お花見ひとりきり

公休日だからこなさねばならぬ所用があり、自宅から半径10km圏内くらいを走り回っていた。
やっと用事がある程度済み、帰宅するにはまだ早い時間。
近所の公園へ立ち寄ってみた。

花見1

小高い丘の斜面に多くの桜を植え込んでおり、

花見2

見晴らしの良いこの公園は、花見の時期には家族連れやグループで賑わう。

花見3

満開にはまだ早いけれど、来週末ではもう花の盛りを過ぎてしまうだろう。
この土日がお花見には最適だな。

桜の時期にこの公園へゆっくりと来たことは無かったかも。
近いのに意外と立ち寄らないものであることよのぅ。

花見4



スペイン産御影石の風車(羽の直径1.8m)が3基ある「石のかざぐるま」の公園。

花見6

今日は風が強かったけれど、運悪く逆風で風車はほとんど回らず(苦笑。



「日本人だもん、やっぱり桜よね、お花見よね」

花見5

などと思いながら写真を撮っていたら、突然我が名をお呼びになる声。
「えっ!誰っ!?」
と思って我に返ると、赤ちゃんを抱いたその人は、近所のお友達・るみちゃんだった。
隣にはその子の母と思われる背の高いヤンママ。
えーっ!?
もしかしてあの3姉妹の真ん中!?

おばちゃん驚いちゃったわよ。
ゴエモンが小学生の頃、toshiちゃん家族&みっちょ家族、そしてるみちゃん家族と我が家の4家族で、一緒に天草の無人島キャンプに行ったわよねぇ。
その頃の面影が浮かんで来ないくらい、女性って変わるわよねぇ。
どこかですれ違っても、おばちゃん絶対に気が付かないわよ、ごめんよ。

でもね、うちのゴエモンは全然変わらないよ。
ほら。
…と、ケータイの画像から、くまモンとツーショットになっているゴエモンを見せる。

「ホントだ (≧∀≦) 全然変わっていない!」
お二人に受けていましたな。

まだ歯も生え始めぬ生後数ヶ月と思しき幼な子は、頭を上げて風に揺れる桜の枝を見つめていた。
いよっ!日本人だねぇ、桜だぜ!!






彼女らとお別れし、我が家方面へ車を向かわせる。
途中では奇岩の下の長い桜並木も通ったりして、

花見7

地元の花見どころをたっぷりと味わって来た。




そのまま帰宅するにはまだ勿体無く思えて、
「そうだ、いつも下から見ている裏山のあの山桜を、もっと近くから眺めたいなぁ」
そう閃いて横道に入る。

我が家の裏山はみかん畑が広がっていて、車が1台やっと通れるだけの農道が続いている。
バカは高いところが好きだというが、私は高いところが好きなので、軽自動車に乗っていた頃は、幼いゴエモンを乗せて良くこの道へ来たりしたものだ。
しかし今のバロンちゃんは、狭くて急なみかん畑の道路を行き来するには向いておらず、もう何年もここへ来ていなかったっけ。



標高約120mくらいのところからの眺め。

花見8

白く光る耕作地は、主に植え付けを済ませたばかりのタバコ畑。
こんな田舎に住んでいるのでござんすよ。


例の山桜は、みかん畑の向こう、雑木林の中。

花見9

車を進めてわかったのだが、山の中に入ると案外その山の上の方って、視界が狭くなって見えないものなんだ。
見上げても手前の木々や尾根が邪魔で、山桜の生えている場所を、真下方向のアングルでは捉えられなかった。
そして山桜が多くある一帯は、急傾斜の雑木林で、人が通れるような道も満足にない。
車を降りて山へ分け入ったとしても、木の根元にやっと辿り着いた頃には、ヤワな私なので倒れ込むことだろう。

こんな場所で遭難したら、誰も気付いてくれないよ(苦笑。


ってことで一部の画像撮影で我慢。

花見10

誰も入らないようなこの山の中に、山桜が多くある。
鳥が運んできたのかなぁなんて、いつも想像を巡らせる。
いったいどのくらい長い年月、この場所で育って来たのだろう。
決して土壌のよくないこの場所で、そして根本の日照条件も恵まれない山の中で、幾度も台風に遭遇しながら、逞しく生き抜いている山桜。

先に画像を出した奇岩の周囲の山にも山桜はいっぱいあって、

花見11

今の時期は遠くからこれを見ているだけでも、何だか心が浮き立つのである。
やっぱり花は桜木、季節は春だなぁ。




ブログを見ていて気付いておられるかもしれないが、このところの私はサッパリお出かけしない人になっている。
お出かけの相方=O嬢との休みが全然合わないのだ。
来月の予定を見ても、全く一致していない。

気が小さいから「お一人様」って得意じゃないのよねぇ。
今日みたいに一人でウロウロしたのは珍しいんだわ。
ネタに困っちゃうんだな、まったく。




励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

一気に咲き進む

昨日は帰宅がもう日没後になったので、画像撮影を諦めたのだが、
「山桜の開花が例年よりも遅れている」
と記事にしたのが27日で、その2日後の昨日夕方には、我が家の裏山で恒例の山桜が姿を見せ始めた。

今日は下り坂に差し掛かった空で、明るさもイマイチだったけれど、仕事の帰りに車を止めて撮影すると、

山桜

ほらね、このようになったのだよ。
この下の画像=27日の様子と比べると、

山寝坊

開花している山桜がわかるでしょー。



同じ日に咲き始めを撮影していたソメイヨシノも、

一気!

一気にパーッと開花でござるよ。
やっぱり昨日のぽっかぽかが、だいぶ影響しているのね。
今日もまた気温は高かった。
朝方の冷え込みが厳しくないことも影響しているだろう。




自宅の庭に車を入れる。
この庭の様子もまた、

明るくなった

開花の度合いが進んでおり、花の周囲が明るく目に飛び込む。



好きだー

河津桜の血を引く「陽光」は、一重咲き桜の中でも色が濃い。
好きだよキミ達!




明日は仕事の公休日。
繁忙期に入っているのに、公休日入りのシフトなんか組んでいるエライ人。
これで大丈夫なのだろうか。
まあいいや、ここで休まないと今月の休みが消化しきれないのだし。
明日も忙しい同僚の皆さんスマンね。


励みになります

テーマ : (●´∀`●)
ジャンル : 日記

期間限定繁忙期突入

今日から暫くの間、我が職場はワケアリで超多忙。
全員早出をし、そして山盛りの仕事の渦に巻き込まれる。

休憩時間には、あのマッサくんのお世話になったりして。

マッサくんありがと

マッサくんありがと。
本当の名前は「Airly Shape」と言うんだね。
骨盤ケアソファなんだね。
初めて検索してみたけれど、結構評判がいい品物じゃないか。
でもそれなりに場所を取りそうなので、ちょっと我が家には置けないよ。

私はグイグイとマッサージされる方が好きなので、強さ【弱】では物足りない。
【強】にしても良いと思うくらいなのだ~。
我が家には置けないので、ここで堪能するぞー。



本日は気温が上昇し、職場の中はぽっかぽかになって、
「半袖にすれば良かったかも…」
と汗ばみながら先輩が言っていた。

先輩、遅れてるッス、私なんかとっくに半袖制服ッス。
職場で一番先に半袖にした。
つーか、まだ私以外は誰も半袖にしていない。
「げっ!驚いた、もう半袖着ているんですか!?」
と言われたのは、梅が満開になった頃だ。
「梅が咲いたら春ですよ、春になったら半袖ですよ♪」
そう答えている。

だってー、暖房が入っている中でも、その温風がマトモに当たる場所で仕事しているんだもん。
厚手の生地の長袖では、動いていると塩梅が悪いのよー。

まだ3月なのに半袖でバカじゃん?って思うだろうが、機内で仕事しているCAさんたちなんかも半袖じゃね?
そう考えれば暖房完備の当職場、早春から半袖だって良いジャマイカ。



夕焼けて・・・

18時過ぎに仕事を終えて外へ出る。
ほんのり夕焼け、西の空。

でも本日の気温上昇は、お天気が下り坂になる前のサインらしい。
ほのかな夕焼が空を染めていたけれど、明日の午後からは荒れ模様になって来るとか。


春に3日の晴れ間なし。
そしてひと雨ごとに庭の雑草もぐんぐんと伸びる(涙。



励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

違いがわかる件

やられたー。
私が書いた記事が刺激にもなっちゃったようで、

先を越された

ゴエモンが既にコイツを手に入れてしまった!
本日そのことをメールで知らせて来た。
「まあ、あのブログを読んで火がついたわけですよ(^_^)
 もともと、周りのスマホチェンジの波に押されたっていうのも大きいけど」
だとぉ。
導火線に火をつけたのは私だった。
スマホデビューの先を越された、正直これは悔しいぞ・・・。


バッテリーの持ちがいいのでこれにしたそうだ。
置くだけ充電機能だが、充電しながら色々やることが難しいので、その機能はあんまり重要じゃないと言っている。


私とやり取りしている間に、メールの打ち方にも慣れて来たようだ。
「スマホ楽しいよ」と言っている。
何が楽しのだ、どこが楽しいのだ、アプリなのか?
教えてくれゴエモン。

でも楽しいと言えるような程使い込んでいると、バッテリーはどんどん減るんだぞ。
大容量バッテリーでも、物足りなくなるんだぞ。


若い人のほうが何でも覚えるのが早い。
ゴエモンはサクサクとスマホの使い方を覚え、ガラケーとスマホの違いがちゃんと分かる男になって行くのだろうなぁ。



今月中の仕事が激務なので、欲しい機種が発売になったが、今すぐ慌ててスマホに乗り換えても、おそらく使い方マスターの道が遠いワタクシ。
取説読む時間もなさそうなワタクシ。
悔しいけれど今月中の買い替えは考えないことにしている。
クソー。




買い換えといえば、昨日ダンナは、買い換えた軽自動車で帰宅した。
ダンナの軽自動車ライフが始まった。

今夜帰宅したダンナが、
「ラブに餌やった?」
と尋ねるので、まだだと答えると、
「車が変わったから、音が違うので鳴かないんだろうなぁ」
と言っていた。

犬って家族の車の音を覚えるよねー。
ダンナの帰宅=散歩=散歩後の食事だったので、我が家のラブちゃんはダンナの車が入って来ると、
「クゥ~ン」
と甘えて鳴いていた。
でも車が違っているので、鳴かなかったんだって。
わかるわかる、その状況。
違いがわかるから、反応してくれないんだよね。


ダンナが数日不在になって、私にその役目が代わっていると、3日目くらいにはラブちゃんはそれを覚えた。
私が仕事を終えて帰宅し車から降りたら、散歩や食事に結びつくらしく甘えて鳴いていた。
最近また私がその担当から離れているので、もう私の車への反応は薄い。



私が10代の頃、我が家で飼っていたワンコは、まだ人家が少ない田舎で放し飼いにされていた。
両親が帰宅する時間になると、我が家の前の道の真ん中に寝そべって待っていた。
この道の先にはその当時まだ民家が1軒しかなく、しかもその先は行き止まりだったので、滅多に車なんか通らないのだった。
我が家の車が近づいてその音が聞こえると、伸びをしてから立ち上がって、庭に入って来る車をニコニコと尻尾フリフリで歓迎していたものである。


我が家ではオカメインコのピッコロも、家族の車の音は知っている。
ゴエモンが自転車通学をしていた時代は、その自転車の音も知っていた。
庭へ入って来る音をちゃんと聞き分けていて、家族の車とゴエモンの自転車の音には、鳴き声を上げて反応するピッコロ。
家族の車とゴエモンの自転車と、O嬢の車には反応する鳥ピッコロ。
(そのくらいO嬢の車の出入りが多いってかー)
違いがわかる鳥ピッコロ。
自転車の音なんて、テレビをつけている時は私達には全然聞こえないのに、その私達と同じ部屋にいても、耳が良いピッコロはちゃんと気づいていたのでいつも驚かされた。
オカメインコは物真似も上手な鳥なので、聴覚が優れているのだろう。



このピッコロを飼い始めてから、今年で丸10年になる。
オカメインコは18年近く生きるそうだ。
去年あたりから、やっと私のほうがピッコロの鳴き方の違いに気がついて来た。
(遅いってば・・・)
餌がなくて訴える時に、違った鳴き方をする。
さっきその鳴き方をしていたんだっけ。


餌を与えて来ますわ。




励みになります

テーマ : ?( ̄▽ ̄?)(? ̄▽ ̄)?
ジャンル : 日記

03/28のツイートまとめ

uuban_gya

遅れていたけどやっとソメイヨシノが咲き始めたよ。 http://t.co/BUiCQJeL
03-28 02:52

咲いた

我が家の早咲きの桜「陽光」がだいぶ咲き進んで、

咲いた1

PC版は画像クリックで拡大表示

春の青空を背景に微笑んでいる。

咲いた2

PC版は画像クリックで拡大表示

前回の撮影から5日経過でこうなった。
春は万物を活発にさせる。


これだけ咲き進んでいれば、
「桜の木なんてあったっけ?」
などとボケをかます輩はおるまい。

今回も念を押しておくが、

咲いた3

咲いている場所は玄関の前&ダンナの部屋の真ん前だ。


そのすぐ近くの姫辛夷もまた、

咲いた4

このような姿でカワユス。




近所のソメイヨシノは、やっと開花を始めた頃合い。

咲いた5

ご近所でも早い場所ではもっと咲いているが、ここはちょっとだけ遅い。

咲いた6

満開が待ち遠しいなー。




咲いた7

菜の花の黄色、あったかい色。
その真中に我が家を入れて撮影。
どこが我が家なのか、小さくてわかんねー!と言われるだろうが、わかる人にはわかる。

でも今年は周囲の様子がいつもと違うんだなぁ。

山寝坊

例年ならばソメイヨシノよりも先に、この山の中で山桜が咲き進むのである。
だが今年はまだまだその開花が遅れており、咲いている樹木が全然見られないでいる。
この分だと山桜とソメイヨシノが、一緒に咲き誇ることになりそう。

俳句の季語では、冬のひっそりとした山の様子を「山眠る」と言い、春山の明るい様子を「山笑う」と言う。
今年は早春まで冷え込みが厳しく、万物を揺り起こすタイミングが遅れているのだろう。
山は寝坊していると言ったところか。

他所の地方でもそうかしら?




そんな自然界のお寝坊さん加減に動かされず、市内の某所・桜の木が沢山ある公園では、例年通りの日程で今度の日曜日に桜祭り開催。
ちょうど町内会役員が巡って来ていて、先日の日曜日はその準備の除草作業に繰り出し、桜祭り当日も会場に出て行かねばならぬO嬢。
「この分じゃ桜祭り当日は、まだ満開に早いよねぇ」
「それもそうだけど、この週末の天気予報は雨だよ」
「なんだってー!?」
予報画面を見て肩を落としていた。
役員さんしか集まらない桜祭りになるかもよー、お疲れ様でござんす。

さて…、花見の予定もない私は、ご近所の桜を通勤時に眺めて春の風景を楽しませていただくとするか。



励みになります

テーマ : (●´∀`●)
ジャンル : 日記

盛り上がり

県知事選挙でしたな。
高校の先輩=カバちゃん=現職知事
再選でごわす。

実は今回の選挙、公示日に一度、道行く車のスピーカーから垂れ流される連呼を聞いたっきりで、その後全く選挙運動に出会わずそして音も聞かず。
現職と新人の2候補の戦いだったけれど、私が仕事をしている場所では外の音が聞こえにくいってこともあるし、自宅にこもるとこれまた田舎過ぎて、県知事選レベルの選挙カーなんて滅多に回って来ることがないしで、選挙戦の中にいる実感が無かったワタクシ。
県内の有権者はどのくらい盛り上がっていたんですかね?


それでも結果は出るのが選挙。
地元出身の県知事どの、再選おめでとうでござる。
火の国ではカバが知事でクマが営業部長という体制キープでござんすな。



選挙には盛り上がらなかった私だが、別なことで少しだけ盛り上がり中。
実はスマホに買い換えようかと、かなりマジで迷い中。
3/23にAQUOS PHONE SH-06Dが発売になったから。
ガラケーで長いことSHのユーザーである私としては、4.5インチ画面になったコイツが気になる。
「NOTTV(ノッティーヴィー)」はどうでもいい(多分利用しない)機能だが、1.2GHzデュアルコアCPU採用とか、バッテリーの消費を自動で抑える「エコ技」機能、防水・防塵(ぼうじん)性能などは良いんじゃない?って感じ。

発売前にモックを見ていた。
赤があるんだー、青もあるんだー♪って思ってモックを見たら、赤の意味も青の意味も、あんまり持っていないじゃないかコレ。
意味がわからん人はモックか実機を見ておくれ。
手に持った時にカラーを主張できるのは白だけだよ。
赤も青もいい色合いを出しているのに、この点が実に気に食わぬ。

でも販売員が言う。
「実際のところは、皆さんカバーを付けてしまうので、
 色なんてほとんど意味ないんですよ」

そりゃそうだがな。
私もきっとカバーで覆ってしまうけどな。
家電量販店のケータイ売り場、毎日良く売れているのがスマホのカバーと液晶保護シート、その次に充電ケーブルだもん。



今の時代、ガラケーで機種変しようと思ったら、なかなか選択肢が狭くなって来ている。
だから「じゃあ次はスマホになるのかね?」ってことになるので迷う。
しかし本当のことを言えば、現在使っているガラケーSH-01Cは、本体側面の塗装がハゲハゲになって来ている以外、どこも悪くなっていないし(バッテリーの持ちはだいぶ悪くなったが)、まだ使いこなせない機能だって山盛りで、元を取っていないと言えるのかも知れぬ。
単にハゲハゲだから気に入らない。
贅沢といえば贅沢。
だけどこの使用期間でこのハゲ具合ってのは、開発者のミスだと私は言いたいね。

それ(ハゲ)で迷い出したところ、このガラケーでは文字のサイズなどがいささか気になりだしたお年頃なので、スマホの画面の大きさが素敵に見えて来てしまった。



職場の人のスマホ率、すんごく高いんだ。
周囲のスマホ化の波に飲み込まれそうなんだ。



でもスマホにすると何がメリットなのか、そして何がデメリットなのか、そもそも良くわかっちゃいないんだよね。
料金が今よりも割高になるのは確実で、それはありがたくない話ってことは理解。
そんな私だから、
「周囲がスマホにしているから何となく…」
みたいな理由だけだったら、何も変える必要は無いですよと、懇意にしている販売員のエキスパートさんは言うのだよ。
へー、意外だな、売る気が無いのかなって思うくらい、アッサリ言われちゃったのさ。
それもそうなんだけどさぁ、わさもん(熊本弁の流行りモン好き)としてはこのままズルズルとガラケー使い続けたくないって気持ちなのよねぇ。


盛り上がりつつあるけれど、まだはっきりと決めかねている。
踏み出せないでいる一歩。
スマホに乗り換えた皆さん方よ、何故アナタはスマホにしたんですか?
そう問いたい気分。

それなのにもしもゴエモンに先を越されたりしたら、きっと心の中ではちょっと悔しくなる筈の自分(苦笑。


仮にdocomoがiPhone出すと決まったら、その時は絶対に買い換えると思う。
でもそれって、
「出すと思いますよ、但し来年の夏ぐらいじゃね?」
みたいな事を販売員さんが言っているので、それまでこのハゲハゲでは待てないんだよー!な気持ちが一段と迷いに拍車をかけ、盛り上がったり盛り下がったり。



ま、今月中の買い替えはないな。
来月以降のアクションだな。




ハゲハゲとやたら連呼してしまった本日。





ハゲみになります

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

03/23のツイートまとめ

uuban_gya

三寒四温は春到来の証。今日はスタッドレスタイヤを脱いで愛車の衣替えなのだ。オイル漏れの修理もね…(滝汗。
03-23 10:25

メンテ

先日ガソリンスタンドへ給油に行った時のこと。
「本日はウインドウォッシャー液の無料補充サービスデーですが」
と従業員さんが笑顔で寄って来た。
セルフスタンドなのだが、ここはスタッフが多く常駐し、何かとサービスも良く営業も熱心である。
そう言えば最近は補充していなかったよね…。
「じゃあ、お願いします」

こういう時は概して、頼んでもいないのにオイルの汚れ具合もチェックするのがお約束の、ガソリンスタンド従業員さん。
私が給油している間に、愛車のオイルもチェックしている。


「あのぉ、オイル交換は前回いつ頃されました?」
んー、いつだったかな。
(・・;
汚れているんでしょ?
きっとそう言って来ると思っていたんだよねぇ。

「汚れているというか…残量がないみたいなんですけど…」
はぁ?
「あのですね、これ…」
ゲージを見せてくれる。

先っちょに少しばかり、汚れたオイルが付いているだけ。
これにはびっくり。

「長距離とか走られました?」
11月に山口まで行ったり、12月に2回福岡往復したり…だけどなぁ。
そんなに長距離走ってばかりじゃないんだけど。
「オイル警告灯は点いていませんか?」
いや、点いていなかったよー。
点灯するギリギリ手前だったのだろうなぁ。


どこかから漏れてんのかな?
ともかく入っていないってのは困るから、入るだけ入れちゃってー。
多分満タンで3リッターチョイだと思う。


その日は待ち合わせの約束があり、あまり時間をかけていられなかった。
「エンジン周りにオイルが漏れていますねぇ」
と言われて覗き込む。
確かに。
それは私にもわかった。

コンディションが気になるけれど、エレメントを交換するだけの時間はなく、オイルを満たしてもらってスタンドを後にした。



その日一晩、自宅の車庫に置いた愛車。
翌朝仕事に行く時に、車を出して地面を見ると、目立つようなオイル漏れはない模様。
仕事を終えて帰るときも、車を置いていた場所の下を見たけれど、オイルで汚れているような感じではなかった。

いつ漏れるんだろ?



知らぬ間に空になっても困るので、行きつけの修理工場へ行って事情を話し、ボンネットを開けて状態を見てもらった。
エンジンを閉じている部分のゴムパッキングや、連結部分のOリングあたりが怪しそうだとの話になり、部品を取り寄せてもらい、私の休日を利用してメンテ入庫することにした。



という訳で今日がその入庫日。
愛車を夕方まで預け、私は代車で帰宅した。
メンテのついでにスタッドレスタイヤを脱ぐ。
もう桜の蕾だって膨らんでいるんだもの、ほぼ積雪の心配はないだろう。
お気に入りの白いインチアップホイール&エコタイヤに履き替えよう。



修理工場ではメンテ以外の話もちょっとあり、社長と話し込んでいた。
そんな時間が私を油断させていたんだなぁ。




帰る途中で買い物やら所用やらに立ち寄って、のんびりと自宅に着く。
さて家に入ろう…として慌てたねー。
家の鍵を…愛車の助手席に乗せたままで帰ってきてしまっていた!!
社長と話し込んでいたものだから、持ち出すのを忘れちゃった!



さて困ったな。
修理工場まで往復すると30分以上かかる。
出直すのもマヌケだし、車がリフトアップされているところだったら迷惑かけるし…。
ダンナに借りに行くのも癪だしなぁ。



そうだ、ダンナの部屋の小窓の鍵が、タバコを吸う時の換気のために空いているかも!
…と思ったら、しっかり施錠されていた。
冬場はあの小窓を閉めきっているらしい。
そういえばこの冬、ダンナはクソ寒い日でも、部屋のドアを開けたままにして換気していたっけ。



えー。
どうしよう。



家の周囲をグルグル歩いていたら、ヒントをハッケーン!!


誰かに見つかったら、空き巣と間違えられそうな姿だったかもなぁ。








「やっぱりあの部品のところからオイル漏れでした」
先週オイルを満たしたばかりだが、その時点で内部がかなり汚れていたから、エレメント交換とフラッシングオイルの措置も施してもらい、また新しくオイルを入れた愛車。
長く愛して乗っているので、このところメンテが多くなって来たな…。


長いといえばダンナが乗っている車のほうがもっと長い。
あちこちガタピシ来ているのだが、今月末に車検を迎える。
パネルの小さな球切れでも直してもらう私と違い、ダンナはこのガタピシ車を修理にも出さない。
ワイパーゴムの交換だって、私は自分で買って来て交換するけれど、ダンナは私が買い与えないとギーギー鳴り出してもそのまま乗り続けている。
エンジン関係にも怪しい動きがあり、ダンナはそのガタピシに文句言いながら乗り続けているくせに、今年も車検に出すと言う。
それって勿体無くないかね?

「軽に買い換えちゃおうかな」
と件の工場の社長に呟いていたそうな。
先週社長から聞いて初めて知ったその話。

自動車税も割増になっている古い車。
通勤で乗るだけなんだし、そんなデカくて燃費の悪い、そしてガタガタでこの先も維持費が掛かりそうな車に乗り続けなくてもいいんじゃね?
中古の軽でも良いから買い換えちゃいなよ。
私は昨夜ダンナへそう言った。


件の工場の社長のところに手頃な車があると言われていたので、社長と私が策を練った。
社長とその話に夢中になり、私は家の鍵を持ち出し忘れていたのだ。
結局まだ決めかねていたダンナへ向かって、社長から上手いこと押し売りしてもらい、今日の昼間のうちにダンナを納得させちゃった。
「パチンコで稼がなきゃ」
ダンナはそう言っていたそうだ。
勝つ前に負けが込むんだ、そんなことせえんでエエ!!(怒)




ダンナのおんぼろクラウン、遂に引退決定。
「いつかはクラウン」
ダンナはCMコピーそのままの憧れもあり、奮発してこの車を購入したのだが、思えばこの車は多くの部分でハズレだった。
乗り出して間もなくドアの隙間から風切り音が出始めたし、純正ナビは数年でGPSが使い物にならなくなったし、ある日駐車中に突然リアウインドウのガラスが粉々に割れていたし、トランクドアの油圧はダメになって、手で押さえていないと急に頭の上に落ちて来る凶器になったし。
(トヨタ車にはこの手のトランク故障が多いのを、ゴルフ場で数々経験して知ってしまったとの話は、以前このブログでも書いた)
他にもあれこれ取り上げたら実に多数。
入手当時と比べてライフスタイルも変化し、デカイ車にダンナ一人が乗っている意味はほとんどない。
職場に行けば営業車がある彼に車が必要なのは、通勤手段としてのニーズからだけ、そう言っても過言ではない。
前回の車検で軽に買い替えても良かったよなぁ。



来週からはダンナが家にいても、車のサイズがぐっと小さくなるから、庭がかなり広くなるわ~。
我が家の車庫は2台用仕様だが、ダンナはクラウンに乗るようになってから、サイズがいささか合わなくなって、結局車庫に入れず庭に止めるようになってしまった。
ダンナが車を入れなくなった1台分のスペースは、今や物置状態である。
今更ここを整理して、
「軽だったら入れやすいから」
と車庫入れしたいと言い出したりされても、この荷物を別な場所へ出すのに困るんだからー。




励みになります

テーマ : ?( ̄▽ ̄?)(? ̄▽ ̄)?
ジャンル : 日記

03/22のツイートまとめ

uuban_gya

周防大島のJam's gardenをNHKのニュースで取り上げてる~♪
03-22 05:23

03/21のツイートまとめ

uuban_gya

あ、今聞こえた。我が家の裏手でウグイスの鳴き声。今年になって初めて聞いた。一歩ずつ春。
03-21 07:09

「あったっけ?」

「高知では桜が開花しましたね」
テレビ画面の中でアナウンサーがこう語るのを聞きながら、
「でもまだ我が家の桜は蕾なんだなぁ」
私がそう言うと、
「うちに桜の木なんてあったっけ?」
晩酌中のダンナが言った。



ナンダッテー!?




蕾1

我が家の桜は、早咲きの「陽光」である。
早咲き種でもまだ開花前で、このような状態だ。


ゴエモンが空自に入ったその年、私は彼が我が家を巣立った記念樹のつもりで、この陽光の小さな苗を買い求め、庭の一角に植えた。
数年前から他所で見かけたこの木が気に入り、いつかは我が家にも…と思っていた念願も果たされた。
それをなーんにも考えないダンナが、植え付けから半年も経たないうちに、庭の除草作業中に根元からバッサリ切ってしまった。
どんだけ悲しくて悔しくて、怒鳴りたいのを我慢したことか。
やっとのことで言葉を振り絞り、涙しながらダンナに抗議した顛末は、以前このブログにも書いた

実は姫辛夷も同様で、このバカダンナにガッツリ切られて呆然とした。


それに懲りたので、
「あのバカでも見失わないくらい、大きな木を植えてやれ!」
と奮発して、植木市で2代目の陽光と姫辛夷を買って来て植えたのがその次の年(2010年)の2月。
この場所でもう3回目の花を咲かせようとしているのだ。





ダンナよ、アンタねぇ、この木が何処に植えられていると思っているのよ。

蕾2

この木の向こうに見えているのはアンタの寝室!
そして左下には、小屋から出てきて私を見ている愛犬ラブちゃんの頭。
つまりダンナの部屋の目の前であり、ダンナが毎日のようにラブちゃんの散歩で行き来する場所の脇なのだ。
ここには写り込んでいないが、ダンナが毎日車を停める場所は玄関前で、停まった車のすぐ鼻先にこの植え込みがある。



こんなわかりやすい場所にあるのに、
「桜の木なんてあったっけ?」
だとぉ?
これを植えた時に、
「あなたに切られないように、今度は目立つ大きいのにしたわよ、わはは」
と伝えたし、これが咲いた時には、咲いた咲いた桜が咲いたって、そんな話もして来たじゃないか。
隠れている訳でもない、この目立つ存在をコロッと忘れているなんて、私には信じられないことだ。




アンタ、正真正銘の庭音痴!!



もう呆れて呆れて…。
私がどれだけがっくりしたか想像してくだされ。
関心がない人って、こんなもん?
それともこのダンナ、物忘れが激しくなって来ているってこと?
(その傾向は数年前からちょっと感じているけれどー)


どっちにしてもダンナには、庭のどこに何の木が存在しているか、そのようなことは関心事の中に含まれていない様子だということは、普段から何気で感じられていた。
ここまでひどいとは思わなかったけどな…。
このような人だから、除草中にも注意を払わず樹木をバッサリ切ったり、ハサミを持たせりゃ必要以上の選定をして丸裸にしたりと、樹木に対する愛情とか関心とか、そうしたものを持ち合わせない行動をするんだろうなぁ。




花が咲かないとその存在を思い出さない樹木って、そりゃあるわよ。
でも何年も暮らしている自分の家の庭では、そんなことないだろー。
年に二回しか帰省しないゴエモンだって、もっとこの庭のことわかっているわよ。



私とは大きく価値観が違うダンナとのすれ違い。
来月の上京&法事に於ける、
「ツインで二泊」
を私が頑なに拒むのは、ダンナのイビキだけが理由ではなさそうですな、はっはっは…。
(-_-;)




励みになります

テーマ : (`д´)ウオォォォ!!
ジャンル : 日記

03/20のツイートまとめ

uuban_gya

休日の締めは温泉…。我が家から直線で1.5kmの天然温泉、源泉掛け流しの湯、一番手近な所で済ませる。手近でも気持ちいいものは気持ちいい。はぁーこりゃこりゃ。 http://t.co/PXcpvsJM
03-20 20:22

北国のお友達のところでは積雪とか。でも火の国では辛夷が咲き始めています。日本列島は広いです。 http://t.co/jn1pudX0
03-20 12:55

庭をちょっと歩いていたら…春です。 http://t.co/wseTVQii
03-20 12:52

暑さ寒さも彼岸まで

うちの息子ゴエモンさん。
昨日19日は、民間機のコクピット・操縦士席の後ろにあるジャンプシートに便乗し、パイロットのお仕事ぶりを見学する貴重な研修でござんした。
朝の6時41分に、
「同乗飛行、行ってきます
テンション上げ上げ上げなメールがケータイに届いていた。
その2時間ほど前に布団に潜り込んだばかりのオカンは、爆睡していて着信音に全く気づかず(笑。
その1時間ほど後に起床してから気付いた次第。

前の日に彼へメールを送って激励しておこうかと思ったのだが、
「あ!」
と思い出したのが深夜になっていたのでやめた。
オカンが激励しなくても、ゴエモンがとても楽しみにしていた研修なので心配ないさ。

小松と羽田を往復し、帰って来たゴエモンが夜になって電話で報告したことには、
「興奮していたわけじゃないんだけど、
 なんか朝早く目が覚めちゃってさ」
遠足に行く前の小学生と同じなんだよソレ。
そういうのが興奮なんだよ。

制服じゃなくて私服、スーツで研修のゴエモン。
私が2010年の誕生日に贈ったブルー系のネクタイでお出掛け。
スーツは持っているけれど、なかなか着る機会がないものだから、このネクタイは初下ろし。


フライト時間が短い路線なので、
「操縦士は忙しいんだなぁと思ったー」
Pさんはやることが沢山だったそうな。

客席にいたら、横にある窓から空の上の風景を眺めるだけだが、コクピットは前の風景がズドーン。
「あれはいいねー。
 特にスポットに入るときとか、
 あの時が珍しい風景を見させてもらえる気がした」
そう言っていた。
ワカル。
大きな声じゃ言えないが、今ほどやかましくない時代、オカンもフライト中のコクピットに入れて頂けたことがあるから。
感動したなんてもんじゃなかった。
感動しすぎてPさんとマトモな話も出来なかったくらい固くなっていた。
大阪上空から見えた富士山に感激していた。



羽田に着いた後、夜のフライトまでフリーな身の上になったので、
「ばあちゃんのお墓参りに行きました」
とのこと。
お彼岸だしね、良いことをなさいました。
ダンナのほうの実家のお墓は東京の本所にある。
スカイツリーのすぐ近くだ。
東京へ行っても自由時間に特にすることがないってのは、若者としてどうかと思うが(笑)、真っ先に墓参りへ行くというその考えは、やっぱりゴエモンだねぇと思ったわ。



B787

羽田に戻ってデッキで空港内を眺めていたら、B787がスポットに入って来て嬉しかったそうである。
東京へ行っても、撮ってきた写真がこの機体の数ショットだけだとは…。

ちなみにCAさんと電話番号交換とか、そんな浮いた話は全くなかったそうだ。
「GHには若い人がけっこういるけれど、
 CAはベテラン揃いって感じだよ」
そう語っている。
彼女いない歴10ヶ月だぜゴエモン。
バレンタインデーもホワイトデーも、花の22歳のゴエモンには無縁だった。



本日の私はお休みで、デジカメを手に庭へ出る。

ゴエモン基地は気温4度とか、まだまだ寒いと言っていたし、その隣の県に住んでいるお友達は、雪が積もっているとつぶやいていた今日。


沈丁花

我が家では沈丁花が香っている。
早春のかほり~。
でも気のせいか、今年はあまり香りが強くないような…?

姫辛夷1

この沈丁花と同じ年に植えた姫辛夷。
前に植えていたものは、ダンナがザックリと刈払い機で幹を切ってしまって、涙を飲んで悲しんだ姫辛夷。
うっかりだろうと思っても、その時に気づきもしなかったらしいダンナに呆れ(相当の反動があった筈!)、それを悲しむ私へ逆切れしたダンナが許せなかった姫辛夷(まだ言う)。

姫辛夷2

今年は定植後で最も花芽が多いのだよ、嬉しいよ。
でも辛夷が咲くが頃って、霜が降りる日もまだ多い。
霜に当ってしまうと花びらが茶色くなり、切ない姿になる辛夷。
この花が好きだと言っていたO嬢にも、キレイなところを見せたいと思うのだが、彼女のお花見スケジュールが立たないかも…。



椿

亡母の愛でていたあの椿が、数日でワンサカと花を増やした。
実はこの木、数年前の台風で根本から大きく傾いたままである、なのに逞しい。
元庭師の妹tamaちんよ、この木を立て直してやりたいのだが、本職さんを呼ばないと難しい話なのだろうねぇ。


黄水仙

黄水仙やレンギョウそして菜の花など、黄色い花が開花し始めると、温かい雰囲気が広がるものだ。
レンギョウの大きな株が2つある我が家だけれど、今年は花が見られない。
何故ならば昨年末にダンナがなーーーーんにも考えず、枝だけちょっと刈り込めばいいものを、根本からガッツリ全部切り詰めてしまったから。
彼に庭のことを頼んだ私が愚かだった。

「あの枝、邪魔なんだよなぁ」
と言うダンナへ、
「飛び出している枝を短く切っておけば、
 当分は邪魔にならないよ」
私はそう返したのだが、その日本語がダンナに正しく解釈されていなかったのだろう。
私が仕事で留守にしている間に、休日だったダンナが手入れをし終えていた。
それがガッツリだったから、あこちん大ショーック!

また伸びてくるから来年まで待とう、そう諦めようとしても、やっぱりこの根本までガッツリ状態を見る度に、剪定ってものを知らなさすぎるダンナの仕事に呆れるばかり。

同様に昨夏ダンナが着手した紫陽花の植え込みも、根本から何もなくなって、空き地のようになってしまった。
「どうして全然残っていないの!?」
「だってみんな枯れ枝だったぞ」
紫陽花っていうのはなぁ、みんな中身がスカスカで、枯れ枝みたいに見えるものなんだよっ!!
バカヤローーー!!!
因みにこの作業、帰省中のゴエモンも一緒にやっていた。
ゴエモンには気づいて欲しかった。
あれは枯れていたのではないと、父を諌めて欲しかった。

根本からバッサリ失われた紫陽花の植え込み。
あの豊かだった姿に戻る日は、たぶんもう来ないだろう…。



クリスマスローズ

地味だけどクリスマスローズも咲いている。
この株を分けてくださったおばあちゃんは、今どうしているだろう。
仕事で顔を出すと。いつもお茶とお菓子を用意して待っていてくださる、とても笑顔の優しいおばあちゃんだった。
自宅で増えすぎたものを株分けしてくださった。
株を頂いてから7年近く経つ。
数年間は鉢植えで育てていたが、手がかからないけれど花の数が少ないなと思い、地植えにしてから3年くらい経過。
地植えにした後、その場所が合っているのか元気に育って、花の数がかなり増えている。
おばあちゃんは、もう80歳近くになっておられる筈だ。
こんなに元気に増えているんですよと、教えてあげたいんだけれどなぁ。
もうあちらに伺う機会がないのよねぇ。




tamaちんから、何年も前にもらった雪柳。

雪柳1

この雪柳は真っ白じゃなくてピンク雪柳で、結構みんなから珍しがられる。
株分けしたものがひとつ育ったので、O嬢の庭にいかが?と声を掛けるのだが、何故か彼女は丁寧に辞退し続ける。
雪柳はあんまりお好みじゃないらしい。
なかなか手に入らないのにー、もうバカー。


雪柳2

白い雪柳はピンクよりも咲き進みが遅い。
これはこれで、満開になるとなかなかいい感じになってくれるんだけどねー。



野草も伸び盛りになって来た今日この頃。
「暑さ寒さも彼岸まで」とは、昔の人は美味いことを言ったものである。

野すみれ

雑草と呼ぶには気の毒なノスミレ。
霜が降りても遅い雪が降っても、この方々は強い。
だがまだ春浅い時期は、あんまり背丈を延ばさず、地面ギリギリの所で咲いている。
デジカメを地面に置くようにして撮影。


そしてこのお方。

ナズナ

ナズナ=ペンペン草である。
花だけアップで見ると、なかなか控えめでカワイイもんだ。
何よりも私は、そのハート型の種ケース=果実が面白い形だなぁと思っている。
軍配型と表記される場合もある。
ペンペン草の「ぺんぺん」は三味線を弾く擬音語で、花の下に付いている果実の形が、三味線の撥(ばち)によく似ているからだと言うが、三味線を目にする機会がない平成っ子たちには伝わりにくそうだし、昭和生まれの私にも三味線のバチは身近ではなかった。
やっぱり私にとっては、これってハート型だと思いたいんだなぁ。



庭をちょっとウロウロするだけで、ネタは沢山拾えるのだ。
こうしてのんびり休日を過ごすのもいいじゃないか。
野草バンザイ、庭木バンザイ。

こうして記事を書いている途中で、勤務先から電話がかかり、
「お休みのところすみません。
 昨日の伝票のことでお聞きしたいのですが…」
と水入りだったのは慌てたけどね、ギャフン。



先輩、その後あの伝票の件はどうなったのでしょうか…。
ドキドキ…。



励みになります


テーマ : (●´∀`●)
ジャンル : 日記

03/19のツイートまとめ

uuban_gya

あああ・・・一睡もせず、必要性を感じていっぱい文書を書いていたら、こんな時間に。…と書いているさなかに朝刊届く。寝る。3時間だけど寝る。
03-19 04:33

おかえし

3月14日、お仕事が休みだったワタクシ。
そして15日に出勤し、お昼休みにふと気がついた。
何故か出窓にお菓子がてんこ盛り。

なんじゃこりゃ?

WD1

不思議に思っていると、間もなくその謎が解けた。

「冷蔵庫に女子限定のプリンとシュークリームが入っていますよ。
 窓のところのお菓子も含めて、
 男子の皆さんから、バレンタインのお返しでホワイトデーのプレゼントです」
と教えられた。

WD2

プリン!

WD3

シュークリーーーーーーム!!
しかもこれ、コンビニのシューじゃなくて、地元洋菓子店の人気シュー!

ありがたく頂戴する。




少し残念なことに、昨日のうちに出窓のところのお菓子は、結構食べられていた模様。
減っとるやないけー。
気がつくと男子も食べとるやないけー。



先輩が言っていた。
「せんべいってのがねぇ、ちょっとガックリ来たけどー」
うんうん、ホワイトデーにせんべいは、あんまり聞かない話ですな。
それは苦笑ものですな。

んで、一番左の青い袋は、昨日ハワイへの新婚旅行から戻った、ミセスMのお土産なんだって。

何でもかんでもゴチになります!




そんでもって15日に出勤して間もなく、
「私、今日で上がります」
と研修生さんが急に声を掛けてきた。
ナンダッテー?
あの強がりの、開き直るその態度が気に入られていないのよー…な彼女。

いろいろな事情が重なって、本来の予定よりも早くうちの職場から引き上げ、本当ならば完全にウチで研修を終えてから異動して行く予定だった部署へ行くらしい。
いや、果たして本当にあちらで仕事をするのかどうかも、ウチの内部情報では曖昧な話だった。

「仕事を覚える気があるのか?って態度だったからねぇ」
周囲もなんだか諦め顔で、上の人々も対応に困って放置状態に近かった。
「だからもうウチでは関わらず、
 あっち(新部署)へお任せしちゃいましょって事らしいですよ」

ふーん、そうなのか。
前向きに取組む姿が見えていれば、このように思われることなく円満に送り出されただろうに。
実際この人の取り組み方は、私から見てもどこまでやる気があるのか不明だった。


プリンとシュークリームの件では、先輩が彼女にもこれを勧めたのだけれど、
「私は先月のそのお金を出していないから、食べられません!」
と頑なに拒み、ついに受け取らなかったと言う。

なしてそこまで突っ張るか?
世の中にはいろいろな人がいるものよのぅ・・・。


んで、ちょうどこの人と入れ替わりで、また我が職場に研修生参入。
「あの人がどうしてもイラナイって言うから、あなたが食べていいですよ」
そう言われて新人さんはお裾分けに預かった。


「あの方ですが…」
その新人さんが言う。
「私はこの仕事、向いていないと思うっておっしゃっていましたよ」
そう言って去って行ったのか。
彼女がここへ来て二日目に、私へ言ったのさ。
「私は絶対に事務職の方が向いていると思うんです」

自分の意思でここへ応募して来たのだろうに、決まってしまって出てき始めてから、どうしてそんなことを言うのかなぁ。
最初から後ろ向きなのではダメじゃーん。

そう思ったので私は返した。

「ま、今までそういう仕事をしていて、
 どっちかと言えばそれにとても慣れているから、
 比較したらそういう気持ちになるのだろうけれど、
 そこはご自身でここへ来た訳だから、
 そう言わずに頑張ってくださいね」


あの日から約6週間。
うーん、でも頑張れなかったのかなぁ。
そして最後になってもやはり、入れ替わりの新人さんへそんなことまで告げて行くか。


最後までアンタッチャブルでデンジャラスな彼女だった。
入れ替わりの新人さん、アナタこそは希望の星になってネ!
女子の部の関しては2名続けてダメダメな人が続いちゃったので、3度目の正直とばかりに期待する。
いやいや、過度な期待を寄せては気の毒だ。
健気なこの人のことを、温かく慈愛の目で見守って行こう。

始めの一歩から本日で5日経過の新人さんは、まだオロオロとしている様子が伝わってくるが、明るくハキハキとしようと努めているのは伝わる。
でも昨日今日の目の回る忙しさの中で、時々笑顔が途絶えて硬い表情になってしまっていたので、
「あの…、怖い顔になっているよ」Σ(´∀`;)
と今日の午後、この人の肩を叩いた。

(;・∀・)ハッ?
我に返っておられました。


あるよねー、こういうことって。
わかるわ・・・。


無理するなよー。
誰だって最初は新人なんだから、出来ないことやわからない事だらけなんだから。





んでワタクシだが、4月からウチの中の別な部署への内部異動決定。
同じ社屋の中だが、別な仕事に就く。
上の人から遂にそのことを告げられ、人事異動関係の書類を書いて来た。

別な部署へ行くということは、私もまた一新人。
新たな仕事を一から覚えなくてはならん、この年で。
たはは・・・・・・・・・・・。


そんなドタバタしているお仕事。
帰宅するとまたあれこれでどっと疲労。
そして寝不足。

ブログ更新も後回しでゴメン。






さて、吉備の国ではヤモリ氏のホワイトデーや如何に。




励みになります

テーマ : (●´∀`●)
ジャンル : 日記

03/14のツイートまとめ

uuban_gya

河童 が好きだモン  RT @kappa_marubun: 【国民投票希望】かっぱは「かっぱ」なのか、「カッパ」なのか?ご意見求ム
03-14 16:14

春だったね

野猿に出会っていたゴエモンから、
「ブログ更新していないんだね」
と言われてしまったのだ。
それも3月アタマに。

ごめんよぉ。
オカンは3/1から、寝ている時間も削るほど忙しい事情を抱えているのだよ(泣。


ゴエモンからゲレンデの様子の写メを貰っていた。

志賀1

白銀が招いたよ。

志賀3

オカンも行きたいよ、こんなに爽快なゲレンデへ。

志賀2

そりゃぁこんな所へ行けたなら、誰だって笑顔になるわよね。
ああ、でも「誰だって」ではないかも知れない。
「スキーは楽しいよ、教えてあげるからスキーに行こうよ」
と熱く誘い続けた私へ、
「寒い時にもっと寒い所へ行こうとするなんて、
 そんな人達の気が知れない!」
って言い、固く拒んだ寒がりのあの人ならば、このような白銀の山頂に連れて行ったら、悲愴曲がBGMになるだろう。
冬場の雪国の平地よりも、この山頂はもっと気温が低いのだから。
彼女がこのようなゲレンデに立つことなど、もう一生涯有り得ない。

だけどアンタ、真冬のソウルに一昨年、そして去年はさっぽろ雪まつりへ、私たちは一緒に行ったじゃないか。
人はそれを「ほこたて=矛盾」と言うのだぞ。



そして志賀のゲレンデからほんの数日後、ゴエモンはびゅーんと飛んで、

時計台

北海道にいた。
新千歳で2泊の研修。

新千歳といえば、政府専用機のベース。
政府専用機がいるから、千歳基地を赴任先第一希望にしたって話もあるくらい、ゴエモンには憧れの基地だった。
だからいつかはここへ行きたかったのだろうと思う。
それがこんなにも早く、それも研修という名の仕事で、自費じゃないのに北海道へ行けちゃったのだからメデタイやっちゃ。
勿論あの機体をじっくり拝めたそうである。
ゴエモンは大層感激していた。
オカンは大層ウラヤマスだった。

よかったのぉ。
自分の夢を信じて、真面目に突き進んでいてよかったのぉ。


札幌出身の先輩も一緒だったそうで、

大通公園

夜のススキノや美味いラーメン屋にも行けたんだって。
旅先案内人の先輩に感謝。
いつかプライベートでも旅行できるといいねー。





札幌時計台の前にも大通公園にも、雪が積み上げられているけれど、ゴエモンのふるさとにはもう春が来ている。

ブログネタにしようと思って、庭の梅の蕾を撮影したのが2月21日。

梅花1

今年は冷え込みが強く長く、例年よりも開花がだいぶ遅れていた。
まだスカスカの枝ばかりの樹木の向こうに、ラブちゃんの姿が見える状態だ。
やっとこの時に蕾が割れそうな気配を見せ始め、花びらが少しだけ顔を覗かせていた。

その後の私はバタバタし始め、熊本城へ出掛けたあとは遊びに出ることもせず、3月に入ると連日深夜まで無茶なことをし続け、庭の撮影に出るなどの余裕を失ってしまっていた。


これじゃイカン。
心に余裕のない生活を送っているようじゃイカン。

そう気づいて庭に出たのが9日の夕方。

梅花2

同じ木の前に立っている。
梅は3月に入って、一気に咲き出した。
あっちでもこっちでも、街中に梅の木が目立つ今日この頃。

亡き母が好きだった椿もデカイ花を咲かせている。

椿1

春だぜ。
梅が咲いたらもう春なんだぜ。
でもまだ昨日の朝は氷が張った。
三寒四温で桜の花びらの時期へと近づくんだな。



ゴエモンよ、今年は春からあちこちへ行けていいなぁ。
来週は羽田路線に便乗研修だよねぇ。
オカンは今年、しばらく旅行の予定すらないよ。
去年までのこの時期2月3月4月は、社員旅行にプライベートと、オカンは旅行続きの身分だった。
だけど今の職場には、社員旅行もないんだよ。



あっ、そういえば!!

4月の下旬に上京だった。
義母の一周忌である。
ヒコーキもホテルも予約した。

「2泊で行く?」
とダンナ。
「えー、1泊でも行けるんじゃね?」
と私。
3連休での休暇は、もらいにくそうなんだもん。

でも折角だからゆっくり行きたい気持ちもある。
時間があれば会いたい人もあちらには沢山いる。

「2泊でもいいかなぁ」
と呟くワタクシ。
「ホテル適当に探してみて。
 1泊いくらぐらいになるかな」
とダンナ。
「ご予算は?」
「ツインの方が安いだろ?
 2泊だったらツインで、1泊だったらシングルでもいいよ」
えーっ!?
「じゃ、じゃあ1泊でいいっ!!」

ひどい妻ですワタクシは(爆。
家庭内別居=寝室が別の生活が楽チンで(ダンナのイビキがひどい)、今更ツインだなんてとんでもなーい。


1泊で法事。
帰る日が私の誕生日・・・。
誕生日当日のチェックインだと、1泊で2,000円っていうお得なプランがあったのに一日違い。

なんだかなー。




ってことでブログをサボってばかりであるけれど、私は元気にしております。





励みになります

テーマ : ?( ̄▽ ̄?)(? ̄▽ ̄)?
ジャンル : 日記

03/09のツイートまとめ

uuban_gya

数えてみたら多いわぁ^^;【7回以上】|ついネタ:3月は引っ越しのシーズンですが、いままでに何回引っ越しをしたことがありますか? http://t.co/CVER1MZb @tsuineta
03-09 01:49

どーん!ガタガタ・・・と地震、びっくりしたぁ。震度2だって。震源地は自宅から直線で7kmくらいだ。
03-09 01:37

02/29のツイートまとめ

uuban_gya

今宵もタンクマさんブラボー!…って本日クーポン券の最終日。まいど!な、湯亭上弦の月なう。 http://t.co/rra4cCT1
02-29 21:48

CALENDER
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR