空が燃えていた

沖縄ではお友達の娘さんが暮らしている。
今度の台風は大丈夫だったのだろうか。
テレビを殆ど見ないで過ごしていたので、台風関係の情報があまり入らない。

夕焼け


午後7時。
外をチラと見ると、すごい空の色になっていた。
夕焼けで西の空の雲が燃えていた。



明日の火の国、晴れなのかな。




ホントは今夜の夕食、ここまで手を掛けずに済んだのに。
私だけの予定だったから、すごく簡単に済むはずだったのに。
あうー、めんどくさい…。
ついそう思いながらキッチンに立ってしまうワタクシ。




励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

青天の霹靂

自分のすぐ傍らで起きていることではないと、文字通りの「他人事」でしかない事柄と言うのは誰にでも多々ある。
本日のワタクシ、夕方にダンナから電話を貰うまで、全くそのことを頭に入れていなかった。

「旅行は中止になったよ~」

Σ(゚д゚;) ヌオォ!?
何だって!?

頭の中に生じる空白。
だがそれは一瞬で埋められた。

「ああ、台風で!?」
「うん、そういうこと!無理だねー」


||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||





ダンナに小遣い兼お土産代まで渡し、
「雪塩ちんすこうを買って来てね」
と頼んでいたのが空振りになったからショックだったのではない。
ゆっくり出来ると思っていたのに、ダンナが留守になる予定が無くなってしまったことが、
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
なのだった。



沖縄方面の事をすっかり忘れていた。
地元の天候は毎日チェックしていて、今日だってこうして、

積乱雲1

「大気の状態が不安定だな、雨の心配はないかな?」
なんて空を見上げながら仕事をしているくせに、その他の地域のことが頭になかった。


明日からダンナが沖縄へ社員慰安旅行で行くというのに、あちらには台風が接近中であることを、私は全然気にも止めていなかったのである。


31日から2泊3日で沖縄本島へ行く予定だったダンナ。
旅行が中止になったと聞いてから台風情報を確認してみると、

台風進路


その旅行計画を直撃してくれている台風7号(コンパス)。


ダンナは2日の夜に帰って来る予定だった。
1日の夜、私はたぶん職場の人らと飲み会が入る見通しで、家のことを気にせず出て行けるからこれ幸いと思っていたところなのに、こいつは見込み違いもいいところになっちまいましたなぁ。


青天の霹靂ってこの事だわね…。
(青天の霹靂=晴れ渡った空に突然起こる雷の意)



こちらは台風の影響などさほど出ていないが、厳しい残暑が続いているせいで、平日とあってお客さんは激しく少ない当コース。

暇つぶし1

ヒマになっちゃったもんだから、目土作業に行きなさいと指示が出てしまった。
クソ暑い中をブツクサと目土作業する出勤組3名(撮影者の私を含む)。




仕事場では何かと蝶に魅入られやすいワタクシ。
今日もこのコースの真中で、

ルリタテハ1

私の周囲を飛んでいた蝶がおり、やがてそれは足にとまる。

ルリタテハ2

ルリタテハだ。
この蝶は鮮やかな水色の帯模様が美しい。
職場の周囲では普通に見られるルリタテハ。
だけどこの蝶は結構機敏に飛ぶものなので、間近でじっくりと見られる機会は、他の蝶に比べると少ない。

ゴエモンが小学生高学年だった頃、一時期彼と蝶の採集や観察に凝り、立派な標本箱まで作る&自由研究で取り上げるなどしていたけれど(標本箱3個は地元の市立博物館特別展に出品協力していたほど)、ルリタテハは敏捷なので確か捕虫網で採った事は1回程度しかなかったと思う。
我が家にはルリタテハの標本がないかも。
それなのに、その蝶がこのように止まるとは。


蝶が体に止まりに来るのは、占有行動のひとつなんだろうと思っている。
どこかに止まり、離れてもまた舞い戻る。
一部の蝶(ゼフィルス類など)に見られる行動で、これを知っていると蝶の撮影や捕獲は比較的容易になる。

或いは吸水行動の一種なのかも知れない。
私の体に口吻を伸ばしていた蝶もいた。
一説では吸水行動を盛んに取るものはオスが多く、蝶のオスが羽化した後に、オスの体に必要な成分を補給するために行う行動とも考えられているそうだ。

蝶は、動物の排泄物(おしっこや獣糞)などに吸水しに集まることが多いため、その主成分であるナトリウムが蝶の必要としている成分と思われている。

オスが必要としているナトリウムは、蝶が活発に飛び回るために必要な栄養素とされている。
つまり、メスを探して活発に飛び回るオスは、筋肉の運動に必要なナトリウムイオンを、この様な吸水によって補給するというものだ。
私の体に口吻を伸ばしていた蝶は、汗に含まれるナトリウムイオンを求めていたのではないだろうか?



もしかしてこのルリタテハ、手に移してもじっとしているのでは?…と思い、作業用の手袋をしていたけれど、蝶の目の前に手をそっと差し出してみる。

ルリタテハ3

移った!
そして口吻を延ばし、吸水のような行動を取っているではないか。
ズボンや手袋の上からでも、汗の匂いなどがわかるのだろうか?


ルリタテハの羽の裏側は、このように枯葉か樹皮のような模様をしており、お世辞にも美しいとは言えない。
しかし羽を開くとこれが全然違う。

ルリタテハ4

濃い黒褐色の翅の表面に「瑠璃」の和名にふさわしい鮮やかな水色の帯模様が入っている。


いやぁ、まさかこんな目の前でルリタテハが見られるとは思わなかった。
手の甲に止まったままのルリタテハは全然私を警戒する様子もなく、作業に戻った私からもこのまま離れて行かなかった。
したがって片手で作業を続けていたワタクシ。
ケータイで写真を撮るし作業は片手でしかしないし、端から見たらとても不真面目なヤツだねコレ。





作業を終えてクラブハウスへ戻る時間になったので、ルリタテハとはお別れ。







お客さん少なめであんまり忙しくなさそうな当社レストランから、本日のランチを求める。

ランチ

おろし穴子天ぷらうどん。
大きな穴子天が乗って、従業員価格630円。
しかもオマケでご飯まで付けてもらっちゃっているし(笑。



うー。
お腹いっぱい。







午後からもヒマが続く。
だけどポツポツとお客さんが戻って来るので、午後からは目土作業には出て行かない。

生花

花が枯れて捨てられていたので、活け直しておいたりする。
花材は目の前の植え込みにあったものを摘んで来た。


手前の蔓はミツバアケビ。
ツツジの植え込みの中に芽を出していたものなので、鳥さんの糞にでも種が混じっていたのかなぁ?

そんでもって花器がわりの空き瓶は、デカビタCのものと来たもんだ。
ま、水揚げも上手く行ったし、これだって何も無い殺風景よりはマシだよね。







そんな事をしてやっとダラダラな仕事から戻った私に、ダンナからの残念至極なお知らせが来た次第。
その後帰宅したダンナは、
「はい、これ、土産代返しておくよ」
と言って5,000円を返金。
おお、思い出してくれたか、良かった。
返してくれとは言い出しにくいんで、ちょっと困っていたのさ~。

中止というか一応延期らしい。
でも仕事の関係があるので、12月か1月か、そんな感じになるらしく、
「それも全然わからないよ」
と言っていた。


雪塩ちんすこう、先が見えないお預けになっちゃった。





励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

08/29のツイートまとめ

uuban_gya

20分ほど激しく通り雨が来て、ちょうど今上がった。涼しくなるといいな。
08-29 16:22

小さなこだわりと大きな矛盾

矛盾してるではないか。
昨日の記事を読み返していてそう思った。


庭に雑草が蔓延ってるのを知りながら、ギリギリにならないと腰を上げないワタクシ。
それなのに愛車の小さな灯火が切れた時に、すぐに直しておかないと気が済まないと言うワタクシ。


思いっきり矛盾しているこの考え方。
いったいどういう性格をしているんだろ。


まあはっきり言って、私はギリギリにならないと腰を上げない性格だ。
学校の宿題もそうだった。
今だって年賀状は土壇場にならないと書かない。
ブログ記事も然り。
仕事に行くのだって、ギリギリに家を出るタイプ。
とにかく腰の重さには自信がある(?)。


ほんの小さなことにだけ、こだわりを持っている奴。
そういう事になるんだろうねぇ。




今日も激しく暑かった。
汗の流れ方が半端じゃなくて、この夏最もお見苦しいくらい、仕事中に化粧がハゲハゲになった。
あの顔を正面から見たら、かなり恐ろしいものだったと思われる。
しかしコース内に出ている間は化粧直しなんて出来ない。
これはギリギリまで手を付けないのではなくて、どうにかしたくてもどうにもならん状況なので仕方ない。



そして夕立が来た。
近くでの雷はあまり発生せず、雨をたっぷり降らせる夕立だった。
今回は職場方面でも我が家方面でもたっぷりと降り、庭が十分に潤ったの大助かり。

それにしても、9月にリーチがかかっているってのに、この残暑はどう考えてもおかしい。
気候も何やら矛盾している今日この頃。

体調崩していませんか。
私は取り敢えず大丈夫。
皆さんご自愛くださいな。




励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

08/28のツイートまとめ

uuban_gya

結構風が吹いてるけれど、日差しは朝から容赦無い。出勤後1時間経過、早くもメイクがハゲハゲ~。
08-28 08:11

節約しよう

あれ?消えている。
いつからなんだろう、全然知らなかったよ。



昨晩のことである。
買い物などを終えて自宅へ戻ったワタクシ、荷物が多いので愛車を玄関前へ横付した。
普段はここでエンジンを止め、そして荷物を下ろしたりするのだが、昨晩はちょっとした気分の違いから、エンジンを止めずしかも前照灯を小さく灯したままで荷物を降ろそうとした。

ハッチバックのドアを開けようと車の後方へ回った時に、テールランプが1個点灯していないことに気づいたのだ。


知らなかった。
ついさっき私は、ガソリンスタンドに立ち寄って給油してきたばかりである。
その時にも既に暗くなっていたから、ライトのスイッチをオンにしてスタンドへ出入りしており、愛車の後方には従業員も立っていたんだけど、あそこでは何も指摘されなかった。


あの時は点灯していたのだろうか。
消えていたとしたら、従業員が教えてくれても良かったのに。
それともスタンドを出た後に消えちゃったんだろうか。


ランプ1


いずれにしても消えているものは消えている。
球切れだろうなぁ。
後方のランプが消えていることなんて、普段は自分で気づかない。
私の愛車はランプ関係に故障があっても、メーター関係パネルの警告灯で教えてくれないのである。

たまたまこの時にエンジンを切らずライトも完全には消灯しなかったという珍しい行動に出たのは、見えない糸で手繰り寄せられたご縁なのだろう。

気づいたんだったら早めに直しておかなきゃ。



通勤時には職場に近くなると、うちの従業員の車が連なることが多いので、誰かの後方に着くと他人のブレーキランプ類の球切れに気づくケースがある。
だがそれを指摘してもすぐには直さず、ランプ衣類の球切れを認知していながら、
「ああ、今度の車検で直すからいいの」
「オイル交換しに行った時にでも直すわ」
等と言っている人も良くいる。

私は駄目なんだよなぁそれ。
認識していたら放置できない。
気づいたら早く直したい。
小さな電球1個の球切れだって、その場で修理不可能だったら「整備不良」で反則切符を渡されても文句言えないんだぞ。



本日仕事帰りにホームセンターに立ち寄る。
ガソリンスタンドや修理工場には行かない。
この程度の電球交換、業者に任せるほどのものではない。
おそらくOちゃんなどは、スタンドへ行って直してもらう人だろうが、自分で行ったほうが安上がり。
いやおそらくうちの職場でアンケートでも取ったら、自分で電球の交換をする女性は他に居ないと思う。


電球のタイプを確認するため、ソレを外して取り出す。

ランプ2

簡単に外れるんだぞ、ここにあるんだもん。

ランプ3

やっぱりフィラメントが切れていた。

店内へ行き、同じタイプのものを買って来る。

ランプ4

安いんだからこんな電球なんて。
これに工賃加算されるのなんて絶対に勿体無い!

球切れは1個だけだったけれど、1個売りは100円だった。
対になっているものの新旧に差があると、明るさの点にも差が出る可能性があるから、いっそのこと…と両方交換しておくことにして2個組み購入。

チョイチョイと交換して…、


ランプ5

はい、作業終了。




189円で済んだ。
スタンドで直してもらったら500円くらい取られる?



あなたは自分でやりますか?
それとも頼んじゃうほうですか?
家族がしてくれるって人もいるだろうけれど、女性だってこのくらいは出来るよ。
ワイパーブレードの交換を、車検の時に業者任せにしたと後からOちゃんから聞き、その価格も聞いて私は怒った。
「勿体無い!なんでひとこと私に相談しなかったのよ!」
と。
しかもその業者、彼女の車の標準仕様とは違うタイプのワイパーゴムが付いているブレードを取り付けたので、その後ゴムの交換の際に品物探すのがしにくくなっちゃってさぁ。


自分で出来ることは自分でしたほうがいいよぉ。
ちょっとした節約だけど、部品が意外と安いことさえ知らない人もいるからねぇ。
立ち上がれ消費者。




励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

08/27のツイートまとめ

uuban_gya

筋肉痛にも負けず、既に出勤しておりまする~。外に居るともう汗が流れるわ。
08-27 07:46

そこまでやるの!?

職業柄、ゴルフ用品の新製品には多少興味がある。
メーカの名前やその中のブランド、覚えておかないと赤っ恥って事もあるから、一応業界の動向は少し気にしている方だ。


このほどこんなニュースがあった。

【マルマンが日本の伝統工芸「うるし」をクラブに注入】~ゴルフダイジェスト・オンライン~
記事はこちらから

企業発表のプレスリリースはこちらのpdfファイル。
http://www.maruman-golf.jp/news/pdf/nr100817.pdf

マルマン(株)の「MAJESTY:マジェスティ」は、競技志向と言うよりは高級志向という感じのブランドで、まあひとくちで言うと、お金にお余裕のあるじいさんばあさんのキャディバッグに入っている事が多いクラブのモデル。
現役だったら企業のお偉いさんあたり、あとは退職して悠々自適なゴルフ人生を送っている人がユーザーって感じかな。
間違っても遼くんや藍ちゃんさくらちゃんが使うようなクラブではないぞよ。


このMAJESTYに、輪島塗を施したクラブが登場したんだと。

輪島塗クラブ

美しいねぇ。

輪島塗を施したウッド3+アイアン9+パター、それと漆を用いた日本の伝統工芸『印傳』を配したハイグレードモデルのキャディバッグのセットで売り出すと言う。

その価格がなんと! 1,680万円!!

建坪約50坪を誇る、あこちん邸の新築時購入価格よりも高いっす(爆。


そんなもんを誰が使うんだよ!!…と思うが、
『今年の春、北京で行われたゴルフショーでお披露目となったが、そのときには3件の注文が入る盛況ぶり』
だと言い、現在も数件の商談中だと言うんだから、恐るべしチャイニーズ・マネー。


本日の職場で、この法外な価格のクラブの話題になった。

「こんなもん、もしも持って来られたら困りますよね」
「私、逃げ出しますよ、触りませんよ」
「観賞用でしょうよ」
「家に飾っておいて、使うわけじゃないんでしょうね」
「しかし本気でこんなものが欲しいとはねぇ」
「てんぷらショットなんか打てないわね」
(てんぷらショットとは、ティーアップしたボールの下にクラブが入り、ボールが高く上がる=揚がるショットのことで、ドライバーヘッドの上部つまりこの画像で言うと漆塗りの左端部分にボールが当たる。クラブヘッドにボールの跡が白く残ることが多い)


買う方も買う方だが、作る方も作る方だよねぇ。
確かに輪島塗は見事な日本の伝統工芸であり文化だ。
50万円の輪島塗キーボードと言うのが売り出されたことあるの、知っていた?。
だけどねぇ…、ゴルフクラブにしなくてもいいんジャマイカ?


知恵とお金の使い方が、な~んか違う気がするんだよねぇ。


16,800円の中古ドライバーをヤフオクから落札するのでさえ、ドキドキしながらポチ!しているワタクシには、こんな常識外れの金額設定になっているゴルフ用品を購入しようとする御仁の心境が理解出来ない。
これだけのお金があったら、私はこのセットなどよりも我が家を建て替えたいわ。

「オラァ、金もってんだどー!」
とおっしゃる方は(特に今はチャイニーズ富裕層)、どうぞ商談に持ち込んでくだされ。
だが商談成立し、無事お手元に届いても(受注生産で納期まで1年近くかかるとか)、決して当コースには持参しないでね。
お越しになってもそれに触れ、運んで差し上げようと言う勇気ある従業員がおりませぬ。


8月25日から伊勢丹新宿店 MENS館7F ゴルフ用品店売り場にて一般公開されているそうだ。
暇な人は鑑賞に行ってみてちょ!





今日は朝から先輩Kさんとあの待機部屋でバッグ番をしていた。
「今日も朝から暑いですねー」
「でもこれやってくれたから、だいぶ違うわよ」

普段はあまり会話を交わさないKさんが、ボソッとそう言ってくれた。
3日前に私とOちゃんが窓に貼ったフィルムのことを、さりげなく褒めてくれた。


素直に嬉しい。
こう言ってくれたんだよと、Oちゃんにもしかと伝えた。

頑張ってよかったね。





励みになります

08/26のツイートまとめ

uuban_gya

お抱え庭師tamaちんのリアクション無し。仕方が無いので一人で草むしり続行中。少し曇って来たのがありがたい。でも暑いよやっぱり…。
08-26 15:54

そうだ、tamaちん!暇だったら手伝いに来て~。ランチと温泉奢り付きでどう?
08-26 09:34

庭の植え込み草むしり。バラ園が危うく雑草園になるところ。しかし日が高くなってきて暑い!まだ半分近く残っている…。出来るところまで頑張るけど、倒れる前にやめるよ。
08-26 09:32

今日こそはと心に決めて

やると決めたら一気にやらないと、また何日も手付かずになる。
春に作った庭の植え込み、つまりちょっとしたバラ園、これが凄いことになっている。
ダンナの刈払機による除草がここには入らないので、手で引き抜く他にない。
夏の間も気がつくと少しずつ抜いていたのだが、呑気に取り組んでいたのでは埒が明かない状況に至り、

除草1

ここまでひどくなっちゃった。
植え込みの中に何があるのか、全然わからないでしょ?(苦笑


朝日がやっと山の向こうから顔を出した頃、庭に出て作業を始めた。
今日こそはこれを全部引き抜いてやる!
そう心に決めていたワタクシ。

ちょうどダンナが愛犬ラブちゃんの散歩から戻ってきたところだったが、
「まだ寝てるよ」
と言うと、ダンナは家の中に入ってしまった。

そっか、手伝わないのか。


今日は夕方から仕事に出て行くと言っていた。
そのまま2泊の仕事になるそうで、昼間は夜に備えて睡眠を取っておくつもりなのだろう。

ダンナも散歩から戻った後などに、時々少しづつ草を引き抜いていたのを知っている。
ホントに「少しずつ」だったけれど、彼なりに助力していたというい自負があるのだと思う。
まあいいや、今日は手伝ってもらえなくても仕方ない。



しかしまあ、半端じゃないねこの雑草の量は…。



「えらいものになるよ」
と言われていた琉球アサガオは、ホントにえらいものになっており、思わぬところまで蔓が地を這って伸びて来ている。

除草2

マルバツユクサ。
こいつが茎も太くしっかり根を張っていて厄介。
小さな小さな花は、良く見ると可愛らしいけれどねぇ。



バラ苗:白いピエール・ドゥ・ロンサールを植えた場所はダンナの部屋の目の前で、ここで草をむしっているとエアコンの室外機が目の前でフィ~ンと唸っている。
部屋の中は涼しいんだろうなぁ。
くっそぉ…。
外は既に30度なんてとうに超え、ジリジリジリと日が差している。
汗だくとはこの状態。

作業をしては家に入って避暑。
しっかり休んでまた外へ。
午前中はその繰り返しで、なかなかはかどらぬ状況。

この感じでは、今日中に終わらないかもと心配になって来た。
ダンナは朝以来、一歩も外へ出てこない。
それどころか外へ声も掛けず、エアコンの室外機の音だけが憎たらしく聞こえている。
ちょっとこのままではヤバイかな?と言う気持ちになり、ツイートでお抱え庭師の妹:tamaちんへメッセージを出してみたが、彼女からのリアクション無し。
わざわざケータイで呼び出すのもねぇ。
こんな暑い時間になってから、気安く出て来てくれるような状況ではないしね。

仕方がないので一人で続ける。


昼を挟んで少し長めの休息を取る。
だってお外は35度。
頑張りすぎて倒れたんじゃ話にならん。



しばらくすると外が少し曇り出した。
夕立が来るのかも知れない。
雲が日差しを隠してくれるとかなり楽だ。

今のうちに、曇ってそして雨が降らぬうちに片付けてしまおう。



tamaちんが、
「バーベナでも植えておきなよ。
 そうすれば雑草も生えてこなくていいよ!」
と言ってくれたので、それを実践した植え込み。
ところがそのバーベナ神話は、脆くも崩れ落ちていた。
バーベナが茎を伸ばして茂っているその間に、雑草が縦横無尽に伸び放題。
かえって除草しにくいったらありゃしない!

面倒なことになっちゃって…とぼやきながら草を抜く。
あ、バーベナまで抜いちゃった。
もー!!!


除草3

左半分が除草済みで、右半分が未着手。
マジでここ、厄介な場所だったわよプンスカ。



遠雷が聞こえ上空が暗くなりかけ、パラパラと雨粒が落ちてきたけれど、ここで止める訳には行かない。
あと少し、あと少しで終わるんだ。
頑張れ自分。



ダンナが出てきたと思ったら、もう仕事に行くところだった。
マジで手伝い皆無。
家の中へ休息に入ったときに、私の汗だらけ状態を見ていたけれど、草の1本も抜かなかったダンナ。
すごい家庭です、この空回り。




夕立は本格的にならず、作業を妨げることにはならなかった。


終わったぞぉぉぉぉぉ!!!
朝7時から、午後5時過ぎまでかかっちゃったけどさ。





除草4

一番最初の画像と、ほぼ同じような角度で撮ったものである。
雑草を取り除いてスッキリした状況。
これと同様の場所が母屋の南側にズラリとあった訳で、どれだけ頑張ったのか、この画像で思いを馳せて欲しい。




温泉にでも行きたいところだったが、とにかく泥にまみれて汗だらけ。
この服のまま行くわけにもいかないし、着替えるんだったらシャワーでも浴びなきゃだし。
結局そのまま自宅で風呂にドボン。


夜になったら腕に筋肉痛が出て来た。
頑張ったツケが回っている。

この状態で明日は仕事。
辛いわぁ、切ないわぁ。


でも庭に出ると気持ちが少し晴れるよ。
やるだけやった後は、それなりに気持ちがイイもんだね。



あのままだったらどうなっていただろう。
次の休みは1週間後だったもの。
どっぷり疲れた休日になったけれど、私は後悔していない。
でも筋肉痛はちょいと辛い。




励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

08/25のツイートまとめ

uuban_gya

夕方近所の温泉&買い物へ行って帰宅すると同時に、久しぶりで雷を伴った夕立。庭の散水免除で助かる~。
08-25 21:05

のんびり、のんびり。

休みだ、連休だ。
しかし今週は遠出しないことにしている。
外は残暑が厳しくて仕方ないので、家に引きこもることに決めた本日。
早起きする必要がないので、朝はゆっくりと遅くまで寝ていた。
ああ、でも愛車バロンちゃんのエアコン修理があったんだ。

修理工場まで車を持って行く。
そこまでは魅力的な川に沿って行くのである。
それを見ると川魚を狙って竿を出してみたいなぁと言う気持ちも湧くが、いかんせんこの炎天下。
やめておこう、今日は無茶するのはやめよう。



代車にしてくれたのが地味な軽自動車。
私になんとも似合わないねぇ~。
まあお出かけの予定もないからいいか。




家に戻ってからも何だか眠くて…。


昼寝しちゃった。
通算昼寝時間が、普段の夜の睡眠時間を超えそうなくらい、何度か目を覚ましながらも昼寝を繰り返す。
疲れが溜まっているんだろうなぁ。


Oちゃんから、
「昼下がりの温泉でもいかが?」
とメールが来ていた。
それにも気づかず眠っていた。
気づいたのは夕方。
愛車の修理が終わった頃合いなので引き取りに行こうとして、彼女のメールに気づく。

「昼下がりじゃなくて、夕方になっちゃったけどいい?」
「いいよ、行こうか」


愛車を取りに行ってから、彼女と温泉で落ち合うことにした。



愛車バロンちゃんのエアコンは、別に壊れていたわけじゃないらしい。
ラジエーターのファンがひとつ動いていないと言われていたが、
「この車は別々にファンが動くタイプだったんですね…」
と工場主が苦笑していた。
とりあえずエアコンの方は真空抜きを施し、中に溜まっていたゴミなどを除去した上で、エアコンガスをチャージしておいたそうな。

「今年の夏は、
 エアコンが効かないと言って来るお客さんが、
 例年よりも多いんですよぉ」
と工場主はおっしゃる。
うんうん、わかる気がします、なんだか暑さがいつもより厳しいもん。



エアコン、効きが良くなったのかな?
もう真昼の猛暑時間じゃないから、イマイチよくわからん。



Oちゃんと落ち合ったのは、我が家から一番近い温泉。

温泉1

結構止まっていた駐車場の車の数に比べ、中に入ってみるとお客さんはガラ空き状態で拍子抜け。

温泉2

広々とした露天風呂もこのような有様にて、ほとんどの時間を貸切状態で過ごす我々。

我が家から車で3分、大人400円でこののんびり感。
温泉の国に住む幸せ…。
(なのにわざわざ遠くの温泉へも出かけるという贅沢&わがまま)



風呂上りに近場で買い物をし、帰宅しようと外へ出たら遠くでは雷ピカピカ。
段々とそれが近づき、家へ着く前に土砂降りになった。

久々の夕立、歓迎ですぅ~。
庭の植木もこれで一息ついたよね~。




ホントはこの休みを利用して、庭の除草作業をするつもりだった。
だけど今朝は寝過ごしたし、朝から暑すぎた。
明日の朝はこの雨のお蔭で、いくらか涼しいことだろう。

明日はちょっと頑張っておこうかな。




励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

残暑対策自主防衛

昨日の記事にも書いた玄関のバッグ番。
私たちがバッグ番をしている時に待機している部屋は、正面玄関の脇にある8畳間ほどの部屋。

玄関2

ここで待機しつつ、朝はお客さんの車が目に入ったら外へ出て車から荷物を取り出し、夕はお客さんがクラブハウスから出て来たら荷物を返す。


玄関1

ここは東向きになっており、朝日がまともに差し込む。
冬場はその日向がとてもありがたいのだが、夏場はこれが暑くてたまらん。

しかもこの部屋がとても変な作りになっており、最初の画像の部屋の隣に倉庫っぽい小さな部屋が続いている。

玄関3

右手に見えている引き戸のさらに右がその小さな部屋。
ここは売店用の飲料水などの置き棚があり、さらにはトイレがある5畳くらいのスペース。


一番上の画像を見るとわかるのだが、この待機部屋には扇風機があってエアコンが無い。
しかし何故か人が居続けることなどない倉庫部分には、

玄関4

天井に立派なエアコンがある。



このエアコンで冷暖房し、引き戸を開けたままにして待機部屋へその風を送るという、誠に効率の悪い空調をしているのだった。
設計した人はかなり頭が悪いね。


ところが昨年秋くらいに、このエアコンが壊れた。
室外機の基盤が問題らしい。
築15年ほどになるんだろうか、そんな時代の大型エアコンだから、修理しようにも部品が入手しにくい上に、バカ高い費用がかかる模様。

ケチケチで有名なうちのオーナーが、そんな修理を許すわけがない。

だって女性客用の露天風呂のボイラーだって修理しなくて、もう何ヶ月もその露天風呂はお湯を入れずにカラのままだし、同じく女性客用の浴槽にあるジェットバスだって、壊れたものをずっと修理してくれないんだもん。
大事なんだよ、こういうお風呂の評価って。
なのにそれに修理への投資をしないでどうするよ。
現場から「修理してください」って何度か声を出しても駄目なんだってさ。
お客さんを大事にしていない証拠だな。
絶対にこれはうちの評価を落としていると思う。


お客さんへのサービス面でさえ出資を惜しむオーナーが、従業員の勤務環境を改善しようとなんてする訳がない。


冬は冷風が出て夏は温風が出るこのエアコン、ドライにすると何とか少しは涼しげな風が持続することを、今年の夏の初めに私が発見した。
ドライ機能が働かなくなったら、もうこの部屋は完全にアウトだから、毎日ハラハラしながら使っている。

それに加えて今夏はOちゃんが自宅から小さな扇風機を持って来てくれた。
それでかなり助かっていたら、ここまでしながら、
「やっぱりエアコンの修理はしてもらえないんですよね?」
と我々が嘆き続ける様子を見るに見かねた総支配人が、
「扇風機、誰が持って来てくれたの?」
と少し呆れたのか、ある日やっと安い扇風機を買ってくれた。
この部屋に多いときは4人も待機しているんだが、何とか暑さをしのぎつつ仕事している。


でも暑いものは暑い!
特に朝のうちの、朝日が照りつける時間帯がたまらん!!
冷え切らない部屋に差し込むガラス越しの太陽。
倉庫になっている小部屋にも窓があり、これはちょうど軒が浅い部分になっているもんだから、日陰ってもんが生まれずに日が差し込みっぱなし。
これがまた効きの悪いエアコンと扇風機で耐える我々へ、部屋の温度を上昇させ意地悪してしまうのだ。

ここへブラインドでも取り付けてくれたらありがたいのだが、そんな事もあり得ない我が社。




本日はまたお客さん少なめの日で、全てのお客さんが到着した後、昼食時間までまだまだ残り時間があった。
そうだ!
今日はアレをやってみよう!!



少し前に私は気がついていた。
ガラクタ置き場の片隅に、既に退職した某氏が置き去りにしているブツがあることを。

それは某氏が自分の愛車に取り付けるつもりだった、車の窓用フィルム。
確かまだ使われておらず、埃まみれになって放り出されている。
不要品状態なんだから、従業員の勤務環境を改善するために使ったって構わないだろう。


上司にこのことを話し、
「冷房効率を少しでも良くするために、あの小窓にフィルムを貼ってみてもいいですか?」
と申し出た。
「やってことある?自分でできる?」
「出来ます!」


正確に言うと、自分では車の窓にフィルムを貼ったことなんて無いワタクシ。
でもカッティングシート貼りは苦手じゃないし、似たようなものだろうからおおむね要領は分かっている。


玄関5

ってことでOちゃんを助手にして、窓へのフィルム貼り作業に取り掛かった。

取り付けたい窓をすべて覆えるだけの広さは無いフィルムだが、半分以上には貼れそうだ。
上手くカットして…と。


玄関6

何故か上司の机の引き出しの中には、このようなFILM KIT(ゴムへら)が入っていて、これを貸してくれた。
うちの仕事にはあまり必要ないと思われるのに、なんでこんなモノ持っているんだろ???


玄関7

洗剤のうすめ液が入ったスプレーも、何故か常備の当セクション。
これをたっぷり吹きつけて…と。

シワも寄らず、気泡もきれいに出て、上手じゃないのさワタクシってば!!
一家に一台あこちん、またしても働いた。


玄関8

全体の2/3以上に貼れた。
おおー、部屋の中が薄暗くなるー♪

可視光線透過率65%のフィルムだって。
直射日光が入るよりは、このほうが少しはイイよね?ね?


改善が期待できない職場環境には、知恵を絞ってでも何とか工夫しなければならない。
まだまだ火の国の残暑は厳しい。
そして太陽の高さは徐々に低くなっており、日が差し込む時間はじわじわと長い。

劣悪な環境の中で、何も工夫せずにダラダラ仕事しているだけじゃつまらんよ。
お金掛けずに、出来るだけのことはした。
頼まれたわけじゃないけど、自主防衛しないとねえ。

これで明日以降、少しでも劣悪な環境下における暑さ対策になってくれるのだったら、少しは私を褒めてくれ!



早速その効果を自分で確かめたいところだが、生憎明日と明後日は公休日。
我が家でエアコンガンガン効かせて、のんびりしていることにしようっと。



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

白い花

3連休を挟んでここしばらく、後方支援の仕事ばかりが多かったワタクシ。
本日は久方振りでこの残暑の中をコース内へ繰り出す。
しかも朝イチのお客さん。
ああ準備が忙しい。



朝イチでも既にお外はジリジリの日差し。
あづぅぅぅぅぅぅ。



しかし出て行くのが早かった分、戻って来てから時間を持て余す。
私は最後のお客さんが帰るまで、玄関番をしなくてはならぬお役目であった。
その最後のお客さんというのが無茶苦茶遅いプレイの困ったちゃん。
通常は2時間でハーフラウンド(9ホール)回って欲しいところが、5組コンペのこのお客さん達、やたらと遅い面々だった。
最後の組なんて、前半はハーフ2時間56分かかっていると言う。
いくら本日が空いているとは言っても、コレでは困る。
「もう来るな!」
な客である。


しかもこのコンペ、プレイ終了後にはレストランで表彰式までやって行くのだと。



いったい何時になったら全員が帰るんだよ~!!





お陰で本日出勤の皆々、
「今日は少ないし、楽勝だね!」
って朝は言っていたのに、結果は残業まで付く有様になったのさ。
私は冷房が入った部屋でボーっと待っていることが出来たからまだいいが、お客さんが戻って来る度に外へ出て行かねばならぬ面々は、こんなにダラダラして時間が流れていたんじゃ暑くて嫌だっただろうなぁ。




処暑だと言うが、まだまだ35度を超える残暑が続く。
そんな中でも残暑に負けず咲いている花がある。

ノリウツギ1

ノリウツギ(糊空木、学名:Hydrangea paniculata )
アジサイ科アジサイ属の落葉低木。
これはツツジの植え込みの中にヒョコッと顔を出しているもの。
「樹高は2mから5mくらいになる。木ではあるが、先端がやや倒れて他の木により掛かり、つる植物のように見えることもある」
とWikipediaに書かれている。
確かに倒れているわ。

コース内の林縁などに自生しており、花が少ない今の時期はこれがよく目立つ。
まだ何も知らなかった頃は、
「アジサイに似ているなぁ、何だろう?」
と思っていた。
調べてみたらアジサイ科アジサイ属の落葉低木だって。
なるほど納得だった。


ノリウツギ2


花は枯れてからも茶色くなって翌年まで残る。

【そのため、和歌山県南部の山間部では娘を嫁に出すときに「ノリウツギの花が無くなるまで帰るな」と言って送り出す地域があるという】

ともWikipediaには書かれていた。

ふーん…。
あたしゃ和歌山のその地方の娘に生まれなくて良かったわい。



樹液を和紙を漉く際の糊に利用したため、この名がついたそうだ。
ほぉ。


ここで何度か画像を出していた「ちょっとした生花コーナー」にこれを用いたのだが、どうしてもこの猛暑の中だと水揚げが難しい。
クラブハウス周辺に沢山あるこれを1本とススキの葉を1本、スラッと行けて茶花風にして投げ込んでおいたワタクシ。

シンプルでいいんじゃね?と自画自賛していたところ、
「はい、これ。それじゃ寂しかろ?」
と蕾を沢山つけたハギの枝をどこかから採って来て差出してくれたNさん。

たははは…。
苦笑するワタクシ。

意図的に寂しくしていたってことを告げられず、やむなくそれも一緒に放り込んだ。


小さな器の水ではこれらが勢い良く水を吸い上げようとするキャパに耐えられないのか、翌朝出勤するとススキ以外は葉がカリカリになっていた。


ダメだねぇ、夏場の生花は難しいや。





励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

空回る

東京への出張以来、疲れが抜けないのか体調が悪いとダンナが言っている。
今日は早く帰って来たので、まだまだ余裕こいていた私は車が庭に入って来た時に驚いた。

そんなにも具合が悪いのかと思ったら、家に入って来た本人はケロっとしている。
「体調が悪くて早く帰って来たんじゃないの?」
「いや、忙しくないから早く帰って来ただけだよ」

人騒がせな奴だ…。


ダンナの沖縄旅行のことを、ちょいとばかり尋ねてみた。
「オプショナルツアーとか、どっか行くの?」
「なんだよ、オプショナルツアーって」
「え?ゴルフとか釣りとか、そういうのは無いの?」
「そんなもん無いよ、バスに乗って観光するだけだよっ!」


何の捻りもない旅行らしい。
面白くねぇ~。
アンタの会社は何をやっているどーゆーところなの!?と言いたい。
(知っている人は知っているがなぁ)



これじゃ土産も頼みにくそう。
つまんねぇ、ああつまらん。




職場では午後にものすごい勢いの雨が降った。
30分に満たない時間だったが半端じゃない降り方で、
「これだけ降れば庭の散水が省けるねぇ~♪」
と大いに期待させるものだったのに、帰宅してみると自宅の庭はカラカラ。

にわか雨に期待しちゃ駄目なのね…。
今年の夏はこうした雨の降り方が多いように思う。



昨夜も今朝も体調が悪いと言っていたのに、ダンナは帰宅すると、
「雨も降っていないし、水源までラブの散歩に行って来ようかな」
と言い出して30分近くも散歩に行き、外が暗くなるまで帰って来なかった。
そして蚊に刺されてボコボコになりながら、庭に散水してから家に入って来た。


どこまで体調が悪いんだか、ちっとも把握出来ぬ。
「長生きしようと思わないから、好きなようにする!」
と開き直った発言をされて以来、ダンナの健康には口出ししないことにしたんだけど、結局彼は、
「体調が悪い」
と言うことを口にするから、それを無視しても空気がマズー。
なーんか振り回されるのよねぇ、疲れるわ。



ゴエモンがいない我が家は、こんな感じでいつも空回りしているのであった。
帰省中のゴエモンというクッションがなくなり、調子が取り戻せずやりにくくて仕方ないワタクシ。
そう言えば先週の金曜日は入籍記念日だった。
そんなこともすっかり忘れている、腐れ縁状態家庭でござんす…。




励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

酷ざんしょ!…な残暑

仕事に戻った。
風があまり吹いてくれず、ただただ「暑いですねぇ!」を連発するような一日。
遊びまくっていた休みが明けた直後だけに、このダラダラ感は一段と堪える。

ここまで暑いと、さすがにこの時期お客さんは少なめ。
3年くらい前は熱中症でダウンするお客さんが多かった。
その年は職場から救急車を3回ほど呼んだ記憶がある。
でも最近は熱中症の恐ろしさが連日報じられているせいなのか、そこまで体調を崩す人は減っているように思う。
それなりに自衛策も施されるような傾向になって来ているのだろうか。

でも暑さでヘロヘロになって戻って来るお客さんを見ていつも思う。
あんたら、なんでそこまでやらにゃイカンのか…と。
いや、この人達は貴重なお客さんであり、彼らが来てくれるから当社は助かっているのだが、それでもやっぱり私個人としては内心彼らのチャレンジ精神に呆れているのだった。

どうも休み明けだと消極的な考えのほうが優ってしまうなぁ。



ところで私ばかりが遊んでいるように見えているだろうが、ダンナは今月末に社員旅行を控えている。
今年は2泊3日で沖縄へ行くダンナの職場。
暑い時期に暑いところへ行こうとは、なんとも粋なご計画。
お友達の娘さんが勤務するハイソなホテルに泊まりたかったようだが、予算の関係でそのようなお宿は無理だった模様。
沖縄で何をして来るんだろ?
ダンナはゴルフもしないし、たぶん釣りにも行かないと思う。
ただただ食って飲んでの沖縄になるんだろうな…。






ところで暑いといえば!!
愛車バロンちゃんのエアコンの調子が悪い。
働くことは働くのだが、時折ぬる~い風になってしまう。
一人で通勤時に利用しているときは気付かなかったのに、ゴエモンとOちゃんを乗せて博多へ向かっている時に気がついた。
「これ絶対におかしいよ、ヤバイでしょ?」
ゴエモンから指摘を受け、確かにそうだと思った。
「ガスかなぁ?
 そう言えば何年もエアコンのガスは調べていない気がする」

つまり唐津や呼子へ行っている間も、そのぬる~い風になってしまう状態が断続的に発生していた。
猛暑の中のお出かけだったので、それはちょいとばかり堪えた。
そしてエアコンが無理をしているせいもあるのか、燃費の悪いドライブになったようである。



本日仕事の帰りに、行きつけの修理工場へ寄って調べてもらった。
「ラジエーターのファンが、
 ふたつあるうちのひとつ回っていないみたいですねぇ。
 だから冷え切らないんだと思います。
 ヒューズが切れている訳じゃないんで、
 リレーから調べてみないとわからないですねぇ」

来週の半ば、仕事が休みになる日に一日入院させることにした。
このまま全然効かなくなったりしたら、あたしゃ車の中で熱中症になってくたばっちゃうよ。



猛暑の中では、車もどこかおかしくなりがち。
なるべく安く修理できるうちに直しておこうっと。




このクソ暑い時期なのに、ゴエモン空港では明日22日、こんなイベントが開催される。

お疲れ様です・・・

小松空港ラン&ウォーク大会 公式サイト

夜勤明けでお休み予定のゴエモンだが、警備でこちらに従事とのこと。
【受付】午前3時30分~4時45分
【開会式】午前5時
【競技開始】午前5時20分
開催時間が超早い~!!


まあねぇ、この大会のように滑走路を走れるなんて、あんまりないことだしねぇ。
参加者多いのかなぁ?

オマケでこんな事もあるらしい。

【F15と救難ヘリ登場 22日、小松空港ラン&ウオーク】

 22日に小松空港の仮設滑走路跡地で行われる「小松空港ラン&ウオーク2010」( 同実行委員会、北國新聞社主催)で、航空自衛隊小松基地所属のF15戦闘機や救難ヘリが特設コースに展示されることになった。現役の戦闘機やヘリを間近で見ることができる絶好の機会となり、夏休みの思い出作りに一役買う。
 展示されるのは小松基地のF15戦闘機や、航空自衛隊小松救難隊ヘリ「UH―60J 」で、スタート・ゴール地点に2機並ぶ。大会参加者に、来年に開庁50周年を迎える小松基地への理解を深めてもらう。大会の受付場所には管理隊の軽装甲機動車と施設隊消防小隊の消防車も展示される。


参照:石川のニュース 都道府県別 47News




まだまだ厳しい残暑が続く。
皆様もご自愛の上お過ごしを。

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

08/20のツイートまとめ

uuban_gya

呼子の朝市なう。たーくさんオマケしてもらって、土産どっさり!
08-20 10:58

食いしん坊眺望ドライブ in 呼子

「唐津の料理宿 松の井」での朝食。
我々が泊まった部屋の隣に、朝食が用意されていた。

松の井朝食1

いいもんだねぇ、夏障子。
このお宿では7~9月くらいの期間、こうして障子戸を取り替えているそうだ。


松の井朝食2

自家製鯵の干物が大きくて、これが十分なおかずになってくれるからご飯が進むんだけど、やっぱりこちらの朝食で一番楽しみなのは、

松の井朝食3

朝からつ茶漬け。
ウニの焼きおにぎりのお茶漬け、とにかくこれが美味しい!



二人共好きなのよねぇウニが。

ホントはこの夏、壱岐に行こうかとの話も出ていた。
ウニは夏が旬で、壱岐でに行くとウニがたらふく食べたれるらしい。
博多や唐津からだと、壱岐はそう遠くない。
でも行った先での事などを色々と考え、今回は壱岐行きを見送った。
でも昨夜の食事でもウニは使われており、そして朝食でも茶碗蒸しにウニが用いられるなど、夏らしい食材を楽しむことが出来た。


また行きますよ、この宿には。
季節を変えてまた行くよ。



前回はこのあと嬉野温泉へ行ったが、今回は是非行きたかった場所があるのでそちらへ。

呼子朝市1

呼子へ到着。
イカ釣り漁船が停泊する目の前に、ズラッとイカが干されて並ぶ。

呼子朝市2

イカの一夜干しが安いウマイ!の、呼子朝市へ行きたかったのだ。


呼子朝市3

この目的のために私たちは保冷用バッグをそれぞれ1つずつと、それに加えて保冷剤2個とペットボトルを凍らせたものを持参し、宿の冷凍庫で凍らせ直しカチコチにキープしておいた。

呼子朝市4

外を歩くとものすごく暑く、汗がダラダラ。
こうした猛暑の時期や平日であることも関係するのか、
「思っていたよりも出店は少ないのね?」
とOちゃんが言うように、路地を埋め尽くすというほどの規模ではなかったが、それでもオバチャンたちが自慢の干物や野菜類を並べ、
「味見して行ってよ、それぞれの店で味が違うんですよ~」
と気前よく味見用の干物などを振舞っていて、どこで買おうかとかなり迷ってしまう。


呼子朝市には、ダンナが仕事でちょくちょく来ている。
だからダンナ情報も聞き込んでいたし、その土産でもらったりしていたお店のラベルから、信用できるお店の名前は頭に入れていた。

私達の目的のメインは、肉厚で柔らかいイカの一夜干しだ。


記憶していた名前の店舗を見つけ店先で足を止めると、ここでも気前よく味見をさせてくれる。
そして、
「オマケしますよ。
 イカの一夜干しは8枚で1,000円だけど、もっと足しますよ。
 ほらこれだけ足しますよ!」
と容器の蓋が閉まらないくらい山盛りにして目の前に差し出される。

鯵の味醂干しも美味しかった。

呼子朝市5


「二人でもっと買ったら、もっとオマケしてくれる?」
と交渉。

「勿論オマケします!」
そう言いながら、ガバッと盛り上げてくれる。

そんなにも増やしてくれるんだったら、買っちゃおう。

呼子朝市6

イカの一夜干しが追加されておりまする~。
これを職場の人やお友達にもお土産にしよう。


お店では氷も添えてくれた。
持参の保冷剤もあるから、これで帰宅までバッチリよ♪

いや、マジでかなり安かった。
そんなにオマケしてくれるんだったら、元の値段を下げておけばよかろうに…とも思うのだが、まあこうして買い物するのも朝市の楽しみのひとつなんだろう。
呼子朝市自体が有名な観光地になっているくらいだし、相手はこんな売り方に慣れている訳だが、我々のようなお客はこうした気前のよさについつい嬉しくなり、財布の紐が緩んでしまうんだろうな。

でもホント、交渉してみる価値はあると思った。
他の店で売っている海藻などの乾物類も、
「500円って書いているけど、コレ3つで1,000円でいいよ!」
なんてのは結構あり、つい買ってしまいそうになった。
グループで出掛け、まとめ買いしてみんなで分けるとお買い得かもね。

安いとは聞いていたが、こんなにオマケまで付けてくれるとはありがたやー。
ここの周辺には、国道沿いにも海産物を扱う店は数多くあるが、道の駅などに立ち寄って眺めた価格よりも、この朝市で交渉してオマケを付けてもらった買い物の方が、ずっとずっと安く購入できる。
朝市と言っても12:00まで開催されているので、こちら方面に行ったら是非朝市には立ち寄ってみるべし!



昼時になったが、朝食をしっかり食べているので、二人共まだお腹が空かない。
天候が良いので、ドライブして時間を費やそう。




波戸岬1

波戸岬までやって来た。
「はどみさき」と読むが「ハートみさき」にかけているらしく、「恋人たちの聖地」なんて呼ばれている。
カップルの姿が多い気がするのはそのせいだろう。
ハート型のモニュメントは、土台にヒオウギガイなどが用いられ、彩りも良くなかなかカワユス。

波戸岬2

カップルさんの真似して撮ってみました。
でもなんか違う気がする…。
モザイク処理したけど、Oちゃんは暑さにヘタレ状態で、思いっきりくたびれており、
「私はそもそも写るのは嫌なのに!」
とブツクサ言いながら撮影。



呼子大橋

波戸岬からまた呼子へ戻り、呼子大橋を渡って加部島へ。

加部島1

あづい~。
腹はそんなに減っていないが、名産の甘夏を使った甘夏ジュースと甘夏ソフトクリームがうまいっ!!
私は日頃から、甘夏などの酸っぱい柑橘系をほとんど食さない。
職場で頂き物があってそれらを皆で分ける時も、
「私はいらないから、Oちゃんあげる~」
と柑橘系大好きな彼女に譲るくらいだ。
しかしその私が、
「甘夏ジュースがうまいっ!」
と飲んでいるのを見て、Oちゃんは驚いていた。
猛暑の中で飲む搾りたての甘夏ジュースは、本当にそのくらい美味かった!


加部島を車回ってみる。
車1台がやっと通れるような狭い道も、
「行っちゃえ!」
と進んで行く。



眺めが良くて気持ちイイ!
ここに野生馬でも佇んでいたら絵になるんだがなぁ…と思っていたら、

加部島2

灯台脇の牧草地に牛さんがいた。
これはこれで絵になったな…。



さて、そろそろ昼食にしてもよかろう。



呼子へ来たのは、もうひとつ目的があった。






ウニだ。
夏場が旬のウニ。
昨日からそれなりに食べているのに、まだ諦めていない。



玄海1

朝市で買い物をした店で、
「美味しいウニ丼が食べられるところはどこでしょうね?」
と尋ね、紹介されたのがこちら。
「お魚処 玄海」
公式サイトはこちら。
http://www.yobuko-genkai.co.jp/


玄海2

魚介類の卸元がやっている店で、生簀が並ぶ間を通ってお食事処へ行く。

今日入ったばかりだと言うウニを用いたウニ丼を注文!!
食べたかったの、とにかくウニ丼は食べたかったの。


ウニ丼1

キター!!


ウニ丼2

たまらんですっ!!
念願果たして大満足っす!!

ウニ丼は1人前2,600円。
確かに高い。
でもこれが食べたくてここまで来ていると言っても良いくらいなので、二人共値段には後悔していない。





ウニ丼に満足し、さらに眺望のドライブを続け、

七ッ釜

七ッ釜まで来た。
遊歩道を歩いてこの断崖の絶景間近まで行けるのだが、とにかく外は暑くて半端じゃない。
「暑くないときに来よう」
「うん、そうするしかない」
ヘタレな二人は駐車場からの眺めだけで納得。

ちなみに七ッ釜は、呼子港から観光船も出ている。
でも時間の都合や予算の関係で(食い物に費用つぎ込みすぎ)観光船は断念。




とにかくよく食べた二日間。
そして気がつけば、今日一日で私はかなり日焼けしており、顔が結構赤くなっていた。
あまりにも暑くて朝から汗が流れっぱなしだったので、もう面倒でノーメイクにしていたツケが出た。



二人の遅い夏休みは、こうして閉幕。
明日からはまた、猛暑の中で仕事という現実が待っている。


ああ、がっくし…。





励みになります

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

08/19のツイートまとめ

uuban_gya

浜風が心地好い。うふ♪ちょいとした旅に出ています。
08-19 18:58

キャナルシティ博多でランチなう。
08-19 14:03

彼の節目、彼女の節目。

ゴエモンを送って博多へ出向く。
いや、ホントのところは「ちょうど出かける途中でゴエモンを降ろす」なのだが。

彼の帰省日程が詰められる以前に、私たちはこの日のお出掛けの予定を入れていた。
私達=私とOちゃんね。
その行き先と博多が同じような方向にもなるので、彼の交通費を少しでも浮かせるために、
「新幹線に乗る博多まで、一緒に車で行けばいいよ!」
ってことになったのだ。




キャナルシティ博多にてランチ。

キャナルシティ博多


夏休みなので家族連れも多く、ランチに狙いをつけていた店は長蛇の列。
1時間待ちの様相にて諦め、他の店にした。

本命の店には、また今度ゆっくり出直さねば…。


博多駅

博多駅でゴエモン降車。
この後すぐに新幹線に乗り込む。

今日までの休暇モードから、気分を切り替える節目の日だな。



秋から暮にかけて、タワーの国家資格審査が待っているゴエモン。
次は年末年始の帰省だから、その結果が出ているはず。
頑張れよ、お元気で~!



ゴエモンを降ろしてから車はいずこへ?

糸島半島

海が見える。
玄界灘ッス。
向こうに見えているのは糸島半島だよん。


松林

やがて松林の中を進む愛車バロンちゃん。




さあ、勘の良いお友達はここで気づくかな?





鏡山から1


高台に登った。
ここは鏡山の展望所。
海岸線に沿った濃い緑色が、先程走って来た松林。


鏡山から2

そうです、虹の松原です~。
5kmに及ぶ松林、名前は知っていたがその中を走るのは初めてだった。

唐津にやって来ているのだよ。



ご記憶でありましょうか、私達は今年4月にも唐津に来ていることを。

このへんとか
あるいはこれとか
またはこっちとか
そしてこれなんかに詳しく書かれている。

その時はココを走っていない。
感動したねー、こんなにも奥行きのある松林だったのか!!って、そこを走ると実感するのね。


松の井1

ということは、またこちらにお世話になるのだ~。
唐津の料理宿 松の井
公式サイトはこちら。
http://web.people-i.ne.jp/~matsunoi/

美味しかったんだ、とにかく。
こちらには絶対にまた来たかった二人なのだ。


今日のお部屋は前回朝食会場だった1階の広いお部屋。

松の井2

5畳+15畳+広縁。

松の井3

大正時代に作られた風情ある庭園が目の前~。

二人には贅沢過ぎる部屋である。


松の井4

実は本日、Oちゃんの誕生日。
おめでとう!
だからそのお祝い旅行を計画していたのだ。
Oちゃんにとっても、ひとつの節目の日。


お宿から本日のお品書きにはない真鯛の塩焼きが贈られた。
水引付きで、三宝に乗って登場。

正直に言おう、4月の私の誕生日でもサプライズで出て来た真鯛より、今日のもののほうが大きい!(笑)
確認したい人はこちらから

松の井5

今回もこれが食べたかったイカの活き造り!!
今日のイカは足がいつまでも元気に動く奴だった。

さらに今回は奮発した我々。

松の井6

佐賀牛のしゃぶしゃぶ付きでござんすよぉ。


松の井7

豆乳でしゃぶしゃぶ。
とっても柔らかくて美味なお肉ですぅ。



実は本日、我々以外に泊まり客なし。
貸切状態なんス。

ところが女将さんが先日怪我をされ、現在入院中とのこと。
あらら、それはお大事に…。


前回泊まった時に、洗面台にちょっとした小物を置けるスペースがあったらいいな…と言うコメントを添えておいた我々なのだけど、こちらではその声に反応して、浴室で用いていた唐津焼の陶板棚を、各部屋の洗面台にも取り付けられたのだと!!

あうあう、責任感じる…。
でもそうしたホスピタリティは大事なんだよねぇ。



松の井8

唐津焼の器がふんだんに出て来る。
このような小物類も洒落ていていいねー。

松の井9


締めはやっぱりイカ納豆ご飯と、ごま豆腐の白味噌仕立て。


4月と同じ献立もある。
このご飯とかイカの活き造りとかね。
でもその他には季節感たっぷりの品に変わっていたり、夏の唐津の料理宿を堪能した。



明日は呼子の朝市へ行ってみようと思っているのだよ。
食いしん坊の旅だもん、名物の朝市に行かないでどうするのよ。




4月には導入されていなかった「地デジ」と「各部屋で高速LAN」が、今回は導入されていた松の井さん。
こんなデジタル面でも進化中なり~。

ってことで、今回はお宿から記事を書いております。
えへへのへ!




励みになります

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

ゴエモン、休暇を終える朝。

ゴエモンさんへ、今回の帰省についてインタビュー。


「食い過ぎたかもしれんな、手料理を。体重増えていそう~」
「やっぱ蒸し暑いな、熊本は」
「ま、非常にゆっくり出来た」

新聞のことは?
「やっぱ恥ずかしいけど、町に出ても誰にも気づかれなかったぉ?」


「あと1週間休みがあればなぁ」
   「そんなに休みがあったら腐るぞぉ」byダンナ

ブログ読んでいる人へ何かある?
「帰りま~す」

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

08/18のツイートまとめ

uuban_gya

髪を染めたりして、一日中ずっと家にいた。PCつけたまま髪を洗い流している最中に突如雷雨となり、そして近くに雷が落ちだした!!裸でどんだけ慌てていたか、想像してくれる?
08-18 19:36

ふぅ。やっと雷は遠くへ行ってくれましたな。
08-18 15:53

自宅に居るのだが現在久々の雷雨。雷がメチャ近い、コワーイ!
08-18 15:14

アットホーム

当然のことだけど、基地に帰ると動物を飼えないもんで、ゴエモンさんはそれが寂しいそうだ。
野良猫くらいは見かけるそうなんだが、所詮は野良さんなので親しくなれない。
だから帰省すると、
「ああ、やっぱりペットが居ると癒されるぅ~」
とゴエモンはデレデレしている。

仲良し!

猫ってのは単細胞なのか、それとも8ヶ月のタイムラグがあっても覚えているほど利口なのか、ゴエモンが帰って来るとすぐにその距離が縮まっていた。
彼が猫の名を呼んで、
「おいで」
と言えばちゃんと来る。
特にこの銀之丞は、ゴエモンの金魚のフン状態だった。
今日も膝の上でリラックス。



仲良し?

だが猫ってのは飽きるのも早い。

「まだ行かないでよ」

そう言われても銀之丞は降りたくなった。


仲良し・・・???


ま、仲良しの二人(?)でも、こんなことにもなる訳で。



その横で、フクちゃんは私のパソコン用椅子を乗っ取っり爆睡中。

フクちゃん爆睡

この夏で12歳のフクちゃんは、人間にしたら64歳らしい。
もう年金貰っているお婆ちゃんと同じなのか…。
寝ていることが多いよねぇ。

でもフクちゃんは、子供の頃から変わらない点が幾つもある。

フクちゃんカワユス

前足で顔を隠して寝るの。
カワユス!


ゴエモン、本日は高校時代の友達と遊びに行った。
ボウリングを7ゲームして来たと聞き、おかあちゃんもおとうちゃんもいささか呆れる。
私等の若い頃よりも、この人は確実にタフだわ。







毛蟹もあるでよ

ゴエモンが帰って来たら一緒に食べようと、北海道から空輸していた浜茹での毛ガニを冷凍庫から出す。
そしてOちゃんの実家から採れたての茄子を頂き、これも山盛りにしてゴエモン用の素揚げ(滞在中に茄子の素揚げ3回)。
親子で酒を飲めるのは、これで正月までお預けだ。


この他にゴエモンが金沢・近江町市場から送ってくれていた「のどぐろの一夜干」も冷凍庫から出し、思いっきり辛い上質の明太子も添え(これも彼のために入手しておいた)、炊きたてのご飯で締める。
なんとなく今日は海産物メインの夕食だったなぁ。


念願だった「のどぐろ一夜干」は、脂が乗っておりとっても美味しかった。
感動した!
ゴエモンありがとう。
また待ってる!(笑




明日の新幹線でゴエモンは戻って行く。
愛車で博多駅まで彼を送りつつ、私はその先ちょいとお出掛けよ~。




励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

ウマイっす!

ダンナは東京・神宮球場を主会場にして行われている、小学生軟式野球大会へ出場する県代表チームのツアコンで、12日の早朝から出張していた。
つまり11日に帰省してきたゴエモンとは、思いっきりすれ違いなお出掛け。


もしもこのチームが決勝戦まで勝ち残るような事になったら、20日にしか帰れなかったダンナ。
8ヶ月ぶりに愛息が帰省していると言うのに、その愛息は19日に休暇を終えて戻ってしまうのに、帯同チームには勝って欲しいが、帰れないのは切ないダンナ。
そのチームは初戦で惜敗し、やっと本日ダンナは帰路についた。


ってことで、ゴエモンと私の2人きりの平穏な(?)生活が今日でピリオド。
ダンナは東京からの最終便で熊本へ戻る。




ゴエモンに留守番を頼み、私は仕事へ。
あんまり忙しくない日なので、ランチは職場2階のレストランに注文する。


すぐに出来ちゃうものを頼んだら、本日の日替わりランチから「馬力丼」が早いとのこと。
それでいいっス!

馬力丼

馬の肉をすき焼き風に煮込んだものが乗っている「馬力丼」、従業員価格で370円。
いつもながら安上がりで助かるわぁ。

火の国は馬刺しの国だから、馬肉は刺身だけでなく色々な使い方をされる。
さっと塩コショウで焼肉、これがウマイ。
おでんには馬のアキレス腱を串にしたものを入れて煮込むが、これもウマイ。
馬のホルモンは焼肉に良し煮込みに良しで、これに慣れちゃうともうブタさんのモツは食べられねぇ~。
他県の方にはちょっと想像つかない話かも知れないが。


馬力丼を食べながら、そう言えばゴエモンが帰って来ているのに、まだ馬刺しを食べさせていないことを思い出す。
生物大好き、その中でも馬刺し大好きなゴエモンなのに!

彼の帰省に合わせて冷凍保存していた天草の海の獲物もあったし、それに加えて職場から捕れたてのイノシシ肉など貰っちゃって、2人きりの食卓なのにかなり豪勢な毎日だった。
だけどダンナも戻って来るから、今日は馬刺しにしようっと。


ゴエモンに買い物に行ってもらおう。

私の高校時代のクラスメイトが、地元で馬刺し屋さんをしている。
うちでは馬刺しと言ったらここから買う。
地元ではスーパーでも普通に売られている馬刺しだけど、やっぱり専門店のものは全然違うよ。
我が妹は彼ととても親しいので、妹経由で店へ頼んでもらい、そしてゴエモンが受け取りに行けばいいさ。


ゴエモンには、妹と連絡を取るように伝えた。





帰宅したらゴエモンが、
「あのね、馬刺しだけど、タダになっちゃったの」
と言う。

えええええっ!?

「古江さんのご厚意で」

なんだってぇ?

「お前にやる!って言っておいてって」

お前って、アタシのことかい!?


馬刺し

馬刺しがドン!!
こ、こんなに貰っちゃっていいのかよぉ!?


たぶん、東京辺りの居酒屋でこんなのを頼んだら、とんでもない値段になっているんだろうなぁ…。




職場で時々お客さんに、
「馬刺しをお土産にしたいんだけど、どこで買うのがオススメ?」
と尋ねられることがある。
そんな時は迷わずこの店へ行くようにと教えている。
「私が行けと言ったって、そう伝えていいですよ」
と口添えして。


そう言えばちょうど去年の今頃、義理の妹がやっているスナックで職場の人と試合の打ち上げ2次会で飲んでいた時、
「さあ、3次会へ行こう!」
と言う流れになったタイミングで、店にこの馬刺し屋さんクラスメイトが入って来た。
彼はこのスナックの常連さんである。
夜の街へ飲みに行くことなど滅多になく、ごくごくたま~にだけこの店へ顔を出す私だけど、そこで出会う可能性は結構高い。

久々に彼と会えたのが嬉しくて、職場の人らには、
「後から行くから、先に3次会の店へ行っていてちょ!」
と告げたワタクシ。
そこから1時間も彼と話し込み、3次会に行った面々からは大ブーイングを貰った。


だって、マジで嬉しかったんだもん。
彼は高校のとき、
「ヨシちゃんは、オナゴと話もしきらっさんけん」
と言われており、女子生徒とは口も聞かない硬派バリバリの人だった。
私の中では彼は2枚目で、少し憧れの人でもあった。
早くに亡くなってしまった彼のお兄さんとはその当時親しくて、お兄さんはとっても気さくな人なのに、どうして弟はあんなに違うんだろうと思っていた。

卒業後20年を経てクラス会をした頃に、やっと彼は女の人とも話すことが出来るんだと言うことを知った。

私は全然記憶にないんだけど、赤点で卒業がヤバかった彼の為に一肌脱いだのだと言われる。
彼が赤点解消のために提出しなければならないレポートを、私が代筆してあげたんだと。
「だからお前は俺の恩人なんだ」
との話をする彼。
私はホントに覚えていないんだけど、
「お前のお陰で卒業できた」
なんて言われてしまう。


彼だけでなくもう一人、
「お前にレポートを書いてもらったお陰で、俺は卒業できた」
と言ってくれる人がいる。
それは何となく覚えている気がする。


いい人だったのねぇ、当時のワタクシ。
あんまり話をした記憶がない馬刺し屋さんクラスメイトなのに、卒業間際にそんなエピソードがあったらしい。




そんな腐れ縁の彼の厚意で、今夜の我が家は馬刺しバンザイな食卓だった。
5日間も少年野球チームと行動を共にし、練習だの試合だのと屋外で過ごしていたダンナは、はだ火照りも冷めないような日焼け顔で返って来た。
それに加えて愛息と飲む酒が馬刺しでついつい進み、熊本の特産品土産「おばけの金太」みたいに真っ赤な顔になっていたのである。

金太



ゴエモンに出し忘れていたものシリーズで、辛子蓮根も買って来た。
そして冷凍庫には春に採ったタラの芽があることも思い出し、これを天ぷらにした。
酒飲みにはたまらんな。

ってことで本日の食卓は、古江精肉店様協賛でお届けしました。
ヨシちゃん、ホントにありがとさん!!



もっとお酒が進むかと思った私だが、缶ビール1本でもう満足してしまう。
買い込んでおいた秘蔵の富乃宝山は、ゴエモンが一人でずっと飲み続けていると言う事実。


明日から私は、遅くて短い夏休み。
ゴエモンとの残り時間や自分のための時間を、上手く使うべくちょいとばかり計画中なり。




励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

08/16のツイートまとめ

uuban_gya

おお~、九州学院やりましたね~。ベスト8おめでとう!鹿実も最後まで粘り強い戦い振りで、いい試合を繰り広げてくれました。
08-16 18:19

ちょいとお待ちを…頂きました。

書きかけていた記事がまとまらぬ。
あとでアップしなおしますので、ちょいとお待ちを~。

・・・と書いてからの後がまたなかなか続かぬあこちん。
上記2行の未完の記事に、先取り1ゲトーなコメまで書いてくれたヤモリさん・・・(苦笑。



実はゴエモンが撮影した画像をお裾分けしてくれていた。
ドサっと来たので選んだりして、またそれを軽くしたりする訳だが、夜遅くまで色々とやっていて進まぬ訳で。



ゴエモンが撮った画像を見ていると、

アマガエル

この人は紛れもなく私の息子だと言うことに気づく。

玄関前の支柱に佇むアマガエルのベビーちゃんを撮っていた。
そして、

カナヘビ

カナヘビの画像も撮っていた。


庭のお手入れ作業の手伝いも、私の留守中にこのクソ暑い中を頑張ってくれるゴエモン。
庭のあちこちに水溜りができるようになったので、運び入れて貰ってまだ山積みになったままだった砂利が、彼によってかなり敷かれて広がっていた。
雨が降らない日には散水もしてくれており、そんな合間にこうした生き物たちの画像を撮っている様子。




寅蔵寝顔

そうかと思えば、家の中では寅蔵の寝顔を大写し。
私はここまで近寄って撮ったことがないかも。
つーか、気づかないで寝ている寅蔵も寅蔵だが。




ピッコロ

手乗りだったことも忘れているピッコロ。
2002年生まれなので、もう満8歳を迎えている。
独身を貫き通しているオカメインコ。

オカメインコって結構長生きなんだよね。
「オカメインコの1歳は人間の年齢に換算するとおよそ18歳程度。寿命は15年~25年程度で稀に30年を超える物もおり、個体差がある」とwikiに書かれている。
ということは人間にしたらもう私よりも年上なんだろうなぁ。


メスだと思って育て続けていたが、どうもここへ来てオスじゃないの?と思えるようになって来た。
見分け方を間違えていたみたい。




富久娘寝姿

プリンターの上で寝転ぶ富久娘。
ふて寝しているように見えるが、このヤンキーな顔つきが生まれつきのフクちゃん本来の姿。
こんな顔で甘えて来るので、彼女のことを良く知らない人からは、文句を言いに来ているのだと誤解されることも多い。



こうした生き物の画像を撮っているゴエモンを、私と同じDNAを持っているんだなぁとってしまう。
しかし同じ被写体でも撮る人が違うと、やっぱりどこかが何かが違う。
そんなことも感じる。




普賢岳遠景

我が市の市街地が真ん中に見えていて、さらに遠く遠く、中央に雲仙普賢岳が薄いシルエットになって見える夕景。
視程が良い日は、こうして有明海の向こうまで見渡せる我が家周辺。
学校への行き来に、彼はこの風景を見ながら自転車を漕いでいた毎日。

今日はこの市街地にて、山鹿灯籠まつり2日目開催中。
夜には千人灯籠踊りが行われる。

心の中の懐かしい原風景に、彼はこの風景もずっと抱いているんだろうなぁ。



日常の中にある当たり前のものを、カシャカシャとケータイで撮影しているゴエモン。
短い休暇の中で彼なりの「ふるさと」を刻んでいるんだなと、おかあちゃんはこれらの画像を見ながら思うのだった。





お祭りの目玉である踊りも見に行かないで良いと言うゴエモンと、今夜もイノシシの肉を食っているワタクシ。
ダンナは明日17日の夜に帰って来る。





励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

08/15のツイートまとめ

uuban_gya

お見事でした! (#33fan live at http://ustre.am/is46 )
08-15 21:01

腹の底に響く音 (#33fan live at http://ustre.am/is46 )
08-15 20:57

しだれ花火~きれい~~~ (#33fan live at http://ustre.am/is46 )
08-15 20:56

菊池川に逆さ富士 (#33fan live at http://ustre.am/is46 )
08-15 20:39

菊池川の川面に映る花火、ヨカですなぁ。 (#33fan live at http://ustre.am/is46 )
08-15 20:38

月も出て星もいっぱい出ている山鹿上空 (#33fan live at http://ustre.am/is46 )
08-15 20:35

プログラム的には折り返し地点過ぎ (#33fan live at http://ustre.am/is46 )
08-15 20:33

ネットLIVEで地元の花火大会ウォッチングなう~。
08-15 20:22

リアルでもこの花火がチラッと見えるんだけど、こっちで見ていたほうがずっといい~♪ (#33fan live at http://ustre.am/is46 )
08-15 20:17

ウチでも聞こえた (#33fan live at http://ustre.am/is46 )
08-15 20:00

続きを読む

ぽっかりと転がり込んだ時間

お盆くらいは家に居なさいよ!と家人が怒鳴りつけるのか、
帰りの時間帯の渋滞を考えると出掛けたくなかったのか、
或いは他所へと流れているのか、



理由は定かじゃないけれど、




ヒマです


お客さんが入らない。
駐車場もこのとおりガラーーーーーーーーン。





なのに並の休日体制で従業員だけウジャウジャしている必要もなく、結局昼前に何人か帰って良いと言うことになり、私やOちゃんはこの中に含まれた。


O(≧▽≦)O ワーイ♪
半日有給休暇にして帰る!!





旧盆帰省ラッシュ期間の高速道路料金1,000円適用が、今年は普段と同じく土日だけとのことで、今日が一番道路は混雑するだろうとか言われていた。
福岡県側から来るお客さんは高速道路利用者が多く、お帰りの時間帯になると区間によってはかなりの渋滞が予想される。

今日と明日は地元で「山鹿灯籠まつり」開催。
1日目の本日、夜には納涼花火大会。
花火会場が国道3号線のすぐ脇なので、夕方から付近は混雑し始める。

そんな事情も重なっているのかも知れないが、このお客さん来ない状態はちょっとフツウではない。



でも私みたいなヒラ社員が深く考えても仕方ない。
ゴエモン接待中の身としては、早く帰らせてもらえる事を歓迎する。







ゴエモンは帰省期間中に髪を切っておきたいと言っていた。
彼は極端に短い髪型を嫌って、隊の中ではギリギリの長さまで髪を伸ばしている方だと言う。
それでも世間から見れば全然長くない部類である。
帰省に合わせ、伸ばせるところまで伸ばしていたゴエモン。
本隊復帰前にはサッパリさせないとならぬ。

o2に行って切ってもらえば?」
と彼に言っていた。
「うん、そう思っていた、店休日はいつかな?」
彼もそのつもりだった。

私の髪も、10年振り近くでパーマを掛けて以来、もう2ヶ月近くが経過してしまい、パーマなのか寝癖でヨレヨレしているのか分からなくなって来ている。





ヘアサロン1

早く帰れたこの時間を利用し、二人でお店へ行くことにした。



昔からゴエモンファンの店長は今朝の新聞記事を読んで大喜びしており、本人来店にテンションアップ。

ゴエモンは早々と髪を切り終えていたが、私の髪にカーラーを巻く店長から、いろいろとインタビューを受けながら店内で過ごしていた。

ヘアサロン2





私の髪も出来上がり、ゴエモンとお買い物をして帰宅。
夕方5時を回ったばかりだというのに、花火会場方面への主要道路はもう車がかなり増えており、普段の我が地元では見られない渋滞っぽい渋滞が始まっていた。



友達を誘って花火を見に行くと考えられたゴエモンだが、
「暑いし混んでいるし、もういいよ。
 地元の花火は小さい頃から何度も見て来たしね。
 それにこの間、石川で川北の花火大会を見に行ったでしょ?
 あの25,000発の花火を見てしまったら、
 こっちの4,000発とか5,000発の花火をわざわざ見に行く気持ちにはならないよ」
などと言っている。




妹がイノシシ肉を受け取りに来た。
入れ替わりにお盆で実家に行って来たOちゃんが、お土産だと言ってお菓子類を届けに来た。

両名とも私の髪がクルクルしていることに気がつかない。
Oちゃんにはしつこく自己主張し、やっと理解して貰えた。
「お風呂上がりなのかな?
 今日はたいした仕事もしていなくて、
 さほど汗をかいた訳でもなかったのに、
 珍しく早い時間に入ったのかな?洗い髪なのかな?って思っていた」
と気付かなかった弁明。

全然違うじゃないか!!
気がつけよ!








すごい時代になった。
地元の放送局のラジオ番組が、WEBで今日の花火大会を中継。
会場の目の前にあるホテル屋上から、HD画像で流れるそれは、なかなか見ごたえのある画像。
我が家にいると、この放送の画面から6秒ほど遅れて花火の音が届いて来る。

ちょっと庭に出て打ち上げ花火を幾つか見たが、蚊に刺されるのが嫌なので、すぐに家の中に戻ってWEBで鑑賞。

そしてゴエモンとまたイノシシ肉やヒラメの刺身などを食しつつ、缶ビール1本でほろ酔いのワタクシ。
ゴエモンはビールを空けたあとで、いっちょまえに富乃宝山のロックなんか飲んでいる。
いいのよ、どんどん飲んで。
私も好きな富乃宝山だけど、次の日の仕事を考えると手が出ない。
アンタに飲んでもらおうと思って仕入れておいたんだから、飲めるだけ飲んでいきなさい。




明日は平日としてはそこそこの客入り。
暑くなるのかなー。
また炎天下で走り回るの嫌だなー。






ゴエモンの記事が出た新聞、少し手に入れておいたです。
どうしても入手したいよぉ!と言う奇特な人がおられましたら、鍵コメでコソッとワタクシへご連絡を。






励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

おっと、出ましたね!

朝刊が届いた。

キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!

先日取材を受けたゴエモンの記事が、某地元新聞社の(だから1社しかないんだから丸分かりだっつーの)朝刊地域面に出ているぞよ!!
結構大きい扱いッス。
地元の皆さん、いかにもポーズを作っているゴエモンを笑わないでやってちょ!
他地域の方は、どうしても手に入れたかったら新聞社に直接交渉申し入れしてみてちょ~。



そのご本人様はまだ寝ている。
私はこの後仕事へ。
日曜日だから出勤が早い。

でももしかしたら今日は早く帰れるかも。
予約少ないんだって。


期待して出掛けよう。




励みになります

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

08/14のツイートまとめ

uuban_gya

早出に当たってしまい、6時半に出勤しておりんす、トホホ。空は私の心のような曇天なり。
08-14 06:58

CALENDER
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR