
この機材が熊本便から退いて久しいが、熊本で見ることが出来るのはこの日が最後。
ANA便の国内線最後の最後は今月末の沖縄線イベント。

16日は成田ー熊本往復のツアーと、その往復の間に熊本県下の遊覧飛行を行う。
遊覧飛行はこの日に休めるかどうかがわからなくて、発売段階では計画も立たなかったし、しかも料金が高くて早々に購入は諦めたけど、発売後まもなく完売になっていたほどの大人気ぶりだった。
ま、中に乗っていたら機体は見えないもんね、撮影したいんだったら外からさ!と負け惜しみ。
遊覧飛行には県内の小中学生親子50組の無料招待もあり、その抽選倍率は78倍だったとか。
ゴエモンが小中学生だったら、私は絶対にハガキ出していたんだけどなぁ!

加えてその遊覧飛行を終えた後、成田へ出発する前に、タッチ・アンド・ゴーまでご披露してくれるいう大サービス。
撮影しやすいスポットとあって、九州各地の県外ナンバーの車も多いし、レンタカーもとにかく多くて、ギャラリーの数が凄かった。
脚立に「KMJ」(3レターコードで熊本の意)と記された、航空会社の真新しいバゲージタグを付けたままの人も結構いて、朝の便で乗り込んだ本土方面からの遠征組もかなり多かったようである。

16日7

自分としてはB747到着2時間余前と、かなり早く出向いたつもりだったんだけど、車を止めようと考えていた付近は既にびっしりと駐車されていたり、或いは脚立や椅子で場所取りしてあったりで無理。
この道が離合もしにくいほど混雑するなんて!

舗装されている区間には車を止められないままズンズン進んでいたら、大きく深い水たまりもあるので、普段は出来るならば行きたくないと思っている未舗装悪路エリアまで行く羽目になった。
滑走路の中央よりもかなり07エンド寄り。
うーん、ここで良い画が撮れるのか?




成田から到着して、スポットに入るB4。

16日5

そのシップサイドに何やら看板っぽいものが見える。

16日6

「おかえりなさい747」
と書かれたメッセージを、ANAの地上スタッフが持って並んでいるのだった。




この機体が成田へ向かって発つのは18時予定。
それまでの間、空港で過ごしちゃうぞー。



撮った画像が2300枚あまり。
恐ろしいわな、連写機能。

一日中の撮影は、流石に疲れが来てしまった。
写真整理出来ぬまま寝落ちして、早朝に目覚めて作業開始。
書き始めたけど仕事に行く時間迫る。


続きは帰宅後に書くですばい!



励みになります

テーマ : .+.(♥´ω`♥)゜+.゜
ジャンル : 日記

03/16のツイートまとめ

uuban_gya

この土地では見納めの日。先程到着。http://t.co/hRcZHfLXXu
03-16 11:53

空港にゃうー。既にどえりゃーことになっていて、車を止めるにもひと苦労、いや普段の数倍の苦労。止められただけでもさいわいなりよ。(=o=;)http://t.co/bxbCCrXzKk
03-16 09:41

03/14のツイートまとめ

uuban_gya

エリアメールとテレビ、両方の緊急地震速報そして揺れで目が覚めた。ちょっとびっくらこいたど。ダンナは「緊急地震速報よりも、揺れの方が早かったよ」と言う。我が家は震度2か3くらいかな。深夜だし寝入っていたし、揺れの強かった地方ではさぞかし不安かと。
03-14 02:22

03/13のツイートまとめ

uuban_gya

RT @SHARP_JP: ここに1があるじゃろ? ( ^ω^) ⊃1⊂ これを3で挟んで… ( ^ω^) ⊃313⊂ ( ^ω^) ⊃きょう⊂ サンドイッチデーが出来上がりじゃ
03-13 14:19

03/12のツイートまとめ

uuban_gya

ランチにゃうー。地元の食事処の昼定食880円、安ウマ! http://t.co/lkQcdJiNQi
03-12 12:00

ゆっくりとした足並みだけど、日を追って春めく。今日の風は温かい。我が家の雪柳は、ピンク色のものが早咲きである。 http://t.co/D0Jk6Vhp03
03-12 11:40

03/08のツイートまとめ

uuban_gya

サプライズゲストさん(笑)。 http://t.co/PP5E1yex0L
03-08 10:51

特派員の総会で、地元じゃちと人気のアノ番組のスタジオなう。 http://t.co/o0LgWF4XDR
03-08 10:25

おめ、何してんだ?(長期休み明け懺悔)

ご無沙汰しております。
Twitterの投下に身を任せ、ブログ更新をかなりサボってしまっているワタクシ。
「オメー、何していたんだよ!」
そんな声が聞こえてきそうで、申し訳なく思う次第。

生きております。
増税前の駆け込み需要で、とんでもなく忙しくなっている今日此の頃。
オイラの仕事を知っている人も知らない人も、そうか、忙しいのか、そう思ってちょ。
職場へ行くと、今は普段の3倍くらい仕事し続けている希ガス。

それでは更新していなかった期間の話を、今宵一気におまとめ風の放出!

12月の下旬頃から話そうか。
クリスマスイブには恒例の美味いもんドライブ!
相方O嬢と南阿蘇。

クリスマス1

特別なランチだもん、行くんだったらここ!な店で、

クリスマス2

大満足なランチだった。

クリスマス3

季節感のある食材が、

クリスマス4

とても感動的に使われていたものだから、

クリスマス5

「月イチとはいかないけど」
「うんうん、私もそう思ったんだけど」
「季節ごとに来たいね、旬のものを楽しみたいね」
「ですです!」
相方と意見一致。
また行きますわ、じゃんじゃん行きますわ。




年末年始はゴエモンが帰って来ていた訳で、その間は私もそれなりに仕事が入っていたものの、休みになっていれば家族団らんの時間を過ごしたりしていた。

ちょうどクリスマス直後に家に着くゴエモンだし〜と、

スモークチキン

私は張り切って自家製スモークチキンを作った。
自家製燻製久しぶり〜。
張り切ってたくさん作り、職場の女子チームにもお持ち帰り用スモークチキンを1枚ずつ振る舞う始末。
年末には妹夫婦と酒盛りをして、その時にもコレを出した。
蒲鉾の燻製はダンナがたいそう気に入っていたわいな。

つい数日前、クリスマスにも来たことはダンナに内緒で、ゴエモンが帰って来たら、彼にも懐かしいこの店へ連れて行ってあげたいと思い、
「ねえ、行く?」
とゴエモンに問うと、
「懐かしいねぇ、行きたいねぇ」

年末1

年末に家族3人で珍しくランチドライブ。

年末2

するとダンナもこの店の料理とコスパにいたく感動。

年末3

遂にはダンナから自分の知り合いにも教えてあげて欲しいと請われ、私もお世話になっているいるそのご家族にこのお店紹介。
こちらさんはつい先日ここへ行ったそうで、とても美味しかったと喜んでくださっていた。
当家からの紹介で来たと帰り際に告げたところ、店の奥から全員で出て来て見送ってくださったと言い、とても感動しておられた。

家族ランチのその足で、高森町にて雪見露天風呂。
マジで中岳方面から雪がひゅうひゅうと舞う中、根子岳を仰ぎつつ入る露天風呂。
じんわりと体に染み込む温泉のぬくもりが嬉しかった。




明けて1月。
元日は朝からゴエモンと二人で、阿蘇山麓を反時計回りにぐるっと一周ドライブ。
何故にそのようなことを?
毎年元日にしか年賀状を作らない(書かない)ワタクシ。
「明けましておめでとう」は「明けてから挨拶するもんだ」と、勝手なる自己流解釈に基づくのだが、要するに年末のバタバタの中では時間を作らないで逃げているだけってこと。
新年初めのその日に、その年にふさわしい画像を得て作るのが、オイラ流の年賀状なのさ〜♪
♪〜( ̄ε ̄; ) フフンフーン


午年だから午(馬)の画像をゲットしたい!
だったら阿蘇でしょ!
ってことで向かったのだが、年末に家族で来た時に見かけた高森町の馬場には馬の姿がなく、
「正月休みで奥の厩舎に入れられちゃったかー!」
(+。+)アチャー
と凹みながら、なおも阿蘇路を進んでいくと・・・・・見つけたぞ!
「保険で撮っておくか!」

元日1

なんて言いつつこんな馬の画を抑え、諦めずに雪の残る阿蘇路を走っていると、ああ、神様ありがとう!お馬さんに出会えたよ!

元日2

防寒着を着込んだお馬さん2頭は、阿蘇の凍るような風の中、私達へ好奇心をチラッと向けて、ありがたや~な被写体になってくれた。

良かった良かった♪やっぱり阿蘇だ、流石は阿蘇だ!
嬉々として二人が家路に向かっていると、ありがたいことにまたしてもお馬さんと出会った。

元日4

ここは「阿蘇うま牧場」である。
普段は乗馬をさせてくれて、コーヒーも飲める場所。
管理棟に人がいたので覗いて見ると、
「今日はお休みなんですが・・・」
と申し訳なさそうにお答えになる。
いえいえ、いいんです、写真撮らせて頂いてもよろしいですか?
「どうぞ、いいですよー」
ありがたやー、ありがたや。

元日3

かくして元日に撮った午年に相応しい画像にて、帰宅後のワタクシ鬼のようにダッシュで年賀状を作成して投函した次第。
物好きよねぇ、私らも。
でもゴエモンとのドライブは楽しかったよ(ダンナは仕事。




12月から1月半ばにかけて、熊本空港の夕日を狙って何度か通い、寒風にも負けずカメラを構えて写真を撮っていた。
完全なるまぁるい太陽を背景にして機影が・・・という場面には遭遇できなかったが、

夕日1

それでも何とか「夕日を背負った機影」を得ることが出来たのは嬉しい。

夕日2


寒中での苦労が報われる思いだ。
しかしアレだね、もっとズームが効くレンズが欲しくなるのも事実だね(苦笑。




1月19日未明、インフルエンザにも罹らず頑張っていた私なのに、突然の腹痛に見舞われて病院へ駆け込む。
嘔吐と下痢も併発し、急性胃腸炎ということでそのまま入院。
症状が収まるまで1泊2日、病院のベッドの上で過ごす羽目になった。

入院


「おそらく感染性胃腸炎」
という話だったけれど、ロタなんだかノロなんだか、或いは別のものなんだか、詳細判明までの検査はしていない。
しない病院も病院だけど、突き詰めない私も私かねぇ。
入院期間を含め3日間仕事を休んでしまった。
入院なんてそんなオオゴトに!?と思われるかもしれないが、入院してよかったよホント。
だって処置だけされて帰宅していたとしても、その後完全に痛みが落ち着くまでかなり時間がかかったんだもん。
一人で唸りながら家にいたんじゃ、痛みなんて収まってくれやしない。
病室では24時間近く点滴続けられっぱなしで、その間に痛み止めや吐き気止めなども加えられ、漸く症状が落ちいたのだ。
入院していればこそ、こうした処置がしてもらえたのだからねぇ。
この胃腸炎、原因不明のまま。
同じ屋根の下で暮らしているダンナは、胃腸炎にもならずピンピンしていた。
何だったんだろー???
皆様もお気をつけて。


ここからしばし内輪の話。
小声で囁く。

2月に入り、職場ではちょっとした異変が起きていた。
3月末でひとり退職することになったと判明したのだ。
私らは年度ごとに契約が更新される仕組みで、4月になると雇用契約書が書き換えられる。
その時期を前に、雇用サイドから「アナタとは来期の更新をしません」と通告された者が1名。
まあ、早い話が解雇だな。
そんなこともあるんだ、うちの職場。
しかし遂に決断したか、スゲーぞ会社。

通告されたその日、さっき出勤して来ていた筈の当人の姿が見えなかったので、どうしたんじゃろ?また体調でも悪くて帰っちゃったのか?と不思議に思っていたワタクシ。
実はまだ私は知らなかったのだよ、解雇の話。
「いないけど、どしたの?」
「帰っちゃいましたよ。
 来月末でコレ(手刀で首を斬るポーズ)ですって」
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
「この前のクレーム、あれが決定的だったらしいです」
(´・ω・`) ヘー。

通告された途端、気分を害して帰っちゃったらしい。
いいぇ、凹んだのかもしれないわな。
とにかくその日は仕事なんかしていたくなかったんだろう。
わからなくもない。
しかし大人げないと思わなくもない。

だが問題はその後だ。
そのまま、気が向くまで半月以上仕事に来なかったってんだからスゲー。
「今日も休みですか?」
「ま、来ないでしょ」
「オレだったら来たくないですよ。
 さっさと次の仕事探しますよ」
誰も出勤を期待しなくなっていた。
わからんでもないが、想定外の欠員が出てしまうため、業務が山積みな時期でもあり、連日職場はてんてこ舞いだった。
ほんとに迷惑なんだから、もう!

しかもその間に、遅い新年会が開かれたのだが、それには顔を出したってんだから、この人ってばもっとスゲー。
無断欠勤者ゆえ出欠確認も取っていなかったのに、会場に顔を出したので一同呆気。
新年会があることは、誰かから聞いていたらしいのである。
「何であいつがいるの!?」
先輩はプンスカしていたそうだ。

その新年会には私は出ていない。
なんとなーくそいつが来そうな予感もしていたから。
顔も見たくなかったのでね(笑。

どの面下げて、無断欠勤続きの者が宴会に出られるんだ?
「休暇を謳歌している」
とか言っていたらしい。
少ない人員でも好業績を続けていた状況を聞き、
「自分がいたら、もっと業績が上がっていますよ」
とも言っていたらしい。
馬鹿か、お前は。
アンタがいないから、みんなそれなりに結果出しているんだよ、( *`ω´) ムキー。
私なんか、顔を見ないで済むと思っただけで、とても気が楽になって仕事に精が出せる毎日だったもん。

採用された当初からウマが合わない相手だった。
職場では先輩になる我々に対しても謙虚さのかけらもなく、間違ったことをし続けているのに改めようとしないので、段々と周囲が愛想を尽かしてしまった。
つか、上手く行っているメンバーっていたんだろうか。
協調性なし、規約守らない、健康管理ができていないので欠勤多し、大言壮語。
顧客トラブルも多かった。
「あんな奴辞めさせちゃえばいいのに」
私を含めて複数がそう思っていた。
とにかく私の中では、人としてダメだった。
頻繁に朝から酒臭い息で出勤して来るって、40過ぎの大人がすることか?
しかも車を運転して来ているんだぞ。
どんだけ飲んでいるんだよ、何時まで飲んでいるんだよ、捕まっちまえお前なんか。
社会人としてルールが守れない奴に、職場のルールなど守れる筈がないわな。

挙句、肝臓こわして療養のために月の1/3も戦線離脱とか、信じられんわ全く。

あんまり頭に来る事が多くて、理不尽だと思えることをこちらが辛抱することも多くて、
「あいつが辞める時が来たら、あたしゃ赤飯炊いてやるわよ!」
私は親しい人にそう言っていた。

その人が通告を受け、帰っちゃったというその日、私は仕事を終えて帰る時に車に乗り込むと、
\(^o^)/ヤッター!! ヽ(゚▽^*)乂(*^▽゚)ノ バンザーイ♪
声を上げて歓喜した。
\(^o^)/ヤッター!!を連発しながら家路に就いた。
いや、悪いけどホントだから。
決定してくれたエライ人、あなたは正しい!

2月上旬、私は小豆を購入した。
解雇がわかってから10日あまり後、私は本当に自宅で赤飯を炊いた。
ちょうどO嬢が我が家に来て、毎月恒例の髪を染める日だったんだけど、そいつが辞めることになったのを一緒に喜んでくれている彼女にも、赤飯を振る舞って一緒に我が家で昼食をとった。
「ホントに作ったの?」
(≧∇≦)アハハ!!
彼女にはウケた。
美味しいと言って食べてくれたので、土産にまで赤飯を持たせた。

うちのダンナは赤飯が大好きである。
戴き物でも惣菜屋で入手したものでも良い、赤飯が食卓に登ると喜ぶ。
しかし結婚してとても長い歳月が過ぎているけれど、私が自分で赤飯を作ったのは、我が息子ゴエモンの初節句のみ。
それ以来のことだ。
そのくらい、私が「本気になって祝った」事案であった。
何も知らないダンナは、赤飯を「ウマイうまい!」と言いながら喜んで食べていた。
何故突然私が赤飯なんて炊いたのか、少しぐらい不思議に感じていないのだろうかと、こっちのほうが疑問に感じたので、ダンナには事情を説明して笑ってもらった。



「もう来ないと思いますよ」
毎日毎日、来るか来ないか分からん相手のことを、偉い人はそう言っていた。
来なくていいよと、私らも思っていた。
あんな奴の顔も見たくないと、心からそう思っていた。
しかし件の新年会から数日後、フラリと何事もなかったかのような顔をして、突然出勤して来たのだ。
「ご迷惑をお掛けしました」
普通だったらそんな挨拶から始まるものだが、未だに一切そのようなセリフは聞いていない。
そんな奴である。

あと半月近く。
見たくもないあいつの顔を見て過ごさねばならん。
普通だったら最後には有給消化して、月の後半くらいは休み続き・・・になるところなんだけど、無断欠勤に有給を投じてしまったため、その人にはもう消化すべき有給など残っていない。
来るなよ!
(`ε´#)ムカー。

と思っていたら、今度は体調不良とかで早退し、その後欠勤。
また欠員で多忙な週末。
どこまで迷惑なんだろかー。



2月の初旬、以前からずっと行きたかったお店へ、相方と遂に念願のランチ。

鶴の家1

以前ここの前を通った時に、その佇まいがとっても気になる、とにかく惹かれる雰囲気の建物と思えたこちら。
外観も良いのだが、内部も素敵。
実はあの水戸岡鋭治氏が設計に携わっていると、先月ここへ行く直前に知った。

鶴の家2

右下に彼のサイン入り。
こうした絵画も多く飾られている。
デザイナーというよりもアーティストだわぁ。
JR九州の数多くのイベント列車や九州新幹線、そして豪華客車「ななつ星 IN 九州」をデザインしたお方。
この人のセンスはとても好き。
そしてここの食事の内容にも満足!
遠くまで来て良かった。
水俣っす、湯の鶴温泉っす、県内我が家から一番遠いと言っても良いエリアの温泉っす。

ちなみに例の小豆を買ったのは、ここへ行った帰りの物産館(笑。


そして3月。
本日は地元テレビ局で特派員総会があり、久々で局舎へ。
「まだ特派員しているんですか?」
そう尋ねられるくらい、私は籍だけ置いていて、2年以上仕事をしていない。
先月初めに取材ネタが有ったのだが、取材対象の日程と放送できる日の日程がどうしても調整できず、取材の前に話が流れてしまった。
ああ、カムバックの機会を逃した・・・。

サプライズゲストが来ると案内されていた総会。
サプライズゲストとは、

総会1

この番組にも出演し、地元で活躍されている人気者の肥後にわか役者さんだった。
それを最前列で見ることが出来たワタクシ。
もー、局内の身内ネタみたいな肥後にわかのミニ芝居を目の前で見られて、笑わせてもらったわー。
職場のムシャクシャなんか忘れられるね~。
ばってん城次先生、ありがとうございました!
素の城次さん、こんな顔じゃないけどね、ちょっとコワイムードが漂うんだけどね(笑。
肥後にわかの世界の人では、亡くなられたばってん荒川先生も、素のお顔はちょっとコワイムードだったけどね(笑。



番組の司会のお二人も、相変わらずサービス精神満点で、私達特派員にはとても配慮してくださる。
その姿勢は尊敬に値するなぁと、こうした行事の度に頭が下がる。
私はこの番組のスタート当初から、もう17年も関わっていて、泊まりがけのロケや(何しろデビュー作は入浴シーンありの旅レポだったしねぇ)、自宅ロケそしてスタジオ出演も複数経験している。
番組作りの現場を近いところで見ていた。
某スタッフがご自分のブログでハードな現場事情をぼやいているのも垣間見たけど、そういうことだって表には出ない部分であるだろう。
影での苦労も、司会者さんやスタッフの皆さんが、常々我々を大事にしてくださっていることも、番組作りに尽力されていることなども、自分なりに理解しているつもりだ。

総会2

だからこそ、今日のような日にも我々を和ませてくださる名司会者のお二人に、深い深い敬意を抱かずにはいられない。
モッちゃん、美香ちゃん、ありがとうございます。



今年は番組のために少し動かないとね。
「まだ特派員やっているんですか?」
おずおずとお尋ねになる方が、本当にこのところ結構おられるしね。
(;つД`) トホホ
ミラーレス一眼での動画撮影、まだ挑んでいなかったもんね。
つか、コレを使ってちゃんと撮影できるんか自分?

こちらの取材も動かなきゃだけど、いい加減にブログにも向き合わんとなぁ・・・。



励みになります

テーマ : (*´∀`*)タハ
ジャンル : 日記

03/05のツイートまとめ

uuban_gya

我が師匠からチャリティーコンサートのご案内。私は当日仕事なので出向けませんが(´;ェ;`)ウゥ・・。先の震災で被災した木で作られた「TUNAMIヴァイオリン」の演奏も!熊本初演奏!お時間のある方は是非に!詳細は→『緊急告知!』 http://t.co/sRwR8zldoA
03-05 01:30

03/02のツイートまとめ

uuban_gya

RT @55_kumamon: ロアッソ2-1で勝利だモン!󾬐バンザーイ! 開幕戦から幸先よかモーン☆ http://t.co/Zf66MR6qbF
03-02 20:40

02/28のツイートまとめ

uuban_gya

RT @tanabe1969: リクエストにお答えして「HELLOワン」のスマフォ壁紙です。ご自由にお使い下さいっ。 http://t.co/j4ZfTAq8cr
02-28 05:09

CALENDER
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR