浪人生活終了

明日から8月。
猛暑と戦う日はまだ続く。

有給休暇の消化もあり、そして入院と手術もあり、50日近くをダラダラと過ごしている。
その間には雇用保険の給付手続で、ハローワークへ二度出向いた。

出向くついでに求人票を眺めてみたら、自宅からそう遠くないところが求人を出していた。
へー、そうなんだー。

給与は決して高い方ではないが、僅かながらも賞与がある。
賞与を出すと言う話だったのに、結局出さずにうやむやにされた前職場よりも、労組もあるし右肩上がりの企業だし…、こんな所だったら悪くないかもねーと感じていた。
何よりも屋内の仕事で冷暖房完備、炎天下や雨の日風の日雪の日でも、外で走り回っていたあの仕事よりも、体力的にはずっと楽だろう。
それに何よりも、バカみたいな早起きしなくてもいい勤務時間なのである。



採用は1名ということなので、どうせ無理じゃろね~と思いつつ、そこへの紹介状をハロワに出してもらっていた。
実を言うとゴエモンが帰省している間に、そこの面接を受けていた。
「働くならば、8月に入ってからにさせて頂きたいです」
と勝手なことも言っちゃった。
欠員補充ということなので、こんな我侭言ったら無理だろうねーと思っていた。



ゴエモンの帰省が終わった少し後、ダメ元と思っていたそこから、あらまぁ!な採用の連絡を貰った。




もうしばらくは、のんびりと暮らしていてもいいと思っていたんだけど、この求人の話をした時、
「うん、いいんじゃないの?仕事していたほうがいいよ」
と何故かダンナが言う。
そうなのか・・・。
なんでだよ?




8月1日以降の就労を希望したのは、この日を境に「再就職手当」の給付率が引き上げられる(リンク先はPDFファイル)のを知っていたから。
この影響で、私が給付を受けることが出来る金額は、就労開始日が7月31日と8月1日では、支給額が10万円近くも異なるのだ。
どうせ貰えるならば多く貰えたほうがいいジャマイカ。
7月中に就労開始しても、その差額分だけの収入にはならないのさ。
それだったらその期間の分は、働いていたと思って失業保険を貰えば良い。
雇用側がこの事情を知っているのかどうかはワカランよ。


そんな訳で、7月31日をもって浪人生活終了。
明日から仕事に出ていくよん。
あまり早く明かしてもね…と思ったので、ギリギリまで明かさずにいたのをご容赦。

本日髪を切りに行ったのは、そのような事情があったからなのだよo2店長(苦笑。
妹にもまだ教えていなかったので、明日伝えておこう。



今度の職場は、ブログネタには出来にくそうな所なので、今後のネタにかなり困ると思われ。
どこでどんな仕事をするのかって?
それもまだ今は明かせないー。
初めての職種、全くのゼロからのスタートなので、謙虚に出勤いたしやす。





励みになります

テーマ : ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~
ジャンル : 日記

そんな事もあったよね

今朝、猫のトイレの掃除をダンナがしていた時、チラとダンナがパソコンに視線を向けた。
あ、見たぞ。
何か言うぞ!
そう思ったが、一瞥くれただけで何も語らず。

気がついたけど完全スルー。
結局そういう事か。
いまだに何も言わない。
いや、言ったところでどうなるもんでもない。
彼はそう感じているのだろう。

27インチの存在感、そのような感じッス。
たはははは。





昨日と今日、NHKで「未解決事件」を興味深く見ていた。
警察庁広域重要指定事件114号。
いわゆる「グリコ森永事件」、もう27年も経過するのか…。


番組で取り上げられていたのは、関西の警察内部の話だったが、関東方面でも地味に捜査や警戒は行われていた。



「グリコ森永事件」と呼ばれているが、脅迫を受けた企業はこの2社だけではない。
首都圏の某所、脅迫先のある企業のエライ人の自宅前に、小さなコンビニがあった。
「どくいり きけん たべたら しぬで かい人21面相」
の脅迫状と、青酸入り菓子が発見された後、このエライ人の自宅前コンビニは【重要警戒場所】とされ、防犯カメラ監視のために、捜査員が連日投入されていた。

二人一組の捜査員が、店舗裏の休憩室で、コタツに入って防犯カメラ画像を見続ける…という勤務。
捜査課員だけでは人員が足りないので、他の課からも応援でこの捜査に連日人間が出されていた。

結論から言うと、何事もない時間が流れて行く訳なのだが、何事もなさすぎて眠気も催す。
あの当時の世間は、ピリピリした空気があちこちに流れていたと思うけれど、コタツに入ってポカポカと過ごしているうちに、何をしているんだか…と言った雰囲気になって来るのも否めない。


居眠りしている間に異変が起きなくて、マジで良かったぞーと、番組を見ながら思い出していた。



fox

あの当時、この写真は、私のポケットの手帳にも入っていた。
つか、たぶん今でもこの家の中の、何処か奥深くに入っている。





あの時…、段々と慣れて来て、緊張感がなくなって、つい居眠りしちゃってごめんね。
(-_-;)
でも捜査課の人も居眠りしていたよ。
27年も経ったので明かす事実。
番組で明かされた新事実に比べたら、なんともお粗末な話。




励みになります

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

07/29のツイートまとめ

uuban_gya

奴留湯温泉なう☆知る人ぞ知る名湯なり。 http://p.twipple.jp/JHRLA
07-29 15:35

阿蘇スカイラインなう☆高原の風~♪ http://p.twipple.jp/5nmhc
07-29 10:34

行け行け温泉ハシゴ(後編)

本当は一気に書いたのだが、あまりにも長い記事になったので、前編と後編に分けた。


渓流沿いの貸切湯を出た私たちだが、今日は時間がたっぷりある。
「杖立プリンが食べたいわ」
と湯上りのO嬢が急に言い出す。
なんじゃそれ?
「知らないの?」
知らんがな。

地元情報誌に出ていたらしいが、私はそれを見落としていた。
杖立温泉ホームページに、「杖立プリン伝説プロジェクト」の記事が出ていた。
http://tsuetate-onsen.com/michikusa.html

杖立温泉の各旅館やお食事処等で、地場の素材を生かし、温泉の噴気で蒸したプリンを出しているそうだ。
それぞれオリジナリティーを出しているらしい。
「時間があるから、食べに行こうよ」
O嬢熱望。
付き合います…。


観音岩温泉ではそれを出していないようなので、温泉街の中へ移動し、観光案内所で杖立温泉のプリンマップをもらい、それを参考にして行き先検討。

プリンマップ1

PC版は画像クリックで拡大表示

プリンマップ2

PC版は画像クリックで拡大表示

13店もあって迷う。
がしかし、種類が多いところへ行ってみるとするか。




杖立温泉プリン1

車を降りて入り口へ向かうと、いきなりこんな光景。
旅館の入口手前がコレ。
笑った。


杖立温泉プリン2

狭いけれど趣があって良い旅館の入口。
「米屋別荘」

杖立温泉プリン3

入るとすぐに囲炉裏があり「炉火居」の木札が壁に。
ああ「ろびい」ね(笑。

プリンを注文すると、このように冷たいお茶を添え出て来た。

杖立温泉プリン4

私が選んだのはティラミス風チーズプリン。

杖立温泉プリン5

ふむ、プリンというよりもティラミスになっちょるがな。
O嬢は桃の果肉入りヨーグルトプリンを食べた。
ふむ、ヨーグルトだな。

O嬢が自宅への土産にキャラメル味プリンを購入。
キミはそんなにプリン好きだっけか?
保冷バッグを車に常備していて良かったぞい。



杖立温泉FIX

春にはこの杖立川の上に、3,500匹もの鯉のぼりが泳ぐ。
今では全国各地でそのような光景が見られるが、実はここ杖立温泉が発祥の地と言われている。
井上陽水の「リバーサイドホテル」は、この温泉の某ホテルがモデルだと言われたり、つじあやのの「風になる」(ジブリ映画『猫の恩返し』テーマ曲)のPVロケに使われたりもしている杖立温泉。
意外なヒミツがあったりして興味深いど。



「風になる」のPVを挿入してみた。
草原の風景や鯉のぼり、そして昭和の面影を残す温泉街の路地。
なかなかいい味出している。







さて先に書いたように「温泉のハシゴ」を目論んでいる。
ホントは杖立温泉を目当てにしていた訳ではない本日。
「夏こそあの温泉!」と、かなり前から頭の中に置いていた場所へ向かおう。


途中に旧国鉄宮原線(廃線)のコンクリート橋群がある。
7つ残るこのコンクリート橋群は、国の登録有形文化財に登録されている。

幸野川コンクリート橋

これは幸野川橋梁。
これらの宮原線の橋梁建設当時は、戦争準備のために極端な鉄不足であり、コンクリートの中に鉄筋を入れる代わりに、竹を入れたと伝えられる、いわゆる「竹筋橋」と言われる橋がある。
幸野川橋梁もそのひとつ。




幾つかのコンクリート橋をくぐって、目的の温泉へ着いた。

奴留湯温泉1

奴留湯温泉だ。
硫黄の匂いが外にも漂っている。

その昔、殿様がこの地に来ると、随行していた奴さんたちがぬるい湯に長く浸かり、旅の疲れを癒した場所で、さんをめたおであることから「奴留湯」と呼ばれるようになったとか。
「ぬるゆ」と読む。
硫黄泉で源泉は38度。
文字通り「ぬる」なのである。
冬期は加温するそうだが、夏場はこのぬるーいお湯にのんびり浸かるのが、実に心地良いらしい。

奴留湯温泉2

管理人不在で、料金箱へチャリンとお金を入れる。
内部は「ムラの共同浴場」といった感じで、脱衣所などは決して広くない。

浴室はというと、

奴留湯温泉3

大小2つに仕切られた浴槽から、こんこんとお湯が溢れている。
シャワーはなく、二つあるカランからのお湯の出は細い。
だけど浴槽から桶で汲み出せば十分使える。

奴留湯温泉4

河原石と思われるものが底に敷かれている。
ところどころに開いたパイプの穴からもお湯が出ている…のかな?
外へ溢れ出ているお湯の量からは、そのような印象も受ける。

常時湯が溢れて流れている洗い場には、白く硫黄成分が沈殿しており、歩くと足の形だけそれが消える。
硫黄成分がこんなにも多いってことなんだなぁ。



湯に浸かった。
ぬーるーいーーーーーー。
源泉が38度ならば、浴槽の中は人肌程度つまり体温と同じくらいの温度だろう。
こりゃぁ本当に夏場は最高!
1時間浸かっていても平気だよ。

硫黄の匂いはあまり得意な方じゃないけれど、ずっとここにいる間に慣れて来た。

熱烈な温泉ファンの間では、ここはかなり人気が高い。
それでいて、周囲にある「わいた温泉郷」に比べると地味な場所なので、なかなか最初の一歩を踏み出すまでには時間がかかる温泉のようだ。
「奴留湯温泉」でググると、絶賛の記事が山ほど出て来る。
この近くまでは良く来ている私たちなのだが、やはり他の温泉へ向かってしまう事ばかりで、気になっていた場所だったがやっと来ることが出来た。

「この夏の間に、また来たいよね!」
「うん、暑い時はこのぬるさがいいねぇ!」

実を言うと、私たちのお気に入りの隠れ家的御食事処「野いばらの実」が、この温泉のすぐ近くにある。
ついさっきここへ来るときも、お店の前を通過して来たばかりだ。
今日はそば街道でランチを済ませて来たので、立ち寄らずに失礼してしまったが、次回はこちらでランチと温泉っていう組み合わせでもいいね。



前編と後編、こんなにあちこち回っても、まだ日が高いうちに家路につくことが出来た。
小国地方は真夏でもクーラーいらずで、実に快適な一日を過ごせるからいいどー!
よく遊んだねぇ、というか内容充実していたねぇ。
この先しばらくあんまり遊べなくなるかも知れないので、凝縮したって感じだわな。




励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

行け行け温泉ハシゴ(前編)

雇用保険の手続のために行く私と、退職後の職探しをしておきたいO嬢が、朝イチで業務開始直後のハロワへ行く。
月末で週末とあって混雑が予想されたので、早く出て来たのだ。
「そんな日だったらドアが開く前から行列だろー」
とダンナに脅かされていたのだが、着いてみると駐車場はまだガラーン。
肩すかしー。



受付で番号札を取り、すぐにでも呼ばれそうな感じだったが、何故かなかなか呼ばれない。
何故?と思っていたら、コンピューターのシステムがどこかダウンしているらしい。
ご愁傷様です…。

9時前くらいからやっと業務が始まった。

ハロワ

色々と説明を受けて、書類を貰って本日は終了のワタクシ。
取り敢えず来週にはちょびっと、雇用保険から振り込まれる(^^♪

O嬢の用事もそれから間もなく終わった。
あら、まだ9時半過ぎたばかり。
外を見ると駐車場はだいぶ埋まっているし、待合ロビーの人も増えている。
私たちは早く来たからこれで済んだのだろうが、かなり時間が余ったね…。


「涼しい所に行きましょう♪」
またO嬢の避暑願望が出たー。

付き合いますよっ!



菊池渓谷を過ぎると、窓を開ければもうかなり涼しく、エアコン無しでも快適ドライブ。
阿蘇スカイラインを東へ、そして大観峰手前から国道212号線を北へ。
小国町のJA直売所で新鮮なお安い野菜を買い求めることで、昼前まで少し時間を潰す。
その後少し国道212号線を南へ戻り、あの「そば街道」(旧国道212号線)へ入る。

戸無の蕎麦1

駐車場から石畳の坂へ入り、木立の中を登って進む。
石畳左手の斜面に石仏群。

戸無の蕎麦2

「田の神さん」である。
一カ所にこの石仏が集まっているのは、尋常ではない気がする。
おそらく何処かから集めて来ているのだろうと推測。

でも田の神さんは明るい表情をしたものだし、よく見ると一つひとつ異なるその顔立ちも趣があって良い。
カメラを向けると絵になるしね。


この店に来たのは4~5年振りくらいだろうか。

戸無の蕎麦3

『戸無のそば屋』
昨年夏、ゴエモンと行った蕎麦屋の、本店という位置づけ。
O嬢がお気に入りの店である。

平日の昼間、それもランチタイムまでもう少しというところなので、まだ空いていた。
土日祝日の昼時に行くときは、かなり待たされることを覚悟しなければ…な人気の店。
というかそば街道自体が、何処に行っても結構待たされる訳なんだが。

ちょっとした個室にご案内されて、窓の外の森の風景を眺めたりして、独特の田舎の雰囲気を感じ取る。

戸無の蕎麦4

小国郷のピリ辛大根卸しそば(おかず付き) 1,600円

おろしそば


二人とも同じものを注文する。
ここに来ると思うこと=蕎麦で勝負したいのなら、単品の蕎麦メニューを設定してもいいと思うんだがなぁ…。

でも嫌いな味じゃないんだよ。
おかずがなくても構わないと思ったりするんだけどね。

と言いながら単品で、

戸無の蕎麦5

地鶏の炒め物(細くスライスしたゴボウ付き)700円と、

戸無の蕎麦6

山菜・野菜等の天ぷら盛合せ1,100円も頼み、二人で分ける。
天ぷら…そいつはいくら何でも高いだろー…と内心思うんだけど、それでも頼む私が負けだな。

割り勘で一人2,500円。
まあ…『戸無のそば屋価格』だなぁと思う。
そば街道でも、ここまで出さなくても食事出来るところは、他にあるからねぇ。
本日はO嬢のリクエスト優先ってことで目を瞑ろう。

次回は『花郷庵』の「天ざるそば」を食べさせてくれ。
ゴエモンとも食べに行った店だ。
その時の「そばづくし」でもええよ。





そば街道は黒川温泉の近くだし、その周囲には私がご贔屓の「わいた温泉郷」もある。
本日は『夏こそ行きたい、あの温泉!』という目的をひとつ設定して来ているのだが、
「それにしても時間が結構あるんだよね…」
という状況。

「杖立温泉にでも行く?温泉ハシゴでもいいよー」
と言い出すO嬢。
「ど、どうしたの、やる気満々じゃないの…」

杖立温泉かー。
実はまだ私は行ったことのない温泉なんだよねー。
大分方面に行くのに、横を通るだけだもんねぇ。


行きますか。



肥後の国の北の果て。
大分との県境に近い山奥の、杖立川の両岸に温泉宿が並ぶ杖立温泉。
「うちの高校の合宿さぁ、どうしてこんな遠くまで来るんだろうね。
 温泉地というのだったら、地元(当市内)温泉にお金落としてあげればいいのにね」
「ホントだよね…」
私とO嬢の母校で、ゴエモンとO嬢子息の母校である高校。
私らの時代にはなかったが、今は入学するとすぐに、2泊3日で学習合宿が、この温泉地の大きなホテルで行われる。
3年生の夏季学習合宿も行われる。
この山奥まで来る意味が、PTA執行部に3年間いた私でも、イマイチわからん。
貸切バス代が勿体ないと思うのよ。



杖立温泉の近くを通る度、もしもこちらで温泉に入るのだったら、あそこへ行きたいと思っていた場所がある。

観音岩温泉1

杖立川の川岸、崖の上に張り付くように立っている貸切湯。
すごいところに作るもんだよなぁと感心していた。

観音岩温泉2

ってことで「杖立観音岩温泉」、こちらにお邪魔。
全部で27室もあるというのが売りなのだが、平日の早い時間なので手を抜いているのだろうか、その中の1/3近くは「本日は使えません」の表示が出ていた。
受付のおばちゃん一人で掃除担当も兼ねている模様で、チャイムを押して呼び出し、掃除中なのを戻らせる仕組みだったりする。
うちの近所の貸切湯のほうが、規模は小さいがまだ人手は多いぞ…。

それでも平日限定で「1,300円→1,000円」の値下げサービスの部屋を設定していたり、土日休日は50分→平日は60分をゆっくり設定にしていたりで、
「ラッキー♪」
な気分にさせてくれる。

値下げ設定になっている16号室を選んだ。

観音岩温泉7

石組みの風呂と檜の寝湯があるお部屋。

観音岩温泉3

この部屋にはパール柑が籠に入って用意されており、この様にして浮かべて楽しむことが出来る。

観音岩温泉4

窓の下には杖立川がドドドと流れて、その川音がBGM。
いい眺めだー。






観音岩温泉5

あっ!
温泉に配置されている吉備の国の隠密ヤモリ、久々に姿を現す!!
かような山奥にまで派遣していたとは、やるではないかヤモリ隠密。

ヤモリ城の殿が療養中らしいので、見舞いにサービスショットじゃ!
隠密よ、この画像を向こう側から、ヤモリ目線カメラで送信せよ!

観音岩温泉6


・・・。
ヤモリ城の殿様、鼻血ブーで寝込んだかも…。
無理をなさらず、体調の管理第一でお過ごしくだされ。



川風が上がって来るというか、外はピーカンの好天なのに涼しげに過ごせた。
たっぷり1時間ダラダラ過ごす。


さて…と。
これで温泉を一カ所クリア。
計画は「温泉はしご」である。
続きは後編で。



励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

07/28のツイートまとめ

uuban_gya

【ある】|ついネタ:ボランティア活動をしたことがありますか? http://bit.ly/ruDeBL @tsuineta
07-28 17:10

我慢もほどほどに。

節電を心がけようと、出来るだけエアコンを使わずに頑張っている。
そこそこの風が吹いていた今朝も、LDKの窓を全開にし(東・南・北に窓がある)、扇風機をかけて過ごしていた。
風がそよそよと流れ続けていたので、そのまま夕方まで頑張り続けたのだが、気がつくと日没前に風がピタリと止んでいる。
ふと室温計を見ると32度を超えていた。

うひゃぁ!
そこまで頑張っていたのか自分!!
あんまり動きまわっていなかったので、汗だくになることもなく過ごしており、30度突破に気づかなかった。


扇風機の風を浴びて、パソコンに向かったりテレビを見たりしている私はいいが、同じ部屋にいても風が当たらぬ生き物たちにはたまらんだろう。
ちょっと買い物に出る用もあったので、外出の戸締りを兼ねて窓を閉め、エアコンを作動させた。

ふう、涼しい~!




こういうのが怖いんだろうねぇ。
気がつかないうちに室温が、予想外に上昇しているの。
屋内で熱中症になるのって、こうしたことが切っ掛けなんだろうねぇ。




お昼寝

扇風機だけの時は個々で思い思いに寝転がっている3匹の猫。
それもなんとか涼し気なところを求めようとしている。
しかしエアコンが入ると、ちょうどその吹き出し口の下に当たるこのソファの上に、わらわらと集まって来る。
生きるための知恵って、こういう姿にも現れるよね。


暑い暑いと言っているが、まだ7月である。
もっと暑い8月はこれからだ。
みんなで体調に気を付けようね~!





本日の夕食を終えても、ダンナが27インチiMacに気づいていない。
どんだけ鈍いんだ?






私信
ヤモリさん、お元気ですか?
暑さにへたばっていないですか?





励みになります

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

07/27のツイートまとめ

uuban_gya

W杯決勝前日「かどの駄菓子屋」にてINAC選手のサイン入りユニフォーム等を見て来ましたよー。我が家も土産はコレを良く買います。 RT @55kumamon: なんかすごかことになっとるけん☆ http://bit.ly/qRYjLv
07-27 22:22

ミッチー王子結婚も檀れい結婚も、どちらも結婚にびっくりだし、この組み合わせにびっくりだ。でもおめでとうです。永里優季様が入籍しましたとTwitterにて発表。こちらもおめでとうです。
07-27 21:43

憎まれそうなニューフェイス

遂にあの、27インチiMacが到着した!
待ちに待っていたこの時。
早速箱から取り出してセットする。

それにしても時代は変わったよなぁ。
キーボードもマウスもBluetoothだもんなぁ。
手元にケーブル類の少ないこと!

よっこいしょっと…。
そんなに重くないのね。
やはり薄いからだろうな。
ああ、だけどやっぱり27インチはデカイわ(笑。

27インチ!

手前にMacBook Proを置き、FireWireケーブルで2台を繋ぎ、MacBook Proに入っているデータ等をコピー中。
40分くらいかかったかな?

遠近法になっているのでMacBook Proが大きく見えるが、実際は15.1インチであるこのノートの幅というのは、iMacの右に置いているFAXと同じくらい。
だから従来と比較したら、どれだけ大きな画面になったのかわかるだろう。



データのコピー終了。
さて…とiMacが働き出すと…、ええっ!?

アプリもほとんどコピーされていた。
すげー。
Firefoxのグリモンのツールも全部移植されており、いちいちダウンロードして来る必要がない。

ってことはだよ…?
フォトショもこの環境で使える訳?
OS10.6でも動くのかい?


・・・・・動いたよ。
なんだこりゃ。
噂と違うな、どうなってんだ。

買い換えずにしばらくこのまま使ってみようっと。

他にMS Office関係もそのまま動く。
いいのかなこれ…。



薄いから壁に張り付くように置かれているiMac。
呆れたことにダンナがまだこれに気づいた素振りを示していない。
見つけたら「買ったのか!?」って目を三角にすると思っていたので、適当な言い訳を考えて待機しているのだが、何となく肩透かし。
まあモニターが壊れてお外へ放り出したことは知っているし、Macのことは全然詳しくない人が相手だから、iMacが置かれているのを見ても、モニターだけ買い換えたように思うのではないだろうか。

どっちにしたって一応一悶着あるだろう。
ダンナに憎まれそうなニューフェイス。
だけど買ったもん勝ちだよーん。



励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

婆様認定

本日は我家の愛犬ラブちゃんの、ワクチン接種とフィラリアのお薬受領。
O嬢の家のワンコ2匹も同じく。
かかりつけは同じなのだが、全員一緒に来院すると、O嬢の家の繊細な神経のワンコがガクブルになるので、あちらのワンコを連れて行くには私が運転して彼女がワンコを監視。
ラブちゃんは平気で座席を乗り越えて運転席まで来るワンコなので、私が運転してO嬢が助手席でラブちゃんの徘徊をガード。
つまり本日はそれぞれの家と動物病院を往復また往復。


ラブちゃんは今年の3月で10歳を迎えた。
我が家で引き取った時は6歳になっていたが、それ以降避妊手術に乳首の腫瘍と、このセンセの所に来るとあんまり楽しいことは経験できない仕組みになっている。
引き取った時の体重31kg超え。
「ダイエットさせないと駄目ですよ」
とその時センセに言われ、3ヶ月近くで目標体重25kg迄落として、現在もそれを維持している。
痛い思いはするし、大好きなご飯は減らせというし、ラブちゃんにとってセンセはありがたくない存在。

今日は動物病院のドアを入ろうとしなかった(苦笑。


いやなのよねー

「このニオイ…嫌いー」
普段からおとなしいワンコだけど、へたり込んで動きたくないご様子。


注射をチクリとされ、ますます気分的に沈むラブちゃん。
沈んでショボーンとしている程度ならまだ良い方かも。
O嬢の家のワンコ(白戸家のお父さんと同じ北海道犬)は、注射をされた直後に、センセに向かって歯をむき出しにして怒った。
飼い主であるO嬢がなだめようとしたら、その怒りモードのまま、O嬢にまで唸った。
「こんな性格だから、私一人で車に乗せて連れて来るのは難しいのよ…」
知ってるよ。
だから付き合っているんじゃん。


ラブちゃんは今年のフィラリア検査を忘れていたので、先程採血して検査待ち。

脱力

「もー、チクンされて痛いしー、ここ嫌いー、早く帰りたい…」
ラブちゃんの開き状態。

この犬は元々こういうポーズを取るワンコだったし、歩く姿も、
「かなりのO脚」
とセンセからも言われていた。
でも本日ラブちゃんを診察したセンセは、
「後ろ足が弱ってきていますね」
「白内障も少し出てきていますね」
とおっしゃった。
白内障の疑いは私も気づいていた。
黒目が少し白く反射することが気になって来ていたから。
腰から下が弱って来ているようだとは、散歩担当のダンナが既に気づいている。

「本人が喜んで散歩するようなら、それに合わせていいんですけど、
 激しい運動はもう避けてあげたほうがいいですね」
センセにおばあちゃん認定されてしまったよ。



大型犬は小型/中型犬に比べると、老化が早いと言われる。
「小型/中型犬だと、10歳は人間の56歳というところ。
 でもラブちゃんの場合は、それに10歳増しと言うくらいになります」
センセは教えてくださった。



ラブちゃんよ…、もう66歳を過ぎているってことなのかい。
そりゃぁ足腰も弱り、目も見えにくくなって来るわな…。


ゴエモンがラブの犬小屋を、
「一生住める小屋にしてやる」
と言って、私と改築してくれてから3年経過した。
台風が来ても飛ばされる心配などない、実に立派な犬小屋を作った。
ラブちゃんの一生って…。
猛暑の中、日陰を求めてだらーんとしているラブちゃんを見ると、つい「来るべき日がある」事も考えてしまうワタクシ。

フィラリア検査の結果は今年も陰性だったけれど、ラブちゃんの小屋の周囲は毎日蚊が唸っている。
センセに本日言われるまでもなく、なんとなーくラブちゃんの衰えを感じ取っていた私は、これまで使ったことのなかった「虫コナーズ」の類を、数日前にラブちゃんハウスの入口前に取り付けてあげたところだった。
日頃の姿が何となく、思わずそうしたことをしてあげたくなるような、やんちゃさが抜けているワンコに変化しているラブちゃんだった。



ゴエモンよ、今度帰って来る時は、ラブちゃんとの時間を出来るだけ多く持ってあげなさい。
オカンの言いたいこと、わかるよね?





励みになります

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

07/25のツイートまとめ

uuban_gya

ヤマメの刺身なり~♪ http://p.twipple.jp/UexLT
07-25 13:19

山鹿市菊鹿町、山の神ヤマメ養魚場なう☆メチャ涼しい! http://p.twipple.jp/JG9Rs
07-25 13:07

天然納涼祭

退職まで残り3週間ほどになったO嬢。
有給休暇の消化もあるので、比較的休みが多い日々に入って来た。
「蒸し暑いねぇ、涼しいところに行かない?」
とお誘いの声を頂戴する。
ですねぇ、行きましょうかね。

ヤマメ1

やってきたのは我が家から車で30~40分、標高450mのヤマメ養殖場。
真夏でもクーラー不要の、爽やかな涼しさがお気に入りの場所。
3年前にオオウナギが現れたあの養魚場だ。

ヤマメを食べて、渓流の上を吹き抜ける風を浴びながら、ゆっくりしよう~。


ヤマメ2

ヤマメの刺身。
「なんか今日はえらく肉厚に切られていないかい?」
「でも美味しいよねぇ~」

ヤマメ3

ヤマメの塩焼きと唐揚げ。
「美味いねぇ~」
「来てよかったねぇ~」
都会の皆様から見たら、何とも贅沢なこの時間…。

本当に涼しい。
風がヒンヤリっていうのは、このことを言うのだ。

「ここは夏場にはもって来いの場所よね」
「あ、でもね、先日の新聞に出ていたんだけどね、
 鯛生金山(たいおきんざん)はもっと涼しいんだってよ」

鯛生金山は大分県日田市中津江村にあり、今は閉山になっている金鉱の坑道を、地底博物館として一般公開している場所だ。

「坑道の中は、寒いくらいなんだってよー」
「え?じゃあ行こうか?」
行こうかってO嬢唐突。
「マジですか!」
「だってこの先の山道を行ったら、そのまま鯛生金山に着けるよ」
「そ、それはオイラだって知っているよ…」
「行こうよ」
「マジすか!?」


場所はとにかくわかっちゃいるが、まだ坑道の中までは行ったことがなかった鯛生金山。
昨年の猛暑の日、元職場の先輩二人が昼で仕事が終わった時に、
「涼しいところに行きたいね!」
と言って、職場からそのまま行っちゃった、凄く涼しくて別天地♪…と話してくれていた。

ヤマメ養魚場から1時間もかからないけど、結構な山道なのよね。
でもまあいいか!と、O嬢のリクエストに応じて速攻で向かうことにした。
ホントにホントに凄い山の中を走り、カナカナゼミの声が降り注ぐ山村に到着。



坑道の入り口へ辿り着く前に、砂金探しコーナー(有料)が気になる二人。
「面白そうだね」
「やりたいね」

鯛生金山2

30分600円。
坑道見学料とセットにすると400円に割引。
砂の中に砂金が隠れているので(放流された砂金だよね)、それを探し出そうというアトラクション。
取った分は持ち帰ることが出来る。
金山跡の施設にありがちなものですな。
中には天然石のかけらも含まれており、それも取り出しながら頑張っちゃうと、砂金を探す時間が足りなくなるぞという仕組み。

天然石はゴロゴロと見つかった。
あんまりにも多いので、途中から天然石選別をやめたほど。
それでもこんなに見つかった。

鯛生金山3

「これはこれで、キラキラして綺麗でいいよねぇ」
O嬢よ、呑気にしていると時間が来るぞ。

私がゲットした砂金はこれだけー。

鯛生金山4

長径が2mmほどしかない砂金。
それでもワクワクして面白かった。

「また来ようね、またやりたいね」
と近くにいた親子連れが話しているのを聞き、
「みんな感じることは同じなのねぇ…」
とO嬢が言う。
「え?O嬢もそう思っていたの?
 私、坑道から出て来たらもう一回やりたいくらいだよ!」
「そ、そこまでは言わないけど…」
いや、ホントにそのくらいハマってしまっていたワタクシ。


後ろ髪を引かれる思いで、坑道の方へ向かう。
坑道の手前に来たら、空気がガラリと変わった!
「冷たい!」
「なんだこの冷気は!!」

鯛生金山1

話には聞いていたが、本当に凄い。
坑道の中は一年中14度という気温なのだそうだ。

新聞には「長袖を持って行くといいだろう」と書かれていた。
長い時間いると、そのくらい冷え込んでくるのだと言う。

実は温泉にも行くつもりで家を出ていた私は、バスタオルを持って来ていた。
冷え性なのにこんな時に長袖を持ち合わせていなかったO嬢に、このバスタオルを貸して、車を降りる時に持って来させておいた。
「必要になるかも知れないからさ、ね」
彼女は温泉に行く時でも、バスタオルを持ってくることは殆ど無く、どうしても使いたい時は私のバスタオルをアテにしている。

冷気充満の坑道前で既に、
「マジで必要だわ、バスタオル!」
ショールのようにバスタオルを羽織って、坑道の中へ進むO嬢。
いや、その姿をダサイとか、そんなことを言ってなどいられないんだなこれが。



鯛生金山7

こんな山奥に、佐渡金山を超える東洋一の産出量の金山があったとはなぁ。
見学できるのは1,000mほどの距離なのだけど、この中で働いていた人たちって凄い!って思う。

鯛生金山5

これは立坑の跡。
地底510mまで掘られているそうで、現在は200mより深いところは水没しているとのこと。
それでも先の方は全然見えない。
時々落ちて行く水滴が、ライトに照らされてスローモーションのように舞っているのが、ミステリアスでファンタスティックである。

坑道の中にはコウモリが住んでいる。
何度か我々の近くを飛び抜けて行った。

坑道跡を利用し、地元で作られている焼酎を寝かせているという場所もあった。
よく見るとコウモリは、その焼酎の貯蔵蔵へ頻繁に出入りしているのだ。

「ここで待ち構えていたら、コウモリが撮れるかもよー」
そう言ってコンデジを構えてコウモリの姿を追うワタクシ。

「来るよ!」

鯛生金山6

こんなに近くで撮れていて、撮影した本人がびっくりんこ!!



出口に近づく頃には、
「足が冷え切ってしまっているんですけどー」
とO嬢が言う。
二人とも膝丈のパンツにサンダルという姿。
私は半袖シャツ一枚で平気だったけれど、冷え性のO嬢はバスタオルで上半身を保護しても、下半身の備えが甘くて冷え切ったと言う程の涼しさだった訳である。

いやー、聞きしに勝る涼しさだった!
エコな納涼スポットだよ鯛生金山。
近場に面白い場所が色々あって幸せだねー♪


予定外のスポットが加わったので、帰りに温泉…は本日ナシ。
それでもエコな天然納涼祭に大満足の二人。





励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

大物がやって来る

Twitterではちょいと呟いたのだが、実は思い切って27インチのiMacを注文してしまった。
本当を言うとご予算的には21インチが精一杯だと思っていたのだが、実は普通にiMacを買おうとすると、現在リリースされている商品はOSX(10.7)が入っているものらしい。


医療費と雇用保険で、合計すると思いがけぬ額の収入が入りそうなワタクシ。
Adobeの高額なアプリのパッケージ製品を買おうと計画している。
現在はフォトショやイラレなどのだいぶ古いバージョンものを使っているので、何かと都合が悪くなっているのだ。
毎日使っているMacBook Proは、その古いAdobe製品の関係で、まだOS10.5のままで使わざるを得ない状況にある。
Adobeの最新版をこれに入れることを考えたのだが、画面が15.1インチと小さいノートなので、どうせなら大きなモニターで使いたいよねぇ。


しかもAdobe製品最新版購入の検討を始めたら、Macの最新OSである10.7には、このAdobeのパッケージ製品の一部が未対応であることが判明。
OS10.6が入っているMacを使わないとNGってことじゃーん。



話が前後するが、MacBook ProをOS10.7にするつもりでいた。
以前ここで散々文句を書いた「MobileMe」の今後のことが関係している。
アップル社のアナウンスにこう出ている。

「MobileMeの移行とiCloudについてのよくあるご質問」
■MobileMeで提供している主なサービスは、iCloudとシームレスに連係するように変更されました。
■iCloudは、あなたの曲、写真、アプリケーション、カレンダー、書類を保存し、あなたのすべてのデバイスにワイヤレスでプッシュする、Appleの新しいクラウドサービスです。あなたの様々なアプリケーションとシームレスに統合するので、すべてが自動的に行われます。iOS 5とOS X Lionをお使いの方は、iCloudを無料でご利用いただけるようになります。詳しくはwww.apple.com/jp/icloudをご覧ください。

↑ここで言う「OS X Lion」がOS10.7のことである。
「mac.com」「me.com」のアカウントを無料で継続利用できるようになるらしいのだが、そのためには10.7をインスコしろよと言われているようだ。

10.6の環境が必要なAdobe。
10.7の環境が必要なiCloud

いろいろとやりたいことがあるのに、OSのバージョンに関してが不都合だよなぁ…と思っている時に、ふと思い出したのがコレ!

買います!


アップルストアが扱っている、アップル品質認定の整備済製品
http://store.apple.com/jp/browse/home/specialdeals/mac?mco=OTY2ODY2NQ
この中に今現在、MacOSX(10.6)搭載の27インチiMac(型落ちモデル)がある。
21インチはなかった。
その27インチモデルの価格がなんと、¥113,800(税込)で送料無料。
http://store.apple.com/jp/product/FC510J/A?mco=MTk5NDA4OTU
(売り切れでURLが消えていたらごめんね)
この仕様でこの値段だったら、現在の私の品探しには◎な商品!
これはもう「買い」だろー。

iMac 27インチ 3.2GHz Intel Core i3 [整備済製品]
27インチ(対角)クリアワイドスクリーンTFTアクティブマトリックスLEDバックライト液晶ディスプレイ
4GBメモリ
1TBハードドライブ
8倍速2層記録式SuperDrive
ATI Radeon HD 5670(512MB GDDR3メモリ)
iSight カメラ内蔵
キーボードJIS


うほほ、わたしゃコレで十分じゃ~♪



つーか、このささやかな私の書斎スペースに、27インチなんてもんが届いても大丈夫?
いや、大丈夫ではない。

天板に強化ガラスの窓付きと言うパソコンデスクを使い、ガラスの下にブラウン管式の17インチモニターを置いている。
これは長年使って来たMacG4のためのモニターだ。
最初の頃はこれってオシャレ~♪と思っていたのだけど、長く使っていると体が疲れることに気づいた。
机が高いので、椅子の調整が難しい。
そして下を見つめて作業が前かがみになってくるので、やたらと肩こりが激しくなるのだ。

このブラウン管モニターは半年近く前に昇天し、今はまったく映らない。
MacG4さんは可動品なのだが、OS10.4と古くて古くて、最新のブラウザを入れることも出来ない。
いずれはモニターを安く買い(と言うかそんなに高いものは不要)、とにかくMacG4さんの中のデータは移植しなければと思っているのだが、それよりも先に時代の波に乗った環境を持って来ることにした訳で…。

まずはこのデスクを撤去しよう。

これからモニターを買い換えるにしても、液晶モニターの時代になっているので、この強化ガラスの下にモニターを置くタイプの机は使いにくくなってしまう。
昇天したモニター撤去。
MacG4さんはデータ移植まで休暇延長。



以上はMacを使っていない方々には、どうでもいいような長い解説だろう。
まあ色々とあるわけなんスよ、当家なりの事情がね。




こうなって来ると、27インチのiMacと、現在の相棒MacBook Proの2台が置けるスペースが必要なので、横幅120cm程度のデスクが欲しい。
あこちんの書斎スペース・キレイ化計画に着手!

書斎出来た~


白いテーブルを買って来た。
なかなか気に入ったものがなかったんだけど、ホームセンターで、
「これはどうですか?」
と売り場から倉庫へ案内されて出会ったのがコレだった。

キャスター付きの小引き出しがついて19,800円、本当は小さなテーブル棚が付くものだったらしい。
その棚板が割れてしまい、売り場から倉庫に移されていた。
「処分品扱いなので、半額の9,900円でいいですけど…どうですか?」
と店の人は言った。

小さなテーブル棚…、あれば欲しかった。
しかし無ければ仕方ない…とそう思いかけた時、引き出しを開けると、棚板取り付け用の金具はそのまま保存してあったので、
「あ、じゃあその金具も一緒にもらえますよね?」
「え?使い物にならんでしょう?」
「いえ、棚板くらい何とか出来ます、金具が欲しいです」
「いいですよ、お付けします」
それを条件に、9,900円で手を打った。
金具にはネジが付いていなかったので、これだけ自分でサイズの合うものを別途購入135円。

組み立て式のデスクだが、素人でも容易に組み立てられたよ。
モノと値段を考えれば、なかなかいい買い物が出来た。
欲を言えばもう少しだけ奥行きがあっても良かったけどね。


撤去した強化ガラス窓付きのパソコンデスクにも、ちょっとしたテーブル棚が付いていた。
そこにFAXを置いていた。
棚板をホムセンターで探して来なくても、これを取り外して、今度の白いデスクに取り付ければいいじゃん!



ってことで上の画像が、そのテーブル棚を自分で取り付けた後の姿。
FAXを置いてみたが、ちゃんと安定している。
やるねぇ、あこちん!





書斎スペースはキレイになったが、前の机や引き出しから出て来た不用品がスゴイ。
特に困っているのが、タイトルも記入せずに保存してある、50枚ほどののCD-R。
おそらく今の私には必要のないものばかりなのだろうが、これらを全部チェックして廃棄か処分か見定めてしまわねば。
貧乏性なので、CDのケースだけは取っておこうなどと考える。
山積みにしていた書籍などの置き場もなくて困っている。

要するに机の上だけはキレイ化したが、その周囲にはまだ整理すべきものがたくさん残っている有様。
ブログ更新も送らせてモタモタしているのは、こんな理由からだった。


27日は27インチが届くので、私はいささか焦っているところなのであーる。






励みになります

テーマ : ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~
ジャンル : 日記

07/23のツイートまとめ

uuban_gya

焼けたわー♪これで1/2匹だよーん。肉厚、タレ良し、マイウー!一昨日のリベンジ果たした♪ http://p.twipple.jp/5wpJq
07-23 20:45

火鉢で蒲焼きなう☆熊本産天然物に敬意を込め、高級備長炭使用だぬー。 http://p.twipple.jp/22TkC
07-23 20:06

iMac27インチ注文してしまった~☆ドキドキ☆
07-23 13:45

RT @JFA: FIFA女子ワールドカップでなでしこジャパンが着用したスパイク、サイン入りユニフォームなどを出品 サッカーファミリー復興支援チャリティーオークション: 財団法人日本サッカー協会では「サッカーファミリー復... http://bit.ly/nuv4Yp #jfa
07-23 00:07

火鉢ブラボー!

昨日のあの「熊本産 天然ウナギ」、ナマで買って来たウナギの開き(?)を焼くぞ!

…と計画し、食事時刻に間にあうように動き出すつもりでいたら、ダンナが普段よりも1時間ほど早く帰宅。
聞いてないよー!
完全出遅れッス…。
_| ̄|○



でも気を取り直して準備なのだ。
火鉢を出し、炭火を入れる用意を整える。
「ウナギを焼こうと思うんだ」
「買って来たの!?」
「うん、生だから、今から焼くの。
 ちょいと時間がかかるよ」
そうダンナに告げる。
明日は休みであるダンナなので、急いで寝ることもないだろ。
「たまにはこうしたプロセスを楽しむのも必要だよ」
なんて告げちゃって、我ながら心に余裕のある言葉を吐くもんだ。


我が家では炭火を使う時「オガ炭」を用いる。
中が中空になった「ちくわぶ」のような炭と言えば、ああ、あれか!と思い出される方も多いだろう。
あれはなかなか安定した火力を維持出来るので優れものだ。

しかし本日焼くのは「熊本産 天然ウナギ」、値引き前は1匹2500円と言う「ウナギ様」である。
おが屑を固めた「オガ炭」で焼いたのでは失礼ではないか。

妙な敬意が生まれ、高級備長炭を買って来てしまったワタクシ。
火おこしをするために取り上げた備長炭は、ぶつかり合うとカチンカキンと高い音を立て、さすがにその辺の安い炭が当たるときの音とは違いを感じさせる。


ガスレンジの上に置いた「火起こし」で備長炭が赤々として来るまでの間に、あのウナギに串を刺す。
ペラペラしているくせに皮がしっかりしており、こいつは結構難しい。
「串うち三年、裂き八年、焼きは一生」
などと言われるウナギ職人の道。
素人が容易に手を出そうなどという心がけそものものが、そもそも図々しい話なんだわな。


しかし串を刺さねば焼けぬ。
頑張れ自分。



んー、こんなんでいいかな。



串刺しのウナギに、刷毛で丁寧にタレを塗っておく。
鰻屋さんだったら、秘伝のタレが入ったツボに、ドプンと漬けるところなんだろうがな。



炭火は起きた。
時折パチンと音を立てて、火の粉が跳ね上がる備長炭。
さあ、火鉢にこれを置き、金網を載せて、その上にウナギの串を…。


じゃーん!

焼きまっせ!

さあ、焼くどー!!



焼きながらも刷毛でタレ塗り。

お約束の野次馬

火鉢の傍では、お約束の野次馬が興味深げに監視中。
他の猫は寄って来ないス。
まったくどうして、お前だけがいつも…。

「いい匂いがするものなぁ」
ダンナが鼻をピクつかせる。

じわっと遠赤外線の強火の遠火で焼くものだから、それなりに時間がかかるのである。
焼き上がるのを待てず、ダンナが水割りを飲み出した。
1杯目が飲み終わってもまだ焼き上がっていない。

「まだ焼けないのだ、待たせてすまんのー」
「いいよ、ニオイだけで十分肴になって酒が飲める」
笑わせるぜ。



ホントはね、外で焼こうと思ったさ、玄関先ででも…ってね。
でも玄関先がやぶ蚊だらけなのよ。
ボコボコに刺されてまで焼きたくないのよ。
だからダイニングで焼いていた。
LDKの窓は全開で、扇風機に活躍してもらっているけれど、部屋の中に香りも漂うし、ウナギから脂が落ちて煙も出る。
きっと外にもこの香りは漂っている筈だ。
天井近くに煙が籠っているのも見えて来た。

火災報知機が過敏反応したらヤバイような状況~。



焼けてきたどー

ふふふ…。
焼けて来たぞ、そろそろ良いんじゃないかね?

待たせたねダンナ。




出来たどー

小さく切って身が崩れるのが嫌なので、ざっくりと大きめに切る。
この皿がで1/2匹分であり、一人前とした。


待たされに待たされただけに、あの匂いへの期待感がピークになっているダンナ。
「じゃ、早速いただくよ」
と箸を出す。
「うんめぇぇぇぇーーーー!」
ダンナ絶賛。
焼き加減もタレの味も(市販品の蒲焼のタレ)、上手く行ったみたいだよ。
「こりゃいいわ、上出来よ、OKよ」
上機嫌極まりないダンナ。

そっか、そんなに評価が高いのか。
どれどれ、私も温かいうちに食べてみよう…。


肉厚だどー

うーん、この肉厚!
さすがにあれだけ大きなウナギだと違うわ。




うぉーーーーー!
美味いどーーーーーー!!
炭火焼、いいねぇ!!
熊本産の天然物、一昨日の輸入冷凍物と思われるウナギとは大違いだ。




1/2匹=一人前は、思った以上に食べ応えがあった。
これが二人前1250円のウナギで済んだのならば、かなりかなりのお買い得と言って良い。
ガスで焼いたらこう行かなかっただろう。
ブラボー火鉢、エライぞ備長炭!




一昨日のリベンジを見事に果たした気分。




まだ炭火が残っているので勿体無いよねと、冷蔵庫にあった鶏肉を切り、蒲焼のタレにからめて金網に乗せて焼いた。
まだ食うのかと言ってくださいますな、ダンナが物欲しげにしているんだもの。
鶏肉は脂がウナギの時よりも多く落ち、ウナギよりもさらに煙が3~4倍増ドン!になって、部屋の中は凄いことになった。
ある程度の予想はしていたが、それをはるかに上回る煙。
うーむ、家の中で焼き鳥しちゃイカンですな。

それでもダンナは久々に出した火鉢と炭火焼に、とても機嫌を良くしており、そして言い出した。
「明日は魚を焼こうか?」
「はぁ? 何を焼くの?」
「んー、鯵?」
「買って来ないと無いよ」
鯵だったらガスのグリルでも良いような気がするんだが。





まだ残っている炭火は、火消し壺に入れて静まらせた。
火消し壷もちゃんと持っている我が家。


まあ鯵は焼かないかも知れないが、また時々こういう事をしてもいいかなって思ったね。
火鉢でも良いし、七輪でも良いから、お宅様でもご準備されては如何かな。
一家に一つあると、いつもの食卓がガラリと変わる。
我が家みたいな噛み合わない二人でも、不思議と笑顔が出るもんだよ。




励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

天然なんです

O嬢の車検が終わり、
「車を取りに行くので…送ってくださる?」
へい、暇人ですから、アッシーくん引き受けます!


私も来月が車検なので、その時は代車出してもらわないから、O嬢よろしく頼むぜ。



丁寧に洗車までしてもらって引き渡され、日頃の姿からは見違える程ピカピカになった彼女の愛車。
今回はなんだかんだで10万円を少し切ったのだと喜んでいた。
2010年4月1日以降に車検証の交付を受けるものは、暫定税を含む税額が約20%引き下げられたんだよね。
それも関係しているのではないかい?

じゃあ、おいらは買い物があるのでここで…と別れようとしたら、
「私も買い物があるから、お店で合流しましょう」
と言われた。
ふむ、じゃあお店で。




大型スーパー店内を歩く二人は、鮮魚売り場の近くへ差し掛かる。
刺身用のマダコを売っていた。
「マダコって高いんだね!」
私が驚いて値段を見ている。
「そうよ、高いのよ!」
我が家ではマダコは買うものじゃなくて、釣って来るか船頭さんから貰うもの。
今でも冷凍庫にマダコあり。

たまに売り場でマダコをチラ見し、
「高っ!買うもんじゃないね~」
って思っていたが、本日の売値はまた普段よりもお高い気がした。
不漁だから品薄で、価格にも反映されているんだろうと思う。

「この間、妹の家に持って行ったマダコ、1kg超えのモノだったよ。
 それ1匹を刺身と酢味噌和えにしたの」
「うひゃー!それは数千円相当になるよ!」
…だそうです、tamaちん。






「ねえ、昨日のウナギはどうだったの?」
ダンナのうな丼のことを、O嬢に尋ねられた。
「ダメダメだったよ、ちょびっとしかないし、タレがイケていないし!」
憤慨気味に伝えるワタクシ。
「そりゃぁ残念だったねぇ」
気の毒がってくれるO嬢。




「あら、今日もウナギがたくさん売られているね」
「宮崎産の白焼き、2000円超えているわ、高いわねぇ!」
「あ、それ2匹入っているもん、そのくらいするよ、仕方ないよ」
等と二人の主婦が言いながら覗き込んだその一角に、
「おおお!すげーーーー!!」







天然物

2500円 熊本産 1尾 天然活うなぎ 
ブクブクとエアレーションされて、動かないけど生きていた。





「生きているのなんて、売っていたんだー」
「うわー、天然物だって!」
太っていて立派なうなぎだ。
「2500円よ、高いー!」
「誰が買うんだろうねぇ」
そう言いながらも、
(昨日の臨時収入に太っ腹状態の私だったら、もしかすると買っていたかもしれないナ)
と考えるワタクシ。

この店に来てみるべきだったかと、またもや後悔の念が沸き起こる。


「あら、◯◯ちゃん!」
O嬢が私の名を呼び、素っ頓狂な声を上げた。
「こっちにもあるわよ、天然物!」
「なに?」
「しかもちゃんと捌いてあるわよ、生よ!」

おいおいおい・・・

「おいおいおい、マージですか!?」
「うん、ほーら!」
この、長ーいトレイを手に持って、ヒラヒラさせている彼女。

およよよよ

「それでいて半額よ!」
「何だって!?」




半額=1250円。
それだったら決して高くない。
まだ太っ腹なテンションが続いている状態なので、その金額には俄然腰が浮く。

そこそこ肉厚

そこそこの肉厚で、蒲焼にしたら美味いだろうなぁー。
ご丁寧に肝までまだ付いているし、骨せんべい用の背骨も身の下に隠れているよ。



ウナギを捌いたことはある。
ゴエモン幼き日、母子でウナギのつかみ取りイベントに参入し、見事ウナギを3匹ゲットして来た。
その時のことだ。
この売場にいるウナギよりも、もっとチビ助のウナギだった。

正直言って、あんまり楽な仕事じゃなかった。
不慣れなこともあり、生きているウナギを相手に苦労した。

その面倒な手間が省けて、しかも天然物がその値段になるのだったら、これは決して高くないよ。
「いやー、これは買いじゃないの?」
私が迷い始めた。

「でも、ウナギって焼くのが難しいのよね。
 ちゃんと炭火で焼かないと美味しくないわよね」
O嬢のツッコミ。
「ところが我が家には、火鉢が常備してあるんだなこれが」
我が家にはそういう優れものが、ダイニングの一角に鎮座している。
「やろうと思えば出来るんだよ、炭火焼の蒲焼が」
「出来るの?」
「金串だってあるさ」
…っておい、その気になって来ちゃったよ。



罪な人、O嬢。
なんだかんだ言って、結局私にお勧めしたのはアナタよ。
二人のうち、O嬢のほうがどちらかと言うと天然入っているキャラなんだけど、こうした買い物に関しては「天然物」の表示に二人とも弱い。






「うちに来る?」
トレイのウナギが、
「うん♪」
と答えた。
一緒にレジまで行った。
1250円、チーン♪

天然キャラ天然物が我が家に到来。




ダンナにはまだ明かしていない。
昨日の今日だから、ね。
じゃあ、一昨日の今日だったら良いのかというと…いいんジャマイカ?



明日は蒲焼だぞ。
ちゃんと蒲焼用のタレも買って来たぞ。
それも値段が高いモノだぞ。
これで美味しくなかったら、もう当分ウナギのことなんか考えないぞ。







励みになります

テーマ : ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~
ジャンル : 日記

07/21のツイートまとめ

uuban_gya

「スカパー、なでしこリーグ無料生中継」:イザ! http://t.co/wT14QPV
07-21 18:25

【ひつまぶし】|ついネタ:今日は土用の丑の日!うなぎの食べ方で好きなものは何? http://bit.ly/qpIk3u @tsuineta
07-21 18:15

う!

「今日の昼は、基地の食堂でも少しだけどウナギが出たんだよ」
とゴエモンが教えてくれた。
ほぉ!
給養班やるぅ♪


気は心ですな。
どっさりじゃなくても、土用丑の日だからウナギを出そうと、ありがたく思うのはその心意気ですわい。







我が家の夕食もまた、ウナギを食べたいもんだと思って、私は夕方買い物に向かっていた。
実は本日、胆石オペに関する共済の入院・手術給付金が、私の口座へ振り込まれていた。
その金額がなんと!私の予想をかなり大きく上回るものだったので、心ウキウキ♪になっており、ちょっと奮発してもいいわよ~と、気が大きくなっていたのである。



そこへダンナから電話。
「うな丼2個買ったから」
えっ!?

ダンナの勤務先は、農産物直売所も持っている。
そこには地元の人が野菜などの他に、惣菜や弁当なども出しているのだが、これら賞味期限がその日限りになっている品物は、少しでも無駄を出さないためにと、ダンナたち従業員にも、
「値引きしますから、買ってくれませんかぁ?」
と声が掛かることがあるらしい。

今日は土用丑の日なので、普段は作って来ていないような、うな丼なんてものも出ていた様子。
そうか、売れ残りを買い取ったのか。

「うなぎ、どのくらい入っているの?」
「ラベルで見えねぇよ」
「たくさん?」
「2個だよ」
「それはうな丼の数でしょうよ、ウナギがたくさん入っているのかと尋ねているのよ」
「だからラベルで見えねぇんだってば」

相変わらず咬み合わない会話の夫婦だ。



しかしまぁ、ダブってもねぇ…と思ったので、私がウナギを買うことは取り止めにした。
もしかするとダンナが持ち帰るうな丼には、それほど沢山のウナギなんて入っていないかもしれない。
だけどもし、私がそれ以上に豪勢なウナギを買って帰ってしまったら、
「なんだよこの差!」
とでも言い、ダンナが傷つきかねない。


買わないでおこう。
ダンナが帰宅する時に、うな丼を持ち帰るのを待つことにしよう。




うな丼が来た、いや、ダンナが帰宅した。




うなどーん

「ウナギ、これだけかよ!」
蓋を開けてダンナが声を上げている。
私の予感が当たった。
「少ねぇなぁー」
「まあねぇ、ありがちな話だわよ」
そう答えて苦笑するしかないわ。


「これ、550円で売っていたんだけど、どう思う?」
とダンナが尋ねるので、
「高いと思うね」
と答えてしまった。
「今日なんか、あちこちでウナギを出している訳でしょ」
「だよなぁ」
「他所にはもっとお買い得感があるウナギがあるよね」

だから売れ残るんだよ!とまでは言えなかったが、まあ言ってしまったのと同じようなもんだわな。


「それでさ、俺はこれをいくらで買って来たと思う?」
「え?今日のは半額じゃないの?」
ダンナは半額で買い取らされることが多い。

「2個で300円」

えええええー!?
すっげー買い叩き!!



で、私もこのうな丼を今宵は食べた訳なのだが…。
お安く済んだ、食費が浮いた、そう思えばいいのだろうが、先ほど書いたことはどこへやら…な気持ちになってしまうのだった。

もっとドカン!とウナギを食べたかった。
そして…なによりもこのうな丼が満足させてくれなかったのは、うな丼の宝ともういべきタレ。
駄目だァ、タレが全然イケていない、これじゃぁ立派なうな丼になんて、なっちゃいないぜベイビー!




気は心と書いておいたが、それでは済まされないモヤモヤが残る土用丑の日。
やっぱり自分で買いに行くことを決行してしまえば良かった。
郵便局の前の、老舗うなぎ屋さんヘ行けば良かった!!!
飛びっきり美味いウナギを、どっさり食べたかった!



ウナギ食いました。
しかしウナギに悔いている。






励みになります

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

07/20のツイートまとめ

uuban_gya

巧すぎるわw誰だよwwww作ったのwwww http://t.co/R85K5nF via @twitpic
07-20 19:24

ネタとは別に…コレ、暇つぶしにやってみたらメチャ笑った RT @pepeky①Googleマップを開いてください ②ルート・乗換案内のAに群馬、Bに台湾と入力してください ③ルートの42番を読んでください ④笑った人はお友達にも教えてあげてください。
07-20 16:42

嬉しいような・・・ちょっとばかり複雑なような・・・そんなご連絡を頂いた。うーん・・・。ネタに取っておこうw
07-20 16:29

手術後ラスト通院。悪性の所見なし♪安堵ダス。
07-20 13:01

私からも…魁皇関お疲れ様でした。

胆石性胆嚢炎の手術を6/23に行い、その時に全摘出した胆嚢が病理検査に出されていた結果を聞きに行くため、手術後ラストの通院日だった本日。

実母が大腸がん、実母の父が胃がんと、母方は癌家系。
気にするなと言う方が無理。
何かあったらちゃんと私に教えてくださいねと、医師には念を押していた。
手術の際に「悪性の可能性はないと思っています」と言われていたが、この検査の結果が出るまで最終的な診断は下されない。

結果は「悪性の所見なし」と書かれていた。
良かった…。



ブログ記事を引っ掻き回していたら、私の胆石が最初に発見されたのは、2010.4.21だったことが判明。
それよりも前にも激痛に襲われており、それが2009.10.26だったので、ついその時が最初の発覚だったと記憶違いしていた。
でもこの2009.10.26の痛みも、おそらく胆石が絡んでいるのだろうと今では思える。

ま、結構長いこと痛いのと付き合っていたんだわな。





魁皇関がとうとう引退。
この人も満身創痍なのがとても心配だった。
福岡県出身の力士だけに、九州場所での声援はひときわ大きかった。


力士さん方とは少しお付き合いがあった話は、以前ブログで書いている。
その頃私は知人が営む飲食店の経理を担当しており、巡業でこちらにやって来た力士さん方がその店に足を運んでくださるときは、店の方にも手伝いに出ていた。

「古賀と言いますが…、豊関見えていますか?」
電話口の向こうで、ボソボソっと話していた声を聞き、古賀さん…あ!魁皇関だ!とすぐに分かったワタクシ。
熊本巡業に来ていた力士さんが、この店に何名も来てくださった夜のことだ。
豊関(ゆたかぜき)とは旭豊関のこと。
「豊関~、古賀さん…たぶん魁皇関から…お電話ですよー」

しばらく後に、魁皇関もこの店に来てくださった。
まだ小学生だったゴエモンは、店の隅のテーブルで、魁皇関と旭豊関に遊んでもらっていた。
そうそう、あの時にUFOキャッチャーのドキンちゃんをくれたのは、魁皇関じゃなかったっけ?




またあの写真を引っ張り出してしまうけど、

力士5

あの時君は若かった。

力士6

そしてオイラも若かった。



ゴエモン、あのドキンちゃんさー、かなり長いこと私の車に乗せていたよねぇ。
今はどこに行ったんだろね・・・。





mixiのお友達が複数、魁皇の引退について日記を書いていた。
それを見て、とても多くの人に愛されていた人なんだなぁと思うと共に、あらためて魁皇という大関が、日本人大関の最後の砦として長年頑張って来た、その存在や意義の大きさを知るのだった。

誰もが彼に対して、
「お疲れ様でした」
と声を掛けるだろう。
横綱候補と言われながらも、チャンスが巡って来ると怪我に泣かされ続け、遂に綱を締めることは出来なかったけれど、体力よりも勝る気力でここまで土俵に上がり続けてくれた事で、皆十分に納得してくれていると思う。

今後は親方としてのご活躍をお祈りしよう。
心身ともに逞しい力士を、沢山土俵の上に送り出してくだされ。





O嬢の愛車が車検を迎えて、その間の代車費用を浮かせたい彼女。
自宅には、豪州へ留学中の娘さんの愛車(軽)が残されているので、そもそも代車など不要なのである。
「車検に出すガソリンスタンドから、
 自宅まで私を送ってくださいなー」
と頼まれて、ガソリンスタンドへ迎えに行った。

ついでに昼メシでもご一緒しますかねと言う事になり、どこに行こうかと迷ったのだが、最初に思いついた石窯ピザの店は定休日であることを思い出す。
無念。

車を走らせているうちに、歩道橋の下に看板を持って立っている女性発見。
ああ、そう言えばここには良く、裏路地でランチを出しているお店のご案内看板を持った女性が立っているのだった。
今どきこのあたりでは滅多に見かけないサンドイッチウーマンだよね。
「暑い日も寒い日も、大変よねぇ、あの人も…」
「実は私、あの店にはまだ一度も行ったことがないんだわ」
「えっ!? そうだったっけ?
 一緒に行かなかったっけ?」
「行っていないわよ、誰か他の人と行ったんでしょ」
「PTAの会合で使ったのは覚えているけど…それだけだったのかなぁ?」

サンドイッチウーマンの健気な姿に胸打たれ、結局この店に行くことにしてしまった。
彼女の健闘により1組飛び込んだことになるぞ。




13時を少し回っていたので、混雑時のピークを避けられたのか、テーブルが二つある個室に案内してもらえたんだけど、結局最後まで貸切状態でゆっくりくつろげた。


和食ランチ1,050円。

今日のランチ

結構中身充実。
お腹いっぱいで苦しくなり、サラダは全部O嬢に押し付けた。
実はキャベツメインのサラダが少し苦手なワタクシ…。

デザートでやんす

デザートはコーヒーかシャーベットをチョイスというので、シャーベットを二人とも選択。
運ばれてきたのは柚子シャーベット。
大きめに刻まれた柚子の皮入りで風味豊か。



なかなかボリュームがあって良かったぞい。





おまけ。

素朴な疑問の灰皿

このテーブルに置かれていた灰皿(の筈だ)である。
タバコを置く溝って、こんなに適当な配置でいいの?
この陶器の作者の意図がイマイチわからなくて、
「すごくランダムだと思わない?」
「親切なようであり、しかし使いにくそうでもあり…」
首を傾げていた二人だった。






励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

07/19のツイートまとめ

uuban_gya

RT @heijyosento: せんともなでしこjapanに入りたい。
07-19 20:47

無事是名馬

接待ウイークが終わった反動か、なんだかガクッと来て昼間も眠いのよ…。
こんなことじゃイカンいかん!!





ゴエモンがブログへコメントを書いてくれている。

>「ありがとう…」
>無事に昨晩21時前に着きました。
>西宮名塩SA前、山陽道と中国道のJCT手前からの渋滞、
>さらには、大阪~京都での、60km/hでワイパーを最高速で動かしても前が見えないくらいの滝のような大雨。
>そのために予定よりだいぶ遅くはなりましたが、なんとかたどり着きました。
>ちなみに名神下りでは、多賀SA辺りから大阪府内まで大渋滞でした。
>さすが3連休。
>みなさんブログでご覧の通り、いろんな接待を受けさせていただきました(^_^)v
>相変わらずいい休暇を過ごすことができてよかったです。
>おかげで多少太ったかもしれませんが…
>やっぱり実家はいいですなぁ。


無事に着いたとメールが来て安堵。
ゴエモン号の距離計では910kmほどになっているそうだ。
ルート検索から出てくる距離はもう少し長い。
足回りをいじくっているゴエモン号なので、そこにはいくらか誤差が生じるのかもしれない。


途中何カ所かで写メを送って来ていたゴエモン。
無事故で帰り着いてくれなかったら、その写メを載せて記事にしてもシャレにならないと思っていたので、昨日分の記事には出さないでいた。



>「さらば九州」

めかりPA1

>めかりPA いよいよ本州入りします


そう書き添えて送られて来た画像。

めかりPA2

「福岡県に入ってから雨になって来ました」と書いて来ていたが、

めかりPA3

晴れとるやんけ~!と思って眺めた画像。
ここは関門海峡である。


私も若い頃、横浜から車で火の国まで帰省したことが何度かある。
あの頃はまだ、山陽道なんてもんはなかった。
しかも車で帰省していた初めの頃はまだ、中国道が千代田までしか開通していなくて、ぐるっと日本海側へ出て、津和野を散策する時間を作ったりする有様だった。



延々と走って来て、やっとこの関門海峡に差し掛かると、
「おー!遂に九州に入るどー!!」
いい加減疲れきっていた気分が、ガツンと盛り上がって来たものだ。

逆に横浜へ帰って行くときは、
「嗚呼…とうとう九州ともお別れだなぁ。
 しかしまだ先が長いよー…」
って感じになっていたのがこの関門海峡なのだ。
いやホントにこの場所って、色々な意味でなんだか感慨深くなるのよー。



横浜よりもゴエモン基地は400kmくらい近いんだけど、私の場合はダンナと二人で運転を交代しながら帰省したからまだいいさ。
一人で行き来するなんて、ゴエモンがまだ若くて体力あるから出来ることだよねと思っちゃう。
私たちの場合、火の国へ来る時は、
「さあ休みだ!車で行っちゃうもんねー!」
なんて気合が入っているものなんだけど、帰省が終わって帰る時って、
「あーあ、もう休暇が終わっちゃったよ…」
みたいな感じで、とてもとてもガクッとしていて、休憩の回数も往路より多くなったもんだよなぁ。


とにかく無事に帰ってくれたので、本当に安心した。
良かったよかった。



んで、ゴエモンは昨夜速攻で寝て、早速今日から仕事だった。
本日夜にゴエモンと会話したところ、寝不足は大丈夫だと言うのである。
若い人はやっぱり違う…。

「それよりも、」
とゴエモンが続けるので、何かあったかと気になったのだが、
「Twitter始めてみた」
だって!
_| ̄|○
おどかすなよ…、眠気以外のアクシデントが発生しているのかとドッキリしたぞい!

何をつぶやいていくのやら。
「使い方がわからないけど」
と言うので、少しだけ教えておいた。









今日のマスコミは一日中、なでしこジャパンの帰国フィーバーでしたな。
暇人なお陰で、共同記者会見を全部見ることが出来てしまった。






ところで、












顔面相似形

この二人が似ていると思っているのは、果たして私だけだろか?








励みになります



テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

07/18のツイートまとめ

uuban_gya

ゴエモンさん、山陽道上り宮島SA なう!
07-18 11:39

なでしこの花ことばは、大胆・勇敢・野心・燃える愛だそうな。
07-18 09:00

やりました~~!! #nadeshiko
07-18 06:21

兄貴~~~~~!!! #nadeshiko
07-18 06:06

後半巻き返せ~ #nadeshiko
07-18 05:54

追いついたー! #nadeshiko
07-18 05:21

兄貴~!#nadeshiko
07-18 05:13

幸あれと君送る空朝の虹

ゴエモンは早朝6時にこの家を出発する予定で、5時に起きると言っていた。
なでしこジャパンの決勝戦も見逃したくないし、ゴエモンにお弁当を持たせるつもりでいるから、ゴエモンよりも寝坊したのではカッコ悪い。
午前3時台のキックオフからTV観戦は無理かなぁ…と思ったけれど、なんだか色々と気にしていたせいか、午前0時過ぎに目が覚めちゃった。
その頃放送されていた番組をザッピングしていたら、意外と面白くて眠気が吹き飛ぶ。
これでうたた寝してしまったら、きっとその次に起きるのが億劫になるか、最悪は寝過ごしそうだから、このまま起きているか。

ということでちゃんと試合開始からTV観戦していた、なでしこジャパンの決勝戦。
キックオフ キタ━(゚∀゚)━!

頑張ってくれ



後半戦の頃、ダンナがリビングにやって来てTV観戦。
やがてゴエモン起床時間になったので、彼もまた一緒にTV観戦。


どっかり座り込んで見ていたいけれど、お弁当も作らなきゃならない。
キッチンとリビングを行ったり来たり。


延長線になったらゴエモンが困った顔をし始めた。
「んもー、出るに出られないじゃないー!」
「出発遅れさせてもいいじゃないか」
「そうだよ、最後まで見てから行けばいいじゃん」

WAMBACHに勝ち越し点を入れられたシーンで絶叫し、澤兄貴が同点ゴール決めた瞬間は3人で手を叩きそして咆哮!
いや、きっと日本国民の多くがこの瞬間そうだったと思う。
寝過ごしたー!と思ったら、延長戦をやっていてビックリ&儲けた!って人も多かったのではないだろうか。

澤だよねぇ、やっぱり澤兄貴!
同点になった後の試合運びを見ていて、こりゃぁPK戦になったら、なでしこジャパンの勝ちだな!と何故か確信した。



そしてもう日本中、いや世界中が知っているあのPK戦の結果。
GK海堀が2本も止めてくれた時にも、我が家は3人で絶叫していたし、熊谷の蹴ったボールがネットを揺らして勝敗が決した時も、親子3人で歓喜の中にいた。




快挙を見届け安心したゴエモン、直ちに支度をして出発準備。
おにぎりとちょっとしたおかず、朝食と昼食の2食分の弁当を持たせる。
おにぎりはO嬢の実家から貰ったグリーンピースの豆ご飯。
豆ご飯はゴエモンの好物なので、夏になる前に貰った豆を冷凍保存しておいた。
滞在中には麺類を作ることが多かったので、結局弁当のおにぎりで登場機会を得た豆ご飯。


ぼちぼち行くわ

これから約950km近くを、高速道路を使って一人旅。
おおむね1時間ごとの休憩を設定し、あせらず慌てず、疲れたらしっかり休憩…でのロングドライブ。


連休最後の日でもあり、何カ所かの渋滞も予想される。
しかしとにかく彼にとって初の超長距離。
無事に帰り着いたとの報告が来るまで、オトンもオカンも気が気ではないのだよ。


じゃあね!

「じゃあね!」
とゴエモン号に乗り込む。

ホントに気をつけて行くんだよ!


(T_T)/~~~



遠ざかる…ゴエモン号

ゴエモン号が小さくなって行く…。
次に会うのは年末年始?
それとも秋に防府南基地に入校するようなことになったら、こちらへ帰って来る週末なんて生まれてくれない?





台風6号の影響で、天気予報は下り坂。
ゴエモン号が去って行く方向の空に朝の虹。

朝の虹

朝の虹は雨の予兆と言われる。
西の空に雨雲があるから、これが朝日を浴びて虹が出る。
西のほうから天気は崩れて来る。
これは道中雨が降りそうな予感…。

せっかく手洗い洗車して、ゴエモン号をピカピカにしたのにねぇ。






ゴエモン号が見えなくなってから、家に入って表彰式を見る。

おめでとう!

澤兄貴のMVPは世界が納得!
でも試合以外の時の、あの束ねていない状態の髪型は、今や「世界の兄貴」になったヒトとしてちょっと切ない。
誰かスタイリストをつけて、面倒を見てあげて欲しいと思う今日この頃。

ホントにおめでとう!

BSと地上波、どっちが視聴率良かったんだろう。
瞬間最高視聴率って、いったいどのくらいの数字が出ているんだろう。




とにかくこの快挙を心から祝福!
夢、希望、勇気、色々なものを与えてくれた。





そしてこの後、私はゴエモンがサービスエリアの休憩の度に、現在地を知らせてくれるメールが届くと安心しつつ、パソコンで渋滞情報を更新しながらゴエモンへ返しているのだった。
雨の方は8時頃には降り出した。
ゴエモンの道中も雨模様。


17:00現在西宮名塩SA。
あと4時間くらいでゴエモン基地に着けるのかなぁ…。
しかし台風直撃スケジュールにならなくて本当に良かったわ。
神様仏様、ゴエモンの爺ちゃん婆ちゃんありがとう。
帰省中は私の両親のお墓参りにも家族3人で行けた。




この記事を書いている時点では、まだお帰り途中のゴエモンさん。
どうかどうか無事に着きますように。




彼がいなくなると、リビングが広く感じるなぁ…ショボーン。







励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

07/17のツイートまとめ

uuban_gya

妹一家とバーベキューなう☆ 暑いよwww http://p.twipple.jp/2dKLk
07-17 13:26

暑い・熱い・篤い

台風6号マーゴン、進路が気になりますな。
私の心のふるさと・沖永良部島は、既に強風域に入っている。
台風銀座と呼ばれるこの島で暮らしている現地の知人ササキ氏は、この島に台風が近づき、それを案じて連絡を入れる都度、
「いやー、このくらい何とも無いですよ~。
 台風はここのイベントのひとつだから!」
と笑い飛ばしておられるのだが、ホントは大きな台風が近くへ来る度に、海路空路とも物流が途絶え、島の農業は高波による塩害が出たり等、暮らしの中に大きな影響を受けてしまうことを、私だって知っている。

今度の台風の規模はかなり強大だ。
日本各地の被害が心配である。



その台風の影響で風があったけれど、

暑いんだよー

お日様ジリジリ、夏空が広がって暑い!


そんな暑い暑い今日、妹一家に招かれて、あちらの家の2階のベランダで、

BBQ1

昼間からBBQで酒盛りざんす!

我が家からは、先日の釣りで手に入ったマダコの中の一番大きなものを、刺身と酢味噌和え(画像中央)にして差し入れた。
ブログを読んで釣りに行ったことを知っている妹から、
「釣れたの?お土産は?」
と突っつかれていた。
「まあ、待ちなよ、今度持って行くからさ」
と期待を持たせて届けたマダコ。
「プリッとしていてすごく美味しい!」
妹が目を丸くするほどの大好評である。

ふふふ、茹で方が上手いんだよっ!


BBQ2

でもさぁ…暑かったよね…。
(-_-;)
この暑い中で熱い炭火の前にずっと座って焼き係をしていた妹は、さらにオーバーヒートになって大変だったことだろう。




この家のベランダは無駄に(?)広く、

うらやましいぞ

ジャンボな子供用プールが置かれていた。
妹の孫ちゃんが、純真無垢な姿で遊んでいる。

うらやましい…。
おばちゃん、その姿は無理だけど、せめて足湯じゃなくて足水くらいはさせて欲しいなぁ。

気持ちいいだろうなー

このくらいの頃が一番幸せだよねぇ。
ゴエモンもこのくらいのお年ごろには、我が家の庭でタライに水を張って、ジャブジャブと水遊びしていたんだよ。
「タライ!?」
覚えていない様子のゴエモンが爆笑していた。
そうだよタライだよ。
大きなタライは役に立つんだよ。
今でもあのタライは物置にしまってあるじゃないか。
お世話になったんだぞー。



妹よ、ゴエモン帰省の度に酒盛りありがとう。
ご一家の篤い志に感謝している。
大変世話になった。
土産にもらった食材で、夜は焼肉ビビンバにした我が家。
とても美味かったどー!


夏休みラスト!

明日の早朝、ゴエモンは夏休みを終えて帰るのだ。
台風からちょうど逃げて行くように、車を東へ走らせて帰る。
復路はフェリーを利用せず、高速道路を使い、一人でひたすら走って行く。
「台風の影響を余り受けないで済みそうな日程になって良かったー」
と言っているが、無事に帰り着いたと知らせが来るまで心配だよ。




今夜は早く寝て、明日の出発に備えよう。
しかしなでしこジャパンの決勝戦も気になるぞ。
何時に起きたらいいんだ~!?





励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

07/16のツイートまとめ

uuban_gya

ふー、今日も一日暑い暑い。それなのにゴエモンさんは帰省先でもランニング敢行。「走らなきゃ!」って。ふー、今日もこの男熱い熱い。
07-16 19:15

今夏初、庭で早朝からクマゼミがワシワシと声高に。お盆が終わって夏本番に入ったのか…と実感し、生き物って不思議な感覚を持っているんだなぁと感心する。
07-16 08:22

兄貴

我が家の野次馬、銀之丞がカーテン越しに何かを凝視しているらしい。

何がいるの?

銀ちゃん、そこに何がいるのだえ?
おかあちゃんには見えないよ。

カーテンをそっと開けてみる。





あなたでしたか!

ガラスの向こうにカマキリが張り付いていたのか!
銀ちゃんや、いくら頑張ってもこれはお前には捕まえられないのだよ。


それでも脳みそが小さな単細胞そして野次馬だから、

諦めないもん

銀之丞は諦めきれない。

「あれ、欲しい・・・」





うりゃっ!!

うりゃ!





見事に逃げられたとさ。
銀之丞、いくつになってもアホじゃのぅ。
確か今月で5歳だっけ?
いい加減に兄貴猫の寅蔵をを見習って、落ち着いたらどうなんだろう。





猫がそんな事をしているのを眺めたりして、のんびりとしているうちに昼時になる。
ゴエモンは朝から髪を切りに行っており、私の行きつけの店o2の店長に、色々な意味でいじくられていた。
カットを終えてスッキリと帰って来たゴエモンの、帰省の時のリクエストがまだあったので私は昼食にそれを作る。

太平燕

太平燕(タイピーエン)だ。

以前ブログにコレの事を書いた時、
「帰省で食べる物がもうひとつ増えたな(^q^)!」
とゴエモンからコメントを貰っていた。
熊本では学校給食にまで出てくるようなメジャーな品だが、他県ではあまり知られていなかったりする。
ましてや他県の店でこれを出すようなところは少ないだろう。

中華風の春雨スープなんだけどね。
春雨をツバメの巣に見立て、油で軽く揚げて外側がキツネ色になった茹で卵を、燕の卵をイメージさせるのだわ。
こんな単純なものでも、
「うん、うん、うまい!」
と言って食べてくれるから、ゴエモンはある意味褒め上手だねぇ。
褒め殺されておかあちゃんは、何でも頑張って作っちゃうじゃないのさ~。




職場へのお土産を買いにゴエモンが出掛ける。
ゴエモンとその職場の人々のお気に入りは、駅や空港では良く見かけられるお菓子なんだけど、自宅近所には置かれていないようで、車を40分ほど走らせて、このお菓子のメーカー工場直売所へ行く。
休みで家にいるオヤジも行くと言うので、親子3人でゴエモン号に乗ってお買い物。

なんだかなぁ…、ムスコの車に乗せてもらっている両親って…、すっかりジジババになってしまった気分だよ。




かどの駄菓子屋

はい到着~。
ここは種類の多いソフトドリンク類の無料サービスや、豊富な試食があって、実はドライブの途中でチョイと立ち寄るのにいいのだよ。
人気のお菓子の量り売りもしているのだ。
自宅用にこの量り売りを少し買った。


実はこの企業、なでしこジャパンの澤選手らが所属しているINAC神戸レオネッサのオフィシャルスポンサーなのである。
売店横の小さなギャラリーに、INAC神戸選手のサイン入り写真が掲げられていた。

INAC神戸

INAC神戸からFIFA女子ワールドカップに、7名の選手が選出されている。

ユニフォームで思いっきり宣伝しているもんねぇ。
このなでしこジャパンのブームで、すごい広告効果があるだろうなー。

あたしゃINAC神戸のこの赤いユニフォームで試合に出ている澤兄貴の姿を初めてテレビで見たとき、
「えっ!?
 会社とチームの本拠地は全然県が違うのに~、知らんかった!」
と驚いたねー。

サイン入りユニフォーム

直筆サイン入りのユニフォームも飾られていた。
澤兄貴のサインは黒糖の文字のすぐ右上だよ。


「澤兄貴ってどうしてよ?」
って思ったアナタ、ググッてください(笑。








夜はゴエモン、高校の同級生と地元の居酒屋で飲み会。
あの息子が…、バブバブちゃんだったあの子が、堂々と飲み会に出掛けて行くお年頃になったとは…。
まあ職場では良くそのようなこともあるんだと知っているんだがな、この家から飲み会に行くとか言われるのって帰省の時だけだから、不思議な気分なのよ。
職場の後輩を連れて食事に行き、乗って行ったのが自分の車だからって飲まないで、しかも割り勘じゃなくて後輩へ、
「1000円ずつでいいよ」
なんてことも言う兄貴振りしているんだって。
へぇ~って感じでホントに不思議な気持ちだよ。


日付が変わる頃になってもゴエモン帰宅せず。
うーん、これもまたおかあちゃん少しフクザツな心境かもよ~。




励みになります

テーマ : ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~
ジャンル : 日記

07/15のツイートまとめ

uuban_gya

最寄りの温泉へ行って来た。とても気持ちよかったのだが、露天湯でやぶ蚊に2ヶ所刺される。悔しい…。
07-15 19:40

帰る場所があること

お暑うございます。
でも今日は殆ど一日を家の中で過ごす。

ゴエモンは早朝6時過ぎから、庭で愛車ゴエモン号を手洗い洗車。
日が昇って来る前にやってしまおうと、早起きまでするこの努力。
まだ洗車機には入れたことがないんだって。
手洗いで頑張っているんだって。
「今のうちだけよ~」
遠い日を思い出してオカンもオトンも笑う。




元職場ではこのクソ暑いのに目土作業だと。
ふっふっふ~♪、そんなシンドイ事など、私はもうしなくていいのだ。
カンカン照りの中、そして雪が舞う中、よくもまぁあの様なコースメンテ作業に取り組み続けて来たものである。
それも仕事だから、大事なメンテだからと思って頑張って来たが、職場全体で取り組むスケジュールの筈なのに、他のセクションの欠席者があまりにも多かった。
つーか休み禁止と我がセクションにはお達しが出ていたから、我らはその日を避けて休んでいるのに、蓋を開けてみたら休みを取っている人がゴロゴロいるセクションも多かったり、馬鹿げたスケジュールが多発していたので、頑張るほうが阿呆らしく思えてしまう結果が多かった。



だがしかし、まだO嬢は本日あの作業に参加している。
真夏は昼までで終わることが多いけれど、本日はどうなんだろう?
2週間ほど前の目土作業は、あのコースのメンバーによる試合前であり、梅雨の影響で作業の予定が何度も中止になっていたから、念入りに行われることになって、結局夕方までやっていたと言う。


「昼で終わったー、暑かったー」
O嬢から連絡あり。
一日作業じゃなくて良かったね。
退職までにまだあの作業の日の出勤があるのかえ?
「うーん、どうだろ?
 今月はもう無いと思ったし、
 来月に入ったらほとんど有給休暇の消化になるし、
 もう私はあんな作業に参加しなくていいと思うわ、バンザイよ」
うん、確かにバンザイだ。

 

O嬢は本日午後から実家へ行く用事があるので、ついでに先日預けたマダコを実家に届けてくれて、その帰りに茄子の素揚げが大好物のゴエモンのために、また実家で作られている茄子を貰って来てくれるとのこと。
ありがたやありがたや…。





やがて茄子を沢山届けに来てくれた彼女の、今日の目土作業の慰労を兼ねて、我が家に一番近い温泉へ、ゴエモンを含めた3人で向かう。
車に乗り込み4分弱で到着。
まだ夕方のラッシュ時間前なので、女湯には婆ちゃんが数名いるだけで空いている。

露天

これは小さい方の露天風呂で、温度が熱め。
この5倍くらいある温度がぬるめの露天と、この1.5倍くらいの露天寝湯と、露天水風呂がお外にある。
内湯には熱め・ふつう・ぬるめの3つのお湯と、サウナ&水風呂。
混雑時間帯さえ避ければ、かなりゆったり入れるのだ。
これで400円ってのは許してもいいかなと思う。
夏場はここのぬるめのお湯がたまらなくいいんだわ~。


地元に温泉があるのって、ホントに幸せだじょー!
\(^o^)/
ゴエモンは今回の帰省中にこの温泉へ2回、ダンナの勤務先関連の温泉に2回行っており、故郷の温泉をエンジョイする日々にもなっている。
勤務地も比較的近くに有名な温泉地があるけれど、実家にいるときのように気軽に温泉へ足を運ぶようなことはないらしい。




夜はまた茄子の素揚げをドサっと作った。
自分で食べていても思う。
そして食べながらゴエモンも言う。
「茄子の素揚げは、どうしてこんなにもウマイんだ!」


食事をしている最中に、突然ゴエモンが思い出したように声を上げる。
「あっ!冬に帰ってきたときに食べたいものがあった!」
「何を?」
「高菜漬の油炒めが食べたい~。
 あれがあればご飯3倍イケちゃうよ」

ふむふむ、そうかそうか、好きだったもんねぇ。
わかった、了解。


ゴエモンには黙って、冷蔵庫からコッソリ高菜漬けを出す。
実はO嬢の実家からの頂き物があるのだ。

塩気を急いで抜き、細かく刻んで炒める。
砂糖や醤油を少し加えて味を整え、最後に胡麻を全体にまぶす。


「はいよ♪」
「えっ!高菜漬けあったの!?
 (≧∀≦)嬉しい~!!ありがとー!!」

これがツマミにもなると言って、ゴエモンとダンナの二人はまたハイボールを飲む。



東京っ子の私は、熊本に来るまで高菜漬けを知らなかった。
それまではこれに似たものだと、野沢菜漬けが我が家の主役だった。
高菜漬けの油炒めを知ったのは、20代の後半になってからだと思う。
このあたりでは普通に、自宅で高菜漬けを作るおっかさんたちが多くいらっしゃる。
だから頂き物も結構多かったりする。

「なんで漬物を炒めるのさ!?」
口にする前はその調理の仕方に違和感を感じていたが、一度食べたらウマー!!でとても好きになった。
今は土産物として売られたりもしているが、さすがにゴエモンのような暮らしでは食する機会が少ないのだろう。

結局家族3人ともこれをバクバク食らう。
1食でガバっと減ってしまった。
冬にもまた作ることにするよー。





温泉に茄子に高菜の油炒め、馴染みのペットたちやその他諸々、ゴエモンは、
「帰る場所があることっていいね」
と感じてくれているんだろうと、オカンはそう思いたい。




励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

CALENDER
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR