紫陽花の君

帰宅して色々と家の中に残った用事をこなしていたら、W杯テレビ観戦の夜更かしと未明の雷雨でウトウトしていたせいなのか、夜に入って眠くてたまらぬ。
のんびりしに行ったのに疲れちゃってる?
なんか変ねー。


今朝は起きてまず最初に、部屋の内風呂に入った。

内風呂

大きな窓を開け放っておくと、半露天のような気分になれる内風呂だ。

浴槽の中で感じられる肌触りがトロトロ。
この体感は昨夕入った露天大風呂よりも多く来るなー。
露天もトロっと感じたんだけど、
「平山って、もっと硫黄の匂いとヌルトロじゃなかった?」
「そう、あんまり感じ無いよねここ」
と話していなのだ。

平山でも源泉によって違うんだろうね。




朝食はこんな感じで、

湯の蔵朝食

左の土鍋は湯豆腐。
流行ってるのかな、朝から湯豆腐。
これで3連続朝から湯豆腐なんだわ。
昨年夏の霧島今年春の唐津、そしてここ。
そういえば朝食後のコーヒーってのも同様だ。
私としては夜も食後のコーヒーが欲しいんだけどねぇ。


おかずが豊富な朝食で、ついついご飯がたくさん欲しくなってしまう。
それにしてもエアコン入っていないのね。
食べているうちに暑くなって来ちゃった。
隣で食事している熟年ご夫婦も、暑い暑いと言って汗をかいている。
私達も暑いよ、汗が流れるよ。
「暑いですよね?」
「暑いですね」
と声を掛け合う私達とこのご夫婦。
従業員さんに頼み、エアコンを動かしてもらった。


はぁーーー。
風が来たーーー。
涼しくなったーーー。



汗をかいたので、部屋に戻ったらまたお風呂。
「幸せだねぇ」
と頬が緩む二人。






ここは本館の大浴場→お宿(現在の福亭)→別館(今回泊まった寿亭)を規模を広げて行った宿。
私達が利用した寿亭は、

寿亭看板

丘陵地の斜面を利用し、小道から通じている1棟2部屋割の離れが5棟、計10部屋ある造り。

寿亭受付前

左が上の画像の看板を掲げていた受付や食事処がある建物で、右は宿泊棟。
受付の横には囲炉裏があって、古民家風の雰囲気を盛り上げる。

囲炉裏



私たちは一番奥にある離れだった。
そこへ通じる小道は風情がある。

湯の蔵小道

まさに「世俗と隔離された空間への誘い」という感じで、この「特別な場所へ来たのだ」というイメージたっぷりなところが、泊まりに来る人の心を大いにくすぐるのだろう。
離れ宿に泊まるのは初めてだったけれど、「離れ」と言ういわゆるひとつのステイタスが、こうした小道を通って行くことで一歩一歩盛り上がって行き、部屋に着く頃には単純なこのハートを簡単に射抜くのであった。


紫陽花

ちょうど紫陽花がいい感じで咲いており、

浴衣のキミは番傘

女性客へのサービスで用意されている色浴衣(好きなものを選べる)を着たりして、そして各部屋に用意されている番傘と下駄もこれまた雰囲気を盛り上げてくれるので、Oちゃんだってこのとおり「紫陽花の君」になって風景に溶け込んでしまうのだった。
(褒め過ぎ?)


「静かな離れ」を満喫出来る場所を、実に上手いこと作ったなぁと思った。
平山温泉には数年前までこんな雰囲気の場所がなかった。
(今は「離れ」を持つ宿が他にも出来た)
「山鹿の奥座敷」と言われて来た温泉だが、ここまでやってくれてこそ「奥座敷」だと思う。
平日だったのにこの寿亭は満室であり、人気の高さが伺える。
但し歩くことが苦手な人には、この緩やかで細い坂道は少し辛いかな。
離れへの行き来は、徒歩しか手段がないからねぇ。




Oちゃんを家へ送ってからでも、チェックアウトから30分もしないで自宅に戻れてしまうので、即座に現実に引き戻された(苦笑。
金と暇さえあれば、こんな場所へ何度も来てみたい。
だけど黄金の右手が幸運を引き当ててくれない限り、そんな機会はまず訪れない。


湯の蔵さんには、また立ち寄り湯でお世話になることにしようネ(笑。




しかし!
私にはまだもうひとつ、ここの倍近いお値段の高級離れの宿の宿泊権利が残っておりますぞ。
それを行使するのはいつなのか?
読者の皆さんは、今からそれを推理していてちょ。

またある日突然、
「ここはどこでしょう?」
が始まるかも知れないよ~。




励みになります

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

大雨なんですけどね

未明は結構降ったっすねー。
夢の中で雷雨ゴロゴロ雨ザーザーの音を聞いていた。
でも雷はそれほど近くなかったように思う。


朝食8時からで、離れの部屋から食事処へと移動して行くのだが、傘を差して普通に歩ける程度のシトシト雨になっていた。



10時にお宿をチェックアウトして、Oちゃんを家へ送り私は自宅へ。



12時過ぎには小康状態になっている雨。
朝のうちは大雨洪水警報が出ていたけれど、現在は注意報に切り替わっている。



遠くのお友達から、こちらの大雨を案じて頂いた。
県の南部はひどいようだけど、我が家がある北部の方はそれほど大変なことにはなっていないので、現在のところ日常生活には支障が出ていない状況。


このあと回復傾向になって行くそうな。




明日は延期になった(中止じゃなかったよorz)目土作業なんだってー。
オーマイガッ!!



お宿レポはこのあとまた書き上げます。






励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

06/29のツイートまとめ

uuban_gya

相方はタイ式マッサージを受けに別室行き。
06-29 20:28

豪華な夕食、満足なのじゃ~!
06-29 20:03

夕食いいよー!ローストビーフウマー!
06-29 19:15

平山温泉、湯の藏寿亭なりよ♪
06-29 18:27

石組み内風呂付き、静かな離れなり(嬉。
06-29 18:25

今から温泉宿へGO!
06-29 16:54

祝・まさきゆか師匠 ブログ開設♪http://ameblo.jp/yukamasaki1005/
06-29 13:27

長い長いブログ記事になった…orz
06-29 12:25

新しいパソコンも手に入れちゃったので、夜更かしして研究してる。
06-29 03:39

温泉宿でゆっくりしてます

春に私が引き当てた「平山温泉旅館ご利用券 30,000円」を使う日が来た。

お宝チケット


今宵はこのお宿「湯の蔵」の離れ「寿亭」に泊まる。

宿FIX

自宅から車で15分程度。
立ち寄り湯には何度か来たことがあるお宿。


小道

木々に囲まれたとても落ち着きのある離れで、人気が高いこともわかる気がする。

高取



詳細は帰宅後に詳しく書こうと思うが、

内風呂

私達は石組みの内風呂(勿論24時間掛け流し温泉)がある部屋なのだけど、

露天1

泊まり客専用の露天風呂に入ってから夕食の時間を迎えることにした。

露天2

いいお湯だねー。
そしてちょうど他に誰も入って来なくて、貸切状態になり贅沢~♪




食事処での夕食。

夕食1

美味しかったよー、色々と。


夕食2

中でもローストビーフが柔らかくて絶品だった。


そして部屋に戻ったのだが、とても静かで寛いでいる。


Oちゃんは別棟のエステルームにある、バリニーズマッサージへ出掛けた。
45分コースを終えて帰って来た彼女の感想は、
「気持よかった。
 でもあの2倍くらいやって欲しかった。
 だけど足裏の凝りは消えた気がする~」
と言っている。


部屋でサッカーW敗W杯(ヤモリさんにご指摘コメを頂戴し、あとから訂正したが、自分でも笑える変換ミスなので完全には消さないでおこう)を見始めた頃には、彼女は眠りに就いていた。




では私も寝るとしよう。
明日は部屋で朝風呂しちゃおうっと。




励みになります

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

ゆかさん、リンク追加しましたよ

私の師匠・まさきゆか氏が、アナログ人間を自称するあのゆかさんが、遂にブログデビューを果たしたそうな。


ゆかさんblog

夕焼け空が恋しくて
http://ameblo.jp/yukamasaki1005/

左のリンクに追加しました。
どうぞご愛顧よろしくね。

テレビ東京で毎週日曜日18:30~O.Aされている「トコトンハテナ」のナレーター。
熊本出身のフリーアナウンサー。
私のアナウンスの師匠。
そして我が家で過ごしていた猫「ひめ」の元母。
ゴエモンがまだ幼い頃から、いち早く「目をつけていた」先見の明がある(?)お方。
ゴエモンとは先年お江戸でデートを果たした。



私と同じくMacユーザーさん。
しかし自称アナログ人間。
そんなゆかさんのブログ開設、誠におめでとうございます。
記事をアップするにもアップアップしているご様子かも。
最初はトコトンハテナな状況だろうが、あなたが「やるときゃやる!」なのを、知っている人は知っている。
トコトン極める意気込みで頑張ってくだしゃんせ。



励みになります

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

06/28のツイートまとめ

uuban_gya

(≧∀≦)お父上、爆笑させていただきました!
06-28 17:13

クジャクの捜索番組始まるよ~
06-28 16:47

データ通信端末買っちゃった~♪
06-28 16:45

降って来たなぁ。風も出て来た~。ちょっとdocomoショップへ行ってこようっと♪
06-28 12:05

雨で仕事キャンセルになり、出勤途中で引き返すorz
06-28 09:37

あこちんの長い一日とクジャクさん捜索のオチ

アップが遅くなりまして。
一日の中で、とても色々なことがありましてな。

あ、PC版でご覧の方はお気づきでしょうが、Twitterを始めてみましたのさ。
o2てんちょが言うんだもん。
「Twitterやってくださいよぉ、絶対に面白いと思うし、
 絶対に私はフォローするからぁ」
「私は仕事している時はあんまりケータイ触れないし、
 出掛けている時は車を運転していることの方が多いから、
 あんまりつぶやきを書き込むことが出来ないと思うよ」
そう言って良い返事はしなかったんだけど、モノは試しだし手を染めてみるかな?との気になって、とりあえず始めて見ることにした。

しかしo2てんちょ、月曜日は定休日でどっか出かけていると思われ。
気づいていないのか、フォローしていないし(苦笑。
(火曜日の朝になってもまだだった)

ま、このブログにしても「ものろーぐ」だしね。
つぶやき場所を増やしたところで、それがどうした?って感じもあるけどね。
とりあえずやってみますわ。



さてまずは朝、家を出る時に雨は降っていなかった。
「あーあ、目土したくねぇよぉ~」
と後ろ向きな気持ちで家を出るワタクシ。
蒸し暑い中での作業を好む者は稀である。
それに何日も雨模様が続いており、目土用に野積みされている砂は、たっぷりと水分を含んでいて重い。
この気候の中で一日中アレを扱っていたら、腕が疲れまくることも体が疲弊することも確実。

そしてもしも途中で雨が降り出したら、中途半端な仕事で切り上げられてしまうことも考えられる。
そんな帰り方をするくらいだったら、最初から休みにしてもらったほうがヨカですばい!

天気予報は良くない。
でも今朝は家を出る前に中止の連絡は来なかった。


仕方なく家を出た。


家を出て最初の信号機と2番目の信号機の間を、愛車で行く私の携帯が鳴った。
おおっ!?


上司からの電話キタ━(゚∀゚)━!

「もう家を出ていますよね…?」
「ええ、少し走っていますね」
「えーと…」
「はい、中止なんですね?」
「はい、そうです…」
「了解しました、戻ります」

v( ̄Д ̄)v イエーイ


もー、この段階で中止だったら、昨日のうちに判断してよエライ人。
(`皿´)ムッキー!!


エネルギーを発散するところがなく、帰宅して玄関の前で庭の写真なんか撮ってみるワタクシ。

バラ、咲いてます

(手前から)デンティべス、クイン・エリザベス、アンジェラ。
桃色系3姉妹開花中。




今日が休みだったら、私はやりたいことがあった。



欲張りだと思うのだが、データ通信用の携帯端末が欲しかったのだ。
出先でまでパソコン弄るなよ~…と言われてしまいそうだけど、私なりの事情でそれもまた欲が出るのだ。
仕事に行っていても、
「昼休みにパソコンが使えたらなぁ…」
と思うことがしばしばある。
田舎暮らしなので、無線LANスポットは地元にないようなもの。
そして泊まりがけの旅をすることもあるが、宿泊先によってはLANが備わっていないところもまだまだ多い。
この点では料理や温泉が人気の名門宿では期待できぬことが殆どで、格安で泊まれるビジネス宿の方がずっと充実している。



docomoユーザーである私。
パソコンはMac一途で来ているけれど、iPhoneには手を出さない。
何故ならば、うちの職場はSoftBankの受信状態が非常に悪いから。
クラブハウスの中にいると、圏外になってしまうらしい。
そんな状況では使いものにならない。


docomoのデータ通信用携帯端末機器は、目下キャンペーン期間中であり、型落ち商品は新規契約だと本体無料になるとの情報がある。
まあ推察するに、あんまり売れていないのかも知れないな。
勿論入手後はデータ通信用プランの契約が必要で、その利用料の負担することになるんだけど、本体がタダで手に入るんだったら良いではないか。

しかもdocomoショップへ電話で問い合わせてみると、
「キャンペーン期間中でして、無料でパソコンも付いて来ます」
と言うではないか。


ああ、あの小さなパソコンね。
ネットブックとか呼ばれている、10.1インチモニターの小さなものね。


端末機器だけでなく、パソコンまで無料でもらえるんだったら、私としては「買い」である。
但しネットブックのほうはWindowsマシンになるけれど、ネットに繋げればそれでいいんだもん。
普段持ち歩くのに、大事なメインマシンのMacBook Proは持ち歩きたくないから、それで代用出来れば御の字よ。



docomoのデータ通信用携帯端末機器を入手する目的で家を出た。
しかしdocomoショップへ向かう前に、ちょっと考えた。
「大型家電量販店では、どのようになっているだろう?」


ゴエモンの同級生ナカハラくんがいる、いつもの大型家電量販店へ先に向かうことにした。




ナカハラくんが対応してくれて判明した事実。
こちらでもdocomoのデータ通信用携帯端末機器は、新規契約だと本体無料。
docomoショップが無料で出しているネットブックは、OSがWindows XPの2世代前くらいの機種。
ナカハラくんがいる店では、docomoのデータ通信用携帯端末機器を新規契約すると、Windows 7搭載の最新ネットブック機種が、31,500円引きで購入出来る。

「一番安いのでよかったら、31,800円ですよ。
 ご負担は300円だけどそんな金額も何だから、
 31,500円でお出ししちゃいましょう!
 5年間長期保証に入るのだったら、これの5%(1,575円)加算です」


私はそれでイイ!!


ナカハラくんは色々と手を尽くしてくれた。
実はこの安い機種のネットブックは、本日在庫がないと言う。

「それじゃダメなの、今日明日のうちに欲しいの!」
店頭に1台だけ置かれている。
「これでもいいよ!」
「これ、端末を買うお客さんが結構見に来られるんで…、ここに置かないと…」
「すぐまた仕入れたらいいじゃん」
「これ、まだ新しいんですよ。ほら」
あちこちにビニール巻かれたままで、ピカピカしている。
「いいって、コレで」
「うーん、じゃあ出しましょう!」

そして彼の尽力のお陰で、結局長期保証に加入しても、私が手出しする金額は380円で済むことになった。
持つべきものは仲良し家電店員さん、そして買い物上手なワタクシ。

「店頭に置いていたんで、一応リカバリーしてからお渡ししますね」
2時間ほど待つことになり、一旦家へ戻る。



この時まだ、雨は降り出していなかった。

どんより空

鈍色の空は今にも降り出しそうな気配だけど、私がいる場所は時々日が差していた。
画面中央の先は、職場がある方角だ。
あっちはもう降っているのかな。
でもこの程度の天候で午前中キープ出来たんだから、
「目土作業ができたかも~」
って悔いているかも職場の上層部。





そしてやっと手に入ったネットブックとデータ通信用携帯端末機器。

窓パソと端末

FRONTIERのネットブックFRNU307とdobomoのL-05A。

窓パソ

あこちん初の窓パソ。
私もこれで両刀使いを自称できることになったどー。


これでも画面はLEDバックライト。

窓パソスペック

まあタダだもの、ネットを利用するだけだもの、このスペックでも構わぬよ。
LANを繋いでブラウザを利用してみたが、まあこんなものだろう。
MacBook Proよりはさすがに遅いよね。
画面が小さいから使いにくいし(苦笑。


L-05AはUSBポートからこうして接続する。

L-05A


まだこの窓パソにはセットアップしておらぬ。
MacBook Proにはセットアップし、通信テストも完了した。
これで明日の外出先でもOKなのさ!!!







さあ今日は、あのクジャクさんの番組放送日だよ!!



放送のきっかけとなった情報提供者のOちゃんは、気の毒なことに本日唯一人出勤だった。
仕事の帰りに我が家へ立ち寄り、一緒にこの番組をチェック。
実家の父上はどんな姿で現れるのか?


番組1

キタ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ――♪


番組2

Oちゃんが出演を拒んだので、父上がケータイでクジャクさんの画像を撮った設定になっていた。

番組3


「テレビに出るんだから、少しは気を使ったものを着るかなと思ったけど…」
「普段のまんまやん!!」

番組4

「ここにおりました」
「じゃあ、お父さん、ちょっとそこに立っていただきましょ」


足元は素足にビニール草履で、マジで普段のまんま。
そしてクジャクの被り物までしているし、もう爆笑の連続で見ている我々。

番組5

娘はずっと手で顔を覆って、指の間から画面を見てそして笑いながらとても恥ずかしがっていた。
気がつけば、ちゃっかりクンの銀之丞が、彼女の膝の上にどえ~ん。


番組6

クジャクを見かけたOちゃん実家の周囲。
のどかです、田舎です。



「あんなボケボケの写真1枚が、
 こーんなに大きな話になっちゃうなんて!」
とOちゃんはものすごく面白がり、そして少し呆れつつも感心していた。

クジャク捜索は市役所の支所でもロケを敢行し、オフトーク放送で町内に情報提供を求めた。
すぐに数件の目撃情報がもたらされ、職員も一緒に(「クジャク担当係長」と呼ばれていた人は「私のひとつ年下、地元の人!」とOちゃんこれも大笑い)その現地視察に行き、目撃情報があった場所では熊本市動植物園の協力を得て録音してきたインドクジャクの鳴き声を流して誘ってみるなどなど、かなり手を広げたもので、番組と情報のダブル身内である私が見ても、相当気合の入った面白い内容になっていた。
担当ディレクターえびすさん、やるぅ!!



果たしてこのクジャクさん、どこから来たのか…。




実はこの一帯から小さな丘を一つ越えた隣の市で民間人が飼育していたものが逃げ出し、1週間ほどOちゃん実家方面を徘徊していたのだとロケ中に判明!
取材班はその家へ行き、舞い戻っていたクジャクさんとの対面を果たしたのであった!!


…というのがこの話のオチ。


いや、ホントに面白かった。
録画しているこれをダンナも見て、地元には顧客も多いダンナは、
「あ!これ◯◯さんだ!」
「××のところじゃないか!」
などと興味深げであり、そして内容もかなり面白いと評価していた。


小さなネタでも、大きな話になるんだよ。
ローカル番組だからこそ、こんなことが出来るだよねぇ。


え?このブログもそうだって?
小さな話を大きくしてるって?




言えてるよ。
今日の記事はメチャ長かったでんなー。
お付き合いくださってありがとさんですぅー。




明日は温泉♪
どんな料理が出て来るかな~♪♪
泊まった先でパソコンいじくると、きっとOちゃんは怒る。
でも私はやる!
せっかく買ったんだもん、使うわよアレ。





励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

梅雨はキライです

すっごく蒸し暑い一日。

梅雨空1

厚い雨雲が次々と流れ込み、突然激しい雨が降り出すかと思えば、

梅雨空2

青空が見えてきて日差しが差し込み、蒸し暑さに拍車をかけるような空模様。


お客さんとコースに出ていたが、雨具を着たり脱いだり忙しく、走れば汗をかきまくる。
いやぁ、バテますなぁ。




梅雨前線は対馬海峡付近で停滞しているそうで、我が職場から空を見ていると、北の方角に厚い雨雲が多く広がり、南の方角に青空が多く見えてきたりしている。
上の画像はまさにそんな感じで、1枚目が北の方角2枚目が南の方角を写している。


ちょうど肥後と筑後の県境にあたる山地へと続く土地なので、
「暖かく湿った空気が南から流れ込み、雨雲が発達するでしょう」
という条件を備えたお山を背後に控えているようなものである。

周囲の空で流れている雨雲を見ていると、まさにそんな様子がリアルで観察できるのだった。



当然本日のワタクシは濡れまくり。
リニューアルしたばかりの髪も、誠に良く濡れて乱れまくった。




10年振り以上でパーマをかけた訳だが、
「あら、全然短くなっていないじゃない。
 普段、寝癖なんかで乱れた感じとあまり変わらなくて、
 自然な感じなのね、いいんじゃない」
と相方O嬢は言った。

あれは寝癖なんかではない。
私なりに朝から洗った髪をドライヤーで立てたり流したりしていたのじゃ!
せっかく思い切って髪型を変えたんだから、褒めているのかスルーしているのかワカラン言い方じゃなくて、もっと本人が喜びそうなコメントしてくれよ。
ムキー!!


「あれ?前髪切った?」
「切っただけじゃないよ」
「巻いて来た?」
「パーマかけたんだよっ!
 こんな雨が降る事が分かりきった日に、
 わざわざ朝から髪を巻いてくるほどお人好しじゃないし、
 早出なんだから今朝のあたしゃヒマじゃないよ!」
「そうかぁ、パーマかけたんだァ。
 なんか違うなぁって、朝から気づいていたんだけどさ」
これまた頓珍漢な感想を述べてくれたのは、朝から何度か顔を合わせていたみっちょ課長。


でもまぁ、指をさして笑う人はいなかったの。
笑うようだったら首を締めてやるつもりでいたわよ。



明日も雨の予報が出ているけれど、目土作業のスケジュールである。
ねぇ、やめようよ目土。
休みにしようよー。

朝からザンザン降りだったらそうなるんだろうけれど、降らなかったら出ていかねばならぬ。
午後からは雷雨なんて言われているのに、目土なんてあんまりだろー。

梅雨時はやる気が出なくてイカンのぅ。



ま、天候次第では昼で終わりだな。
そして火曜日と水曜日はお休みだしな。

いよいよ今週のお休みを利用して「黄金の右手」でゲットした平山温泉宿泊券を使って来るのだ。
「どんな料理が出てくるんだろ~♪」
 地元の食材に拘った創作料理だって~♪」
Oちゃんがとても期待している。
「平山温泉だったら、タケノコと馬刺しじゃね?
 あとは菜の花米だな」
夢をぶち壊すワタクシ。

各部屋に露天か内湯で温泉が引かれている、24時間温泉三昧可能な離れ風のお宿。
「じゃらん」で九州の温泉人気投票2位になったこともある平山温泉。
その中でも女性客には特に人気があるお宿。
週末の予約は取りにくくなっているらしい。
いよいよそれを体験できる。


まあそれを思いながら、明日のイヤーーーーーーーな目土作業へ渋々出て行くとするか。
汗まみれになること確実。
頑張るわよ。




励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

踏ん切って、吹っ切って

良く降る雨だねぇ。

雨1

昨日よりも強く降るし、視界は悪くなるし、

雨2

結局土曜日なのに、お客さんの組数が一桁になっちゃうし。
会社的には厳しいねコレ。


10時の段階で半分のキャディさんは帰らされているし、我々も早く終わりそうなことは確定的。
厨房も暇そうで、シェフ・マツナガが、
「昨日は食べに来なかったんだね?」
って来てほしそうな顔をして声を掛けて来た。

「昨日はお客さんが多い時間帯に食事時間が来ちゃったから、
 そこへ行ったら悪いと思って遠慮ししたんだよ」
「こぎゃーん雨だと、お客の減り方を読むのが難しいから、
 厨房も仕込みの目処を立てるのに、何かと苦労が多いんだよなぁ」

暇そうなのでOちゃんと馬カレーを食べに行ってあげよう。
6月からスタートした新メニュー馬カレー、彼女は初体験。

馬カレー

今日はスペシャルサタデー(特別料金設定日)なので、食事代金もお安くなっており、従業員価格は370円と激安。

「なかなか美味しい!」
とOちゃんも認めるうまさ。
そういえば先日発売されたゴルフ雑誌に、うちの馬カレーが紹介されていた。
全国規模の雑誌の載るなんて珍しいことだ。


食べるものは食べたし仕事はないし(苦笑)、14時で仕事が終わってしまった。
こんな土曜日は年に一度有るか無いかだ。
そのくらいどう仕様も無い雨が降っている本日。
帰ろ帰ろ。
帰って好きなことしよう。



帰宅した私が目にしたものは、

出窓

出窓で外を凝視する銀之丞。

おっ!もしかして居るのかい?





黒猫1

居たど~!!
カエルだかバッタだか、何か動くものを見つけ戯れている黒色野良子猫。
ついにこの子も画像を確保した。

昨日のキジトラなど、他の子猫の姿は見えない。
黒猫は少なくとももう1匹いることは見届けているんだけどな。



やがて廃墟のほうへ移動する子猫。



黒猫3

家の中からの視線をしっかり意識している。
出窓からは、銀之丞と富久娘おばちゃんが見つめているし、私もブラインドの隙間からカメラを構えている。
しばし立ち止まってこちらを凝視。

黒猫2

でもあまり慌てる様子も見せなかった。




やっぱりまだ小さいなぁ。
2ヶ月にはなっていない感じがする。
どうやらこの雨を、柴犬の犬小屋廃墟で凌いでいるように思われるなぁ。
他の猫もこの中にいるのかなぁ?

マジで何を食べているんだろ。
餌を与えてみようかどうしようか、迷っているワタクシ…。
まだ踏み出せず。






折角早く帰る事が出来たので、伸びすぎて辛抱出来なくなった髪を切りに行く決意が固まった。


いつも行くお店は忙しそうな気配なので、予約を入れてから…と思い電話を入れると、ちょうど立て込んでいる様子だった。
しばらく自宅で待機し、先方から連絡を頂いた上で出向く。
それでも店に行ったらまだお待ちのお客さんが多く、これでは終業が遅くなるだろうなぁ…と、申し訳ない気持ちになる。


o2

私にしては、今回はかなり思い切った決断。
10年振りとは言わないくらいの久々で、パーマを掛けることにした!!

何だかねぇ、レングスだけは伸ばすだけ伸ばして来ているから、飽きも来るし重くもなるし。
蒸し暑くなって来たから、軽やかにしたいと思えて来ちゃったんだわ。
ストレートでずっと過ごして来たから、そろそろ髪を切ろうと思い始めた頃からかなり迷ったよ。
このままストレートでアレンジしようか、それとも思い切ってウエーブを加えるか。

気分を変えると言うか取り組み方を変えると言うか、大袈裟な言い方になるけれど人生の中では愚図愚図しないで踏ん切りも必要になる時がある。



踏ん切りました。
あたしゃこう見えても、結構「わさもん」なのさ。
(熊本弁で「新しもの好き」の意)
いわゆる「今風のふんわりパーマ」にしておくれ!




でも軽くウエーブを加える程度だよ。
あんまりきつくすると、思いっきりオバちゃん入っちゃうからね(苦笑。

仕上がりには満足しているッス!
てんちょ、そしてスタッフの皆さん、遅くまでありがとね。
ラストの客になっちゃって、疲れていたのにごめんね。
とことんカウンセリングしてくれて、とてもありがたく思っています。
ワガママなリクエストへ、見事に答えてくれて感謝です。




家路を急いでいたら、田んぼの中を突っ切る道路で、前を行く車が急に路肩へ車を寄せて止まった。
ここは狭いのに、どうしてこんなところで止まるんだよぉ!…と思ったら、その車のすぐ横に1匹の子猫。
ちょうど我が家に来ている子猫くらいの大きさで、まだ小さい子。
雨が降りしきっているのに、一番近い民家からは300mくらい離れているのに、どうしてこんなところに!?


子猫が濡れながら歩いているのを見て、私は一瞬躊躇った。
ところが車の人はヘッドライトを消して、車から降りようとしているみたいだ。


この雨の中を、わざわざ外へ出ようとするこのドライバーさん。
その様子を見て私は自分の迷いを吹っ切り、この方が優しい人であることを祈りながら、その横をゆっっくりと通過させてもらうことにした。


さまよう子猫が増加している時期なのねぇ…。
それなのにまだまだ雨予報が続いているよ。


明日の仕事もどうなることやら。


  本日のBGM 髪を切る日/槇原敬之



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

クジャクさん放送告知と初スーツのゴエモン

一日中雨だ。
お客さんが減り、まったりし過ぎるほどになった。

雨


明日の予約も減り続けているようだ。
週末も雨予報になっているので、この先数日は雨と上手く付き合いながら過ごしていくしかないな。



火の国在住の良い子のみんな、Oちゃん実家父上も出演の、あのクジャクさん企画コーナー放送のお知らせだよ!
28日(月)16:45~の番組内で放送だ。
17時前後のコーナーになるのかな?
早くおうちに帰ってチェックしようね。
帰れない人は録画だよ!
火の国以外のお友達は、近い親戚遠い親戚を頼りまくって、何とか録画を頼んでみよう~(笑。

どの番組だよ!?
と言われるだろうから、遠慮がちにサムネイルで画像表示(PC限定?。

番組告知

クリックすると大きくなるから(これもPC限定?)、赤線を引いたところを確認してね。
この週末はこの局の放送の中で、何度か番宣が流れるよ~。
(o2店長、情報コメントありがとね)

あのクジャクはどうしてあんなところに現れたのか!?
その謎が解けるかもよ~。





仕事を終えて買い物に出たら、店の中で近所のクミちゃんに会った。
ワンコを散歩させていた、あのクミちゃんだ。
「あ!会えた!」
えっ?
何か私に会いたかったことでも?
「あとで町内会の年会費を集金に行くつもりでおったとよ~」
と言うクミちゃん。
なんだ…そんなことか…(苦笑。
今払おうか?
「今は領収書を持っとらんタイ(笑」
そっか、じゃあとで家に来てね。


クミちゃんの家には生き物大好きな小学生の娘ちゃんがいるので、野良子猫情報を何か知っているかも知れないと思っていた。
「ねえ、野良子猫の話を聞いたことがない?
 見かけたことはない?」
と尋ねてみた。
「知らんねぇ。
 うちの子、そんなの見たら絶対に教えるけんねー。
 帰ってから尋ねておくね!」




帰宅後に夕食の準備をしていた私の元へ、集金に来たクミちゃん。
「やっぱり娘も知らんげな」

そうか…。
クミちゃんの家は私の家の2軒隣なんだけど、子猫はそっちまで行っていないようだ。
「娘ちゃんに、見かけたら連れて帰るように言っておきなよ」
「言わなくても連れて帰りそう…」
と言って笑っていた。




雨の中、子猫たちは何処にいるのかなぁ。
あの廃墟の中で過ごしているんだろうか。

「何を食っているんだろうな?」
とダンナが言っていた。
そうなんだよね、何を食べているんだろう。
あの大きさからしたら、もう離乳しているよ。
親の姿は確認していないから、餌がどうなっているのか気になるよね…。



そのダンナの話。
「今日職場に、退職した中学校の先生が来てさ」
ダンナは小さな旅行代理店のヒト。
「俺が名刺出したら、
 『◯◯くんのお父さんですか!?』
 って言うのよ」
すぐにわかったのか。
「顔がそっくりだからわかったって」
ええ~!?
似てねぇよ~。

ゴエモンは誰に似ているのか、よくわかんない顔をしている。

「すごく褒めていたよ、あいつのこと」
あの中学校の先生で、彼のことを悪く言う人はいないと思う。
あの頃の彼は、作文のコンクール荒らしで、自由研究出せば県展まで行く人で、生徒会役員で剣道強くて、合唱では全国大会に連れていってもらい、とにかく光っていた…。

「まあ親の前で子供を悪くは言わないだろうけどさ…」
だろうけど、悪く言われる要素が余り無いもん、当時の彼は。




そう言えばゴエモン、今日辺りアレだよなぁ…。

ふと思い出したが、昨晩というか今日未明にサッカーを見続けていた私は、食事を終えると爆睡してしまっていた。
寝ている間にゴエモンからメールが来ていた。

スーツ

ゴエモン初スーツ!
今月の給料の半分以上ををつぎ込み、遂にスーツを買ったゴエモン。
今日がその受取りだった。

成人式は郷里に帰らず、職場がある自治体で仲間等と制服姿の成人式。
まだスーツを手に入れるきっかけがなかったゴエモン。

しかし一応かしこまっったジャケットは持っている彼だけど、職場の歓送迎会では基本的にスーツで出席だったりするし、
「便乗と言って、民間機のコックピットに同乗し、
 操縦士の仕事を見学する研修があるんだけど、
 (社会人の社会科見学ね)
 民間機に乗り込む時は、制服じゃなくてスーツ着用なのよ」
と話しており、そろそろ買わねばならぬ頃合いになって来たらしい。

ちなみに戦闘機や輸送機の『便乗』もあるんだと。
ヒコーキ大好きなゴエモンは、この『便乗』をとても楽しみにしている。
そりゃそうだ。
なかなか経験できないことだもの。


『2着目1,000円』な大型店で買ったそうで、夏と冬両方のスーツを手に入れた。
どちらも黒なんだって。
おかあちゃんはどちらか片方くらい3つボタンにしてほしかったが、夏冬共に2つボタンのスーツにしている。



ネクタイは私がソウルの免税店で買って来たもの。
成人式お祝いのつもりで贈った。

ネクタイ

ゴエモンが好きなブランドPaul Smithの、ちょっと渋派手なネクタイ。
臙脂というか濃いピンクというか、この色だったら何にでも合いそうだったから選んだ。




やっと社会人ぽくなった感じ。
「スーツを着て帰省してよ」
と言ったが、
「いやよ!!」
と拒まれた。

スーツのゴエモン、ナマで見たかったけどなぁ。

このスーツ姿を見ても、やっぱりダンナには似ていない。
でも見る人が見ると、似ていると言われるのかも知れぬ。





ああー。
明日は雨で、堕落した雰囲気の職場になりそうだー。
仕事が終わるのも、そんなに遅くならないだろう。

早く終わったら、髪でも切りに行こうかな…。
だいぶ長くなっちゃって、かなりウザウザになって来ている。
近年では今が一番長い。
o2店長、今日の夕方って忙しそう?

なぜか夏になる頃合いに、髪の長さが最たるものになってしまう事が多いワタクシ。
イメチェンしたいけど、結局出来ない小心者。





励みになります

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

撮ったどー!

仕事を終え家に帰って、しばらく草むしりをしていた。
雨が振り続けるお陰で、薔薇を植え込んだところの雑草が、かなりの勢いで生えてしまう。
薔薇を植えつけるときに施した元肥も、雑草にとって栄養分になっているみたいだ。

パッシーノ

パッシーノ。
薔薇を育て始めた当初、県農業公園のバラまつりに行った時にバラ苗を買い求めていたら、一緒に出かけていたゴエモン(確か当時は高校に入るか入らないかくらいの年頃)が、
「僕も選んでいい?」
と興味深げに苗売り場を見つめていたので、
「うん、いいよ。好きなものを選んでいいよ」
と告げて選んでもらったのがコレだった。
小さな一重の赤い花。
大きいものでは申し訳ないと思って、あまり高価ではない小さなこの苗を、彼は謙虚な気持ちで選んだのだろう。
我が家にあるバラの中では、最古参の仲間であり、心の中では「◯◯(ゴエモンの本名)のパッシーノ」と名づけ、彼の分身のように思いながら育てている。

矮性のもので、地を這うような感じになって育つ。
健壮な種類であり、鉢植えの時も細々と頑張っていたパッシーノだが、地植えにしたらとても元気づいた。
背の高い鉢に植えて、溢れ返るように枝を伸ばしてやったらいい感じになりそうだが、このままグランドカバーみたいにして育てて行こう。




草むしりをしている私の横で、

ぺたんこラブちゃん

ラブちゃんがヒラメのようにぺたんこになり、
「ふにゅむむむ・・・」
などと甘えた声で呟きながら、
「アタシを散歩に連れていってくれないのぉ?」
みたいな感じで私を見つめていた。




草むしりをしながらも、私はポケットの中にデジカメを忍ばせていた。
そう、あの廃墟で物音がしないかどうか、聞き耳を立てて草をむしっていたのだ。
またあの子猫たちが来ているかもしれない。
もしもいたら、画像を確保しなくては。



小さな物音がした。
いる!
いる筈だ!!



すぐにそちらへ移動したワタクシ。



中に黒猫がいて、アタマだけチョコンと出してこちらを見ていた。


「おいで、おいで。チッチッチッ」
声を出して呼んでみたが、黒猫は隠れてしまった。
人馴れしていないんだな。
飼い猫経験はないのだろうか。

でも隠れたって諦めないぞ。
柴犬の犬小屋廃墟へ向かって突進。
カメラを構えるワタクシ。


あらぁ!!!!




黒だけじゃなくて、キジトラの子猫まで1匹いるぅ~!(苦笑。
うちの寅蔵みたいな柄の子猫だ。


この子は黒猫よりも少し鈍臭いみたいで、モタモタと移動していた。
黒猫は機敏に藪の中へ身を隠してしまったが、キジトラちゃんは私からも見える場所をヨチヨチと移動しながら、それでも何とかこのピンチを切り抜けようとしていた。


廃墟の中は不用品の物置状態なので、猫がいるところへ容易に近づけない。
何とか画像だけは確保しようと思って、キジトラちゃんへカメラを向ける。



キジトラ1

撮れた!!

隣の家との境にある石垣に、よいしょよいしょと登って行くキジトラちゃん。
拡大すると、

キジトラ2

こんな状態。


黒2匹とキジトラ1匹。
これで3匹確認したことになる。

このままでは…との気持ちもある。
保護してあげたほうが良いんじゃないか。
だけど3匹とも我が家で育てるわけにも行かないんだよなぁ…。

隣家の方へ逃げ込んだところを見ると、この子たちはそれなりに行動範囲を広げているのだろうし、もしかしたら生まれ故郷は隣家の敷地内かも知れない。
隣家が野良猫の世話をしているかどうかは知らない。
以前この隣家では野良猫に餌を与えていたりした。
だけどその行為が近隣とトラブルにもなったこともあって、何かとあまりご近所とはうまくいっていないご家庭である。

その頃隣家が面倒を見ていた野良猫が、我が家の車庫で出産してしまった。
「ありゃ!子猫が生まれている!」
生まれて間もない3匹の子猫を見つけ、その目の前でどうしようかと考えていたら、親猫は子猫をくわえて引越しを始めた。
そして隣家の納屋方向へと歩き出した。
そうか、ここは諦めたのか。
だったら最初からあちらで産めばよかったじゃないのよ…と苦笑したが、親猫は子猫くわえて3往復したのだろう、子猫は全て我が家の車庫からいなくなっていた。




でも今日見かけた子猫を呼んでも逃げたところを見ると、やはり人には慣れていない野良親から生まれ野良親に育てられた野良子猫なのだろう。

どうしたらいいだろうねぇ、この子達。




画層は撮れたが、この後のことを考えてちょっと狼狽えているワタクシ。
うーーーーーーーーん。
ポリ…σ(-''-;)






励みになります。


追記:日本サッカーチーム、決勝トーナメント進出決定おめ!!
   夜中に起き出して、試合を全部見届けちゃったよ。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

気になる気になる

本日のランチは職場のレストランから。

馬肉の煮込み

馬肉の煮込み定食、従業員価格は370円。
火の国名物:馬の肉のメニューが常に幾つかある我が社のレストラン。
煮込み系はカロリー低めだからと、割と良くこうしたものを注文するワタクシ。

しかしうちの厨房さん、味付けがいささか濃いよね?と言うのが、私たちの間での定説。
この味噌煮込みは、その定説をさらに補強するほど濃く、そして唐辛子入りでピリ辛。
煮詰められていることもあるんだろうが、そもそもぶち込んでいる味噌が多いと思われ。
こりゃぁ、ご飯をたっぷり食べながらじゃないと、おかずが余ってしまうわよ。

同じものを注文して私と一緒に食べていたOちゃんも、
「ご飯を追加したいくらいだわ…」
と苦笑している。

これさぁ、お客さんはきっとタレを残すだろ。

貧乏性な我々はタレを残せない…。
いや、無理しないで残せばいいって話なんだろうけれど…。


「ご飯、貰って来る!」
と意を決したOちゃん。
そんじゃ、私の分も貰って来てくれ~!


いつもより5割増しのご飯を食べる事になり、うーーーーー、苦しい!!
カロリー低めだからとか言いつつ、これじゃ何にもならんがな。




食いしん坊だと、こんなことでも苦心する。





食いしん坊と言えば、今の時期にとても気になっているのがコレ。


桃の木

職場の片隅に植えられた桃の木。
6/5に撮影した様子がこの木の画像と、

桃の実1

まだ青かった桃の実。



今年は遅霜の影響があったと思う。
実つきが悪い。

そして天候がイマイチなのか、昨年とはだいぶ色づき方が異なる。
本日の様子がこちら。

桃の実1

昨年の同時期のことを思うと、色づき方がまだまだ。

桃の実2

数が少ない上に育ちが良くない。



桃が大好きなOちゃんは、私を助手にして果実の摘果や枝の剪定まで密かに取り組み、職場の誰よりも世話をしているのよ!という痕跡をしっかりと残しつつ、この桃の実が熟す日を心待ちにしているのだ。



ブログを長く読んでいる人ならば、この桃の木のことを覚えている人は覚えている。

桃1

昨年6/19撮影画像

昨年は桃の実に袋掛けまでして(袋はOちゃんが自腹で購入)、熟すのを楽しみにしていた私とOちゃん。
その時の記事がこちら。
「誰のものかと言えば、それはワカランが。」
昨年はこの時既に、かなり赤く色づいていた。


ところがその5日後、悲しいお知らせが飛び込んで来たのだ。

落ち桃2

無残にも袋ごとちぎられて、地に落ちた桃の実。

落ち桃1

まだ若くて細いこの木は、斜めに傾いてしまっていた。
(上記二つの画像提供:みっちょ課長)
その時の記事がこちら。
「お宝、襲撃さる!」


カラスの仕業か?と考えたが、木の傾き方を思うとカラスではないような。
最近では職場の桃の木ファンの間で、
「イノシシかサルか、若しくはアナグマ」
が犯人だとの説が浮上している。


今年も被害を受けるかも知れない。
まずは袋かけをしなくては!…と考えているが、片付け上手なOちゃんが、自宅で保管している筈の、あの昨年買った袋の残りを見つけられずにいるまま何日も経過中。

本日ヒマを持て余していた誰かが、職場で新聞紙で袋を作っていたのを発見。
ああ、私とOちゃん以外の桃の木ファンも、あの数が少ない実を狙っているのね…。



「ちょこっと虫が食っていたから、採って来た!」
とOちゃん、1個採って来てそこに居合わせた人々へ切り分けてくれた。
アンタ何処に行っていたかと思ったら、そんなことしていたのか!
(本日はとてもヒマだった)

とは言っても栄養不足の実なので大きさ自体が小さく、ビリヤードの球くらいしかないから、食べられたのはほんのひと口だけ。
うっすらと甘さはあったけれど、桃の実と呼ぶにはまだまだ…な風味だ。
今年は無理かもなぁ、おいしい桃にならないかもなぁ。



今年はこの後どんな展開を見せるのか。
気になる桃の木、気になる桃の実。







自宅に帰り、家の中で私が昨日の魚の残りと格闘していると、出窓のところで猫たちが何かを凝視。

「何かいるの?」
と私も一緒に覗いてみると、なんと庭の片隅に黒い子猫!!
まだ生後1ヶ月くらいの大きさ。

庭の片隅には我が家で柴犬を飼育していた名残の犬小屋の廃墟がある。
今は不用品の物置と化している。
その前に子猫がいたのだ。

ところが1匹だけじゃなく、その廃墟の中からもう1匹同じ姿の黒い子猫が出て来たではないか!!

「写真~!!」
とデジカメを取りに行って戻ったら、ほんの僅かな間だったのにもう藪の中に消えていた。


外へ出て確かめてみたが、もう物音もしない。
どこに隠れてしまったのだろう?


そういえば車で戻ってきた時に、車庫の隣のこの廃墟から、ゴトゴトカタンと物音がしたのだ。
「野良猫でも居るのかな?」
と思って様子をチラと見たけれど、何も見えずその後は物音もしなかった。

庭や車庫には時々野良猫が来る。
そのこと自体は珍しくない。
だから物音が聞こえた時も、そんなに気にしなかった。
だけど子猫だなんて、知らなかったぞー!
知っていたらもっと探したぞー!!


廃墟で産んだんだろうか?
あそこは雨露を十分に凌ぐことができる。
中に置かれている犬小屋で、野良猫が寝ているのを見たこともある。

でも車庫には毎日のように足を運ぶ私だけれど、子猫の鳴き声は全く聞いたことがない。
だとしたら誰かこの家に捨てに来た?
家の前を通る人の中には、我が家の窓際に何匹かの猫が佇んだり寝転んだりしている姿が知られているようで、
「猫、沢山いるんですね」
と言われた事もあるし、小学生が、
「今日は猫がおらんねぇー」
と言いながら歩いているのも見かけた。
猫好きな一家と思われて、誰か捨てに来たのかなぁ??



気になるなぁ、子猫のことが気になるなぁ。



早めに帰宅したダンナがラブちゃんの散歩に出ようとしたので、この子猫のことを話すと、
「ラブを連れて、覗きに行ってみる」
と言う。
そして、
「いたぞ!黒い影が走って行ったぞ!」

ラブちゃんはポケーとしていたが、ダンナは少し興奮していた。



気になるなぁ、あの子猫はどこから来たのかなぁ。
親猫はいないのなかぁ。


今後も監視を続けてみるわ。






励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

マダコとヒラメのリレー釣り

私は三度の飯より釣りが好きだ。
もしもtoto BIGで6億円が当たったら、暖かくて毎日釣りが出来る、そんな土地に移住して悠々自適の生活を送る…と言う夢を描いている。


だから釣りに行く時は、早起きも苦にならない。
しかも今日も一人で釣りに行く。
相方Oちゃんも誘ったが、
「今週の休みは一日しかないから、体力的に無理!」
と早起きで出かける釣りへの同行を拒否されてしまった。


家を出たのは3:15。
ちょっと走ってすぐにコンビニに立ち寄り、そこで買い込んだ「メガシャキ」を一気に飲み干して、九州自動車道に入り南へ走る。
あれれー、途中から雨になって来たぞー。
天草は大丈夫なのかなぁ?


約束の時間5:00ピッタリに、いつもの港・野釜港(上天草市大矢野町)に到着。
私がWEBサイトの管理をしている釣り船「勝盛丸」の船頭・高嶋さんが、既に船の上で待っていてくれた。
WEBサイトの取材を兼ねつつ、そのWEBサイト管理の謝礼代わりに、時々こうしてタダで釣りをさせてもらっている幸せなワタクシ。
ちなみに仕立て船(船頭さんが釣ったものもお土産で釣り人が貰える)のヒラメや真鯛釣り料金は、二人まで22,000円、一人増すごとに4,000円…もするんだど!
いくら釣り好きな私でも、自腹ではそう頻繁に船に乗る事は難しいッス。

ここでは雨は降っていない。
この後も降ってくれるなよ~。



さあさあ、お楽しみの釣りだよ~♪

天使の梯子

海上はベタ凪で、雲間から差し込む「天使の梯子」の中に、何艘もの釣り船が浮かぶ。


まずは湯島と野釜島の間でマダコ釣り。
マダコ釣りの餌は、

マダコ仕掛け

マダコの切り身です、マダコ共食い(爆。


「マダコは食べ物が無か時は、自分の足ば食べるとですよ」
と船頭さんが真顔で言われるくらい、マジで良い餌らしいんですな。
マダコの足を2本分切り身にして、テンヤに細いワイヤーで縛り付けてある。
これを何度も放り込む。
餌の付け替えをしなくていいから、マダコ釣りは楽チンなのさ~。

私はこの船頭さんの船で、マダコ釣りに鮫の切り身を用いたこともある。
それでもちゃんと釣れた。
鶏のササミを使う人もいるそうだ。
ゴム製の蟹が付いたテンヤ仕掛けが市販されており、私もこれで波止場からの投げ釣りをしてマダコを釣り上げた事が何度もあるが、船頭さん曰く、
「あれはずっと使っていると、マダコが飽きてしまうとですよ」
とのことで、船ではもっぱら生身の餌を使う。


水深30m前後の海底へ仕掛けを落とし、船をゆっくり流しながら仕掛けにマダコが抱きつくのを待つ。
マダコが掛かると、もたぁ~っと重くなるのでわかるよ。

この船で用意してくださっている仕掛けは、マダコもヒラメも真鯛もカサゴも、みーんな「手釣り」の仕掛け。
道糸で手を傷つけぬよう、ゴルフ用グローブを用いているワタクシ。
(実はお客さんの忘れ物処分品を、職場から貰い受けているので費用はゼロ)


小マダコ

私が本日最初に釣り上げたマダコ。
でも小さいよー、手のひらで包み込めてしまうサイズだよー。
きっと親が海中で「うちの子は何処行った!?」と騒いでいるよー。


撮影ばかりしていると釣りにならぬ。
釣らせてくんろ。




湯島沖からポイントを移動し、

島原沖

島原沖(長崎県島原半島南側)へ。
中央の山は、雲に西側半分が隠れている雲仙普賢岳。
ここでもしばらくマダコを狙い、その後島原沖でヒラメ釣りへチェンジ!
今日はマダコとヒラメのリレー釣り。
贅沢な遊びだわ~。



ヒラメの餌になる活きイワシ。

活きイワシ

弱らせないように気をつけて仕掛けに付ける。

ヒラメ仕掛け

イワシの泳がせ釣りでヒラメ狙い。





釣れました~♪
なかなか調子良いのよ、今日のワタクシ。

ヒラメ

でもまだ小さい、もっと大きいのを釣りたいねー。




撮影ばかりしていては、釣りが出来ぬ!
取材用の画像は確保出来たし、存分に釣らせてくれ。







ゆらりふらりとヒラメを釣っていたら、1羽の水鳥が船のすぐ近くに舞い降りて来た。

水鳥1


これを見た船頭さんが、釣りに用いてくたばったイワシをポイ!と水鳥の前に放り出してやった。
すると水鳥は足を掻き掻きしてイワシの方へ近寄り、水中へユラユラと落ちて行くイワシ目がけて、プクンと潜って追い掛ける。


水鳥2

見事にイワシGET~~~~!!

アグアグアグ…とこれを食べていた。
この鳥には少しイワシが大きいのか、食べにくそうに見えたなぁ。

ハシボソミズナギドリかな?(リンク先:Wikipedia「ハシボソミズナギドリ」)
船頭さんからイワシを3匹も貰った水鳥くんであった。




11時近くになると、潮が止まって、当たりが遠のいてしまった。
しかし、
「昼近くに潮が良くなるとですよ~!」
と船頭さんは言い、まだ釣り続けると言う。
5:30になる前から13:30過ぎまで、8時間以上も海上で粘っていた我々。



本当に昼過ぎからまた当たりが出始めた。
ヒラメも釣れたし、オコゼ(唐揚げにすると美味!)も釣れた。

しかしどこかでキリをつけねば。
「あと1回船を流して終りにしましょう」
と船頭さんから声が出て…、


マゴチ

しっかりそのラストで60cm近いマゴチを釣り上げてしまっているワタクシ!!
大物クラスに入るこいつは、釣り上げるまでに引きを楽しんだ~。


生簀の中に本日の獲物たち。

獲物1

びよーんと泳いでいるマダコは本日の最大サイズで、1kg用の秤では計測出来なかった大物級。





港に戻り、生簀から引き上げた獲物を活き締め。

獲物2

マダコ次々にシメられている。
この大きいのは間違いなく、今夜の我が家で刺身になるぞ。




本日の収穫ご披露!!


獲物3


二人でこれだけ釣れたらまあまあでしょうな。
船頭さん側にも少し受け取って頂き、我が家にもお土産が十分確保出来た。
今日はねぇ、実はマダコはあまり沢山は釣れなかったのよぉ。





…そして帰宅し、急いでブログ記事を書いている。
この後直ちに刺身を作り始めるワタクシ。

釣りは好きだし、魚もさばける。
だけど釣りから帰って来るといつも、自分の代わりに魚をさばいてくれる人が、一家に一人欲しいと思うのであった。
とほほのほ。


でも今日の釣りは結果が伴っており、私としては満足しているワン!




励みになります

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

タケコプター

昨日のお客さん、やっぱり今日もやって来た~。
今日は雨具を着る必要がなく、ちょっと助かったな…。


あ、そうそう。
ご指名料が入るんですわ(笑。
微々たるものだけど、お客さんから指名料を取ってるのだ。




この人達との仕事が終わったら、あとはかなりヒマでね…。
玄関番をしながら、眠くて困った(苦笑。
眠気覚ましに玄関の前をウロウロと歩き回る。

モミジの種

タケコプターみたいなモミジの種がだいぶ育っていた。
面白い形を考えたもんだよね神様は。





さて明日は一人で釣りに行って来る。
船頭さんからお招き受けて、いつもの船で天草の海に出る。
狙うのはマダコとヒラメだ。

朝のうちはマダコを狙い、その後ヒラメを狙って移動する。

釣れるかなぁ?
早起きしなきゃ。

雨が降るかもとの予報。
風さえでなければ良いのだけど…。


頑張って来るね!!





励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

山の中

雨だ雨だ~、日曜日なのに良く降る雨だ~。
組数減るぞ~、梅雨だから仕方ないけどね~。


しかしこんな悪天候の中でも、頑張り屋さんは来る。
私は関門海峡の向こうからはるばるお越しになった、やる気満々な6人グループのお客さんが相手で、

雨でも仕事

本降りになった雨の中でもコース内を駆けまわって全身びしょ濡れ。
勿論雨具を着ているけれど、十分役に立っている訳ではない。
ダンナが修理してくれたお陰で、洗濯機が復活してくれた大助かりだわぁ。


このお客さん、今夜は近くの温泉旅館に泊まり、明日はまた比較的近くにある別なコースでプレイする予定だと言う。
しかし途中から話が変わって来た。

「あそこのコース、キャディがいないんだって」
「キャディがいた方が良いよな」
「明日もまたここに来ようか」
「そうだな、予約変更してここに来ようよ」
「キャディさん、指名するから明日もお願いね!」


ええっ!?
明日もでっか!?


明日は片手でも余るような悲惨な予約状況だったので、お気楽な仕事、あわ良くばまた早く帰れるラッキーな日(雨の日だとやる気なし)になるか、もしかしたら「お休みください」になると思っていたワタクシ。
ご指名とあらば拒めぬ。
ラウンドが早く終わったとしても、拘束時間の規定上、それだと夕方まで帰れぬ。


嬉しいような悲しいような…。
たはは…。





何日も雨がジャカスカ降るので、コース内は水が浮いている場所も多い。
こんなふうに雨が多い時期には、アイツがわんさかとコース内へ顔を出す様になる。


シーボルトミミズ1

いた!

シーボルトミミズ。
こちらでは山ミミズなどとも呼ばれる。
以前書いたことがあるけれど、東京からこっちへ来て市房ダムの湖畔で初めて出会い、蛇かと思ってびっくり仰天しちゃった大きなミミズ。
この青い色がとてもミミズだとは思えない。

でもルアー釣りをするようになって、ソフトルアー(ワーム)の売り場に行くと、こんなカラーのこんな形に近いソフトルアーが売られていることを知る。
こいつを捕獲してそのまま生き餌として用いたら、良い釣果が得られるんだろうか?と考えたりして。


デカイんだからホントに。

シーボルトミミズ2

缶コーヒーと比べてもこんなにデカイ!!
これがミミズだなんて、都会の人よ信じられる?
東日本にもいないらしいから、見たことない人だとホントに驚くよ。
まだ遭遇したこともない立場だったら、これが突然目の前に現れた時の驚きったらそりゃぁもう…。


シーボルトミミズは名前の通り、シーボルトが発見したことに由来する名前。
これがイノシシの大好物であるために、コース内の地面をイノシシが掘り返して食料探しをするから困っちゃうのだ。


山には色々な生き物がいるからねぇ。
新たな発見、新たな驚きが今でも沢山ありますなぁ。




あ!!
そう言えば、山里で発見されたあのクジャクさんの話。

クジャク3


地元の新聞社支局へ問い合わせてみようと思っていたが、良く考えてみたら、私ってばその新聞社とは他系列のローカル局の情報ワイド番組関係者ではないか(苦笑。

その番組のうちの地区担当ディレクターえびすさんへ、このクジャクさんの話を持ち込んでみた。
「珍事でしょ?」
って。
ショートコーナーで扱えませんかね?ってつもりだったんだけど、
「スタッフで相談した結果、面白いので企画コーナーで扱うことにしました!」
との返事が帰って来たではないか。


ありゃりゃ!


地元の役場へ局から問い合わせたところ、目撃情報が役場にも寄せられており、まだここ数日の間もこの一帯にいるとのこと。
職員が現地へ赴き、綺麗な画像も確保していると言うではないか。


地元で人気のタレントがレポーターになり、現地へロケに来るそうな。
我が家で「イガグリを剥いて食べちゃう犬・ポジくん」(その現場に関する日記)のロケをした(ロケの日の日記)、あれと同じレポーター。
そう、あの企画コーナー。


Oちゃんの実家父上と、画像撮影者であるOちゃんに出演依頼があった。
しかしOちゃんは、
「絶対にイヤ!」
と頑なに拒否。
だけどお父上は取材と出演依頼を快諾してくださった。


今週半ばにロケである。
ロケ中にもしもクジャクが発見されたら大成功!!と言う企画なのだろう。

見つかるだろうかクジャクさん。
ちょっと面白そうだね。


ディレクターが役場から聞き込んだ話では、
「つがいでいる訳でもなく、繁殖の可能性もないし、
 今のところ被害が出ている訳でもないので、
 駆除の予定はありません」
とのこと。

でももしかしたらそのうち、農作物を失敬するようになるかも知れない。
そんなことになったら、クジャクさんのお気楽生活が危ぶまれる。



そもそも「そこに居るはずのない生き物」なのだから、今後のクジャクさんの様子が気になるねぇ。
地元の皆さんは、Oちゃん父上も出演しそうなその放送をお楽しみに!!






励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

やれば出来る!

昨夜突然全自動洗濯機が突然故障した訳で。
慌てましたね、焦りましたね。

1回目のすすぎを終え、2回目のすすぎが始まろうとしたところで、洗濯槽の中に水が溜まらなくなった。
給水はジャンジャン行われているのだが、それがみんな排水されてしまっている。

とにかくこの洗濯槽の中身は出して、修理出来るようにしなくては。
すすぎが完全に終わっていなかった洗濯物は、
「1回すすいであるんだし、まあいいか…」
と脱水をかけて干しちゃった。


洗濯物取り出して最初から試してみたところ、これもやはり駄目だった。
水は溜まってくれず、垂れ流し状態になってしまう。


そんな大事態が、夜中の3時頃発生していた我が家。
私が夕食後にうたた寝をしてしまい、目が覚めてから慌てて洗濯を始めたところ、こんな事態になってしまったのだ。



不幸中の幸いで、ダンナが休みで在宅。
私は早朝から出勤するため、
「朝イチで電気屋さんに連絡して、修理を依頼してね」
とダンナに頼んで家を出た。


ダンナには仲の良い電気屋さんがいる。
個人経営の街の電気屋さんのオーナーで、ダンナと同い年だった筈。
工事関係では格安のご配慮をしてくださるので、ここにお願いすることが多い。

4年前に私の寝室のエアコンを買い換えた時も、この方に取り付けをお願いした。

  工事依頼のやりとり記事
  と
  工事をした日の汗水記事

エアコンの本体はヤフオクから安く買い入れ、工事だけ依頼すると言うのも相手に対してナニだけど、見積もり20,000円という話が、依頼したいのは我が家だと分かったら、
「それじゃぁ10,000円で良いよ」
と言ってくれた電気屋さん。
財政難の我が家としては、出来るだけ安く上がるべく苦心しているからねぇ、助かったわ。

但し工事にはお一人でやって来て、8月半ばの猛暑の中、私が手伝って取り外しと取付工事…って言う、
「安くするためには、依頼主は汗水流せ」
な工事になった。
安いのにはワケがある、そんなお友達:電気屋のアダチさん。




古い型番の洗濯機だから、部品が手に入らないかも知れない…と私は心配していた。
職場でOちゃんにこの話をすると、
「何年使った?」
「10年以上なのは確実、15年近いかも」
「じゃあ、もう部品は無理かもね…」
と冷静なコメントを貰う。


土曜日はいつも朝刊に、家電量販店の大きな折り込みチラシが入って来る。
私は朝からそれを眺めていた。
「安いものでも、7.0kg洗いで40,000円弱…」
直らなかったとしたら買い替えだから、これは頭が痛い話だよ。





出勤して1時間ちょっと経過し、気がつくとダンナからケータイへ着信。
ダンナが電話口の向こうで喘ぎながら話している。


「アダチさんから電話で教えてもらって、俺が直しているんだよ!
 懐中電灯はどこにあるの!?」

えええええ~!?

どうやらすぐには我が家へ来ることが出来なさそうなアダチさん。
だからダンナへ指示を出したみたい。


普段は我が家のD.I.Y関係も、そして家電製品の配線関係も、ダンナは無頓着である。
蛍光灯を替えてくれることだって珍事だ。

テレビが我が家に運び込まれたって、設置するのは私が担当している。
昨年のプラズマテレビも、基本的な設置は業者がして行ったが、オーディオ関係との接続は私が一人でやった。
そうそう、屋内LANの配線も、ダンナは一切出番なし。
私とゴエモンで作業して完成させたんだよね。

一応電気関係の勉強をして来たダンナ。
それでもいまだに、DVDの録画方法さえ知らない。
いや、再生したことすらない。

そんなダンナが、洗濯機の修理とは!!!
我が家の歴史に残る、非常に珍しい事態へと発展しているのだった。


「部品交換とかしなくていいの?」
「どっか詰まっているからだってよ。洗濯機の中を見ているんだよ」


懐中電灯の置き場所もダンナは知らない。
電話で教えるのが難しいなぁ。
私もあんまり覚えていないんだもの。

「もういいよ!」

ダンナは苛立ちながらプリプリして電話を切った。



大丈夫かね…。




気になるけれど、私はその後仕事が立て込み、午後まで電話さえも出来なかった。




やっと仕事が一段落したワタクシ。
ちょうどダンナから電話が来た。

「洗濯機は直ったよ!」

すっげぇ!!

「でも今度は庭の草刈していたら、
 ボイラーから出ている電気コードを切っちゃったんだよ」

バカじゃん…。
それ、リモコンのコードだと思う。

「ニッパーはどこにあるの!?」

またかよ…。
物置の中に工具箱があるよ。

「ニッパー、入っていないぞ」

じゃあカッターでも代わりに使いなよ。





ダンナにとって、大変な一日になっている様子。






仕事に出ている私が気を揉んだところで、ダンナを遠隔操作するのは困難だ。
帰宅するまで、もうこのままでいようっと。





帰宅すると、ダンナは物も言いたくないという表情でぐったりしていた。
ご機嫌取りで缶ビールを買って帰っていたワタクシ、それを目の前に出すとダンナの表情が変わった。
単純すぎる人…。
そしてダンナ対策をちゃんと身につけているワタクシ。


洗濯機は、排水弁か排水コックの関係(ダンナには説明不可能)に、何か異物が詰まっていたらしい。
「洗濯機を前に倒して、背中から中を見て、それを取り除いた」
とのことだ。

「小石か何か、2個ぐらい出て来たな」
なるほど。
「また戻して動作確認したり、それを何度も繰り返してさ。
 洗濯機、重たいんだよ、大変なんだよ」
重いよ、それは知っているよ。
排水が詰まった時、私が洗濯機をどかして処置したもん。
「アダチさんの指示でやったけど、何度かは駄目だった。
 だけどその後直って、試運転を2回したけど大丈夫だったぞ」

洗濯機の中には、洗濯フルコースを2回も施された洗濯物が、脱水を終えシワシワになって張り付いていた。
がっくし・・・。


でも頑張ったねぇ、やれば出来るねぇ。
電話で指示されながら洗濯機の手術しちゃうなんて、まるで「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命」で、黒田医師に指示受けながら現場でオペしちゃう藍沢耕作(フライトドクター候補生:山下智久) みたいじゃん!!
(≧∀≦)


「アダチさんと電話して、電話代2,000円使ったよ!」
とダンナがプリプリしている。

それで済むなら安いよ。
WEBでこの手の家電修理の見積もりを調べたら、5,000円が相場のようだった。
電話代2,000円と缶ビール2本だもん、安く済んだよ。



買い替えなくて済んだッス。
アダチさんありがとう、そしてダンナよやれば出来る。
今後も出来るだけ、我が家のために貢献してくれる人になってくれ。


「切断しちゃった電気コードは、
 中を見たら色の違うコードが7本も入っていてさ!」
ありゃ、それは多い。
ボイラーのリモコンのコードでしょ、だから多いんだよ。
「うん、試してみたらやっぱりスイッチ入らなかった。
 繋ぎ直すのに手間がかかったの何のって」

それは自業自得。
用心して草刈り作業をしないからだよ~。

樹木だけだなく、電気コードまで「うっかり切る」ダンナ。
次は何を切ってくれるのか…。





励みになります(ダンナの?)

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

想定内と想定外

雨が降り出しそうな空模様になっていた昨日の夕方。
翌日の仕事が気になって、職場へ電話を入れた。

「空模様が心配なんですけど、明日の出勤は…?」
「うーん、まだ中止の決定が出ていないんですよねぇ」

出勤だって。
「8時出勤で、8時半から目土作業ってことで…」
予定どおりの出勤だって。
そう、明日は目土作業の予定である。


雨予報なのに。
しかもジャンジャン降るって言っているよ。
そんな中で目土だなんて、普通に考えるとあり得ないのになぁ…。


お客さんの予約だって凄く少なかった。
もしも目土が中止になったら、おそらく私やOちゃんは出勤しなくて良いと言われる気配だ。
だからわざわざ電話を入れたのに、中止だとは決まっていないんだって。




決断遅いんじゃないの?







今朝7時過ぎ、電話が来た。
発信相手を見たら上司ドノ。


中止決定、今日はお休みくださいとのお電話内容。


ほら見た事か!!








家を出る支度を始める少し前だった。
天候を考えれば想定内の展開だけど、転がり込んだようなお休み。
これで結局3.5連休になった。




ひどく降ると予報が出ているので、外出せずに家で過ごしていよう。

雨だけど

だけどそんなに激しく降っていた訳ではない。




先日私から、アマガエルさんを虐待しないようにと釘を刺されたダンナ。
玄関を通った時にアマガエルさんがいると、
「カエルいるよ」
とわざわざ教えてくれるようになった(笑。

今朝もダンナが、
「ポストの上にいるよ」
と報告。


どれどれ?


アマガエル1

あの子かなぁ?
あの子よりも少し体の厚みが薄いように感じる。

アマガエル2

思いっきり迷彩柄。



毎日いる訳ではなくなっているが、アマガエルさんはやぱりポスト周辺によく佇んでいる。
あの子がずっといるとわかれば、それはそれでかなり親しみが湧いて嬉しいことだけど、他のカエルだとしても、この場所が彼らにとって安息の地と思われていることもまた嬉しい。

アマガエルにも縄張りってあるんでしょうかね?





雨が続くと、庭の水やりが省略されて助かる。


玄関のすぐ脇に植えた、蔓薔薇のアンジェラさん。
移植した当初は、こんな感じだった(一番手前)。

庭7

下のほうは葉が落ち、花芽も乏しいもので、全体的にヒョロッとした感じ。
しかし現在のアンジェラさんは、

アンジェラ1

下のほうに新芽がグングン伸びて来ているし、上も下も花芽がニョキニョキ!
四季咲きだから2番目の花に当たる。
とても元気づいており、蔓薔薇らしく成長してくれることに期待がかかる。


アンジェラ2

かわいいよねぇアンジェラ。
好きだわぁ。



今年の植木市で買い、お庭改造時に移植したヒメシャラは元気でいる。

ヒメシャラ

小さな花を咲かせているところだ。




雨降りだけど、こんな感じで庭に出て撮影できる余裕もあり。
他県の方から「大丈夫?」ってご心配をいただいたが、こちらは大事に至っておりませなんだ。


しかしまだ梅雨は始まったばかり。
このまま平穏に終わるとは思っていない。




庭の散水は手間が省けていいんだけど、梅雨時は洗濯物が乾きにくくて困るわね。


などと思いながら、blogを書いているワタクシ。
同時に洗濯も進行中。


ところが何かおかしい。
かなり時間が経過しているのに、まだ洗濯が終わっていない。


洗濯機の様子を見に行ったら、


Σ(_□_;)ii サカサガビーン!!


水が溜まらなくなっているではないか。
故障したぁぁぁぁぁぁぁ!!!



これはかなりショックな出来事。
困ったぞ、マジで困るぞ。

確かにかなり購入から経過している全自動洗濯機。
故障してもおかしくないかも。
だけど修理出来るのかな?
「もう古くて無理です」
などと言われたら困っちゃう。
その時は買い替えも止む無しだけど、何せまだ給料日前だよ。
我が家のピンチ!!



幸いにもダンナが休みで家にいるそうだ。
とりあえず明日、修理に来てもらえるようにしよう。
どうか即日直ってくれますように…。




洗濯機が壊れるとは、想定外の展開だった。
洗いかけの洗濯物がある。
…ああ困るわねぇ…。





励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

涼しいところへ行きたいの

暑い。
昨日よりもさらに蒸し暑く、昨日よりもさらに早い時間からエアコンをつけないと、とてもじゃないけれど家の中にもいられない。
今日も30度を超えた火の国地方。


涼しいところに行きた~~~~~~~い!!






ってことで、涼しいところを目指すことにした。










阿蘇五岳


阿蘇五岳を一望にした、私の大好きな眺め。
車の外に出ると、
「ねえ、エアコン入れている車の中よりも涼しいよぉ!」
ってくらいに快適。



涼しいところ=高いところ。
お山の方へ逃げこむのが一番よね!





車を駆使して、かなりの距離をうろついた。






山川温泉露天風呂1

こーんな事もして来た!!




どこの濁り湯!?と気になるアナタは、【More・・・】から、さあどうぞ~。
(って、PC版だけなのかな?携帯版はそのまま続けて表示されちゃうんだっけ?)


続きを読む

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

いざ人柱

我が家のあのささやかな期待、ブルーベリーの果実。

ブルーベリー

きっとそのうち、野鳥に狙われるに違いない。
自家製ジャムをご馳走してくださる南阿蘇のペンションに泊まったとき、敷地を囲む立派なブルーベリーの植え込みを眺めていたら、オーナーさんが隣に立って、
「ちょうど食べごろになるのを、野鳥は知っているんですよねぇ」
とおっしゃる。
「ほら、そう言っているうちにヒヨドリが…」
「ああ、採って行った~!」
てな光景を目の当たりにしていた。


何年か前にも、我が家では鉢植えのブルーベリーを育てたことがある。
この画像よりも大きな苗で、背丈は1m近かった。
つまり大きいってことはそれなりのお値段の苗で、投資=期待の度合いを示している。


その時の我が家は、ニワトリの一家を半放し飼いにしており、♂のイサムと3羽の奥さんたちが庭を闊歩していた。
雑草や害虫を食べてくれるのは良かったのだが、そう、ご想像の通り、コイツらがブルーベリーも食べてしまった。
それも自分の背丈よりも高い所に付いているまだ青い実だって、飛び上がって平気で食べているところを見かけてしまったワタクシ。
気がついたらとっくに、実は全く残っていないと言う状態になっていたのだ。

もー、ガックリ。
貪欲なニワトリのお陰で、ブルーベリーが完熟するタイミングは、結局我が家では確かめることが出来なくなってしまったのである。

この調子で、まだ植えてから間もなかったさくらんぼの苗木も、このニワトリたちに丸裸にされていた。


失意のブルーベリーは、家族から関心を持たれなくなり、その年の夏に水やり不足からか枯れた。
嗚呼、投資が無駄に…。



それからかなりの歳月が経って、昨年再び買う気になったブルーベリー。
赤い花だと言うのが気に入って買い求め、今度は水やりの失敗もしないようにと大事に育てて来た。
小さな鉢に入れているからなのか、木の成長は遅いけれど、今年は実らしい実が育つところまで漕ぎ着けることが出来た。



ニワトリは既にいない我が家だけれど、田舎にある家なので野鳥の楽園だ。
マジで玉ねぎ用のネットでも被せようかと、私は思案している。





今日は我が家で髪を染める予定だったので、Oちゃんが昼前にやって来た。

「ブルーベリーなんだけどさぁ」
「え?もう食べられる?」
「食べごろのタイミングがわからなくてさ」
「もうそれっぽい色になっているのもあるよね?」
「うん、良い色をしているものを採って来てみてよ」
「了解!」

ブルーベリー

彼女は色づき加減を見て、その中から2粒採って来た。
「右のは結構良いみたいよ~。
 左はまだちょっと早いのかなぁ?」


「好きだけどアレルギーがあるから避けている柿」を除いては、とにかく果物大好き人間な彼女。
さあ、昨日書いたように、人柱になって頂こう。
( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ


彼女が「良いみたいよ~」と言った粒は、触れると少し柔らかさがある。
「もう一つは、まだそれほど柔らかくない…。
 あなた、酸っぱいものは苦手だから、柔らかくなっているほうを食べなよ」
と私へ差し出す彼女。
「え?私も食べるの!?」

人柱は彼女だけで良かったのだが…。



おや、それほど酸っぱくない。
だけど甘みもまだ少ない。

「固い方は酸っぱい~!」
と顔をしかめているOちゃん。


そうか、なるほど。
柔らかさが十分出るまで待つべきなのだな。

人柱様のお陰で、ブルーベリーとの付き合い方が少しわかった。
今後はこの実の収穫増強を視野に入れ、もう一つ手に入れるとか、そんな事も考えてみようと思っている。
自家受粉が苦手なので、種類の違うブルーベリーを植えると、実つきが良くなるって聞いたことがある。
ブルーベリーは、目に良いって言うじゃない。
老眼が気になるお年ごろですもん。
視力が生命のお仕事ですもん。



とか言いながら、髪を染める用事が済むと、すぐにパソコンの前に座ってしまうワタクシ。
視力のことは考えているようないないような…。


あー。

フクさん

パソコンの椅子、富久娘さんが爆睡して占領中。
この夏で12歳を迎えるが、生まれて間もない頃にやって来た当時そのままの、甘えん坊なところがまだまだ多く残っており、我が家で一番毛深いので夏は暑苦しくて困りものになる、抱っこ大好きなニャンコ。
但しダンナには抱っこされに行こうともしない、人を見る眼があるフクちゃん。
男性が嫌いなのかと言うと、ゴエモンの事は好き。
やっぱり人を見る眼がある。


椅子の上から追い払われても、私がパソコンの前に座っていると、そのデスクの奥で寝ていたりして、要するに私の側が好きみたい。



さて、明日も休みだよ。
この辺りの予想最高気温は34度だって!!

今日も昼近くには、エアコンつけなきゃ家の中にいられなかった。

うー。
涼しいところへ逃げ出したいねぇ…。





励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

願い通じる

私の願いが天の神様に通じた。
いや願いというか、やる気の無さが通じた。


そもそも組数が少ないと言う話で、普段よりも30分遅い出勤で良かった。
そこへ朝から降り出した雨のおかげで、予約のキャンセルがちょっと入り、なーーーーーーんと!ひと桁の組数になっちゃってさー。

「もう私たち、昼で帰って良くね?」
「うん、よさげだね…」
よっしゃぁ!!

私とOちゃんは、12時までで仕事が切り上げられることになった。



ルンルンルン♪
じゃあそれまで、排水口の掃除でもしてあげよう。
臭いんだよな、でも辛抱するとしよう。



ところが。




掃除を終えても、その12時までの間が持たない。
排水口に溜まった水のドブ臭さが、なんだか衣類にまとわりついているようで、早くこれを脱ぎたいよ。



「ねえ、11時でも良くね?」
「うん、そんな感じだねぇ…」
うっしゃぁ!!

(≧∀≦)11時で終わっちゃった!
勤務時間2時間半。
午後からを有給休暇扱いで帰っちゃう。




臭いのが気になるので、帰りにランチという案も却下し、速攻で帰宅する。





帰宅して私が思いっきり昼寝したのは言うまでもない。
ああ、幸せ。

目覚めたときは夕方で、一瞬訳がわからなかった。
「え?今何時?どうしてここにいるの?」

ひどい人ですワタクシって。




気を取り直して、雨が上がった庭に出る。



庭に植えてあげた花屋の売れ残り、あの200円の薔薇。

200円

いまだに名前を調べていないので「200エン」と呼ばれているが、次々と花を咲かせてとっても元気。
しかも元の株の背丈を優に超える新芽(シュート)が2本も伸びており、この先どんな株になっちゃうのよ?と期待大。


鉢植えの小さなブルーベリー。
花は赤花で珍しい子だが、熟し始めた実は普通の色合いだよ。

ブルーベリー

食べられるようになるのはいつ頃?
鳥さんに食べられてしまわないようにしなきゃ…って、ネットでもかけておかないと危険?
食べごろサインが分からない。
まだ酸っぱいの?もう甘いの?
人柱になりそうな候補…Oちゃんかな?

明日食べさせよう。




玄関前の樽の植え込みも元気だねー。

植え込み

今年は「サンパチェンス」(白花)を植えてみた。
ブルーサルビアは去年の株の生き残りだが、すっごく元気で驚くよ。
そしてtoshiちゃんが誕生日に贈ってくれたサフィニアも次々に花を咲かせ、マジで去年までの我が家とはかなり違う~(苦笑。




さあ明日と明後日のお休み。
つーか、2.5連休みたいになったけど、ゆっくり過ごす予定でいるのさ~。




励みになります

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

ゴロゴロしたい

梅雨入りしたら、蒸し暑くて毎日たまらんです。
私たちがよく仕事をしている当社クラブハウスの玄関番。
ここの待機場所になっている部屋は、昨秋からエアコンの室外機が故障しておりましてな。
つまり暖房も冷房も除湿も入らない。


こんな劣悪な環境を許しちゃイカンだろー!


と要請は出しているんだけど、まだ修理してもらえない。
誰かここで倒れるまで、本腰を上げてくれないのかも。


倒れてみるか?
私あたりじゃ、あんまり効果ないか?
一見華奢な(とりあえずうちのセクションではその最前線)O嬢あたりが倒れた方が、よりアピール出来る?



うちのバカちんが、ダレダレだれ~んとして寝ている。

寝るバカちん

あ、気がつかれてしまった。


いいよねぇ、キミたちは。
一日中こんな感じだもんねぇ。
アタシも寝たい。
ゴロゴロしまくって過ごしたい。


ラブちゃんなんか、

暑いラブちゃん

この毛深さで屋外で、
「暑くてタマリマセン…」
って顔しているよ。





慈雨を浴び、薔薇が次々咲く。

ベス

質素なこちらはデンティべス。
鉢植えの時代よりも大きな花を付けた。
茎もその頃に比べたらしっかりとして、花が開いても首を倒してしまうことなく、見栄えが良くなった。


昨日も2輪咲いたこのベス。
出勤時に2個の蕾を見て、帰宅したら画像を撮ろうと楽しみにしていたのに、夕方ソレを見るとハナムグリ(小型のカナブン)にボロボロに食われて穴だらけでショック。

来るのよねぇ、このハナムグリが。
許せないわ!
捕虫して即刻…エイ!!








この週末も疲れまくった。
今日もスペシャルデーの安い料金設定だったので、朝のうち雨の平日にしてはお客さんが多く疲れた。
追記になるが、サッカーW杯の日本 VS カメルーン戦は、試合前に疲れから睡魔に襲われて来たので、23時にケータイのアラームをセットしておいた。
ケータイ鳴った。
ちゃんと止めた。

しかし速攻でまた寝ていた。
体が持たない…。

眠りながら、ああ、試合はどうなったんだろうと思っていたワタクシ。
日本が0-5で負けたと言うニュースが流れている夢を見ていた。


目覚めて知った試合結果。
あらー、勝ったのね。
実は勝つとは思っていなかった。
ごめんよ岡田ジャパン。





もう一日頑張ればお休みが来る。
明日は雨予報の平日…。
お客さんの予約少ない。
だけど出勤も少ない。


早く帰りたい!帰らせてくれ~!!




とにかく今は、思いっきり寝たい気分。







励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

迷子ちゃん?

そうですか。
KIKOさんのところには雉が遊びに来るんですか。
そしてヤモリさんはムジナを食されたんですか。
うむうむ、美味しいらしいので、その時のすき焼きってのはさぞかし…。(味、覚えています?)

我が家の前にも現れたことがあったなぁ、キジさん。
家の前の道路に、雄のキジがポツンと佇んでいたの。

そりゃ驚いた。
「えっ!?こんな所にキジ!?」って。
まさか我が家の前に現れるなんて、心の準備が出来ていなかった。

でもタヌキが夜な夜な現れたこともある家だし、もっともっと前には猿も現れたことだってあるもんね。
キジが出て来ても不思議ではないだろう。

キジとの遭遇は割とあるワタクシ。
初めて野生のソレと遭遇したのは、明治神宮の参道脇だった。
都会の真ん中に!!と思うけれど、あの緑深い神宮の杜には、キジくらいいてもおかしくない。

国鳥であるキジは、結構「放鳥」が行われている。
うちの地元でも毎年放鳥は行われているし、車で10分も走らぬところにキジの養殖場もある。

だからなのか、こちらで暮らすようになってからは、車で買物に行く時とか、ごくごく普通の住宅近くの田畑などでキジを見かける。
キジを夫婦で見かけることも多い。

ゴエモンが中学生の時、県南部にある「熊本県立あしきた青少年の家」近くへ母と子で化石を採集に行った折には、周囲の林の中でやかましい程に、何羽もの♂キジの鳴き声が溢れ返っていた。

化石1

海沿いの護岸で化石採集

化石2

巻貝化石が沢山出て来た

化石3

大昔のサザエさん

でも近年はあんまり出くわさなくなったな。
ゴルフ場の中で、一度見たかな。






昨日のことだが、出勤してすぐのワタクシ、林の中から聞こえて来た野鳥の鳴き声に驚いた。

カッコー カッコー

郭公が鳴いていたのだ。
この場所では初めて聞いた。
我が家の周りでは聞いたことがない。
割と良く知られている「カッコー」の声だが、実物を聞いた人ってここにいますかね?
夏鳥として日本にやって来るが、主に山地に生息している。
(寒冷地では平地に来ることもある)
だから日常生活の中では、あまりその鳴き声をナマで聞く機会はない。
それまで熊本へ来てナマの郭公の鳴き声を聞いたのは、夏に吉無田高原へ行った時だけだった。

「ここにも来るんだァ~」
なんだか無性に嬉しかったねぇ。




さて、昨日の記事で最後に書いた話の続きである。

コース内でアナグマは何度も目撃されているが、あいにく仕事中に出くわすことばかりで、惜しいことに画像が撮れないよね…って話をしていたら、
「画像といえば!!」
とOちゃんが突如思い出したように声を上げた。

どうした?と思ったら、
「見てみて、これをちょっと見て」

と言いながら、ケータイに保存してあるものの中から、画像を探し始めた。


「実家に行っている時にね、外で声がするのよ」
うん?
「ハホー! ハホー!って鳴き方なの」
何それ?
「父もそんな鳴き声聞いたことがないって言って、二人で外へ見に行ったのよ」
うんうん、それで?
「そうしたら、実家の裏の田畑の中に、コレがいたのよ!」


クジャク1

キジじゃん?
雄のキジじゃん。

「良く見てよ」

クジャク2

ボケボケだけど…。

えええええっ!?

「キジじゃないでしょ?」

そ、そうだね、オスのキジって言ったら、

キジ

コレだよね。
この鳥、違うよね!?



このケータイ画像の鳥、頭に冠があるじゃないの!!
キジには冠なんかなかったよね?


クジャク3

尾羽根の量もキジとは違う。


こ、これはぁ!
オスのクジャクだぁ!!

なんでクジャクがあんな田舎の山の中にいるのさ!!
(≧∀≦)

ハホー!って鳴いていたの?
クジャクの鳴き声って、どんなんだっけ?
そう思って、ようつべ検索。



「ハホー!」に聞こえなくもない…。


「とぼとぼ歩いていたよ。
 私たちは驚かさないようにって、それでも撮影したいからある程度は近づいて、
 歩いているクジャクの後をついて行ったんだけど、
 慌てることもなく歩いていてね。
 やがて山に入る手前に来たら、
 そこでパッと言うかピョンと言うか、
 そこだけ飛んで一段上がって、栗林の中の方へ行ってしまった」

迷子ちゃん?
どこかから逃げ出したものが野生化したのかなぁ?

熊本県内では、クジャクの迷子ちゃんってあんまり聞いた記憶がない。
沖縄県の宮古・八重山地方では、野生化したクジャクが困ったことになっているとの話があるけどねぇ。



なーんでこんな鳥がOちゃん実家みたいな山里に現れたのか、それはとてもとても興味深い謎である。
しかしどうやら解けそうにもない謎である。

今度の休みにでも、地元新聞社支局に問い合わせてみるかな…。



いやぁ、世の中は面白いですなぁ色々と。
珍ネタ提供ありがとうねOちゃん。


  本日のBGM(久々に書く) 孔雀/小林幸子




励みになります

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

同じ穴のムジナ

お客さんとコースに出てたワタクシ。
PAR5のホールで第2打地点に行き、前を行く組との間が十分取れるまで少し待っていたら、我々の前方70yardくらいのところを、ホールの左の林からから右の林へと、1匹のケモノがトコトコと駆け抜けようとしていた。


あらぁ!
アンタ誰ぇ?




この1ヶ月ほどの間に、うちのコース内では白昼堂々とウロウロしているアナグマさんの目撃談が多い。

3組コンペに付いていたキャディさんがそれぞれ3人とも続いて、
「16番でノソノソと歩いていた」
「コロンとした体型で、けっこう可愛かった」
と目撃したとか話していた。
「ええ?アナグマがいるの!?」
と思ってよくよくその話を聞いてみると、
「ああっ!じゃあその前の日に私が8番と9番の間で見たケモノは、
 タヌキだと思っていたけれど、アナグマだったわ!!」
と思えていた。

私も見ていた。
キャメル色した丸い体のケモノ。
人の姿が近くにあるのに慌てることもなく、ノソノソと歩いていた。
「恰幅の良いタヌキだなぁ」
と思っていたんだけど、みんなの話を聞いていると、私が見たものもアナグマだったと思える節が幾つもあった。


タヌキだったら何度も見たことがある。
我が家の周辺では、ごくごく普通に見かけられる生き物。
庭へ連夜現れた年もあった。
近辺の道路では、交通事故に遭ったタヌキの、気の毒な姿を目にすることも多い。


だがこの時に見たケモノは、良く良く考えるとタヌキとは違っていた。
毛色がタヌキよりも明るい。
体がタヌキよりもズングリと丸い。
鼻がタヌキよりもちょっと長い。
尻尾がタヌキよりも短い。

そうか、あれはアナグマだったのか…。
初めて見たかも…。



そう思っていたら数日後にまた見た。
この時は、
「アナグマだー」
とお客さんも声を上げた。
「タヌキとは違いますか?」
「アナグマだろ、よく見ろー」

そう言われて、カートで移動中だった我々だったがそれを止め、ケモノの方を見つめた。

ああ、あの特徴ある顔はアナグマですな!!


目の周りの「隈取り」がタヌキとは異なっていた。

アナグマ

まさにこんな感じだった。




一方タヌキの顔は?と言うと、

タヌキ

こんな顔だからアナグマとは見分けが付く。


こんな事が立て続けに起きたので、タヌキとアナグマの違いについて、少し丁寧に調べておいたワタクシ。
でも一瞬の目撃だったら、まだ見分けが付かないかもなぁ。
今まで道路で見かけた幾つもの交通事故被害者のうち、タヌキだと思っていたものの何頭かは、アナグマだったってことがあるかも知れないなぁ。




今日見かけたのはどっちだろう?

こいつはとにかく一目散で駆けていた。
脇目もふらず、タカタカとコースを横切った。
だから横顔しか見ることが出来ず、正面から見極められる顔の特徴を確認することは出来なかったが、尻尾の短さや鼻の長さがアナグマのようにも思えた。



タヌキの巣穴をアナグマが占領してしまうこともあり、そこから「同じ穴のムジナ(狢)」って言葉が生まれたとか。
ふむふむ、ナルホド。



アナグマもコース内の芝を掘り返してしまうらしい。
先日行われた目土作業の時、
「これはアナグマが掘った跡だ」
とコース管理課さんが教えてくれた。

それは困るね。
見ているだけだったら、なかなか愛嬌のある姿で憎めないんだけど、コースを荒らされるのは困る。

美味しいらしいんだな、アナグマ(笑。
でも捕獲作戦は予定されていない。
ってことは目下、当コースはアナグマにとって天国。
たぶんこれからも出没目撃談は続くと思う。

画像が撮れなかったのが惜しい。


ああ、画像!
画像と言えば…。


それはまた次の機会に。




火の国地方、本日梅雨入りした模様。
あーあ。
嫌な季節が来ちゃったねぇ…。

明日もコンペのお相手予定ッス。
とほほ。





励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

すれ違う思惑

早朝のこと。
私は家の中にいて、仕事に行く前に色々とやっていたら、ワンコの散歩から戻ったダンナが気を利かせて、庭の植木に散水してくれていた。

「あのね、玄関のところにいるアマガエル、驚かさないであげてね」
そうダンナへ声を掛ける。

「えー?
 ドアのところにいたから、邪魔だからピンッ!って弾いてやったぞ」

な、なんだってぇぇぇ!!!

「だめじゃん、そんなことしたら!
 飼っているんだからそっとしておいてあげてよ!」


ダンナは私の気持ち(いつの間にかペット)も知らず、そんな事をしていたのか!
思惑が完全にすれ違っていた二人。


アマガエルさんの姿が見えなくなっていた期間というのは、ダンナがそうやって虐待してしまった時なんじゃない?
それで定位置に戻るまで、しばらく時間がかかってしまうんじゃない?

「ピン!したのは昨日のことだったかな」
とダンナは言うが、まったく余計なことをしてくれるもんだよプンスカ。




そうかぁ、ダンナがそんな事をするからアマガエルさんが居なくなっている時があるのかー。
犯人(ホシ)はこいつだったのぁー。
許せん!!




アマガエルさんが心配で玄関へ見に行った。






すると・・・、








増えてる

増えていた(爆。







新人

新人さんは少し体が小さい子だ。




アマガエルに人気のスポット、我が家の玄関。
ダンナには今後決してアマガエルさんをイジメないようにと釘を刺す。





そのダンナが散水を終えて家の中に戻ると、
「ああっ!ゴキブリがノックアウトされている~」

猫が一撃を食らわせた模様。
久々だわゴキブリの登場。

「そんなことをするのは、たぶん銀之丞だよ」
「そうだろうな。
 このあいだは天井にゴキブリがいて、銀が見つめていたんだよ」
「えっ?少し前にも出ていたの?」

知らなかった、早く対策施さなきゃ。

「だから殺虫剤をシュッした」

なんだってぇぇぇ!!!
またしても思惑がすれ違っていた二人。


「ダメじゃん、殺虫剤をこの部屋で散布したら!」
「なんで?」
「エビが死んじゃうんだよ、
 殺虫剤が水槽の中に入り込むと死んじゃうんだよ。
 弱いんだからそのエビ、あなたにも言っておいたじゃん」

リビングの水槽で飼っているレッドビーシュリンプは、そう言うひ弱なエビさんだ。
農薬が残留している水草を知らずに入れ、全滅させたと言う話も時々聞く。


だからゴキブリやムカデが家の中に出て来ても、殺虫剤をシュー!することが出来ず、私はすごく気を使う。
ダンナにもそれはずっと前から、伝えているはずなのに。
ムカデが出て騒いでいる時にも、その理由で殺虫剤を散布しないで退治する方法を取っているじゃないか。
アンタもその時にその場にいるだろうよ。

この人は物忘れが激しすぎる。

「もう絶対にソレはやめて。
 殺虫剤じゃなくて、叩いて退治してよ」

ムッとしているダンナ。
ムッとしたいのは私の方だ。

危ないあぶない。
この人には何をされるか分かったもんじゃない。

だから一時期、私はダンナの目の前から殺虫剤のスプレー缶を隠していた。
しっかりと教え込んでいるつもりなのに、突然突飛な行動に出ることがあったのだ。
だけどもうかなりの月日が経ったし、このくらいの情報はダンナの脳内にインプットされているだろうと思っていたので、最近は殺虫剤のスプレー缶がダンナの目に触れる場所に置かれていた。

信用できねぇよぉ、この人…。
どこまでハラハラしなきゃなんだよぉ。
気疲れするよぉ。



帰宅後には新人さんは立ち去っており、常連さんだけがまた支柱に佇んでいた。
今後の展開が、また気なるワタクシである。






励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

居場所

もう出て行ってしまったのかと思っていたアマガエルさん。
仕事を終えて帰宅したら、いつもいた場所へまた戻って来ていた。

アマガエルさん


丸一日近く、どこに行っているのやら。
それでもまたここへ戻って来るってのが、何とも可愛くていいんだわぁ。



それにしても今日の仕事は、昨日にも増して忙しかった。
うちのセクションで出勤していたのが私とOちゃんだけで、しかもその二人ともコースへ出ることになって、朝からバタバタしまくって一日が終わってしまった感じ。

お客さん自体は少ない。
だからそれを見込んで、休みを取っている人が多い。

出勤している人間が少ないから、出ている者に仕事が集中。
でもこんな日の様子を見てお客さんは言う。
「今日は空いているねぇ、ヒマでしょ?」

ちーがーうーーーーーーーーーー!!!



上手くいかないもんですな。
でも梅雨入りするまでの話よ、こんなことは。
雨が続くようになったなら、お客さんはガタッと減るんだし、たぶん忙しいとか言えなくなるよ。


雨に水をさされる水商売です、ホントに。


そんなことなど何も知らず、クラブハウスに巣をかけた燕さんのお宅では、どうやら雛が生まれている模様。
数日前まではじっと卵を抱いていた親が、日になんども行き来するようになった。

前からある巣をリフォームすればいいものを、この家族は新規に家を作った頑張り屋さん。

ツバメの巣

あーあ、また糞害対策の板を打ってもらわなきゃねぇ。





カエルにだって燕にだって居場所がある。
私たちにもそれぞれ居場所がある。

居心地が悪い時もあるけれど、それが自分に与えられた居場所ならば、自分なりに快適にして行けばいい。
私の居場所は、この頃少し居心地が変わって来た。
自分で悶々としている間に、気がついたらちょっと日が差し込んでいた。

まだやれそうです。
こう見えても投げ出さずに踏ん張っているもの、あれこれあるのよワタクシ。





励みになります。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

夏を乗り切れ(気が早い?)

そうか、コストコのファンは結構いるのだな。
頂戴したコメントを拝見して知った。

しかし私が出掛けたら、果たしてどうなってしまうやら…。
買い物するのは嫌いじゃないのだ。
見て歩くだけでも楽しそうだと思えるからコワイ。
買う気になったらもっとコワイ。





ところで今週末あたりには、こちらは梅雨入りしそうとか、カウントダウン状態らしい。

でも頭上に広がっている空は、梅雨入りって何のこと?

青空

って感じの夏空ではないか。
気温はグングン上昇して30度。
天気がいいから賑わうぞ。
お客さんが結構多いんだぞ。

コース俯瞰

ゴルフ日和だ、スイカメロン祭りだ(本日開催のイベント、地元特産のスイカかメロンが参加賞)。
なのにうちのセクションは休みが4人って、その人員管理は何なのさ!?

人手が足りず、忙しかったくたばった。



暑くて忙しくてくたばる。
そんな時は栄養をつけなくちゃ。


今週から夏メニュー登場の当社レストラン。
今年もラインナップに出て来たよ!

うなぎ1

オイラの好きな、うなぎの白醤油焼きサラダ仕立て~。
メニューに書かれた料金1,260円、従業員価格は630円。

本日はうなぎで栄養を蓄えよう。
630円でうなぎメニューがこれだけ食えれば、文句など言わないオイラだよ~。

うなぎ2

子どもの頃はそんなに気持ちが傾かなかったのに、大人になってしばらくしたら、何故かかなりうなぎが好きになっていた。
自宅ではそれほど食べないが、外へ出てうなぎを食べることは割とある。
普通の蒲焼も良いけれど、あっさり味の白醤油焼きがこれまた良い!



うなぎパワーで一日を何とか乗り切った。
夏に向け、バテないようにしておなかいとね。

夏バテ防止には、マダコも良いよ。
タウリンたっぷりなマダコ。
いつも釣りに行っている天草の海では、大物タコが釣れているらしい。
船頭さんから誘いのラブコールが来ている。
行きたいなぁ、行きたいよ。



去年はマダコ釣りに行かなかった。
簡単だから面白いんだよ、マダコ釣りは。



2005年は二度も出掛けた。

マダコ1

マダコ釣り初体験だった相方Oちゃん、小さなマダコにも喜んでいた。
(若かったなぁ、この頃…。顎のラインが今と違うぜO嬢よ)


その1ヶ月後にまた出かけ、オナゴ3人でこの大漁!

マダコ2

周りにも分けまくって、大いに喜ばれたこの時のマダコ。


そして2006年には、

マダコ3

こんなデカイのを釣り上げて、必死の形相だったO嬢。
このマダコは1.4kgもあった。
私もこの日は、1.6KGの大物を釣っている。


しかし2007年は不漁の年だった。

マダコ4

クーラーの底の方に少しだけ。
熊本県内いずれもマダコ不漁の年で、市場価格が例年の1割増しと言われていた2007年。


そのリベンジを期して挑んだ2008年。

マダコ5

大物ばかりではなかったが、

マダコ6

それでも10kgくらいは釣って来た。
それ以来、もう2年近くマダコ釣りには行っていないワタクシ。
(以上の画像 「勝盛丸 ゆらり ふらり」から抜粋)



こうして新鮮なマダコが手に入ると、刻みニンニクをオリーブオイルで炒めたところへ、マダコとトマトを一緒に放り込んで煮込み、これをご飯に載せて簡単タコライスを作る。
これが激ウマ。
私はマダコだったら刺身よりもコレの方がずっと好き。



ああ、行きたいなぁマダコ釣り。






予約入れちゃいました!


夏バテ気味になる前に、夏バテ予防の材料仕込んで来ちゃうぞ!



釣りの予定が入ると元気になるワタクシ。
しかしその釣りはまだ10日以上も先だし、その前に次の休みは1週間先。
はぁ…、長いわ…。




明日はキャディ2人しか出勤しないんだってよ。
どうなんのよ、大丈夫なのかうちの職場!?






今日は朝からアマガエルさんの姿がすっと見えなかった。
いよいよ出て行っちゃったのかなぁ…。



最後に今日の薔薇。

ラプソディ・イン・ブルー

我が家のものがやっと一輪咲いた。
toshiちゃん、ラプソディ・イン・ブルーって、こんな花だっけかね?
ちゃんとしたところから買ったので、品種は間違いないと思うのよ。




励みになります

テーマ : (`д´)ウオォォォ!!
ジャンル : 日記

てくてくてく。

本日も在宅ホリデー。
朝のうちに庭の手入れを少し手掛けた以外は、日中ずっとパソオタ状態で過ごし、あたしゃ肩が凝りまくり。

夕方になってから頭を冷やしに外へ出る。
愛犬ラブちゃんの散歩の時間だからね。
植木に水も与えないといけないし。

クイン・エリザベス

エリザベス女王陛下、3輪咲き揃っております。
立派立派! ハ(^▽^*) パチパチ♪
こういうのがガンガン咲いてくれるようになるといいなぁって、期待を持たせてくれるよねー。


今日は画像を出さないけれど、アマガエルさんは定位置の支柱の上に、朝からずっと佇んでいる。




いつもはダンナがラブちゃんの散歩担当。
しかし本日は担当者が東京へ出張中なので、私と散歩に行くラブちゃん。

ラブたん

我が家へ引き取ってもう3年。
6月初めに来たんだよね、ちょうど今頃のことだったのね。
職場でイノシシ対策として飼い出したのに、結局持て余されてしまっていた哀れなワンコ。

体はデカイが、その温和すぎる性格からエピソード的に乏しく、そして外飼いなこともあってブログネタとしては存在感が薄いワンコ。

今日はこのラブちゃんとお散歩してネタ拾い。


2007年6月1日に、それまで飼っていたダルメシアンのポジが、10歳目前で他界した。
子犬の時からいたワンコを失い、かなりガクッと来ていた我が家へやって来たラブちゃん。
ポジの初七日にもならぬうちに、
「あこちんさんのところ、犬がおらんごつなって寂しかろう?
 ちょうどヨカたい♪ ラブちゃん連れて行きなっせ~」
と職場から暇を出されちゃったラブちゃん。
この3月で9歳になった。

Positiveな性格だったポジ♂とは正反対で、超がつくほど温和すぎるラブちゃん♀。
警察犬訓練所生まれ&血統証付きの由緒正しきワンコだが、温和すぎて全然番犬になっていない。
イノシシ対策に向かなかったのもこの性格から。
でもそのお陰で、大型犬なのにとても飼いやすい。
散歩をしていても、引き綱をグイグイするような歩き方は絶対にしないし、他所の犬を見かけても動じない。

庭に知らない人やワンコ、そして野良猫が入って来ても動じないってのは、どうかと思うけどね…。




今の時期は家の前の道路沿いに、

厚葉君が代蘭

毎年こーんな大きな花がズラッと咲いている。
厚葉君が代蘭。
亡くなった両親が、どこかから貰って来て植えたもの。
増えすぎたよね。
でもこの株が土留めになっているから、無闇に抜き取れなくなっちゃった。



ラブとテクテク歩いていたら、この道路の先の方から2軒隣のクミちゃん(うちの親戚)が、ワンコを連れて歩いて来た。
ちょうど娘さんが部活動を終えて小学校から帰って来る頃合いなので、ワンコ連れで迎えに出て来たんだそうだ。

あちらのワンコが吠える声を聞きつけ、ラブちゃんが珍しく尻尾を振って興味を示した。
そして自ら近づいて行く様子を見せ、鼻先チョコンと合わせてご挨拶。

へぇ~、ラブちゃんのそんな様子、今まで見た記憶がないよ…。



遠くでは吠えていたくせに、目の前に来られたらおとなしくなった相手のワンコ。


お近づきに…

ケンちゃんって言うんだって。
その名前、当然男子だわな。

アンタ失礼じゃないのさ、ラブちゃんにその行動(苦笑。

でも全然意に介さない我が家の大物。




並んでしばらく歩いていたら、小学校帰りの団体と遭遇。
クミちゃんちのお嬢さんもこの中にいたので、こちらさんはここでUターン。
☆\( ^ ^)/~〃。.:*:・'°☆バイバイ!




てくてくてく。





待宵草

待宵草の仲間だな。
夕方になり、あちこちで開き始めている。
カワユス。


小学生の時、夏休みやGWには家族で良く富士五湖方面へ旅行した。
父は夜明け前から釣り三昧。
私と妹は母に連れられ、宿近くで山歩きや自然観察をしたり湖で泳いだり、或いはボート乗り場の桟橋から小さな魚を狙って釣竿を出し、釣れた獲物は宿の厨房を借りて唐揚げにしたり…と、当時は東京の都会っ子だった私たちは、興味津々で自然に親しみながら過ごしていた。

その時に初めて見たのが待宵草の仲間。
湖畔へ出た時に見かけ、母がこの花を数本手折って宿へ持ち帰った。

部屋のテーブルの上へ、コップ一杯の水に活けた待宵草。
夕方近くになり、
「しばらく様子を見ていてご覧」
と母が言う。

見つめていた。
私と妹はじっとそれを見つめていた。



「あっ!!花が動いているよ!!」

少しずつ、じっくりと、蕾が開いて行くのがわかった。
感動的なシーンだったなぁ。

待宵草を見ると、その時の感動を今でも思い出す。
母は会津若松生まれの人で、彼女が若い頃に他界した私の祖父は、狩猟が好きだったそうだ。
その祖父に連れられ、母は山に入ったりして、自然の恵みや営みについて、いろいろと教えてもらったのだと言う。

その母からまた私が教えてもらった自然に関する事柄は多い。

私が文系人間なのも、文学好きで短歌を学んだりしていた母の影響だけど(私は短歌に走らず、俳句に走ってしまったが)、自然科学には興味があり、地元の小学校などで動植物の授業に講師役で呼ばれるようになったのも、母から与えられた自然に対する関心の影響がかなり大きいからだ。


その血をまた、ゴエモンも受け継いでいる。
山菜採りが好きで釣りが好きで、動物や花が好きなゴエモン。
学校から帰って来た後に自分が摘んできた野いちごで、夜中まで根気よく煮詰めてジャムを作ってしまうような男子ゴエモン。

まさか女装が好きになる(?)とは思わなかったけど…。






我が家から田んぼ1枚隔てた団地から、我が家を眺める。

自宅FIX

・・・・・。
無駄にデカイ。
ここに住んでいるのが二人とは、なんとも無駄にデカくて贅沢。



目の前の田んぼにはつい先日耕運機が入り、田植えが近いことを実感中。
田に水が入ると、カエルの合唱団が賑やかになるんだよなぁ。


てくてくてく。
これだけ歩くと、メタボな体のラブちゃんは少しお疲れ。
でも今日はまだそれほど暑くないから、私にはこの程度が良い気持ち。




はい、やっと家に戻ったよ。

帰還

ラブちゃんも我が家も、無駄にデカイ…よね。





励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

在宅ホリデー

今日と明日は仕事OFF。
特段外出もせず、家でいろいろとこなしながら過ごす予定。

珍しいだろー。
家に居れば居たで、やたらと用事が多いのさ!



今朝もアマガエルさんにご挨拶をし、まずは庭の植木に散水からスタート。

眠るアマガエル

ありゃ、今朝はまだ寝ているの?
ケータイのカメラを向けても、目を閉じたままだった。
支柱をしっかり抱いた手がカワユス~。

私がこうして撮影をしても、或いはこの支柱が立っているプランターに水を掛けても、逃げようとしなくなったアマガエルさん。
私が天敵ではないことを認識したのかね?




先月鉢植えから地植えにし、ちょうど4週間経過した薔薇の苗たち。
ほとんどの株が順調に育っており、花芽も上がって来たりして嬉しい。


これはクイン・エリザベス。


クイン・エリザベス2


鉢植えでも割と健壮な品種だったけれど、地植えにしたら、さらに元気さ倍増ドン!

クイン・エリザベス1


鉢植えの時とは格違いの、大変立派な花を咲かせてくれた。


クイン・エリザベス3

んもぉ~、王妃様ったら正直なんだからァ。
こんなにもはっきりと地植え効果を示されたら、ホントに頑張って良かったなぁと思えてしまうわい。



地植えした時に、元肥をちゃんと与えておいたからだろうね。
私って一回与えると安心しちゃって、その後の施肥がおろそかになっちゃうのよ。
忘れないようにしなくちゃ。
花が終わったらお礼肥えだわ。



妹のところへちょっと用があって出掛けた。
そこで出されたのがコストコで買って来たと言うティラミス。

デカすぎるぞ!
そして甘いぞ!!

こんなもんばかり食べているから、アンタも娘も…(以下略。


何でもかんでもデカイんだってね、コストコで買えるもの。
「面白いよ、行ってみれば?」
と妹は言うが、我が家では今のところ、そんなに大きなものは需要がないなぁ。
それにわざわざ福岡県内に行かなきゃだもの。
取りあえず話を提供してもらうだけでいいわ。
ゴエモンが10日間ぐらい帰って来るなら、デカイものが必要になるかも知れないが…。




本日が配達日だった生協の商品を、夕方取りに来たOちゃんが、リビングの床にピッコロの鳥籠が置かれているのを見て言う。

「あら?どうしてここに置かれているの?」


ええっ?


アンタねぇ…。
ピッコロの鳥籠が落とされてしまったのは、先月の27日のことだよ。
それから今日までの間に、毎度お馴染みの井戸水を貰ったりして、何度かここへ来ているだろうよ。

私、伝えていなかったっけ?
全然気づいていなかったの?
ああそうか、ブログもあんまり読んでいない人だもんね…。

かくかくしがじか、こういう訳で鳥籠を買い替え、そしてまた落とされたら困るから、出窓に置くのを諦めて、床の上で過ごすことになったのさ。

「あら、そう言えば何だか鳥籠が違うなぁって感じ」

鈍い。
鈍すぎるぞキミ。
鳥籠は前のものと全然違うじゃないか!!

「こっちのほうがイイじゃない?」

高かったんだ、コレ。
猫が乗るから、頑丈そうなものにしたし(涙。


ピッコロは鳥籠が変わり、そして置き場所も変わった直後、何日か餌を食べてくれなかった。
キャベツの葉をついばんでいたのだが、鳥籠転落事件のショックが尾を引いているかも知れないと、私は餌を食べないピッコロの様子が心配だった。

雛で手に入れてから、もう8年も我が家にいる。
だがオカメインコの寿命は15年~25年と言われており、まだそれほどご高齢の部類でもない筈だ。

何とか餌を食べる元気が戻ってくれないだろうか…と、家にいる間は心配しながらピッコロの様子を観察し続けていたワタクシ。

あ…、ヒマワリの種を食べた痕跡がある。
だけど多くを食べた訳ではない。
大丈夫なかぁ?

そんな日がしばらく続いた。



やっと自分の目で、せっせと餌入れの中に顔を入れているのを見たのが、転落から1週間後の6/3だった。


餌食べるピッコロ

その時の画像がコレ。
カツカツと嘴がエサ箱に当たる音を聞けるようになり、どれだけ安心したことか…。


今では食欲も旺盛になり、床の上の環境に慣れてくれたようだ。
長生きしてね、ピッコロちゃん。




そして本日夕どきのアマガエルさん。
ケータイではなく、コンデジ使って接写してみた。

アマガエル接写

体の質感もよく出ており、さすがはコンデジ。
ケータイとはひと味違う写り具合でござんした。



明日はダンナが1泊で上京の出張。
帰りに横浜に住む義母や甥と、中華街で会って来るそうな。


ダンナに土産など期待出来ない。
留守にしてくれること、それだけで満足しておこう。
うっしっし。





励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

おかえり。

仕事に行こうとして玄関を出たら、

アマガエル1

同じ場所に愛しのアマガエルちゃんが帰って来ていた!!
お、おかえり~♪
また逢えて嬉しいワタクシ。


え?
この間の画像と同じじゃないかって?

違うよー。



アマガエル2

体の膨らみ方と、体に入っている黒斑が、見比べると微妙に違うでしょ?




どこに行っていたんだろう?
たぶん玄関の近くにはいたのだろう。
プランターの陰などにいたのかも知れない。


やっぱりここは虫を捕まえたりしやすいのかね。
そしてアマガエル自身は天敵に襲われない場所なんだろうね。


気が済むまでここで過ごしていいからね。
キミの体の変化を見たりするのは、結構楽しみになっているんだよ。






アマガエルが戻り、何だか安心致しやしたぜ。






安心と言えば。








銅メダル

銅メダリストのゴエモンさんから、ようやく画像が届く。

うーむ。
地味なメダルだな…。



しかし地味じゃないのがこのゴエモン。



あぶねぇよ・・・。

宴会の時の女装がコレ。
(本人の許可を得て掲載)


あぶねぇよ、アンタ。
その微笑はあぶねぇよ・・・。
育て方を間違ったかな?(滝汗


好きなのかなぁ女装。
矢島美容室もやったよね、小牧時代に。
その衣装とカツラを実家に持ち帰り、
「着れば?着ていいよ」
っておかあちゃんに言ったゴエモン。




おかあちゃんがそんなもん着たら、そりゃ余興じゃないくて犯罪だ!
(≧∀≦)




スゴク小さい頃、
「僕もお化粧してみた~い」
って言ったことがあったなぁ。
大きくなってから、こんな姿で何度も念願を果たせるとは、その頃には全然想像もしていなかっただろうけれど。



こんな衣装をどこで探してくるのか知らないが、良くやるよホント。
ここまで着込むと、もう呆れていないで、あんたはエライ!とホメるしなかない。
ゴエモンのところって、宴会の時の盛り上がり方が尋常じゃないみたいだねぇ。


銅メダルもらって、女装の余興で大受けし、参加者ご一同にインパクトを与えまくって新人ゴエモンの遠征終了。
ゴエモンはまたバスに揺られて8時間もかけ、安宅の関の近くまでお帰りである。

そのバスのおかえりって、拍手でお出迎えされたんかい?




励みになります

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

二度あることは三度あるって言うよね…

まずは巣立ち(?)ご報告。
昨晩遅くに、私が家の外に用事があって玄関を一歩出たところ、あのアマガエルさんの姿がその辺りになかった。

あらぁ…。
新領地を求めて出て行ったのか…。
それともあのお腹の膨らみはやはり妊婦さんで、お産が近かったのか…。

とにかく昨夜遅くの段階で、もう会えなくなってしまったアマガエルさん。
毎日その姿を眺めるのが小さな楽しみだったよ。
何処に行っても元気で過ごしておくれ。



次にこちらから連絡しないと、肝心なことでもなかなか知らせて来ないゴエモンの近況。
本日行われた銃剣道大会(管制群中部地区大会:何故か6年ぶりの開催)の結果、ゴエモンのような初心者が中堅に控えていたにも関わらず、チーム・ゴエモンは3位になったそうだ。

「僕は3勝2敗。かなり活躍したんだよー!」
と自画自賛。
「次から毎回、銃剣道大会要員に入って来ることは確実」
になったそうな。

デカイ刺繍入りのあの袴を着用して試合に臨んだ、元剣道部ゴエモン。
(一応高校の時では、九州地区選抜大会で団体準優勝した時のメンバー)

袴1


「あの袴、何か言われたかね?」
「すっげー、かっこええ~!!って言われたよ」
おいおいおい・・・。
あんなデカイ刺繍、珍走団の特攻服じゃないんだからさ…。
キミの周りの人々って、どんなセンスなの?

銅メダルと、
「打ち上げの宴会で、AKB48の曲に合わせて余興した女装画像」
を写メで送ると言っていたが、結局来なかった。
たぶんお疲れで寝た。
やはり血は争えぬ、我が息子ゴエモン。
すぐ寝るところは親子で同じ。

明日にでもその画像が届いたら、出したいとは思っているのだが。






さてさて今夜のワタクシ、帰宅後に、
「そういえばアマガエルさんがいなくなったし、
 郵便受けも遠慮なく開けられるなー。
 なにか届いているかいな?」
とそこを覗いた。

おや?
1通の封書が入っているではないのさ。

封書

『外戸本』(がいどぼん)から?

『外戸本』ってのは九州・山口編の温泉・旅行ガイド。
コンビニでも買える手軽な本。
時々買って、温泉&うまいもん探求の休日を過ごすのに役立てている。

外戸本

これは4月号の表紙。
創刊20周年記念号で、豪華プレゼント企画が目玉だった。


・・・・・・・。
もしかしてッ!?





つい1週間くらい前に思い出していたんだよなぁ。
「ああ、そう言えばアレ、カスリもしなかったんだな」
って。



間もなく梅雨に入る。
梅雨時になると、我が職場は暇になることが多い。
そんな時は休みを確保しやすいので、相方Oちゃんといよいよあの企画を実現させようと話していた。

3月に行われた地元観光協会のキャンペーンで、この黄金の右手が引き当てた、平山温泉宿泊利用券30,000円分。

ガシャぽん4

仕事が暇な6月にでも行こう!と話しており、この程ようやくその日程を決めた。
利用可能な幾つかの温泉旅館から、お部屋・料理共に期待大の、
「この中から行くんだったら、絶対にここしかないでしょう!!」
な宿『湯の蔵』をチョイスし、つい先日予約の電話を入れたところだ。

平山温泉 湯の蔵
http://www.yunokura.jp/

立ち寄り湯は何度か利用しているお宿。
知り合いから「どこか良い宿ないかな?」と尋ねられると、殆どここを教えているお宿。
でも地元にいるのに、わざわざ15,000円近いあそこに泊まる…と言う気持ちにはなかなかなれず、「いつかは湯の蔵」と思いながらも実現しそうにない宿だったから、私も相方も俄然期待しちゃう。

湯の蔵ってかなりの人気だよねー、うちの地元の宿にしては高いけど。


こちらの女将さんはうちのコースの会員さんで、たまたま本日ご夫婦で当社へ来場されていた。
そのうち顔を見たら話をしておかなきゃと思っていたので、これは丁度良かった。
この予約のことを女将さんにお伝えしたワタクシ。

「いつ来るの?アナタの名前で予約入れてるの?」
メモしてくれていた女将さん。
「料理がとても楽しみで…」
「料理はすごくいいよー!期待していいわよ」
と言ってくださっていた。

女将さんにもお願いしておいたし、「いつかは湯の蔵」が実現することになってワクワクしちゃう♪

「あのね、格闘家の吉田秀彦が泊まったことあるでしょ?」
「うん、来てくださったわ」
「アレも私が友達に尋ねられて、湯の蔵さんを推したのです」

知人の結婚式で来熊した彼。
「部屋に露天風呂付きの宿で、静かに過ごしたい」
との希望を聞き、宿探しをしていた友人は、この結婚式の司会者であるフリーアナウンサー。
迷わず私は湯の蔵を推薦し、ここに泊まることになった。

「えー!?そうだったの?
 どうして彼がうちに来てくださったんだろうって思っていたのよぉ」
驚いていた女将さん。



この「黄金の右手お泊り計画」を進めている時に、外戸本のプレゼント企画を思い出していた。

「応募したけど、カスリもしなかったナ」
そりゃそんなにうまい話、私みたいなもんに何度も舞い込むわけがない。



ところが本日届いたこの封書。
開封して驚愕。

当たった!

当たった!?
マジで!?

ふたり静

高級宿の宿泊プレゼントをしていた訳だが、昨年の夏にOちゃんと霧島温泉郷へ行ったとき
「この宿いいねぇ」
と言いながら、あまりにもお高い料金に驚いて諦めた宿。
だけどいつかはこんな宿に来てみたい!と思っていた高級宿。

霧島温泉 鳥遊ぶ森の宿 ふたり静
http://futarishizuka.jp/

全5室離れの宿。
どうせダメもとで応募ハガキを出すんだから、候補の中から思い切り高いところで応募しちゃえ!と、

ふたり静2

二人でこーんな金額の宿であるこちらを選んで出した。

それなのに!!


当選!

当たってしまった。
二人で58,100円相当の
1泊2食ペア宿泊券が!!!


どうしちゃったんだ、今年のワタクシ!!


即座にOちゃんへ電話して報告すると、
「あこちん、どうしちゃったのー、スゴッすぎっ!!」
当然ながら驚いて、そしてかなり喜んでいた。

こう言っては悪いが、今度泊まることにしている平山温泉の、およそ倍の料金であるぞよ。


自分の強運が怖い。
「二度あることは三度あるって言うじゃない…」
とOちゃんが言う。

そ、そうだね…。
toto BIGを今週もその次も買わなきゃだね…。




お友達toshiちゃんは、さきごろ抽選で引き当てた嬉野温泉旅行へ行っている本日。
それがこちらの記事。




私の周囲、ちょっとすごいことブーム到来かもよ。
こんなにもツキが続くと、怖いよマジで。






励みになります

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

CALENDER
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR