FC2ブログ

EMSを使いこなして帰国なのじゃ!

あっという間にソウル最終日になってしもうたわ。
ホントに3日間なんて早いよねぇ。
1週間くらいあったら、もっとゆっくり出来るんだけどねぇ。


自分で買った土産物、トトさんから頂いたりダンナの職場の人へと託された土産物、それに加えてうちの会社のソウル本社から頂いた土産物と、嵩張るものや重たいものがかなりの量になっちゃった。
行く前からOちゃんと二人で、
「あまり土産物が多くなるようだったら、抱えて帰らずに別送品で送ろうよ」
と話していたのさ。

ソウル本社からは、思いっきり大きな箱に入った海苔と瓶入りのナツメ茶、そして木の実茶を頂いてしまった。
昨年の釜山でも、大きな海苔詰め合わせと韓国コスメ詰め合わせを、私達に土産としてくれたソウル本社。
あれにはみんな困ったんだよねぇ(苦笑。
今年ももしかしたら…ってその心配を抱えていたら、やっぱり来ちゃいましたよ大物&ヘビー級が(汗。

皆さんはこれを何とか詰め込んで持ち帰るつもりらしいけれど、私たちはそこまで苦労したくないんだわ。
出来ればスーツケースひとつと、あとは軽くて大きすぎない手提げ袋1つくらいに収めたい。

トトさんからはダンナの好物の鯖や秋刀魚の水煮の缶詰そして海苔を頂いている。
知人から頼まれた韓国コスメも多い。
つまり嵩張る物や重い土産物がどんどん増えちゃった訳だ。

キムチやチャンジャと言った発酵食品も、土産として買い求めている。
こうしたナマモノや帰宅したらすぐに配らねばならぬ土産以外は、2~3日後に届いたって構わないよ。


別送決定!



今回はEMS(国際スピード郵便)を利用することにした。
DHLなどに比べ料金が安いし、ソウルからはだいたい3~4日くらいで自宅に届く。
土産物を自ら別送品扱いにするのは初めてなんだけど、事前に色々と調べ、発送のための要領は得ているつもり。


ソウル本社が私達にと海苔を入れてきた大きな大きなダンボール箱が空いたので、これを貰い受けた。
旅行にはスイス製の多機能アーミーナイフを携えるようにしているから、これを使ってダンボール箱を切ったり折ったりしよう。

どんどん詰め込んじゃえ~。
アタシ、荷造りは得意なのよ~。


…と頑張って仕上げた荷物がコレ!

EMS1

デカイっす。
抱えてみた感じでは、20kg弱くらいと思える。

ホテル側にロビーまで運んでもらい、テープを貼ってくれるようにお願いしたら、紐までくくりつけてくれていた。
(EMSは紐巻き不可なので、これは自分が持ち運ぶための紐として考えてね)



ソウルプラザホテルのビジネスセンターでも受け付けると言っていたけど、話を聞くとそれは自分で郵便局へ持ち込むよりも倍ちかい金額と、かなり割高になるらしい。
郵便局のピックアップサービスもあるとのことだったが、私が話を聞いたホテルの従業員では、その要領を得なかった。

今朝はホテルのロビーにソウル本社の李社長が来ていたので、ピックアップサービスのこと等を詳しく訪ねようと声を掛けたら、
「おお、何をそんなに買い込んだですか~?
 送るんですか、それはうまいこと考えましたね。
 私の知り合いの運送業者に頼んでも良いですよ。
 少しそっちは高くなるかも知れませんけど…」

「いや、いいですよ、EMSの方が安いと思います。
 社長、ピックアップサービスは?え?社長は知らない?
 じゃあ…ソウル駅前の郵便局には日本語スタッフがいるとの噂だから、
 これからそこへタクシーで行こうかな」
(そんなに距離もないから安く行けるし…)

「そんなことしなくていいです、タクシーなんて勿体無いです」
(金持ちの割にはケチじゃん)

「じゃあ何かいい方法は?」

「このホテルからまっすぐ行った先200mくらいのところに郵便局があるから、そこへ持って行きなさ~い」
だった(爆。

「え~!?これを持って歩くんですかぁ?」(汗)

「Oさんと二人で持って行けますか?行けるでしょ?それだったら大丈夫です!」

「そこって日本語を話せるスタッフがいるんですか?」

「日本語ができないとしても、外国人も多く利用している郵便局だから大丈夫です。
 だってあなたは英語が出来るじゃないですか」


私の英語が通じるかどうか甚だ不安だぞ。
しかし社長に、
「あの郵便局でOK!」
と太鼓判を押されてしまった。



今日はこれから午後2時まで、一同は自由行動である。
男性陣はソウル市内で行われているゴルフ場関連機械類の展示会へ行く。
一応名目は「社員研修旅行」だから、なんだか最終日になってやっとそれっぽい事になってんのね(笑。
女性陣はソウル本社のスタッフに付き添われ、買い物と市内見学の予定だと言っている。

私とOちゃんの二人は、今日もまたそれとは別行動で、まずは郵便局ヘ行って荷物を出し、その後はOちゃんの希望で、免税店と明洞(ミョンドン)へ買い物に行こうとしている。
本日はトトさんの同伴はなし。


どっこいしょ、重いぞ重いぞ~(涙。

郵便局まで荷物を出しに行く途中で撮ったのが上の画像であった。


EMS5

途中で何度も荷物を下ろして休み休み歩き、やっと着いた郵便局。
思ったよりも小さな郵便局じゃないか。
この規模で、日本語可能なスタッフがいるとは思えないんだけど…(不安。


さあ、ここからが「初めてのEMS体験、やってみよう!韓国から日本~あこちん篇~」だよ。

荷物を詰め込んだダンボール箱の大きさは、3辺の和が最大で150cm以内と定められている。
箱詰めを終えて計測したら(買い物にも役立つと思って、あのワンコのメジャーを持って来ているよ)、これがピッタリその和が150cmギリギリのサイズになっているんで自分で驚いた!!


ダンボール箱には前夜のうちに、マジックペン(これはいつもひとつ持ち歩いている)で、
別送品 Unaccompanied Baggage
と大きく書いておいた。
この記入は必須。


「あー、EMS…」
とお願いすると、対応してくれたこのスタッフは、とても親切だった。
しかし彼は日本語は話せず、英語も怪しく、他のスタッフを呼んだ。
結局日本語は誰にも通じなかったよ(爆。
仕方が無いので、怪しい英語で手続きをするワタクシ。
横でその様子を見つめ、ひたすら「あなたに任せたわ」な状態のOちゃん(苦笑。


EMS3

一度開封して中身を確認し、ナツメ茶入りのガラス瓶にはプチプチの梱包をしてくれた。


EMS2


伝票に必要事項を記入。
発送人は自分の名前で、その住所と電話番号は滞在先ホテルにする。
(ホテルの名刺を参考にして記入)

下の緑色部分、「Contentos」に主な内容物と「Value」にその金額(ドル)を記入。
ここには「laver. tea」とだけ書き、金額は他のものも含めた総額(69)で構わなかった。
laverは海苔、 teaは茶だね。
そしてGiftにチェックを入れ、Signatureへサイン。
これだけで記入は終り。


次に重さの計測だよ。


EMS4


19.285kgであり~んす!
なんと「20kg弱かな?」だったワタクシの勘がぴったんこカン・カン!!
サイズと言い重さと言い、私って素晴らしくない?

19kgを超え19.5kgまでのEMS料金は、56,700Wだ。
日本円にすると、現在のレートで4,322円。

日本国内で扱われる宅配便を例にあげよう。
我が家からゴエモン地方へ20kg以内(140サイズ)だと、クロネコさんの料金は1,790円で中1日を要する。
これを考えると、旅先から戻るときに手荷物が増えずに悩まなくて済むんだから、海外から品物を送ると言ってもEMSの所要日数や送料は、決して高くないと感じるよね。


代金を支払って郵便局での手続き完了。
(後日の追記:最近「ソウル EMS」などの検索からご訪問の方も結構アリみたいなので、こうした別送品がある場合の帰国時の税関での申告書類に関しては、この記事の後半で記述しているので、それも参考にしてくだされ)

結構簡単だった。
初めてにしては上出来だと思うわ。
ああ、そういえば帰国時に税関に提出する書類のことがまだ残っていた。
そのことはこの記事のあとのほうで書こう。


これであとは到着を待つばかり。
何日後に届くかしら~?





さて大きな荷物から解放された後は、免税店へお買い物に。
もうあんまり大きな品物を買う予定はないから、帰りの荷物が心配になるほどの買い物ではない。


私はあんまり韓国コスメに詳しくないんだけど、年頃の娘さんがいるOちゃんは結構興味を持っている。
アレルギー体質もあるから、自然素材系に感心が深い彼女。
娘さんから頼まれたり勧められたりしたものもあるらしい。
今回の旅行を前に、Oちゃんは色々とWEBで調べていた様子である。

初日にも免税店には行ったが、割と規模が小さい店だった。
ソウルで最大級の免税店と言えば、それはやっぱりロッテデパートの免税店だ。
朝早くから日本人のオバちゃんでごった返していたよ(苦笑。


私も自分で調べていた中から、興味がある韓国コスメがあった。
初日の免税店ではそのメーカーを扱っていなかったけれど、ロッテにはある。

撮影せずに買い物に没頭(爆。
つーか、たぶん店内は撮影禁止では?



ブランド品のバーゲンも行われていたので、ここでゴエモンへひとつ成人のお祝いを買う。
そう、まだ何もあげていなかったんだよね成人式のお祝いを。
彼が好きなブランドの品物を買い求めた。
それと男性用の韓国コスメもゴエモンへ。
とは言っても男性用のB.B.クリーム(あるんだよ)を使うような男じゃないので、洗顔関係のものを。


届いたら素直に喜べよ。
コスメは決して安いものじゃないから、継続して使いたくなったときは、自分でその先のことを考えてくれ。





免税店での買い物を済ませ、明洞へ繰り出す。

明洞1

ここでは免税店に入っていない自然派化粧品のショップがお目当てのOちゃん。
早速店を見つけることが出来て、念願の商品を購入。

満足気だったわぁ。


しかし多いなぁコスメ店。
同じ店の支店もあちこちにあってさ。
共倒れしないのかね?
コスメ店へ日本人が押しかけている様子をどれだけ見かけたことか。



私はコスメよりも食い気。

釜山では立ち寄れなかったトッポギの屋台。
Oちゃんも同様に、ここには「行きたいな」と言っていた。
目の前にその屋台が現れたので、念願を叶えるために買いましょ~!

明洞2

辛いけど美味しい!

餅をカルビで巻いた串が美味しそうに見え、Oちゃんも関心を示したので、これも買う。

明洞3

「二人、一緒、食べる?」
と店のお兄さんが尋ね、ウンウン!と首を縦に振ると、串から外して一口サイズにカットして器に入れてくれた。

あ、これもうまいぞ。


二つで6,500Wって、495円か。
あんまり激安じゃない気もするけど、トッポギの量も結構あったからそのくらいにはなるのかな。




思ったよりもお腹に溜まったよ~。
やっぱり一応は餅だもんなぁ。


「トッポギを食べられて良かった!」
とOちゃん。
実は昨日の仁寺洞では、昨年の釜山で大好きになったホットクも屋台から買い求めて立ち食いしたのよ。

ホットク

900Wは69円。
雪の舞う中で食べるアツアツのホットク、スッゴク美味しかった。
Oちゃんもこれは好物になっているから、
「ホットク食べられて大満足!」
と言っていた。
「これをまた食べたいと思っていたので、希望が叶えられた!」
ってさ。


次に訪韓したら、その時は韓国式おでんに挑戦したいね。






昼過ぎにホテルへまた戻る。
ここで二人はランチしたあと、他のメンバーと合流予定。
ホテル内の店で、ちゃんとしたビジネスランチなる洋食を食べた。
メインは肉(ステーキ)か魚料理をチョイス出来、パンとサラダとスープ、コーヒーか紅茶、そしてフルーツはバイキング式のランチ。
27,000Wだから2,058円なり。
韓国料理のボリュームある食事に少し飽きて来ていたので、こんな食事が丁度良い。
他の人々は参鶏湯をどこかで食べている筈だが、Oちゃんが参鶏湯を苦手にしているので、そちらには合流しなかった。
彼女が参鶏湯を苦手にしているのは、それに入っている高麗人参の匂いがダメだから。



食事を終えた時に、
「今どこにいる~?」
って、みっちょ課長から携帯に電話が入った。
「ホテルで待っているよ」
「ホテルに寄る前に、徳寿宮(トクスグン)の前で待っていることにしたよ~」

あ、そ。
それじゃ合流しようか。

徳寿宮(トクスグン)は、ホテルの隣にある古宮で、「王宮守門将交代儀式」の再現行事が行われている。
ちょうど午後2時からそれが見られるのである。


交代式1

派手な演奏と共に、大漢門(テハンムン)へ交代儀式の一団が門の前に登場。
門の前の広場を取り囲むように、多くの観光客。

交代式2

3時間毎に実施されている、この門で警衛する軍隊が交代する儀式。

交代式3

当時の衣装で当時の儀式をそのまま再現。
儀式は所要時間30分近い。
韓国語/英語/日本語の解説アナウンス付きで見学無料。
交代式が終わると、当時の服装に身を包んだかっこいい守門将と一緒に、記念写真撮影も出来る。

でも私たちは出発時間が迫っているので、記念撮影は出来ずにお別れ~。




古宮と言えばね、亡父の思い出の地:昌慶宮(チャンギョングン)の見学は、今回も諦めたの。
Oちゃんの買い物を優先させてあげたかったから。
流行り物の買い物は、やはりその時が旬。
それに比べたら、古宮はいつまでもその場所にあるものね、また来る機会のためにとっておくよ。




ってことでホテルを後にして、仁川国際空港へ向かう。

仁川国際空港カウンター

この空港、新しいけどとにかく広くて、ブランド製品の免税品を受け取りに行くのには、かなり移動距離が長くて大変。
そしてここの出国検査が厳重だった。


コートやダウンジャケットなどの上着は、脱いでカゴに入れてX線の保安検査。
そしてブーツを履いている人は脱がされる。
脱いだブーツもカゴに入れて、目の前に置かれたサンダルに履き替えさせられ、ハンドバッグ類などの機内持ち込み手荷物と同様に、X線の保安検査へと流される。

「ブーツも脱ぐの!?」
と驚いたよ。
福岡空港は、ここまで厳しくなかった。
上着もブーツも、身に付けままで通過させていた。
それだけこの空港は、不安要素が多いのかなぁ。



仁川国際空港

帰りもまたB330-300使用。
10番スポットで出発を待つ、私達が利用する機材。


機内

大韓航空の客室クルーは、なかなか美人揃いだった。
制服はシンプルだが、上品な感じがする。

帰りの便の機内食は「ちらし寿司」で、

機内食

酢めしが苦手なワタクシ、ちょっと悲しい(苦笑。
それに引き換え、隣では酢めしが好きなOちゃんが笑顔。






福岡空港ではスーツケースを受け取った後、税関に提出する「携帯品・別送品申告書」を私の場合は2枚作成して提出。(機内で記入を済ませた)
このうち1枚を携帯品の分として渡し、もう1枚には別送品の分として通関のスタンプを押して貰って持ち帰る。
EMSで送った品物が後日届く際に、この書類が必要となることもある。

「別送品がありますか?
 あ、こちらにちょっと来てください」
と税関職員に横へ導かれた。

初めての体験なので、税関職員の質問がどんなことになるのかと少しビビっていたが、事務的なやりとりだけで済み、目の前のスーツケースを開けられることもなく簡単に終了。

別送品も免税の範囲(20万円を超えない)で済むものだから、何もビビることはなかったんだわ(苦笑。






ところがなんと最後の最後になって、駐車場に止めていたうちの会社のマイクロバスが、バッテリー上がりで動かないと言うトラブル発生!
旅先では問題も発生せずに済んでいたのに、最後にこんなことが待っていようとは誰も思っていなかった!(爆)

充電してもらえるまで福岡空港の出発が40分近く遅れ、夕食をみんなで食べてから家に着いたら午前0時近く。




大変でした、最後の最後が(苦笑。
でもこれでEMSさえ無事に届けば安泰ですわ。


旅先での食べ物レポなど、まだ書き残しているものは、この後のブログに続く。





お土産つきクイズもまだ締切まで残り時間がある限り、奮ってご参加をどうぞ~!




明日は休みを確保済み。
疲れた体のまま仕事に行くなんて、そんな無茶などしませんわよ。




励みになります。

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

CALENDER
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR