06/29のツイートまとめ

uuban_gya

職場の差し入れにチェリー登場!旬の輝き、旬の甘酸っぱさ!くぅーっ、いいねぇ! http://t.co/qoabUiuW
06-29 15:54

06/28のツイートまとめ

uuban_gya

そうだ、今夜20時からのNHK仕事ハッケン伝は必見なのだ!ロアッソ熊本から発信なのだ!
06-28 18:50

RT @55_kumamon: 【お知らせ】本日20時~NHK 仕事ハッケン伝「スピードワゴン小沢一敬×サッカークラブ運営スタッフ」はロアッソ熊本特集!小沢さんが運営スタッフとして、スポンサー獲得の営業、試合当日イベントの企画や広報などに奮闘されてるモン!!チェッくま☆
06-28 18:43

あいー、ここはお気に入り温泉のひとつでーす。自宅から3~4分だし便利なりー。平日のこの時間はオバアチャンばっかりだwww@Birder_Rope
06-28 18:42

近所の露天風呂なう! http://t.co/mUzilcFu
06-28 17:49

蒸し暑い。近所の掛け流し温泉に行って、ぬるーい露天風呂に浸かって来ようかなぁ・・・。
06-28 16:00

06/27のツイートまとめ

uuban_gya

RT @shu_wa: ブログ更新 三浦半島デジカメ便り「今日の夕焼け@汐入」 http://t.co/y1LHlOWY  http://t.co/sP37QuH1
06-27 23:17

06/24のツイートまとめ

uuban_gya

買い物している間に、外は物凄い雨になっていたのだー。車に乗り込もうとしてびしょ濡れになってしもーた。どしゃ降りー! http://t.co/2IvHoZhJ
06-24 18:31

土砂降りー。でも仕事ー。行かなきゃー。とほほ。
06-24 09:12

06/23のツイートまとめ

uuban_gya

さて・・・忙しいこと必至の仕事へ行くか・・・どよーんw
06-23 10:03

そうか、その時期になったのか。

時節柄「防府南基地 卒業式」関連で検索ヒットし、こちらへご訪問の痕跡が増えて来た。
ははぁ、アレがヒットするんですなぁ。

そーゆー季節になって来ましたかー。
親御さんが検索されておられるんだろうか。
卒業式まであと3週間ほどですかね?
すみませんね、こんなところまでお出かけ頂いて。


卒業式へ行こうか行くまいか、迷っている親御さん方に申し上げませう。
「迷っていないで行きなされ!」

入校式よりも感動しますぞ。
お子たちの成長が、然と目の前で確かめられまする。
彼らが思わず涙する姿から、4ヶ月前後のその期間中に、彼らがあそこでどれだけ頑張っていたのか、それがありありと伝わって参りますな。
この式は一生に一度のものですもん。
防府駅周辺で前泊してでも、朝早くから基地内へ行きなされ。
そして恒例の「帽子投げ」から見てくだせぇ!


中にはご子息ご令嬢から、
「わざわざ来なくてもエエ!」
などと言われているご家族がおられるかも知れぬが、そう言っていても思い切って出て来た親と、そのことが原因で大喧嘩し、その後親子断絶するようなお子たちはいないでしょうよ。
嫌よイヤヨも好きのうち(?)で、照れや遠慮も含まれている差分、それもありなん。

もうこの卒業式から先は、ほとんど親が立ち会うようなシーンが巡って来なくなる。
だから親離れ子離れの機会になるとも言えるかも。




あれからもう4年が過ぎたのかぁ。
早いようで長いようで…。



さてその4年前に卒業した当家のゴエモンちゃんだが、先日無事にお国からの資格審査を終えて、ホッとひと息つける期間を迎えた。
今週末は東京へ遊びに行っている。
今日は13時間もの長い間、千葉なのに東京と騙っている魔性の国、富士額のネズミさんの巣窟に嵌り込んでいたとな。
「曇り時々晴れで、最高のディズニー日和だったよ!
 楽しすぎました」
だって、勝手にやってろー。
誰と行っているのかとか、今更そのような野暮な話には触れまい。
もう彼だって今年23歳だもん、オトナなんだもん。


そうざんす!
卒業して仕事にも慣れれば、こんなお気楽な休暇も珍しくなくなりまっせ!!
だから入校中の諸君も、もうひと踏ん張りだぜー。




こっちはどっぷり梅雨空で、外では雨がジャンジャン降っているっつーのに(外の雨音、現在スゴイのよ)、あっちは天気良さげだしー。
羨ましいのぅ、青春しているのぉ~~~~~!!!
オカンはこの時期仕事が滅茶苦茶忙しくて、汗を飛び散らして職場の中を走り回っちょるよ。
省エネ対策されているので職場が暑い。
エアコンの温度をあと1~2度下げて貰いたくなるくらい、動き回っていると汗が吹き出して来る。
まあゴルフ場を走っているのよりは、こっちのほうがまだいいけどね、日焼けもしないしさ。
だけど万歩計で測ったら、あの職場の中を、8時間で4kmも動いていたよ。


明日もキビキビ走り回るぜ。
営業スマイル放ちっぱなしで、ほっぺたの筋肉が引きつっちゃうぜ。




励みになります

テーマ : (*´∀`*)タハ
ジャンル : 日記

計画停電ってどうなるんでしょ

九州電力WEBサイトから、計画停電の区割りや、そのカレンダーが確認できる。
実施されるのかなぁ、計画停電・・・。

普通に考えると、一般家庭で真っ先に心配なのは、夏場だし冷蔵庫のこと。
それでも2時間程度だというから何とかなるのかなぁ・・・。
我が家の場合はそれ以前に、上水道を支えている井戸水のポンプ。
停電しちゃうと水が出ませんがな。

そしてもっと心配なのは水槽の問題。
ほれ、我が家ってレッドビーシュリンプを飼育しているからねぇ。
換水のためのポンプが止まるのも困るし、エアレーションが止まるのも困る。
夏場は水温が上昇しないように冷却ファンを回したり、留守中の室内のエアコンをタイマーで稼働させたりしているのになぁ。
せっかくいい感じで繁殖しているところなので、こうした環境の変化で水の中に影響が出たらどうなっちゃうんだろう。

冷蔵庫の食品なんて、その気になればなんとかなる。
だけど簡単には行かない水槽の問題。
我が家の小さな家族の「命」に関わる問題である。
緊急用のバッテリー(充電器)を買うか?
でも安くないんだよねぇ・・・。




我が家の計画停電区割りと同じグループになっているのが職場。
停電したら機能的にアウトになるコンピューター関係。
そして屋内の照明も灯らない。
日没後はヤバイぞ。
そんな場合はどうなるんだ?
昨年の秋に、
「もしも台風が来て、停電になったりした場合の対応策」
をシミュレートしたことがあったけれど、まぁあのような感じで動くのだろうな。



「実際には計画停電なんか、絶対にならねーよ」
と横でダンナは気楽なことを言っている。
果たしてこの人の予言通りに行くのか?

心配し始めるとキリがない。
なるようにしかならないわな。




励みになります

テーマ : (´ε`;)ウーン…
ジャンル : 日記

06/21のツイートまとめ

uuban_gya

大雨警戒との予報が出ているので、どうせ出掛けるアテもない。エアコンの大掃除で始動開始。梅雨のど真ん中にお部屋の掃除でスカッとしようジャマイカ。
06-21 08:55

お・・・今朝は随分と朝刊の到着が遅い。今頃やっと届いた。どうしたのだろう。
06-21 05:34

アクシデント対策

やや亀ネタになっちゃうけれど、20日に成田で発生したANA機のハードランディングは凄かったですなぁ。
乗客乗員に首や肩そして背中が痛い等と訴えている人はいないのかね?と思うのだが…。

FNN系列のニュース画像が割とよく映っていると思っていたが、その後探していたらANNのニュース画像がもっとクリアだった。
それがこちら。
「全日空機が衝撃で変形 激しくバウンドの映像(06/21 16:40)」
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220621034.html

WMVで再生する形式のものはこちら。
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/MS/wmt/old_soci_detail11_300.asx?now=20120621232456

※但しMacOS10.6以降の環境ではWMVの再生困難。
 Macのサポートに問い合わせたら、
 「WMVの開発が10.6以降に対応していない」
 とかの事情。
 さすが窓と林檎は上手く行っていないってか?


最初に右メインギアだけで着地し、その後左方向へ前のめりになってノーズギアが着地し、また跳ね上がってメインギア接地、その後ノーズギア接地…。
まるで「捻れながら」って感じでドカンドカンとバウンドしている。
あれじゃ機体も壊れるわさ。

同じ成田だし、2009年3月のFedEx80便(MD11)のハードランディング事故を思い出しちゃうよね。
あの時も2回バウンドした。
2回目のバウンド後に左主翼が滑走路に接触、機体は炎と黒煙を吹きながら進行方向左向きに回転して完全にひっくり返り、滑走路脇の芝生の上に停止して爆発・炎上。
この事故の模様もテレビ局の定点カメラで撮影されていたので、とても衝撃的だった。

成田の風がコワイんだろうなぁ。
自然相手じゃ事故対策もお手上げなのかねぇ。


ゴエモン空港でこのような事故が発生したら…と思うとゾッとする。


そうそう、19日に実地と口頭試問チェックを受けたゴエモンは、なかなか良い講評を頂き、
「100%に近い確率で合格でしょう」
と言われているらしい。
良かったね、これでTOWERに続きRADARでも独り立ちの目処が付いた。
あとは…GCAと何だっけ?
まだ資格取らなきゃならないんだよねー。




話題はコロッと変わり、私のGX-1について少し書こう。
実は購入前に気にしていたことがあった。
「キャップがしょぼい」
「外れやすい」
とWEBに書かれているのを見かけていたのだ。



それを心配していたのに、私もやっちまった。
鍋ヶ滝で撮影し終えたところまでは、ちゃんとキャップを閉めていた。
車で次の場所へ移動後にカメラを見たら、キャップが無くなっていたのである。
首からストラップをかけてカメラを持ち歩いていたのだけど、滝から遊歩道を上がって駐車場に戻る間に落としたらしい。
ショック~。
噂を知った上で気をつけなきゃと思っていたのに、それなのに無くなったから余計にショック~。




キャップ1

キャップが無いまま使い続けたくないから、やむを得ずキャップを追加購入。
高いよバカヤロー!…な931円の出費、Ω\ζ°)チーン。


確かにこのキャップの構造は、

キャップ2

不安要素を抱えているよなぁ。
どうにかしてよメーカーさん!




私は未だこのカメラにケースやカバーを用意していなかった。
収納していればキャップも無くさなかったのにねぇ。

GX1Xはそれなりにレンズが外へ出ているカメラなので、デザイン豊富なコンデジ用のケースに収まらない。
デジイチ用のケースはと言うと、デザインよりも質重視の物が多くて、持ち歩くのに嵩張る&面白くないものが主流である。

お店に行っても買いたくなるものがない!
ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!


そんな私が見つけたのがこんな物。

カバー1

ケースと言うよりもカバー。

カバー2

ハクバ カメラシュシュS


ナニゲでオシャレ~だし、嵩張らなくていいかも~。
WEBで調べ、送料込みで一番安く手に入るところから購入した。
いつも利用している家電量販店では、このメーカーの製品を扱っていなかったのさ…。


カバー3

真ん中にレンズ部が収まっている。

横から見ると、

カバー4

ちょっと無防備なようでもあるけれどね…。
丸裸でバッグに入れていたのを気にしていたから、何もないよりは未だマシで、まあこれで傷対策にもなるだろう。


パッケージに写真が出ているお姉さんのように可愛く使用することは出来そうにないが、ゴツイ感じは避けられそうだ。



これでカメラの事故対策はひと段落。
どこかでこんなモノをぶら下げている私を見かけたら、気軽に声を掛けてくださいねっ!




励みになります

テーマ : (´ε`;)ウーン…
ジャンル : 日記

06/20のツイートまとめ

uuban_gya

自分で先日採ってきた真竹の筍を使い青椒肉絲を作ったの。辛口のメチャウマで自分でも感心しちゃったよ。「これは白ご飯に合いそうだ!」とダンナが言っていた。ゴメンよ今夜はそうめんだったよ(笑)。明日ご飯を炊きますから。
06-20 22:30

06/18のツイートまとめ

uuban_gya

RT @nekopic_bot: 猫に蟹の甲羅を被せるとかっこよくなることか?判明 http://t.co/5z5srplg
06-18 10:03

3年

梅雨のど真ん中。
台風も近づいている。
あ、ゴエモンは例のチェックの初日。

ゴエモン空港地方はまだ台風の影響も出ておらず、

空港1

晴天のもと、朝から忙しそうな風景がライブカメラを通じて見えていた。

官民入り交じってこんなに忙しい状況なんだー、この中でチェックとか大変だなぁ…と思って見ていたが、夜に彼から話を聞いたら、今日は筆記試験だけだったんだって(苦笑。


空港2

いつまでもこの窓ガラスの中央やや右にある曇りを、スッキリとキレイにしてくれない市役所の人、頼むよぉ。
明日はあちらにも台風の影響で雨が降りそうだ。
頑張って本番に臨んでね。



ゴエモンもこの空港へ行って、来月末で丸3年になるなぁ。
今日はちょいとばかり「3」という数字について考えていたワタクシ。


ゴエモンが中学2年生の時、学校では「立志式」なるものがあり、私はその時に保護者代表の挨拶を頼まれた。
挨拶にしては長いものになったけれど、彼らが幼い頃に読んだであろう童話「三びきのやぎのがらがらどん」を取り上げて、この絵本が言わんとするところは何なのか、そんな内容の話から切り出した。

小さい山羊=子供の頃、中くらいの山羊=今のあなた方くらいの立場、この時期は「幼いことを言い訳にして世の中を誤魔化す」ことは出来ても、大きな山羊=これからのあなた方は、自分自身の力を示して行動しなければならないのだと言うような話である。



人は何故か3という数字が好きで、
三位一体
三宝
御三家
三日坊主
三つ子の魂百まで
石の上にも三年
三度目の正直
三人寄れば文殊の知恵
早起きは三文の徳
三顧の礼
仏の顔も三度まで
などと多くの言葉で用いられる。
ミシュランガイドの格付けも三ツ星。




人間の忘れっぽさは「3」という数字が鍵だという。
飽きてしまうのは「三日坊主」の言葉通り3日。
被災のようなつらい経験でも3カ月で記憶が薄れ、3年ではだいぶ忘れてしまう。
個人と比べて長持ちする組織でも30年で風化する。
「失敗学」の畑村洋太郎東大名誉教授が著書に書いている。



ホップ・ステップ・ジャンプ
これも3という数字があればこその「飛躍」の例えと言えよう。

数秘学では3は「発展」を意味するのだそうだ。

3日って何となく短く感じる。
3ヶ月って結構先だなーって印象。
3年は…長いかもねー、でも振り返ると、意外とあっという間だったなぁ。

3年前のアナタは何をしていましたか。
3年後の私は何をしているだろうか。
一日一日を悔いなく過ごして、3年後には「いい日々だった」と思えるようにしたいものだ。







昼時に熊本城近く、桜の馬場城彩苑へ行った。

あじさい

紫陽花のオブジェ?と思って近づく。
造花?いや、これ本物だわ。
あ、でも少し離れて見たほうが、これってより良い感じだわ。



なんだかここまで鮮やかで目に飛び込んでくるような紫陽花のオブジェは、今まで見なかった気がする。
これを作った人、頑張りましたなー。

イイもの見させてもらいました。






励みになります

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

06/16のツイートまとめ

uuban_gya

9時からは熊本が舞台にもなっているドラマを見よう~…えぬえちけーだよ。
06-16 20:54

06/15のツイートまとめ

uuban_gya

NHKニュース速報キタ━(゚∀゚)━! 高橋の身柄確保?遂に・・・!?
06-15 10:06

06/14のツイートまとめ

uuban_gya

祝!!名作ですもん!!! RT @55_kumamon: 小山薫堂さんプロデュース「くまもとで、まってる。」が『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア』で観光映像大賞を受賞したモン☆ http://t.co/JV79WI7O http://t.co/a3kkisO8
06-14 23:31

久々に見た食わず嫌い王決定戦が、何だか凄い組み合わせの怪物対決で、笑えて笑えてお腹が痛い件。
06-14 21:25

近所の竹藪から、真竹のタケノコを採ってきたでござる。今夜はコレを使って煮物などを作りませう。ゴエモンにも食べさせたいなぁ。 http://t.co/sLj50F3s
06-14 18:37

旬の味

今年も真竹(マダケ)のタケノコが採れるシーズンになっているところなのだー!

先日ダンナと阿蘇・小国路へ行った時、周囲の竹やぶにニョキッと顔を出している真竹タケノコを幾つも目にした。
「採って行こうか!」
目を輝かせる私に向かって、
「いいよ・・・」
ダンナはその行為を否定したのである。

えー?
あんまり好きじゃなかったっけ?
そうだっけ???


結局この日は、良く知った道路を通っていたので、
「ここね、タケノコ出る場所なんだよ」
などと言いながら、出てるかな、まだかな?と気になりつつも、タケノコを採らずに眺めて走るだけとなった。


毎年のように私は採っていた。
私はというか、私とO嬢は採っていた。
我が家の周囲にはこの手の竹やぶが至るところにあり、まさにそれは採り放題天国。
「自然の恵みだよねぇ」
「田舎バンザイ!」
私達はそう言いながら採っていた。
地主さんが誰だか知らないけれど、誰も採らずにそのまま伸び放題になって、いつかは伐採されてしまうくらいだったら、喜んで食してくれる人に採られたほうが、タケノコだって幸せってもんだろー。


そして昨日、南阿蘇方面へ出掛けた私とO嬢。
「あーーーーー!
 マダケのタケノコ出ているねーーー!」
「でも今日は先を急ぐから、
 夕方時間があったら採って帰ろうかー」
そう言いながら車を走らせていた。
結局我が家の近くに着く頃には、周囲はもう暗くなりかけており、タケノコ採りに相応しいとは言えなくなってしまったので、
「明日私が採りに行くわ。
 茹でておくからあなたにも分けるわね!」
と私が宣言する。
「そうしてくれるの?
 私は明日仕事で、とても時間が取れそうにないから助かるわ」
とO嬢。
任せろ!


ってことで近場の竹やぶへ出向く。

タケノコ1

採り過ぎても持て余すだけで勿体ないことになるから、二人分ならばこの程度あれば十分だろう。
真竹のタケノコは鎌があればサクッと切り取ることが出来、簡単に収穫できる点もいいよねー。
道具がない時は手で折って来ちゃっていたよ。

先日JAの物産館へ行ったところ、農家さん直売コーナーで、真竹のタケノコ3本入りが500円になっていた。
「取るねえ!」
って一緒に買い物していたO嬢と目を丸くして驚いちゃった。

買うものじゃないのだ。
私らの中では、これって採るものなのだ!



アク抜き関しても軽く茹でれば良し。
皮ごと大鍋に放り込むと、後から皮も簡単にベロっと剥けるんだけど、そうするとかなり大きな鍋が必要である。
そんな大鍋は我が家のコンロに乗らない。
屋外で羽釜でも用意しなければならぬ。

タケノコ2

だから皮を剥いてから鍋に放り込む。
結構大きなものもあったので、念のため軽く重曹を入れて下茹でした。
茹で終えたものをO嬢へお裾分けしよう。



今夜はこれにジャガイモやこんにゃく、そして豚肉を足し、煮物を大量に作っておいたぞー。
明日の勤務が遅番なので、帰宅後すぐにこれを出せるもんね!


東京に居た頃は、真竹のタケノコなんて食べたことなかったと思う。
孟宗竹のタケノコしか知らなかった子供時代。

熊本で過ごした中学~高校時代に、母が近所の竹垣から小さなタケノコを手折り、
「お味噌汁に入れると美味しいわよ」
と教えてくれた。
その後20代で親友が嫁いでいる山形へ行き、彼女と旦那様の案内で伺った山菜料理の店で「月山竹」を知った。
こうして「小ぶりの竹のタケノコもありなんだー」と私は覚えていくようになった。


収穫も調理も容易な真竹タケノコは、孟宗竹タケノコよりも気楽に扱える。
煮物にも炒めものにも使えて重宝する。
今年もまた旬の味を得ることが出来て、私は東京生まれの田舎もんである幸せを感じるているのだった。


ゴエモンは今ではこれも食べられないんだろうなぁ。
食べさせてあげたいなぁ。




励みになります

テーマ : (・∀・)ららーん
ジャンル : 日記

06/13のツイートまとめ

uuban_gya

南阿蘇の地獄温泉なう! http://t.co/hb6GwSFL
06-13 17:11

阿蘇ミルク牧場のレストラン、フロマージュブラン(牧場のクリームチーズ)は絶対に美味しいと思う!クラッカーに乗せ、地元西原村産ブルーベリージャムも添える。幸せ~♪ http://t.co/0Ul8Eq3Q
06-13 14:20

相良観音なう!なっちゃんの安産祈願なり~。 http://t.co/kTuBvyRO
06-13 12:02

梅雨の晴れ間を利用して、お気に入りエリアにドライブしようかなー。
06-13 10:50

牧場のなっちゃん。さん、お土産です!

相良観音のお守りと相良茶屋の栗まんじゅうを携え、阿蘇ミルク牧場に着いた。
観光バスがいない=団体さんがいない♪
今日は静かで長閑な園内だぞー。

阿蘇ミルク牧場1

受付で「今日は◯◯さんはいらっしゃいますか?」とお尋ねすると、事務所からなっちゃんさんが出てきて下さった。

おー!
来月24日が予定日とお聞きしていたが、既に臨月のような丸々ポンポン!
「大きいでしょー」
うんうん、大きい大きい!
これには私もO嬢も驚き~!


お土産を喜んで下さった。
初めての出産は期待と不安で色々と大変だろうと思うけれど、ニコニコの笑顔を拝見し少し安堵。
この笑顔があれば大丈夫。
なっちゃんさん、お目にかかれて嬉しかったです。
健康なお子が生まれますように、そしてお産が軽く済みますように。

「さっきまで社長もいたんですよー、
 お会いできたら良かったんですけどー、
 社長もブログのファンで・・・」

ナンダッテー!?
しゃ、しゃちょーぉぉぉぉぉぉ!?


とほほほほ。
そんなご立派な方に、こんなお粗末ブログをご覧頂いていたとは。
あこちん驚愕!

社長さん、お仕事は今日までで、実はご引退されるんですと。
定年後もその任を延長され、長年のお勤め誠にお疲れ様でした。
社長さん以下、スタッフさんのご努力には、いつもいつも感謝しております。
お陰様で私たちは、この牧場へ来て命や食について教えられたり、また勝手に癒されたり元気をもらったりすることができています。
現役を退かれても、きっと心はいつもミルク牧場と一緒!でございましょう。
楽しく健やかなセカンドライフを送られて下さい。


「今日は水曜日なので、レストランはレディース・デーですよ」
となっちゃんさん。
「ええ♪存じております~。
 なので映画にしようか、ここにしようか考えた結果、
 こちらにしましたのよー、おほほほほ!」
そうなのよ、水曜日って女性はお得なお食事料金なのよ~。


食事しながらケータイでTwitterを見たら、なっちゃんさんが早速画像までUPされていた。

阿蘇ミルク牧場14

あはははは・・・。




食事を堪能させて頂きましてござる。
本日のメニューでは、牛乳豆腐を使ったすき焼き風のものがいたく気に入った。
このレストランの牛乳豆腐はどのようにしても美味しいのだけど、大きめに切って煮込んだこのすき焼き風の食べ方は特にいい!



阿蘇ミルク牧場3

そしてフロマージュ・ブラン、大好きだー!
「自宅ではこんな贅沢な食べ方できないよね」
「そうだそうだ、ココに来た時しか出来ないよ」
だからここに来ると、私はいつも山盛りでいただくのである。

ごちそうさまでした~!





ねえ、これってさー。

阿蘇ミルク牧場2

「何と書きたかったのかねぇ?」
「タマネギ?」
「1個 150円 テツ子」
「・・・でいいのかね?」
きっと地元のテツ子オバちゃんが、丹精込めて作ったタマネギ。
売店の前でしばし首を傾げて、しかし微笑ましく見つめていた私達。

日本語はむずかしゅうござる。



園内はただ今、紫陽花が見頃を迎えようとしている。

阿蘇ミルク牧場4

紫陽花の植え込みの間から見えるのは、

阿蘇ミルク牧場5

かつてコンパス君も駆け回っていた、羊さんの放牧場。
ホロリ。

前にも書いたが、私はガクアジサイのほうが好きだ。

阿蘇ミルク牧場7

少し物足りないようにも見えるこの花のほうが、てんこ盛りの西洋アジサイよりも控えめで何となくいい。

振り返ってみると、紫陽花の時期にここへ来たのは初めてかも。
咲いてみてやっとわかった紫陽花の多さ。
良いじゃないですかこの時期も~。




相方も本日は自前のカメラ持参で、いろいろと撮影に熱心。

阿蘇ミルク牧場6

だが彼女が最も熱心にカメラを向けているように見えたのは、

阿蘇ミルク牧場8

木の下に潜んでいたこのカエルさんを見つけた時。
「カエルさん、いたー!」
背中線がないタイプのトノサマガエルかな?
保護色で見つけにくいのに、よくまぁこんな姿をパッと見つけるもんだわ。
やっぱりカエル好きさんは違うわねぇ。



7月に七夕イベントが行われる予定の阿蘇ミルク牧場。
園内の何ヶ所かに笹が立てられ、来園者も短冊に願い事を書き込み、笹に下げることが出来るようになっている。

阿蘇ミルク牧場9

牛舎の前のコーナーで私も便乗。

阿蘇ミルク牧場10

ゴエモンは来週、レーダーの資格取得試験で、国交省の担当者からチェックを受ける。
本人は大丈夫だろうと言っているが、一応オカンからお星様にお願い。

あ!
でも試験は来週、そして七夕ってまだ3週間以上先・・・。
これでは願い事と本番の順序が・・・、あうー。

ゴエモンよ、悪いが今回は実力で通ってくれ。
この短冊の願い事は、この先々の試験の分を前倒しでお願いしておくってことにしよう。




阿蘇ミルク牧場11

牧場恒例の動物レース、本日の最終レースは豚さんの登場。
この時間になると、いったい何処に居たのか結構な数の家族連れなどが集まってきて、レース場周囲は賑やかになってきた。
パドックに現れた5頭は、この春デビューしている子豚さんメインで、彼らのレースは初観戦。
つまり今まで私達が見てきたレースの結果は、予想の参考にならない。
「全然わかんないよ~」
と言いつつ、適当に予想を書く。


適当に書いたので、私の予想はカスリもせず見事に外れた。
O嬢は4-5と予想していたのだが、レース結果は5-4だった、残念ー。
ところが場内には単勝複式でこのレース結果を当てた人が、場内に一人もいないではないか!
あれー、これまでかなり参加しているけれど、全員ハズレは初めて居合わせたぞー。

「では連勝複式で当てた方は?
 4-5でも当たりとしまーす!」
とお姉さんのアナウンス。

O嬢やったじゃないか!


阿蘇ミルク牧場12

思いっきり目立って賞品受け取り。
この的中者も2名しかおらず、やはり予想が難しいレースでござった。




レース後にしばらく動物たちと戯れる。
パンダマウスが何ともカワイイ。
家でも飼いたいくらいおとなしくてカワイイ。
「でもパンダマウスって、売られているのは見ないよね?」
とO嬢。
「寿命が1年ほどと短いので、
 ペットとしては出回らないんですよー」
とスタッフのお姉さんが教えてくれた。
そうなのかキミ達・・・。

ワンコたちはお利口さんで、集合させられ「待て」の合図に従い、お客さんとのサービスショットに応じていた。
毛深いソフィーちゃんは暑くてダルそうでござった(笑。
まだ子供っぽい性格とのイメージがあるソフィーたん。
いずれはお母さんになるのね、不思議な心境だわ。



夏に向けてレース場の観客席には、屋根の更新作業が進む。
外注せずに牧場のスタッフさん自らこうした作業もこなされて…暑い中をお疲れ様です。

阿蘇ミルク牧場13

ちなみになっちゃんさんの旦那様は、この屋根の上で踏ん張るお二人のどちらかなのである。
しかし気が小さい私たちは、それを確かめることが出来ず、つまり声をお掛けすることが出来ず、慎ましく帰ることにした(笑。
なっちゃんさーん!
「小さい方です」
ってヒントじゃダメっす、お二人ともあんまり変わらないんでわかんないッス!
髪の長さで教えてくれたらすぐにわかったと思われ(苦笑。




園内のシモツケが満開で、

阿蘇ミルク牧場14

その花の間を飛び回って、多数のミツバチが忙しく仕事をしていた。

阿蘇ミルク牧場15

花の近くでは、結構ミラーレス一眼の本領を少し発揮しているDMC-GX1X。
でもマクロレンズなんて手が出ませんぞい>ヤモリさん。





何度も来ている阿蘇ミルク牧場なのだが、実はまだここのオリジナルであるソフトクリームを食べたことがなかったワタクシ。
今日は高原にいても暑い。
こういう日こそ食べましょう。

阿蘇ミルク牧場16

あ、濃厚な味を想像していたけど、意外とあっさり系で食べやすくおいしいー。
O嬢が選んだストロベリー味のジェラートもおいしいー。
食べて良かったー。
涼しくなったー。




阿蘇ミルク牧場には私のリクエストで同行してもらったO嬢。
彼女は本日、こっち方面に行くならば、是非とも温泉に行きたかったのである。

地獄温泉1

その彼女が「ここへ」と言ったのは、地獄温泉清風荘。
2年前に来た時の感想で、泉質が凄く良かったんだって。
「洗った髪がツルツルになったのよ!」
と絶賛している。
彼女の中では近年行った温泉の中で、ここがかなりの高ランク入りしているのだそうである。
いや、もしかしたら彼女的にはトップ扱い。

そうだったかなー?
実を言うと私の中では、そんなに深く記憶に刻まれていなかった。

そもそも硫黄臭いのがちと苦手なワタクシ。
地獄温泉エリアはそのため辛いものがある・・・。

2年前のブログ記事を読み返したら、自分で書いているじゃないか。
「肌も髪もツルツルになった」
って。
はっはっは・・・。
硫黄臭さが記憶に靄をかけてしまったのかも・・・。



がしかし、彼女のリクエストに応えるべくやって来た。
硫黄臭いのも我慢しよう。
前回の訪問では「元湯」だけに入っているが、今日は時間があるので、その他に2つの露天湯にも行ってみよう。
ああ、泥湯の混浴「すずめの湯」には、今回も入らない私達だからね(笑。


地獄温泉2

本館から一番離れたところにある露天風呂「新湯」がこちら。
お?誰もいなくて貸切~♪
底に沈んでいるのはもしや湯の花?

地獄温泉3

って湯の花どころの騒ぎじゃなくて、
「泥だよね、泥!」
「かき回すとすごい事になるね!」
湯の花には違いないのだろうが、その結晶(?)の大きさがデカく、量も半端じゃない。
このとおり見事なまでのにごり湯になった。

源泉が36.4度、単純酸性温泉(ph2.6)、低めの温度が心地良い。
しかし「微弱硫化水素臭」と書かれているが、それなりに硫黄臭いのが私にはキツイ(苦笑。



新湯を出て、次は斜面の途中にある露天風呂「仇討ちの湯」へ。

地獄温泉4

何故仇討ちの湯なのか?
女湯の脱衣所の窓から、下に設けられた男湯の露天風呂が見える。
浴場に於いても、垣根の上に顔を出すと、下の男湯が見える。
そのため「仇討ち」なのらしい。

いや、そんなことで仇を討たなくても良いのだが。

新湯よりもやや青みがかった粒の細かい湯の花で、やはりにごり湯になっている。
こちらは新湯よりもやや温度が高め。
やっぱり硫黄臭ーーーーーーーーー。
貸切状態連続でラッキー♪




ここまでの2つの風呂には、体を洗うための蛇口や石鹸が置かれていない。
湯に浸かるだけの温泉なのである。




そして前回も入った元湯へ。

地獄温泉5

ここで体も髪も洗う。
あれ?
前回は気が付かなかったけれど、今回は他のお湯にも入ったから気がついた。
このお湯が一番柔らかい。
浴槽に入った時に、体にまとわりつくお湯が違うことに気づくのだ。

源泉66.8度、ph2.5。
3ヶ所の中でもっとも熱く感じるお湯。
もう3カ所目だもん、ましてや熱いお湯だもん、そんなに長く浸かっていられないんだけどさー。
でも気持ちいいよねー。
お湯の中にいると硫黄臭いのがあんまり気にならなくなる。

ちょうど泊まり客のチェックイン時間帯になってきていたのに、上がり間際にそうした人が入って来るなど、運良く私たちはのびのびと立ち寄り湯を楽しんだ。
平日バンザーイ!

だがお湯から上がって脱衣所に出ると、そこは浴室では感じなかった硫黄臭さがイッパーイ!
「ヘルプ・ミー!」
私は思わず声を上げた。
どうしてここに来るとこうなるの?
浴室では感じられないのって何故?
ちょっとOちゃん、横で笑っている場合じゃないわよ!



とにかく3つもお湯巡りして、すっかり体の方はヨカ気分でござるー。
鼻の奥で硫黄が存在感を残しているのはちょいと辛い。
たぶんこれって明日になっても自分じゃ気になる。
体や髪に残るのよねぇ。



よく走り回った一日だった。
この先はまた色々と忙しくなりそうだし、梅雨真っ盛りになって天気も悪そうだし、しばらくこんな休日はないかもねぇ。



励みになります

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

なっちゃんさんの安産祈願

我が地元には安産・子授け、そして縁結びに霊験があるというお寺がござる。

相良観音1

吾平山相良寺(ごへいざん あいらじ)。
ご本尊は千手観音で、本堂におわすそれは木造としては国内最大のものとか。
もっぱら「相良観音」と呼ばれて親しまれている。

私もゴエモンを身ごもった後、ここへ参拝に行った。
果樹園などに囲まれた静かな田舎の片隅にあるお寺なのだが、この手のお参りでは有名どころであり、平日でも結構参詣の人が多く賑わっている。

以前ブログ記事で取り上げた国の天然記念物「アイラトビカズラ」が自生しているのは、

アイラトビカズラZOOM3

このお寺がある地区だ。



相良観音2

本日ここへ来たのは、Twitterで交流している阿蘇ミルク牧場のスタッフ:牧場のなっちゃんさんがご懐妊中とのことで、近々産休に入られるとお聞きし、産休前に一度お目にかかっておきたいなぁ、できればこの相良観音さんのお守りでもお渡ししたいなぁと考えていたからだ。
久々で同じ日に休みを得たO嬢に声を掛けると、一緒に出掛けようと言ってくれたので、ドライブを兼ねて二人で出て来た。

相良観音3

本堂の中ではちょうど赤ちゃんを抱いたご家族連れが、ご住職からご祈祷を受けているところだったので、紐を揺らして鐘がゴーン!と鳴ったら、赤ちゃんがちょっと驚いて振り返っちゃった。
泣かない?
泣かないでね。
泣かないよね?
・・・・・良かった・・・。


なっちゃんさんの安産をお祈りし、縁結びの神様なのでゴエモンの幸せもお祈りする。
そしてなっちゃんさんへお守りをひとつ購入。

石段を下ってお寺を後にしていると、目の前では先ほど本堂でご祈祷を受けていたご家族連れが、
「ここで写真を撮っていきましょうよ」
と声を掛け合っているところだった。

「あの、すみません・・・」
声が掛かった。
「はい、いいですよ、シャッターですね!
 こちらから声をお掛けしようかどうしようかと、
 考えちゃっていたところですっ!」
快くお引き受けして、こちらもあちらも一同笑い合う。

コンデジを渡される。
「使い方わかりますか?」
「あ、大丈夫です、任せて下さい」
ふふふ・・・オイラを誰だと思っているのじゃ、うふふ。

皆々が並んでいる位置から離れてカメラを手渡されたのだが、これでは足元まで人物は映るけれど、お顔が良くわからんよ。
「皆さんのお顔がよく見えたほうがいいですからねー」
と人物をバストショットで入れる事ができる距離まで近づき、
「あ、後ろの方、間からお顔が出るようにしましょうか」
などと言葉を添えながら2枚撮影した。

おじいちゃんもおばあちゃんもご一緒の、7名様でのお参り。
お孫さんの健やかな成長は、何よりの願いでございましょうな。

「はい、確認してくださいねー、
 ではでは~」
とカメラをお返しする。

モニターを確認したご一同は、
「わぁー!綺麗に撮れている!」
「プロみたいな人に撮ってもらえて良かったねぇ!」
とても喜んで下さっていた。
プロみたいって、ふひひひひ。
そんなふうに受け取られたのかしらワタクシ。



境内入口に茶店がある。
この茶店:相良茶屋さんはダンナと仕事上でお付き合いがあり、また息子さんがゴエモンと高校で一緒だったということもあり、以前から親しくさせていただいている。
昨年夏にゴエモンが帰省している時、家族3人でこの土地の奥でニジマス釣りをして涼んだりした帰りにこちらに立ち寄ったら、お茶・まんじゅう・煎餅・漬物・かき氷、ダンナに至っては焼酎までごちそうになり、その歓待に心から感謝したのであった。


この茶店がスゴイのは、参詣客が普通に立ち寄っても、
「どうぞどうぞ」
と言っていつも笑顔で自家製栗まんじゅうを試食させてくださり、お茶も振る舞って下さり、その他漬物の試食とか温かいもてなしをしておられることだ。
参詣客の人気絶大。

なっちゃんさんに栗まんじゅうをお土産に持って行こうっと!

私達にも試食用に切り分けられた栗まんじゅうが差し出され、これが美味しいことを知っているので遠慮なく頂戴する。
店の奥を見るとこちらの奥さんがいらっしゃったので、
「こんにちはー、◯◯の△△の家内ですー」
とご挨拶をした。
「まぁ!息子さんはお元気にしていらっしゃいますかー?」
から始まり、
「食べていって下さい」
と蒸したてのホカホカ栗まんじゅうがゴロンと1個づつ出され、お茶も出され、しばらくひと休み。
奥さんが店で働くおばちゃんへ、
「△△さんの奥さんよ」
と紹介されたら、
「あらー!そうだったの!
 △△さんはお腹が空くとここへ来て、
 饅頭を食べて行きなさるとですよー」
とそのおばちゃんに言われた。

ダンナよ、バレたぞ。
そんなアンタ、腹が減るとココに来て饅頭食べて行くなんて・・・とほほ。


自家製の山椒の佃煮を売っていた。
これ大好きなのよ!美味しいんだよねー、これがあればご飯何杯も行けちゃうよ♪
試食もあり、口にしてみたら、辛すぎなくて美味しい~!
O嬢も美味しいと言って、二人でこの佃煮を買い求め、そしてなっちゃんさんへ栗まんじゅうをお土産にし、お会計をしてお店を出ようとしたところ、
「これ、持って行って下さいー」
と言いながら、奥さんがタクアン漬けとキュウリのビール漬けとトウモロコシを袋に詰め込み、私へ差し出された。
「そ、そんな、ダメですよ売り物なのに!」
「ヨカですよ、ウチで作っているものだし」
あうあうあう、田舎の人は親切です、たまらんです!
そういえば去年の夏も、漬物のお土産を沢山もらってしまったとです。

相良茶屋さん、ありがとうございました。
「ひごなび」のリンク張って、ブログで思いっきり宣伝しておくです。



さてこのあとは阿蘇ミルク牧場へ。
記事が長くなったので、続きは続編にて。



励みになります

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

インターバル

ヤモリさんから、
>撮影の意図を明確に表してくれる機材の導入により
>絵の中へ入れる注釈や矢印がなくなった様な気がいたします。(^.^)
と持ち上げられたばっかりなのに、注釈や矢印入れ込みまくりの画像アップしているし。

アホでござる、すみません(滝汗。



本日は勤務時間最長バージョンシフトなり。
帰宅したら足が棒のようになっていたなり。


明日と明後日は2連休なので、それを励みに頑張った。



連休は何をしようかなー♪



励みになります

テーマ : (´ε`;)ウーン…
ジャンル : 日記

殺気!

リビングのソファの上に置いていた猫ベットを、先ごろ買い換えた。
以前のものはモコモコの冬仕様で、こう暑くなってくるとどの猫も近寄らなくなっていたし、猫の毛だらけになってしまっていたのも困りものだったから。
この時期、猫の抜け毛はかなり多く、ブラッシングしていてもきりがないほど抜ける。
モコモコの猫ベッドは、マメに手入れをしていても、すぐに表面が猫の毛でデコられたようになってしまうのだった。


メッシュ仕様の新しいベッドは夏向きで、猫の毛もまとわりつきにくく、自分としてはいい買い物をしたと思っていた。
だが購入から3日間、空き家のままになっているではないか。
急に取り替えられた環境に、ドン臭い呑気者揃いの我が家の猫でも順応できなかったらしい。


せっかく買い換えたのに、お前たちそりゃないだろー…とガッカリしていたら、4日目くらいに一番最初にここへ入ってくれたのは、オットリした性格の長男・寅蔵だった。
ポジションとしては確かに彼が以前から占有していた位置。
そうだよ、キミがここへ来ることを想定していたんだよ。

体格がもっともデカイ寅蔵が寝ても、まだ余裕がある広さだと思って買った。
やがて銀之丞や富久娘オバちゃんも、寅蔵の隣に来て寝転ぶようになったので安堵。
しかし真冬と違い、今の時期は3匹で団子になることはない。

暑いしね・・・。




今夜も図体の大きな寅蔵が、ドデーンと猫ベッドに横たわっている。
ところが静かに寝ていると思ったら、寅蔵がいきなりガバっと、文字通り飛び上がるように起き上がったではないか。

どうした寅蔵!?
何が起きた!?



お座り状態の寅蔵が、一点を凝視している。
そのまま動かない寅蔵。



あ・・・、そういうことか。



何も出来ない1

小さな小さな蜘蛛が、ベッドの縁に止まっている。
寝ている目の前にいきなりコイツが現れて、
「殺気!」
とばかりに寅蔵は驚いて飛び起きたのだろう。


さあ、寅蔵よ、ここで次に繰り出すのは猫パンチだな?



おっ!寅蔵立ち上がりました!

何も出来ない2

しかし寅蔵、手を出さない。
熱い視線を感じ、蜘蛛はベッドから降りた。



寅蔵、やるならば今だぞ!


何も出来ない3

だがなおも何もせず、腰を下ろしてしまい、小さな蜘蛛を見つめているだけの寅蔵。
お前~、勇ましいところを見せてくれよ!


何も出来ない4

蜘蛛の方は痛いほど視線を感じているのか、ベッドを遠巻きにして移動して行く。


我が家の猫の中では、寅蔵が最もおっとりした性格なのは十分承知しているが、こんなにも慈愛に満ちているとは・・・。
いや、それはある意味、猫として根性なしじゃないか?




そこへ雰囲気を察した奴が横から割り込んだ。

この野次馬男ならば、虫を見つけた時にはすかさず攻撃を繰り出す。
小さな蛾を相手に、両手で捉えようとジャンプしていることなど、銀之丞は日常茶飯事である。
アシダカグモのバラバラ破片が部屋の中で発見されたら、それは間違いなく銀之丞の仕事の痕跡。


何も出来ない5

しかしその時既に、蜘蛛はベッドの下かソファの下に隠れてしまい、2匹の視線の先に蜘蛛の姿を見出すことは出来なかった。





何も出来ない6

・・・もう終わったんだよ銀之丞。
お祭り男の登場が少し遅かったな・・・。

そして未練が残るのか、まだ探している様子の寅蔵。
お前ねぇ・・・。



小さな小さな蜘蛛も殺せぬ男・寅蔵。
キミが困ったときには、お釈迦様が天から蜘蛛の糸を下ろしてくださることだろうよ。



静かな夜の時間がまた流れて行く。



励みになります

テーマ : (´ε`;)ウーン…
ジャンル : 日記

かってにツキノワグマ

ちょっとロマンのある話が。

「日本クマネットワーク」というNGO組織があるそうだ。
ここが九州祖母傾山山系におけるツキノワグマの広域痕跡調査を行うというニュースが。
詳しい広報ページはこちら。
『九州祖母傾山山系におけるツキノワグマの広域痕跡調査の実施について』

1987年に大分県豊後大野市の山中で射殺されたツキノワグマが、九州では最後のものと言われている。
つまり絶滅したと考えられているのだ。
だが私が九州へ移住して来て20年余の間に、新聞記事で、
「クマらしい大型の動物目撃?」
などの話題がたまに浮かんで来ていた。

「ネットワーク」によると2010年11月、古祖母(こそぼ)山で登山をしていた男性が黒くて大きな動物を目撃し、うなり声を聞いた。
2011年10月には、隣の祖母山中の尾根道で登山中の女性が大型動物に遭遇し、後ろ脚で立ち上がる姿を目撃したという。
調査対象地域はブナやミズナラなどの自然林が残り、人の手があまり入っておらず「クマが生息していてもおかしくない」という。
一方、1987年に射殺されたクマの遺伝子は福井、岐阜両県に生息するものに近いと学会で発表され、九州外から持ち込まれたとの見方が有力だとか。
BIGLOBEニュースから抜粋)

果たして今でも九州に、野生のツキノワグマは生息しているのだろうか!?


ね?
なーんかこれってロマンだわぁ~って思わない?



絶滅したと思われていたのに、滅多に人が入らないような山の奥深くに、ひっそりと生き延びていたツキノワグマ…なんて、もしも発見されたら凄いなー。


調査日程は、6月8~10日だった。
深夜までには生息の可能性発見の話題が出て来ていないので、この期間中に新発見は無かったのかも知れぬ。
さらに赤外線センサー搭載の自動撮影カメラ約40台を長期にわたって設置するそうなので、こちらの成果に期待しようではないか。
頑張れ日本クマネットワーク<JBN>(JAPAN BEAR NETWORK)調査団!!



想像図

いやー、ついこんなことも考えちゃったりして。
作品から画像を持って来ようとしたが、著作権が絡むと考え、絶滅したと思われていた私の落書きも復活しちゃったりしている訳で。


好きだったんだわ「かってにシロクマ」が。
ウリ坊が土中から出て来たシーンで、思わず泣いたってのは、とっても懐かしい思い出。



励みになります

テーマ : ( ゚д゚ ) ・・・・・・、
ジャンル : 日記

やったぜ江里口選手!

日本陸上競技選手権大会、男子100m決勝。
江里口匡史選手4連覇おめでとう。
そしてロンドン五輪出場に内定、おめでとう!

以前から折に触れて話題にしていたが、彼は母校の後輩に当たる。
そしてその母校のさらに後輩であるゴエモン在学中は、ゴエモンの1学年上級生でもあった。
文武両道の立派な生徒さんだったよー。
「学業の成績優秀だし、運動は出来るし、
 あの人はすげーよ!
 俺達とは次元が違う」
と在校中のゴエモンが言っていた。


鹿本高校時代の2006年10月第61回国民体育大会少年男子100mで優勝。
同大会成少男子共通 4×100mリレーでも、熊本県チームの第2走者として優勝に大貢献。
当時母校のPTA役員で、PTA新聞を発行する委員会の委員長をしていた私は、江里口選手の記事を取り上げられることに喜びと誇りを持っていた。
江里口匡史様、その節は大変お世話になりました。

あの熱血校長(元)先生も、母校の先輩でいらっしゃる。
さぞかしお喜びのことと思われまする。



母校からの五輪選手はこれで二人目。
最初に五輪出場を果たしたのは、あの松野明美さん。
他県民にもすぐに通じそうな母校出身の著名人と言ったら、江里口選手、松野氏、そして蒲島熊本県知事なのだー。


江里口くんは大会直前にはNHKの「アスリートの魂」で取り上げられ、注目度そして期待度の高さを示した。
それだけにプレッシャーもあるだろうと思っていたがが、0.01秒差の際どい勝負に勝つというこの運命。
やはりこの人も何かを「持っている」のかも知れない。

不運なフライング判定で泣いたこともあった。
故障で不振だったシーズンもある。
4年に一度の五輪に選手のピークを持って来るのは、とても大変なことだろう。
しかしそれを見事に果たし、ロンドン五輪行きがはっきり見えて来た江里口匡史選手。
今後も地元から温かく応援し続けるどー!



このブログを見に来ている皆さんも、是非この夏の五輪では、一緒に江里口選手を応援しましょー!!



励みになります

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

本日梅雨入り

北部九州から近畿にかけて梅雨入り~。
いよいよこの時期に入ったか・・・。
今日は一日中シトシトと降ったり止んだりを繰り返した。

エアコンや除湿機が売れるようになるんだろうなぁ(ぼそ。




仕事が早く終わったので、雨が止んでいる庭にカメラを向けた。


墨田の花火

我が家の庭も、いつの間にか梅雨仕様になってござる。

先の冬の間、ダンナの無謀な庭手入れによって、紫陽花の株は数を減らしてしまったが、まだ生き残り続けている紫陽花も少なくない。
上の画像は私がホームセンターにて処分価格500円で入手したもので、おそらく「墨田の花火」なる品種ではないかと思われる。

私はこうしたガクアジサイのほうが結構好きなんだなー。



紫陽花1

このあたりに植えている紫陽花は、亡くなった両親が植えていたもの。
つまりもう20年以上も前からここにある。


紫陽花2

紫陽花は雨に少し濡れているような時のほうが、こうして良い感じになるね。
日差しの強い日では、夕方になると元気がなくなってしまうんだもの。



アツバキミガヨラン

またこの時期我が家で無駄に(?)花盛りなのが、このアツバキミガヨラン。
これも亡くなった両親が何処かから貰って植えたもの。
我が家の敷地の中で、道路沿いに植えてあるのだが、放置状態なのに兎に角元気で、株が増えて増えて…。
毎年かなり間引くんだけど、勢力範囲を大幅に広げている。




サツキ

サツキ…五月(さつき)には咲かず、今になって咲き始めるサツキ。
亡母がサツキの盆栽を数多く育てていた。
他界後に私が数えた時、63鉢あったことまでは覚えている。
母が亡くなってから3年近くは私が頑張って育てていたけれど、鉢植えの管理ときたら夏場は朝夕の水やりが大変。
そして梅雨明け前には、花を終えた枝先の剪定を終えなければならない。
それも丁寧に丁寧に。
加えて樹木の姿を整えるために、針金を巻きつけて…。
毎年その繰り返しだ。
その頃まだ元気があった亡父が、母の遺した盆栽の剪定を引き継ごうとしたが、3鉢やったところで、
「俺はもう匙投げた」
と無責任発言。
アンタ、愛妻の形見を何だと思っているんだ!…と私は立腹したねぇ。
散水だけは父が朝夕続けてくれていたが、その水の与え方も段々と雑になって行った。

結局私に文字通り「お鉢が回ってくる」ことになり、盆栽初心者の私は、数が多い鉢に手を焼いていた。
台風シーズンには、その接近の時も盆栽棚から鉢を下ろして備えたりの繰り返しで、実に手がかかったしなぁ。

お陰で剪定の仕方などは勉強させてもらったけどね…。
父は散水も手抜きするようになり、その数は段々と減ってしまい、今ではもう盆栽はひとつも残っていない。

今思えば、あの鉢植えも地植えにしてしまえば良かった。
そうすれば枯れずに残ったものも多かった筈だ。
全部地中に植え込んでしまっていたら、20年も経過した今ならば、かなり立派な植え込みになっていたことだろう。






池の近くへ行ったら、足元で何匹ものカエルが跳ねた。

ヌマガエル?

体長4cmくらいのカエル。
背中の線がはっきりしていてイボが少しあって…ヌマガエルかな?
この池で生まれ育っているんだろうか。

以前はこの池にウシガエルが住み着いていた。
夜になるとあの野太い声で、
「ウォン、ウォン」
と繰り返し鳴いた。

庭でカエルの姿を見ると、
「最近、ウシガエルの声を聞かないなぁ」
とダンナが言う。
確かに我が家にいるとき、その声が聞こえないように思う。
減って来ているのかなぁ?
以前は良く道路上に、交通事故に遭ったウシガエルが転がっていたものだなと思い出すけれど、最近はそうしたものを見かけることも少ないように感じる。

自然には無頓着で、あんまり関心を持っていないようなダンナでも、気にしていることがあるんだな(笑。





シロツメクサ

そのダンナが先日の除草作業で、思いっ切り刈り残しているシロツメクサ。
ダンナよ、こんなに目立つものを何故刈らぬ。


どこに向けられるのかダンナの感性。
ウシガエルの声が聞かれなくなったことを、毎年のように気がかりにしているのは悪い事じゃないが、玄関から一歩出たら目の前にピョンピョン飛び出しているこのシロツメクサを、何とかしなきゃという気持ちになってほしいものだぞよ。



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

06/07のツイートまとめ

uuban_gya

NIKONの顔認識機能が優秀すぎて怖い……  on Twitpic#twitr http://t.co/GC2qdkMn
06-07 08:51

ふふっ・・・。

ここしばらく仕事の流れがちょっと変わる。
外からの仕事が減ったのだけど、中の仕事の量がブワー!
まだこのセクションでは初心者マーク状態だけに、なかなかさばけなくてアタフタするー。

でもこの職場キライじゃないんだな。
アタフタしているけれど、毎日結構楽しいんだな。

あ、13日に夏のボーナス支給決定だそうな。
良かった良かった。
前の職場では、ボーナスを出すと言いながら、オーナーの気まぐれに騙され振り回され続け、結局ボーナスの話が立ち消えになってしまった。
個人企業ってそういう点がダメダメ。
転職して良かったよ。

この職場に入って良かった…と思える点は少なくない。
精神的にも肉体的にも、明るい状態で過ごせるようになったしね。


明日は職場のミニ勉強会担当。
勉強することも多いんだわ。
というか、勉強することの連続なんだわ。

このトシで絶え間なく新しい情報をインプットし続けるのは正直大変なんだけど、今夜は真面目に勉強しなきゃ、明日の準備しなきゃ。



励みになります

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

06/06のツイートまとめ

uuban_gya

鍋が滝なう! http://t.co/dMjJvISO
06-06 13:27

そうだ、鍋ヶ滝行こう。

水辺に佇む大きなトンボ。

ミヤマカワトンボ

おそらくミヤマカワトンボの雄。
「きれいなトンボがいるっ!」
目を丸くして感動した声を上げている同伴者。
それに対してクールなワタクシ。
「カワトンボの仲間だよ」
「珍しくないの?」
「うん、そんなに珍しくないねぇ」
「なーんだ…」

珍種を見つけたと思っていたのかも。
ガッカリさせちゃったかな。



あ、カエル見つけたー。

カエル1

ツチガエルかな?と思いながら近寄ると、一度水に飛び込み慌てて泳ぎ、どこかへ逃げる様子を見せながらも、目の前には大きな石がドン!と居座っていたために逃げられず、またすぐに浮上してきて、

カエル2

キョトンとしつつ一応周囲を警戒中。
石と同じ色に化けているのがいじらしい。



最近整備された駐車場そして遊歩道。
この水辺には徒歩でも容易で降りることが出来る。

たまたま我が家は夫婦揃って公休日になっていた本日、ダンナが雑に庭の草刈をした。
私は先月3日間も庭のために働いた。
その時に休日が重なっていても全く手を貸さなかったこのダンナに、本日の私が手を貸す訳がない(爆。

本日の火の国は朝から好天で、金星の太陽面通過がしっかり見えた。
カメラが望遠レンズではないので撮影は無理だったが、ダンナが除草している間、あの観察用グラスを取り出して見つめていたワタクシ。
乱視の私はただこれで見つめるだけでは、太陽のほくろ程度の金星が鮮明に見えなかった。
白い丸が視界に小さく浮かんでいるだけになってしまうのだ。
しかし双眼鏡を加えると、くっきりハッキリと金星が見えたー!
太陽黒点も見えたー!
金環日食もつい先日の部分月食も、厚い雲に邪魔されて見られなかった私だが、やっと昨今の天文ブームに乗れたぞ!

本当のことを言うと、我が家には相当レベルの天体望遠鏡が1本ある。
取説が全文英語であるのと、それに加えてかなり組立が面倒なので、全く使わないといって良い。
昭和50年にこれを買い込んだ亡父よ、宝の持ち腐れになっただけでござったな…。
加えて我が家には、懸賞で当たった簡易な天体望遠鏡もある。
コレを組み立てて太陽を観察しても良かったのだが、面倒なのでこれまた取り出さなかった。



私がこうしてのほほんと空を見上げている間に、ダンナは雑な除草作業を終えた。
刈払機の燃料が1杯分カラになるだけしか作業をしなかったダンナであるが、快晴の空の下で作業をしていたので、シャワーを浴びた後も暑い暑いと連呼してウザー。
「どっか涼しいところにでも行ってくれば?」
と声を掛けた。
「涼しいところでビール飲みたい」
「飲んだら運転できないじゃないのよ」

私はちょっと閃いた。
ちょうどこの夏に熊本へ家族旅行を計画中の知人から、観光スポットのお尋ねを頂いており、まだ自分が行ったことはないが、気になっていた納涼スポットがあるので、そこへ本日行ってみようかな。

「鍋ヶ滝にでも行ってみる?」
ダンナへ提案してみた。
本当はダンナとドライブなんていう柄じゃない。
我が家は休日でも殆ど別行動だ。
その証拠にダンナと何処かに遊びにいったという記事は、このブログでも全くと言って良いくらい登場していないもんね。
でもこのままダンナを放置すると、暑いのビールだの食い物を出せだのとやかましくて仕方ない。

「いいねぇ、行こう行こう」
ダンナは鍋ヶ滝行きに嬉々として乗ってきた。

二人でドライブとか、ホントに何年ぶりなのよ。
全然思い出せないねぇ。
そのくらい長いこと、この人と出掛けたことなんかないよー。




鍋ヶ滝は阿蘇郡小国町にある。
かつてCMのロケ地として使われたことから有名になった。

ダンナは滝に着くまでにビールが我慢できず、途中のコンビニで缶ビールを買って車内で飲んだよ、とほほ。


遊歩道を下って滝が近づいてくると、空気が少しヒンヤリして来た。
「マイナスイオンを浴びようぜ」
ウキウキと軽い足取り、ダンナよそんなに嬉しいか…。




鍋ヶ滝1

鍋ヶ滝に人気があるのは、CMで紹介されたからだけでなく、

鍋ヶ滝2

滝の裏側に回り込めるという、その珍しさなのだ。

鍋ヶ滝3

暑い夏でもこりゃええ~。

その水辺で見かけた生き物が、冒頭のトンボやカエル。
ダンナは水に触れて、
「あんまり水は冷たくないよ」
と言っている。
ふーん、そうなんだ?


鍋ヶ滝4

厳冬期にこの滝が凍結すると、つららのカーテンの裏側に回り込むことが出来る。
なかなかチャンスは少ないらしい。


鍋ヶ滝5

居合わせたカメラ愛好家の人と談笑しているダンナ。
何を話していたのかと尋ねたら、
「ここの水、上流から生活排水が流れ込んだりしているので、
 あんまり綺麗じゃないんだってさー!」
そうか、そうだよね、ここへ来る途中の集落の間を流れていたあの川、あそこがこの滝に繋がっているんだよね。
カメラマン氏は撮影に行くと、きれいな水の滝ではボトルに水を汲んで帰るそうだ。

鍋ヶ滝6

そう、確かに清冷な滝ではないかも知れぬ。
こうして滝の裏にいても、寒くなるほどの冷気ではなかった。
だけど野暮なことを言わずに、他所ではなかなかお目にかかれない滝壺と、一体化してみる時間ってのも悪くない。




満足気なダンナと遅い昼飯を「はげの湯」で。

噴気蒸し1

ここでもビールを飲んでダンナはニコニコ。

噴気蒸し2

この温泉の名物・噴気蒸しの野菜や手羽先は、芯まで柔らかくなっていて美味しかった。
ダンナはビールのつまみに噴気蒸しの豚足を取っていたが、それが凄く美味しいと言い、家で飲むときの為にもひとつ買って帰ったほど気に入った様子。



この近くで温泉に入って帰るつもりでいたら、お会計の時に引かせてもらった三角くじで、この場所の温泉入浴券が1回分当たってしまった!
それも有効期限が6/10までだって。
「じゃあ勿体ないから、今日使ってしまおう」
と言うダンナ。
確かに。
入浴料はたかが500円、しかしされど500円。


噴気を利用したサウナもあるこの温泉で、サウナ好きなダンナはまた満足満足。
湯上りに、
「いやされる~」
と涼しい風に当たっていたダンナ。
今日は何度もこのセリフを口にしていた。
長閑なこのはげの湯エリアは、殊の外気に入った様子。
私は今まで何度もここに来ているが、ダンナは初めての訪問。
そういえばついこの間発表されたじゃらん調査の『「行ってよかった」観光地』ランキングで、
第1位「わいた温泉郷(はげの湯・岳の湯・山川温泉)」(熊本県)56.7%
だったのよねー。
なんとなく私もわかるなぁ、この投票結果は。
私もこのエリアは大好きなんだもん。




鍋ヶ滝リサーチ完了。
撮影作品を振り返り、シャッター速度を変えるなどの工夫もしてみればよかったと反省&勉強。
ダンナのご機嫌取りバッチリ。
ナニゲで上々吉の一日。


ゴエモンよ、我が家にしては珍しく平和な休日だったぞよ。





励みになります


テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

06/04のツイートまとめ

uuban_gya

雨が降り出してござんす。今宵の部分月食、当地での観測は無理でござんすなぁ・・・。
06-04 18:43

歴史的建造物…なう。 http://t.co/XQBSoZ7W
06-04 11:09

赤レンガ

明治41年完成の赤レンガ造り。

赤レンガ

ルネッサンス様式2階建て。
日本三大名城がある熊本には、西洋建築物のスグレモノもまだ多く残されているのだよ。


先月上京した際に、東京駅の赤レンガ駅舎を久々で眺めた。
東京生まれの私には、殊更懐かしさを感じさせる駅舎である。

宿泊した横浜のホテルでは、部屋の窓から横浜港の赤レンガ倉庫も見えた。
横浜港界隈には、20代の頃の思い出がいっぱい詰まっている。




ちょいと街なかへ出かけていた休日。
帰りに立ち寄った石窯焼きパン屋さんのパンが、とてもとても美味しゅうござった。




あ、結局歴史文化よりも食い気かい?
(・_・;)






励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

CALENDER
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR