ヤモリさんの恩返し(?)とカエルさんのお土産(?)

てな訳で、ヤモリさんが送ってくださった品物が私を大いに驚かせているのであった。

岡山の桃1

うわぁぁぁぁん!
こんなことをしてくださってはイカ~~~~~ン!!

岡山の桃2

勿体のうございます・・・・・。


私一人で食べるのは、とても申し訳ないことです。
ヤモリさんが時々覗き込んで、目の保養(?)をしておられる女湯の、あの主にも1個お裾分けをしよう。
そして様々なかたちで「ナントカの君」となってヤモリさんの癒しの材料(?)になっている、あの彼女にも1個お裾分けをしよう。

あと10日でゴエモンが帰省する。
彼にも味わって貰おう。
桃の長期保存方法をWEB検索して調べておいた。
10日程度だったら十分に、生のまま保存できる方法があった。
大事に大事にして、ゴエモン到着を待とう。
ヤモ兄様と私のご縁が生まれたのは、icomのIC-RX7があったからだ。
ゴエモンがこういう仕事になっていなかったら、この時期に思い切って私はあの新製品を購入する決意は生まれなかった。
そして買い替えを迷っていた私に抜け駆けして、ゴエモンがアキバでIC-RX7を買っていなかったら、私はその後も機種の選定を迷っていたことだろう。
そしてIC-RX7ではなく、別な機種を選んでいたかもしれない。


ヤモリさん、ホントにお心遣いをありがとうございます。
この話をナントカの君であるOちゃんにすると、
「会社の桃の話とか、物欲しそうにいっぱい載せているから、
 桃が食べたい~!って書いているようなものじゃないのよ!」
とお咎めを受けてしまった。

ガビーーーーーン!






桃を頂いた日のこと。
私が帰宅すると、玄関前の植え込みにアマガエルがいた。
それもとっても小さなアマガエル。

アマガエル1

水中でオタマジャクシ生活をした後、カエルの姿になってようやく上陸したばかりの子どもだ!
それがかつてオトナのアマガエルが佇んでいた定位置と同じ場所に、彼らと同じポースで佇んでいる。
そのことに何だかとても感動しているワタクシ。


ちびすけカエルがどんだけ小さいかと言うと、今年撮影し続けていた、同じ支柱を定位置にしていた大人アマガエルの画像がこちら。

アマガエルさん

ここって、アマガエルのお気に入りスポットなんだなぁ…。
そう思いながらケータイのカメラを向けていたら、周囲の植え込みがピョコピョコ揺れる。

え?

あっちでもこっちでも揺れている。


ええ!?


ちびすけカエルが、まだまだこの周囲にたくさんいたのだ!


アマガエル2

細い草の茎にもしがみついており、

アマガエル3

いっちょまえの面構え。

アマガエル4





植え込みの草が揺れる度に、カエルがそこに居ることがわかる。
ざっと数えてみたら、10匹とは言わぬくらいのちびすけカエルがこの周囲にいた。


アマガエル6

まるで鮭が生まれ故郷の川を目指してくるように、アマガエルの子孫がこの場所に帰来。

アマガエル5

ガラス面に張り付いているこの子なんて、標本のようにポーズを取り美しかった。



あの頃、

アマガエル1

郵便受けの上や、

アマガエル

郵便受けの覗き窓に居座っていたアマガエルに遠慮して、驚かせては気の毒だと思い、その中身を取り出すことさえ遠慮していたワタクシ。

「元気に生まれて来たッスよ!」

子供たちがそう言って、恩返しに来たような気がした。




家に入ると、休みで在宅だったダンナが開口一番に、
「玄関のあそこ(支柱)に、小さなカエルが1匹止まっていたな!」
と言った。
彼もまた、アマガエルのことに気がついていたのだ。



自然界の掟は厳しい。
この小さな小さなアマガエル達の中から、何匹が生き残り大人になって恋をするようになれるだろうか。
そしてまた、この場所へやって来るDNAを受け継いだものが現れるのだろうか。


アマガエル家族の今後を、私はそっと見守っていようと思う。


  本日のBGM ありがとう/いきものがかり




励みになります

感謝

もーもー、もー。
ヤモリさん、こんなことをされて…。


吉備の国から思いがけないお届けものを頂いてしまった。
ちょっと慌しくしているのと、寝落ちしてしまうほどの疲れ具合とで画像をUP出来ないでいるが、明日あたり画像を入れて編集しなおすかも。


本当に感謝です。
このような・・・、うう、さめざめ・・・(涙。


リアルお礼状を出しますね。
今日は感動しました。
愛を感じました。
ありがとう。
深く深く感謝です。


  本日のBGM 桃の国から/スムルース



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

寅蔵の日

6年前の今日、当時勤務していたの職場の裏で、か細い子猫の鳴き声を耳にした。
声が聞こえる方へ行ってみると、

寅蔵の日1

この2台のエアコン室外機の間に、まだ目が開いたばかりの子猫が2匹オロオロとしていた。

捨て猫。
手の平に載ってしまうほどの大きさの猫を、こんな場所に捨てるなんて。

その日のことは、旧日記に書いている。
2004/07/29 (木) 捨て猫騒動記~その1&2004/07/29 (木) 捨て猫騒動記~その2
こちらの日記、あちこち見に行くと、画像が消えていたりするからご容赦。

上の画像は今年4月26日に撮影。
真夏の現在はもっと草が茂っている。
左手、縦に走る排水溝は深く、もしかしたらヨチヨチ歩きの猫が、ここに落ちたかもしれない。
捨てられていたのは、2匹ではなかったかもしれない。



連れ帰った猫を、とにかく守らねばと母親の気持ちになって育てた。
当時も同じ職場にいたOちゃんと、昼は職場にまで連れて行き、母親の気持ちになってミルクを与えた。


私には生まれて初めての猫の育児だったけれど、無事に子猫たちはすくすくと育ち、1匹は友人宅が里親になってくれて、1匹だけは我が家に残ることになった。

それが寅蔵。

寅蔵の日2

拾って20日後、こんなに小さかったのに。

寅蔵の日3

Oちゃんに抱かれると、こんなに可愛かったのに。
(モザイクかける前の彼女、若かったわ…と思わせるのよコレ)

寅蔵の日7

それから少し経っても、寝起きの表情はこんなにあどけなかったのに。



寅蔵の日4

今はすっかり、どえんどえんな大猫になった寅蔵。
カーテンの繊維を食ってしまうという悪癖があり、右に写っているカーテンは寅蔵のお陰でボロボロ(涙。
こんなもん食うから、寅蔵は良く吐く。
吐き過ぎて食道あたりが傷付くのか、血の混じった薄ピンク色の物を吐くこともあるので困る。
慌てて獣医さんへと、何度駆け込んだことか。



寅蔵の日5

拾われて丸6年後、本日の寅蔵。
まあ、そんなこともある寅蔵だけど、ここまで立派になっくてれて、母上は嬉しゅうござんすよ。
今でもとっても甘えん坊な寅蔵、隙あらばすぐに膝の上に乗って来ようとする。


あの当時にはいなかった銀之丞が加わり、あの当時にはいた猫たちが他界し、6年間で我が家の猫家族は様変わりした。


寅蔵の日6

キッチンカウンターの上で、手で水を掬って飲む銀之丞を、
「変なヤツ・・・」
と眺めている今日の寅蔵。

7.29は寅蔵の日。
だから寅蔵寅蔵と連発し、寅蔵の画像をメインでお届けでした。






励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

クワタさん・・・

クワタさん、心配だ…。


胸焼けしやすいタイプだったのかな。
食道をやられたら、これはキツイなぁ。


私は難治性逆流性食道炎という病名を貼られている。
その治療薬をずっと飲み続けていないと、胃酸が食道へ逆流し、胸焼けを起こす。
胸焼けになったことがないと言うOちゃんが、
「どんな感じになるの?」
と聞くけれど、口で説明してもホントの辛さは伝わらない。

胸焼けで済むだけだらばいいが、それが食堂の壁を傷めつける。
そして食道炎になり、ひどくなると食道潰瘍。
食道炎と食道潰瘍、いずれも胃カメラ検査で1年目2年目とグレードアップして指摘され、潰瘍になった時以来薬を出され始めた。
あの頃ははっきり自覚症状もあった。
焼けるというよりも、屈み込むように痛かった。


潰瘍から癌も可能性としてはあり得る。
私は組織検査もされたが、今のところは無事である。


他人事じゃない気分。
滅茶苦茶長生きしなくても良いんだけど、今はまだまだ…って思う。
真面目に薬を飲まなきゃ…。







励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

休業日

ずっと家にいたの。
でもやることが多すぎて、マジで何も出来なかった。


とにかく言えることは、パソオタクになっていて、肩こり激しすぎ。





ちとぎうぎうです。
(by くるさん)



励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

Eel要る日、Eelある食卓

鰻食べた?

鰻にはビタミンA、ビタミンB類が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待できるそうだ。
しかし旬は冬眠に備えて身に養分を貯える晩秋から初冬にかけての時期で、秋から春に比べても夏のものは味がおちるとも言われる。
しかしまあ土用は季節の変わり目でもあるため、栄養価の高いウナギを食べて精を付けようという趣旨に一応の妥当性はある。
(参考出典:Wikipedia「土用丑の日」)


猛暑続きでバテバテであることを自覚。
ここはひとつ国産ウナギでも奮発し、土用丑の日商戦に乗っかっておこう。


毎年この日に鰻を食べている訳ではない。
どちらかと言えば、この日だからと言って食べていない年の方が多い。
別に土用丑の日じゃなくても、食べたい時に鰻を食べる。
職場のレストランでだって、結構良く頼んでいるしね。


宮崎産の鰻、それも白焼きを買って来た。
2匹で2,100円、高いねぇ。
1匹じゃ少ないから、どうしても2匹。
2匹で3人分と言うことろなんだがなぁ。


白だしに砂糖を加えてタレを作り、それを絡めながら焼く鰻。
焼き上がり後ひとくち大に切り、あっさりドレッシングをちょいと振りまいたサラダに載せ、マヨネーズを添えて出来上がり。

鰻1

鰻の城醤油焼きサラダ風。
職場のレストランで出しているものを真似て作ってみた。
ビールにもご飯にも合いますぜ。

鰻2

コテコテに黒くならないところが好き。
甘いこってりのタレも嫌いじゃないが、あれは白いご飯の上に載せてこそウマイ。




つい最近知ったのだけど、私のケータイに搭載されているカメラには、「シーン別撮影>料理」というモードがあった。
ケータイを手に入れて1年1ヶ月で知るこの機能。
こいつを使って撮影してみた。
どこがどう違うのか、使っている本人にも良くわかっていないけど、まあケータイにしては良いんじゃないか?
ちなみに光源はダイニングに吊るしたホワイトボール(蛍光灯タイプの丸い電球)である。
料理の撮影は、やや逆光気味で光を当てると、順光よりもいい感じに撮れるのだと言うことも、おマヌケな私は最近知った。




バテている上に色々と所用あり。
火曜日水曜日と休みなんだが、家にいる予定にしているもののゆっくり出来そうにない事情あり。
ブログのアップ遅らせまくり。
しかも前日の記事では「16歳」と書くべきところを「6歳」と書いていて気づかぬ大ボケ。


頭の中も夏バテ気味なり。
因みに「Eel」は英語の「鰻」ってことくらいはまだわかる程度の頭の中。




励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

持って行かれちゃった人。

ある朝目覚め、さあ出かけるべ!と思って外へ出たら、なーーーーんか風景が違う。
あれ?
( ̄ー ̄?).....??アレ??



(◎_◎) ン?
あるべき場所に車がない!?


こんな時、人はどうなるのだろう。





キョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ

一瞬ポカーン。
゚~~~(゚ω゚=)~~~゚ ポケー
どうしたっけ?何処に置いたっけ?






盗まれた!?
w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

∑(゚□゚;)ガーン(。□。;)ガーン(;゚□゚)ガーン!!


ってな感じなのだろうか。




知人宅は主要国道からちょっと脇道に入った場所で、自宅隣が店舗になっていて、ちょっとした商売をしている。
お客さん用の駐車スペースもあるが、自宅に近い方に自家用車2台を止めるようになっていた。
営業時間帯は人の出入りがあるし、店の前の自販機を置いていることから、若者が何人か屯(たむろ)していることもあったと言う。


夫用の車を、2日くらい前に車検に出した。
いや、もうこの車は車検を取らずに買い換えようと考えていた。
よって代車がこの家に来ていた。

妻用の黄色い軽自動車。
特徴のある車だし覚えやすいナンバーで、どこかですれ違っても私達にはすぐわかった。



朝起きて外に出てみたら、この黄色い車が消えていたと言う。
<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>




前の日の夕方、幼い子等を連れて買い物に出ようとしていた妻。
そこへ近くに済む妻の実父が訪れたので、一緒に出かけることにしたんだと。
妻は自分の車に乗り込むつもりで、その車のドアの施錠を解除していた。
しかも、車内に鍵を置いたままにしていたんだと。
だけどその事に注意を払わず出かけた。

ヾ(-д-;)ぉぃぉぃマジかよ…。


買い物から戻った後、その鍵の事をすっかり忘れていたのだろう。
帰宅時にはが車があった。
しかし翌朝になってみたら、車が消えていた。

そういう訳だ。


すぐに警察へ被害届を出した。
夫は心配しながらも仕事へ。



盗難に遭った車は、まだ今年の9月までローンが残っているんだって。
「戻って来なかったとしても、お金は払っていかなきゃならないだろうなぁ…」
夫の車の買い替え問題に直面していた。
「でも妻用の車も必要になるから、車買い換えの予算を半減して、
 もう1台安い車を買わなきゃならないよ・・・」
o(´д`)oァーゥー
泣きっ面に蜂。
ε= (´∞` ) ハァー


「ガソリンはどのくらい残っていたんですか?
 燃料切れになったら、どっかで乗り捨てられますよ!」
そう言って励ましたつもりだった。

「昨日満タンにしたばっかりだったんだよ・・・」
(ノ_-;)ハア…


щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!


「もう九州内には居ないかもしれない・・・」
(´Д`|||) ドヨーン



アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー
この人にこれ以上なんと言葉を掛けたらいいんだろう。


「もしも車を見かけたら、即110番していいですよね!?」
と言うと、
「勿論そうしてください!」
との言葉が返って来た。





しかしニッポンの警察、優秀だった!!
その日の昼過ぎ、連絡が入った。

「車が見つかったって!」
と明るい表情の夫。
(^▽^)/

「若い男が二人乗っていたって」
「熊本市内で見つかった」




発生間もない盗難車の手配が朝のうちになされていて、それを見た優秀な警察官が該当車両を発見してくれたのだろう。
良かったねぇ、見つかって。
でも無傷なのかどうか、それがまだわからない。




午後から被疑者同行で、現場に来ると警察から連絡があり、夫は自宅へ向かった。
C=(^◇^ ; ホッ!



被疑者は車の中にいて、顔を見ることは出来なかったそうだ。
どこの誰かも教えてもらえなかったって。

「顔を見てやる!」
\(*`∧´)/ ムッキー!!
と息巻いて行った夫。
「でも少年事件だったら、そう簡単には被疑者のことを色々と教えないもんですよ」
と言っていたワタクシ。
結果を聞いて「やっぱりね~」と思った。


そして愛車は警察署に保管され、まだ3~4日は戻せないと言うことらしい。
「不便!!」
と怒っていた。






翌日の朝刊に記事が出ていた。
同じ市内居住の16歳の少年。
熊本市内の飲食店駐車場で発見されたそうだ。


その記事を読んでいなかった夫。
「出ていましたね」
と周囲から知らされ、職場にあった新聞を読む。
そして知る事件の概要。
「当事者なのに、周りに教えられて知るとは…」
ε-(;ーωーA フゥ…
と苦笑いしていた。



車屋さんに出した夫の車からチャイルドシートやらCDやら、妻の車に放り込んでおいたばかりだったって。
「CDが何枚あったかとか、正確な数がわかんないよね」
と自分で言う。
被害届を書くのに苦労したことだろな。


でも駐車場で発見されたんだったら良かったね。
たぶんメチャクチャにはなっていない。
追跡かわして逃走し、どっかにぶつかってやっと確保!だったら、車はもう乗れない状態になったかもしれない。
16歳=当然無免許が乗って行ったから、擦り傷程度は出来ているかも…ね。



「前にもCD事件ってのがあってさ」
と語る夫。

ナニソレ?

「車の中でCDを聞いて行った形跡があるの。
 自分のCDを持ち込んでだよ(爆。
 そのCDが何枚も車内に残されたままだったんだ」


それって無施錠・鍵ありってことじゃん!?
前にそんなことがあったのに、またうっかりとしてしまったって事なのかい!?


なんだかなぁ・・・。
・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー
気の毒だけど、仕方ないって感じもしちゃう。





この話を聞いて、やっぱり怖いなぁ、用心しなくてはなぁと思った。
我が家でも気をつけないと。
横浜時代に、アパート近くの月極駐車場に止めていて、夜中に車上狙いにやられたことがある。
その話はまた別な機会に書こう。


今の家は吠えない番犬(ラブちゃん)しかいない。
私の車だったら、バローン!な排気音がして気づくだろうが、旦那の車は静音仕様だからなぁ。





超多忙にしている。
ちょっとWEB関係で忙しく、なかなか時間が割けない。

思い切り引っ張って遅刻UPの記事。
まあこれでも頑張って書いたので、どうか許して~。


そんなことをしている間に、METAR Browserがやっぱり急に直っているし。
ワケ分かんないっす。





励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

07/24のツイートまとめ

uuban_gya

あぢぃ。玄関番ちう。真夏の午前中には厳しい東向きのロケーション(涙。
07-24 08:29

暑さでぼーっとしていると…、

前夜ちょいと夜更かしをしたもんで、今宵はとても眠いっす。


帰宅後の庭の散水と、そのついでの草むしりで蚊に襲われるのが困るわぁ…。
今日も夕立は来なかった。
庭木がゲンナリしているのを見ると、可哀想になっちゃうよ。


外にいる人々は、それと同じくらいゲンナリだよね。
明日の日曜日も暑いそうなので、皆さん気をつけて過ごしましょ!



妹宅の近所で火災があった。
民家など4棟も全焼。
乾燥している季節だし、これもまた気をつけないと。

そして知人宅では、ついうっかり…から庭先に止めていた車を盗まれた!!
今朝起きてみたら車がなくなっていて、びっくりするやらショックを受けるやら、大変な一日になったようだ。
その話を書こうと思ったのだが、長くなりそうなので明日へ繰越。



ではではまた明日…。

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

07/23のツイートまとめ

uuban_gya

ゴエモン詳細コメありがとう~!!
07-23 20:50

Twitterのブログパーツを変更した。今までのが配布中止になっちゃったの。大人気でサーバーに負荷がかかりすぎちゃったんだって。がっくりんこ。
07-23 20:46

影響

今日も夏空。

積雲

でも先日ほどの蒸し暑さではなく、倒れるお客さんが出るような事にはならなかった。
いや~、高齢者ばかりのコンペが入っていたから心配していたよ。
ハーフラウンドでやめて帰った人はいたけれどね。


お?





ツマグロヒョウモン

また今年も蝶に好かれている。
また今年もツマグロヒョウモン♂。

去年もこんなことがあった。


この蝶、頭や背中にも止まった。
そんなことをされたのは私だけ。

何故なんだー???


うーん、母が遊びに来たのかな?(まさか!)






昨日は家でのたっと過ごし、新幹線が事故で不通になったニュースを見ながら、
「大変だねぇ、困っている人も多いだろうに…」
なんて思っていた。
イージーミスなんだろうに、そのお陰で様々な事情を抱えた乗客の皆さんに、どれだけ影響が出たことか。
ダンナは、
「もしもムスコが帰省を終えて基地へ戻る時に、
 こんな事故で不通になったりしたらどうするんだろ?」
と言っていた。
「在来線を使うとか、何とかして帰るでしょうよ」
と私は答えていたが、ホントにそんな事になったら大変だよね。

嗚呼、ゴエモンが航空学生の二次試験を受けた時の、あのJRの事故による運休を思い出す…。
(その時の記事はこちら


昨日は防府南基地で、一般曹候補生の卒業式が行われていたそうだ。
そうかぁ、そんな時期だよなぁ。



この卒業式へ参列しようと新幹線に乗ったのに、運休になってしまった影響で、式には間に合わなかったご家族もおられた。

楽しみにしていらっしゃったのだろうに。
ご子息またはご令嬢の晴れの姿、たっぷりと見守ってあげたかっただろうに。




Gさん、お便りありがとうございました。
ご子息のご卒業、おめでとうございます。
短い時間のご対面になってしまって、本当に残念でしたね。
でも困難を乗り越えて駆け付けられた親心、きっとご子息には十分その愛情が伝わった筈です。
彼の前途に幸いと栄光あれとお祈りいたします。
夏休みに帰っておいでになりますよね。
その時にご子息から、たっぷりと式の様子など聞き出せるといいですね。




雄大積雲

大きな雲が湧いたけれど、我が家の方にはまったく雨が降らなかった。
あーあ、植木に散水しなくては。
ダンナがいると、結構このお仕事を引き受けてくれるんだけど、今朝から関西方面へ出張中。
最短でも日曜日の夜まで帰らない。

いないと気楽で嬉しいのだが、いないと私の仕事が増える。
せめてひと雨来てくれたら、私はかなり助かるんだけどなぁ。

OちゃんはOちゃんで、
「雨が降らないと、プランターや植木鉢で育てている植物の、
 水遣りが困っちゃうのよねぇ。
 水道代が侮れないのよ」
と言って、我が家の井戸水や職場近くの水源の水を、4リットルのペットのボトル4本くらい抱えて汲んでいる。

降り過ぎても困るが、程々に降ってくれないとこれまた困るってもんだ。



この夏はダンナの大型出張がもう一つ入っているのだが、その時はちょうどゴエモンが帰省中。
助かるわ、期待しているぞゴエモン!



さて…猛暑の週末、怒涛の週末が待っている。
お仕事大変なのよ~、無事に乗り切る事が出来ますように~。



励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ゴエモン白山登頂!

霊峰白山の登山口、別当出合。

白山1

この登山口が標高1,250mで、既に昨日の記事に書いた八方ヶ岳の山頂よりも高い!



未明にゴエモン基地を出て来た一行、この地点から白山登山開始である。
白山の登山に関しては、
「白山ベストガイド:白山登山情報」
を参考にして情報を得たワタクシ。
http://www.kagahakusan.jp/file/info/tozan.html

こちらの登山マップがわかりやすいかも。

地図

(画像クリックで拡大地図へジャンプ)




白山2



いきなり吊り橋を渡るんだ。


ゴエモンからは複数の画像が来たが、本文の方は簡潔な感想が来たのみなので、推測するしかない部分も多々ある。
ここからの登山ルートは、たぶん砂防新道を通って行ったのではないだろうか?
登山道からの画像が続く。

白山3

(この画像クリックで拡大)
携帯からだととってもわかりにくいが、画面中程のやや左、稜線の少し上に機体が写っている。
わざわざ写したんだろうなゴエモン。
上空に航空路…、V52ですかね?W19ですかい?
左が朝日だから南行きで、高度を考えると小松から飛んで来たのかね?
この時間だと…NH0752かい?(B777-200)
(マニアックな母と子の会話)

白山4

好天に恵まれて、よござんしたねぇ。
スカッと爽やかな夏山。

白山5

たぶんこの首タオル集団は、ゴエモンの先輩方。
ねえねえ、靴ってさぁ、まさかとは思うけど、あの編み上げブーツを履いて行ったの?


白山6

ご一行は登山口から約2時間40分で「黒ボコ岩」に到着。
ここの標高が2,320m。

白山7

まだ余裕がありそうなゴエモン氏。


白山8

黒ボコ岩からの眺めだそうな。
もう1,000m近くも登って来たんだねぇ。


白山9

山頂はまだ先だ。




10:30頃に室堂へ到着。
山頂がだいぶ近くなって来たね。

白山10

むろどう・・・聞いたことある名前。
白山の事はあまり知らなくても、何度となく聞いたことがある名前。
このあたりは高山植物の宝庫らしいね。
室堂避難小屋の標高が2,450m。
登山道はかなり整備されているのね。
でも私には無理です、絶対。



白山11

11時に山頂へ着いた模様。
左に見えているのが室堂なのだろう。
背中に「気合」のシャツは、おそらく先輩。
うむ、皆さん気合で登った訳だな。

白山12

山頂は御前峰2,702m。
やりましたな、ゴエモン!
おかあちゃん姉妹の富士山頂とは、えらい違いの余裕の笑顔だな。


白山13

(画像クリックで画像拡大)
山頂からは雲海を見下ろす眺めになっていたようだ。

しかし、アンタらすごいよね。
別当出合から、休憩含んで4時間で山頂!?
早いよ、健脚だよ。


白山13

ここでゴエモンのコメントで~す。

けっこう岩が多くて、足腰にだいぶくるね!!
歩いてる間は汗だらだらだけど、休憩時は風がかなり涼しくて気持ち良かった。
ちなみに頂上は、17度ぐらい。
正直、経験として1度行けばいいなって感じかな。
でも、達成感は最高!!


白山15

(画像クリックで画像拡大)
たぶん今夜はもう筋肉痛に違いないゴエモン。
でも若い頃のこういう思い出は、結構忘れないもんだよ。
一度行けばいいかなと言うが、来年以降もまた呼び掛けられると思われ。
行って来い、行って来いよゴエモン。
そして次回は遠景ばかりじゃなくて、高山植物のアップ画像なんかも撮ってくれよ。
(自分が登るんじゃないから、勝手な事を言うおかあちゃん)

ダンナがパソコン場面を見ながら、
「久しぶりでムスコの顔を見たなぁ…」
って喜んでいたよ。



あたしゃ本日、家の中で相方Oちゃんと髪を染めて過ごしたりしていた。
3連休を取った後の仕事が明日から始まる。
まだ猛暑予報。
明日は高齢者コンペ開催。
熱中症のお客さんが出ませんように…。



ゴエモン、貴重な体験の画像を沢山送ってくれてありがとう。
だからアナタ好きよ♪




ところで左カラムの「熊本空港気象実況」が、何かヘン。
(携帯では出ず、パソコンで表示されるブログパーツ)
気がついたら熊本空港ではなく、北九州空港の実況が表示されるようになってしまった。
設定し直したけど変わらない。
バカになっているけど、いつかまた突然直るかもしれないので、このまま放置しておくわ。



励みになります

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

夏山は招くよ

うだうだうだーーーーーーっとして一日過ごす。
二度寝、三度寝、いや四度寝くらいしたかもなぁ。
猛暑の3連休の仕事を乗り切ったのと、昨日の早朝ゴルフで駆け回ったのと、その疲れが一気に出てぐったりの休日になってしまった。


私の仕事の場合、寒いのを耐えるよりも、やっぱり暑いのを耐える方がキツイ。
20代の頃、海に近い場所で暮らしていた期間があるけれど、あの頃はこんなに暑さがキツイとは思わなかった。
今では信じられないことだけど、その当時の我が家にはエアコン等なかったのである。
8階に部屋があった。
西には富士山が見え、東には東京湾越しに房総半島が見えていた。
海からの風が吹くと言うのだろうか、内陸部にいた頃よりも過ごしやすかった。
暑くないことはないのだが、扇風機だけで夏場を乗り切っていた。
そして冬は温暖で、コタツがあれば平気だった。

連日このblogに夏空の画像を出している。
あの頃はこうした夏空を見上げると、夏が来た~!!って感じで気持ちが盛り上がっていた。
自転車で海水浴場へ行けるほどの土地だったから、休みの日にはわざわざ日焼けしに行ったくらいだし、車で少し走ると葉山方面へ行けたので、マスク・シュノーケル・足ひれの3点セットを携えてそちらの海にも良く行った。
日焼けしている事が夏らしい私♪と思えていたあの頃。
スキューバダイビングのライセンスを取っていたから、勿論タンクを背負って潜りにも行っていた。
マイ・タンクを持っていたんだよぉ。


20代の私には、夏と言えば海だった。
しかし今の私は、夏と言えば涼しい所、阿蘇などの高地へ行きたくなる。
暑すぎるのはもう駄目だ。




夏場でも高地では涼しい。
阿蘇に登ると、それはそれは気持ちイイ!

だけど阿蘇がいくら涼しいと言っても、今年の夏のゴエモンには負ける。
彼は明日つまり22日、阿蘇山よりも高い白山に登るのだ。

白山と言ったら、あの北陸では有名な白山。

白山上空

ゴエモン基地から彼が毎日眺めている壮大なお山。

白山は、富士山、立山とともに日本三名山の一つに数えられ、山頂部は、御前峰(2,702m)、大汝峰(2,684m)、剣ヶ峰(2,677m)で構成されている。
ゴエモンたちが最高峰まで行くのかどうか定かではない。
行く本人に訪ねても、
「うーん、どこから入るんだったかなぁ?」
みたいな返事で、あんまり要領を得ていない。


しっかりしろよゴエモン。
霊峰白山に笑われるぞ。


訓練のひとつみたいなもので、業務に支障のない者が参加。
10数名で行くそうだ。
早朝4時過ぎに基地を出て、日帰りの登山なんだって。
日帰りだから、たぶん室堂あたりまでは行くのだろう。


小学6年生の時に、学校行事で地元の八方ヶ岳(1,052m)に登ったゴエモン。
登山なんてあれ以来だ。
ここは九州百名山のひとつで、地元では人気のちょっとした登山コースである。
前日から麓でキャンプし、翌朝早く登山開始。
キャンプに付き添った保護者は結構いたが、登山にまで付き合った保護者はとても少なかった。
母親は2名だけだったと記憶。

あの頃はまだ元気だったワタクシ。
登山に付き合ったわよ。


小学4年生の時に、私は富士登山をやり遂げている。
5合目から登った富士登山だけど、あれは私の人生の中で5本の指に入るくらい、かなりかなり頑張った一日だ。
富士山に登れたんだから、1,052mの山にだって登れるさ!

もうひとつ思い出した。
丹沢でも登山をしていたんだっけ。
大山(1,251.7m)に、10代最後の年に登っている。
あのKサツ学校の登山訓練だった。
梅雨時の登山で小雨が降る中を登り始め、山頂に着く頃は雨が上がって気温上昇しムンムン蒸れ蒸れ。
あれもしんどかったよなぁぁぁぁ!!




で、ゴエモンが小学6年生の登山に話は戻る。
ゴエモン等は元気ハツラツ組で、登山開始から先頭集団をズンズン行った。
私達は体力のない生徒を励ましながら、最後尾からその子と一緒にペースを落として進んだ。

体格が良すぎる子がいてねぇ。
6年生で体重100kg超えている、どえんどえんな体格の男女1名ずつ。
この子たちも頂上へ行かせようと、私達は頑張って後押しをした訳なのよぉ。

しかもこの中の、どえんどえん男子クンが悲惨だった。
登山を始めようとキャンプ場で集合させたら、彼だけがビーチサンダルを履いている。
「何してんの~、運動靴に履きかえておいで~」
と言うと、
「昨日の夕食後に帰宅した親の車の中に、運動靴を入れたままだった…」
と答えるではないか!!

自宅でのあれこれがあり、キャンプ場に泊まらない保護者も結構いたのだ。

自宅から靴を持って来てもらう時間がなかった。
彼は自分だけ登らないのは嫌で、そのサンダルで登ると言う。
もしもダメなときは引き返させようと、最後尾には私と担任の先生、そしてもう一人の保護者が付き添うことにした。


どえんどえんな男女2名、体力的にしんどくてマジで半泣きだった。
その上ビーチサンダル履きの彼は、どんなに辛かっただろう。

でも全員が山頂へ着くことが出来たんだから、あれは頑張ったよねぇ。
先頭集団と最後尾は、山頂到着が30分近くも差が付いたけどね。
だから最後尾の子と一緒に着いた私なんて、
「やっと着いた~!!」
と思ったら、
「はい、記念撮影しますよ」
「じゃあ降りましょう!」
って感じで、
「おいおいおおい!もうちょっと休ませてくれないのかよ!?」
と叫んだよ。




思い出した。
下山途中で一人迷子が出たんだ。
6年生のお姉ちゃんに付いて来た低学年の弟くん。
一人でさっさと歩いて、途中で別な下山道へ入ってしまったらしい。
これまた捜索班を別に出すことになり、そりゃあもう気を揉んだ。
幸いにもこの子は、別な道から来た登山客さんが声を掛けて同行してくださり、後を追ってきた捜索班の保護者に身柄を確保された。



登山は侮っちゃいけない。
子どもの団体を率いて行くのなんて、マジで大変だとこの時につくづく思った。


小学生の時に、マジ泣きで富士山に登った私と妹。
妹は6合目で、私は7合目で、
「もう帰ろうよぉ~!」
と音を上げた。
だけど両親はそれを許さず、妹なんて母が登山道で拾った荒縄で母娘の体を結び付け、それで引っ張られながら歩いていた。
スパルタな親だったねぇ。

富士山頂

だからその時に富士山頂で撮った写真も、姉妹揃ってくたびれた表情。
妹なんてほとんど魂がどこかに飛んで行ってしまっているね(爆。


山頂に立った時の達成感はこの上ないものだったけれど、あの辛さの方が思い出されてしまう。
今はゴルフ場の中でお客さんのボール探しに行き、ちょっと斜面を昇り降りしただけでも息切れするワタクシ。
八方ヶ岳でさえトンデモナイ話になった。




明日はゴエモンから白山の画像が届く予定。
そしてどんな登山だったかも彼からレポが来る予定。

ゴエモン、青春を謳歌してくれ!




励みになります

テーマ : 思い出し日記
ジャンル : 日記

真夏には酷ですよ

あーあ、困ったもんだね真夏の社内コンペとは。

よっぽど好きじゃなかったら、日が昇るかどうかという時間帯からゴルフ場になんか出掛けてプレイない。
確かに真夏は早朝の時間帯が爽やかだけど、あたしゃそこまで早起きしてゴルフをしたいほどではないんだよねぇ。

但し私の場合、魚釣りに行くんだったら話は別だ。
まだ真っ暗なうちに家を出て、夜明け前に舟に乗るなんてのも全然平気なんだけど。



最高気温が35度近いとの予報を聞けば、出来るだけ早い時間にゴルフなど済ませてしまいたい。
社内コンペに参加して、熱中症にでもなったりしたら洒落にならないぞ。

日の出前

早朝6時目前、日の出前の自社コースへレッツ・ゴー。
どうして真夏にコンペをするかね、ほんとに全く!…といつまでもブツクサ。

物好きなお客さんが2組、我々とほぼ同時刻にスタートしている。
ホントに好きな人は、とにかくここまでやっているのである。
会社行事だからと已むを得ず渋々出て来ている私達とは、心掛けからして違う。


夜明けだよ

周囲を山々に囲まれているので、コース内に日が当たってくるのは少し遅い。
日陰を回れるのも今のうち。
このホールもグリーン付近には日が射して来た。
相方よ頑張れ、まだ先は長いぞ。


二人とも3月の鹿児島・社員研修旅行以来のゴルフ。
その間一度もクラブさえ振っていない。
それなのに早朝のコースは、朝露びっちょりでボールが転がらないと来たもんだ。
水しぶきを上げて、グリーンを転がるボールはすぐ止まるし、パッティングのタッチも何もありゃしない~。
当然とてもじゃないが全般的にハチャメチャな状態で、ゴルフと呼ぶことなどおこがましいプレイ内容。


日が昇って来ると、もう撮影などしている余裕なし。
とにかく前へ、ひたすら前へ。
ボールが進んでくれたらそれでいい!



すっかり夏空

やっと最終ホールへ来た。
クラブハウスが見えて来た。
風景だけ見ていれば実に爽快でいい眺めなのだが、この中でゴルフをしているってことを考えて欲しい。

コースの中って、ホントに日陰がないんだから!!






あああああ。
疲れた疲れた。
この1年の間では、最も多く叩いて来たよ!(ヤケクソ)





汗まみれである。
さっさと片付けて、温泉行きだぞー。
ゆっくり出来るところへ行こう。
だとしたらあそこでしょ♪



温泉行き1

営業開始時間から間もないので、とっても空いている「湯亭上弦の月」。
職場から車で山越えの近道をしてやって来た。
来店する度に押して貰うスタンプで、全室制覇を目指しているので今日もまた違う部屋をチョイス。


温泉行き2

本日のお部屋は石風呂の「紫苑」(1.500円/70分)である。

温泉行き3

入れ替え制の貸切温泉、いいよねぇ。
結構増えて来たよね、こういうところ。
只今内風呂へジャンジャン給湯中。

温泉行き4

ツルリと滑らかな露天の石風呂の肌触り。
これがヌルトロを帯びた泉質に良く合っている上に、深さと言い広さと言い申し分ない。
塀の外には南部鉄の風鈴が吊るされており、これがいいタイミングで「チリリン♪」と控えめに鳴り、寛ぎムードを一層盛り上げてくれるのだった。

温泉天国なお国に住んでいて、ホントに良かったと思えるねぇ。




お昼ごはんは地元の商業ビルの中、ちょっと気になっていたイタメシ屋へ行った。
お気に入りのあのカレー屋さんも入っているビルだけど、ここがリニューアル後に出来た他の店をまだ全然訪れていない。

そう広くない店だけど、昼時とあって女性客が結構入っている。
我らはそれぞれパスタとリゾットのランチメニューを注文した。

イタメシ屋ランチ

手前が私の「スモークサーモンとアスパラのリゾット」で、奥が相方Oちゃんの「彩り野菜のパスタ」である。
サラダとドリンク付きで1,000円。


いずれもチーズをたっぷり目に使っている。
どちらも美味しかった!
特にリゾット好きな私には、スモークサーモンの量も多くて、このリゾットはたまらんッス。
他のパスタにも興味が湧いているので、この店だったらリピーターになってもいいと思った。


リニューアルを果たしたが、たぶんこの商業ビルは、まだ苦戦中だろうと感じる客足。
だけどこうした「ちょっといい味出してる」ようなお店は、頑張って欲しいなぁと思っちゃうよ。




早起きしてゴルフしてかなりくたびれたし、筋肉痛も感じている。
明日と明後日も公休日。
明日はきっと一日中ウダウダとするのみ。
しばらくは猛暑の予報が出ているので、今日の炎天下で疲れちゃった私は、たぶん買い物にも出たくないかもなぁ。





励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

猛暑到来夕立連続

力強い積乱雲が今日も発達中。

積乱雲

パソコン画面ではないとわかりにくいだろうが、画像中央やや右手に下弦の月。
仕事を終えて帰宅しようとしている時間の東の空だ。



西の空はというと、

夕立空1


右半分は既に夕立が降っているエリアであり、空がかなり暗くなっている。
右下隅の地面を見るとわかるのだが濡れている。
先程までけっこうな雨が降った後なのだ。
ちょうど職場の辺りが、雨と晴れの境界線。


この雲を拡大して良く見ると、

夕立空2

これまたパソコン画面でしかわかりにくいのだろうが、中央付近には雨が降っている様子も見える。


猛暑が続く。
ここまで暑くなくてもいいのに!と思うほど暑い。
35度を超えるとか、もうやめてよぉ~!!って感じ。


梅雨明けと共に一気に空の色が変わった。
青空の突き抜け方が違う。



そんな猛暑の昨今なのに、またこの行事のお触れが回って来た。
「社内コンペ開催」だって。
今月末までに休みを利用してゴルフをし、スコアカードを提出しなければならぬ。
どうして毎年真夏にするんだよぉ。
暑い中をコースに出るなんて、仕事だけで十分すぎるほどなのに。



出来るだけ朝早く開始するってことで、その暑さ対策をするしかない。
やっと3連休の早出出勤を乗り切ったばかりなのに、明日の公休日はその仕事用出勤時間よりもさらに早く職場へ出向き、気温が上昇しないうちにゴルフしなくちゃ…になった。



3月の鹿児島行き・社内研修旅行のゴルフ以来、まったくやっていないんだわ。
練習さえもしていない。
ぶっつけ本番。
暑さで倒れませぬように。

やけっぱちで大叩きしてくるわよ。




励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

07/18のツイートまとめ

uuban_gya

めっちゃ暑かったー、走り回ってくたびれた・・・。
07-18 19:28

ついに敢行。

スカッと青く突き抜けて、今日も暑くなりそうな空が広がっている。

夏空1

いや、実際かなり暑かった。
汗がダラダラ、化粧なんてハゲハゲ。
化粧直しなんてしている暇もないから、下地が斑模様になったひどい顔をして仕事をしている。

鼻の下と鼻筋に汗をかきやすいワタクシ。
真夏はホントにひどい顔になるんだわ…。
凹むわよ。
これじゃ化粧しない方がまだマシかもよ。




さてそんなひどい顔をしていた私の前に、珍名さんのネームタグが登場。

今日の珍名さん

ん?
何と読んだらいいんだろ?
旭が付く名前…、大相撲元大関・旭國の大島親方引きいる大島部屋の力士みたいだな。
横綱もいたよね旭富士。
引退した力士で言うと旭道山や旭豊(7代立浪親方)。
モンゴル出身力士の先駆け、旭天鵬や旭鷲山。
現役で頑張っている旭南海。
この部屋はちょいとご縁があって、九州場所の打ち上げパーティーに何度か出席し、地元へ巡業に来た時には、支度部屋へお邪魔したり夜は一緒に飲んだりしていた。
もう10年近く前の懐かしい話。



大島部屋の人じゃないことは確かだが、何と読めばいいのかご本人やお仲間に尋ねる事が出来なかった。


後で調べたところ、
「ひのつめ」
と読むのだそうな。
女優・月丘夢路女史の旧姓がこちらなんだと。

はぁー、難しいねぇ日本語。






仕事を終えて帰宅しようと駐車場へ。

夏空2

雄大積雲が上空で発達中。
見ている間にどんどん雲が湧き上がり、真っ白な眩しさと力強さに思わず見とれる。

夏空3

今日も夕立が来るのかな?
「夕立は3日続くって言うよな」
と昨晩ダンナが話していた。
そうなの?
一昨日そして昨日と降ったから、今日も降ったとしたらその3日目。

でもまだこの雲は少し遠いし、こっちには来ないだろうね、うん。





と思っていたら、我が家方面へ車を走らせている間に空が暗くなり、そしていきなり本降り!
国道はザンザン降りであった。

夕立1

夏の空は気まぐれ~。

夕立2

国道を逸れて東へ進路を変えると、もう雨雲の下を抜けて青空が見えて来たりするんだもんなぁ。





でもこうしてひと雨降ってくれたおかげで、庭の散水が省かれた。
ありがとね~。






さて。





今日はもうやってしまおう。
そう心に決めていた。


ダンナの帰宅が遅くなると知らされていたので、今日は時間がある。





スッポン1

籠に入ったままのスッポン。
水から引き上げられたままなのに、まだ生きている。
本当は捌く前に、数日間きれいな水に漬けておくと良いらしい。



がっちりと貼っておいたテープを剥がし、蓋を開ける。

スッポン2

ご対面~!



あれ?
ヒビが入っていると思ったのは勘違い。
蓋の上から覗いていただけなので、ゴミが甲羅に付いていたのを見間違えていたようだ(苦笑。
無傷でキレイな甲羅じゃないか。


スッポン3

カメラを向けると怖がって逃げ回っているスッポン。
正面顔を撮らせてくれず、クルクルと動き回ってばかり。

甲羅の長さ25cm程度、1kgには満たないサイズだな。



生まれて初めてスッポンに包丁を入れる。
食べたことはなんどもあるのだがなぁ。

毎年春に開催されるうちの地元の祭では、3,000人分のスッポン鍋大判振る舞い!ってのが行われる。
大きな大きな羽釜で作るスッポン鍋。
これを食べに行ったこともあるし、鶏肉に似た感じのスッポンの唐揚げも食べた。
マスコミ関係者ということで観光協会から呼ばれて、「スッポン料理のフルコース」の試食会にも参加した。
すっごくゴージャスな料理だった。
九州でも有数のスッポン養殖場がある我が市は、これを地元の売り物にしようという企画だったらしいが、その後定着したという話は聞かない。
(だろうなぁ…)



ここから先の画像は撮らなかった。
見たい人もいないだろうしね。



でも本当に便利な世の中になった。
「スッポンのさばき方」とWEBで検索すると、画像付き解説サイトは勿論、本職がその技を披露する動画までアップされている。
これらを参考にしてスッポンの解体。
こうしたお手本がなかったら、私はスッポンを自分でどうにかしようなんて思わなかった。



スッポンは雌だった。

スッポン卵

あえて小さな画像にした。
クリックすると通常の大きさになる。
体内に卵があった。
白くなっている大きな卵は、もう殻が硬くなっていた。


この卵も含め、内蔵も食べられるスッポン。
甲羅などの薄皮を剥いて、解体した全て冷凍庫行き。
肉は案外少なくて、唐揚げにするほどではなかったから、これはスッポン鍋にしよう。



ゴエモン、来月は楽しみにしていろよー。




生き血はワインで割って飲んだ。
目が冴えて眠れないということは全くなかった。


解体中にダンナ帰宅。
「うえー!見せなくていいぞ!」
と言い、近寄って来なかったが、こういう人に限って食べるときは、
「ウマイウマイ!」
と言って食べるんだよなぁ。





疲れました、汗だくになって作業したっす。
エアコンの効いた部屋でも、額から汗がポタポタ滴り落ちた。
慣れないことを真夏にやるのは大変ッスね。



でも「やればできる」と思った。
もしもまた入手出来たりしたら、その時はやっちゃうだろうね、うむ。




励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

明けたね…。

昨日(金曜日)のことなんだけど、スッポンを連れて帰りながら、ちょっと買い物などで寄り道をした。
両親が眠る墓地の近くを通ることに気づき、お盆の間には豪雨に挫けて顔を出さなかったことを少し後ろめたく感じていたので、スッポンを車に載せたまま墓参りに行って来た。

墓参

両親よ、私の殺生をお許しくだされ…。



でもきっと母が生きていたら、私がスッポンを連れて帰ったとしても、慌てたりしなかったと思う。
似たもの親子だから。


母は家の近くで犬を散歩させているときに、青首の真鴨(首が青いから♂)が落ちていたと言ってぶら下げて帰って来た人。
散弾銃に打たれたのだろう、怪我をしていて、まだ絶命はしていないが抵抗することも出来ずにいた。


「あのままにしていても、野犬に襲われてしまうわよ」
とぶら下げて帰って来た母。

近所に渡り鳥が来る溜池があり、たぶんそのあたりで猟師に狙われ、怪我をしながらも飛んで来たが、力尽きて地上に落ちていたのだと思われた。

その鴨は、当然ながら我が家で母に調理された。
鴨の生命に感謝しながら、一家で鴨肉を味わった。


そんな母の娘だからねぇ…。



しかし件のスッポンだけど、まだ今日もさばけずに籠の中でゴソゴソしている。
連休は駄目だわ。
今日も明日も6時に家を出なくちゃって、早すぎだろー。
それで暑い中を走り回って来る。
ホントに疲れるよ3連休。
帰宅後にそこまでのファイトが湧かない。



梅雨明けの空

九州北部地方も梅雨が明けた本日。
思いっきり夏空だねぇ。


この雲は発達し、夕立がサッと来た。





ああ、梅雨が明けた。
猛暑がやって来る。
スッポンのパワーで乗り切らなきゃ!ってくらい、真夏のこの仕事はしんどい。
でもスッポンはゴエモン帰省までお預け。


そのゴエモンは3連休を利用して、今日から横浜のばあちゃん宅に行っている。
義母から昨晩、お中元に送ったビールが届いたとお礼の電話が来た。
「そのビールはお義母さんのですからね。
 息子の分は自分で買わせてくださいよ!」
と告げておいたが、今夜はそれを飲んでいるとメールを送って来たゴエモン。

ばあさん、末孫に甘すぎだぞ。


明日は捌けるかなぁスッポン。
今日はダンナに籠の中のスッポンに水を掛けておいてもらった。
「喜んでいたぞ、水をかけたら元気になった。
 って言うか、迷惑で暴れていたのかな、バタバタしていた」
たぶん後者。
喜んでいるって、それはアンタの大きな勘違い。



明日も忙しい仕事ッス。
寝落ちしそうッス。





励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

07/16のツイートまとめ

uuban_gya

まあ一番の問題は、コイツがまだ生きてるって事なんだな(笑。
07-16 12:07

やっぱり鍋?この暑いのに?唐揚げでも良くない?
07-16 11:50

手負いのスッポンを貰ってしもーた!さてどうしよう。
07-16 10:48

さてこれをどうしよう・・・

ちょっとバタバタしているもので画像はないのだが、本日職場でスッポンを貰ってしまった。
生きているスッポンである。

ちょうど仕事で駐車場の周りを行き来している時だった。
我々よりも少し遅く出勤して来る厨房のおばちゃんが、車を止めて降りて来た。

「うちの車庫にカメが来たのよ~。
 コースの池に放しちゃおうと思って持って来たんだけど…」
と駐車場の隅に籠を置いて言う。
しっかりと蓋がされているプラ籠だった。

「ああ、だったらコース管理課のキーパーにお話すればいいんじゃないんですか?」
と答えつつ、
「どんなカメ?歩いて来たの?」
と籠の中を見せてもらうワタクシ。


ありゃ!?


甲羅がつるりんこ。



「カメって…、これスッポンですよ!」
「ええ!?スッポンなの!?」

ツルンとした甲羅も、籠の中でニョキッと伸ばされた首も、紛れもなくスッポンである。


「厨房でさばいてもらって、食べちゃえばいいじゃないですか!」
と申し上げるワタクシ。
「いやよぉ! もうそんなの要らない~!」

おばちゃん、欲がないなぁ。




良く見ると甲羅にヒビが入っている。
「私が車庫に車を入れたときにいたから、ぶつかったのかも…」
と言うおばちゃま。


手負いのスッポン。
甲羅が割れたスッポンが、自然界でどうなって行くのか、私は知らない。


スッポンが歩いている姿は、私も見たことがある。
その時の記事がこちら
道路の真ん中を歩いていた。


「あげるわよ、持って帰ったら?」
「うーーーーーーーん・・・・・。じゃあ、私が持って帰ります!!」



ってことで籠のまま持ち帰ったスッポン。



さてこいつをどうしよう。




職場でシェフ・マツナガに出会ったので、
「ねえ、スッポン捌ける?」
って聞いたら、
「出来るよ、でも捌いてやらないよ」
って言われちゃった。

「いいよ、自分でやるわよ」
「苦玉を潰さないようにしなよ」
「ああ、緑色の玉ね」

シェフは続けた。
「なんかさぁ、捌いたあとで後味悪いんだよね、四つ足は」
うーむ、わからぬでもないが、自分の家で飼っていたニワトリ捌いちゃうくらいの私だから、大丈夫じゃね?


WEBでさばき方を検索した。
出来ないことはなさそうだ。


でもめんどくさそうーーー。



鍋ですかね。
唐揚げも美味しいんですけどね。





ゴエモンに食わせてやろうと思って貰って来た。
だから捌いたら冷凍庫行き。




ご報告はまた明日にでも。






励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

小さなトモダチ

時折小雨がパラつく一日。
職場の植え込みで草むしりをしていたら、植え込みの縁取りであるジャノヒゲ(リュウノヒゲとも呼ばれるユリ科の植物)の中に小さな蝉がいた。

ニイニイゼミ1

羽の模様や体の大きさから、たぶんニイニイゼミ。
小さめだしオスかなぁ?


羽化してからまだそんなに経過していないのかもしれない。
裏返してみると、裏に畳まれた小さな羽の一方がまだ完全に開いておらず、縮んでしまっているような状態。
もしかするとこのまま、不完全な羽になってしまうのかも。

ニイニイゼミの抜け殻は、他の蝉に比べると低い場所にあることが多いという。
それも泥をまとっていることが多いので、他のセミの抜け殻との判別がしやすいそうだ。


近くには抜け殻が見当たらなかった。
もっともここはかなりいろいろなモノがゴチャゴチャと植え込まれているので(キョーコさんの「何でも栽培所」状態)、小さな抜け殻は植え込みの何処かに隠れているのだろうとも考えられる。





それにしても、ここはあまりにも蝉にとって危険。
目の前を人が行き来しているその足元だし、天敵も来やすい。

キミさぁ、飛ぶ力がつくまで、もっと安全なところへ移動しておきなよ…。

ニイニイゼミ2

指を出したら乗って来た。
ホントに小さい。




出来るだけ安全な場所へそっと移動しておいた。
この蝉の生命に幸あれ。








草むしりしたり、排水口の掃除をしたり、植え込みを刈り込んだり、3連休後の職場は雑用が多かった。
出勤してから聞いたことには、さすがに昨日はあの豪雨のため、お客さんはゼロだったそうだ。




植え込みを刈り込んでいるときに見かけた蝶。

ルリシジミ♂

ムラサキシジミの♀。
アラカシ、イチイガシなどのブナ科常緑樹に産卵する。
そうした樹木も近くにある場所だったから、産卵に来ていたのかもね。
自宅近くの団地に植えられているアラカシから、幼虫を採取して育てたことがあったなぁ。

画像では白く反射して写ってしまった部分も、肉眼では深い紫色に輝いてとても美しい。
羽を閉じているとすごく地味な蝶なので、気づかれないことも良くある。

野生のものは羽が傷ついていたりすることも多いので、綺麗な標本を作ろうと思うときには、こうして幼虫から育てた羽化後間もない蝶を標本にすることも少なくない。

けっこう上手いんだよ、蝶の標本作り。
ちゃんと本格的な道具を持っている。
でももう何年もそんな殺生はしていない。
見るだけ、写真を撮るだけになった。




仕事の合間にこんな仲間と戯れている。
え?ちょっと根暗?
あらぁ…。
そうかもね…。
だけど心に余裕がないと、小さな命には目が向かないよ。




まだ少しは余裕があるってことだろね、うん。


  本日のBGM This is love/SMAP




励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

07/14のツイートまとめ

uuban_gya

これから映画を見ます♪
07-14 13:31

とりあえず雨は大丈夫みたいなんで、某所にてイタリアンなランチなう。
07-14 12:56

いやー、半端じゃない降り方になって来たよ。雨漏りしていないかな?…大丈夫みたい。
07-14 11:05

かなり降っていますなぁ。雨はもうしばらくひどいんでしょうなぁ。大雨洪水警報が出ています。
07-14 09:59

雨ニモマケズ

半端じゃない降り方だぁ。
凄い雨だったんだよー、今日の昼間は。

大雨1

一番ひどかったのが11時頃。
雨漏りしないよね!?って心配になったくらい。

大雨2

地面を打つこの雨の様子がわかるだろうか?




しばらくすると、家の前の道を流れる雨水が茶色く濁って来た。

大雨3

すげー。
こんなの久々だどー。

我が家は高台にあるので、冠水の心配はない。
高台だが崖崩れの心配もまずない土地。
だけどこの道路の上の方では、排水路から水が溢れ出しているのだろう。
そのくらい一気に強い雨が降った。


茶色い水を跳ね上げながら、右手から車登場。
相方Oちゃんの車だ。

本日は14日。
TOHOシネマズの料金が安いので(1,000円)、映画に行こうと話していた。
(水曜日なのでレディース・デーでもあり、それだけでも1,000円になる日だった)



この雨の中を行くか?


小降りになって来たので出掛けた。





家を出てすぐは、近くの排水路で水が吹き出している有様だった。
でも河川の氾濫は見られなかったよ。

でもこれから大雨という予報が出ている地方の皆さんは、十分注意してね!!




本日鑑賞した映画は、

映画1

「必死剣鳥刺し」
かなり渋い時代劇。
公式サイトはこちら。
http://www.torisashi.com/



映画2

先日のヤモ兄様のコメントでトヨエツの名前が出て来たら、何故か彼が頭から離れなくなったワタクシ。
新作が封切られたばかりと知り、昔からトヨエツが好きだと言っていた相方に声をかけたら即答で映画鑑賞決定。



思い起こせば、映画を観るのは久しぶりになっているなぁ。




いやー、マジで渋い映画だった。
ネタバレは書かずにおくけど、トヨエツってどうしてもこう言うキャラ向きになるのね。
そして作品全体の流れも静かで渋い。


最後の最後まで、物語の核心がわからぬところがなかなかイイ!
でも相方は言った。
「なんか…不完全燃焼…」

そうだねぇ。
「アイツ死んで欲しいし」
言えてる。

でも池脇千鶴が良かったッス。
良い芝居をしていたッス。
いい役をもらったね!と思った。
今後はこういう芝居を大事にしていって欲しいなぁ。




トヨエツは私も嫌いではないのだが、映画を見て思ってしまった。
「あうー、トヨエツの裸体は苦手だ…」

私の好みではなかった。
特に胸がダメだ、濃すぎるよこの人(苦笑。





その事情が探りたいアナタ、そして誰が死ぬのかを知りたいアナタ、さらに「アイツ」って誰なのかを知りたいアナタは、是非とも映画館へGO!


  本日のBGM 風に向かう花/alan(この映画の主題歌)




励みになります


テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

お盆です。

降ったり止んだりしている梅雨そのものの天候で、明け方までPCに張り付いていた私は明るくなってから眠くなり、ボケボケだるー…な一日を過ごす。



夕方にOちゃん母上手作りの赤飯が届いた。

赤飯


栗まで入って豪勢なり。
我が家にまですみませんねぇ。


それにしても。



お盆って、赤飯作るものだったんですかね??




Oちゃん母上は、孫(Oちゃん娘息子)の誕生日だと言っては赤飯を作り、田植えが済んだと言っては赤飯を作り、ホントに年中何かにつけて赤飯を作る。
作ったときに、何度か私にもお裾分けが届く。

いいねぇ、故郷にいるお母さん。
こんな生活、私もちょっと憧れていたんだけどね。



いなくなっちゃうのが早かった私の母。
今年の暮で、もう20年になる。
お盆でも特段何もしないこの娘を、きっと呆れていることだろう。

お母様、来月(旧盆)にゴエモンが来ますから、その時に賑やかにやりませう。
今夜はダンナも帰宅しませんしな。





明日はもっと雨が降ると言う。
庭の手入れも出来そうにないなぁ。


3連休だよ、3連休!!
ボケボケしていていいのかよっ>自分




励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

邂逅

幼なじみが国会議員に当選した。
|)゚0゚(| ホェー!!


相手はこっちのことなんか覚えていない筈だけれど、中学生までは同じご町内だった。
(その後私は九州へ転居)
彼女の兄が私の妹と同じ年だったと思う。
彼らとは同じ保育園に通っており、そしてその保育園で開設されていた書道教室にも通っていた仲間であるその兄とは、時々ケンカもしていた私達姉妹(笑。
このほど議員さんになった彼女は、やはりその保育園で開設されていたバレエ教室に通っていた。
レオタードから突き出した細い2本の足が印象的だった。

町の小さなメッキ工場のお嬢さんだった彼女は、私達とは違って区立の小学校には入らず、私立の学校へ入った。
その学校の制服姿の彼女を、自宅の近所で何度も見かけた。
制服から突き出した黒いタイツの細い2本の足が、これまたやはり今でも印象に残っている。

児童劇団に入ったのだとの噂を聞いた。
当時ではまだかなり珍しかったバレエ教室に通っていたほどの子だし、その噂を聞いた時も、
「へー、やっぱりねー」
みたいな印象を受けていた。


その後芸能活動を始めた彼女。
進学した私立の学校では芸能活動を認めず、私が転校した後で、彼女は私が通っていた区立中学校に編入し卒業した。

ドラマに出て有名になったし、歌も出した。
その売り出しイメージは、黒いタイツの細い足の彼女の記憶で終わってる私には、ちょっと違うようでもあり、また頷けるようでもあり、なんだか奇妙な気分だった。

結婚も離婚もしたし、レーサーにも挑んだし、病を克服して頑張っているんだってね。
でもまさか人生の半ばを過ぎたあたりで国会議員になるなんて、幼いあの日の姿からは誰が想像しただろうか!?



無党派層であることを自認している私だし、特定政党の議員さんになった彼女を応援するとまでは言えないけれど、まあ今後いろいろな意味で気になる存在にはなるだろう。



昨日の記事の最後に書いた短い文章は、このような経緯の人の事なのですわ。




さてさて月曜日の朝は大雨で明けた。

大雨っす

リビングから外を見るとザーザー降りで、庭は水浸し。
前の道路を雨水が流れているほどだ。


今日は職場全体でコースの維持管理のための目土作業の予定だったが、天気予報が思わしくなかったので、
「もしも中止だったら、電話連絡網で回します」
と前日に告げられていた。

お客さんの予約も少なかったから、作業が中止だとまた私たちは休みになる。
まあ間違いなく休みになりそうな天気予報だとは思っていたが、これだけ降っていると思う存分納得(笑。

9時から作業スタートとのことで、8時過ぎに家を出れば間に合うところだったけれど、さすがに今日は判断が早かったエライ人。
7時過ぎには私の元へ中止の電話が来た。



明日と明後日を公休日にしていたので、これでまた3連休確定。




遊んで過ごしてしまうのも勿体無いので、今日はちょいと人助け。
「雨で仕事が休みだったら、実家の手伝いに行こうと思っている」
と前の日にOちゃんが言っていたので、その場合は私も同行することにしていた。

だから結果的には、お誂え向きな雨でしてなー。



親孝行な彼女に付き合って、過去にも何度かお手伝いに行っている。
収穫した作物を出荷するためのお手伝い。
高齢のご両親だけでは手が足らぬ作業なので、農繁期にはお手伝いの人を頼んでおられる。
家族ぐるみのお付き合いだから、このくらいの事は私も引き受けましょう♪ってことでね。


ということで、あのクジャクが放浪していたOちゃん実家へ朝から行く。

茄子1

今朝の雨の中、収穫して来られた露地栽培の茄子。
ツヤツヤ丸々、とても立派!

熊本はこの形の茄子が主流(この品種は「黒船」)で、もっと短い茄子が身近に溢れていた東京育ちの私は、転居してからこうした長茄子が当たり前の環境に出会い驚いた。

今朝は雨でぬかるんだ畦道でお母上が転倒したそうで、体が痛いと困っておられたこともあり、私みたいな者の応援でもかなり歓迎された(笑。

茄子2

エプロンを身につけ、いざ参戦!

茄子3

私たちは濡れた茄子を乾いたタオルで拭き上げ、サイス別に仕分ける。
傷物や曲がり茄子なども同時に選別。

茄子4

そしてご両親がサイズ別に箱詰め作業。
1箱5kg入りの茄子として出荷される。




茄子5

曲がり茄子や傷もの、そしてちょっとした虫食い茄子といった規格外は、我々のお土産になる(笑。
「ヨカしこ持って行きなっせ」(欲しいだけ持って行きなさい)
と言われ、ジャンジャン袋詰めしているOちゃん。



ダンボール箱にゴム印を押すのも手伝って(去年手伝った記憶が蘇り、頼まれる前に動けたワタクシ)箱詰め作業完了~!
「とても早く終わったー」
とお喜びのご両親。

本日出荷する分は、ダンボール箱に67箱あったとさ。

茄子6





まさに旬の味、熊本の長茄子。
我が家ではこれを素揚げにして、生姜醤油で食べるのがお気に入り。
簡単だけどかなりウマイ!
生姜醤油に酢と砂糖、唐辛子や刻みネギ等を加え、中華風のタレを作ってぶっ掛けてもウマイ!

今夜のおかずは中華風ダレのコレだった。
ゴエモンが大好きで、帰省すると必ず一度は、山盛りにして作ったコレを食べて行く。
そう言えばあとひと月であの人の帰省。
また作るからねコレ。




こちらで昼食をごちそうになる。
お母さんごちそうさまでした。
お土産の茄子もありがとうございました。

帰宅してちょっとパソコンを覗いてみようと思ったら、我が家に井戸のポンプ修理の業者さんが来ていた。

21年近く使っている井戸用ポンプが最近不調になっていた。
断末魔の叫びのような音を立てるようになり、水圧も低下。
こいつはヤバいぞと思って先週末に修理を頼んだところ、すぐにこれを見に来てくださった業者殿から、
「こりゃあ、いつ止まってもおかしくない。交換しなきゃダメだよ」
と言われてしまっていた。

突然井戸のポンプが天国へ行き、水が出なくなったりしたらとっても困るので(上水道が引かれていない我が家)、明日と明後日が私の休みであることを伝えておいたのだが、なんと仕事が早い業者殿は、本日もうこの雨の中を来てくれていたのだった。

「えっと…、もしかして今は水が出ない…ですよね?」
「はい、あと1時間半くらいは…」
げげげのげ!
トイレにも行けないではないか。


Oちゃんと私は、工事が済むまで温泉へ行っていることにした。
蒸し暑い納屋で作業していたので、かなり汗をかいていたからね。

やまと1

車で約15分、平山温泉のやまと旅館。
名物の豆腐料理コースを食べに行ったことはあるが、温泉にはまだ行ったことがなかった場所。
公式WEBサイトはこちら。
http://www.yamato-ryokan.jp/


泉質がかなりいいとの噂で、お友達もお気に入り
立ち寄り湯400円。
本館に内湯そして離れになった所に露天があるのだが、我々は内湯へ入る。
露天よりも内湯の方がヌルトロ感があるとの評判を、相方が聞きつけていたためだ。

やまと2

誰もいなくて貸切♪
硫黄臭が少しある。

やまと3

白いものは大きな湯の華。
指でつまみ上げられるほど大きなものが、浴槽の中にいっぱい漂っていた。



うわー!とてもヌルトロ♪
すげー気持ちイイ!!


やまと4

外には檜の浴槽が。
昨日から今日にかけての強風で、色々なものがお湯の中や浴槽の縁に。
落ち葉くらいだったら目を瞑るのだが、
「あのぉ、これってもしかして…」
「あうあう、大きな毛虫の糞だよ…ね?」
見上げると真上に覆い被さっている樹木。

怖いので入るのをやめました(滝汗。




だけど内湯のヌルトロがとにかく嬉しくて、たっぷり入っていた私達。
脱衣所に行っても、
「暑い~!」
を連発する羽目になっちゃった。


離れの露天にも行って涼もうじゃないか。



そこへ行くには一度衣服を着て、玄関から出て移動しなければならない。
だから結局暑い(苦笑。


離れの露天は「男」「女」と暖簾がかかった二つの入り口があるけれど、服を脱いで一歩踏み出せば中は一緒というモノ。
すなわち混浴!




こういうのが大好きっぽい吉備の国のお客人が来ていたらきっと、


[岩陰]_・。) チラッ


( ̄TT ̄)鼻血ブー


になるであろうこと必至。







スネ毛の生えた先客が一人いたようなので、天国気分ににさせてはイカンと、こちらは遠慮しておいた(笑。




実はその露天の奥に、

やまと5

ひっそりと女性専用の小さな露天風呂がある。
なかなか風情のある作りだ。


やまと6

こちらも貸切状態♪

え?
ひとつ上の画像に後ろ姿の人影が?

見えない見えない(笑。
見えたとしたら相方の亡霊(爆。




ここは周囲の半分近くが、壁も何も無い自然と融合しすぎている環境で、

やまと7

目の前に林業の人が来たらどうすんの!?って感じのスリルと開放感。
こちらにも湯の華が沢山見られたよ。
でも脱衣所もお外にあるので、いつの間にか蚊に刺されていたよ(苦笑。





帰宅途中で我が家に来ていた業者さんの車とすれ違う。
あちらも気づかれていた(笑。

井戸ポンプは修理しようにもあまりに古く、業者殿(社長は高校の元PTA会長で、私と一緒にPTA役員をやっていた)が太っ腹で、
「うちにある中古をタダでやるから、工事代だけでOK」
と言い、不調だったものから代替品に交換して下さったのである。
彼は一昨年あたり、風呂のボイラーも中古を譲ってくれて、工事代だけで格安に済ませることが出来た。

帰宅後に水を出してみると、どこにポンプがあるのか気づかぬくらい静かな音でビックリ。
あの断末魔の叫びは何だったんだ?ってくらいに変化したこの環境。
ダンナは風呂に入った後で、
「シャワーの水圧がとても上がっていたぞ!」
と報告していた。
感謝カンゲキ雨嵐。


先日の洗濯機修理の時と言い、今日のポンプの件と言い、持つべきものは親しい工事業者様。
そして美味しい作物を作っておられるお友達のご実家。
明日はOちゃん母上が、お盆だからと(こちらは7月盆)何故かお赤飯を差し入れてくださるとのこと。
普段からお庭で作っている野菜も分けてくださるお母上。
色々な人に助けられ、田舎の人情の厚さに深く感謝する都会生まれのあこちんであった。




励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

07/11のツイートまとめ

uuban_gya

今夜は外メシ。お好み焼き屋なう。
07-11 19:24

職場で3時のおやつ。差し入れの桃まいうー。初物♪
07-11 15:21

嵐になりそうな雲と風。仕事はどうなるやら。
07-11 09:01

初物との出会い

今日の3時のおやつは桃。
お客さんが差し入れしてくださった桃。
職場のあの桃の木の実ではない。
アレは結局十分育たぬうちに、鳥に啄かれて落ちたり、中に大きな虫が入っていたりして(きゃー!)、今年はとても食べられるどころじゃなかった。
そして去年のようにケモノに襲われるような事も起きる前に、成熟しきれずボタボタ落ちてしまった。

マトモな桃を頂くのは今年初めて。
初物だ。





今日はうちのクラブ競技が開催されていた。
年間三大競技のひとつに数えられる、重要な試合なのである。

コースの中にはボールの行方を見定め難いポイントがあって、こうした競技の時はそのポイントへフォアキャディを配置する。

これはコースの前方にいて、ボールの行方を見定めるために配置されているゴルフ場の従業員のこと。
ルールでは、フォア・キャディとはプレー中の球の位置をプレーヤーに支持させるために委員会が配置したものである。
OBかどうか、池に入ったかどうか、ブラインド・ボールで次打者に打っていいかどうかを知らせる役目である。

赤と白、あるは白の代わりに青の旗を持って合図する。


本日この役目だったのがOちゃん。
ティーグラウンドから打ったボールが、池に入ったかどうか見えにくい場所へ配置されて行った。


もう配置場所に着いただろうな~と思っていたら、彼女からメールが来た。
どうしたんだろ?何か忘れ物でもしたのかな?
…と思いつつメールを見る。


Subject:かえるくんと旅をしてきました
本文:マーシャル(注:巡回用のカート)に乗っていたアマガエルがそのままついてきました。
   こいつ超デカイ!!

画像が添えられていた。

シュレーゲルアオガエル1


うぉ!?
カートの手すりに乗っているカエル。
「おいおい、コレはアマガエルじゃないぞ!!」
そう返したワタクシ。

綺麗に撮れているじゃないか、やるねぇ~彼女のらくらくホン!





カエル好きな彼女が新たなカエルとの出会い。
つーか、カエルと一緒に現場まで行くとは、さすがカエルもカエル好きを知っていると見える。





カエルはずっとこのカートに乗っていたと言う。
彼女が役目を終えて戻って来ても、まだカートに乗っていた。

シュレーゲルアオガエル2

カエルの吸盤の力は強し!!

シュレーゲルアオガエル3

こんなツルツルのところにもピタッとくっついているなんて。
だってカートとは言え、20km/h近くで走るものなんだよ。
落ちないんだねぇ。

シュレーゲルアオガエル4


うーん、名前は何だろう?



この後しばらくすると、Oちゃんが悲しそうな顔をして私のところへ来た。
「Aくんが、カエルがいることも知らず、あのカートに乗って出て行っちゃったの。
 バリバリ走って行っちゃったから、カエルくんはもう振り落とされちゃったかも…」
あらまあ。




しかし戻ってきたカートを見ると、件のカエルはまだいた!


シュレーゲルアオガエル5

シートの下の隙間に身を入れ、踏ん張っていたのだ。




Oちゃんの話によると、カートの上でもその位置によって、カエルの体色は微妙に変化したとのこと。
「緑色のところにいる時が、やっぱり一番きれいな緑色になった。
 別のところでは、少し黒っぽくなったりしていたよ」

「連れて帰れば?」
って職場で何度か彼女に声を掛けていた。
「いいわよぉ~、飼えないわよぉ~」
って言っていた。


結局連れて帰らなかったんだけどね。





帰宅後に彼女からすぐメールが来た。

「あいつはたぶん、シュレーゲルアオガエル」
帰宅後に速攻で検索したらしい。
なるほど!それか!!

シュレーゲルアオガエル(リンク先はWikipedia)



「珍しいカエルだったじゃん。
 やっぱり連れて帰れば良かったじゃん」
とメールを送ると、
「いいえ、自由を奪ってはかわいそうですから」
ってさ。


リアルでこのカエルを見たのは初めてだった。
色々な生き物と出会えて、面白いよゴルフ場(笑。





帰宅後に庭にいたワタクシ。
琉球アサガオを這わせているフェンスに、

アブラゼミ

アブラゼミが潜んでいた。

今年初物のアブラゼミ。
羽化して間もないのか、こんなに近くに寄って撮影しても逃げない。
このフェンス、強風に煽られゆらゆらしていたのでピントが合わせにくかったよー。



この後我が家エリアは大雨に。
明日にかけて大荒れの天候とか。

明日は全体目土作業デー。
だけど間違いなく中止の連絡が入るだろう。


そうしたら…私は3連休ですなぁ。
今月は一体有給休暇を何日使うようになるんだろーーーーーー。




今日は選挙でしたね。
そうなんだよ、選挙だったんだよ。
幼なじみが立候補していたよ。


はぁ…。
彼女が国会議員になるのかねー、どうなのかねー。




励みになります

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

蒸し暑いの、駄目だわ。

毎日蒸し暑いっす。
体力使う仕事なので、この蒸し暑さがたまらん。



帰宅して食事作って、洗濯もして、



気がつくと寝ているワタクシ。





この週末は行事が入っていたりして、忙しい我が社。


さすがに体力的にヤバいです。
今日はブログ記事的にはお休みとさせてくだされ。



コメントへのコメントも遅れておりますが、みんな拝見しています。
ありがとうございます、お返しはもうちょっと待ってください。


だらしないヤツですみません。
なんとか週末乗り切れるように、今は体力温存させてくだされ。
スマン。




励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

頑張ったゴエモン

ゴエモンちゃんは、ベスト8だったそうだ。
おかあちゃんが眠くて仕方ない、日付が変わる時刻を挟んで、やっと2通のメールが来た。
試合後は宴会で忙しかったゴエモン。


優勝は厳しいね
新人枠っていっても、
群大会以上の出場経験が無くて2段以下の人だから、
全くの新人ばかりってわけちゃうからね


とのこと。
「群」は「郡」の誤りではない。
管制群の「群」だから。



これでゴエモンの今期の試合すべてが終わった訳ではない。
8月には勤務先じゃなく、一般の県大会出場が決まっている。

まだ左腕ボコボコ生活が続くゴエモン。
とにかく頑張れゴエモン。




励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

07/09のツイートまとめ

uuban_gya

手の平にカワセミを載せるなんて、信じられない出来事。
07-09 09:23

ガラス戸に当たり、脳震盪のカワセミ保護!安静にして復活後、無事飛び立ちました!
07-09 09:19

CALENDER
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR