フルメンバー!

仕事が終わってから、職場の送別会が行われましてな。

送別会1

地元の居酒屋に行っったのでござんす。


21時スタート予定。
おせーよ!
でも仕事終わってからなので仕方ねーよ!

しかし終業間際にアクシデント発生で、しかもその始末に送別される筈の主賓2名がガッツリ巻き込まれる。
当然事後処理のために主賓大遅刻。
始まったのは30分以上も遅れたので腹減ったー!

待ちかねたぞ、カンパーイ!

送別会2

「この職場始まって以来」という、フルメンバー出席。
一人の欠席者もなく、こんな時間なのに、主婦の皆さん方もやり繰りして駆け付けたという盛況。
これもひとえに、この度異動なされるお方のご人徳あればこそ。
この方の送別会だからと、普段は宴会に顔を見せないのに、今日こそはと都合を付けた人は多かったに相違ない。
オイラもその一人だよ(ぼそ。

しかし味の濃い料理が多かったぜ…。
「このタレ、白いご飯が欲しくなるよね」
私の周囲は、この言葉に激しく同意してくれていた。



送別会3

そして味の濃いアトラクションもあったぜ。
二人共男子だぜ、くじ引きでこの役に当たっちゃったぜ、右の人なんて悲鳴あげて、
「もう、何で俺!?勘弁して…」
とガックリし、相当ぼやきながら裏に回っていって着替えていたぜ、気の毒〜。
気の毒なので、画像は思いっきり加工させて頂きましたぞい。


左のキンキラ衣装は、ゴエモンがかつて職場の宴会で着用した衣装。
右の人が被っているウイッグもそう。
ゴエモンがドンキで買ったこの衣装類、
「着てもいいよ」
と言って帰省の時に持ち帰った。
そんなもん、かーちゃんは着ねーよ!…だったが、実はうちの職場の宴会ではコスプレがあるとかあの噂を聞きつけ、
「役立ててください」
と数カ月前に寄贈した。
「なんでこんなもん持っているんスか!?」
って大笑いされたけどさー、やっと日の目を見る時がやって来た。



このコスプレの最中は、多くの人々がキャーキャー騒いで撮影しまくり。
フルメンバーだから、やっぱりそれだけ盛り上がる。
「この模様の写真はコンテスト開催しますから!」
とエライ人が言った。
ホントなんだな、やるんだな。
とっておきの1枚があるんだから、あたしゃソレ出すぞ。
ミラーレスとはいえ、一眼持って来ていたのは私だけだからね。

動画撮っている人も居たけど、どうするつもりなんだろアレ(笑。



それにしても右の衣装は、誰が準備したのさ(爆。
やるときはやるんだな、うちの職場。


お開きになったのが23時半近く。
眠いー。
次の日が休みで良かったー。
送迎してくれたO嬢ありがとー。
帰宅後の記憶が途切れているー。



励みになります



テーマ : (^ω^)にゅーん
ジャンル : 日記

09/29のツイートまとめ

uuban_gya

おや?どこかから木犀の香りが漂ってきている今朝。秋ですなぁ。
09-29 10:32

09/27のツイートまとめ

uuban_gya

明日は遅番勤務だから、秋の夜長を楽しもうと思っていた途中で、「あれ?もしかして…」と急に思い立ち、あらためてシフト表を見たら…!!遅番勤務じゃなくて早番勤務と判明し、はよ寝ろよ自分!とひとりボケツッコミ中のオイラ。(;_;)
09-27 00:57

秋の夜は長いから

昨日25日は、我が家の次男坊猫・ひめの命日だった。
我が家の猫達はみんな血縁関係はないけれど、この家で2番めに迎えた家族だったひめ。
1年ほど先に来ていた茶太郎が長男坊になるから、ひめは次男坊というポジション。

安らかにね

ゆかさーん、彼のお墓の上には、今年もちょうど彼岸花が咲いていますよー。
他界したのが2006年だから、今年は7回忌ということになるんだなぁ。



スーツを買い直さなくても良しと判明したが、ちょっと他に買い物があったもんで、一人でブラっと出掛けたワタクシ。
真っ先に書店へ向かってしまい、

買ってしまった

この書籍を入手。
書評をちらっと見かけたら、何だか評判がよろしかったもんで、つい読んでみようとの気持ちになった一冊。
昨年夏に発行予定だったものだが、3月11日のあの出来事があったので、今年の夏に発行が日延された。
そして新たに「あの日の松島」が追加されている。

ほほぅ、面白いのかい?と思った方は、



ほい、こちらからどうぞ。


秋の夜は長いのだもの、読書して過ごすには最適じゃーん。
暑くもなく寒くもなく、こんなに気候のいい時は、この長い夜を利用し、何かして過ごさなきゃ勿体ないよ。




今日の空は空気が澄んでいてキレイだったなー。

天高く・・・

運転していても気持ちよかったなー。



秋といえばこんなものも我が家に到来。

食えってか。

ダンナがブドウをどかっと持ち帰り、
「食う?」
って言うんだわ。
どうやら仕事関係の、こいつは福岡土産っぽい。

貰って来たからには食べるわよ。
でもその量、ちょっと多いわよー。
ま、ボチボチ食べるわ。
秋の夜は長いから、ね。

しかしゴエモンがいたら、このくらいすぐに片付くのにねぇ。
到来物があると、私はしばしば彼が居た頃のことを思い出す。
彼はホントによく食べたもんだ…。
彼が居た頃は私なんて、ほとんど果物は食べなかった。
みーんな彼に食べてもらっていたんだもん。


ちなみに先日ダンナが持ち帰った長崎土産、皿うどんは半分食べ、カステラ類のお菓子はまだ食べ終えていない。
これらのお菓子もゴエモンがいたら、さっさと片付いていたのにねぇ。


そろそろ我が家の庭の栗が拾えそうな頃合いになって来ている。
「ねえ、休みの日に栗を拾っておいてくれると助かるんだけど」
ダンナにそう声を掛けたところ、
「げーっ?
 ゴエモン呼んできてよ!
 俺は栗拾いなんかしたことないよ」
だって。
「あの足でイガを踏んでクルって出すアレだろ?
 いつも息子任せだったじゃん。
 俺、やり方知らないよ」

ゴエモン呼んでって…アンタ、バカ言ってんじゃないよ。


確かにゴエモンは栗拾いで大活躍だったけれど、ダンナって栗拾いしたことなかったっけ???
この家に20年以上も住んでいるのに、ダンナは栗拾いしたことがないってか!?


まさかと思ったが本当らしい。
ダンナの「知らない」「わからない」伝説、信じられないことがまたひとつ増えた。
_| ̄|○




励みになります

テーマ : .+.(♥´ω`♥)゜+.゜
ジャンル : 日記

深まりゆく秋を感じながら

夜の冷え込みが深まりまして、数日前の夜には遂に長袖トレーナーを着込んだワタクシ。
いや、窓を閉めればいいだろって事なんだろうけれど、肌寒いけれど窓は閉めずにいたいって、この微妙な境界線上にある秋の夜の心地よさというか、それがわかってもらえるといいのだが。

エアコンはもう何日もスイッチを入れていない。
扇風機も回さずに過ごせる。
火の国にも本格的な秋の気配。


でも昨夜はちょっと冷え込みが緩んだ。
予報では今日の最高気温が30度などと告げている。
「今夜は暑いよな」
って、昨夜の晩酌中にダンナが言った。
「暑いっていうか、あまり冷え込んでいないよね」
と返す。
暑いと寒いしか知らないのかダンナは。


「あこちん、気が付きました」
と話し始めるワタクシ。
「あまり冷え込んでしまうと、お外の虫が鳴かないのです」

何日か前には、
「あ、もう鈴虫が1匹しか鳴いていない…」
と耳を済ませていて気づいた。
鈴虫の季節が終わってしまうのかぁ…と思っていた。

ところが昨夜、また複数の鈴虫が鳴いている。
その他の虫の声も多い。

「冷え込み過ぎると、虫は活動しないのかもよ。
 今夜は気温が上がったので、また活動しているんじゃないかな」
私はダンナにそう言った。
「ホタルも冷え込み過ぎると飛ばないのよ。
 それに似たようなものがあるんじゃないかと思うんだわ」
と付け足した。

「そうかもなー。
 この間俺の部屋に、鈴虫が居たぞ」
とダンナ。
「マジで!?」
「鈴虫って小さい?」
「うんにゃ、コウロギよりも少し小さいくらいだよ」
「コウロギみたいな色?」
「うん、茶色いよ」
ダンナよ、鈴虫の色も覚えていないのか!
「じゃあ違うなぁ、そんなに茶色じゃなかったし小さかった」
「コウロギじゃなさそうだね」

田舎暮らしなので、庭だけじゃなく家の中にも虫のお客さんがやって来る。
中にはすごくいい声で鳴き続けるものも居る。
そうしたお客様は歓迎であるが、昨夜は家の中にヤブ蚊もいて、キッチンで足を1ヶ所刺された。
その後そいつを見つけ、速攻で叩き潰したぞい。

静かな夜に流れ続ける虫の音は、秋だなぁという印象を深くする。
自然が与えてくれる何よりのBGMだよなぁ。





23日はゴエモン基地で、恒例の航空祭が行われた。
当日は場内で警備に当たっていたゴエモンだが、22日に行われていたブルーインパルスのリハーサル画像。

BI1

スマホからなので画質はそれなり。

BI2

でも青空に白いスモークの航跡は「爽」である。

BI3

昨年は色々とあったので、中止になっちゃった航空祭。
そして開催されたとしても、ゴエモンは昇任前の入校中で当日不在の予定だった。

BI4

2年ぶりに開催された航空祭は、開始から2時間くらいは雨がパラつく生憎の天候だったけれど、その後は曇りで何とか持ってくれて、最悪の天候は免れた。
しかしそのためブルーは垂直課目は出来ず、水平課目ばかりだったとのこと。
でも10万人の人出だったって。

「一度は来てよ」
とゴエモンに言われていたから、一度は行きたいと思っている航空祭。
でも少し前からゴエモンは、
「当日は来るもんじゃないね、混雑しすぎ。
 リハでいいよ、リハで」
と言っている。

いやー、お祭りってのはお祭りのムードを味わってこそじゃないかって思うけどねぇ。
でも私、人ごみ苦手だしなぁ、ゴエモンの言うこともわかる気がする~。
行きたいけれど、いつになるやらの航空祭。
ゴエモン基地は遠いよねぇ。




火の国の今日はいい天気。
私は今月最後のお休みである。

来月2回ほど、仕事の関係で外部研修会に行かねばならなくなった。
「研修会ってもしかしてスーツ着用参加ですかね?」
「そうですよー」
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

「スーツなんか持っていたっけ?」
と横からO嬢が言った。
持っているわよ、失礼ね!
アンタ一緒に買い物したじゃない、あの時に買ったスーツよ。


だけど…スーツ…久しく着ていない。
確か最後に着たのは、ゴエモンの高校卒業式じゃなかったかな?

まだ着られるかしら、入るのかしら。
アレを買った頃は、今よりもう少し細かったのじゃないかしら。

先日の健康診断により、この1年で体重が結構落ちていたことがわかったので、手持ちのスーツが着られる可能性はある。
そう言えば数年着られなかったアロハシャツに、恐る恐る袖を通してみた先日。
すると問題なく着られたではないか!
あれがそうだったから、もしかしたらスーツも大丈夫なのでは???

もしも着られなかったら、買い直さないとイカン。
買いに行くならば今日だよなぁ…と思い、本日朝から恐る恐るスーツとブラウスに袖を通す。


ヤッホー!
問題なく着られるぞー!!
嬉しかったねぇ、感動したねぇ。


買い替えの必要なくなった。
良かった良かった。
本日のスーツ購入は消えた。


結婚後に身内が亡くなったり法事の期日が来る度に、私は何度か喪服を買い直さねばならなかった。
要するに体型がズンズンと変わってしまっていたからである。
「金のかかる女」
などとその度にダンナからバカにされたもんだ。
でも10年近く前に実父が亡くなった時に買い換えたのを最後に、とりあえず喪服は買い換えずに済んでいる。
そのダンナも結婚前に持っていた略礼服から、その後2回も買い換えているんだけどさ。


虫の音が段々と減り行く秋。
食べ物が美味しくなってくる秋。
食い過ぎないように気をつけねば、このスーツが着られるようにし続けねば。



励みになります

テーマ : (^ω^)にゅーん
ジャンル : 日記

09/23のツイートまとめ

uuban_gya

とても素敵な写真です! RT @shu_wa: 雨粒のネックレス纏う曼珠沙華。(撮ったのは4年前ですが) http://t.co/ElgsKxnd
09-23 10:52

09/22のツイートまとめ

uuban_gya

帰宅~。ほえー!出先で「背の本」と書き込んでいた!(> <) 瀬の本高原の誤りでござる…orz
09-22 18:55

神秘の青乳白色のお湯。岳の湯温泉、豊礼の湯わず。ここ、大好きなのです~。 http://t.co/bIQ6Otuo
09-22 17:07

シェ・タニ背の本高原店にやって来たよ~!甘い物は別腹だべさ。http://t.co/uY5AeVnQ
09-22 14:30

ボルシチでランチわず。美味しゅうございました。 http://t.co/YDwPggXB
09-22 14:05

背の本高原なう。残念な小雨模様。 http://t.co/Lk9XCKrf
09-22 13:03

瀬の本高原は気温13度

「何処か温泉にでも行きませんか?」
とO嬢から誘いを受けた。
土曜日でしかも祝日なのに、何故か二人共仕事が休み。
どうしようかなぁ、天気予報はイマイチだしなぁ…と迷う。
「近場?それとも遠出する?」
混雑しているような所には行きたくないよねぇ…。
誘った本人は何処へ行きたいのかと問うと、
「小国の温泉へ行きたい」だって。
えー!?
プチ遠出じゃん。
混まないかなぁ、世間は連休だぞー。




瀬の本高原1

瀬の本高原まで来てしまった、はっはっは。
家を出た時から小雨が降り出し、高原の眺めはイマイチである。


しかしさすがに世間は連休。
我々が向かった人気のお食事処は「八菜家」で、駐車場が満車に近く、席に着くには15〜20分待ちと言われる。
家族連れや県外ナンバーが多い。

それにして一気に秋めいたこの数日。
2晩前から夜は掛け布団を使い始めた。
そしてこの時の瀬の本高原の気温が13度!

涼しいと言うよりも肌寒いー。




やっと席に案内され、

瀬の本高原2

O嬢の注文した「だご汁定食」登場。

瀬の本高原3

白味噌仕立て、味噌の味はちょっと濃い目。
野菜がものすごく沢山入っていて、十分なおかずになりますなぁ。


私が頼んだのは、

瀬の本高原4

肥後赤牛を使ったボルシチ。

瀬の本高原5

お肉は厚めのスライス、お野菜ゴロゴロ。
これもなかなか美味でござる。

かなり混雑している時間帯だったけれど、店員さんの接客態度が気持ちいい店だった。
こういう店だったら、知人を案内してもいいなと思える。





結構お腹いっぱいになったのだけど、何かデザートも食べたいよねと食いしん坊。
車を5分ほど走らせて、熊本ではチョイと名前の知られた洋菓子店「シェ・タニ」の瀬の本高原店へ向かう。

瀬の本高原6

ここはケーキバイキングが一人1,800円で楽しめるが、そこまでお腹の余裕がある訳じゃないので、それぞれチーズケーキとバームクーヘンを頼み、飲み物とのセットで750円。
両隣の席のカップルが、いずれもケーキバイキングをかなりの勢いで召し上がっていたので、すごいなーと感心して見ていたワタクシ。

いつか私もアレやりたい…。



雨脚が段々と本格的になって来たが、そもそも今日の目的は「温泉に入ること」なので、食いしん坊はこのあたりで切り上げ、本命の温泉へ向かう。
道路は混んでいないのだけど、目的の温泉へ行って驚いた。
駐車場がいっぱいー!
ここがこんなにも賑わっているのを初めて見た(笑。

お客さんの殆どは家族風呂目的だったようで、私達が目指していた大露天風呂はそれほど混んでいなくてひと安心。
そうそう、噴気蒸しコーナーも大賑わいだった。
楽しいもんねぇ、子供さんも喜ぶよねぇ。


岳の湯

青みを帯びた乳白色のお湯、岳の湯温泉「豊礼の湯」は、小国の中でも特に我々のお気に入り。
この辺りでこんな色のお湯に入れるところは、他にないものね。
O嬢のリクエストはこの温泉だった。

私達以外のお客さんは、いずれも他県から来ている人だった。
初めてここへ来たという人も結構いて、
「青いー!」
「眺めが良いー」
「気持ちいいー」
とお喜びのご様子。

源泉の温度が高い(95.7度)ので、熱くないかなと案じていたが、今日の湯加減はぬるめでよござんす!
家族連れも入って来たりしたけれど、広い浴槽なのでゆったりと浸かっていられたよー。

ゴエモンが帰省していた時の温泉行きで、ここへ来ることも考えた。
ゴエモンもここへ一度来ており、結構気に入ってくれたのだ。
しかし、
「熱くないお湯がいい」
とダンナが言っていたので、あえてここを避けてしまった。

でも標高が高いこの場所では、下界よりもずっと涼しい風が吹き、この露天だったら夏場でもたぶん快適に過ごせる。
来年の夏のゴエモン帰省時には、ここへ来ることも考えてみようかな。
あ、冬にも帰省するよね?
でも雪の季節なっていたら、ちょっと登って来られないわ(笑。


昼にボルシチを食べながら、黒川温泉の「カフェ・シエル」のビーツを使ったボルシチが無性に食べたくなっていた。
オーナーさんが産休で、8月末まで店を閉めていた。
ゴエモンにも食べさせたかったんだけどなー、あの時は閉まっていたからねぇ。
本日は別な店になったけれど、そのうちあれを食べに行こう。
だが、
「あそこのケーキをお土産にしよう」
O嬢が提案したので、ボルシチは食べられなかったが、最後にお店へ立ち寄ってケーキを買うO嬢。

ううう、やっぱりビーツのボルシチ食べたかったー!
ちょっと悔いが残った本日のお出掛け。
たぶん来月辺りには、ボルシチを食べに行きそうな自分…。



励みになります

テーマ : .+.(♥´ω`♥)゜+.゜
ジャンル : 日記

09/21のツイートまとめ

uuban_gya

彼岸花の咲く棚田の山里なう。http://t.co/kautHyvO
09-21 15:44

棚田の彼岸花

ダンナが長崎へ1泊出張し、また取引先からお土産を貰って帰宅。

お土産

皿うどん、チョコレート菓子、カステラ系の菓子。
ありがたやありがたや。
何故かいつもお土産が多い、長崎方面の出張バンザイ。
何回でも何泊でも行けー!

チョコレート菓子は銀色の保冷シートでしっかり包まれており、それを剥がすと小さな保冷剤も1個入っていたが、保冷剤は既にグニャグニャ。
「もう溶けてんじゃねぇの?」
とダンナが言うではないか。
いつ貰ったんだよー。

急いで冷蔵庫に入れた。
溶けているかもしれないが、また冷やして固めれば何とか成るだろか。




ダンナがこのように昨日から出張していたもんで、本日公休日だった私はちょっと時間に余裕があった。
丸一日窓を開け放っていると涼しく快適な気候になり、すっかり秋めいてきた今日この頃。
そう書いていると、おそらく数日のうちに30度超えの残暑が戻って来そうだが、秋といえばあそこってどんなだろー?と急に思い立ったので、自宅から30分ほど愛車を走らせてフラッと一人で山里へ。


平成の大合併で我が市に含まれた菊鹿町番所地区。

棚田1

農村景観大賞に選ばれたこともある、棚田と彼岸花の郷。
ちょうど彼岸花の時期を迎えていることなので、カメラを持って出掛けてみた。
流石に結構知られた場所なので、観光バスとすれ違ったし、立派なカメラを下げた方々の姿も多かった。

棚田2

畦を縁取る彼岸花の開花状況はと言うと、まだ蕾のほうが多い感じ。
満開と呼べるピークはもう少しだけ先かも。

棚田3

でも絵になりますわな、彼岸花と棚田。
明日からの連休は、きっと大賑わいだろうねぇ。

棚田4

正直言うと、こうして人工的にビシッと植えこまれた彼岸花で、棚田を観光地化している状況には疑問も感じる。
何もそこまでしなくてもいいだろー、自然に生えているのならば許せるんだが…と私は思う。

棚田5

棚田の中には、この画像の手前のように、耕作放棄地も幾つかあるしね。
難しいんだわ日本の農業。

棚田11

しかしこの土地の先人たちは、どれほどの苦労をしながらこのような土地に、石垣を積み重ねながら棚田を広げてきたのだろう。
こんなにもこんなにも奥まった斜面にまで、耕作地を設けなければならなかったとは。
今だって大きな重機が入ることに出来ない急傾斜地である。
何枚もの田畑を広げるのに、何年かかっていたのかなぁ。

棚田6

何だかんだと言いながらも、いろいろ撮らせていただいた。

棚田7

結局秋ってさぁ、

棚田8

人を芸術家気分にもさせちゃうのよねぇ。

棚田9

水の流れを見ると、魚はいないかと思ってしまうワタクシ。

棚田10

昔は愛車に釣り道具を積んでいたものだが、気が付けば最近は川釣りの道具の行方がわからぬ(苦笑。
明日はこの棚田上流の渓谷で、魚釣り大会を含む渓流祭りが行われるそうな。
混むだろなー、公休日だけど行かねーよー。




真っ赤な撮影にはちょっと早かった彼岸花の郷。
近場にもあるこうしたちょっとナイスな場所。

それにしても、もしかして今年は彼岸花開花が例年よりも少し遅い?
我が家周囲を見ていても、そのような気がするー。



励みになります

テーマ : (^ω^)にゅーん
ジャンル : 日記

縮むんだ

かかりつけの医院を退職された看護師さんに、バッタリ出会った。
「あら、縮んだ?」
と言われたワタクシ。
え、ええ、まぁ、去年の今頃よりも減りましたよー。
「でしょ?
 なんかこもなったって思たもん」
(なんか小さくなったって思ったもん)

私はやはり他人から見ても、少し前よりは縮小した印象を与えるだけの変化があるらしい。
それにしても縮んだって、アナタ…。

と思いながら、10年以上前の衝撃的ひとことを急に思い出した。


小学5年だったか6年だったかのゴエモンに、私の剣道着を譲った時である。
それは私が中学2年生で買い求め、その後20代になっても大事に着ていた、物持ちの良い白い剣道着(上着)である。
これを着せたら、その頃のゴエモンにちょうど良いくらいだった。

白い剣道着を着たゴエモンが、私に向かって言ったのさ。



「お母さん、昔はこんなに縮んでいたんだー」


小学生だもん、ボキャブラリーが貧困だもん。
でもあまりにも正直な言葉だったもん。




人は縮んだり伸びたりするもんらしいよ。




励みになります

テーマ : (´ε`;)ウーン…
ジャンル : 日記

09/18のツイートまとめ

uuban_gya

職場の健康診断わず。一年前よりも、体重7kg減って、何ソレ((爆。で、遅ランチ兼早夕飯なう!http://t.co/aayLJ3z8
09-18 16:31

努力

爽やかな秋空でござる!

爽快な空ですなー


職場の健康診断が午後からありましてな、朝食も昼食も我慢して出掛けて行ったとさ。
胃カメラやバリウムの検査がある訳じゃないので、本当は朝食くらい食べても構わなかったらしい。
でも何時までならオッケーよとか、そのあたりの境界線が曖昧なので、いっそのこと食べないほうが…って感じー。


6月下旬に堪能全摘出の手術をし、6月いっぱいで仕事を辞めて、7月中は浪人状態でうだうだ過ごしていた昨年。
8月から今の職場に入り、9月初頭に健康診断が行われた。
体重を測られて、
「え?」
と思ったその結果。
我が家で測っていた数値よりも多かった。
「おかしいなー??」
疑問を感じていたけれど、浪人状態の時にはろくに体も動かさず、ふと気が付けば間食もしていたし、無駄な肉が追加されていたのはある程度事実。
それにしたってその数値、ちょっとヤバイよと脂汗。

そして今年に入り1月下旬、椎間板ヘルニアで倒れたワタクシ。
医療関係に従事する知人を始めとして、口々にからかわれた。
「再発を防がなきゃ。
 体重減らしたほうがいいよ」
ちょっと本気になったワタクシ。

4月から部署が変わり、以前よりも動いている時間が増えた。
歩数計を身に着けて、しばらく状況を観察してみたら、仕事をしながら1日平均4km近く歩き回っていることがわかった。
歩かないよりも歩いた方がマシ。
たとえ仕事でも「歩く」ことが出来ていること、これは天からの授かりもの。
この機会に食事の方も考え直そう。

そう漠然と思っていたけれど、そんなに本気で取り組んでいた訳ではない。
しか昨年までと大きく違うのは、職場での間食が断然減った(笑。
前の職場のほうが体は動かしていたと思うのだが、あそこは何かと差し入れが多く、気が付けば間食をしていた回数がかなりあった。
それが今との違いとして大きいのかなぁ。

ダンナの食べる量が減ってきているように感じているから、全体的に夕食を作る量を減らした。
ダンナが食べきれなかった分が、自分の夕食って感じになる。
作る量が減るということは、私が食べる分も減るという仕組み。

気がつけば少しずつだけど、体重は落ち始めていた。
うっしっし♪


健康診断の直前に「食べちゃうぞツアー」なんかに出掛けたので、それってちょっとマズイかな?と思っていたが、旅行から戻ってすぐに体重は元に戻った。
前の年よりも3kg以上増えると、健常診断で「アンタ駄目じゃん」とご指摘を受けるよね。
それだけは避けなけりゃと思っていたとですタイ。

一年前の結果表が手元にある。
昨日それを取り出して数値を見た。
ええっ!?
そんなにひどい体重だったっけ!?
都合の悪いことは忘れるように出来ている。
しかしあらためてこの結果を見て、私は現在の数値を思いニヤリとした。
前年比マイナス4kgくらいになったと思っていたら、自宅の体重計で出ている数値から見ても、マイナス6kgになっているじゃないか。
凄いぞ自分。
頑張っているじゃないか。


で、いざ臨んだ健康診断。
昨年比マイナス7kgと出ましたのさ!
やるじゃん自分。

ヘルニアのことがあるから、ここで気を緩めずにさらなる下降線を目指そうでないか。
5年前に着ていた服がまだキツイっての。
まずはそれがキツくないところまで戻そうじゃないか。

でも昨年の私って、そんなにひどかったのかしら?
そう尋ねると、
「うーん、そうねぇ、うっふっふ…」
O嬢が怪しい含み笑いをしていたのさ、ナニソレ。
「でも最近、ホントに体型変わってきたよ」
とも言っていた。
ふーん、そうかな。

ま、努力すれば結果はついてくることが明らかになった。
気を緩めずに行こう。
継続は力なり。



ところで台風16号では、栗の実も柿の実も無事だった我が家だけれど、実は目立つ被害がひとつあった。

破れた

南側の網戸が、吹き返しの風で破れてしもーた。
台風前に上の方が少し傷んでいるのを見つけていたんだけど、風に煽られてここまで被害拡大。
我が家のリビングの網戸は、外側にバッタやカエルそしてヤモリが張り付いた時に、猫が飛びかかったりするおそれがあるために、簡単に破れたりすることがなきようにと、網を二枚重ねで仕込んである特別仕様。
いや、私が勝手にそうやって網戸張りをしているだけなのだが。
しかもこの網戸、二枚重ねの一枚目がこうして剥がれているだけでなく、良く見ると二枚目も一番上の部分が枠のところで切れてしまっている。
日当たりのいい場所だけに、経年劣化が早くそして激しいのね。

折角エアコンを入れなくても、窓を開けておけば快適に過ごせるようになって来たのに、これでは困りますのぅ。
早速修理しなくては。
ダンナに今朝言ったんだけどさ、
「網戸が破れちゃったねぇ」
って。
でもさ、
「そうだな」
って返したっきり、ダンナはその後の言葉を継がなかったのさ。

仕方ないよ、ダンナは網戸の修理をしたことがないんだもん。
修理用品一式が家にあっても、この人に頼ることができないのだもん。

貼った

ほい、完了。
二枚重ねで貼るのは結構難しく、隅々を見るといささか不恰好だが贅沢は言えぬ。
「網戸の張替え〜」
とスピーカーから流しているトラックが時々通りかかっても、
「自分でできるからいいんだもん、
 お金払って依頼するような作業じゃないんだもん」
いつもそう思ってスルーしている。
努力すればこのくらいは何とかなるのじゃー!


今日から3日間ほどは、予想最高気温が30度を下回る快適な気候とか。
一年で一番過ごしやすい季節に移って来たねー。
窓を開けていると、ホントに心地よい気温だよ。
網戸復活バンザーイ!


O嬢の家ではこの夏、日よけ対策として窓の外にターフを垂らしたとのこと。
その効果はあったと言っていたが、
「台風で外れたわ」
と言っていた。
「アンタねぇ、台風が来るという時に、
 ターフなんか早々と仕舞うもんだろうよ」
「そんなに風は強くないと思っていたのよ。
 でも予想外の被害が出たわ」

あれだけ大きいのが来ると言われていたのに、台風を舐めている人がここに一人。
O型ってこんなもん?




励みになります

テーマ : (´ε`;)ウーン…
ジャンル : 日記

09/17のツイートまとめ

uuban_gya

藤崎宮秋の例大祭が済み、台風一過。吹き返しの風のラストに混じってひと雨降り、その後嘘のように風が静かになり、そして日が落ちる頃には空気が急に冷たくなった。「随兵寒合」(ずいびょうがんや)。火の国には独特の季節感が存在する。
09-17 22:07

役人がこれだもの…。 RT @47news: 速報:中国外務省副報道局長は、反日デモによる日本企業の被害について「責任は日本が負うべき」と指摘。 http://t.co/KuwecSeZ
09-17 18:25

吹き返しの風が唸っている

台風16号の勢力は、さすがにフィリピン沖にいた頃の900hPaではなくなったけれど、日本付近に来る台風としては大きな勢力を保った状態で九州にも近づきつつあった。

台風16号最接近にビクビクしていた昨日、私は仕事が早めに終わった。
その前日には数年ぶりで、懐中電灯と電池を新たに買い求めたり…なんてことまでしていた。
強風被害が出たら、停電したら困るもん、そういう台風を経験しているんだもん。
大きな台風が近づくと、私は臆病になるのだよ。

帰宅する時刻には、まだ風雨共にそれほど強烈ではない我が家付近。

台風前1

東の空には雲の切れ目もあり、青い空がチラリと覗ける。
しかし北から西の方角は暗い空になっていた。

台風前2

我が家地方では、稲刈り前の水田がまだまだ多い。
稲が倒れないといいけどねぇ。


心配なのは我が家の栗の実。

台風前3

まだ収穫前なので、強風で落ちてほしくないのだよ。
そして今年は4個だけ実を付けている柿の木も、青くてピカピカ未熟状態。

台風前4

まだまだ落ちるな、ガンバレ柿の実!



庭の撮影をしていたついでに、

台風前5

庭の隅に植えているニラの花なんかも撮ってみた。
ダンナが除草作業をしようとする度に、
「刈り取らないでよね」
と言っているのだが、そのくせこのニラを家庭菜園の産物として使ったことが、まだ一度もないというワタクシ。
「使わないんだったら、ザックリ刈ってもいいだろう。
 残すのめんどくせぇんだよっ!」
そうダンナに文句を言われる日が、いつか来そうな気ガス。


懐中電灯の準備オッケー。
停電に備え、水の準備もした。
我が家は井戸水を汲み上げている上水道なので、停電すると水も出なくなってしまうのだ。

夜半になって、風と雨が少し強まってきたのかな?という感じ。
でも眠れないほどの激しさにはなっていない。
このまま通り過ぎてくれますように…。






一夜が明けた。
暴風圏の円が予報画面で示されるが、アレにギリで引っかかるのか引っかからないのか、そんな土地だった我が家。
台風最接近の頃でも、そうひどい風にならなかったようだ。
沿岸部には高潮警報が出ていたりするが、我が家は海から遠く離れている。
ってことで、最大級の台風が通過したにしては、予想していたよりも呆気なく通り過ぎていた。


でも庭のことは少し心配。
そして知らぬうちに物置などの屋根や外壁に、バリっと損害が出ていないかってのも気になる。




昼過ぎ。
吹き返しの風が吹きまくっている。
昨夜の風の音よりも、この吹き返しの風のほうが唸り声が高い。

台風後1

栗の木は木の葉がひっくり返り、枝をザワザワと大きく揺らして風の中。
しかしド根性で栗の実は踏ん張っていた。
木の下にも落果なし。

台風後2

柿の実も落ちずに残っている。
ただし柿の葉はかなり落ちているなぁ。
樹の根元周囲に、まだ青々とした柿の葉が多数散乱していた。


台風の度に感じていたように思う。
吹き返しの風のほうが強いよね…って。
今回もそう思えている。

台風後3

我が家の庭で今年最初の彼岸花が咲く。
田の畦にはもう咲き始めているが、この庭の彼岸花は、毎年田の畦よりも少しばかり遅れて咲き出す。

暑さ寒さも彼岸まで。
この花が咲き出したら、季節の変わり目が更に進んできたというサイン。
でもまだ残暑が続きそうな予報なのよね…。




友人の旦那様が、中国に単身赴任している。
日系企業などがデモ隊に襲われているとの報道を見て、大丈夫なのかなと案じていた。
すると本日その友人が、つぶやきに久々のご登場。

旦那様の企業も被害に遭っていた。
既にデモじゃなくて暴動だって。
うんうん、そうだよね、略奪まで行なっていたっていうじゃない、そもそもの行動の根拠って何処にあったのさ?と言いたくなるよ。
旦那様の仕事先もメチャメチャにやられて、昨日から自宅待機って。

旦那様は心底ヤバイと感じ、事件勃発中はトイレに隠れていたそうだ。
かなりの恐怖だったとのこと。
公安が来て助け出されたって。
旦那様ご自身はご無事とのことで、それを聞いて安堵した。


やりすぎだよなぁ、あの国の人々。
こうした反日行動を批判した声も上がっているというし、悪い人ばかりじゃないんだろうけれど、デモのような集団になるとワケワカンネ。
暴力に訴えたとて、解決しないものは解決しないのになー。

日系企業の被害は甚大だろう。
どっかの国でクシャミをすると、どっかの国が風邪をひく。
あっちの工場が動けなくなると、こちらの国内の生産系や流通系にも影響が出てしまうよねぇ。
ってことは、うちの職場の中でも一部、影響は出るな。

日本企業が操業できなくなったらさ、仕事にあぶれてしまうあの国の人が出てしまう訳でしょ?
日本企業がこうした事態を重く見て、低賃金労働力よりも生産性や安全面を考え、今後どんどん撤退したらどうなるのさ。
必ずやあの国では、失業者が増えるだろー。
自分たちで仲間を苦しめるというのにねぇ。
頭冷やせ、目を覚ませ。




今日と明日、私は連休。
だが家から出ず、おとなしく過ごしている。
件のつぶやきの友人でも誘い、一人で過ごしている同士ランチでも…と思い浮かんだが、いや、今日はダメだったと思い直した。
明日が年に一度の健康診断なので、ここで美味しいものに魅了されてはイカンのじゃ〜!

暇だなーと思うと腹が減る。
しかし自分を戒める。
あの人吉球磨の旅で食い過ぎた分を、何とか旅の前まで戻すことが出来た。
その努力が無駄になっちゃうもん。
やっとここまで来たのに、健康診断前日にその戒めを破ってはなんにもならない。

暇だなー、やっぱり腹減るー。

あと一日…辛抱なのじゃ。
だけど午後から健康診断って、あんまりですがな、朝昼抜きってシンドいわ(苦笑。


明日の午後、健康診断が終わったら、私は好きなもんを食べるぞー。
リバウンド来るかな?
来るよね(苦笑。
台風も辛抱も、後からのほうが要注意。
国有化したあの島のことも、今からのほうがもっと大変。




励みになります


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

09/16のツイートまとめ

uuban_gya

栗の実もまだ収穫前なのだ。落ちてほしくないな~。暴れないでね、台風16号。http://t.co/7pkTsm7e
09-16 20:08

台風16号がヤバイよ

明日から3連休という人も多いだろうし、運動会があるんだよという人も多いだろうが、その連休の九州地方の天気予報はやばいッス。

台風進路予想図1

ちょっと奥さん!
900hPaって!
大型・猛烈な・最大風速55m/h・最大瞬間風速80m/hですってよ!!
何コレ、桁外れの規模だわよ!

今朝見た進路予想図よりも、これって東に寄っているわ~。
困るじゃないのコレ。
「台風の進路の右側は風が強い」って、火の国県民になってかれこれ20年余り、あこちんは身を持って経験し、その事実を承知している。
コワイよコワイ、この台風はヤバイ。



沖縄や沖永良部島など、前回の台風15号で被害が出た地域を、またこの猛烈な台風が窺っている。
幸いにも…と言うか、16日は早く帰ることができそうで、17日がお休みになっているワタクシ。
暴風雨の中を出勤しなくても済みそうなのだが、激しい風や雨に見舞われた場合、我が家がどうなることかと心配である。


庭の栗の収穫前なんだけどなぁ。
強風が来たら落ちてしまうよー。
いや、栗の心配どころじゃなくて、それ以上の被害が心配である。


とにかく気が気ではない。
備えられることは今から備えようではないか皆々。


明日は懐中電灯と電池を買って来ることにしよう…。




励みになります


テーマ : (´ε`;)ウーン…
ジャンル : 日記

美味いものは裏切らない

仕事の帰りに見上げた空は、

今日の空

稲穂が大きくなって頭を垂れ始めた田んぼの上に、綿のような雲が幾つも浮かび、真夏の空とはちょっと違う、
「9月には9月の空があるんだぜ」
ってな表情をしていた。

だが朝晩は凌ぎやすくなったといっても、日中の最高気温はまだ30度を超える。
暑さ寒さも彼岸までといわれるが、残暑はいつまで続くのだろう。




前日の鹿肉によるご機嫌持ち上げ作戦が上手く行ったので、今夜もダンナの機嫌が良くなるようなモノを出しておこう。
人吉球磨地方のお土産シリーズ、また行っちゃいます!



買って来ていることをまだ伝えていなかった餃子である。
そう、旅のラストにわざわざ立ち寄り、帰宅時間を遅くしてダンナのへそを曲げてしまった、あの松龍軒の餃子。
冷凍室に入れているので、晩酌で焼酎のロックを作る時にダンナは目にしている可能性大。
しかし何も尋ねて来ていないので、存在に気づいているのかいないのかワカラン。


餃子1

餃子はひとくちサイズであり、使い捨てライターと比較してもこんな感じ。
二段重ねで二人前が入っている。

パリっと焼くにはコツが必要だと、店長さんが言っていた。
熱くしておいた油を用意して、仕上げにコレを使わないとダメなのだと。

パリっと焼くぞ、頑張るぞ!

餃子2

パリっと焼いたつもりだぞ、頑張ったぞ!



「何?餃子?」
「うん、ひとくち餃子」
ダンナも餃子は好きである。

「あ、美味い」
「でしょ?」
「美味しいな、何処の餃子?」
「人吉の餃子だよ」

人吉には餃子専門店が多いのだということなどを話した。
ダンナはそれを知らなかった様子である。

「ここの店の餃子がとても美味しかったので、
 どうしてもお土産に買いたくて、
 帰りにわざわざ寄って来たものだから、
 それで帰宅が遅くなったりしたんだよ。
 帰宅した時ご機嫌が悪かったけどさ、
 このためだったの、許してよ」
「うん」

餃子3

ニンニクが効いていて、肉と野菜のバランスが程よい。
果たしてダンナは幾つ食べるだろうかと思っていたら、1.5人前をペロリと食べていた。


ダンナのご機嫌はすっかり回復。
ありがとう、鹿肉、そして松龍軒の餃子!
美味しい食べ物は裏切らない、やっぱり人を笑顔にする。




松龍軒の餃子は通販も行われており、WEBサイトでは焼き方のコツも紹介されている。
http://www.shouryuuken.jp/

通販の方は一日20個限定らしい…。

私はこのサイトで焼き方を確認しながら焼いた。
この画像入りアドバイスは役に立った。
不機嫌なダンナをもゴキゲンにした魔法の餃子、食べてみたいなーと思ったら、試しに一度ご購入を。
いや、やはりプロの焼き方には叶わない。
ぜひ一度、お店の方に行ってみてちょ!
(親切だった店長さんへ、せめてものお礼の宣伝のつもり)




励みになります

テーマ : (^ω^)にゅーん
ジャンル : 日記

しかと味わってくれ

職場にはお菓子を買って来たが、我が家にも人吉球磨地方の土産を幾つか買って来た。
ダンナには球磨焼酎を与えてご機嫌を取ろうとの魂胆。
しかし旅行からの帰りが遅かったので、これを見せてもムスッとしていたあの日のダンナ。
その翌日から遅番勤務が3連発で、私の帰りのほうが遅いものだから、ダンナはその間もあまりご機嫌がよろしくなかった。
その間に土産の焼酎の封が切られていたけれど、味に関して何のコメントも無し。
旅行から戻って以降、夕食の時間になると、気不味い空気が流れっぱなしの我が家。
はぁ・・・・・・・、疲れるわぁ・・・・・。


やっと遅番勤務から開放されたので、今日はこれを取り出そう!

鹿肉1

これは冷凍の鹿肉である。
球泉洞の売店で扱っていた。

鹿肉2

価格を明示していないラベルだが、このモモ肉は100gあたり300円で販売されていた。
民宿で食べた鹿肉の天ぷらが、思いの外柔らかくて美味しかったので、我が家でも作ってみようと思ったのだ。

解凍して薄く切る。

鹿肉3

脂身が少なく、見た目は赤身の馬刺しにかなり似ている。


民宿の天ぷらは、どちらかと言うと片栗粉が多めに用いられた衣を纏っていたので、我が家でも竜田揚げ風にしてみることに。


鹿肉4

カメラマンの腕がイマイチなので、何処にピントが合っているのか不明な写真。
そして赤身の肉は油で揚げると結構茶色っぽくなるので、これだけ見るとあんまり美味しそうには見えない写真。


「何の肉?」
「さあ、何でしょうー」
目の前に出てきたコレを見て、ダンナがその正体をわからずにいる様子なので、ご機嫌を持ち上げるために明るく振る舞いながら、ダンナにクイズっぽく振るワタクシ。
(気苦労する妻の図)

「クジラ?」
「ブー、違いますー」
「馬?」
「ハズレですー」

ダンナの機嫌はそれほど悪くなさげ。
ああ、良かった・・・。
(気苦労から少し解き放たれて嘆息の妻の図)

「結構ウマイ」
「でしょー」
「で、何なんだよコレ」
「正解は鹿の肉です」
「ふーん・・・」
「ほら、多分アレだよ、害獣駆除で獲られる鹿。
 球泉洞の売店で普通に売っているんだけどさ、
 そういうものも地元で売れば収入になるんだし、
 禍転じて福となるってことなんじゃないのかね」
「だろーな、うん、柔らかいなコレ」

この夜、ダンナは不機嫌な顔を見せずに、鹿肉をウマそうに食べていた。
ああ、良かった、これで肩の荷が下りた。
(顔には出さぬが、本当に安堵した妻の図)



鹿肉は20年以上前に、スペイン・バルセロナのレストランで「鹿肉のクリーム煮」を食べたことがある。
これはとてもとても美味しかった!
また今から7〜8年近く前に、知人から冷凍の鹿肉と熊肉の塊を頂戴し、それはいずれもカレーにして食べた。
クリーム煮を食べた時もカレーにした時も、クセのない美味しい肉だなという印象を持った。
イノシシよりも柔らかいし、ホントにクセのない味だと思う。
そう、我が家はイノシシ肉を食する機会は多かったが(今でも冷凍庫に入っている)、鹿はそれほど多くなかったのよねー。
O嬢なんかは以前鹿肉の刺身も食べたことがあるそうだ。
それ、ちょっと羨ましいなー。


因みにワタクシ、ヤギ肉も食したことがござる。
沖永良部島でヤギ汁を食べたのだ。
沖永良部島では普通にJA直営のエーコープで、精肉コーナーのパックに並べられ、ヤギ肉を販売していたよー。
あちらの地方では食用として飼育されているんだものね。
島を巡ると、ヤギさんに何度も会うよね。



「鹿肉って高いの?」
とダンナが食べながら尋ねる。
「高いかというと…高くもないし安くもないというか、
 安い牛肉よりはいい値段だけど、
 高い牛肉よりは安いってところかなー」
と答えておく。
値段なんか気にしなくていいから、我が家にとっては珍しい鹿肉ゆえ、しかと味わってくれ。



モモ肉100gの300円を安いと思うか高いと思うか、それぞれの人の価値観で違うだろう。
だが先ほどググって通販の価格を見ると、天然の鹿モモ肉の価格としては、これは安い方に入るの言うことを知った。

球磨地方に行く事があったら、お土産に如何でしょうかお客さん。
私がコレを購入した売店では、お食事処で鹿肉のカツ丼なども出していた。
機会があればカツ丼も食べてみたいと思った、食いしん坊のあこちん。
天ぷらよりもカツ丼にすればよかったかなと、食事の支度をしながらその気持ちもちょっと湧いた。
しかし来週は年に一度の、職場の健康診断が控えているのである。
旅行で食べ過ぎた体を元に戻すべく、目下自分を戒めている最中なのだった。
カロリー高めのものは、今は食べられないのよ、あうー!
(無駄な努力をしているお馬鹿さんの図)



励みになります


テーマ : (´・ω・`)・・・・
ジャンル : 日記

着心地

我が家のニャンコ・富久娘おばちゃん(14歳)は、長毛種であるメインクーンのMIXゆえ、我が家のニャンコの中で最も毛が厚く長い、つまりかなり毛深い。
ってことで抜け毛の量も多くなる。
その対策としてこれはどうだろ?と、ホームセンターで値下げ販売コーナーに出ていたワンコ用のウエアってやつが格安だったので、初めてこれを買ってみた。

サイズがイマイチわからないまま買った。
ゴエモンが愛用しているトランクスと同じブランドだという理由だけで(笑)、OUTDOORのものを選ぼうとしたら、Sサイズしかなかった。
フクちゃんはメインクーンの面影を刻んでいるので、骨格が普通の猫よりも大きめである。
もしもフクちゃんに合わなかったら、我が家の3匹の中で一番細身(それでも体重6kgほど)の銀之丞に着せればいいや。
こんな感じで、SサイズのOUTDOORを衝動買い的にお持ち帰り。


伸縮性のあるものなので、着せることには苦労しなかった。
だがしかし、

小さい・・・

やっぱり小さいよねー、胸から上だけしか覆われていないよ(苦笑。




14年も自由奔放に生きてきたのに、生まれて初めて服など着せられたフクちゃんは、正直かなり迷惑そうだった。
我が家のニャンコたちは完全室内飼育で、今は首輪さえ身に着けていない。
ダンナは、
「何だこりゃ!?」
とか言って呆れていたが、
「アンタが嫌いな猫の抜け毛防止対策だわよ」
と切り返すワタクシ。
「でも体の半分しか覆われていないじゃないか。
 小さいだろ、これじゃ」

ダンナの言うとおりダス。
それでも覆われている部分の抜け毛対策にはなるだろー。




時々気になるのか、フクちゃんは肩のあたりを後ろ脚でカキカキしてしまい、着用開始から3日でそのあたりが毛羽立ってきた。
ダンナもそれに気づいており、
「ボロボロになるんじゃねぇの?」
と指摘された。
胸から上だけ覆われているに等しい小さな茶色いウエアを来ているフクちゃんは、ギュッと圧縮されたサラミを見ているようだ。
やっぱりこれは気の毒だよね…。



結局4日めで私のほうが着用継続を諦めたッス。
抜け毛対策も振り出し〜。
いや、振り出しというか、これは諦め〜。



励みになります

テーマ : (´ε`;)ウーン…
ジャンル : 日記

土産物の話

私とO嬢の旅行のお土産を職場に差し入れたところ、

土産

エライ人がお仕事で上京していたらしく、東京土産も差し入れられていた。
ソッチのほうが美味しかったよ、たはは。

「数が揃えられて、
 個別包装になっていることが理想的で、
 それでいて皆に受け入れられて…」
等と条件を考えると、職場へのお土産って迷うわよねー。

球磨地方といえば「焼酎もなか」が鉄板だよなぁって、結局それを選んだりしたんだけど、この最中には焼酎は使われていないのだよ。
単に最中の形が焼酎瓶を模したものになっているってだけ。

「鮎パイ」は<鮎エキス入り>などと書かれているが、鮎の味などしない。
それでも「鮎パイ」なのだ。
そしてこの「鮎パイ」は球磨地方特産ではなく、他県の土産としても販売されているのだった。
外箱のプリントさえその地方のデザインに変えてしまえば、全国各地で使い回しが効くというアレですな。
『長良川 鮎パイ』って検索してみて〜。
同じ包装の商品が出てくるから(爆。

鮎パイを店頭で見ていて、浜松土産の「うなぎパイ」を思い出してしまったよ。

鮎パイはなかなか好評でござった。
焼酎もなかの方は、白あん入りがメジャーな中を、O嬢の希望でわざわざ黒砂糖入りの餡が使用されているものを選んだところ、
「黒砂糖風味のコレは初めて食べた」
との声が意外と多く、熊本県民でもまだ珍しがってくれるのだという事実を知る。


旅行に行くのはいいんだけどさー、職場の土産ってホントに苦労するよ、うむ。




励みになります


テーマ : (´ε`;)ウーン…
ジャンル : 日記

09/09のツイートまとめ

uuban_gya

ゴエモン、金沢城下町マラソンゴール!ハーフマラソン1:42’20”で、ハーフ1642人中283位。
09-09 10:01

本日は金沢城下町マラソン。ハーフ出場のゴエモン、8時スタートです。スタート地点の画像を送ってきてくれました。ゴール目標は9時45分だそうです。健闘と完走を遠い空の下から祈ります。 http://t.co/d966ByOZ
09-09 07:30

完走したってねぇ、凄いねぇ!

いよいよ金沢城下町ハーフマラソン開催。
練習でも15kmまでしか走ったことがないとか言いながら、ゴエモンがハーフマラソンにエントリー。

スタート地点

スタート地点の写メ来る。




時間制限が厳しいと聞いていたので、その制限に引っかからず完走できるのだろうかと心配していた。

天気予報は雨っぽかったのに、蓋を開けたら好天で、気温は30度を超えるハードな条件。
高低差100mもあるとのコースも厳しそう。
午前8時にスタートしたレースは、金沢の城下町を駆け抜ける。

レース1

国道ライブカメラでコースを見ることが出来た。
左の車線を先導の白バイが通過!


レース2

その後ドヤドヤと走って行くこの集団のどこかに、きっとゴエモンもいる筈だ。







目標タイムは1時間45分と言っていたゴエモン。
結果はどうだったのだろう。






10時前に連絡キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


「1:42’20”で、ハーフ1642人中283位。」
お見事!
初エントリーで完走、それもその順位とは!!

なんかスゲー。
自分の子供とは思えない。
ダンナに聞いてみた。
「持久走とか得意だった?」
「全然」
首を横に振っていた。

やっぱり自分らの子供とは思えない(笑。



10月初旬には職場の持久走記録会に出るそうで、そっちに向けての訓練で走り込んでいるところなんだって。
その記録会で何キロ走るのか聞き逃しているが、ま、それなりに頑張ってくれるこっちゃろな。



励みになります

テーマ : .+.(♥´ω`♥)゜+.゜
ジャンル : 日記

09/08のツイートまとめ

uuban_gya

旅行から帰って初めてiMacを起動させたら…Magic Mouseの電源入らぬ。まだ購入から1年なのに!ゴエモンの部屋から初代iMacボンダイブルーのマウス引っこ抜いて来て使用中。使いにくいー。AppleCareでマウス交換対応受付して貰ったが、交換品到着まで不便極まりなし。
09-08 12:32

朝イチで歯科医院わず。実は旅行中に痛みが出て、触っていたら奥歯3本分のブリッジ外れ、大いに焦った(爆。土台が傷んでいるらしい。ブリッジを元に戻し終え、ひとまず安泰。しかしまたいつかは外れるかも~。http://t.co/fzjGiss4
09-08 09:32

は・は・は・・・歯。

ちょっと番外編っぽくなるが、旅の話の続きをアップ。

書き忘れたことがある。
実は初日の餃子店巡りの途中辺りで、私は右下の奥歯周囲に痛みを感じ始めていた。
奥歯を噛み合わせると、その根元がキリキリと痛むのだ。
つまり食事の時に支障が出ていた。
歯が痛いのではなく、痛みのピンポイントは歯茎の方にあるような…。

運転中にも歯を食いしばるような所作に及ぶと、「うっ!」と痛む。
なんでだろー?
どうしてここが痛いんだろ?
歯茎が腫れているような感じではないんだけどなぁ???


こんな調子だったので、夕食の時は噛む回数を減らして、消化に悪そうな飲み込み方をしていたワタクシ。
相方O嬢も心配してくれていた。

食後の寛ぎタイムでもどうしても気になっていたので、歯磨き前にデンタルフロスで歯間をお掃除。
それでもまだ歯の生え際にささやかな異物が残っているような痛みがある。
デンタルフロスのピック(先が細く尖った)部分で、そのあたりをツンツンと探った。

あっ!
その感覚にびっくり。

テーブルを挟んで座っていたO嬢が、不思議そうな顔をしている。

「歯が…」
「どうしたの?」
「取れた…」
「えっ!?」

ちょっと突いたら、被せ物が取れてしまって口の中に転がったのだ。
いや、びっくりしたしショックだった。

私の右下の奥歯は、
親知らず=抜歯していて存在せず。
7番の歯=抜歯していて存在せず。
6番の歯と5番の歯=同時に神経治療してある。
という具合で、5・6の銀歯と、7番は歯茎の上に乗るだけのダミー銀歯延長付き3本ブリッジになっているのだ。
その中でも5番は先端が深い根を伴うものだが、6番は深い根を持たない。

3本連なった歯がゴロンと外れて口の中に転がり出たのだから、私の驚きは大きかった。
ヤバイじゃん、旅行中にこんなことってあんまりじゃん!

痛みの原因はコレだったのだ。
歯が浮いている状態にでもなっていたのか、或いはブリッジと歯茎の間に何か挟まっていたのか、そのために噛み合わせの度にキリキリ痛みが走ったのだろう。


とにかくコレは元に戻さなきゃ。
当然そう考えた。
しかし戻すにしてもポッカリ開いた2つの穴の中に、異物が残ってはよろしくない。

持参していたのは携帯用の電動歯ブラシ/ポケットドルツ。
磨き上がりがスッキリ!で、なかなかいいのだよコレ。
職場のランチタイム後の歯磨きでも使っている。
これで外れた歯を磨き、口の中もキレイにしてから戻そう。

舌の先にごくごく細かい白いモノが二つ三つばかり残った。
もしかしたら基台になっている歯の一部が欠けたのかもね…。

鏡を取り出して穴の様子を見るが、明るさが十分ではないし、素人目には良くわからぬ。
だが食べ物の残りカスが入り込んでいる様子ではなさそうだし、大きく欠けているようにも見えない。
ブリッジをまたここへ戻すことはできそうだな。


それにしても。
私はこの日の夕方に青井阿蘇神社で、健康でありますようにとそのことも祈願してきたのに。
交通安全・身体健康のお守りを買い求め、早速愛車の中にそれをぶら下げていたのに。
その願いがこの日に破れてしまうとは、青井阿蘇神社の神々よ、あんまりでございます(ごうなみだ。
一見さんだし、お賽銭100円じゃダメだったんでしょうか。




元の場所に歯を押し込む。
戻った。
そしてそんなに痛みは…ない。
歯を噛み合わせてカチカチさせたが、簡単に外れるような不安定さも感じない。
このままおとなしく食事をし続ければ、何とか旅行中は耐えてくれそうな気がした。


「そこって、どういうふうになっているの?」
O嬢が大胆なことを聞く。
見たいのか、この人は。

「見たいの?」
「うん」

彼女も歯のことではかなり悩み多き人だしなぁ。

戻したばかりのブリッジを外してみる。
そして口の中をご紹介。

「ああ…、そんなふうになっているんだ…」
哀れみなのか納得なのか、複雑な視線を向けた彼女。




こんなことになっているので、当面は右側で噛み砕くことを避けるべきなのだが、私は左上の奥歯が5番までしかない。
左下の奥歯は6番までしかない。
抜歯せざるを得ない治療のために、左はこんなにも歯の数が少なくなってしまっているのだ。
だから左側で食べ物を噛み砕くことが困難な訳で、どうしても右主体で使わなくてはならない。

中学以来の親友で、今は歯科医院の院長夫人であるミゾがこの記事を読んだら(読者さんなのだ)、アホバカ間抜けと呆れることだろう。
もう20年以上も前だけど、東京在勤だった当時の旦那様には親知らずの抜歯もして頂いたし、その後嫁ぎ先まで訪問した時には、ちょっとした治療もしていただいた。
アタシだってねぇ、あなたが近くにいたら、違和感感じた時には真っ先にそこへ治療に行くわよ。
歯医者通いを嫌いにならなかったのだろうと思うわよ。
手遅れにならない治療をしていたと思うわよぉ(涙。
いくら頼りになる院長センセでも、嫁ぎ先=山形県村山市は遠すぎる。



その夜、何度か目が覚めた時、歯の方は大丈夫かなと確かめたワタクシ。
まだ少し痛みがあった。
翌朝の朝食時、前日ほどではないが少し痛みを感じた。
旅から戻ったら、すぐにコレを何とかせなばと考え、朝食後に行きつけの歯科医院へ電話を入れた。
本日ならば夕方5時半までに来てくれれば…と言われたが、それは時間的に厳しいだろう。
幸いにも3連休になっており、次の日も私は休みなので土曜日の通院可能。
「では土曜日の朝イチに来られてみてください。
 既に予約が入っているので、
 お待ち頂くことになると思いますが…」
それでもいいから治療してもらうわ!



チェックアウトし、昼間ドライブしている間に痛みは消えていた。
良かったじゃん、これで明日の朝まで安心じゃん!


しかしそれはあまりにもお気楽な考えだったと気付いたのが、この2日目のランチタイム。

美味しい牛肉を食べている時に、ゴロッと口の中に違和感。
そう、また外れた、外れちまった。
「アウ、もごもご・・・」
目を白黒させながら苦笑している私へ、テーブルのトイメンからO嬢が気の毒そうな視線と苦笑を送る。




右側でしか噛み砕けない私…。
こんな時に牛肉相手をしてしまったのは迂闊だったなぁ。
痛みが消えていたので油断していた。

それでも再び戻した歯の周囲がひどく痛むこともなく、旅行から帰った翌日の朝イチに歯科へ駆け込む。

歯科1


この場所の治療をしたのは何年前だったのか、少し気になっていたけれど聞きそびれた。

基台になっている歯は、根が深い方のものにヒビが入り、そうではない方のものには欠けがあると言われた。
この部分ばかりに負担がかかるんだもの、そりゃぁ経年劣化が早く進むよなぁ。


歯科2

ピンセットと綿花の間にポツンと転がるブリッジ。
治療中にこれ以上の詳細な画像を撮れなかった、ヘタレな小心者のワタクシ。


基台がヤバイことになっているらしいが、それでも元のブリッジをそのまま接着し、使い続けられるとのことで、基台を修復せずに接着して戻される。
今後も経年劣化で外れる危険性を抱え続けることになるのだが、今回は私の方から突っ込んだ治療を希望しなかったので、それはそれで仕方ない。

かかりつけの歯科医さん、腕は決して悪くないのだが、治療完了までに結構時間がかかるのが困りもの。
O嬢が通う歯科医は、通院回数が少なくて済んでいるのになぁ。
取組方針が慎重派なんだよねー。
だからついつい、1ヶ所終わった後のその先に向け、腰が重くなって頓挫する。
今も虫歯を数本自覚。
これに着手したらいったい何ヶ月かかるやら…、それを考えるとやる気も起きない。




入れ歯生活になる日もそう遠くないのかも。
でもこの年で「入れ歯」って響きは嫌だなぁ。
もう少し自分の歯に頑張って欲しい…。



そんな困難を抱えていたのに、本日の夕食事にダンナへ酒のツマミに出した「鶏軟骨の唐揚げ」をつまみ食いしていたら、ガキッ!と件の歯がズレるような感覚。
げげげっ!
また外れた!?


あ、外れていなかった、良かった。
ホッ!




気をつけないとねぇ、コワイわねぇ。





励みになります

テーマ : (´・ω・`)・・・・
ジャンル : 日記

09/07のツイートまとめ

uuban_gya

は~い、今から鍾乳洞の見学ですよ~とhttp://t.co/C5xMjcof
09-07 15:30

本日のランチは、季節の野菜と焦がし醤油のビーフライス。http://t.co/7e5pELz9
09-07 14:27

生善院(通称 猫寺)。球磨地方の神社仏閣は、茅葺き屋根が多いのだ。http://t.co/uFMYjhq1
09-07 14:02

市房山の巨杉群を尋ねた。樹齢800から1000年、その逞しさ厳かさ。ttp://via.me/-4ty4gpc
09-07 13:50

おはよん!茶畑に囲まれた山里の朝♪http://t.co/NDl8dyIn
09-07 08:55

県央人吉球磨 食べちゃうぞツアー 大詰めでござる

市房山の巨杉群を後にして、愛車バロンちゃんは山を下る。
人吉市内でランチを…と思っているが、まだその時間にはちと早い。

ではここへ。

猫寺1

生善院(猫寺)の門前、狛犬ならぬ狛猫がお出迎え。

猫寺2

阿吽の口元の一対の猫。
しかしながら、ちと残念なルックス…。

猫好きなワタクシゆえ、ここへ来たいと思ったのだが、「猫寺」と呼ばれる所以は「猫の怨霊」にまつわる伝説に由来しているので、ちょっとコワイかなーって思っていたりして。


猫寺3

こちらが観音堂で、国指定重要文化財。
茅葺き屋根&黒い漆塗りの観音堂は、厨子や須弥壇をはじめ、内外ともすべて漆仕上げとし、彫刻などに極彩色や金箔を施した豪華な造りになる。

猫寺4

保存状態もよく、この地方の近世前期の仏堂を代表するものとして価値が高い。
その当時も漆って貴重だったのだろうに、この三間観音堂の内外を漆塗りで仕上げるなんて、かなりの財を投じたんだろうなぁ。

かつてこの地にあった普門寺の住持・盛誉法印は、天正10年(1582年)、相良氏より無実の罪によって殺され、寺にも火をかけられた。
息子の死を恨んだ法印の母・玖月善女は、相良氏を呪い、断食して市房神社で37日間の咀呪をなし、指を噛み切って神像に血を塗り、愛猫「玉垂」にも因果を含めて自分の生血をすすらせ復讐を誓い、猫とともに淵に身を投げて死んだ。
その後、相良氏が化け猫に悩まされるようになり、盛誉親子らの霊を鎮めるため、普門寺跡に建てられたのが生善院だという。初代住持は願成寺第16代の尭辰。
藩では盛誉法印の命日3月16日に藩民に寺への参詣を命じ、藩主自らも参詣したので、祟りは止んだと伝えられる。

出典:Wikipedia

これが「猫寺」と呼ばれている由来。
コワイヨー。
そりゃぁ怨念を封じるためには、相当の財も投じるわな。




球磨地方にはこの時代の面影を今も残す神社仏閣が幾つもあるので、それらにも行ってみようと考えていたのだが、お山の方に灰色の厚い雲が広がり始めていた。
こりゃー、ひと雨来てしまいそうな気配…と言うことで、それらは割愛してランチの場所へ向かう。





人吉ランチ1

球磨川と市街地を見下ろす高台にあるその店。

人吉ランチ2

駐車場の脇にある石蔵はギャラリー。

人吉ランチ3

この奥に歩を進めると、広い庭園に囲まれてレストラン。
その名も「Kura-倉Cafe」である。
このロケーション、絶対に女性ウケするし、そしてデート向きだよなー。

人吉ランチ4

テラス席もあり、ガーデンパーティーとか出来そうだしねー。
バラが多く植えられていたので、花の季節はそりゃキレイだろうなー。


窓際の席は球磨川を眺めながら食事が出来るので、当然人気は高い。
だがそれほど窓際の席数は多くないのだよ。

ってことで、ランチ時は大人気の来客で、我らは窓際の席にはあらず。


人吉ランチ5

季節の野菜、焦がし醤油のビーフライス…だったかな?
ピクルスとヨーグルト、そしてコーヒーか紅茶が付いて1,500円のランチメニュー。
おいしゅうございます。

ロケーションはいいし、味もなかなかだし、その点では及第点。
しかし、食事が運ばれてきているのに、シルバー(ナイフ/フォーク)がテーブルに来ていないので、こちらからそのことを言い出さねばならなかったのは減点。
ホール係の基本がダメダメでしたな。

そして…オーナーが店内に居たのだが、懇意の客を優遇しているのが見え見えだったので更に減点。
来店時にオーナーがわざわざ入り口まで出て来て、
「やっと辿り着けたわー」
と言っているその客へ、
「よくおいでくださいました」
とやっていたのはまだスルー出来たとしても、私らよりも後から来て、入口近くにしか席が空いていなかったので(私らの来店時もそうだった)、そこへ席を取ったこのお客を、窓際が空いた際にさっさと移動させた。
眺めのいい席に座りたいのは、誰だって同じだろう。
移れるものならば、先に来店していたものから声を掛けるのが、接客業のエチケットってもんじゃないのか?
目の前でそれをやられたので、口にはしなかったが気分は良くなかった。

その上また、別な懇意客が会計後に、店を出たところでオーナーから贈り物を受け取っているのを見てしまったので、これもまたどんなものかなぁ…という気持ちになった。

さる旅館がオープンさせたカフェとのことで、旅館を紹介している記事を見たら、このオーナー女性が女将として写っていた。
接客業としては年季が入っている筈である。
お馴染みさんは大事だろうが、一見さんはお馴染みさんの始まりにもなる可能性を秘めているのだ。
短い滞在の間にこのような光景を重ねて見せつけられては、食事して同じように料金を払っている身の上として、公平ではない扱いを受けたと思えてしまっても無理は無いと思わぬかね?
見えないところでやってくれ、そう言いたい。
こんな調子を続けていては、この店のリピーターを獲得するための障壁になると思うよ。

Kura-倉Cafeに行く時は、そうした「差を付けられる可能性」があることを覚悟して行かねばならぬようだ。

金額の高い低いや馴染みかどうかで、お客に扱いの違いを悟られるような、接客態度の差異の示し方をしてはイカン。
私もサービス業に長く携わっている人間だから、店のファンを増やすためには、リピーターになってもらうには、最初が肝心だと思っている。
この時のように、初めて行っていきなり「対応の篤さ」が低い方の位置に置かれた客は、たまったもんじゃないのだよ。
だからこのお店、料理とは別にサービス内容に対し、あえて辛い点数を付ける。
もしも関係者がこの記事を見るようなことがあったら、今後の繁栄のために活かして欲しい。



雷が聞こえ始めた。
帰宅までにはまだ時間があるのだが、どうしようかね…。



私は初日に行った餃子の店「松龍軒」に立ち寄りたかった。
ここでお土産用の冷凍餃子を買いたかったのだ。

行っちゃおー。

行ったら「準備中」の札。
あらら、店長さん外出中なのだろうな…。
残念!


じゃあどうしようか…ってことで、球磨川沿いに車を走らせる。
途中でゲリラ豪雨に見舞われたが、雨を避けられる場所があるよね!

球泉洞

球泉洞へやって来た。
九州では最長の鍾乳洞らしい。
O嬢は中学生の時に、学校行事で来て以来、私は初めての訪問。

球泉洞2

自然の力って不思議よねー。

球泉洞3

5万年前くらいから、球泉洞の鍾乳石は形成し始められているらしい。
それって日本で最も古いものとか言われているそうだ。



でもあこちん思いました。
鍾乳洞としては、沖永良部島の昇竜洞のほうが、キラキラしていて鍾乳石がキレイだった。
秋芳洞にも行ったことがあるけれど、昇竜洞の白いキラキラは忘れられないなぁ。
その点では球泉洞の内部は、かなり地味な方だと思ったわ。




その後二人は球泉洞からほど近い、

かわせみ

一勝地温泉「かわせみ」に立ち寄って温泉に浸かる。
なかなかいいお湯だった。


人吉インター方面へ向かう車中、やっぱり諦め切れない「松龍軒」の冷凍餃子に再チャレンジ!と思い立ち、今度は店に電話を入れて確認。
閉店時間前のギリギリに着きそうなことを伝えると、快く、
「お待ちしていますよ」
とのお返事を頂き、無事にその土産をゲットできた。
店長さんはニコッとして、
「また食べていきます?」
とまで聞いて下さったのだが、それをしていては帰宅がさらに遅くなる。
この時間から戻ったのでさえ、多分家ではダンナがイライラして待っていることになるだろうと、ちょっと焦りが生じ始めていた。
きっとまた来ます、その時に食べます!





我が家まであと20分くらいというところで、ダンナから電話。
「何時に帰ってくるの」
ああ、やっぱりご立腹。
旅行の時くらいゆっくりさせてよ…。


帰宅後のお食事タイム、バタバタと支度して、おみやげに買って来た球磨川名産:鮎の甘露煮などを出したのだが、ダンナはブスッとしていて口もきいてくれなかったのさ。
心の狭いやっちゃ、トホホ。


ま、そんなこんなで最後にガックリ来たけれど、色々と楽しいことも多かった旅でござんした。
やっぱり時々出かけないとね。
心がリフレッシュ出来なきゃね、世知辛い世の中を渡っていけないってもんだからさ。


またどっか行こうね!




励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

県央人吉球磨 食べちゃうぞツアー おおきな大きな木の下で

宿泊したお宿は、九州山地南部の山々に抱かれた山里にあり、ほど近いところには、標高1720.8mの市房山が聳えている。
九州山地で3番目に高い山だそうで、登山口付近にはキャンプ場があり、その先には市房神社もある。

この神社の参道に樹齢数百年の巨大な杉の木が約50本あり、
「なかなか見ごたえありますよ」
と宿の人に勧められた。
キャンプ場の先まで舗装されており、巨杉群までだったら車で行くのは難しくない。
チェックアウト後はどこに行こうかと話していた時だったので、せっかくすぐ近くまで来ているのだから、それを見ていくのも悪くないねと、当日朝に立ち寄りを決定。


鬱蒼とした木立。
民宿の場所よりもさらに登って来ているので、日陰はかなり涼しい。

市房山1


参道の杉並木は、今では広葉樹などの自然林の中に残っている。
森林浴には最高!というロケーションだ。

付近は鹿の出没が多く、食害を防ぐためにだろうか、道路沿いに何ヶ所もネットが張り巡らされていた。
「何か生き物に会えないかな〜?」
O嬢はワクワク顔で、車の助手席から外を見つめていたが、蝶類や野鳥が横切る程度で、四つ足仲間の姿を見かけることは遂になかった。

またこの市房山は、国の天然記念物「ゴイシツバメシジミ」(国内希少野生動植物種)の生息地であり、その保護のための監視小屋などもある。
蝶類はいくつか見かけたが、ゴイシツバメシジミだと思える個体に出会うことはなかったのだよ。





大きい。
実に大きい。

市房山2

樹齢800年とか1000年とか、平安時代にまで遡る長い時代を生きてきた巨杉。

市房山3

周囲の自然林と共存してきたことで、台風などの強風から倒れることを避けられて、

市房山4

この圧倒的な存在感にて、今もなお生き続ける。
敬々しい気持ちさえ湧き上がってくるねぇ。

或る人は屋久島の巨杉にも劣らぬものだと評していた。
普通の神社の参道などに整然と立つ巨杉もあるが、こうして自然林の中にズン!と居座っているもののほうが、その逞しさや生き残っていることへの価値観を高めるような気がする。


市房山5

巨杉の倒木の跡もあった。

市房山6

その倒木に根付くスギゴケの仲間。
一つの命が倒れても、またそこに宿る新たな命。


市房山7

キノコさん、あなたはなんというお名前なのでしょうか、食べられるのでしょうか。
小心者なので食には挑めぬ。


こちらはホトトギス。

市房山9

春の花の季節や紅葉の季節にも来てみたいなぁ。




ありがとう、市房山。

市房山8


「癒し」が確かにあった。
時間をかけて散策したら、もっともっと「何か」に出会えそうな森林である。
登山愛好家にも人気がある山だけど、ブログなどを読むと結構キツイと書かれているし、そもそも山に登るとか、今じゃすっかりヘタレな私なのでそれって無理。

ゴエモン、いつか市房山へ挑戦してみたら?




励みになります

テーマ : (^ω^)にゅーん
ジャンル : 日記

県央人吉球磨 食べちゃうぞツアー 湯山の朝

前の方の記事に書き漏らしていたので追記させて〜。
人吉の餃子、画像に出しているのはみんな「二人で食べた分」だから!
3ヶ所とも二人前を頼んで、二人でシェアしたの。
一人で二人前を3軒「はしご」した訳じゃないんだからねっ!




今回宿泊した「茶の実」は、先にも書いたようにお茶農家さん兼製茶業の方が営んでいる。
目を覚ますと眼の前に広がるのは、

湯山8

標高約400メートルの茶畑と、その向こうに連なる山々。
空気は美味しいし、気持ちのいい朝だよー。



朝食はこんな感じ。

湯山9

ご飯は土鍋で炊かれたものがそのまま届く。
お焦げもあってふっくら美味しいお米だー。
二人分にしては多いでしょー!ってくらいの量が届けられたのだが、残しては申し訳ないと口々に…。
昨日もお腹がパンパンだったのに、まだスッキリし切れない朝だというのに、この朝食もまたご飯も含めて完食!

苦しいど。
でもそう言えば!
昨日のチーズ饅頭の味見をしていなかったではないか。
これ、食べてみなきゃ。


ふむふむ、なかなか美味しいね!
でも饅頭の皮が脆い。
そのためちょっと食べにくいなー。
壊れやすくなかったらポイント高いんだけどなー。
ま、こっちに来た時にお立ち寄りしてもいいお店ってことにしておこう。
食べにくいとか書いちゃったので、お店の名前は今回伏せよう(苦笑。





宿泊棟とは別棟で、お茶の直売もしておりましてな。
帰る前にO嬢は、ここで勿論お茶の葉&紅茶の葉を買い込んでいたのだよ。
「安いわ!」
直売価格に感動していたのさ。

我が家はお茶を殆ど飲まない家庭でござる。
たまーに香典返しなどで、茶葉を頂くことがある。
そんな時くらいしか、我が家に茶葉が存在しないのだが、
「お茶飲む?」
とダンナとゴエモンが揃っている時に声を掛けても、
「ううん、飲まない」
という答えしか返って来なかった。

お茶を飲むよりもコーヒーの家庭。
だから我が家に茶葉の頂き物が来ると、O嬢に譲ってしまうのだ。


ってことで私は購入しなかったのよね茶葉を。
ごめんなさーい。


さーて、ドコイク?
旅に出る前の天気予報では、雨になると言われていたんだよねー。
だから観光するにも、あんまり外を出歩けそうにないねって、そう話していて、行き先がイマイチはっきりしていなかった。

どうしましょー。






思いつきで出かけた先の話は…また続く。



励みになります

テーマ : (^ω^)にゅーん
ジャンル : 日記

09/06のツイートまとめ

uuban_gya

と言う訳で、今夜は水上村の農家民宿。鹿肉の天ぷらとか、山菜料理とか、ウマーです!http://t.co/ebC7JJRx
09-06 19:41

水上村、湯山温泉元湯なう。誰も居なくて貸し切り状態なんですけど(笑)。http://t.co/MvSkUpUm
09-06 18:03

国宝青井阿蘇神社なう。餃子巡りは3軒にて終了。http://t.co/d0KaZd1l
09-06 16:08

ジューシーな具がたっぷりで、はみ出して来るよー、ヤバス(笑)http://t.co/SPu6BWuP
09-06 15:46

人吉の餃子巡り3軒目!相方が一番気に掛けていた店にやって来たでござる。http://t.co/QsO71hI4
09-06 15:29

ふむふむ、皮はパリパリ。結構生姜が効いているかも!http://t.co/mdnaEVVP
09-06 15:07

人吉の餃子巡り、2軒目!http://t.co/6aaDyBHh
09-06 14:56

おやつの時間は人吉の餃子なのでした!一軒目は、松龍軒。店長さんと面白く談笑中♪http://t.co/JKyzLJnS
09-06 14:29

さあ、少し早いけどおやつの時間だよ!判る人には判る、ここはどこでしょう?http://t.co/2GY4FCCj
09-06 14:21

鮎の塩焼き、味噌焼き、鮎飯、鮎の吸い物。フラボー!http://t.co/BsAu7WT0
09-06 12:06

続きを読む

CALENDER
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR