新しい二つの命

阿蘇ミルク牧場で、偶然に立ち会うことになった山羊の出産、その続きのお話。


スタッフさんが陣痛の声に気づき、その事を知った私たちが山羊に注目し始めると、母山羊はちょうど破水が始まったのか、水が詰まった風船状のものをぶら下げて、落ち着かない様子を見せていた。

お産1

やがてその袋は徐々に下がって行き、そして破れた。
何度も息んで小屋の中をウロウロしていた母山羊は、小屋の一番奥の隅に行き、体を横たえた。

お産2

気づいてからここまでが約20分。
いよいよ生まれるー!

お産3

見つめていると、薄茶色の子供が出て来始めた。

お産4

O嬢撮影

この子がすっかり出てしまうまでに、およそ2分ほどかかった。
O嬢のカメラのほうがズーム倍率が高く、解像度も少し高いため、暗い小屋の奥でも明るく写っている。
(レンズの明るさも違うかも)

お産5

O嬢撮影

続いて白い子が出て来始めて、この子も約2分で完全に姿を現した。

お産6

双子の誕生おめでとう~!



お産7

産み終えるとすぐに母山羊は立ち上がり、こどもの体をきれいにすべく舐め続ける。

お産8

O嬢撮影

仔山羊は30分ほどすると立ち上がるそうだ。
私達が見ている間には立ち上がらなかったが、この世に生まれでてから10分弱くらいで、仔山羊は可愛く鳴いて産声を上げ始めていた。

感動しましたな。
命が生まれ出て来る瞬間というのは、やはり良いもんですな!



上の画像でわかるように、子供を舐めてやる母山羊の腹の下に顔を突っ込み、どさくさに紛れて乳を吸うおバカさんも…。
この山羊、母山羊が陣痛のさなかにいてウロウロしている間にも、乳を狙って顔を突っ込んでいたのである。
なんか不思議ワールドだわ。



それにしても阿蘇ミルク牧場では、何となく一年中仔山羊が生まれているような気がする(笑。
だっていつ行っても幼い山羊がいるんだもん。
今回は生後1週間がいたし、まだお腹がパンパンの妊婦さん山羊も複数いた。
ゴエモンと行った7月半ばにも、生まれてから数週間の仔山羊がいた。

昨日見た中で一番お腹の大きな山羊は、横に大きくお腹が張り出しており、
「3匹入っていることは確実。
 腹に触れると3ヶ所で動きが確かめられているから。
 もしかすると4匹かも」
とっスタッフさんに言われていたので、今後も出産ラッシュだなー。


しかしこんな昼間に出産って…私には意外だった。
お産って未明とかに行われるイメージがあったんだもの。

ここに行くと、運が良ければ山羊のお産が見られるかもよー。





ところで10月1日から、こちらでは「AMB 秋の動物総選挙」が行われるそうな!
春の開催に続いて、第2回目の総選挙である。

総選挙

うちのコンパスくんもエントリーされているので、是非32番に1票投じてくだされ!!
「人なつっこくて、おとなしい羊です。カメラが大好き☆」
と紹介されているわー。
方向音痴は治ったのかな?


・・・ってことで、来月また行かなきゃじゃん、投票しに(爆。




帰りには温泉に立ち寄る。

温泉1

久々にここへ出掛けたのだけど、今回は浴室の中にいても金気の匂いが結構感じられた。
元々ここのお湯は口に含むと仄かに金気が感じられるお湯だが、匂いにまでこんなに感じられたっけ?

チョイとお湯が熱うござんした。

温泉2

水を足そうにもシャワーから入れるしか無く、そのシャワーも細々としか出てくれず…。
そのためとにかく暑かった!
汗がたくさん出てござった。

地元情報誌「タンクマ」さん今月号掲載のトルカのお陰で、10分延長サービス。


エアコン無料なのはありがたく、脱衣所は思い切り涼しくしておけたのだけど、まあ何と言うか、せっかくの時間延長も、この暑さでは些か辛いものとなってしまいましてな…。
湯音調節とシャワーの出の件は、出来れば早めに何とかしてください、亜細亜旅情温泉 月ノホタルさん。
ぬるトロ感のあるお湯はとても好きなのですからー。




励みになります


テーマ : ♬*:♬♪゚・:,。♬
ジャンル : 日記

09/29のツイートまとめ

uuban_gya

今から温泉~貸し切り湯に入ります♪ http://t.co/beEC4crZ
09-29 18:08

阿蘇ミルク牧場なう☆ちょうど山羊の出産が目の前で!双子誕生しました、おめでとう! http://t.co/zDKxqPK0
09-29 16:45

西原村のコスモス畑なう☆秋だねー。 http://t.co/St3wcYpr
09-29 14:41

ぶらり南阿蘇

西原村の「萌の里」でござんす。
コスモスが見頃になってきていると聞いて、ランチを兼ねて出て来たのでござる。

コスモス1

このあたりでは名の知れたお花畑。
春にはポピー、秋にはコスモスの花畑でまったり出来る。


コスモス2

コスモスもいいわよねー。
秋だなーって感じがする花だわねー。

コスモス3

時間があれば、毎年どこかへ見に行きたい花ですなー。

萌の里のランチバイキング/1,000円、味柄が程々の濃さで美味しゅうございました。





そして次に行ったのは、

コンパスくん

「こんにちはー。
 耳のタグ151番、コンパスですー」
阿蘇ミルク牧場でござんす。
名付け親のワタクシとご対面のコンパスくん。

羊1

一番右がコンパスくん。
羊さんたちは抜け毛のシーズンで、ちょっとブザマなお姿なり(苦笑。




今年はこちらの牧場で、コブタが春から通算して20匹も生まれているとのこと。
3週間前にも生まれており、そのコブタちゃんにも会いたくてやって来た。

よしえ

1歳半になった「よしえ」、育ちすぎ(爆。

チーズ

その半年後に生まれたチーズ、ダイエットのため本日も放牧禁止(爆。

仔山羊

O嬢撮影

生後1週間の仔山羊ちゃん。
めっちゃ可愛かった!
お腹の下にまだ「へその緒」が付いているの、わかるかなー?

へその緒

ほら、これ!

抱かれてもおとなしくて、とってもとってもカワユス!




コブタ1

じゃーん!
生後3週間のコブタちゃん登場!!
O嬢の膝の上~。

コブタ2

「こうしてお腹を撫でてやると、おとなしくなるんですよー」
とスタッフのお兄さん。

コブタ3

O嬢撮影

抱かれるとすぐにオネムの表情になるコブタちゃん。
カワイイカワイイ!!

会いに行くなら今ですなー。
すぐに大きくなっちゃうからねぇ。




このコブタちゃんがウサギさんと仲良しで、

コブタ4

O嬢撮影

自分から背中に乗って行くのである。

コブタ5

O嬢撮影

暴れすぎない限りウサギさん(実はこのウサギがかなりデカイ)は怒らずにいてくれて、

コブタ6

こんな珍しいお昼寝ショットも撮れるのだよ。


こんなふうにオチビさんたちとまったりしていたら、ヤギの小屋の中で聞きなれない鳴き声が先程から聞こえる。
「あ…、お産だ」
とスタッフさん。
えっ!マジですか!?


お産1

マジだった。
陣痛を迎え、苦しんでいる声だったのである。

「閉園前には生まれるだろー」
「30分位かな?」
と言っているスタッフさん。
その様子、見なくっちゃ!


O嬢は子供の頃実家で山羊を買っていたので、お産は見たことがあると言う。
でも私は犬の子が生まれるのさえ、その瞬間は見たことがなかった。



鳴き声に気づいてから約20分後、いよいよお産が始まった!!

お産2

だがこの続きはまた明日・・・。





励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

ほのか

昨晩のこと。
ちょいと用事があって、夕食時に庭へ出たワタクシ。
ま、何てことはない、車庫に置いている冷凍庫へ冷食を取りに行ったのである。
生協の配達用そして釣って来た魚の保存用と、O嬢と共同で使っている冷凍庫(共同出資で購入)なので、何時でも彼女も出し入れしやすいようにと、母屋ではなく、半分物置みたいな車庫に置いている。

便利よねー、専用冷凍庫。
冷食半額の時にまとめ買いして来ても、結構な量がストックできるから重宝するんだわー。


庭へ出ると、真上にはWの形をしたカシオペアが光っていた。
今夜はいい星空だなぁと思うと同時に、
「あ!」
と気づいたのが、金木犀のかほり。
間違いない、我が家の庭の金木犀だ。

まだ先かな~?って思っていたのに、風のない夜の庭に燻って棚引く煙のように、庭の中にほのかな香りが留まって、強烈でははないがそれはハッキリと存在を主張し芳香を放っていた。



昨日の昼間、庭の草むしりなどをしていた時に、
「そう言えば金木犀は、まだまだ先なのかな?
 蕾はどんな状況だろう?」
と思ってその樹木を覗き込んでみた。
枝にまとわりつくような白っぽい蕾の集団が、既に沢山顔を覗かせており、今年も多くの花が咲くであろうことは容易に想像できたけれど、蕾はまだまだ硬そうに見え、くすんだオレンジ色のあの花が咲き始めるまでには、ちょうど月を跨ぎそうなくらい日数がありそうに見えた。


闇の中って、周囲が見えないせいだからなのか、何かの香りが殊の外強く感じられることがある。
我が家の片隅にある甘夏の木に、白い花が咲く初夏の闇もそうだ。
日中は何故か気にならなかったのに、夜の庭に偶然出ていて、
「あ!甘夏の花の香がする!咲いているんだ!」
と気づくのだ。

その都度私は思う。
夜って不思議だなぁと。
樹木の活動が日中と異なるのか、或いは闇の中にいる自分の嗅覚が敏感になるのか、とにかく夜は不思議なのだ。



昨晩はその芳香の中でカメラを構えるのは無理があると思ったので、今朝の庭で金木犀にレンズを向けた。

金木犀1

我が家の金木犀は大きい。
手前にある彼岸花と比較するとそれが伝わるかな?
剪定しなきゃねぇ・・・。


金木犀2

蕾がびっちり~。

金木犀3

花が開いたらオレンジ色の塊になるんだけどー、とりあえずまだ蕾の外側を覆っていた茶色の薄い皮が剥がれただけー。

金木犀4

・・・・・と思って撮影していた。
撮影しているときは香りムンムンの中にいて、昨夜よりも強くなっているなぁなんて思っていた。

しかしこの画像をパソコンで開いていたら気づいた。
「真ん中に写っているのは、2輪ほど開いている花じゃないのかい?」

これだけ樹木が大きければ、蕾だらけに見えていても、どこかでもう咲いていてもおかしくないよねぇ。


そしてこの記事を書いている今夜は、家の中まで金木犀のかほりが流れ込んでいる。
同じように窓を開けているのに、昨夜は家の中では感じられなかった。
30度近くまで気温が上がった本日なので、開花が進んだものと思われる。


彼岸花から金木犀への移行が、こんなにも早かったっけ???と、今までのことが思い出せない。
もっと間隔が開いていたように思うんだけど、こんな感じだったかなぁ?



きっと皆さんの周囲でも、このかほりが漂い始める頃だろう。
秋ですな、秋ですよ。





励みになります

テーマ : ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~
ジャンル : 日記

09/27のツイートまとめ

uuban_gya

星空の下、我家の庭に金木犀ほのかに香る。
09-27 23:44

時代遅れ・・・

あたしゃdocomoのユーザーなんだけど、気になる記事を見つけてしまった。
【ドコモ、従来型携帯の上位機種を廃止へ スマホに切り替え】

・年内に機種数の半分をスマホにし、来年以降もさらに拡充する。
・ドコモが廃止するのは、「プライム」と「プロ」のカテゴリー。

PRIMEシリーズを3台にわたって使って来たんだけどなぁ。
いきなりバッサリですかい。


スマホに乗り換えなきゃ!って気持ちになっていないのよ。
従来機種でいいや~と思っているのよ。


でもスマホにしていなかった理由は、ゴルフ場で仕事をしていたことも関係している。
あの時は野外で無線機の代わりに自分のケータイを持ち歩く日々を送っており、スマホはそのライフスタイルにそぐわなかった。
今はと言えば仕事中に携帯を全く所持しない生活。
うーん、別にスマホになっても支障ないんだけど、でも通信費の問題とか、アプリのこととか、まだまだ自分の中で解決していないんだけどなぁ。



いっそのことiPhoneに乗り換えちゃうか!?
いやいや、家族間割引のこともあるから、自分だけ他社にするわけにも行かないし、まだdocomoでいいんだけどさぁ…。


なんでそんなにスマホスマホって突っ走るのかねぇ。
あたしゃ時代の波に乗り切れないで困っておりますわ、たはは。




励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

秋の庭

猛暑を過ぎたら、やらねばならぬと思っていたことがある。
それはガーデニングの休日。
・・・と書くと響きがいいけれど、要するに庭の草むしりや剪定など諸々。

庭1

植え込みの中が雑草だらけでエライコッチャ。
庭の大まかな草刈りはダンナがやってくれているけれど、何故かこの植え込みの中だけは手を出してくれない。
つまり私がバラを植えている場所を、ダンナは極力避けている。
うっかり何かしでかして、また家庭内の空気がワルーになることを招かないために…だろう。

この植え込みの広さの5倍くらい、バラを植え込んでいるエリアがあるので、今日の休みだけでこいつを除草してしまうぞ!



と意気込んで庭に出るが、狭いところへ腕を突っ込まないと抜けない草が多い。
しかもバラの植え込みの中だから、バラの枝が邪魔をする。
長袖シャツ&帽子は必須アイテムだが、それにトゲがひっかかってイテテテテ~!
手袋の隙間からもトゲが刺さり、何度も何度も痛い目に遭う。

その都度私は作業を中断し、
「あー、もう嫌になっちゃうなぁ!」
と宿題に飽きた子供のように、庭の中でボーッとしている。

庭2

睡蓮鉢にカエルさん見つけたー。
ツチガエルだな。
ダンナがワンコの散歩で外へ出ると、この場所によくカエルが居るのだと言っている。
「今日は4匹もいたぞ」
等と興奮気味に教えることもある。
本日ここには2匹いた。
何を食べているんだろうなぁ。
何を狙ってここにいるんだろうなぁ。


庭6

彼岸花の季節だ。
ここは5年前の9/25に他界した愛猫「ひめ」が眠る場所に植えた彼岸花。
元母でもある師匠ゆかさ~ん、昨日が命日でしたね。
今年も彼岸花が彼のことを思い出させます。
一緒に植えた白い彼岸花が、何年か前から咲かなくなったとですタイ、不思議ですなぁ。


でも白い彼岸花は別な場所で沢山咲いている。
先日O嬢が切花として何本か切って行ったけれど、まだまだいっぱいある。

庭3

球根を欲しい人がいたら、お分けしても良いですぞ。




何度も何度も休憩ー。

庭5

この花の名前、何だっけなぁ?
ブルーサルビアの仲間だと思うんだけど、名前は別なもの、何とかセージだったような気がするの…。
3年目の宿根草。
切り詰めるとまた新芽がすぐ出てくれて、長く楽しめるいい花だ。



トゲだらけのオールドローズは、ローズヒップを付けてくれている。

庭4

みんな色づいたら綺麗だろーなー。
地植えにして2年目、かなり枝を伸ばした。
だからローズヒップの数もかなり増えている。
これらの枝を支柱に留めるのも今日の仕事。
気をつけていたけれど、何度も手にトゲが刺さってしまった。




庭7

ふいー!
やっと除草作業終わったー!!
最初の画像と比較してくだせぇ。
モッコウバラの枝も整えた。
雑草に埋もれて、あじさいが1株消滅(枯死)していたのが悲しかったが、これはかなり弱ってきていた株だったので、さもありなんと諦めがつく。

ここ以外の場所も、このくらいスッキリさせたぞい!


頑張りすぎてメチャ疲れた。
でもスッキリした庭を眺めるのはいい気持ち。
大変な思いをしたくせに、次の休みにも庭のことをしようかな・・・なんてつい考えてしまうんだから馬鹿だなー。



励みになります

テーマ : ( -_-)旦~ フゥ
ジャンル : 日記

気になった一冊

ゴエモンが航空観閲式に参加し、11月にはダンナが仕事で航空祭に行くことになった。
私だけが蚊帳の外ー。


観閲式や航空祭のことを調べているうちに、1982年(昭和57年)の浜松基地航空祭におけるブルーインパルスの事故のことに行き当たり、
「あ…そういえばそのような事故もあったんだよなぁ…」
と思い出す。

航空祭での展示飛行の最中に、約7万人が目撃したと言われる悲劇。

その事故のことをチェックしていたら、読んでみようかなと思える書籍が現れたので、早速Amazonから入手した。

BI書籍

かなり分厚い本なので、完読には時間を要するものと思われ。
まだ読み始めたばかりだけど、すごく良く取材しているなぁという内容だ。
華やかな曲芸飛行のDVDなどを見ているだけじゃわからない、ブルーの光と影が綴られている。


気になったアナタはこちらから詳細をどうぞ。






明日の休みは久々の「お出掛けしない休日」になりそうなので、読書の時間でも作るかなー。
でもやることが沢山あるのよねぇ・・・。


励みになります。

テーマ : ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~
ジャンル : 日記

寝子=猫

今日も今日とて、猫チームは肌寒さに丸くなる。
男子チームがフカフカの場所を占有しているので、それを横で睨むフクおばちゃん。

猫1

「私もそこへ行きたい・・・」

猫2

「ちょいと邪魔するわよ」

猫3

「よっこいしょっと・・・」

猫4

「年寄りを大事にしてよね」
そんな気持ちが通じているのか、或いはめんどくさいのか、温和な性格なのが幸いなのか、寅蔵は怒りもせずフクちゃんを受け入れた。
こんな無理な体勢なのに、2匹とも辛抱強いのねー。


・・・・・と思っていたら、

猫5

15分後にはもうフクちゃんがいなかった。
寅蔵は開放感からか、手足をズーンと伸ばしている。

チラとこの様子を見ていたら、肉球が目の前にある訳で。

猫6

ほー。
五本指広げているー。
寛いでいるときは広がるのかい?


ああ、肉球~。
ぷにゅぷにゅの肉球~。
猫の肉球って、どうしてこんなに心地良い感触なんだろー。
肉球に触るに好きだわー。
撮影しているだけじゃ我慢出来ず、ぷにゅぷにゅしたら寅蔵が起きちゃった(当然だ。



添い寝を諦めたフクちゃんはどこに行ったのかと言うと、

猫7

私の胸の上である。
うぐぐぐ、苦しい・・・。



フクちゃん、どうして私の胸の上が好きなんだろ。
13年間、フクちゃんはこうして私を布団代わりにし続けている。
他の人のところには行こうとしない。

最近時々、銀之丞が私の胸の上に来るようになっているが、それを見るとすぐにフクちゃんがズイ!と割り込む。
「そこは私の定位置なのよ」
とでも主張するかのように、静かだが意地のある態度で割り込む。
結局銀が諦めて去って行くのだが・・・。


婆様だから、何でも大目に見られているフクちゃん。
年齢のせいで一番動かず、性格的にも一番おとなしい猫だけど、実は一番地位が確立されていたりするのか?




励みになります

テーマ : ( -_-)旦~ フゥ
ジャンル : 日記

ふぇっくしょん!

台風が過ぎると一気に秋めくとの話だったが、今朝の我が家はマジで冷え込んだ。
夜明けどきの外気温が11度。
日中との気温差が15度を超える。

帰宅直後から換気のために窓が少し開いており、半袖のTシャツ一枚じゃさすがに寒くてガクブル。
慌てて長袖のトレーナーを出して重ね着した。
しかしめんどくさくて下はハーフパンツだけ。
夜中に寒くて目が覚める。
それでもめんどくさくてそのまま寝直す。
目が覚めたらナニゲで鼻水がチラリ。

昨晩ゴエモンへ、
「風邪をひかないように気を付けようね」
と伝えたばかりなのに、自分がこんなじゃイカンいかん!




ダンナは早朝の出勤だった。
彼が仕事に出た後で、自分一人になってからコソっとエアコンを入れて暖房した。
そのくらい明け方は寒かった。




季節の変化に敏感なのは、私の鼻の穴だけじゃなく我家の猫たち。

冷えますな

ついこの間まで涼しいところを求めて寝ていたのに、冷え込んできたら急に猫ベッドやクッションの上がお気に入りで、しかも体を寄せ合って寝ている。

冷えますよ

人気スポットは狭いエリアなので、当然場所取り争いも勃発。
図々しい態度を取る奴は、いつも特定されている。

画像には上手く映らなかったが、図々しい奴のお腹の下にフクちゃんあり。
迷惑だろー。

いよいよこの季節になって来たなぁ。
夜が更けたら、寝床の邪魔をされたフクちゃんが、がこの図々しい奴相手に、
「シャーッ!」
と腹を立ててマジ切れしていた。

猫ベッドは二つあるのに。
それに加えてクッションもあるのに。
3匹それぞれどれかを寝床に出来る環境なのに、どうしてもくっついて寝たくなるらしい。
くっつきたいくせに、平穏な状況の邪魔をされるのは腹が立つらしい。

要するに猫はわがまま。




リビングの照明が「電球色」になったので、ケータイカメラで撮影するとこんな色になっちゃうよ。




仕事中に、自分の声がガサついていることに気づく。
喉の奥が少し痛い。
用心のため、昼に風邪薬を飲んでおいた。
ちゃんと効いたからさすが。

職場では午後からエアコンが切られており、風が通らない職場なのでム~ンとして来ていた。
異動する人、ケチな人。



私も今夜からは冷えすぎないようにと、心を入れ替えて気をつけますんで、皆の衆もどうぞお気をつけ下され。





昼間、仕事とをしながら、書類に日付を書き込んでいて思い出した。
結婚記念日だった。
でも帰宅する頃にはすっかり忘れた。
つまり我が家では何もしなかった。
あはは・・・。

もー、どうでもいい日ですわ。





励みになります

テーマ : ( -_-)旦~ フゥ
ジャンル : 日記

09/22のツイートまとめ

uuban_gya

水俣、久木野・寒川地区の棚田。
09-22 15:21

水俣と言えば有名な、美貴もなか「柳屋本舗」。目立たぬ場所なのに、ひっきりなしに来客でスゲー!
09-22 14:53

湯の児の福田農場なう。 http://t.co/8uFD5WeP
09-22 10:27

湯の児温泉の朝。良く眠れたー! http://t.co/Dp2bUk5P
09-22 07:56

海から山へ

マッサージ機が効き過ぎなのか、或いは5連勤後の遠征が体に響くお年頃なのか、ベッド愛好会旅館の煎餅お布団苦手組な私にしては、不思議なほどぐっすりと眠れてしまった。
目が覚めたら7時半を回っているじゃないか。

書き忘れていたが、昨夜の湯上りの二人、ロビーにある足裏マッサージ器2台(無料)を見つけ、それをたっぷり15分ほど堪能した。
アレも気持ちよかったー。



そういえば最近の私は、旅先でも良く眠る。
真冬のさっぽろ雪まつりは諸事情あって夜中もパソコン駆使しまくっており、2晩とも全然寝ないで過ごしていたが、4月に行った臼杵でも結構眠れたし、先月泊まった島原ではO嬢よりも後から目覚め、
「あなたが私よりも遅く起きるなんて珍しいよね」
と言われた。

湯の児の朝も、私が目覚める前にO嬢が一度目を覚ましていたそうだ。

どうせ朝食がないのだし、朝ドラに間に合えばそれでいいや!と、アラームは8時にセットしていたんだけれど、まさかこんな時間まで熟睡しているとは自分でも予想していなかった。

仕事が変わってから出勤時間が変化し、生活リズムに合わせて体内時計にも変化が起きているようだと感じていたが、苦手な布団に旅先で横になってもこんなに眠れるなんて…。



湯の児2

何はともあれ、カーテンをを開ければ台風一過の空。
昨日は風がとても強かったが、今朝もまだ吹き返しの風なのか少し強い風が吹いている。

さあさあ、朝ドラ見たら朝風呂に行くぞい!




湯の児3

昨夜は暗くて撮影しなかった大浴場は、またしても貸し切り。
大浴場と呼ばれているが、スーパー銭湯さえある今の時代に照らし合わせると、「大」とはいささか誇張気味。
内風呂に加え、露天湯として大きな木桶(樽とも言える)がお外にどーん!
(木肌の腐食防止で、表面にはFRPを塗りつけてあった)
逆光の中ぼんやり見える人影は、その桶のお風呂に入っているO嬢。

しかし規模が小さくても天然温泉掛け流し。
そのため長年の間に、床には温泉成分の結晶が堆積している。

湯の児5

これって何かに似ているのよねー…と思って考えていたら、
「あ、思い出した!」



石灰棚

トルコの石灰棚「パムッカレ」だわ、あそこも温泉だわ。


湯の児6

木桶の露天に入るステップにもこうして結晶が堆積しており、こちらなんぞは鍾乳石のようになっていた。
内湯の中は綺麗だったが、木桶の中は結晶が付着してザラザラである。
油断するとお肌がジョリジョリと痛く、手足のネイルなんかは傷だらけになるよ(苦笑。


木桶の中で立ち上がると、

湯の児7

目の前の海がよく見える。
目の前の海からも、露天湯の人がよく見える・・・筈だ(笑。



いいねぇ、朝湯。
お泊りの醍醐味だわ。



貸切湯もあると聞いていたっけ。
どんなお風呂なんだろうと、覗きに行く湯上りの二人。

湯の児8

「狭っ!!」
板塀で囲まれただけの狭いお風呂だった。
大浴場に行っておいて正解だわな。



タダで泊まっておいて、あんまり色々言っちゃイカンがな。
現地で支払ったのは、入湯税の150円だけである。


湯上り肌がツルツルになるお湯だった。






チェックアウト後は、お宿の裏手の山の上にある「福田農場」へ行く。

福田農場1

ここからの眺望が良いのだわ。

福田農場2

ダンナでさえここへ行けばと提案したくらいだもん。

福田農場3

O嬢もしきりと写真を撮っていた。
そうそう!
彼女は結局、新しいコンデジを買ったのだよ。

Panasonic FX77

店で値切り倒し、結構安くしてもらった。
「軽くて液晶が大きいのが欲しかったのよー、
 嬉しいわぁ~♪」
持たせてもらうと、ホントに薄くて軽い。
液晶画面は3.5インチ。

えーと・・・カメラを構える姿はあんまり変わっていないような・・・。
いや、でも以前よりも手前にカメラを持って来て構えている?
脇は相変わらず甘いけどなー(笑。



ここの名物パエリアを昼食に。
ソのパエリアの中でも「イカ墨のパエリア」を注文する。

福田農場4

見た目は悪いが、私はイカ墨を使った料理が好きだ。
中でもマドリードで食べたイカ墨のリゾットは、イカ墨が初体験だったにも関わらず、今でも忘れられないほど最高に美味しかった。
沖永良部島の海人祭りで振舞われていたイカ墨汁も、これまたすごく美味しかった。
イカ墨のパスタにイカ墨のカレー、私は何でも許すぞー!

「サフラン色のパエリアは、結構どこでも食べられるでしょ」
そう言って私が半ば強引にこちらを選んだようなもの。
イカ墨の食べ物が初めてだとO嬢は言っていた。
「見た目よりも美味しいねー」
と言ってもらえて良かった(安堵。




福田農場ではここの特産品でもある柑橘類を使ったドレッシングなどを、自宅へのお土産にそれぞれ買い求める。
ワインやサングリアの試飲もいっぱいあるんだわ。
運転手じゃなかったら存分に飲めるのに…。



福田農場は「湯の児スペイン村」の愛称で知られ、福田農場ワイナリー社長の福田興次さんは、この農場を水俣を代表する観光施設に育て上げた。
水俣病を経験した水俣市のイメージアップに取り組み、02年からみなまた観光物産協会会長を務めていたが、去る13日に65歳で他界された。
27日にこの農場で社葬が執り行われるそうだ。
ご冥福をお祈りします。






水俣と言えばまだ気になるお店がある。
それがこちら。

柳屋本舗

県道から路地を入った奥にある「柳屋本舗」さん。
うちが媒酌人をつとめた友人:のりすけ氏が水俣に仕事に行くと、良く土産にしてくれた「美貴最中」が名物。
最近はのりすけからも全然届かなくなったので(笑)、私は久しぶりであの味を!と思ったし、名前だけは聞いたことがあるけれど、まだ食べたことがないと言うO嬢も和菓子好きだから気に入る筈。
市街地はずれの目立たぬこの店をカーナビが探し当てて到着。

平日昼間なのに、次々とお客さん到来でビックリー。
男性客も多くてビックリー。
やっぱり有名なんだわー。


ここの美貴最中は何がスゴイって、

美貴最中2

蓋が閉じられないほど入った黒あん。

美貴最中3

中身もぎっしり。

しかしこの黒あん、全然ドッカリ来ない。
甘すぎなくて実にいいお味。
人気の秘密はここにあり。

あんこ好きな妹と、甘いもの好きなO嬢の父上へお土産に。
「父の分は私が買うわよ」
と言うO嬢へ、
「いいのいいの、いつも野菜を頂いているお礼だから」
と財布を引っ込めさせる。

自分たちの分も買い、車の中で食べた。
「ホントに美味しい!
 甘すぎなくていいねぇ!」
O嬢も褒めたたえていた。


最中を食べたらお茶など飲みたくなってしまったが、少し走ると水源があるのでそこでおいしい湧き水を汲んで飲もうじゃないか。

寒川水源1

寒川水源に到着。

寒川水源2

渓流脇の岩壁からほとばしる湧き水を、車に搭載のペットボトルに汲む。
美味しい水だー!
たまらないねぇ。
ありがとう自然の恵み、ありがとう寒川水源!



この寒川水源の下流には、水俣市の久木野地区の棚田が広がっている。
(「日本の棚田百選」や「くまもと景観賞」にも選定)

棚田1

我が市にも彼岸花の里として有名な「日本の棚田百選」に選ばれている棚田がある。
今はその彼岸花が見頃なので、週末ともなると狭い山間の部落の道路は、観光客の車で溢れかえる。
この地元の棚田は、あまりにも彼岸花の里作りに力を入れてしまい、これを見慣れてきた私やこの地に近い所出身のO嬢などには、
「彼岸花がくどすぎて、作り物っぽくなって来たよね」
というイメージが出来てしまった。

棚田2

しかしここ久木野地区の棚田は、ごくごく当たり前の風景で、わざとらしく彼岸花を植えたりしておらず、その素朴さがかえって美しく映えていた。

棚田3

この土地の先祖たちが、粘り強く積み上げていった石垣と、少しづつ広げていった棚田。
渓流の音と、稲刈りをする農機具の音と、虫の音と微かなセミの音が聞こえるだけ。

静かな静かな山間の風景は、田畑を見慣れている私達の目にも新鮮だった。


棚田4

稲穂が揺れる風景に、何故かほっとするなんて、やっぱりお米の国の人なんだなぁ。




棚田の畦に群生していたツルボ。

ツルボ1

ユリ科 ツルボ属で、鱗茎は漢方薬や食用になるという。

素通りしたら見落としそうな小さな花でも、

ツルボ2

よーく見ると、なかなか魅力的だ。




海沿いの温泉から、少し走ると山間地の棚田。
水俣エコパークには手頃な規模のバラ園もあり、秋咲きのバラが結構咲いているのが見えた。
「今度はバラが沢山咲いている時期に来てみよう」
「途中にも立ち寄りたいところがあったしね」

熊本県内、国道3号線が通る、最北の市から最南の市へ縦断。
ちょっと遠いかなー…と思っていたが、自動車道の開通で近くなった水俣。
きっとまた来ると思うよ、うん。





励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

09/21のツイートまとめ

uuban_gya

水俣市の寿司屋なう! http://t.co/Q5yGK9j7
09-21 20:34

なんだかんだ言いながら美味しくて悔しい

5連勤の仕事は、早番で締め!
先日来ブログ記事で触れて来たように、今夜はじゃらんの利用ポイントで交換した無料宿泊券を使い、O嬢と温泉地へ泊まりに行く。

行き先は熊本県の南部、水俣市の湯の児温泉である。
同じ県内でありながら、水俣は鹿児島の出水市へ鶴の渡来地を見に行く時に国道3号を通過したのと、やはり鹿児島へ九州新幹線利用で往復した時に通過しただけで、水俣そのものを目的地として訪問したことがまだ一度もないワタクシなのだった。


じゃらんのポイントの一人5,000~6,000ポイント程度で交換可能な無料宿泊券は、利用できる宿の幅が結構狭い。
一番多いのはビジネスホテル。
温泉宿などを選ぼうものなら、ほとんどが食事なしとの条件。
まあ夕食なんぞは、宿の近くで何とかなるでしょ!と思うんだが、今回我々が利用する宿って、昔はちゃんと食事も出来た宿らしいんだが、現在は素泊まり宿みたいなんだわ。
つまり朝食もなし。
県内でも温泉地として一応名の通っている土地で、その上その温泉地では老舗宿なのに、こんな状況って珍しいよなぁと思う。
ある意味では同業者とも言えるダンナも驚いていた。
「朝食もなしかよ!?」
って。
そう、なし。
「すげぇなぁ」
だって。
うん、今どきはビジネスホテルだって朝食を出すのにねぇ。
(防府のスーパーホテルは、その朝食って外部からの仕出しだったけど、そういうのもありだよなぁと思った)



だけどつまり、食事なんてどうにかなるさ。
早番で仕事が終わると、17時半頃にはこちらを出発可能なので…と、水俣市内の居酒屋あたりで夕食を食べればいいじゃん!と、O嬢にお食事処のリサーチを頼んでおいた。
高速を使って芦北まで南下し、そこからは国道3号線を使い、水俣に到着したのが19時半くらい。
夕食を食べに行こうと思っていた店には3つの候補があり、駐車場の問題や満席の問題などをクリアしてたどり着いたのが、

水俣1

このお店。

入ってみると寿司屋さん風の店構え。
でもまあ何というか…誰もお客さんが居なくて、カウンターの椅子は半分近くが店の人のバッグだとかの物置状態になっているし、店の隅にはいろいろな資材が山積みになっていて雑然としており、整理整頓が下手な人が営んでいる雰囲気ムンムン。
そしてテーブル席のひとつには、お店のノートパソコンが使いかけ状態になっていたりで、
「やる気あるのかな?」
と心配になったあこちん。

後で気づくのだが2階にはお座敷があり、そちらにはお客さんが入っていた。

「店選びを失敗したかも…」
と正直思った。
しかし水俣の中心地のことなど全然知らない二人は、もうあちこち探しまわるのが面倒だったので、この店に賭けることにしてしまった。



定食メニューもあったのだが、水俣ではイキの良い海鮮物を食べたいと言っていたO嬢は、あまり迷わず握り寿司を頼んだ。
私はO嬢の「イキの良い魚への思い」や「海鮮丼へのこだわり」が頭の隅から立ち去っておらず、その呪縛から解き放たれぬままだったのか、行く前まではそんな気分になっていなかったのに、なんと海の幸丼を注文してしまった。
つまり海鮮丼である。


それだけじゃ物足りなくね?と思ったので、前菜がわりに野菜サラダとかき揚げも注文した。
私はまだ運転があるので、
「ノンアルコールビールありますか?」
「あります」
それを1本頼む。


「今日はあまりいいネタが入っていなくて…」
とのことで、高い方から2番目の握りを注文したO嬢には、
「普通の握りになってしまってもいいですか?」
との確認が来た。
つまり「上にぎり」が「並にぎり」程度になるらしい。
それでもいいと返事をする。
(嫌だという気力も失せていたというのが正直なところかも…)



ノンアルコールビールが、店の外から酒店の人によって届けられ、それが私の前に出て来た。
おいおいおい・・・。
マジで不思議な店だぞ(爆。

野菜サラダは、その中の半分近くが「スパサラ」という不思議な構成で苦笑、いや、O嬢ご不満。
かき揚げはパリッとしておらず、
「私達が自分で揚げたかき揚げのようね」
とO嬢が解説したその言葉に、大いに納得するワタクシ。
自分で揚げるかき揚げは、何故はフニャ揚げになる(笑。

でも彩りの良い野菜を使い、小さく刻んだイカなども入ったそのかき揚げは、結構美味しかった・・・。



それにしても寿司がなかなか来ない。
実に待たされた。
2階の座敷への料理が先に入っているようで、そっちを出していたのをが見えた。
いつになったら寿司は出てくるんだろう・・・。



注文してから40分近く待って、やっと寿司が来た。
気長じゃないと入れない店だぞー。
今夜の私たちは時間があるからいいけどさー。
だから店の中で大音響のサッカー中継を見ながら待っていたけどさー、イライラしないで待てたけどさー。

実は私、店の中で平然とテレビをつけているような店が苦手。
今宵はサッカー中継(五輪予選)だったからまだいいが、見たくもないバラエティー番組なんかガヤガヤ流されると腹が立つ人。


水俣2

ところがこれ、なかなか美味い寿司だったって。
それどころか、結構味にうるさいO嬢が、
「今まで食べた握りの中では、一番美味しいお寿司だったァ!」
と言っている。
「私、かなり感動したわ!」
だって。
シャリが絶妙、ネタもすごく良かったんだって。
ほほぉ・・・。



そして私が頼んだ海の幸丼が、数分遅れて登場した。

水俣3

おおっ!
ネタ多くね?
2,000円なんだけど、これってかなり豪勢じゃね?
魚の下に何があるのか、全然見えないっしょ!

実は・・・、

白いご飯の上に、山芋をすりおろしたものをびっしり敷き、その上にネタをびっしり載せたものである。
「山芋は大丈夫ですか?」
と注文後に尋ねられていた。
「大丈夫ですよ」
と答えておいたのだが、こうした使い方をされるとは思わなかった。


待たされに待たされたほうだと思う。
この丼にしても握りにしても、1階席がガラガラなのに、40分待たせるのは寿司屋としてちょっと…と思う。
でも悔しいかな、海の幸丼もメチャうまかった!!
レモンはいらねーよ!と思ったけどね…。


山芋と魚…山かけ丼のアレンジだよなー。


「他のものを注文して失敗だったかもー」
「スパサラだったしねー」
「あそこで炭水化物を腹に入れちゃったしねー」
「かき揚げも量が多かったよねー」
二人で苦笑。
この海の幸丼を食べ終えたら、もうお腹いっぱいで苦しかった。
いや、他のものを頼んでいなかったとしても、この丼はかなりのボリュームである!


ナマモノが美味しかったのでその点数は高い。
これで店内が整然としており、こんなにも待たせなかったら、この店は最高!と言ってあげたいのだがなぁ。
惜しいよ池田屋さん。
残念と嬉しいとが入り乱れ、水俣の夜は更け行く・・・。




ここから宿までは車で10分程度。
真っ暗な道だけど、ナビのお陰で迷わず到着。
途中のコンビニで翌朝の軽い食べ物を買ったりしていたので、宿に着いたのは21時30分頃になっていた。

古い古い3階建ての旅館、その2階海側の部屋。
廊下も部屋も、歩くとギシギシ・・・。
今時珍しい、和式トイレが部屋にある旅館。
洋式トイレは1階にひとつだけ。
古い古い旅館だー。


本日の泊まり客は少ないらしく、そのうえもう入浴を済ませた人たちばかりらしく、
「貸切湯はこちらで、大浴場はこちらですが、
 もう大浴場には誰も入って来ないと思いますので、
 大浴場をお二人で貸し切りって感じになりますよ」
と言われる。

湯の児1

部屋に行くと、もう布団が敷かれていた。
窓の外は目の前がすぐ海だけど、真っ暗なので今は何も見えない状態。


入浴は23時までとの事だから、何はともあれ温泉に入る。
照明が少なすぎて、撮影には不向きだ。
明日の朝もお風呂に入るつもりだから、その時に撮影しよう。
炭酸水素塩泉で、少しだけ塩気のある、そして源泉掛け流しなのだが源泉が50度近いため、浴槽内はかなり熱かった。
ジャンジャン水を入れた。
やっと入れるようになり・・・気持ちええ~!




この日出発前、私はクッション型のマッサージ器を購入していた。
売り場のデモ機を使ったら、やたら気持よくて気に入ってしまったのだ。
お値段も手頃で、ひとつあると便利だわ♪と購入していたのだが、コイツを部屋に持ち込んで、湯上りに肩やふくらはぎ、そして腰をマッサージ。
気持ちええ~!
O嬢にも使ってもらうと、なかなか良いと言う。

二人ともマッサージで心地よさアップし、手間もかからず眠気を呼び込むことと相成り、気がつけばケータイ握りしめて私は眠りに落ちていた。

おっとアブねえ!
アラームセットしておかないとー。
ちゃんと余裕持って起きて、朝風呂に入らなきゃー。


では寝るぞ。




励みになります

テーマ : ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~
ジャンル : 日記

切っ掛け

プリントゴッコが、遂に世の中から消えてしまうそうですな。
(ニュースソース)

パソコンも家庭用プリンターも、すっかりお買い求めしやすい価格になって、登板の機会を失ってしまったもんなぁ。
プリンターの価格暴落にはマジで驚くんだわ。
私がパソコンを使い出した頃は、実にシンプルな機能なのにまだまだ高かった。
家電量販店のプリンター価格を見て、
「ホンマでっか!?」
と驚いている昨今。
安くなったのよねぇ。




しかしプリントゴッコには、本当にお世話になりましたなぁ。
私は昭和50年代ラストにはワープロを持っていたと記憶しているが、パソコンがない時代は、年賀状と言えばこれだった。
画材店で手に入れたスクリーントーンを使い、イラストも自分で描いたりして結構凝ったデザインをし、多版刷りのプリントをして、乾き切らないインクの上にラメを振ったり等、その出来栄えには自分でも悦に入っていた。
こうした器用なところを買われ、知人の年賀状も引き受けるようになり、そのまた知人の年賀状も数軒分引き受けて、年末にはちょっとしたバイト代が入っているほどだった。
その意味でもお世話になったなぁ。

本体もインクも、まだこの家の押し入れの中にある。
全く使わなくなってかなり長いこと経過しているのだが、貧乏性なので捨て切れない。
でもきっともう一生使わないと思うんだわ。
インクなんてカチカチになっている可能性があるんだわ。
そろそろ押し入れの中を整理して、お別れしなくちゃね…。



ワープロでコツコツやっていた時代があるから、パソコンに移行する切っ掛けも早くに生まれた。
パソコンを使い始めてから、既に17年以上経過した。
長い間触っているから、まあそこそこ使えるつもりでいる。
PowerPointでプレゼンくらいは出来るし、ペンタブ使って絵も描くよ。
パソコンで作曲編曲もやったよ。
ビデオ編集も出来るよ。
パソコンが使えることは、前の職場では宝物持ち腐れだったけれど、今の職場ではWordやExcelが使えることなどが最初から役に立っている。


例の言い訳ちゃんは、自宅にパソコン2台とプリンターも2台持っており、iPodも持っていて、自分なりにかなり勉強しているんだと先輩に語っていたそうだ。
しかし周囲はとっくに気づいている。
「パソコン持っているって言うけれど、
 きっと全然使いこなせないよね…」

彼女はキーボードを押すのに、両手の中指しか使わずにた、どたどしくまったりと押している。
自宅のパソコンを操作するのに、人差し指と中指くらいは使っているO嬢のほうが、まだ進歩していると思う(笑。

パソコンを持っているとアピールしても、パソコンを使えないのが露見してしまっては…。



「彼女は仕事覚えるのに、時間がかかりそうですよ…」
本日の仕事中の会話で、先輩がこの先のことを案じていた。
言い訳ちゃんは今日と明日が公休日である。
今日の職場は彼女のケアがない分、とても平和だった…。


そんな感じだから、
「その複数あるパソコンって、
 息子さんか娘さんのパソコンなんじゃ?」
って思っていたら、
「子供さんは居ないんですよ!
 42歳独身、バツなしなんですって!!」
と教えられた本日。
あこちんそんなこと全然知らなかったから、とてもビックリしたよー!!

彼女とは温度が上がらない程度の距離しか置かないでおこうと決めたので、私的な会話は一切していない。
いや、とてもそんな気分になれそうな切っ掛けがないんだもん。
だから身の上話など、全く知らなかったのだ。

職場の人々も、初日にちょっと身上調査的な会話を交わしただけで、彼女とはあまりお話をしていない様子だ。
横道に逸れる会話もそこそこ出来ている私に比べ、それじゃぁ毎日つまんないだろうなぁ…と思うが、本人は仕事が楽しいと言っているので、益々お人柄がワカラン。
辛抱強い人なのかもー。
だけど昨日は数回叱られていたみたいー。
だから少し凹んだかもよー。
今日のお休みはリフレッシュになって彼女には良かっただろうなー。



「42歳独身、バツなしって言ったらさ、
 普通は結構若く見える人なんじゃない?」
とO嬢の発言。
「うん、そうかもね…」
私の周囲には、そうしたイメージの知人も多い。
「でも信じられないくらい老けているよね…」
先日チラリと言い訳ちゃんの姿を見たO嬢の感想。
「だわね…」
そう返すしかないワタクシ。



「みんな違ってみんないい」
金子みすゞはそう綴った。
しかし違いすぎても世の中は何かと大変なのよね。





話は変わって、某所で見かけたこんな掲示物。

啓発1

そうなのさ。
蓋を締めるのは省エネを考えると大事なのさ。
何年も前から、O嬢がこのことを職場で力説していた。

だから今年6月にようやく温水洗浄便座を導入した我が家でも、私はダンナに重々お願いしている。
「蓋を閉め忘れないようにしてね」
面倒に感じただろうが、ちゃんと根拠があることなので、ダンナも頑張って閉め忘れないようにしている。
ひとこと添えただけでも、我が家の中ではそれをルールとするいい切っ掛けになった。


だがこの掲示物がある場所自体は、

啓発2

閉めたくても蓋がない!
省エネしていないじゃないか。
何が言いたいんだ、コノー!!


説得力があるようで、この某所の掲示は全く説得力がないのだった。




それにしても今年の夏の我が家、扇風機様の導入で、電気代がホントに抑えられていた。
頑張れば出来るじゃない♪
そう思える良い切っ掛けが生まれたこの夏だったが、昨年ほどの猛暑にならなかったことも大いに影響していると感じている。



台風15号の影響で、あちこちに被害が出ているので、進路に当たっている土地にいるゴエモンがチョイと心配。
だがこの台風が去った後の予報を見ると、一気に秋めいて来そうな気温の予報。
一年で最も電気代を浮かせられる時期が来た。


しかしもう家電コーナーには暖房器具が並び始めたんだわ。
冬場になるとエアコンとオイルヒーターで暖房している我家のリビングは、電気代が嵩んでしまう割に、なかなか温まらなかったりして苦労する。
そもそも部屋が広すぎるのがイカンのだがねぇ。
というか、広さに見合った暖房器具を備えずに粘っているからなんだけどねぇ。
だけど灯油を使う器具を置きたくないのよねぇ。
・灯油代が安定しないので、その費用がバカにならない。
・灯油を買うことが面倒
・灯油を給油することも面倒
・消火した後のニオイが嫌い
これらは我が家から灯油系の暖房器具が姿を消す切っ掛けになった。

パソコン関係の品同様、電力による暖房器具もめざましい進歩と価格の安定を見せているのも事実。
(省エネエアコンはまだまだ高いが…)
うーむ、この冬は暖房手段の変更も考えてみようかなぁ・・・?







励みになります

テーマ : ( -_-)旦~ フゥ
ジャンル : 日記

いいヤツだ

関東地方へ出向し、1週間が過ぎたゴエモン。
この3連休はまるっきり休みって訳じゃなく、日曜日の午前中までは訓練があり、午後から今日までのお休みをいただけた。
そして今日、彼は東京・本所にある、ダンナのほうの菩提寺へ墓参りに行ったそうだ。

言うまでもなく、今年5月5日に亡くなった、ダンナの母の墓参のつもりで行ったゴエモン。
勿論ここにはダンナの父も眠っているが、義母が他界した翌日実家にに駆けつけることは出来たものの、昇任試験の関係で葬儀の前に職場へ戻ったゴエモンだったので、義母の骨を拾ってあげることは出来なかった。

出向して最初の休暇に婆ちゃんの墓参へ行くなんて、ゴエモンってばなんていいヤツなんだ…。
途中の花屋で供花を買って行き、菩提寺に声を掛けて水桶を拝借したら、墓所に供えられるよう線香を出してくださったとのこと。
思いがけない孫の墓参を、婆ちゃんはきっと喜んでいるよー。




一緒に出向している先輩も共に休日を過ごすことになったので、ゴエモンの墓参にお付き合いして下さったそうな。
その後のゴエモンご一行様、墓所に近いスカイツリーやアキバにもへ行った。
アキバではメイドカフェに初入店!したんだって。
墓参とメイドカフェという組み合わせが「?」な休日であるが、
「メイドカフェは、一度行けばいいや!って感じ~」
とゴエモンは言っている。

アンタがそう言うの、おかあちゃんにはわかる気がするわー。





航空観閲式の本番まで1ヶ月切った。
美しい行進(?)が出来るよう、また明日からの訓練も頑張ってくれたまえ。
急に涼しくなるみたいだからね、体調に気をつけて。




ところで現在「タウンページ協賛 ゆるキャラグランプリ 2011」なるものが実施されているのをご存知だろうか。
http://yurugp.jp/

ケータイ用のサイトは、ケータイ用サイトの下にあるリンクから「タウンページ協賛 ゆるキャラグランプリ 2011」へ!
ケータイ用サイトへGO!→http://itp.ne.jp/



投票して頂くと抽選で20名様に、ゆるキャラグッズをプレゼント!
投票期間:2011年9/15(木)~2011年11/26(土)まで

・・・だそうで、投票は1日1回。
現在の暫定1位は、なんと肥後の国のゆるキャラ「くまモン」だと言うではないか!

くまモン


くまモン、知名度上がったよねー。
遂にWikiも出来ているもんねー(笑。


Twitterのアカウント:55kumamon(くまモン)
※WEB:http://kumamon.jp
Twitterのプロフ:くまもとのPRキャラクター。
「くまモン」の由来は「熊本の者」から。
やんちゃで好奇心旺盛な男の子。年齢はヒミツ(5歳というのは都市伝説!?)。
「いちおう公務員」。
【注:くまもとサプライズ特命全権大使】
くまもとのキャラなのに大阪や東京にも連日出没ちゅー。
九州新幹線全線開業でグッと近くなった関西でのPRのため、出没のツイートは関西中心だけどよろしくま☆



頑張っているなぁ、くまモン。
Twitterをフォローしていると、結構面白いよー。
このランキングを応援しちゃおう、私もポチ!


皆さん方の郷土のゆるキャラの順位はいかが?
複数エントリーしている地域もあるが、これって地元からの得票が分散しちゃって不利じゃね?
エントリーがない地域もあるようだけど、そんな「おらが国のゆるキャラ」が見当たらない方は、1日1回「くまモン」にポチを頼みますバイ~。




追伸
コッシー閣下、お誕生日おめでとうございました。




励みになります

テーマ : ♬*:♬♪゚・:,。♬
ジャンル : 日記

あこちんのイチオシ!

発泡酒は金麦がウマイよねー…と言う記事を以前書いていた私だが、最近のCMで気になるのがコレだ。



麦とホップ もみじとじゃがいも篇

右にいる仲間由紀恵がじゃがバターに塩辛を載せて食べている。
これ!ウマイんだよこれ!


我が家ではもう25年くらい前からやっていた。
北海道を紹介する旅番組で見ていたら、これを紹介していたのだ。
じゃがバターも塩辛も好きなうちの夫婦だから、きっとイケルと思って真似した。
当時は私も毎晩のように晩酌していた。
やってみたら思った以上にこれはイケル!という味になったのだ。


知らなかった人や、塩辛が苦手な人には、
「うえ~~~~~!!!」
と非難されてしまいそうだけど、ホントにこれはイケルんだよ。

O嬢は【生臭いものが苦手】な人なので、塩辛もあまりお好きではないようだ。
以前彼女にもこの食べ方の話をしたことがある。
その時は、
「うえ~~~~~!!!」
な反応をされた。
だからこんな食べ方なんて、彼女に言わせるとおそらく邪道なんだな。





一時期はかなりこれにハマって、食卓に登場する機会も多かった。
しかしこのCMをみて急に思い出した。
なーんか長いこと、この食べ方をしていないのではないか!?

もしかしたらゴエモンは、我が家でこれを食べた記憶が消えているんじゃないだろうか。


先日O嬢の実家で採れたジャガイモを頂いた。
また作ろう、この塩辛じゃがバターを作ろう!




【生臭いものが苦手】と言って、イクラが嫌いで生卵かけご飯が嫌いで、半熟の温泉卵が嫌いなO嬢。
それなのに海の方へ出かけると、
「海鮮丼が食べたい」
などと勝手なことを言い出す。
海鮮丼の刺身は生臭くないのかい。
アンタが大好きなウニは、生臭くないのかい。

海鮮丼が食べたいと、先日も言い出したO嬢。
私はじゃらんネットにおいて宿泊利用で積み重なったポイントのうち、今年のうちに消滅してしまうものを交換し、海沿いの温泉地のペア無料宿泊券を手に入れておいた。
知らないうちにかなり貯まっていたもんだ。

その宿泊券の有効期限が今年いっぱいなので、彼女が新たな仕事を始めてしまう前、自由な時間があるうちにこれを使ってしまおうと、近いうちにこの温泉へ出かける計画を立てている。
今度はダンナにもちゃんと本当のことを話して(笑)、行き先も伝えた。
「あ、そう?
 だったら福田農場にでも行ってくれば?」
だって。
「うん、二日目に行こうと思っているんだよ」
チョロイぜダンナ。




その小旅行の話の中で、
「海鮮丼が食べたい」
とO嬢が言い出したのである。
本当は島原温泉に行った時も、彼女は夕食の希望に海鮮丼を挙げていた。
だけど海鮮丼と言うものは、どこでも食べようと思えば食べられるのだ。
だから私はあえて海鮮丼にこだわらず、島原ならではの具雑煮やら、地元で評判の創作懐石やらの店を選んで案内した。


あれからひと月経つけれど、彼女はどうしても海鮮丼が頭から離れないらしいんだな。
仕方ないから今度は付き合うかー。
台風がこちらの方に向かっているようなので、天候がイマイチ気になるんだけどねぇ。



しかし彼女の生臭発言を聞く度に、彼女が刺身好きでもあることを知っている私は、勝手なもんだよなぁと思ってしまうのだった。
そうじゃないッスかね皆さん?



励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

駱駝の次は亀だった

さて昨日の話の続きでござんす。

南阿蘇村の隠れ家レストランでランチを食べた私たちは、続いて更に東の高森方面へと車を走らせた。
まずは行きたかった所がココ!

かめのパン

国道からちょっと入った、大きな屋根のパン屋さん「亀のパン」だ。

石窯で焼くパンのお店。
高森方面には年に何度か行くけれど、何故かこの店が定休日に当たっている日に行ってしまったりして、まだ一度も購入を果たせなかったパン屋さん。
美味しいと評判だったので、この機会を逃してはならぬ!
やっと念願叶って入店出来たー。

私たちは結構パン好きなのである。
「朝パン」とか「昼パン」と言って、前の職場の頃から良くパンを買っていた。
あちこちで情報を入手し、そして探し当てては自家製パンのお店に足を運ぶし、地元ではどこの店のナニが美味しいとか、日頃からかなりチェックを入れている。

地元だとねー、以前の看板が「パン」じゃなくてどうしても「パソ」に見えていた、そして老人の車が突っ込んでひどい目に遭った、あの店の「明太子フランス」とオレンジピールの入ったパンが美味しいよ♪
特に明太子フランスは売り切れのことが多いけれど、焼きたての時間を教えてもらって予約しておくと、ホカホカが手に入るよ。


亀のパンで買ったものは、フランスパン系統でもあまりガチガチじゃなくて食べやすかった。
柔らかすぎず硬すぎず、私の好みだったので嬉しかったなー。
噂に違わず、美味しいパン屋さんだよ亀のパン!




亀のパンからもう少し走り、かけ流しの温泉に到着。

月廻り温泉1

雨が降っていてお山が隠れてしまっているのが残念な、

月廻り温泉2

「月廻り温泉館」でござんす。
ここは晴れていたら、阿蘇のお山・特に根子岳の眺望が素晴らしいんだよねー。

山羊が放牧されていたりする緑地もあり…そうそう、かつて国道を突然横切っていった山羊の集団がいたのが、この月廻り温泉の横だったのさー。



温泉の受付のオバチャンが「出勤簿押さなきゃ」と言って笑っていた常連の地元オバサマたちが、既に何名かご入浴中だったので、浴室の画像は撮影出来なかったけれど、結構広めの内湯と露天湯(サウナもあり)で、晴れていたらホントにいい眺めなんだよねー…なお湯に、ゆっくりと浸かって来た。

露天湯に屋根が全然無いことが残念だー。
入っている途中で雨がどんどん強くなり、諦めなくてはならなかった。
せめて半分位でも、屋根をかけてくれたら良いのにね。

軽くぬるトロ感のあるお湯だった。
お肌スベスベになって湯上りさ♪





こうしてあちこちでデジカメを取り出して撮影していた昨日だけど、帰り道の途中でO嬢とデジカメの話になった。
彼女は近いうちにコンデジを買いたいのだ。
彼女が現在使っているコンデジは、私が以前使っていたCASIOのものを譲っているのだけど、液晶モニターが小さめなので、使いづらいと言っている。
だから買い換えたいんだって。

実を言うと私は、そのうちミラーレス一眼を手に入れたいと考えている。
10月にPanasonicがミラーレス一眼用のパンケーキレンズを発売する予定なので、それが出たらPanasonicのG3を買いたいなー…なんて検討しているところなのだった。

本格的なボディのデジイチ…EOSとかあの辺になると、結構持ち運びに不便なので、どこでも取り出して撮影している私としては、どうしても気持ちがそっちへ向かなくて…。
「チョイと撮りたい」
「気軽に撮りたい」
「いつでも撮りたい」
そんな私には小型のミラーレス一眼の方が向いていると思う。

「もう少し待ってくれたら、私のこのIXYを譲ってあげてもいいよ」
とO嬢に言うと、
「えー?」
と言って苦笑した。
「新しいのが欲しい?」
「んー・・・」
微妙な感情がモロ見え。

色々話をしているうちに、
「まあ、試しに使ってみなよ」
と言うことになり、ちょうどその時私たちは熊本空港の横に差し掛かっている時だったので、空港の外周道路へ車を向けた。



ズームの使い方やピントの合わせ方の練習なのじゃ。
それとO嬢はカメラの構え方がヘナチョコなので、

霧島神宮2

2010.11 霧島神宮にて

私からいつも、
「脇を閉めなさい、そんなにカメラを突き出すのはやめなさい」
と言われ続けている。

その教育的指導を兼ねて、空港脇でカメラを構えていたら、ちょうど着陸して来る機体が見えた。


「撮ってみなよ、ほら!」
彼女の背中を押して機体にカメラを向けさせた。


RJFT1

「なんかスゴイ水飛沫が上がっているよ!」
そう言いながらO嬢生まれて初めてのヒコーキ撮影。

うーん、ピント甘いなー。

色々と教えているうちに、
「わかったわ!
 どうして今まで構えづらかったのか、わかったわ!
 あなたに脇を締めろ突き出すなと言われて、
 構えにくいと思っていたんだけど、
 カメラの高さが違っていたのね、わかったわ!」
なんだか急に開眼した模様。

RJFT2

うーん…、まぁ、頑張っているかなぁ。


このコンデジで良ければ、譲ってもいいけどなー。
但し私が、ミラーレス一眼を買えたら…の話だよ。


でも彼女のことだから、最新のもっと薄型のものが欲しいのだろう。
「最近のって、ホントに薄いのねー」
って売り場でコンデジを見て、それが欲しそうな目をして言っていたからなぁ。

どーせO嬢はそんない使いこなせないんだから、どんなコンデジでも良いじゃろ!と思っているのは私だけ?



ま、そんな出来事もあり~の休日だったのさ!




そして今日からまた、私は5連勤の日々が始まった。
先週末は飛び石出勤で、出・休・出・休・出…になっていたかと思えば、こうして5連勤になったりと、勤務表を作った人のセンスのなさが、ホントに情けなくなるのだった。
本日先輩が私の横でボソボソと話していたところによると、今回の人事異動で一番偉いヒトが出て行くのは、
「みんな大喜びしていますよ」
とのことだった。

そういえば今朝、出入り業者さんに向かって、
「良い人事異動になりましたね♪」
って男の人も話していたっけ。
そんなにまで言われるのって・・・ねぇ。
ホントに深い溝があったのねー。
私でさえその空気を、入って1ヶ月経たないうちに見抜いてしまったからなぁ。


例の言い訳ちゃんのことは出来るだけスルーして、気にしない気にしない♪と一休さんのような心境になって過ごしていたら、なんだか今日は一日が早く流れて行ったぞい。




励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

09/16のツイートまとめ

uuban_gya

南阿蘇村でランチしてました。かなり美味な店です。 http://t.co/1yjL7Spi
09-16 13:30

しかもかなり!→【得意なほう】|ついネタ:地図を見て移動するのは得意ですか?苦手ですか? http://t.co/doTQCPPJ @tsuineta
09-16 13:25

駱駝

敬老の日が近づき、例年のように新聞紙面には、ご長寿さんのインタビューが掲載されていたりする。
ご長寿さんたちが、長寿の秘訣は「腹を立てないこと」や「感謝すること」などと答えている。
オイラはご長寿の資格なし!と苦笑するワタクシ。

ヨロヨロになって、年齢だけを重ねて行きたいとは思わぬ。
子供だって一人しかいないし、周囲に世話を焼かせながら、命ばかり生きながらえてもなぁ…と、亡父を自宅で介護していた経験から、長生き=幸せとはあまり考えられないというか、考えられなくなった。

腹立つ事を辛抱しすぎず生きて、そこそこの寿命しかなかったとしても、それはそれで悔いないや~と考えてしまう。
いや、実際の話、現代社会はストレス社会だと思うよー。
1週間を過ごしてみて、腹の立たなかった日、ストレスを感じなかった日ってありますかい?




仕事が休みの本日、ストレス解消に温泉行きを計画。
温泉だけでは時間が余りそうなので、ランチも何処かで食べようと言うことに。
同行するのはいつものO嬢。
彼女は8/15に仕事を辞め、一応求職活動中の身なのだが、まだ次の仕事は決まっていない。




行き先を彼女に選んでもらったら、南阿蘇方面へ行こうとの提案。
それでいいよーと返事をしておいたのだが、天気予報を見たらおもいっきり雨予報(苦笑。
まあ仕方ない。
台風の影響で、この先1週間ほど予報が芳しくない。


駱駝fix

cuissine 駱駝
県道28号線から南に入って坂道を登って行くと、やっと見つかる隠れ家的レストラン。
始めて来る人は県道からの入口看板を見落としたら、たぶん見つけられないと思われ。
高森方面から来ても見えるような看板を、立てておくといいでしょう!と進言しますわオーナーさん。
オイラたちはカーナビに電話番号を入れて行ったので、迷わず一発で行けたのだけれど、それでもナビは道路のない場所を示していたから不安だった。



前日に予約を入れておいたので、着くとすぐにお母ちゃまが両手を広げて、
「いらっしゃいませ、さあどうぞー、傘はここに、ね」
と満面の御笑顔で迎えてくれた。

古民家を改装したような建物で、北側一面が大きな窓になっている。
ここから見える阿蘇の風景が見事!・・・な筈だが、本日はお山に雲がかかっていて、

風景

雲の流れを眺めていた。
でもこれだけでも結構気持ちいい。


1,800円のランチを頼む。
肉料理と魚料理を選べるとのことで、O嬢は肉料理を、私は魚料理をお願いする。




前菜

前菜。
真ん中のはミニトマトなのだが、その下の白ワインを用いたっぽいゼリー状のソースが上手く掬えなくて…。
O嬢はスープ用のスプーンを使って掬っていた。
と思っていたら、隣の席に来た人には、小さなスプーンが添えられていた。
もしかして私らには添え忘れられたかい?

サラダ

サラダはあっさりしたドレッシング。
レンズ豆が美味しかった♪

スープ

スープはカボチャのポタージュ…だろうと思う。
カウンターの向こうからスプーンを出してくださったお母ちゃま、それ左向きに置いたらアカンがな。
さっきから私が箸を持つ手を見ているのだから、右利きってことを気づかなきゃ。

肉料理

和牛もも肉のポワレ 和風デミソース。
O嬢チョイスの肉料理。

後から来た人にも運ばれて来たこの皿を見たら、肉の上にアルファルファが添えられていた。
「私のには忘れられた?」
とO嬢。
その可能性大。
うーむ、ちまちまとポカがあるのぉ。

実は大変賑わっている。
とてもわかりづらい場所にある店なのに、見ていると常連さん一見さん、どんどん入ってきてほぼ満席状態のリフレイン。
忙しいのも理解できるが、忘れちゃならん部分ってのもございますぞ。


魚料理

魚料理。
鯛とサーモンのカダイフ包み アメリケーヌソース。
こいつは美味でござんした!
魚料理を選んで正解だっったかもー♪


ご飯

少しタイミング的に遅れてご飯登場。
おいしいご飯だった!
器も何だか良かった。

ご飯もパンも、おかわり可能らしい。


デザート

デザートは桃とバナナと巨峰と、マンゴーアイスと、チーズケーキっぽいの。
コーヒーは小さなカップのものを飲み干したら、おかわりを入れてくださった。

シルバー類が入っている籠に、デザート用のフォークとスプーンが1人分しか入っていなかったので、お母ちゃまにお願いすると、またカウンターの向こうから左向きに置きなすった。
だ・か・ら・・・。

ま、ちょっとしたポカはあったんだけど、今回は許そうと思った。
ちょうど我々が食事を終えたのが、ランチ客が引けた頃合いになり、
「どちらからお越しですか?」
から始まり、何となくあちこちの観光地オススメ話になって来た。
最後に入ってきたのが常連客らしく、その女性2人も加わりシェフも加わり、ずいぶんと楽しく話をしてしまったのだ。

団欒

お互いのおすすめスポットや店をメモに書き留めている一同。
仲良き事は美しき哉。




また来たいと思わせてくれる料理だったなー。
天気の良い時に来たいなー。



さて温泉へ行こう!!


・・・って、続きはまたあらためて。




励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

09/15のツイートまとめ

uuban_gya

苦手な上司に転勤の内示!うぉー。
09-15 12:12

意外な展開

職場の朝礼の最後に、
「明日、内示が出ますが、1日付で、
 私と□□さんが異動します。
 私は××へ…」
と言って一瞬声を詰まらせて後ろを向き、しばし間を置いてから、
「私は××へ、□□さんは△△へ…」
ってホロホロした声で語った、この職場で一番偉い人。

ここで働く人々との間に、深い溝があることがわかっていたこの人。
私も苦手だなーと思っていたこの人。
だけどここに来て1年半くらい経っているらしいから、いつかは異動する人なんだから、それまでの辛抱だわよと思っていたこの人。



もう異動だってさー!
あこちんびっくりー!!

心の中でガッツポーズ。


しかし皆々が陰で言っていた。
「なんであそこで声を詰まらせたの?」
「この間から風邪ひいていたじゃん」
「違うよ、あれは感極まったんだろ」
「どうして感極まっちゃうんだ?」
・・・だよねぇ。
誰もが首を傾げていた。

首を傾げながらも、この「意外な展開」を一同が喜んでいたのは言うまでもない。




「□□さん、異動希望出したの?」
「いや、出していないよ」
「俺、ずっと異動希望出し続けているのに、
 今回も異動出来なかったよ・・・」
「来年、新しいところが出来るから、
 そこに行かされるのかもねー」
「あそこは行きたくない・・・、
 しごい渋滞に掴まっちゃうんだ・・・」

異動なんて、ホントに蓋を開けてみるまでわかんないもんだからなぁ。



「次に来るのは、△△の※※さんだって!」
「大出世だ!」
もう情報が流れて来た。
どんな人なんだろうと思っていたら、
「あの人みたいな、嫌らしい言い方はしない人ですよ」
と先輩が笑いながら言っていた。





ひと山越えることが出来る。
こんなにも早く、この機会を与えてくれた神様ありがとう。

でもでもでも、「言い訳ちゃん」との葛藤はまだ続く。
頑張れ自分。
本日彼女は休みだった。
私が相当ホッとして過ごしていたのは言うまでもない。




明日は自分の休みだ。
ストレス解消で、温泉入りして来るど!



励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

流れとか空気とか、読めない人々

世間から見ると、早めの出勤時間だった元の仕事。
道行く車は大型トラックが多かったり、私と同じ時間帯の通勤仲間だったりして、運転に関しては、慣れているというか、極端に言うとあんまり手がかからない人のほうがい多い時間帯だった。
「この車は、同じ時間同じ場所あたりで、良く見かけるなー」
という【常連さん】も結構いたものである。
おそらく通勤時間帯が私と同じだったのね。


しかしそのような常連さんの中にも、私の心のブラックリストに掲載されている人が複数いた。
O嬢にも同じように、通勤時間帯にはブラック入りさせている車があったそうだ。
何度も一緒になっていうるちに、そんな車の特徴を覚えているものである。

要するに、
「あの車の後ろに付いたら、ノロノロ走られてイライラするわよ」
というパターンだ。


私の場合は、我が家から二つ目の信号機あたりで一緒になることが多かった車に、そんなブラック入りしている対象が数台あった。
ホントに空気の読めない運転をする人だったなぁ。
何とかその車よりも先に交差点を通過したいと、そう感じていたんですわ。




今度の職場では朝がゆったりになり、9時台だったり10時台だったり、或いは11時台なんかに仕事に向かう。
私の住む地域は、

我が家方向

PC版は画像クリックで拡大表示

このように人口密度が低い田舎なので、朝の通勤時間帯を外れてしまうと、平日昼間に走っている車なんてのは、かなりの高確率でドライバーが高齢者。
折りしもそのような車の後ろに付いてしまったら・・・私が何が言いたいのかお分かりですな皆様。


フラフラしたり、ノロノロしたり、イミフな運転をされて後方で困ってしまっているワタクシ。
高齢者の運転はホントにコワイ。
そしてはっきり言ってかなり迷惑。
通勤距離はそう長くないので、しばしの我慢だと思って辛抱するが、ちょっと家を出るのが遅れ、焦っている時に限ってこうした車の後方になってしまうことが多いのは、あこちん版マーフィーの法則だと感じる。



本日の通勤時、私の前にいたのはこうしたイミフ運転の高齢者だった。
左の寄り過ぎたり、急に速度を落としたり上げたり、いやー怖かった!
困ったなーと思いながら走り続けていたが、40km/hの指定速度のところを、40km/h出せずに走られていたから一段と困った。



昨日の通勤時、前を走っていた車はもっとユニークで迷惑。
後ろから見て、この人も高齢者だとわかった。
車の中で、きっと何か音楽を流していたのだろう。
右手だけでハンドルを握り、左手はハンドルから離して拳にしており、音楽に合わせて元気よく上下に振っているではないか。
それも時々、音楽の盛り上がりの合わせるかのように、上下のノリが大きくなったり早くなったりする拳。
それなのに車の速度の方は、ノロノロとしているから余計にたまらない。

頼むからちゃんと両手でハンドル握ってよー。
流れに乗って走ってよー。



こうした状況の中でイライラし、自分が運転のリズムを崩してはいけないぞと思うけど、原因そのものが減ってほしいよなぁと思うことが多くなった。
前の仕事に出ている時よりも、高齢者とご一緒する確率が増えたことが原因、それが明らかであると、本日の縦ノリ拳で確信した。



イライラしながらやっと着いた職場で、例の新人さんにまたイライラ。
もー、要領悪すぎだろー。
教えられたことが反映されなさすぎだろー。
一つ仕事を終え、先輩に助言を受けては、
「わかっているんですけど焦っちゃって」
「パニックになっちゃって」
と一日中言い訳を繰り返していた。

進歩なし。

それだけ上等な言い訳ができるくらい、自分の欠点が明白に把握出来ているのだったら、その欠点を改めるように務めることだって出来るだろー。
言い訳よりも努力がのほうが大事だろっつーんだよっ!
もう3日目なんだから、ちったぁ要領良くなっているところを示してくれー。

それなのに本人さんは、
「この仕事、楽しくて!」
と言っていたので、私はかなり驚いた。
へこたれない性格なのか、それとも鈍すぎるのか・・・。


私は仕事していても、ちっとも楽しくなかったよ・・・。
きっと顔に出てしまっていたと思うわ・・・。



はぁ・・・・・。
この職場、採用するのはどんな人だって良かったみたい。
一日で消える輩もいたくらいだしね。

選択を誤ったかなぁ・・・。
_| ̄|○




励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

先輩なんです

私が仕事のお休みだった昨日から、職場に新人さんが入っている。
少し前に面接に来ていたのは知っていた。
今度は30代男性じゃなく、40代前半の女性だ。

でも面接はジーンズ履きだったんだよね。
こんな人ばっかり来るんだね。。。


さて、その人と初対面の本日だった。



白髪も染めず化粧っけなしの40代前半の女性は、実年齢よりもずっと老けて見えるということを、彼女の姿からまざまざと知る。
やばいよ、あの姿はマジでヤバすぎるよ。
いやー、うちで一番老けて見えるかもー。
コワイなー、気をつけようー(何故か棒読み。




大先輩が付きっきりで指導していた。
時々その大先輩が持ち場にいられなくなると、何故か私までが指導役へ回ることに。

まーだ他人に教えられるほどの仕事はできないんだが(滝汗。



でも思った。
この人、大丈夫かなぁって。

やる気はあるんだろうけれど、あんまりこのお仕事に向いていない感じなの。

まだ2日目なので、オロオロしているのは十分理解出来る。
自分だってそうだった。
でも出来なさ過ぎじゃね?

それに加え、周囲が色々教えるんだけど、その都度彼女は言い訳が多すぎるの。
わかったんだったら、
「はい、わかりました」
ってだけ言えばいいと思うの。
わからなければわからないで、言い訳しないで教えてもらえばいいと思うの。


この先が思いやられるわー。
・・・って、私が入ったときにも、先輩方はそう感じていたんだろうけどさ(苦笑。
明日はアノ言い訳を、出来るだけ聞きたくないもんだと思ったあこちん。
一応先輩と見なされる立場になり、彼女にどんだけ関わればいいのやら戸惑い、困ったなぁと感じている今日である。




励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

慰労会・・・?

神戸の北野界隈などを回っている時、ケータイに圏外・不在着信通知メールが来ていた。
圏外になる場所があったんだね神戸(笑。

電話は愛車バロンちゃんを修理に入れている工場からだった。
故障原因が判明したか、修理が終わったかの連絡だと思ったが、今すぐ行ける訳でもなし、かと言って翌日は日曜日なので修理工場は休み。
月曜日に連絡すればいいやーと、そのままにしておいた。


そして今朝、電話を入れた。
修理完了しているとのこと。

ラジエーターのサーモスタットが故障しており、そのためにオーバーヒートを起こしていたのだろうとの話。
サーモスタット交換とラジエーターキャップ交換で、その後は異常なく動いているそうだ。



ひと山超えた土地にある修理工場へ、愛車を引き取りに行った。
我が家の裏山に、この春広域農道のトンネルが開通し、修理工場がある地域まではかなり時間短縮で行けるようになった。


そのトンネル出口付近からは、我が町の風景が一望。

遠景

PC版は画像クリックで拡大表示

右奥には遠く雲仙普賢岳が見えている。
ああ、田舎だなぁ。
神戸の高台からの風景とは大違いだなぁ。




夕方になって、生協が配達した商品お受け取りでO嬢が来訪。
彼女には神戸スイーツの土産があるので、それを渡す。


土産1

MOCCINA(モッチーナ)のまさに餅菓子、というか洋菓子。
私はこの店のことを知らずにオフ会計画を進めていたが、神戸の予習をしていたメンバーから、この店の名前が出て来ていた。
お嫁様のご機嫌のために、洋菓子の予習もしていたのね(爆。

それを伝え聞き、美味しそうなので、わざわざ買いに行っちゃったんだよ(苦笑。



神戸には馬刺しを土産に持参したので、その保冷剤として500mlペットボトルに水を凍らせて、保冷剤として用いていた。
神戸に着いてもそれはしっかり凍っていたので、オフ会で馬刺しを披露した後は、この生洋菓子のお持ち帰り用保冷剤に転用。
ホテルでもちゃんと冷蔵庫に入れて保冷。
実は賞味期限が11日までと書かれていたが、
「1日くらい大丈夫よ、冷蔵庫に入れておいて。
 月曜日に食べに行くわ!」
とO嬢に言われ、ダンナに見つからないように隠して保冷していた(笑。



美味しゅうございますなぁ。
変わった風味だけどさー(笑。
O嬢もお喜びでござんした。


それとこのバームクーヘン。

土産2

神戸・灘の蔵元である白鶴酒造の吟醸酒粕と、純米大吟醸「祥雲」を使用して焼き上げたもの。


O嬢には、家に持って帰るように言ったのだが、
「折角だから、アナタも食べなさいよ」
と自宅には神戸の「コの字」も持ち帰った痕跡を示せない私に配慮してくれて、O嬢がこのバームクーヘンを切り分けてくれた。

「あっ!日本酒のかおり~」
O嬢が開封して目を丸くする。
「うん、ホントだ!」

下戸の彼女に、果たしてこの土産でよかったのか?


土産3

結婚披露宴でありがちな、どっしりしっかりしたバームクーヘンなどよりも、ふんわーーーーーりとしたものである。
上品な甘さと日本酒の香り。
初めての味だなぁ。

残りはO嬢の家で、息子さんやその彼女さんと召し上がってくださいな。
食べきれなければ冷凍すりゃいいじゃろ。




こんな事をしていたら、足元に寅蔵が来ており、土産物をじっと見つめていた。

土産4

ダンナへのヒミツ土産、乾物をO嬢にも試食してもらっている時だったので、

土産5

「食べたいの?」
と尋ねてみたが、匂いを嗅いだだけで諦められた。

寅蔵は何が欲しかったのだろう???






ところで・・・。


私も先日、髪をバッサリ切ったばかりだが、O嬢も日曜日に髪をバッサリ切っていた。

ブームです

そこまで短くしたか!と驚いた。


真夏が過ぎたのに、今頃髪を軽くしている私たちって一体・・・。






ゴエモンは明日から、観閲式の訓練で関東地方へ出向。
日本で一番夏の気温が高くなりがちな、アノ町が滞在地。
体に気をつけてお過ごしを・・・。




励みになります

テーマ : ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~
ジャンル : 日記

兵どもが夢の跡

大阪空港ホテルの夜。
風呂上りに髪もろくに乾かさず、バッテリーが激しく少なくなったケータイの充電もせず(ケーブルは持っていた)、ベッドの上に身を投げたとたん、テレビをつけたままで私は睡魔に襲われてしまった。

前の夜は2時頃に目を覚ましたまま、オフ会のために「遠足のしおり」と称してちょっとした資料を作り、ついでにオフ会用の名刺まで作って、結局あまり寝ていなかったもんね・・・。


だがふと目が覚めた。
まだ外は暗く、4時を少し過ぎただけ。
まだ起き出すのには早いな。
そう思ったら再び眠くなった。






目が覚めた。
何時だ?

えっ!?

6時35分!?


がびーーーーん!!




予定よりも寝過ごした。
でもこの時間に目が覚めて、本当に本当に良かった。
不思議な目覚めを与えてくれた神様ありがとう。
目が覚めなかったら、私を積み残して、飛行機は飛んで行ってしまっていただろう。


7時35分発の飛行機で帰るのだ。
チェックイン締切は出発時刻の20分前。
つまり7時15分までに出発カウンターに行かなくては!
目が覚めてからすべてが飲み込めて正気に戻るまで、3分ほどかかったワタクシ。
残り時間はどんどん減って行く。

焦りましたなぁ。


6時15分からという、ホテルの朝食を食べて行くつもりで、前夜チェックインした時に朝食券を購入しておいたが、もうこの時間では諦めよう。
300円の朝食券だが、フロントで聞いたら払い戻ししないと言う。
ケチー!



こうした早朝の便だったので、宿泊先を大阪空港ホテルにしておいた。
空港のターミナルの中にあると言って良いホテルである。
移動時間が短縮できるから…とのつもりでいたけれど、まさか寝過ごして慌てるとまでは予想していなかった(爆。


急いで身支度を整え、ホテルの外へ出ると、目の前はもう空港ターミナルビル前の通路だ。
ANAの出発カウンターへ行き、おサイフケータイをかざしてチェックイン。
機内預け荷物の検査場が、旅慣れないオジンとオバンの列で混雑していてイライラ。
ミニチュアダックスフンドが1匹入るだけみたいな、さほど大きくもなく片手で軽く持てそうなバッグを1個ここで預けるために、でっかいカートにそれを乗せて入ってきているオヤジ。
それに付き添う女房。
あんたらみたいなのが、この流れを悪くしているんだというのに気づけよー。
カートなんか置いて来て、そして一人だけ並べば良いんじゃ!!

早朝の出発カウンター前は、この夫婦を含め、胸に旅行代理店のツアー客の証であるバッジを付けた熟年層が多かった。
スマートに行動できない人がいると、チェックイン業務の流れはマジで滞る。


やっとのことで手荷物を預けて出発口がある2階ヘ上がると、もう土産物なんか眺めている時間の余裕はなかった。
昨日のうちに色々と買い込んでおいたから、特に買わなきゃならぬものはないんだけど、それでもちょっと土産物屋を覗き込みたい気持ちもあったんだよなぁ。
妹にご当地Kittyちゃんを買えなかったんだもん・・・。

それでも腹が減っては何とやらであるから、目の前に見えたスタバでサンドイッチと飲み物を買い、それを手に搭乗口へ。


大阪空港

大阪空港(伊丹)に来たのは2度目、いや正確には3度目だ。
前に来たのは小学5年生から6年生になる間の春休み。
東京で暮らしていた私たち一家に、父の郷里である熊本への移住の話が出ており、この時は土地の購入などのために、父の郷里への帰省を兼ねて、熊本へ1週間ほど出掛けたのである。
この時が大阪経由でのフライトになっていた。
熊本の天候不良で大阪からの出発が遅れ、空港のターミナル内でしばし足止めを食らったことを覚えている。
帰りは熊本での用事を済ませ、長崎の雲仙へ1泊する余裕をかまして、当時の大村空港からやはり大阪経由で東京へ飛んだ。
だからこの時に2回、大阪空港に立ち寄ったことになる。




昨日の熊本空港もそうだったが、今日もまた出発口が一番端という遠さなのは何故?
南ターミナルの最も端に当たるボーディングブリッジの先に、搭乗口があるために、とにかく今日も延々と歩くワタクシ。
ヒコーキのドアを潜ったのは、出発時刻5分前になっていた。



朝イチの便は結構座席が埋まっている。
日曜日だからなのか、ビジネス客よりも観光客が多いな。
私は復路も事前座席予約で、前方右窓際の座席を確保していた。
3列シートのとなりはカップルで、今日から熊本へ観光に行くらしい。
女性のほうが旅情報書籍を取り出し、
「今日はこことここに行って・・・」
と男性に教えている。
ふむふむ、菊池渓谷トレッキングねぇ、結構歩くよあそこは。
「そして今夜泊まるのがこの宿」
あー、カップルで泊まるんだったら、そこじゃなくてその隣に書かれている宿のほうが良かったのに…(笑。



大阪空港Runway32Rを離陸した機体は、神戸空港の真上で右(西)に進路を変え、瀬戸内海上空を飛行する。

三原市上空

PC版は画像クリックで拡大表示

気がつけばもう、広島県三原市が見えている。


気がつけば…なのだが、窓のすぐ後ろに見えるエンジン部分。
ここに気になる箇所があった。

エンジン

コレである。

エンジン部拡大

PC版は画像クリックで拡大表示

拡大表示するとこうなっている。

たぶん継ぎ当てがあるところから、何かをリペアした跡だと思われるのだが、これって破けているんじゃないスかね?
飛行前点検で問題なしとされたから飛んだのだよね?
見落とされたわけじゃないよね?

巡航速度マッハ0.82=つまり対地速度900km/h近くで飛行するのだから、この捲れた部分にかかっている風圧は、並大抵のものではない筈。
「飛行中にベリベリッと剥がれたりしないのかなぁ?」
すげー心配だったワタクシ。
CAさんに質問したくなったけど、それを辛抱して乗っていた。

その心配には及ぶこと無く、エンジンから異音も聞こえず、無事にフライト出来たから、今私はここにいるんだけどさー。


主翼1

このドキドキさせた機体は、ANA(この便はANKが運行)のJA8393でありんす。
マニアな方はちょっと気にしておいてくだされ(笑。


右手に見えてきたのはくじゅう連山。
既に大分県上空に入った。
熊本空港まであと少し・・・。


ん?
ASONOを過ぎてから、少し北寄りに飛んでいる気がした。
Runway25のビジュアルアプローチかな?

いや、違うな、風向きから見るとRunway07だろう。


視程が良いので、我が家のある方向が良く見えた。
我が家に近い、中腹から山頂にかけて大きな奇岩がそびえる山も、肉眼ではくっきりとわかった。

我が家方向

PC版は画像クリックで拡大表示

こうして見ると、わがやってやっぱり「山の麓」にあるんだなぁー。






ってことで飛行時間1時間で熊本へ到着し、真っ直ぐ自宅へ戻った。
もしも遅延があった場合に備え、神戸行きの荷物に仕事用の制服まで突っ込んでいたワタクシ。
本日はこの後、非情にも仕事なのである。

休もうと思えば休めたかも知れない。
何しろ神戸で親類の結婚式だと言って、土曜日の休みを貰っているのだから。
だがまだ「研修中」の目印を付け、ヨタヨタと仕事をしている立場ゆえ、原則的には土日勤務という職場で、土日の連休を願い出るだけの勇気がなかった。
だから土曜日だけ休ませてもらい、日曜日は遅番で仕事に入る算段なのだ。



自宅がある地区では、今朝8時から地域の清掃作業が行われており、ダンナはそれに参加した後、早めに作業を切り上げて出勤している筈だ。
もう職場に出ている時間なのだがな・・・。
もしも予定が変わって、まだダンナが家にいたら気まずい。
神戸に行くとは告げていない手前、旅行カバンを車から降ろすことができないからだ。

ちょっと帰り道を迂回し、ダンナの職場の前を通ってみた。
よし!ダンナの車がある(爆。

安心して鼻歌交じりで家へ向かう。



一度家に戻り、出勤前に1時間仮眠する余裕があった。
機内で眠れたら良かったのだろうが、ヒコーキに関してはオタクを自負する私なので、窓際に席を確保しながら眠るなんて勿体ないことが出来なかった。

まだ頭がスッキリしないまま、昼前から仕事に出る。
職場への土産にした神戸スイーツ=神戸ショコラリパブリックのサブレは、
「美味しかったです!」
と誠に好評だった。
しかし18枚入りのサブレを買って行ったところ、出入り業者までが、
「いただきます!」
とニコニコしながら休憩室で食べており、
「げげっ!君たちが食べたんじゃ、数が足りなくなるんだよー!」
と焦る。
後から休憩室に来て食べようとした人々には、足りなくなっていたこと確実だ・・・。

オラ知らねぇよー。



霞がかかったような頭がスッキリし、仕事していてもボーッとしなくなったのは、もう日没近い時刻だった。
若くないので疲れが抜けるまで時間がかかるのね(苦笑。

そこから20時過ぎまで仕事に励み、何事もなかったように帰宅。
神戸でちょっと珍しい乾物を1袋買っておいたので、それを神戸土産とは一切告げず、晩酌を始めていたダンナへ出した。

我が家は平和だ・・・。





励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

09/10のツイートまとめ

uuban_gya

神戸の新長田、鉄人28号どーん!迫力ありますっ! http://t.co/mBvY4qG
09-10 15:15

さらに神戸

神戸港から山手地区にかけて周遊したワタクシ、もうひとつ気になる場所があった。




阪神神戸大震災が発生したその時、私はまだ暗い住宅街の間を当時の愛車である軽自動車で走り、実は家々に朝刊を配達している最中だった。
当時我が家に新聞を届けてくれていたのが、同級生の嫁ぎ先で、我が家地区担当になっていた爺ちゃんが入院してしまい、
「このままだとあなたの家の方面には、新聞が配れなくなっちゃうわ」
と言って、なかなか後任の人が決まらないことを同級生が悩んでいた。


今ならばほとんどのニュースはネット上で知るほうが早かったりするが、その当時はまだ違っていた。
今でも田舎の我が家だが、コンビニが近所にあったという時代でもなく、新聞が届かなくなるのは困る。
朝の早い時間帯だったら、何とか都合がつくかもよ…みたいな感じで、ちゃんとした人が決まるまでの間、私がその役目を引き受けてあげることにしたのだった。



そんなことを始めて、何とか配達にも慣れた頃だったっけ。

配達中は東京から放送されているラジオ番組を聞いていたのだが、その日阪神方面で大きな地震という一報の後、時間を追ってそれはそれはどエライ内容の報道に変わって行った。

そして配達を終えて家に駆け込み、テレビでヘリから撮影されている被災地上空の映像を見た私は絶句した。
ラジオだけでは伝えきれない惨状がその画面にあったからだ。




長田地区で大規模な火災が発生して、多くの方がその犠牲になってしまったことは私も覚えている。
その長田区の震災復興・地域活性化のシンボルとして、鉄人28号のモニュメントがあると聞いた。

アニメの鉄人28号を、幼い頃テレビで見ていた記憶がある。
長田にある鉄人28号は、アニメーション版の設定に合わせて作られた1/1スケール像だと言う。
結構人を集めているらしい。
見ておきたいな・・・と私は思った。





鉄人1

デカイ!
それは堂々としたデカさだった。
感動を伝えたく、画像まで特別にデカ版で掲げた。

鉄人2

PC版は画像クリックで拡大表示

この鉄人28号像がある一帯は、震災後に区画整理され新しい街路が出来たそうだ。
復興住宅とも言うべき高層の住宅街と商店街の中、そこに公園があって、鉄人28号は天に拳を突き上げていた。

鉄人3

「鉄人28号」の原作者である故・横山光輝氏は、神戸市須磨区出身とのこと。

鉄人4

中は鉄骨、外は耐候性鋼板製。重量はおよそ50トン。両足の下、深さ6mに埋められたおよそ150tの基礎で支えられている。

鉄人5

両手を上げた「ガオー」のポーズよりも、躍動感のあるこのポーズに決定したとの裏話。

鉄人6

ぐるっと一周して、いろいろな角度から鉄人28号を見つめて来た。

鉄人7

PC版は画像クリックで拡大表示

商店街から活気がなくなっているのは、何も長田に限った話ではない。
だけどこの地域の人が、どんな気持ちを込めてこの鉄人28号を呼んだのかを知ると、鉄人28号に呼び込まれ縁あってこの地を訪ねた私も、がんばれ神戸、がんばれ東北、がんばれ日本!との気持ちになるのだった。


とても良く出来た、完成度の高い鉄人28号。
コッシー氏のガンダムよ、かくもありなん!!




鉄人28号にお別れし、いよいよオフ会の会場を目指す。

これもまた縁あって、1年半以上も前から毎日のようにネット上で関わっている人々がいる。
まあ早い話がちょっとオタッキーなゲーム集団なのだが。

その中のお一人が神戸市内で居酒屋の店長さんをしており、
「オフ会やりたいですね!」
「やるんだったらそこの店ですね!」
等と1年くらい前には話が出ていたと思う。

毎日冗談を言い合っているようなものだから、こんな話も出ては消え、消えては出ての繰り返し。

その間にメンバーが増えたり別れがあったり、一期一会な我々だったけれど、この先ぼんやりしていると、果たしてその「約束の日」がいつ来るかわからない。
この秋にはやってしまおう!と構想を実現に変えたのだった。




調べに調べまくって、間違うこと無く現地に到着。
最寄りの駅に着いたのは、開始時間の1時間も前だったけれど、荷物が重くてもう歩き回りたくない、疲れたよパトラッシュ…なワタクシ。
駅前の商業ビルで職場などへのお土産・神戸スイーツを買い物したら、もう時間前でも良いから行かせてもらっちゃえ!…と、その会場である居酒屋さんの前まで行った。


会場1

まずは店舗FIXから…と、ロケのお約束通りの撮影をしていると、そこへ私を追い越して速度を落とした車が1台。

会場2

おっ!
この山口ナンバーの車は!?

助手席を見ると、mixiの本人日記で先日ご尊顔を拝したばかりのコッシー氏が、シャイ・ガイになって座っていた。
車を降りたコッシー氏、チラと私を見る。
思わず小さく手を振ってしまったが、それに気づいているのにシャイ・ガイのコッシー氏は私をスルーして店内に声を掛けた。

振っていた手をショボーンと下ろすワタクシ…。

運転しているばらおー氏は、Ustreamの某所ライブ中継で何度かお見かけしている。
あれ?今日はメガネしていないんだ…。


店から出て来たねじり鉢巻が、店長の懐燕氏。
ニコニコとこちらを見ておられた。


ってことで3人で店に入らせて頂き、早々に席に着いて他のメンバーが来るまでの間、何もすることがないけど、シャイな面々がお話ししながら時間潰し。


やがて三々五々出席者が集まって、念願のオフ会は嬉し恥ずかしながらも始まった。



オフ会1

伊集院光がいたり、真夏に謎のニット帽がいたり、理知的な落ち着いた伝説の外交官がいたり、想像とは全然雰囲気が違う人やら、想像に違わない雰囲気の人やら、何だかうまく説明出来ないけれど、旨いつまみと旨い酒とで、あっという間に時間は流れて行く。

痩せた人を想像していると、意外とふくよかな人だったり、私の妄想はだいぶ外れがちだったりするのがオフ会。
10年近く前のオフ会もそうだったんだよなぁ・・・。



ゲーム仲間であるために、本日のメインイベントは、ぱぱ氏の武将合成成否や如何に!?だった。
この日のために、ぱぱ氏はゲームの中で熟成を重ねて来た。
その一瞬のためだけに私はMacBook Proをよっこらしょ、どっこいしょと持って来たようなものである。

さあ、どうなる!?


ぱぱさん・・・

ああ無情。
付かなくてもいいスキルが付いちゃって、
「がーん!」
になっているぱぱ氏。



しかし気を取り直して、その後もじゃんじゃん飲んで、聖龍氏の土産の東京ばな奈やコッシー氏の土産の紅葉饅頭も食べ、

オフ会2

お店の仕事を早めに切り上げて合流した懐燕氏も加わって、楽しいオフ会の時間はまたたく間に流れて行く。



皆さんこれからどうするのか知らないけれど、私はこの後大阪空港まで移動しなければならない。
大阪空港ホテルを予約しているのだ。
ケータイで乗り換え案内を調べ、今からならばこの電車だな…という頃合いに、皆さんと別れて店を後にした。


ぱぱさん、コッシーさん、ばらおーさん、弩羅権さん、懐燕さん、聖龍さん、カスペンさん、皆さんご参加をありがとうございました。
陸丸はもうこれで思い残すことはありません。




土曜日の夜の電車なんて、何年振で乗ったのさ。
大荷物抱えて乗るもんじゃないね(苦笑。

梅田駅での乗り換えが、えらく長く歩かされて辛かったよ。




蛍池で大阪モノレール線に乗ろうとすると、
「大阪空港行き、最終になります」
だって!!

うひゃっ!
それを知らずに乗り換え案内を調べていたさ。
モタモタと梅田駅構内を歩かなくて良かったよ。
乗り遅れずにちゃんと大阪空港へ着くことが出来たよ。



無事にホテルにチェックインし、風呂に入ってもうヘロヘロ。
なんだかんだ言って、私も結構飲んでいましたからなぁ。



明日の朝、一番早い飛行機でこっちを出る。
寝坊しないように…と心配しつつ、実は目覚ましをかけずに寝入ってしまったあこちん。

えーっ!?






励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

そして神戸

朝イチで修理工場へ愛車バロンちゃんを持ち込む連絡を入れた。
家を出る前にラジエーターへ水を注ぎ(ものすごくたくさん入った)、外れていたホースを繋ぎ、
「水温計には注意しながら来てくださいね」
と言われたので、それを気にしながら車を走らせた。

走り出してから3kmも行かないうちに、水温計が半分以上の指針に上がる。
やべー!
しかし振り切ること無く修理工場へ到着叶った。
そして到着時には、またしても白煙というか蒸気をシューシュー上げているバロンちゃん…。


よくよく見ると、愛車のラジエーターは、キャップが劣化していた。
キャップを開けてみたら、内側のゴムキャップが消えていたのである。
その原因が不明・・・。
ラジエーターキャップがこんなだから、内圧を抑え切れないことがまず判明した訳だ。




結局代車を出してもらうことになり、
「今度はATじゃなくてMTの車がいいなー」
と申し上げ、MTの軽自動車を代車にしてもらった。




さてさて、空港へ行かなくちゃ!
神戸へ行くのだ!
私にとって初神戸である。

行ってきます

スカイマークのWEB割21を使って購入していたチケットは、神戸までの運賃が7,800円。
安くて素敵だわー。
でもこの便、たまたまなのか毎度そうなのか、ボーディング・ブリッジを使わせてもらえない⑦スポットに駐機。
このごろは飛行機に乗る事自体少なくなってしまったワタクシだが、一旦外に出て搭乗させられるのは何年振りだろう???


私の座席は機体前方の右窓際である。

そう言えば私は、熊本ー大阪路線にも搭乗したことがない。
東京便とは違うルートを飛ぶんだろうなー。
何処を飛ぶのかなー。
ん?
東京便よりも南を飛んでいる気がするのよ。



・・・と思っているうちに、大分県佐伯市上空だ。
ここから九州を出て豊後水道へ。
うむやはり東京便よりも南だな。

佐伯市上空


そして四国へ差し掛かる。

日振島上空

愛媛勘宇和島市の日振島上空。
養殖いかだがたくさん見えるね。


もしかしたら土佐空港上空を経由したのかも知れない。
でも結構雲が多く、何処を飛んでいるのかワカラン。


徳島上空

しかし気がつけば徳島上空に達しており、吉野川の河口部が見えて来た。


吉野川河口

本場のさぬきうどんが食べたいぉ。




おっ!!

鳴門海峡大橋

PC版は画像クリックで拡大表示

鳴門海峡大橋 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
画像クリックして拡大表示すると、橋の下の渦潮もナニゲでわかるよ!


淡路島を右側にずっと見ながら降下。

明石海峡大橋

PC版は画像クリックで拡大表示

嗚呼、あれはあの日ゴエモンがフェリーで潜って来た、明石海峡大橋だ!
そのフェリーを私がWEB上から見つめていたライブカメラが設置してある「大阪湾海上交通センター」の建物も窓からよく見えた。


やっぱりヒコーキは窓際から、外を眺めつつ飛ぶのが楽しいよねぇ。
事前座席予約で窓際確保しておいいて良かったわぁ。

九州新幹線と競合している路線だし、関西方面には大阪(伊丹)便や関空便(熊本空港発着は現在廃止)もあるので、搭乗率的にはどうなんだろうと思っていたが、やっぱりスカイマークの安さがモノを言っているのか、私が搭乗した便は半分近くは座席が埋まっていた。

神戸空港

神戸空港に無事到着。
スカイマーク機しか駐機していないし(笑。





神戸へ来た目的は、ネットの知人らとのオフ会である。
夕方から始まるその…要するに「飲み会」にはまだ時間が十分あるので、折角神戸に来たんだから、少し観光してしまおう。
お土産に持参した地酒や馬刺し、そしてケンミンショーで紹介された「アベックラーメン」に加え、MacBook Proまで抱え込んでいるので、TAXIなども贅沢に利用し、神戸っぽい場所を回ってみた。


ポートタワー

神戸港なのだ。

萌黄の館

北野界隈の異人館へ足を伸ばし、萌黄の館なのだ。



風見鶏の館1

PC版は画像クリックで拡大表示

そして異人館と言ったらここ、風見鶏の館なのだ。


風見鶏の館2

風見鶏の館は補修工事が終わったばかりらしく、外交の塗装に至るまで真新しく塗り上げられていた。
これが何となく古いもののイメージを減少させていたのが残念…とは、外来客の贅沢な感想だろう。
文化財の維持管理が難しいことは、地元に明治時代の芝居小屋・八千代座があるので知っているつもりだ。
でも…もう少し風化したイメージがあっても良かったかなぁ。

異人館の周りは観光客がめっちゃ多かった。
聞きしに勝る坂道にて、道が狭くて徒歩じゃないと行けない異人館もある。
しかしご覧のとおりピーカンの上天気にて暑くてかなわず、ヘタレのワタクシは徒歩での散策を諦めた。




高台(ビーナスブリッジ)から神戸港を眺める。

神戸港

PC版は画像クリックで拡大表示

夜景も見てみたいけどねー。

でもこれらのビル群、ほとんどが震災後の復興によるものだと聞いて結構驚く。





そう、震災・復興と言えば…!!
まだ先があるのだけど、とりあえず神戸紀行前半記事はここまで!



励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

09/09のツイートまとめ

uuban_gya

【ある】|ついネタ:今日は9と9で「きゅうきゅう(救急)の日」。応急手当の講習会に参加したことはありますか? http://t.co/KVPXhtN @tsuineta
09-09 02:31

CALENDER
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR