大晦日まで大忙し

2009年最後の日。
ゴエモンよ、今日は頑張ってもらうぞよ。

妹が28日に家に来て、私の留守中に庭木の剪定をして行ってくれた。
私は暗くなってから帰宅してので、その剪定加減は十分にわからなかったが、山積みにされた枝の量を見るとかなり切りまくってくれたと思われる。
大きくなっていた紅梅が、ほとんど枝を落とされていることは、暗い中でもその影と形からわかった。
うへぇ…。
ここまで切ったか!

「切りすぎたろか?」
と夜に電話をしてきた妹。
うーーーーーーーーーん。
ちょっとね…。
でもそう言っても戻らないし(苦笑。
切ったものは切ったと受け入れるしかないだろうよ。



ダンナが紅梅までスッキリしちゃった我家の庭を見て、
「すごくスッキリしてきれいになったんだけどさ、
 向かい側の団地から丸見えになっちゃったなぁ。
 なんかさぁ、ほどほどに木陰があった方が、目隠しになって良かったかもなぁ」
と苦笑していた。

ま、また何年かすれば、ウジャウジャの庭になるよきっと(笑。




と言う訳で、我家の庭には妹が切っていったものが山積み。
本日はまず、これらを片付けなければならぬ。


剪定ゴエモン

妹が手を付けなかった部分も剪定してくれているゴエモン。
手前にワンサカあるのが、妹が切った紅梅の枝。


庭を片付けている最中に、ゴエモンが声を上げる。
「カエル~!赤いカエルがいるよ!」

なに?赤いとな??




ニホンアカガエル1

へぇ~、このカエルは見た記憶がないかも。
ブロックや植木鉢の間にいて、冬眠中だと見えて動きがのっそり。

離してあげよう。
またどこか別な場所で冬眠しておくれ。

ニホンアカガエル2

ニホンアカガエルだと思う。
お腹の方はうっすら緑色を帯びていたが、本当に「赤い」って感じのカエルだった。



大量の枝を片付けるのは大変。
田舎なんでね…、燃えていただく。


時折雪が降って来る天候。
寒い寒い。
昼過ぎになって、ようやく枝が燃え尽きて来た。

「お母さん、焼き芋していいかなぁ?」
ゴエモンが言う。
彼はサツマイモが大好きなのだ。


ちょうど我が家には、mikiさんから頂いたサツマイモがまだ沢山ある。


焼き芋1

美味しく焼けるかな?
この後もまだ追加して焼くゴエモン。


芋が焼けるまで、家に入って寒さをしのぐ。
すると雪が猛烈に降って来た。

雪中の焼き芋


しかし焼き芋が気になるゴエモンは、その雪の中庭へ出てお芋さんチェック!



「出来たよ~!」
アツアツの焼き芋、さてその中は…???

ゴエモンよ、ちゃんと撮影しておいてちょ!


焼き芋2



おおっ!
良い色をしているじゃないか!!

「うまい~!」
ゴエモン大満足。
一気に3個も食べる。




午後からは、あの正体不明の動物に入り込まれた物置を補修。
築19年あまりの物置。
さすがにこの歳月で、外壁に用いられた合板の下半分近くが、風雨や日差しでボロボロに傷んでいた。

外壁全部を覆うだけの費用を考えると腰が抜けそうなので、その抜けそうな腰を抑え、長いものを半分の長さにカットしてもらい、腰板風にトタンの波板を張ることで対処。
それでも材料費が30,000円近くになって、オーマイガッ!
というか、長いままのトタン板を運ぶことが出来ない我が家の車…ってこともその理由。
軽トラでもあれば運べるんだけどさ。
「田舎の家の割には軽トラとか持っていないし」
とゴエモンに言われるが、
「軽トラなんか持っていたって、そもそも普段使うことがないんだし」
とお返し。

またもや雪がびょぉぉぉぉぉぉぉ~と降りしきる中、ゴエモンとトタン板を打ち付ける。
日暮れてしまっては困るので、撮影もせずひたすら作業。

正体不明の動物が入り込んだと思われる、物置北側の穴。
ここは亡くなった両親が、椎茸の栽培をするために、物置に隣接して寒冷紗で覆った小屋風のものを作っていた。
それがあるから普段は物置の外壁の様子がわからない。
寒冷紗ハウスを取り壊し(これも手間がかかって大変だった)、ようやく北側の外側から見ることが出来た。

あらまあ、すごいこと。
人が屈んで入れそうな大穴!

これじゃ、タヌキくらいの大きさがある生き物だって、楽々出入出来るわよ。


暗くなる直前の午後5時過ぎには何とかぐるり1周を覆う事が出来た。
ああ、忙しかった寒かった!
これで当分の間は大丈夫だろう。



「焼き芋、もっと作っていい?」
ゴエモンさん、よほど気に入ったと見えて、再び庭へ繰り出し、焚き火が静まってホカホカの熾火状態になっている場所で、幾つもの焼き芋を作り始める。
mikiさんに頂いたお芋は、全てゴエモン用の焼き芋に変身!



夜は紅白を見ながら食事。
最後まで見ることが出来ず、私はうたた寝した。

隠し玉の大物歌手…、やはりこの人だったかと、昨日からの某巨大掲示板情報ビンゴ。
私の好きな曲を歌ってくれたが、歌詞がハチャメチャでほにょにょ~。
即効で字幕スーパー消されちゃいましたな。



再び目が覚めると、もう最後の歌手が登場しているところだった。




ああ、2009年が終わって行くよ。
今年も色々なことがあったなぁ。
今年は一応、全ての日々をブログに綴って来た。
来年もそこまでの根性があるだろうか?

とにもかくにも、皆さん方も1年間お疲れさん。
来る年が幸多き年となりますように。


  本日のBGM みんな空の下/絢香



良いお年を

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

年の瀬スパート

ああ、仕事納めの日没。

12月30日の日没


昼過ぎまでは小雨混じりの寒い日だったが、多くのお客さんが入っていたにも関わらず、何とかヘッドライト作戦を取らなくても済んだ。
今日も女性客は片手で数えられるほど。
皆さんおうちで奮闘中ですか?

私たちは大晦日と元日は休みだが、職場自体は営業中になる。
明日は必要最小限の者しか出勤しないので、今日のうちに明日の準備をして、結局暗くなるまでお仕事。


年末年始休みが2日間って、やっぱり少ないよねぇ。
特にゴエモンがせっかく帰省してくれているのに…と思うとなぁ。

明日は雪や強風の予報が出ており、計画していたゴエモンとの真鯛釣りはやっぱり無理と判断。
昼休みに船頭さんへ電話を入れると、やはり船頭さんも天候が難しいだろうと言う。
諦めましょうとお伝えし、また来年の釣りに期待することとした。




ゴエモンに食べさせようと思って冷凍しておいたイノシシ肉を使い、今日は猪鍋だ~。
肉を豪勢に入れ、温まってそして栄養つけて、年の瀬の我が身を慰労。

イノシシ肉は、塩胡椒でさっと味付けして焼くのが好み。
ダンナと二人きりの日々は、鍋物を出すこともほとんど無い。
だけどゴエモンがいるしね…、たまには鍋もいいかなぁと。

「猪鍋にはゴボウが合うんですよ」
って、肉屋のTさんに教えて貰ったことがある。
今から15年近く前、我が家が初めてイノシシ肉を購入し、猪鍋を囲んだ時のことだ。
高かったんだよねぇ、あのイノシシ肉。
100gで680円だったと記憶。
それが今では…、嗚呼ありがたや。

ササガキにしたゴボウをタップリと入れ、味噌仕立ての猪鍋。
うまいっ!

仕上げにちゃんぽん麺をぶち込む。
これまたうまいっ!



食事を済ませた後、Oちゃん来宅。
正月を前に実家から頂いた野菜と引き換えに、彼女の年賀状を作ってあげる。
毎年こちらの実家から野菜を頂けるので、雑煮作りに重宝している。

彼女も今年はiMacを買ったんだから、自分で年賀状を作ってみてはどうか?と言ったのだが、何かと慌ただしくしているうちに年の瀬が押し迫って来て、遂に自作年賀状は断念。
来年はガンバレよ!

なかなか渋い好みだったOちゃんの年賀状である。



妹の分やOちゃんの分など、人様の年賀状は作っているが、自分の年賀状はまだ全く未着手。
明日は釣りを諦めたゴエモンと庭仕事の予定なので、やっぱり今度も元日に作ることになりそうな我が家の年賀状であった。



さあ、大晦日は忙しくなるよ!


  本日のBGM Someday/EXILE(レコ大おめでと!)

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

あこちんは見た!

今日から二日間は、年末大盛況で怒涛の予約数。
冬至が過ぎて間もないと言うのに、まだ日没時間が早いこの時期だと言うのに、こんなにお客さんを詰め込んでしまって大丈夫なのか?…な、わが職場!

知らないぞ~、遅いお客さんが出て来たら、最後の方はまた日没だぞ~。


流石に年末のこの時期、ご家庭では何かと忙しいのだろうと見え、女性客の姿は少ない。
朝からずっと玄関番を担当していた私とOちゃんは、休憩で25分ほどその持ち場を離れていただけだが、最後の組が到着するのを見届けるまでの間、来場者の中に女性客の姿を見たのは1名様だけ。

この1名様だけのために、女性用浴場にお湯を張るのね…。

うちの浴場って天然温泉を引いており、露天風呂まであって、ちょっとした旅館よりも立派なのよ。
よそのゴルフ場にも幾つか行ったけどさ、それらと比較しても、うちの浴場の広さはかなり贅沢よ。

それにしてもここに来ている男性諸氏よ、ゴルフしている場合なのか?
少しは家の手伝いをしてあげたらどうなんだ?
今頃自宅では奥方様やお母様が、埃と汚れを相手に格闘している最中なのではあるまいか?

つーか邪魔にされて、家にいてくれない方が良いのかも。




既に午前中の段階で、お客さんの流れが悪くなり始めているようだった。

交代で昼食を終えて仕事へ戻ると、プレイの進行がなるべく良くなるようにと、コース内へ配置される者が出始めた。
私もまたその一人となって、ショートホールへ出向くことに。

17番

さっさと打てよ~。
そこで何度も素振りしているのは誰だ~!

素振りは1回、アドレス10秒!
チャッチャと済ませて、次のホールへ行ってくれ~。


午後1時前からずーっとこの仕事。
         旗振れど早くならない流れ哉  あこちん心の一句



午後3時を回って、私が少しこの仕事に飽きて来た頃だった。


あれ?
あれれ?

あらら!

目の前にある丘の上に、何やら小動物が現れた。




1匹2匹。
茶色くてコロッとしていて、子犬じゃないな、あの大きさだとタヌキかな?

あれ、また1匹。
合わせて3匹。

じゃなくて、さらにもう1匹。
合わせて4匹も。

えっ!?
タヌキにしては尻尾が短いぞ。

ってことは?
…あの尻尾、そして特徴のあるあの鼻!
そうかあの姿は!


イノシシの子供じゃないか!!


慌てて向ける携帯カメラ。

出た!

50ヤード以上離れているものだから、ズームいっぱい使っても、きれいにその姿を捉えることが出来なかった。
この画像を拡大すると、私には「矢印の先にイノシシがいる」と言うことがわかるんだけどなぁ…。


お客さんがやって来たので、人の気配を察したイノシシ兄弟は、向こう側の藪の中へと消えてしまった。
この向こうは急斜面になっており、それを抜けると隣のホールへ出る。
そう言えば藪を抜けた辺りには、イノシシに掘られた痕跡が一年中見られるんだよね。

それにしても白昼堂々と、しかも4匹が連れ立って、コース内を徘徊しているとは驚いた。



お客さんも私が視線で追うイノシシに気づいて、
「お、猪鍋が出来るじゃないか」
なんて笑っていたが、その割にはプレイに没頭。
撮影しようと取り出した我が携帯を良く見ると、着信アリの表示。
(仕事中は着信音を切っている)
それも2回も。
あらら、キャディマスターからだった。

慌てて折り返しの電話を入れる。
「流れはどうですか?」
「全然詰まってはいないんですよ、このホールでは。
 それどころか、誰もいなくなっっちゃう時間が生じるくらいでして」
「え~っ!?困ったねぇ、どうしてだろう?」
「やばいですよね…」
「やばいよねぇ。とにかくどんどん進行させておいて」
「はい、了解。
 あのですね、イノシシの子を4匹も見ちゃったですよ」
「えっ!?出たの?」
「はい、つい今しがたのことでしてね、堂々と出て来ていました」
一応キャディマスターには、イノシシ兄弟の出現を報告しておく。


さらに続くこの場所での仕事。
どうやら他の人もまた、さらに別なホールへこうして出されているようで、交代要員を送り出している場合ではなくなって来ているものと思われた。
座ることも出来なくて、足が疲れて来るけど仕方ないや。


あ、またイノシシが。
でもすぐに隠れちゃった。
撮影も出来なかった。


日が陰ってしまうと急に冷え込んで来る。
そして日没が心配になって来る。


午後5時になろうとしている時だった。
日没が近づいており、ボールが見えなくなったら困るじゃん!と思いながら旗を降っていると、またあの丘の上にイノシシ兄弟が現れた。

よ~し!今度はもっと近づいて撮影しちゃうぞ!


グリーンの向こう側まで進み、上の画像でカート道路が分岐している地点まで行って撮影。

イノシシ子供1

私とイノシシの距離は、約50ヤード。
まだ逃げずに、地面を探っているイノシシ兄弟。



もう少し接近して、ちょうど道路が分岐している地点で撮影したものを拡大処理してみると…、

イノシシ子供2

ほら、わかるでしょ?

イノシシ子供3


「おっ!イノシシか!」
お客さんも近づいて来たので、ピョンと跳ねるように逃げて藪へ引っ込んで、10分位経過したらまた現れたイノシシ兄弟。

最後に兄弟を見たのは、ちょうどラストの組がこのホールへ来た時だった。
その中には顔見知りのお客さんがいたので、
「ほらそこ、イノシシがいるんですよ」
「どこ?どれ?
 あっ!本当だ、こんなところに出て来るんだ!」

何だかどんどん図々しくなって、我々が結構近くにいるのに逃げもせず、地面を探り続けていたイノシシ兄弟。
「こっちにおいで」
と、このお客さんが呼びかけたら、来る筈ないわよ、藪へと逃げたわよ。


でもまた誰もいなくなったら、この場所へ出て来て餌を探すんだろうなぁ。



思えばこんな子供だから、近づいて行く興味が持てたけど、最初は一瞬考えた。
「こちらへ向かってきたらアブナイよね?」
でもまだ牙はないし、このサイズだったら向かって来られても何とかなるだろうと思った。
甘いかね?

もしも大人サイズのイノシシだったら、ここまで接近したら危険だよ。
イノシシに向かって来られ、怪我をした人のニュースもあるもの。
そこまで無茶はしないわよ、私だって。



だいぶ薄暗くなって来たけれど、黄昏のヘッドライト作戦に及ぶことなく、何とか最後の組まで終わらせることが出来た。
私がクラブハウスへ戻ると、Oちゃんも寒そうな表情をし、カートに乗って戻って来た。
「どこへ出されていたの?」
「8番。寒かった!」
「イノシシ兄弟が出たんだよ」
「どこで!?」
「17番の丘の上、4匹も!」
「うひゃぁ、そりゃすごい!」

その直後にコース管理課のサブ・キーパーにも出会ったので、この件を伝えた。
画像も撮ったのだと告げ、画面に拡大して表示してお目にかける。

「えっ!?出たとか!?
 ああ、こりゃ前にも捕まえた奴くらいの大きさバイねぇ。
 そうかぁ、昨日聞こえたっタイ。
 あの下辺りで何かキーキー鳴いとったっタイ。
 明日、あそこに罠ば持って行かにゃんね。
 この位のうちに捕まえておかんとな」
確証を得て奮い立つサブ・キーパー氏であった。


お肉が確保出来たら、殊勲賞としてワタクシにもよろしく~。



明日はお天気が下り坂予報。
それでもびっちり入っている予約。
天気が悪いと、暗くなるのが早いわよ。
今日みたいな訳には行かないかもよ。
おそろしや~。
雨具を着て旗振りかも。
仕事納めがそんなことになるなんて嫌だぁ!



大晦日には雪予報になっちゃった。
大晦日はゴエモンと、天草へ真鯛釣りに行く予定を入れているのに、ああ悲し。
予想天気図を見ると、風が強くなりそうでさ。
つまり波も高くなりそうでさ。

釣りはどうやら無理っぽいよ、トホホのホ。


  本日のBGM ロドリゲス兄弟/クレイジーケンバンド



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

やっつけたぜ!

お休み確保。
年末でもココが穴場だと読んでいたので、予約が少なそうな段階で早々と休みをお願いをしていた。

それが目土Dayになっちゃって、後の祭りとばかりに休めなかった皆さん、すまないのう。



ゴエモンがいる間に、どうしてもしておきたいことがあった。



物置の大掃除。




3坪ほどの広さがある物置。
この中がすごいことになっていた。

築19年を経て、最初の頃から押し込まれている品々には、もう使わないものも多い。
足の踏み場も無いほどに散らかっているのも気になっていた。

夏の初め頃だったろうか。
物置の中に、何者かの糞を見つけた。
それも尋常な量ではない。
山ほどの大量。
何か動物が入って、しばらく過ごしていたと言う痕跡。
糞の大きさは子犬ほどもある。
イタチにしては糞が大きいように思え、たぬきかなぁ?とも思われた。

ベニヤの外壁の一部が朽ちて、穴が開いていた。
おそらくそこから出入りしたのであろう。


一人じゃとても大変。
かと言ってダンナとは一緒にやりたくない。


ゴエモンの帰省が待ち遠しかった。
彼とならばうまく行く。




件の糞を処理し、不要な品々をどんどん出したよ。
私の祖母の衣類までまだ置かれていて、当然ながらこれらは虫食いだらけになっていた。
要らない物はとにかく捨てよう!

古いスキー板もこの際処分しよう。
懐かしい食器も、使わないからここにあるんだ。
子供の頃の思い出がよみがえるけれど、また保存しておいても使うことがないだろう。

軽トラック1台には積み切れないくらいの不用品が出た。
物置の中がスッキリ!

ああ、遂にやっつけることができた。
気分爽快。




しかしかなり疲れたよ。
体が痛いよ。



あと2日仕事に行ったら、大晦日と元日はお休み。
頑張らねば。





励みになります

残り4日。

冷え込んだわぁ。
放射冷却現象なのかね?

降霜

朝イチのコース、霜で真っ白け。
雪じゃないよ、霜なのよ。
カチンコチンのグリーンだし、これじゃお客さんも苦労するだろう。



そんなわが社の正面玄関に、今年も遂に登場。


門松1

コース管理課さん謹製、大きな門松。
いよいよ年が変わって行くんだなぁ…と言う雰囲気を盛り上げる。

門松2

葉牡丹だけは買って来ているが、その他の素材はコース内から採集出来て、そして手作りしちゃうってのが、毎年のことながらスゴイよね。




仕事は早めに終わったので、まだ明るいうちに我が家へ帰る。
ゴエモンが寅蔵とくつろいでおりまする。

寅蔵モミモミ

寅蔵はすっかりゴエモンに懐いており、呼びかけられるとすぐにこうして膝の上に乗り、この時も両手でゴエモンをモミモミしている最中。
う~ん、やっぱり家族として認識しているのかなぁ、ゴエモンのことを。
でもお客さんにもモミモミしていたしなぁ…。



その寅蔵だが、モデル修行に勤しむ今日この頃。

モデル1

来年の干支:寅にちなみ、寅蔵の画像を使って年賀状を作ろうと考えているワタクシ。
何か使えそうな画像は確保出来ないかと、寅蔵を撮り溜めている。


しかし何度もカメラを向けられ、寅蔵は少し不機嫌に。
難しいわぁ、生き物を撮るのって。

ただでさえカメラ目線が少ない寅蔵なのに、この時は何やら猫タワーの下が気になっている様子。

モデル2

ヘイ!寅蔵よ。
どうしたんだい?



モデル3


ああ…。
邪魔者が来ていたのか。
野次馬でヤキモチ焼きで…、すぐに割り込んで来るからねぇ、銀之丞は。



ゴエモンにも寅蔵の撮影をしておいてくれと頼んでいるが、休暇を満喫中の彼はグダグダ過ごしているようで、撮影助手としてはあんまり期待出来ない。

あ、でも彼の名誉のために書いておくけど、今日は電灯の傘をきれいに掃除しておいてくれた。
汚れが溜まっているのが気になっていたから、とっても助かったよ!


ま、そのうち幾つかは使えるものが撮れるだろう。
え?そんな事を言っているとすぐに新年が来る?
そ、そうなのよ、だから少し焦るのよ。




そんなワタクシの今宵の任務は、妹の年賀状作成。
先日の庭木剪定のお礼として引き受けた。

ところが妹よ、何故にアンタのムスメ宅の分まで持ち込むか。
「うちのプリンターだと、何故か余白が多く出てしまうのよ」
だからアタシに持ち込むか。

しかもコラージュしたい背景が、私のMacBook Proでは開けぬファイル形式。
.fd2って何なのさ?
フォトショでも使えないってどうしてさ?

結局別の画像を用いて作成。
そして妹宅の分も作成。

ああ、どうしてこんなに時間がかかるの(涙。


ま、あれだけ庭をキレイにして貰ったんだから、このくらいは尽くさないと…と思う。
インク代は要らないよ。




よその分は頑張っても、まだ自分のところの年賀状を作り終えずにのんびりしている私だが、のんびりサンタさんからの贈り物が本日届いた。

incase

Oちゃんから贈られたクリスマスプレゼント。
さてコレは何でせう?


incase2

正解は、Mac Book Pro 15インチ用のソフトケース(スリーブ)。
IncaseとArkitipのコラボレーションによる、HunterGatherer(N.Y/U.S.A)デザインのユニークな木目模様のスリーブ。
ユニークなデザインに惹かれ、コイツをリクエストした。

incase2

中のキルティングが優しい手触りで、スリスリしていると気持ちイイ!


出先へMBPを携えて行く時に活躍してくれそう。

あ、わかった?
来月の渡航のことを考えていたんですわ。
だからMBPに合ったものを探し始めていて、その中でも特にコレが欲しくなっていたの。
あっちからもブログ書けるかな~?

Oちゃんサンタさん、ありがとうございました。
彼女には、イマイチ私の趣味が感心されなかったけど(汗。



楽しみにしている旅行まで、1ヶ月を切った。
2月のソウルに行ったことがあるけれど、あまり寒かった記憶がない。
でもやっぱり寒いんだよね?
何を着て行けばいいのやら…。


先日ユニクロで、二人ともダウンを1着買っちゃいましたのさ!


  本日のBGM 12月/森山直太朗



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

こ(BlogPet)

ころりんこがあこちんと運動するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「ころりんこ」が書きました。

お土産

年末の土曜日。
お客さんの出足が分散しているようで、土曜日にしてはそれほど押し込まれていない客入り。
どうせ近いうちには怒涛の年末年始モードに入るんだから、こんな日があってもよろしい。

明日もそれほどじゃないみたいだって。
28日なんか、スッカスカな状態。
大変なのは29日以降。



昨日、お客さんから人形焼の差し入れを頂いた。
それを頂いた時に、
「わー、ありがとうございます。
 でも私、東京ばな奈の方が良いなぁ!」
とお客さんに向かって堂々と言っちゃったのが、うちの面白人間キョーコさん。

「えっ!?そんなことを!?」
「キョーコさんにしか言えない!」


お客さん苦笑していたんだろうなぁ。



キョーコさん曰く、亡くなったお舅さんが、最後に食べたお菓子ってのが東京ばな奈なんだそうで、とても美味しそうにしておられた事が忘れられず、東京ばな奈には大層思い入れがあるのだと。
このお菓子が登場する度に聞かされているから(笑)、私達も良く知っている。

たまにこれが差し入れられると、職場では食べずに持ち帰り、仏前に供えてから食べるキョーコさん。
自身もすごく好きなので、
「家族には絶対に食べられないようにするの!」
と話している。

「そうかなぁ?
 東京ばな奈って、一度食べたらいいや~って感じじゃない?」
と水を指すようなことを平気で言ったのが、冷たいオンナOちゃん。

そこまで言わなくてもよかろうに。





そんなキョーコさんの声が聞こえたサンタさんから、






東京ばな奈




ひと足遅れのプレゼント。





「そうかぁ、そんなに好きなんだァ。
 キョーコさん、ちょうど今日は羽田から息子が帰って来るので、
 今から頼んで買わせておきますよ」
「えっ!?本当!? 楽しみ~!」

ゴエモンへメールを送り、お金は私が出すから買ってきてちょ!とお願いしておいた。


あ、イブのイルミや花火画像は、一体どこだったのか、皆さんにはわかったかな?
実は東京ディズニーシーへ行っていたゴエモンなんですわ。




と言うことで、今日の私らのお茶菓子は東京ばな奈。
当然ながら、キョーコさん大喜び。
今日も仏前に供えてから頂くと言って、大事そうに仕舞い込む。



朝礼後に掃除をしていたら、キョーコさんがツツツーって寄って来た。

「これ、息子さんにあげて。他の人には内緒で持って帰って。
 冷蔵庫に入れておいた方がヨカろう?
 コソッと入れておきなっせよ」

私へコッソリとハムをひとかたまり渡して、忍者のようにサササーっと去って行ったキョーコさん。
キョーコさん、このハムって…、お歳暮で貰ったもの???



出資者はワタクシなんですけどね…って、さっきこれを机に置きながら言っておいたんだけど。
面白いなぁ、キョーコさん。
ま、ありがたく頂いておくか。



で、ハムを冷蔵庫にコソッと入れて、持ち帰るのを忘れたワタクシ(苦笑。
明日は忘れないようにしよう。






ハムを持ち帰り忘れたので、







今夜の我が家は、海の幸フェア。








甘エビ

卵を抱いた、大振りな甘エビ1kgど~ん!


ゴエモンが11月に、金沢の近江町市場から送ってくれたアノ海産物。
たくさん送ってくれたので、ゴエモンが帰って来たら一緒に食べようと、手を付けずに冷凍のままとっておいた。

ズワイガニ

ズワイガニの足も3脚ど~ん!


ゴエモン、奮発してくれましたなぁ。
まだこの他に、のどぐろ一夜干しが冷凍庫に入っている。



海老と蟹は、食べるのに大変手間がかかる。
本日の夕食時間の長かったこと…。
面倒なことが苦手なダンナなんか、甘エビはワサワサ食べていたが、結局途中でリタイア。
「お父さんはもういいから、あとのカニは二人で食べてよ」



この人と北海道へ行った時、私たちは行く先々で夜毎毛蟹を食べていたのだが、
「お前と一緒にカニを食べるのは、もうイヤだ」
とまで言われた。
カニ好きな私は丁寧に丁寧に、爪楊枝まで使い、爪の先までほじくり出して食べる。
対するダンナは、とても大雑把な食べ方である。

徹底して食べなきゃ、カニ様に失礼じゃないのさ。



だから我が家の食卓にカニが登るのは、かなり稀なことと相成った。
久し振りのカニに大満足~!…なワタクシ。





ところで、1年に3回くらいしか戻ってこないゴエモンを、猫たちはどう思っているのだろう?
帰宅したゴエモンが触れたとたんに飛び上がって驚き、ダダダッ!と逃げて行った経歴を持つ薄情者の寅蔵。
あの時のゴエモンは、かなりショックを受けていたが、今回は逃げなかった。
他の猫もすんなりと受け入れ、すぐに甘えた姿を見せていた。

「ちゃんとわかっているんじゃないの?」
とダンナは言うが、
「そうかなぁ?
 うちの猫って人見知りしないから、お客さんが来た時でもこんな感じよ」
来客時の姿を知っている私には、誰にでもフレンドリーな対応をする彼らが、どこまでゴエモンをゴエモンだと認識しているのか、彼らの接待ぶりが今ひとつ疑問。

猫よ猫、真相を教えてくれ。



ゴエモンが、寅蔵の尻尾をつまんで遊んでいる。

尻尾つむ

尻尾を掴まれるのが大嫌いな寅蔵。
ゴエモンへ猫パンチを繰り出して対抗していた。

「でも寅蔵、嫌がっているのに、喉をグルグル鳴らしているよ」

やっぱり猫の気持ちはワカランのう…。


「ああ、ペット飼いたいなぁ」
と言うゴエモン。
「でも駄目なんだよねぇ」
「ハムスターくらいだったら、場所とらないし良いんじゃないの?」
「いや、それもダメだし」
「やっぱりダメかね」
「つーか、植物だってダメみたいだし」
「マジで!?観葉植物とか、それさえも置けないの?」
「うん、たぶんそうだね」
「小さいサボテンとかも?」
「それもダメっぽいなぁ」

つまらんではないか!!
心のオアシスが側に置けないなんて。


小さな瓶に入れておける「ピクシーシュリンプ」や「コッピー」(アカヒレの仲間)、あるいは「マリモ」なんかもダメなのかね?
他人に迷惑かけないじゃん。
あれも許されないのだとしたら、それってあまりにも心が狭い規則だぞ。


お母ちゃんがこっそりと、お前さんの荷物の中に詰め込んでみようかな…。
ゴエモンよ、瓶で育てられるシリーズが営内でまかり通るかどうか、アンタが人柱になってみない?


  本日のBGM 君がいて/May J.



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

スカッと帰省

午後から視界が低下してきた熊本地方。
うちの職場は一時、100ヤード先も判然としないような靄に包まれた。

靄


空港方面の天候が気がかり。
航空機が無事に到着するかどうか、微妙かも~。


携帯で空港のMETAR(左カラムの表示しているモノのテキスト版)をチェックしたり、気を揉む私とゴエモン。
普通の天気予報じゃなくて、こんなものを見ているところがオタクな母子。
福岡あたりに降りられるなど、ダイバートにでもなったらどうしましょ。

それどころか東京に引き返されちゃったら困っちゃう。



しかし天候は回復し、ゴエモン無事に帰省。




なんだか想像よりも精悍な顔立ちになっていた。
顎が少し尖ってさ。

「そう?体重は増えたよ。全然運動していないんだもん」

だそーです。




ゴエモンの滞在は、家の手伝いの人手が確保出来、ワタクシ的には助かるのでありんすよ。





鳥のもも肉ローストなんか食べて、クリスマス仕様の夕餉を楽しんだ。
珍しく飲んだフルーツワインに、ちょっと眠気が来ているわ…。


めりくり。

おやすみなさい。


  本日のBGM Christmas time in blue 聖なる夜に口笛吹いて/佐野元春



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

SILENT NIGHT

メリクリ

聖なる夜。
何処の空の下にも、幸いが多くありますように。


本日の出先で、庭先にて真っ赤な実を付けた柊と出会い、それを元にクリスマス画像を作ったワタクシ。
イブの夕食は昨日の記事にて予告先発(?)、冷凍庫を片付けるための皿うどん。

ダンナは好物=皿うどんが出て来て喜んでいた。



聖なる夜は、家で皿うどんを食っているよりも、

TDR

このように美しいイルミネーションや、

TDR2

花火までオマケに付いて来るファンタジーを、

TDR3

あったかい気持ちで愛でている方が似合っているのさ。


何処でしょ、ここは。
鋭い人ならばきっと分かる。
これはゴエモンから、本日送って貰った画像。
彼は今宵、このような場所にいるのである。

くっそぉ…。
負けた。





イブに休みを取った私はと言うと、サンタのような上着を着た人と共に出掛け、

サンタと山羊

トナカイならぬ山羊が突然現れて、

山羊1

こちらへ向かってズンズン突き進んでくると言う、何とも言えない体験をしていた昼間。





南阿蘇遠景


南阿蘇に行ったのだ。



残雪

阿蘇の頂きには、先日の雪がまだ粉砂糖を振ったように残っていた。


冬景色って感じよねぇ。
いいわぁ。
本当はもっと真っ白な山を撮りたかったんだけどね。
この2日ほど暖かかったので、溶けちゃったのよ、雪が。



「じゃらん」今月号に、阿蘇の特集が組まれておリ、
「期間限定でランチの割引と温泉の割引、そしてじゃらんコラボ企画のスイーツが!」
と言うところに目を付けたOちゃん。

期間限定というのに弱い。
ちょうどその時期に当たっているものだから、休みを確保していたイブのこの日に、そこへ出掛けようと約束していた我々。


ペンションフラワーガーデン

ペンションフラワーガーデン  カフェスタジオーネ

本日のランチはこちらで。

カフェスタジオーネ

冬の阿蘇、結構穴場である。
特に平日はゆったり。

だるまストーブ

懐かしのだるまストーブに出会う。
「だるまストーブを知らない、見たことないって言っていたよね?」
とOちゃんに声を掛ける。
「うん」
「これがだるまストーブだよ」
「へぇ…」



つい先日、職場で鹿児島への旅行の話題になり、私の思い出の先生の話をしていた。
開聞岳の麓で生まれ育った、あの先生の話。

それは冬…、小学4年生の時だったと思うが、先生がある日、
「天ぷらを作ろう」
と言い出した。

家庭科教室の準備室から、フライパンや調理器具を、こっそり持ち出して来るようにと、先生は言った。
それを言い渡されたのがこのワタクシ。
ワクワクドキドキしながら持ち出したフライパン。

当時私たちの教室には「だるまストーブ」があり、それへコークスを投じて暖房としていた。
平成生まれは知らないだろうなぁ、そんな時代を。
そう思ったら、熊本で生まれ育ったOちゃんは、昭和生まれで私よりもひとつ若いだけなのに、だるまストーブを見たこともなく、どんなものなのかも知らないのだと言っていた。


先生はだるまストーブの上に載せたフライパンで、山ほどのサツマイモ天ぷらを作り、クラス全員へ振舞ってくれた。

「そんなユニークな先生でね…、忘れられないんですよ」

「危ないじゃん!」
「匂いでバレちゃうじゃん!」
この話を聞いた職場のご一同は爆笑。

しかしこの天ぷらの件でお咎めを受けたと言う記憶はない。

もうとっくに時効の話。
東京都内の小学校での出来事だが、今ではだるまストーブを使っている学校なんて都内にはないだろうし、こんな話を家に帰ってしようものなら、黙っちゃいない保護者が出て来る筈。

昭和のあの頃は、まだまだおおらかで良かったよねぇ。



さてこちらの名物が、石窯焼きのピザと、

マルゲリータ

同じく石窯焼きのハヤシライス。

石窯焼き阿蘇ハヤシライス

期間限定で「じゃらん」持参の人に限り、この石窯焼き阿蘇ハヤシライスが、1,155円→1,000円。

期待して出掛けた。
期待に反しない、なかなかうまいハヤシライス。
焼きたてのピザも、私達好みの生地でナイス!

ま、出来ればこのハヤシに、ミニサラダでも付いていて欲しいんだが。


この店を出て間もなく、突然現れたのが先程の山羊さん達。
国道を走る愛車バロンちゃんの目の前を、横断しようとしている山羊の群れがいて、
「えっ!?」
「ま、マジ!?」

山羊に道を譲り、何だ何だ、どうしたんだと車を停める。

月廻り温泉

どうやらこの山羊は、ここ「月廻り温泉館」で飼われているもののようだ。
「それにしても放し飼い!?」
「…みたいだねぇ…」
付き添う人の姿もナシ。

山羊2

国道を堂々と渡りきった山羊の群れ。
ワシワシと野草を食べていた。


まだ幼い仔山羊もいて、

サンタと山羊

トナカイの代わりにしようと目論むOちゃんサンタに拉致されそうになった…って事はないが、人を怖がらない仔山羊ちゃんは、とってもカワイイのであった。




先程の店で食後のお茶をオーダーせず、
「あっちへ行って、お茶しよう~」
と南阿蘇のお店を「はしご」しているところだった私達。

蘇水

南阿蘇菓子処 蘇水 「阿蘇cafe' SOSUI」


やって来たのは、白川水源近くのこのお店。
トマトを使ったロールケーキなどが話題になったりしているこちらは、目立たぬ場所にありながらも、南阿蘇ではチョイと名高い。

「じゃらんオリジナルいちごスイーツ」として、「いちごの阿蘇もっこりタルト」を期間限定リリース。
その記事を読んで、これは是非食べたい!思っていた。
両家のクリスマス・イブにと、それぞれこのタルトをお土産として買い求める。

そして店内でイートイン。

アップルパイ

私が頼んだのは、「阿蘇アップルパイ バニラアイス添えセット」。
阿蘇(高森)産の林檎を使ったパイ。
アツアツにしてくれて出て来るの。
マイウー!

Oちゃんは「農家さんのおおきなイチゴショートケーキセット」を注文。
このショートケーキが本当に大きい、そしてうまい!

時々ケーキを買いに立ち寄るんですわ、このお店には。
どれも美味しいよ、ほんとに。




こうしてケーキを買うつもりだったから、今日は保冷用のスチロール箱に、ガッツリ凍らせた保冷剤をたっぷりと詰め込んで用意して来た。
(生協が商品を配達して来る時のモノ転用)
この後でプリン専門店にも立ち寄ったのだが、ケーキやプリンを買う度に、
「お持ち帰りの時間はどのくらいですか?」
「あ、保冷剤はしっかり用意して来ていますから、無用ですよ」(^_^)V
とのやりとり。
ささやかなエコ精神。




そして今日の締めは、期間限定(12/1~12/27)で「じゃらん」持参に限り、立ち寄り湯1,000円→100円と超格安なっているココ。

夢しずくFIX

ホテル 夢しずく



大浴場入口

二人分の200円を払ってお風呂へ行くと、

内湯

ちょうどお一人様が出て来たところで、今からは私達の貸切!だった。

露天

ほんのりトロリのお湯で、湯加減も良く、ずーーーーーーっと貸切状態を満喫。
平日のこの時間だったら、それほど混んでいないだろうと思っていたが、まさか他に誰もいないとは考えていなかった。
(そんな感じの利用度だから、リピーターの獲得狙いで、超格安キャンペーンを張ったのか?)


あんまり塩素臭くないし、内湯の檜の香りがいい感じ。

しかーし、かけ湯と飲用泉が止まっていた。
何故出さぬ?
う~む、こいつは減点だな。

今日はそれほど冷え込んでいないから、露天風呂も気持ちイイ!


最後まで貸切だったよ。




私達が脱衣所へ戻ったのと入れ替わりに、キャピキャピした女の子3人組が到着。
「今からあなた方が貸切よ」
と言うと大喜び。



「超ヤバすぎ!貸切~!!」
「超ヤバすぎ!貸切~!!」
「超ヤバすぎ!貸切~!!」
内湯から一人で同じセリフ3連発で感動していたGALちゃん。
その嬉しさ、脱衣所まで響きわたっていたよ。
さぞかしこのひと時を堪能したことであろう。






でもね、正直に言うとさ。



1,000円だったら、絶対に来ないよ私達(爆。
この近くに、もっと安く入れる温泉が幾つもあるから、そっちへ行ってしまうだろう。






Oちゃんが、こんなモノと、
ホルダー1
こんなモノが欲しいと言っていたので、
ホルダー2
今年のクリスマスプレゼントはこれらの詰め合わせにした。




私へのお返しは…。




まだ来ない。
サンタさん遅刻………orz

本日注文したんじゃ、クリスマスには間に合わないってば!
( ‘д‘)つ))`Д´)グリグリ




お土産にしてイブの皿うどんのお食後になった、SOSUIの「いちごもっこり阿蘇タルト」が、久々にスイーツを食べたダンナに大好評。
「特に土台がうまいっ!」
そんなに美味しかった?
どれ…。
うおっ!!
いいわコレ、全体的にいいわ!!
3月頃まで売っているかも。
また買いに行こう!!




クリスマス・ソングのCDを流しながらこの記事を書いていたら、突然再生が終了し、それ以降CDのイジェクトも不可能。
げげげっ!
アタシのバブルコンポ=KENWOOD MX-7MDが、遂に壊れちゃったみたいだわ。

修理?買い替え?
どうしましょ。
ソウル旅行まで1ヶ月になったこの時期に、なんとも親不孝なバブルコンポ…。
修理代を考えたら買い替えか?
いやそれ以前に、修理するにも部品があるかどうかが問題だ。



  本日のBGM RUDLRH THE RED-NOSED REINDEER/J.MARKS
         (再生途中でぶっちぎり)




励みになります

テーマ : ★クリスマス関連★
ジャンル : 日記

焦っても焦らなくても年は暮れる

日没が心配になるくらい、今日の当コースは大入り満員。
なのに途中からすっごく流れが悪くなって、私が付いた組はラストから3番目。
ずっとずっと前の組を待ちながらのプレイに終始しておリ、マジで日没のピ~ンチ!


走りまくった。
ああ疲れた。
なんとか日没には間に合った。



年末になって、何かと気ぜわしい。
やらねばならぬことも多い。
ゴエモンのお布団を干してあげたいのに、天気がいい日は仕事に当たっている。
正月準備も出来ていない。
年賀状の準備どころか、iBookの昇天と共に消えたその年賀状用の住所録も、ま~だ作り直していない。

だけどなかなか上手く事が運ばねぇ~(涙。


今日の運勢 62/100点だって。

立ち止まる時間も大切
少し立ち止まって心を休めたい日。
やらなければならないことをたくさん抱えてしまい、気持ちばかりが焦っているようです。
ここで少し立ち止まり、心の落ち着きを取り戻しましょう。
冷静になれば、それほど焦らなくても間に合う仕事かもしれません。
試験が近いからと、いろいろな問題集に手をつけてはいるものの、どれも中途半端になっているような状態かもしれません。
心ばかり焦っても、よい成果は得られません。
少し立ち止まり、状況を正確に見極めましょう。


天のお告げ、ズバッと当たっているかも。

そうか、立ち止まるか。



ダンナは忘年会でお泊り。
自分のペースで過ごせる今宵は幸い。


ちょいと歩みを遅くして、ゆっくりとひとつずつ片付けて過ごそうか。



明日は休みを確保しているが、前からの約束があって外出予定。
クリスマス・イブですよなぁ。

皆さんのご予定は?



我が家がクリスマス仕様になるのは、ゴエモンが帰省する25日。
明日の夕食は、ごくごく普通のものになるだろう。



クリスマス・イブにケーキもなく、夕食には皿うどんって違反?
だって冷凍庫のアレ(冷凍皿うどん)を片付けないと、他のものが入ってくれないのよぉ~。




本日は最後に、黒猫の近況をば。


黒猫ちゃん

みっちょの息子さんの膝の上でくつろぐクロネコちゃん。
とっても元気で、うるさいぐらいらしい(笑。

「帰ってきたら甘えてくるようになってかわいい(●´∀`●)/」
と息子さんは母へのメールに書いて来ていた。


愛されています。
幸せです。

落ち着いて暮らしている様子が伝わり、とても安心しました。


  本日のBGM 少しずつ大切に/MISIA

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

冬至の一日は、かくも短く長く。

1年で最も昼間が短い冬至。
快晴の朝、その短日の陽光が存分に降り注ぐ。

しかし思いっきり霜が降りておリ、朝イチのコースはカチンコチンでありんす。

冬至の朝

休日前だからなのか年末だからか、こんなウイークデーはお客さん少なめ。
私らの仕事も少なめ。




こりゃぁ3時過ぎには仕事が終わっちゃうかな?…と予想していたら、
「郵送物の発送準備を手伝ってください~」
と事務所から声が掛かり、手隙の時間はその助っ人。


始めた頃はまだ良かった。
珍しい仕事を面白がり、雑談も弾んで笑いながら手元も口元も良く動いていた。

事務所にて

会員諸氏へ送る年間行事予定や年会費の振込用紙。
このブツが数100名分とすっごい多さ。
しかも、
「明後日には発送しなくてはならない」
とのことで、励めどもなかなか減らぬその仕事量に、段々と口数が減っていく助っ人一同。


お客さんが帰ってしまった後も、各セクションの人員を動員して残業と相成る。



単純作業ゆえ、立ったまま眠くなる者も出る始末。


去年も手伝った記憶はあるが、ここまでギリギリの期限ではなかったように思う。
なんでこんなに切羽詰った頃合まで仕事を溜め込むのかと、みっちょ課長を冷やかすワタクシ。

「印刷物の納入が遅くなって、発送期限がずれ込んでしまったの」
だと説明される。

業者にペナルティーを請求せよ~!



なんとか目処が付いたのは午後6時。

冬至の夜空


外へ出たらもう月と星がキラキラ。
冬至の一日は短くそして長かった。



事務所にいるとき、
「これ、届いていたから、コソッとキープしておいたよ」
って、みっちょ課長から渡された。

おおっ!
ありがとう!

頼んでおいたコカ・コーラの販促用カレンダー!!

コカ・コーラカレンダー

喜んで持ち帰り、帰宅してから開封すると、



( ゚Д゚)アライヤダ!!
去年までのものと違う~!!



イラストレーターの作品集だったものが、モデルも加わってのCGモノに変わっていた。

純粋にイラストだけが良かったのに…。
(´ω`)‥トホー




ダンナが何故か早く帰宅しておリ、すでに風呂の掃除を終えて入浴しようとしていた。
慌てて夕食の支度に取り掛かるワタクシ。


風呂から出て来たダンナが叫ぶ。
「あ!冬至なんだから柚子湯にすれば良かった!!」
ちょうどテレビのニュースで、銭湯の柚子湯に笑顔を放つじいちゃん達が映し出されているところだった。

そ、そうだよ、玄関にアノ頂き物の柚子が、まだゴロっとあるじゃないか!

「今から柚子入れて、もう一度入り直せば?」
「もういいよ…」
ダンナ挫折。

「いいさ、ゴエモンが帰ってきたら、遅ればせながらのの柚子湯をしてあげよう」
と告げる。
「そうだな…。自衛隊でも柚子湯ってやるのかな?」
「そんなことはしないんジャマイカ?」


ゴエモンさん、明日から年末年始休暇に入る。
横浜のばあちゃん宅へ行ったり、友達と会ったりして来て、こちらへ来るのは25日から。
たっぷりの休暇は、来月4日まで。
年末年始休暇が2日間しかないワタクシには、なんとも羨ましい限りのお話。

ゴエモ~ン、家の手伝いが沢山待っているよ~♪


  本日のBGM 真冬の青空/松山千春



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

ぶらり熊本

今朝のゴエモン地方はすっかり雪景色。
市役所前を映し出すライブカメラでは、雪かきをする人の姿が見られた。

市役所前雪かき

ブルブルブルブル。
寒そう~!!




熊本では雪雲が去って青空が戻った。
しかし風は冷たいなぁ。
あんまり外歩きはしたくないなぁ。


今日はお休み。
所用があり、熊本市の中心部へ。

少し時間をつぶす必要があったので、そうだ♪と閃いて、熊本城内へ車を進めた。

熊本城公式ホームページ

熊本城1

 宇土櫓

天守閣まで行っている時間はなかったので、櫓(やぐら)の画像でご容赦。


築城400年の名城。
私は熊本城はカッコイイ!と思っている。
いや、私だけじゃなく、熊本人は結構このお城を誇りに思っているんじゃないだろうか。

熊本城2

 未申櫓


「武者返し」と呼ばれる急勾配を持った石垣、そして黒を基調とした城郭の建物類。
広大で重厚なこのお城が、市役所の隣にどーーーーーーーん!と構えておリ、市内の至る所でビルの間から天守閣が見え隠れする。
(まるでビルの間からチラチラする東京タワーのよう)
熊本に初めて来た人は、近代的な街並みの真ん中にこの天守閣が堂々と構えている情景を目にして、かなり驚いたり感動したりすると言う。


私はお城と言ったら、母の郷里である会津若松市の「鶴ヶ城」や、以前住んでいた神奈川県の「小田原城」など、幾つかのお城しか間近で眺めたことがないけれど、熊本城は現存するものの中では日本屈指の名城だと思う。


熊本城3

 頬当御門


天守閣へ向かう正面入口である「頬当御門」。
右手奥に見えているのが天守閣だ。

頬当御門には鎧(よろい)を着た門衛が立って、来場者をお迎えする。

熊本城4

冷え込んだ今日も、甲冑姿さんはじっと佇んでいた。




熊本城では毎年迎春行事も行われる。
天守閣から初日の出を拝む人々も、熊本ではお馴染みの新春風景。
お正月休みに熊本城へ!ってもの、案外良いかもよ~。

熊本へ来ることがあったら、是非とも熊本城へ足を運んでくださいな。
復元整備計画もかなり進んで、数年前はあちこちにあった工事中の足場や防護ネットも目立たなくなった。
撮影ポイント満載の場内は、携帯のカメラでも、上記のようなカッコイイ画像が随所で撮影可能っす。
遠方から来ても、きっと後悔しない場所でっせ!
そして地元にいても、何となくまた行きたくなっちゃう場所なんだよなぁ…。




外出から戻ると、やっぱり家の中が冷え冷え。
またエアコンのタイマーを設定しておくのを忘れた。

明日は忘れないようにしておこうっと!!



  本日のBGM 想 -new love new world-/福山雅治



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

寒さを吹き飛ばせ

朝方から小雪が舞う。
グリーンは徐々にうっすらと積雪しているんだろうな…。

小雪が舞うさなかに到着したお客さんの中には、プレイしようかどうしようかと迷った挙句に、結局キャンセルして帰って行ったお方もチラホラ。
そのために予約数はいささか減少したけれど、キャディ付きのコンペは予約通り発進するよ~。
アタシも付いて行くのね…。
( ;∀;)


グリーンの周りには、除雪した痕跡が認められた。
コース管理課の皆さん、早朝からありがとう。



気温が4度台を超えなかった一日。
小雪にみぞれ、そしてあられが断続的に降る中でのゴルフ。

あんたたち、こんな時にゴルフして楽しいんかい!?
(ノД`)シクシク

制服の下に着込んだユニクロのヒートテックも、あまり役に立たなかった気がする。
手袋は濡れそぼり、まるで冷水湿布をしているような状態になるし、とにかく早く終わりたかった…。

カートに乗り込むと、ミゾレやあられが頭上から落ちてくることは避けられる。
だけど両サイドには何も覆いがないカートゆえ、冷たい風にピューピュー晒される。

カートを運転している私へ、
「キャディさんは、寒くないの?」
鼻水垂らしながらお客さんが問う。
「寒いですよっ!!」
こんな日にもゴルフを諦めないアンタらのおかげでな…。


気温4度の屋外で、アラレがパチパチ体に当たって音を立てているその状況で、寒くないと答える人がいる訳ないでしょうよ。
私なんかまだ薄着している方よ。

薄い綿が入った防寒着の、上着だけじゃなくスボンまで履いて、
「ここはスキー場か?」
ってくらいに着込んで仕事している人もいるんだから。
動きにくくなるから、私はあんまり重ね着をしないし、絶対にズボンは履かないよ。

冷え性代表:Oちゃん曰く、
「寒いのに我慢する必要はない!」
だから彼女は思いっきり着込む。
もちろんスパッツを履くのも忘れない。


履いた事ないのよねぇ、スパッツ。
スキーに行く時も履かなかった。





とにかく猛烈寒気団が早く上空から去ってくれますように。
そう祈る今宵。




帰宅時間に合わせ、自宅のエアコンタイマーを設定しておかなかったことを後悔。
帰宅すると部屋は冷え冷え。

猫団子

猫は寒くて団子状態。
部屋が温まってくるまでの時間が長いこと…。




寒がってばかりいても仕方ない。
温かくなれることを何か考えよう。

そう言えば、今日が締切だったのよ。
職場の社員研修旅行の参加調査。
書き込ませて貰ったわ。


韓国旅行とは別で、毎月積み立てしているもの。
今年は3月に鹿児島へゴルフ旅行。
名門と名高いコースへ行き、ゴルフしながら学び取ってこようと言う趣旨の旅行。
その発想自体が、うちが名門ではないことの証だが…。


3月の鹿児島、暖かいだろうな。
3年前のこの旅行が鹿児島だった。
3月初めに行き、一応冬支度をしていたら、暑いくらいの陽気になっていたのさ。


行き先や日程が決まったので、WEBでチェックを入れてみた。
今回は砂蒸し風呂で有名な温泉地へ泊まる。

鹿児島といえば桜島。
その雄大な姿は、とっても印象に残る。

桜島


だけど私は鹿児島と言えば、開聞岳に心惹かれる。


Kaimon-dake(mountain) / 開聞岳(かいもんだけ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)


あの山の姿は美しい。

開聞岳1

写真提供 デジタル楽しみ村


鹿児島方面、特に知覧へ行った時や、鹿児島から沖永良部島へフライトした時には、その姿を見ることが出来た。
だけどチラチラと見ただけで、まだあの姿を満足行くまで「くっきりと」見たとは言えない。

小学校3~4年生の担任が、この山の近くで生まれ育った方だった。
子供の頃の思い出を多く聞かせてくれた先生で、その話の中には何度も開聞岳や青い海が出て来た。
その頃の私は、まだ見ぬ開聞岳へ、思いっきり想像を膨らませていたっけ。


この社員研修旅行の頃には、菜の花の季節を迎えているだろう。
私は二日ともゴルフ組と希望している。
二日目を観光組にしている人たちとは違い、私には池田湖と菜の花と開聞岳をセットで見られる機会は得られないだろうが、子供の頃から憧れていた山の裾にある、温暖な地と温泉へ出掛けられる事が嬉しい。


開聞岳はスッキリとその姿のすべてを見せてくれるだろうか。
砂蒸し風呂体験出来るかな?
おいしい料理も待っているかな。

ぬくぬくして来たぞ♪


あ…でもその前に…ゴルフのスコア…。
_| ̄|○ il||li


あったかくなったり冷汗かいたり。
忙しいですな、今夜のワタクシ。


  本日のBGM 寒い冬だから/つじあやの



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

日本列島雪景色

昨晩けっこう遅くまで眠らずにいた私は、窓の外が気になって何度もカーテンの隙間から暗い庭を眺めていた。
雪は降っていないだろうか?
積もったりしていないよね?

スタッドレスタイヤに履き替えているとは言え、雪道に慣れていないことには違いないんだから、雪が積もっていないことの方が望ましい。
それにアウトドアレジャー産業な職場としては、忘年会コンペ等で予約が詰まったこの週末は稼ぎ時。
降雪だの積雪だのでコースが使えないとなっては、どれだけドタバタするかが想像出来る。

何度も覗いていた窓の外は、雨も雪も降っていなかった。
もちろん積雪も認められず、私はひとまず安心して一眠り。


目覚めてみると、外は雪など見当たらない曇り空。
家を出て仕事に向かう頃はまだ薄暗いけれど、霜が降りていることと、路面が少しだけ濡れていることがわかった。

少しだけ雨が降ったのかな…。




ところが車が職場方面へ進んで行くと、周りの景色が一変。
あらららら~、雪景色じゃないのさ~!

やっぱり昨晩降ったんだわね。
さすがは熊本のチベット、寒さの度合いが我が家辺りとは違うんだわ。


積雪1

コース内も雪化粧。
あーあ、この具合じゃグリーンの雪が溶けないよ。
お客さんをスタートさせるのは、かなり遅れそうだねぇ。


路面凍結

路面凍結。

駐車場凍結

駐車場もツルツルカチカチ。
転ぶ人が出ませんように…。



グリーンが凍って除雪作業にも取り掛かれないとのことで、お客さんも出せない&作業も出来ないでは、ひとまず我々は待機するしかない。
キャンセルも結構入っているようだ。
それでも玄関には物好きな熱心なお客さんがやって来るので、ワタクシは玄関番に。



積雪2

あんまり来ないお客さん。
暇だから雪を被った葉を撮影。





なーんてことをしていたら、



降雪3

あー、また降って来ちゃったよ。

降雪1

凍った地面が白く変わって行く。


降雪2

ダメだこりゃ。
お客さんを出せる時間がさらに遅くなること必至。


積雪3

アタシのバロンちゃんも雪化粧。


画像の多さが、私の暇指数を表す本日のブログ記事(笑。




積雪4

8時過ぎには降り止んだ雪だけど、コース内の白さは増してしまった。




まだまだ除雪作業に取り掛かれない。
諦めて帰るお客さんも出始めた。

キャディ付きの9組コンペ、一気にキャンセルになってお帰りになることに。
到着するお客さんと帰るお客さん(しかも9組の団体他多数)で、クラブハウスがドタバタし始めた。

「こんな日に出たくないよね~」
と口々に言っていたキャディさん。
このコンペがゴソッと消えて、内心では喜んでいる。
しかしそのために、今日の仕事はないに等しくなったかも…。


玄関に戻って来た、お帰りになるお客さんのキャディバッグがどっさりんこ。

あ、この人!
来たときに見つけて、珍しい名前だね~!ってみんなで話していたんだわ。
例の9組コンペの一員だったのかぁ。

珍名さん

何と読んだら良いんだろう?
「まことちゃん?」
と言った人が。
ああ、そうかも知れないですぅ~。
何だか「円空」とか思い出させて、僧侶のようなお名前ですな。
でもこのコンペ、宗教団体ではなくて、某通信会社系の皆さんだったよね。



10時半近くに、グリーンの除雪をするとのお達しが。
それ!おいら達は作業の助っ人だ、長靴に履き変えて行かなくちゃ!


雪解け

雪解けで地面から湯気が上がっている。
「うちは温泉が出ているから(ホント)、
 地熱があってあったかいんですヨ~…って言ったら、
 この湯気を見たお客さんは信じるかもね!」
ってKさんが言うけどさぁ、真に受けて信じられたら困るじゃん!



フェアウエイやラフは、こうしてすっかり雪が消えているけれど、グリーン上はまだ雪が残っている。

雪かき

さあさあ、雪かき作業を頑張るべさ。


しかしゴルフ場の作業って、かなりの部分でアナログよねぇ。
人力除雪に頼るしかないグリーン上。
私たちって「何でも屋」だわよ。


1時間近く雪かき作業を手伝ってクラブハウスへ戻ると、やがてお昼を迎えようとしていた。
11時前からスタートさせる事が出来たお客さんだが、結局その組数は、予約の半分近くに減っていた。

「お客さんが減っちゃったし、半分は昼で帰っていいか…」
と告げる上司。




( ̄ー ̄)ニヤリ




私もその一人に含まれたのね。




昼で帰宅してしもうた。
土曜日なのに昼から( ゚д゚)ポケー。

帰宅してゆっくりと朝刊を眺めていたら、WOWWOWのでっかい広告が目に付いた。
年末年始にかけて、心惹かれる番組が多いじゃないのさ。
福山雅治のLIVEが見たいぞ!

未加入なのよね、有料放送って。
945円キャンペーン中か…。
入ってみようかな、この機会に。


遂に入っちゃいましたWOWWOWに。
録画で見ることが多いだろうけど。
ゴエモン、ちょっと嬉しい?




夜勤明けのゴエモンレポ。

小松積雪1

あらー、空港がっすっぽりと…。
(右奥にぼんやり見える灯りは、空港ターミナル)
視界が悪いし、除雪も必要っぽいのね…。


小松積雪2

ああ、こりゃ確かにチャリ通勤は無理だわ(笑。

ゴエモン地方、本日は「落雷が~!」だそうで。
あの地方は冬季雷が多いので有名でしてな。

その空港での落雷といえば、その筋ではちょいと有名なこんな動画も、YouaTubeにありましてな。



ゴエモン空港で、1997年1月6日11時57分59秒に発生した事案らしいっす。
すげーよ、こわいよ。



オヘソを盗られないように気をつけてね、ゴエモンちゃん!


  本日のBGM WINTER SONG/DREAMS COME TRUE



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

ブルーサファイア

今日は二本立てになったスね。



まずは黒猫ちゃんのその後について。
画像提供者はみっちょ。

みっちょ宅に来た日、黒猫ちゃんは窓際に佇み続けた。

リン1

先住猫のジジはと言うと、一応子猫が気になる様子で近寄りはするが、子猫の方が警戒して「シャァ!」だって。
それってあるよねぇ。
うちでも過去においてそうだった。
何故か「シャァ!」「フーッ!」と威嚇するのは、先住猫ではなく転入組だった。
あれって何故なんだろう?
やはり弱い立場の方が警戒心が強いからなのかね?

そんな状況下にあっても、黒猫ちゃんはしっかり餌を食べトイレにも行ったそうだ。
餌を食べながら、
「しきりに背後を気にしているのがおかしかった」とみっちょ談。

その翌日もまた窓辺に佇み続けていたそうだ。
みっちょ宅にまだ慣れないのだろう。

しかしその日の夜遅く、息子さんがこの実家へやって来て、

リン2

黒猫ちゃんを連れて行った。
大学の近くで一人暮らししている息子さん。
ひし!と抱いてくれているその腕が頼もしい。

あれから3日。
息子さんの部屋に慣れたでしょうかね黒猫ちゃん。

その後のことも耳に入ったらまたご報告しましょう。




さて今日はずっとパソコンに向かっていた。
目も肩も腰も、そしてお尻も痛くなるくらいに座り続けていた。

上手くいかないんだわ、スライドショーが。
あこちんの頭に浮かぶ「挫折」の2文字。
手順通りにやっているのに、ブラウザでプレビュー不可能なの。
SafariとFirefoxでプレビューするけど、まったく歯が立たないの。


ダンナが、
「深夜にしか帰宅しないので夕食は要らない」
と言っていた。
キッチンに立つことをやめて、自分の夕食を作ることもなく、夕食がわりにせんべいをポリポロ齧って済ませ、諦めきれない気持ちでパソコン画面とにらめっこを続けていたけれど埒があかなかった。

他の手段でやるしかないかなぁ。
そんな気持ちになってちょいと凹んでいる。





仕事に行っていたOちゃんの話では、職場では雪もアラレも雨もパラつく一日だったそうな。
しかし私は窓の外を眺める時間があまりなく、こちらで雪が舞っている様子を目にしていない。





座り続けてばかりいると実にあちこちが痛くなってくるので、たまに席を立ってみる。
席を立つと水槽を眺めたり、動物の世話をしたり。

そうだ、ハムスターのしぐれちゃんに餌を与えなければ。


しぐれ1

気配を察して出て来たしぐれ。
据え付けてある木の巣箱ではなく、寒くなってからは床材で巣を作り、そこに潜り込んでいる。

しぐれ2

ミカンを入れたらのそのそ出て来て、喜んで齧り付く。

それはそうとねぇ、しぐれちゃん。
あなたこの頃、毛色が変わったわよ。

しぐれはジャンガリアンハムスターのブルーサファイア。
青味がかった灰色という設定。

しぐれ1

ほら、この上下二つの8月に撮影したしぐれの姿は、顔も背中も少し白っぽい毛が多い。

しぐれ4




ね?
こちらは今日の姿。

しぐれ4

顔から背中へ青味がかったグレーが多くなって、脇腹のあたりの白い部分が減っているような…。
私だけじゃなくて、Oちゃんもあなたを見てそう言っていたわ。
「濃くなったよね!?」
ってね。

しぐれ3

当人(?)はそんなことには無関係と言った表情で、無心にミカンを食す。


冬毛になると「白くなる」ハムスターがいる。
欧米ではウィンターホワイトハムスター (Winter White Hamster) などと呼ぶそうだ。
でもこのしぐれちゃんの場合は逆じゃないか。
冬になったら白毛が減ったって?
そんなのもアリ???
不思議な子だわ。

もしかしたら、すっかり大人になって「完全なるブルーサファイア」になったから、この毛色だっちゅーのかなぁ?





ゴエモン、今夜は夜勤している筈。
ゴエモン地方は強い北東風とにわか雪。

2009.12.18 1500 UTC:Coordinated Universal Time ( 0000 JST:Japan Standard Time )
Wind from the WNW (300 degrees) at 21 MPH (18 KT) gusting to 32 MPH (28 KT)
Visibility less than 1 mile
Sky conditions obscured
Weather Snow showers
Temperature 33 F (1 C)

夜は仮眠の時間があるというけれど、陸の孤島みたいな管制塔(空港の西の果てにポツンとある)でこんな天候の中を過ごすのって、どんな気分なんだろう。

そのうち教えてね、今夜の気分を。



さあさあ、明日は早いぞ。
雪が積もったりしていませんように…。


  本日のBGM サファイア・ブルー/郷ひろみ




励みになります

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

コメント返しニャン

休みで在宅中。
外は北風ピープー。
ゴエモン地方のライブカメラを見たら、横殴りの雪が。
しかし我が家はぬっくぬく。


今日は依頼されている例のWEBサイトスライドショーに取り組んでいるんだけど、いまだに四苦八苦。
Flash作成のフリーソフトもDLしてみた。
ただいまそれを試行錯誤中。


先程コメントで、O2店長氏から質問があったことを発見。
コメント返しでお伝えしようと思ったが、私のこのブログはコメント欄へのURL貼付けを禁止している設定なもんで、参考になりそうなサイトへのご案内は新規記事にて…ってことにした。


猫のしつけについてのお尋ねですよねぇ。
あの子たちは言っても良くわかっていないみたいですよ(苦笑。
怒られているのはわかっている。
「あら、ヤバイ!」
って顔で逃げて行くから。
でもあまり学習能力はない。
そんな感じです。

こちらのサイトを参考にされてはいかがでしょうか。

花王 ペットサイト 猫を知る 愛猫と暮らす生活事典
こちらの「猫のしつけ」を御覧下さい。



続いて私感を述べます。

爪切りの仕方…これは猫によって異なるものですね。
ペットショップやホームセンターで売られている「猫用爪切り」で切るのが基本ですが、この爪切りは慣れないと使いにくいものです。
猫の爪ってのは普段は奥に引っ込められている。
これを捉えるのに手間取るんですわ。


・あまり嫌がらずに切らせてくれる銀之丞

銀

「通称:鳥の巣」にて昼寝中

・嫌悪感丸出しの声で騒ぎ、手まで引っ込めて抵抗する寅蔵

寅

立っているように見えるが、実は脚を突っ張ってソファに寝そべっているところを真上から撮影

・少し嫌がるけれど諦めモードの富久娘

フクちゃん

能ある猫は爪隠す

と三者三様ですな。
(以上、ただいまの3CATSの姿実況付きでした)


切るのは前足の爪だけで良いですよ。
後ろ足まで切っちゃうと、猫の「スパイクが効かなくなる」と獣医師に言われたことがありましてな。
ジャンプの際等の失敗・怪我の元だそうです。

で、つい最近発見したんですが、人間用の爪切り、これでも切れないことはない(笑。
というか、コレを使うと素早く簡単に、そしてあの寅蔵でもあまり抵抗を見せずに切らせてくれる。
切った爪が飛び散らないし、素人には割と良いかも。
ってことで、最近はコレを使っているワタクシ。
その行為を否定する人もいるでしょうが、困ったときには色々と工夫や応用も一部可だと思うんです。
ただ、切り口があまりきれいにはならないですね。
猫の爪って、薄い層が幾重にも折り重なっているんですよ。
こちらの爪切りを使うと、パリパリって感じになっちゃいます。

できるだけ子猫の時代から、爪切りの習慣を付けておきませう。
おとなしく切らせてくれたら、うーーーーーーんと褒めてやってください。
押さえつける感じになると、すごく嫌がる猫もいますので気をつけて。
つーか、押さえつけられたら誰だって嫌がりますがな。
逃げ出すどころか引っ掻きまくりで、飼い主流血惨事を招きますな。
(やられました、ワタクシも)

一人じゃなく、二人でタッグを組んで切ると上手くいくかも。
うちでは猫用の爪切りを使うときは、「保定係」と「爪切り係」の二人がセットで取り組んでいました。
人間用を使うと、これが一人でも出来ちゃうんです。
ご褒美付きにするのもしつけの手段だと思いますが、うちではそこまでやっていませぬ。


爪とぎはいつから始まるか…。
気がついたら始まっています(苦笑。
生後2~3ヶ月くらいから始まるとの説もあります。

段ボール利用の爪とぎを用意していますが、値段が高かった限定品なのに不人気です。
布製の爪とぎの方がお気に入りです。
猫タワーの支柱に巻きつけてある麻ロープは、銀之丞のお気に入りですが、他の猫は使いません。
猫にも個性や好みがある、これが言えているんじゃないかと思います。
設置場所にも左右されると思いますね。
爪とぎしやすい高さや場所、これを考えて置いてみるなど、工夫も必要ではないでしょうか。

我が家では壁紙やソファ、ことごとく犠牲になっています(大泣。
爪とぎしつけ用のスプレーを買って使いましたが、これも顕著な効果は見られません(涙。

爪とぎをしやすいタイミングってのがあるような気もします。
・トイレに行った後
・食後
なんかは、気分がハイなのか爪とぎの傾向が見られる気がするんです。
だからそうしたタイミングには要注意かなと。



あの保護猫ちゃんですよね。
里親見つからなくて、スタッフさん宅でお引き取り…ですか?
「いつでも里親募集中」とか、
いつでも里親募集中
そうしたサイトもあるんですけどね…、なかなか難しいかな。

O2さんのブログみたいに、アクセスが多いところで取り上げても、里親候補のお声がかりがなかったんでしょうか。
ブログに載せる画像、できるだけカワイコちゃんにしてみてとか…ダメかな~。



スタッフさんも子猫さんも、お幸せにとお祈りします。
゚(∀) ゚ エッ?
うちですか!?
黒猫ちゃんでいろいろと慌ただしくした直後なもんでねぇ…。
ごめんなさいです、うーむ。


以上私信コメント的呟きでした。



最後に一言。
猫は完全室内飼いに限りますよ。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ふわりフワリ

今朝は外が霜で真っ白になっていた。
冷え込んだなぁ。
しかし雪の予報が出ていたけれど、平野部では降らなかったみたいだな。

7時半に家を出て職場へ向かう。
5分ほど走ると国道へ出る。

あ。

目の前を白いものがフワリ。


雪だ、初雪だ。





職場の近くへ行くと、流石に山合いの地域だけあって様子が違う。
畑や屋根などに、雪がうっすらと積もっているではないか。

職場の駐車場へ車を入れる。

初雪1

愛車の屋根に落ちたばかりの雪をパチリ。


駐車場にとめられている社用車は、

初雪2

こんな感じになっていた。



地元から通勤している人の話によると、今朝の6時半頃から降り出したのだと言う。
そうだったのかー。



こうして始まった一日。
朝早く到着したお客さんには、
「グリーンに積もっていない?ゴルフ出来る?」
と何度も尋ねられたが、それほどではないと答え続ける。
県境の向こう、福岡県側から来たお客さんの話では、
「久留米の方は結構降っていたんだよー」
とのことだった。
しかし路面に積もって交通に支障が出るような降り方にはなっていない。


雪は朝のうちに舞っていただけで、その後はどんよりとした空模様が続いたりしていた。
時折強い北風も吹き、冷え込みの厳しさが続いて、「寒い~!」を連発しながら仕事をしていた私たち。


仕事の合間に総支配人が顔を出し、
「あんたら、旅行の傷害保険に入っておかなくて良いのかね?」
と尋ねて来た。

ああ、あの保険…。
旅行の申込書と一緒に案内があった。
釜山の時は旅行代理店を使わない旅みたいなものだったから、そんな保険の話などは話は全然なかったけれど、今回のソウル行きは大手旅行代理店のツアーを利用するので、傷害保険の勧誘も添えられていたのだ。

3日間で3,000円を超える保険料掛け捨て。
どうしようかと話しながら、
「勿体無いから入らずにおこうか」
と多くの人が加入を控えていた。

「もしも医者にかかるようなことがあったら、
 かなりの金額になっちゃうんだよ。
 ぼくはそれを心配しているんだよ」
そうおっしゃる総支配人。

新型インフルエンザとか、そういったことも頭に浮かんだ。
携行品の補償も含まれている。

「ま、もう一度参加者と話してみますわ」
そうお答えする。
Oちゃんも打診を受けて、少し真面目に考え始めた。



職場では資料が見つからなかったので、帰宅後に保険の内容を吟味。
WEBサイトからも手続きが出来るので、そちらを眺めてみた。

加入の際には告知事項がある。
ええと…。
正直に回答すると、私の場合は医者にかかっているわけで…、これが該当する。
それと過去3年以内に傷害保険の請求をしたことがあるかって…、これも該当する。
昨年の骨折で、通院保障がある共済に加入していた私はこれを請求したのだ。
その振込が結構あったので、今年初めに釜山へ行った時には大助かりした(笑。

あら、該当事項がひとつでもあったら加入出来ないじゃん!
ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


Oちゃんもアレルギー性の喘息持ちで、吸入が欠かせない人。
定期的に通院している。
しかも彼女もまた私と同じく通院保障のある共済に加入しておリ、そろそろ手首の骨折の件で請求をしようと考えていたところだった。

正直に告知へ回答したら、私ら旅行の傷害保険に加入出来ましぇ~ん!


加入は見送ることにした。
何事もなく旅を終えられるように祈るしかない。




さて、昨日は暗くなるまで作業に没頭していたため、撮影しそこねていた庭の画像。


スッキリ庭1

スッキリ!

着手したばかりの時と比較してみると、

庭師

栗の木の背後にある樹木がスカスカに。


そしてこれも今日の画像。

スッキリ庭2


作業開始した頃は、

剪定中1

真ん中にある梅の木の背後がこんなにも茂っていた。


剪定中2

この角度からは樹木の陰になって向こう側が見えなかったのに、上の画像をもう一度並べて見ると、


スッキリ庭2


Oちゃんに「隣の家が見えるようになった」と言われたのも頷ける状態がコレで、今はスカスカになって見通しが良くおりまする~。



まだ残りが気になるけれど、また来てくれると言っている庭師に期待しておこう。





ゴエモン地方の雪は本格的になった模様で、

小松雪景色1

今夜の様子が写メで送られて来た。

小松雪景色2

天気予報で「日本海側は大雪に…」と言っているのを良く耳にする。
ゴエモンのところは、まさに空港の目の前が日本海。
ゴエモン地方のライブカメラを見ようとしたら、強い風が吹き付けているようで、カメラがガクガク揺れまくっている。
普段でもピントが合わない事が多いこのカメラ、揺れでブレまくってお話にならん。

あの「雪雪雪雪雪」週間予報だから、きっと今後も降り積もり続けるのだろう。
どっかりと雪が積もった毎日には不慣れなゴエモン、足元に気をつけて過ごしておくれよ。
足元だけじゃなく、屋根から落ちてくる雪にも用心せよ。
そして目の前の車にも…な。


数年後には、ゴエモンも車を持つようになるのだろうが、こんな地方で車を持つのかと思うと、おかあちゃんは心配になるぞよ。
ツルツルの路面なんて、運転した事ないのにさぁ。
怖いなぁ。
それにスタッドレスタイヤが必須アイテムじゃん。
官舎住まいなのに、シーズンオフにはどうやって保管するの???




我が家の方では明日は今日よりもっと冷え込む予報で、雪や雨が断続的に降るようだ。
うちのコースはお客さんの予約が少なく、目土作業デーになっている。
目土出来るのぉ?
実施するとしても、そんな予報の中じゃ大変だよぉ。
ご一同から明日の作業を訝る声が続発。

作業を中止にするなら今日のうちに言って欲しい。
そうすれば出勤しなくても済みそうな人も出てくるだろう。
しかし中止のお告げは出なかったので、ご一同の表情が冴えない。

すんまっしぇん、ワタクシ前もって明日はお休みを確保していたんだわ。
その後で目土作業って決まったんだわ。
目土作業が入ると、その後はお休みしたくてもお休みがもらえないのよ。
「出遅れた!」
と悔いていた人々がどんなに多いか知っている。

ま、これも運だわな。


あったかくしておとなしく過ごしていようっと。
エアコン1台だけじゃ温まりきれない20畳超のLDKだが、そこへオイルヒーターをひとつ追加しただけでだいぶ違う。
決して大きくないんだけれど、1台あるとお役立ち。
優秀だよオイルヒーター。
とあるポイント交換で入手したものなんだけど、ファンヒーターが壊れてしまって以降は、このオイルヒーターが助っ人として活躍している。


全国的に寒波に見舞われそうなこの週末。
皆様方も暖かくしてお過ごしを。


  本日のBGM 初雪~ENDING THEME~/DREAMS COME TRUE



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

冬支度

体が痛い…。
でもまだ今日も続くよ庭のお仕事が…。

その前に、本日はまず愛車のタイヤを冬支度に。

昨夜の露天風呂、道理で「寒いよ~」と思っていたはずだ。
雨が降り出した中を出かけていたのだが、阿蘇ではその雨が雪となり、阿蘇山上ではこの冬の初積雪(5cm)を記録し、本日は沖縄から来た修学旅行生が、雪景色の中で大はしゃぎしている画像が添えられてニュースになっていた。


スタッドレスタイヤを積み込んで、いつもお世話になっている自動車修理工場へ出向く。
すると遠くに見える山が雪化粧しているのが見えた。

今朝の雪景色

遠くと言ってもこの山々はわが市の山で、大分県の県境方面。
見た感じでは標高700mを超えたあたりから雪を被っているようだった。

いよいよこちらも冬型の気圧配置になり、平野部でも雪の予報が出て来たしねぇ。
我が家のピンポイント週間予報がこちら。

当地の週間予報

近年は温暖化の影響なのか、積雪で往生することは少なくなったが、それでもやっぱり「もしも」の時に備えておかないと。


ノーマルバロン

普段の姿は白いアルミの愛車バロンちゃん。
インチアップしたホイールに少し薄いタイヤを履いている。

スタッドレスタイヤはアルミホイール付きで保管しておリ、冬支度を終えたバロンちゃんはこんな感じ。

スタッドレスバロン

ホイールとタイヤサイズが標準仕様になるので、初めてこれを装着した時にはゴエモンに「ダサッ!」と言われた悲しい冬バロン。
そりゃあまあ、フルエアロのクーペにノーマルサイズのホイールとタイヤは似合わないけれどな。
仕方ないんだよ交通安全のためなんだから。

我が家よりも職場は山合いの地域にあって、冷え込みや雪の降り方が違う。
「もしもの時」が怖いから、私は備えを怠らない。
前にも書いたけれど、スタッドレスに着替えて通勤するのは、私だけなんだけどね。
県道からクラブハウスまでの急な上り坂、コース管理課さんが融雪剤を散布してくれるけれど、出勤時にはまだ溶けないこともあり、雪が残っていたら怖くて登れないよ。



朝のうちにタイヤの交換を終え、自宅へ戻って庭仕事の続きに着手。
庭師である妹は、
「孫が風邪気味だから、通院させてからそっちへ行く」
と連絡して来ている。
妹が来るまでの間、昨日切り落とした枝を短くして、黙々と処理し続けるワタクシ。
昨日から庭師の下僕はこうした雑用を多くこなし、チェーンソーで太い枝を切ったりしているものだから、腕がガクガクに疲れている。

しかーし、妹が来るのが遅い!

「病院が混んでいた」と言いながら、昼過ぎにやっと来た。
この按配では、予定していた作業を完了することは難しそうだ。


それでもガンガン剪定してもらい、いや剪定と言うよりも伐採に近い切り方になり、背が高くなりすぎて高枝切りバサミを使っても上のほうは収穫できなくなった柿の木(ガンザン)だって、思い切って途中からバッサリ。
昨日切った栗も今日のこの柿も、数年の間は収穫に期待が出来ないけれど、新しい枝が伸びたらまた実るさ。


夕方、Oちゃんが飲み物などの差し入れを持って立ち寄ってくれた。
「違う家の庭みたい…」
驚きながら笑っていた。
「すごーい、隣の家が見えるようになった…」
そう、隣の家との境に密集していた部分を集中的にやっている。
隣の家は従兄弟なんだけど、普段から口の減らない男なんだわこの人が。

「そっちの木が茂っていて、うちの庭木に日が当たらない」
などとダンナに嫌味を言ったそうだ。
何日か前にダンナからその話を聞き、ムキー!と感じていたもんだから、とにかくそっちを先にやりたかった。
昨日も今日も、剪定している様子を見て、この従兄弟が何かと口を出していた。
「おー、正月が来るごたるなぁ」(正月が来そうだなぁ)
とか、
「そぎゃんところから切ってしもうたら、柿が成らなくだろがー」
とか。
「だって、うちの脚立じゃここまでしか届かないんだもーん」
「うちに高い脚立があるのに」
と返して来てさ。

それは知っていた。
妹はこの家から園芸用の脚立を借りようと提案していたが、それに関してうちのダンナがいい顔をしなかった。
普段から嫌味っぽく言われているので、頭を下げたくないような事を口にしたダンナ。
それを聞いた私も、何となくその心境がわかるので、隣の家には頼み込むことをやめると妹へ告げていた。


Oちゃんも少し手伝ってくれながら、暗くなるまでとにかく作業に勤しむ。
大きな大きなトウカエデの木をバッサリと切りたかったが、これには藤が巻ついておリ、庭師が難儀している。
この木のすべてを剪定し終えないまま、そして気がついたら今日は全く庭の画像も撮らないまま、周囲は暗くなってしまっていた。

妹よ、もう少し早く来て欲しかったぞよ…。

「姉ちゃんがいなくても、また来て切っておくよ」
と言っているが、いつのことだかワカラン。


まあそれでもOちゃんが驚くくらいにはスッキリした。
私も休みの都度、出来る範囲で残りの作業に努力しておこう。
今は疲れすぎていて、すぐに立ち上がる気力がないんだけどね…(苦笑。



夜になって、ゴエモンから写メが来た。
「ついにこの季節が来たよー!」

小松の雪1

おおー、降っていますなぁ北陸地方。

小松の雪2

19時半ころの様子。
まさに降っている最中。

「明日の雪予想90%」
と書き添えていた。

小松の雪3

ん?
今降っているのは大粒のあられ。
これから雪へと変わって行くのだろう。


あちらのピンポイント週間予報はこうなっている。

小松空港の週間予報

雪雪雪雪雪…。
管制塔までのチャリ通勤、スリップしないように気をつけなよ~。



明日はこちらもかなり冷え込む予報。
体はギシギシだし寒そうだし、仕事に行くのが辛いなー。

夜はまたOちゃんと温泉へ行った。
近場のお馴染み温泉で済ませたが、あったかいお湯がたまらなく嬉しかった。


スッキリ庭の画像、明日アップ出来たら載せますわ。



  本日のBGM だから一歩前へ踏み出して/Hi-Fi CAMP




励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

バッサバサ

本日は我が家に庭師が来ておリ、

庭師

庭の木々を剪定中。

とにかく庭がすごくてねぇ。
亡くなった両親が植えた樹木…それも果樹が多い…が大きくなって、剪定するのが大変なんだわ。
業者を呼ぶとえらい金額になりそうで、自分たちでやっているんだけど、うちの庭は結構広さがある上に樹木の数も多く、時間がたっぷりないとなかなか全部には手が回らない。
去年は大晦日に、帰省していたゴエモンの手も借りて、家族3人でだいぶ切ったのだけど、大きな木にまでは手が回らかなった。

2年くらい前から妹が、
「この家の木、切りに来てあげたいと思っているんだけど…」
と言ってくれていた。

実は妹、以前は造園業に従事。
かなり長いこと携わっていたので、まあ言わば本職である。

剪定中1

と言うことで本日来ている庭師とは、妹のこと。
好きなようにして良い、思い切ってやってくれ!と伝え、バッサバサと切ってもらっている。

剪定中2

高くなってしまった樹木も、このように途中の太いところで潔く切ってしまうことにした。
これは枇杷の木だが、高さを半分以下にした。
この枇杷の木は、横須賀時代にお友達の実家(千葉)で作られた美味しい枇杷を頂戴したとき、その種を鉢に植えて芽が出たものを、こちらへ転居後に地植えした。
種を埋めた時、お友達の息子さんとゴエモンは1歳になる前。
つまりこの木は樹齢20年になろうとしている。

手作りのお揃いの甚兵衛を着て、地元のお祭りに参加していた仲良し子供だった二人。
ゴエモンは自分の夢を実現させてああいう仕事へ進んだが、お友達の息子さんは現在東大生!




妹の手際は実に良い。
さすがは元本職だわ。

私はロープを手にして太い枝を切る妹を補助したり、自分でも切れるような木々を剪定しながら、庭師が切り出す枝を運んだり、つまり庭師の下僕。

最初の画像の真ん中に写っている太い栗の木は、ブログでも何度か書いてきたように、かなり虫に食われて幹に穴が開いているので、ちょうど枝分かれしていた部分からバッサリと切って、こんなにも短くした。

スッキリ



頑張って暗くなるまで続けたが、やっぱり一日じゃ終わらない。
明日もまた二人でこの剪定作業を続ける予定。


帰宅したダンナが栗の木を見て、
「栗の木、枝がないじゃん!?
 もう栗の実、採れなくなっちゃうの!?」
と言ったが、
「枝は2本残っておる。
 新しい枝がどんどん出るから、また採れるようになるよ」
と答えるワタクシ。

それよりもアンタ、休みを合わせて欲しかったよ…。




体がギシギシ泣いている。
久々にこんな作業をしたので、あっちこっちが痛い。



夜はまた「じゃらん」を携え、Oちゃん誘って半額キャンペーン中の温泉へ行った。

風月

平山温泉・風月。
2,500円/60分の家族湯、1,250円で入浴。

でもここがこの値段だったら、上弦の月の3,000円の部屋のほうが良いよねぇ!と二人。
洗い場も屋外にあるので、ちょっと寒いっすこの時期は。



終末は雪予報が3連発なこちらの地方。
明日は朝のうちにタイヤをスタッドレスに交換しておこうかな。


それにしても体が痛い。
明日動けるかしら…、とほほ。


  本日のBGM 約束の朝/ポルノグラフィティ




励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

どうぞ幸せに…

「いやぁ~ん、カワイイ!!」
ドアを開けて思わずそう声を上げた私たち。




幸せの黒い子猫を、受け取りに行って来た。



ニャゴ1

みっちょと一緒にお邪魔した、あこちんの友人のおうち。
元飼い主さんに抱かれている黒猫。

「ちっちゃ~い!!」

体重は、まだ1.4kgしかないそうだ。




ニャゴ2

知らない所へ来て少し興奮していたけれど、段々と落ち着いて来たみたい。

ニャゴ3

でも撮影しようとすると動いちゃう。

とにかくカワイコちゃんで、みっちょは完全に惚れ込んでしまった。
ああ、もしかしたら、誰も引き取ろうとしなかったら、あなたは我が家へ来ていたかも知れないのよ…。

ニャゴ4


興奮して疲れたのか、ちょっとおとなしくなって来た。






ニャゴ5

初対面のみっちょなのに、お利口さんにして抱かれている黒猫ちゃん。
新しいお母さんがわかるのかい_。

ナデナデされていたら、オネムになって来たかも。
みっちょと黒猫ちゃんの相性は良好の模様。

黒猫ちゃん良かったね、相性の良い人に縁付いて。



キャリーに入れられ、車に乗り込んだみっちょの膝の上で、
「出してくれよ~」
と鳴き続けていた。
その鳴き声が、なんとも子猫っぽい声色。
生後約3ヶ月というから、人間にしたらまだ3歳くらい。
突然起こった身の上の変化に、それはそれは怯えていることだろう。
だが30分近く経過したら、諦めたのか、もう鳴かなくなった。


一人と1匹をみっちょ宅へ送り届け、彼女の家には上がらず帰って来た。
先住猫のジジとの相性はどうだろう。
気になるよぉ。

明日は仕事が休みだと言っていたみっちょ。
きっと今夜と明日は黒猫ちゃんの横を離れず、文字通り「猫かわいがり」しているんだろうなー。


みっちょ、写メ送ってくださいな。
その子の末永い幸せを祈ります。




幸せになるんだよ。
幸せになれるんだよ、きっと。


  本日のBGM 幸せになりたい/広瀬香美




励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

買う派、貰う派

買い物先や新聞の集金の際などに、来年のカレンダーを頂戴する今日この頃。
でも貰ったカレンダーってのは、あまり使うことがない。
差し出されて困っちゃうのよねぇ。
受け取らないのも気の毒だし。
断れるときには断っているけれどねぇ、「あ、間に合っているんですよ」って。
それでも玄関先に配布して回られているものもあってさぁ。
結局使わないで処分されてしまうこれらのことを思うと、資源の無駄遣いになっている気がしてならない。

説教を垂れるような言葉がデン!と居座っているカレンダーなんか、貰っても絶対に使わない。
あんなのを毎日見せつけられながら過ごすなんて、真っ平御免なワタクシ。

貰い物のカレンダーで済ませてしまう人も多いだろうが、1年間使うんだからデザインにこだわりたいと思わないかい?
私は適当なカレンダーで済ませたくない性格で、リビングと自分の部屋で使うカレンダーは、お気に入りのシリーズものを毎年買っている。

リビングには猫のカレンダー。




猫カレンダー


そして自分の部屋には花のカレンダー。
この二つを何年か購入して使い続けている。



花カレンダー


それと昨年からくるねこさん。




くるねこカレンダー2010



地元の店ではなかなか入手しにくいこれらのカレンダー。
ネットで毎年注文しているものもあるし、毎年生協の注文で済ませるものもある。

花のカレンダーは、いつも生協から手に入れていた。
とても美しい花の画像がお気に入りで、カレンダーと言うよりも、月替わりのお部屋のアクセントとして必須アイテム。
ところが今年は注文し損ねてしまった。

地元で探しても見つからない。
送料無料でコンビニ受け取り出来るWEBショップでも扱いなし。
困ったなぁと思ってAmazonで探したら上記のようにちゃんとあった上に、1月7日まで送料無料キャンペーンの表示!

「本、CD、DVD、TVゲーム、PCソフト 全品配送料無料キャンペーン」
ですってよお客さん!
普段だと1,500円未満の買い物には送料が発生しちゃうけれど、ちょっとしたものを買いたい人には好機。


早速注文しちゃった。
これで来年もあのカレンダーと1年を過ごせる。



ゴエモンの受験以来、毎年自衛隊の地域事務所から頂戴するカレンダーが、我が家のラインナップに加わった。
それに加え、昨年末にゴエモンが航空自衛隊の機体シリーズカレンダーを手土産に帰省したので、今年はこれとも1年間お付き合いしている。
こちらは暦というよりも、ポスターとして楽しむって感じだな。



それともうひとつのお気に入り。

コカ・コーラカレンダー

コカ・コーラの販促用カレンダー。
イラストがオシャレで好き。
これはダイニング用として使っている。

毎年職場に取引先から多くのカレンダーが届く。
社内で使わないものは、
「持って行っても良いよ」
となり、それでも余っているカレンダー。
2年前、このシリーズが職場の事務所に売れ残っていたのを見つけ、ありがたく頂戴して来た。
1年前にもまた売れ残っていたので、嬉しくなって持ち帰る。

「今年もまた届いたら、それは私にくださいな」
とまた入手出来ることを祈って、今年はみっちょ課長に先手を打ってお願いしておいた。



自分でかなりあちこちへ行って写真を撮っているんだから、風景や植物などの画像ストックはかなりある。
パソコン使えるんだし、卓上用くらいは自作カレンダーに挑んでも良さそうなんだけど、それをしないところがいかにも私っぽい。

つーか、今年は夏にiBookが天国へ行ったので、こちらへ保存したままで、それまでにバックアップ出来なかった数多くのデジカメ撮影画像が、まだ取り出せないでいる(涙)。
ファイルの復活には、かなり高額な費用がかかりそうなので、ボーナスが出たら前向きに考えようと思っているんだけど、わが社のボーナスは…(以下略)。


パソコンのトラブルといえば…。
ヤモリは鳴くのよさん、その後いかがお過ごしですか~?
元気出してよ~!


今年も残り半月あまり。
皆の衆も来年のカレンダー準備に勤しんでくだされよ。
こだわりのカレンダーがあったら、どうぞ教えてくだしゃんせ~。


  本日のBGM カレンダー/ゴスペラーズ



励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

それとも帰省する(BlogPet)

きょうはころりんこと発想する?
それとも帰省する?

*このエントリは、ブログペットの「ころりんこ」が書きました。

coming soon

10月でハタチになったうちのゴエモン。
仕事がお休みの今日は、二日酔いだったらしいです…。

ま、お付き合いも大事だけどさ。
私にも若い頃にはそうした経験が幾度かあるけどさ。

無茶するなよ、無茶は。




で、ハタチになったゴエモンさん、年が明けると成人式。

成人式DM

我が家にはゴエモン宛で、成人式スーツフェアのDMが次々届いている。

ゴエモンさ~ん、買ってくれってよぉ~。
今週はボーナスが出たよね~。
冬休みにこっちで買うかぁ~?



お友達との忘年会二次会で、我が家にて色々と話し込んでいた時のこと。
お名前の字面(じづら)が女子とも思えぬでもない…、そんなご子息をお持ちのtoshiちゃんが、
「うちの息子宛には、スーツの案内は来ないで、
 何故か振袖のDMが次々届いているのよ」
と話すのを聞いて笑ってしまった。

どこでどうやって集めた名簿だか知らないけれど、それは失礼よねぇ。
あのご子息に振袖は似合わないわよねぇ。



年末年始に帰省予定のゴエモン。
4日にはまた仕事へ戻って行く。
「成人式の時、3連休だからまた帰省しようかな…」
と言っていた。
やはり郷里での成人式に出て、幼馴染みたちとワイワイやりたいのが本音だろう。

つい先日職場の方で、
「職場がある自治体の成人式に出席するか、
 帰省して成人式に出席するか、回答せよ」
となったらしい。

でも郷里で開催される成人式は、11日(月)成人の日に行われる。
その日のうちにまた仕事先へ舞い戻らなければならないゴエモンには、十分な時間がないこの日。
(次の日に有給休暇でも貰うことは出来ないのかと思うんだけどね)

「やっぱり成人式は帰省せずに、職場のある方で成人式に出ることにするわ…」
と連絡して来た。

残念だったねぇ。
日曜日に郷里の成人式をやってくれたら、出席出来たかも知れないのに。


主催者サイドにも、そうした配慮があっても良いと思わない?
里帰りして成人式に出る人だって少なくないでしょ?
その日は式典の後、友達と飲みに行ったりもするじゃない?
地元にいる人達だって、遅くまで旧友と会っていたりしたいよね。
だったら次の日はお休み…っていう日程の方が助かるなぁ…って人は多いと思うんだよね。
次の日は仕事ですよ普通に!…は、疲れるんじゃないのかい?

お正月や旧盆の帰省シーズンに、成人式を行う地区もあるよねー。
そのほうが里帰りして、多くの人が集まりやすいからって。
あたしゃ、それもなかなか良いやり方なのではないかねぇって、今回ゴエモンの呟きを聞いて思った次第。


スーツを買わなきゃね!と言う私へ、
「こっちで出席するなら、たぶん制服…」
とゴエモンからトーンダウンした返事が返って来た。


こんな話を私が職場でしたら、
「制服ってカッコいいじゃない!」
との声が来たんだけど、
「制服と言ったって、普段着ているものだもん。
 あの人達の普段着と言えば、結局は作業服よ作業服!」
と返すワタクシ。

式典用の特別な服があるわけじゃないんだよね。
モールくらい付けさせてくれないの?
…調べているんだけど、ケーサツみたいなモール着用はしないみたいだね。






成人式当時、横浜に住んでいたワタクシの場合はどうだったかと言うと、





成人式(1/15)当日は、休日出勤で仕事していたわよ(ムキー!)








職場の成人式には出席した。
その時の集合写真がどこかにあるはずだと思って探してみたが、片付け上手な私はどこへ仕舞い込んだのか本日見つけられなくてなぁ。

職場では当時の所属長から、「清心」と色紙に墨書されたものを贈られたっけ。
…なんともワタクシに似合わないその言葉(爆。



横浜市民だったから、市が主催する成人式に出ると言う手はあった。
だけど友達もほとんどいない横浜市の成人式に出席したって、つまらないよねぇ…と思っていたから、その日に仕事が入って来ても拒まなかったのだ。

それにその成人式の時点で、私はもうその年の秋には結婚することがほぼ決まっておリ、
「振袖を作ったって、結局は着る機会がないんだし」
みたいな感じで、親にもその意志を伝えて振袖は作らず、また貸衣装での撮影も「似合わないしね」等と言って希望しなかった。

だけど秋には振袖ならぬ打ち掛け姿で記念撮影したもんね!



ハタチになる目前の頃、私は自分でダークカラーのスーツを1着買った。
それが大人の仲間入りみたいな感じになった。



結局私には、晴れ着姿の写真がないのよ。




あ、掘り出したらあった!!




セピア色の晴れ着姿


まあかわいい!(爆
あこちん、たぶん4歳前後のお正月の晴れ着姿。
凛々しい眉、栄養たっぷりな頬。(←現在と変わらないじゃないか!)
数少ない私の和服姿はモノクロ写真だったので、こんなセピア色に加工してみたっす。



皆さんの成人式はどうだったんでしょうか。
面白い話があったら教えてちょ!





本日12月12日は、我が家の熊本移住記念日。
今日で19年が過ぎ、明日から20年目に入る。

長いようであり短いようであり。


あの年の12月12日の朝は冷え込んで、霜で真っ白カチンコチンになっていた熊本地方。
ダンナは、
「熊本でもこの時期にこんなに冷え込むんだぁ!」
と驚いていた。
今年はまだそこまでの冷え込みはない。
これってやっぱり温暖化の影響?

でも週間予報を見たら、来週の金曜日に、とうとう雪マーク発生!
うーん、ぼちぼちスタッドレスタイヤに履き替えておくべきか?
昨シーズンはほとんど活躍しなかったスタッドレス。
まだ早い?どうしましょ?
全員がマイカー出勤なのに、わざわざスタッドレスに履き替えてまで出勤しているのって、うちの会社ではワタクシだけだわよ(苦笑。



そういえば双子座流星群がピークとか。
獅子座の時ほどは、明るい流星がないかもなぁ。
明日も出勤が早いので、今回は根性ナシでご勘弁願うことにしようっと。


  本日のBGM 20才のころ/今井美樹



励みになります

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

極上の贅沢

勿体ぶって、いや眠かったので引き伸ばした、昨日の記事の続き。

上弦の月FIX

湯亭 上弦の月

お気に入りのこの温泉。
某旅行誌とのアイアップで、期間限定半額!
これを利用しない手はない。

某旅行誌と書いているが、良く考えてみると私は左に(携帯で見ている人はゴメンね)ブログパーツを貼りつけていた。
「じゃらん」九州版である。
お宿の予約や旅情報、そして各種クーポンなどのお得な割引、雑誌でもWEBでも日頃から何かとお役立ち。
私のお出掛けには欠かせぬ「じゃらん」なのだ。


忘年会仲間と出かけるつもりで予約していた特別室。
通常料金は3,000円/90分。
普段だったらちょっと手を出しにくいお値段だが、半額とあらば是非行きたい。
しかしこの夜都合がつかない仲間もおり、結局3人でやって来た。

予約をするにはここの会員(会費無料)になっておく必要があるが、Oちゃんが会員証を持っている。
会員は「全室制覇」すると特典があり、Oちゃんのスタンプカードは既に半数程度のスタンプが押されている。


特別室FIX

さあ、この建物の中に、

特別室入り口

この扉の向こうに、

入口看板

どんな空間が待っているのか!?


期待を込めて行ってみよう!


玄関を入るとすぐ、その奥行や広さに、
「うわぁ~、広い!」
と歓声を上げる。

左手の戸を開けると、そこは和室。

和室

まるで旅館っす。
湯上りに休憩するには、たっぷり過ぎるほどの空間。
障子戸を開けると、外には上品なお庭が。

庭

贅沢です。


玄関から廊下を進むと、突き当たりが脱衣所。

脱衣所

洗面台には焼きの物四角い洗面ボウルがあり、和のテイストたっぷり。
脱衣所の広さも十分。


さて次なる期待は内湯。

内湯

お客さんが受付を済ませると、新しく湯を張り始める内湯。
ちょうど勢い良く湯が注がれている最中。
浴槽いっぱいになったところで湯の出方は静かになり、その後かけ流し状態が続く。

檜風呂は底の部分も檜張り。
そのせいかここに浸かるとお湯の肌触りが一段と滑らかで、すごく良い気持ちに包まれる。

洗い場一面に防水畳が敷かれているのが、この部屋の特徴のひとつ。
私は好きよ、この防水畳。
足元が冷たくないのも、この畳のメリットだわ。


このお部屋、贅沢にも露天風呂が二つ。

陶器風呂

十分脚を伸ばして入れる陶器風呂。
なめらかな焼き物の肌触りが良い。
浴槽の半分ほどに屋根がかかっているので、雨でも大丈夫。
和室の外の庭も見え、とってもリラックスできる。

岩風呂

岩風呂は寝湯として重宝しそう。
しかし岩風呂の上には屋根がなく、この夜は雨模様のため、雨に打たれて冷たいよ~(苦笑。
せめて半分位、屋根を差し出して欲しいかな。
夏場は日が当たると、岩が熱くなっているだろうしね。


友達が「鯉が泳いでいそう」と曰った岩風呂。
…言えている…。
この深さも広さも、そんな感じだ。


これだけの広さがあるから、そして90分とたっぷりだから、とにかくゆっくり入れますな。
3人が交代で体を洗ってもなお、時間は余裕ですもんな。
湯温も丁度良く、熱すぎずぬるすぎず。


ふと見たら、ガラス戸にカエルくんが張り付いていた。
カエル好きOちゃんが歓声を上げる。

カメラを取りに行っている間に姿を消してしまったカエルくん。

しかしまた現れた!

今度は内湯の方へ入って来て、
「お湯に入ったら茹で上がっちゃうよ~」
と言いながら追い、

アマガエル

撮影後はそっと手に包み、外へ逃がしてやった。




湯上りには和室で団欒。
3人それぞれ思惑が一致していて、飲み物やお菓子類を持参していたのが笑える。

湯上り


談笑まで含め、90分で余裕のひととき。
とっても贅沢な時間を過ごすことが出来ちゃった。

特別室はもうひとつある。
半額期間にまた来られるかなぁ…。
無理?
通常料金だとちょいとなぁ…。

でもここの温泉にはまたきっと来るよ!
この日でちょうどオープン1周年だった。
その記念に割引キャンペーンの案内をもらっちゃったよ。
だからまだまだお得な利用が出来そうだもん♪


翌日になってもお肌がツルツルしていた。
温泉よありがとう!





励みになります

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

見えない!

朝から降り出した雨が、職場一帯に靄(もや)を連れて来た。

視界不良

視界不良。
この画像で見られる印象よりも実際はもっと濃くて、かなり「遠くが見えにくい~!」といった感じであった。

うちのコースでこうした「ガスが発生」し、それが長いこと立ち込めてしまうことはあまりない。
大抵は短時間で消え去り、プレイに支障が出ることはほとんどないのだが、今日は違った。

一日中降ったり止んだりする雨と、濃くなったり薄くなったりする靄。
ボールの行方が見えにくいんだよぉ~!
こんな天候の中、お客さんに付いて行くのは苦労するんだよぉ~!(泣)


最も濃い時には、ショートコース(PAR3)でさえ難儀した。
ティーグラウンドに立っても、グリーンにボールが乗っ方どうか判然としない。
だからロングホールでドライバーを振り回された時なんてアナタ…。

ん?…んーーーーーーー。
たぶん、あっちのほう!
…って、予測をつけて落下地点方向へ行くしかない。


相手がお爺ちゃん集団でまだ助かった。
そんなに遠くまでボールが飛ばない。
だから身についている勘を頼りに、ボールの行方を予測することが可能だった。

これが若い人達の「飛びます飛びます!」なボールだったら、探すのに時間がかかって仕方なかっただろう。




しかしこんな天候の中では、心身ともに疲弊する。
それは私たちだけでなく、お客さんも同様だ。

徐々に重くなる足取り。
知らず知らずのうちに乱れるショット、そしてパット。
いやはや、大変な一日でありました…orz…。



一日中こんな感じで視界不良。
こりゃあ、熊本空港は欠航が出ているんじゃないかねぇ?
…と思ったら、意外と平常運行だった。
あちらはこれほどの天候にはなっていなかったの?



しかし疲れました。
今日の疲れは今日のうちに癒さなければ。



今宵は待ちに待った、あの温泉の、

上弦の月FIX

豪華な3,000円/90分の貸切湯に予約を入れているのだった!


この扉の向こうにある、夢のようなお風呂!

特別室入り口

そのレポは!





すみません、眠くて仕方ないです(汗。



続きはまた明日アップ。
明日は早出なんだわ、早く寝ておかないとまずいんだわ。


ごめん!


おやすみなさい…。


  本日のGBM 道標/福山雅治



励みになります。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

Googleぐるぐる

少し前から、Googleマップのストリートビューで、熊本県内も見られるようになっている。
我が家の近所はどうなんだろう?と思って、この機能を使ってみた。

県道から外れたど田舎の我が家は、予想通りこれには含まれていなかった。(T_T)

Googleストリートビュー

この画像、いつごろのものなんだろう?と思ってよくよく見ると、耕地の感じと、近所で行われた道路拡張工事の着工前であること、そしてやはり近所で起きた火災の跡地の様子などから、今年の冬、それも1月下旬に近い感じがした。

結構市街地なんだけど…と思っていた友達の家も、国道と県道の狭間にある分譲地のためか、これには含まれていなかった。
結局主要路線に沿った地域だけが登場しているGoogleのストリートビュー。

まあ、こんな山の麓の田舎にある我が家なんか、この画面に登場するのは永遠に無理だろうな。
航空写真だって、詳細画像エリア外なんだから。

つーか、もしも登場しちゃったら、いつ撮影しに来るかわからないんだから、雑草が伸び放題の庭なんかが丸見えになっていたりした場合には冷や汗モノだ。
このストリートビュー、プライバシーの問題が色々と言われているけれど、こうして考えるとそれも一理あるかもね…って思うのよ。



子供の頃に住んでいた東京の住宅地は、かなり以前からストリートビューに掲載されていた。
私が暮らしていた時代にあった建物は、既にほとんどが建て替えられてしまっているけれど、それでも一帯には昔の名残がまだ残っている。
当時通っていた保育園はまだその頃の建物が残っていて、感動と驚きであった。

妹と一緒にこの一帯のストリートビューを見ながら、物凄く懐かしい気分に浸っていたのである。




Googleと言えば、先ごろ「Google日本語入力」が公開された。
Mac版betaはこちらからDL。
(Windows版もあるようだ)

長いことATOKのMac版ユーザーだったんだけど、今夏Mac Book Proに買い替えたところ、私が持っていたATOKはこのMac Book Proに入っている最新OSに非対応と判明。
ATOKを買い換えることを惜しみ、Macに標準装備の「ことえり」を仕方なく使っていたが、キーボードのショートカットやその他諸々、使い勝手の違いには今でも戸惑っている。
「ことえり」用の辞書をDLして、少しは使えるかな…と感じていたけれど、変換機能がまだいまひとつ…。

そこで物は試しと、「Google日本語入力」をDLして使い始めたのが数日前。
使ってみると、これに入っている日本語変換機能が結構いい。
「ことえり」よりもお利口さんだわ♪と思える部分がかなりある。

だけどまだユーザー辞書の面がねぇ…。

ユーザー辞書の追加については、WEB検索をすると既にいくつかのサイトでご案内があり、非常に参考になる。
しかしMac OSXのターミナルとか、全然使いこなせないワタクシ。
必要な辞書を満足には追加出来ずにいて、英単語変換辞書や顔文字辞書、「ことえり」では使えていたこれらが使えずにいるので不便。

「Google日本語入力」には、まだまだユーザーから多くの要望の声がある。
だけどこうした辞書類、これが簡単に追加できるようになったら、その程度でもへなちょこMac使いの私ごときには「最高です!」って言えるようになるんだけど。


Googleでぐるぐる目眩がしている今日この頃なのでした。


Macとのお付き合いは15年近くなったのに、全然使いこなせていないワタクシ。
「あの」スライドショーがいまだにプレビューかなわず、依頼人を困らせておりまする。
(待たせ通しを許して!)

特にOSXになってからが付いていけない。
現在の環境はOS10.5。
最新のOS10.6へのアップグレード用のDVDを持っちゃいるが、いまだに怖くてインストール出来ずにいる。
だってだってだって、今使っているアプリ関係、古いバージョンばかりだからさぁ。
もしもOSをアップグレードして、これらが使えなくなったら困っちゃうのよ。


あこちんのMac道、まだまだ奥の深い細道です…。


  本日のBGM 晴れてハレルヤ/奥井亜紀(魔法陣グルグルのテーマ曲)



奥井亜紀は、この歌声とJFM「まんたんMUSIC」での喋りとのギャップが好きだった(笑。
「まんたんMUSIC」のパーソナリティーサイン入りステッカー、何故か沢山持ってます。
もちろん奥井亜紀のものもアリ。



励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

サクっとね

昨日は忘年会で濃いめの料理をたらふく食べたので、昼近くまでお腹が空かなくて。
でも頭の中では、
「昼は何を食べようかな…?」
とつい考えてしまう。

実は昨日、自宅で髪を染めながら、Oちゃんと話をしていた。
「うちの近くには、蕎麦のおいしい店がないんだよねぇ」

手打ちうどんならば「ここだ!」と言える店がある。
しかし蕎麦となると…。
我が市内には思い当たる店がない。

最近新聞の折込に入って来た地域情報誌で、近隣の蕎麦店を取り上げていた。
お隣の市町まで行けば蕎麦屋があるようだ。
その事を昨日話題にしていた二人。

今朝からどうしてもそのことが思い出され、
「今日の昼はあっさりと蕎麦を食べたいなぁ…」
と考えていたワタクシ。

昼はサクっと蕎麦を食べたい。
Oちゃんに付きあわないかと伝えると快諾。

逐拓

件の情報誌に出ている店は、火曜日定休と言う店が多かった。
え~と…火曜日でも開いているのは…2店しかないのか。
地図を頼りに、その中でも家から近い方の、隣の市にある蕎麦屋へ行った。

ここが…わかりにく~い!
店内に置かれていたお店のパンフにも、
「場所がちょっとわかりにくいですが」
と書かれていたけれど、情報誌の地図ではワカラン!あの地図がイカン!
すっごく探しまわったよぉ。


数年前に出来た店のようで、店内は和風で清潔感が漂う。


逐拓店内

鴨汁そばとかやくご飯を注文。

鴨汁蕎麦

蕎麦は細めだがコシがある。
ただ、汁の方がワタクシ的にはイマイチ、いやイマ2くらい何か物足りない印象が…。
甘みかな?
深くないと言うか浅いと言うか、微妙なこの感じ。
「うん、そうよね…」
Oちゃんも頷く。
かやくご飯は合格点。

Oちゃんは黒蜜そばがきを。

黒蜜そばがき

私はそばがきぜんざいを食後に。

そばがきぜんざい

そばがきがフンワリモッチリしていて美味しかった。
あっさりしたものが好きだったら、黒蜜そばがきにした方が良いだろう。

お食後付きでこのセットが1,400円。
鴨汁そばだけならば900円。


行ってみようと思う方は、地図をしっかりチェックしてからお出掛けを。
県道から入る交差点には、大きくて目立つ看板が欲しいと思うあこちんであった。

自家製粉手打ちそば逐拓
菊池市泗水町福本807
営業時間 11:00~19:00
※そばがなくなり次第終了
店休日 水曜日



出て来たついでに、その近くの温泉へ。
某旅情報誌とのタイアップで、この期間半額になっている温泉がある。
何度かその前を通っており名前は知っているが、まだ一度も来たことがなかった。

野の花

天然いで湯の里 野の湯
菊池市泗水町富納161-1
営業時間 10:00~02:00  1:00(最終受付)
店休日 不定休

通常1,500円の露天付き家族風呂。
情報誌持参で半額の750円。

野の花浴室

かけ湯をしてびっくり!

すっごくヌルトロ!!
これは先日の三加和温泉や、我が家の近くの温泉以上である。

「すっげえ~!」
「これほどとは!」
感心する二人。
浴槽の中でもまとわりつくようなヌルトロのお湯に大満足。

しかしシャワーの温度調整が出来ず、これだけは困った。
ほとんど水状態でした3号室。
でも湯量は豊富なので、じゃんじゃんかけ湯しながらシャンプーして体を洗って。

とにかくお湯の質は上々っす。

ここの温泉、話には聞いていたけれど、子供連れには最高ですぜ。
貸出用のお風呂おもちゃ豊富にあり。
そして画像は撮らなかったけれど、中庭にぐるりとプラレール!(爆)
この線路長が半端じゃない。
電車の持ち込みOK。
15年前のゴエモンだったら、自慢の電車を持ち込んで遊び、いつまでも「帰らない!」と言っただろう。



それと…、

看板猫1

看板猫がいる。

看板猫2

こちらは「さくら」♀と「たまお」♂。
たまお…と知って、笑った二人。
(意味がわかる人にはわかる)

母猫である「み~ちゃん」♀が、看板猫のメインらしいけれど、
「どこかに行っているようですねぇ」
とのことで会えなかった。

看板猫3

とってもフレンドリーで、カメラを向けるとポーズまでとってくれる、愛想の良い猫さんたちであった。

月に2回設定されている「み~ちゃんデー」は、代金半額サービス。
12月は9日と16日だったかな。


受付で料金を払うときに、クーポン券を配布。
次回は1,000円でどうぞってことになる。
時間延長無料券も配布。
クーポン券を利用できる曜日や時間はある程度限られるが、来店ごとにこれの繰り返しになるようで、通常料金を取られることはごくごく稀になりそうなこの温泉。
儲ける気持ちは少ないのだろうか?(笑)

泉質はかなり上だけど、高級感はないです(苦笑。
それよりも手作り感が満載。
そしてBGMは演歌である(ふたたび苦笑。
そして色々な意味で、あくまでも「家族連れ向き」って感じなのを承知の上でどうぞ。

場所がわかりにくいと言うクチコミもあるが、合志川右岸沿いに走って行けば見つかる。
ここのわかりにくさなんて、前述の蕎麦屋ほどではない。



ナビが付いていないOちゃんの車で行ったからってのもあるだろうが、とにかくあの蕎麦屋はわかりにくく(まだ言っている)、私が今回ほど探し回った場所は久々だった。

でもこのヌルトロ温泉で癒された。
来週の休みまで、これで頑張れるかな?


  本日のBGM 珍島物語/天童よしみ(…が家族湯に流れていたのを覚えている)



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

黒猫さらに続報と、中華風忘年会

まずは幸せの黒い子猫の里親探し、その後の経過を。


George!
良い返事を待っているわ!!


…と昨日願っていたワタクシ。
いや、きっと周囲もそう願っていたに違いない。





「とんでもない!」
って感じだったそうです。

(´Д⊂ヽウェェェン



「写真には見入っていたんだけどね。
 ジジが来た時も、最初は『とんでもない!』って、そうだったんだけどね…」
とジジの母はメールに書いていた。

既成事実で押しちゃう!?みたいな話も出たが、しかし無理をさせて、家庭に波風を立ててしまってはいけない。
残念ながら、Georgeの説得は諦めた方が良さそうだ。



里親探しの方はそんな沈滞ムードで、今宵はお友達との忘年会開催。

忘年会メンバー


私も良く行く民家風中華料理店へ行くと、個室にコタツが用意されていた。
コタツで中華!
面白すぎる!

しかも鍋は、最近流行っているらしいトマト鍋!
ここは中華料理店ではないのか!?

トマト鍋

鍋奉行が皆に配ったりした後で思い出し、慌てて撮ったトマト鍋。
確かにスープはトマトである。
トマトはリコピンが多く含まれ、女性にはとても良いらしい。

「リコピンってなに?デコピンじゃないの?」
そんな事も無知なワタクシ。

トマトの赤い色の正体はカロテノイドのひとつであるリコピンという色素。
カロテノイドとは動植物に含まれる、赤や黄色、オレンジ色の色素のこと。
カロテノイドには「悪玉酸素」ともいわれる活性酸素を消し去ってくれる作用があり、中でもリコピンにはβ-カロテンの2倍以上の消去能力があるそうな。

「加熱しても分解しないの?」
またまた無知なワタクシ。

加熱しても大丈夫。
リコピンには、もともと油に溶けやすい性質がある。
そのため油を使った調理法によって、吸収がぐんと高まる。
リコピンは熱に強いので、炒めたり煮込んだりしても成分がそれほど減少する心配もない。

へぇ~、そうなんだぁ!

刺身と生春巻き

中華風刺身と生春巻きが現れ、

エビチリ

エビチリが出て来て、

唐揚げと春巻き

唐揚げと春巻き、そして青椒肉絲も登場。



食べるのにも忙しいが、それに負けずいろいろな話が次々出てくる。
それぞれの子どもたちが小学生だった頃から、いや中にはそれ以前からお付き合いしているご一同だから、気心の知れた仲である。
肩の凝らない仲間と一緒ってのは、実に気楽で良いもんだ。



自然と黒猫の話題にもなった。

toshiちゃんのところでは、息子さんが自分の部屋で飼いたいと言ってくれているそうだが、実は彼女が猫アレルギー。
息子さんのお気持ちは誠にありがたいが、お部屋から一歩も出ないで過ごすのは無理だろうし、息子さんが家を長く空けるような時のことも考えると、誰がお世話をするのかと言う事になる。


しかし、諦めていなかったジジの母!
横で携帯をいじくり始めた。


ジジの母と書いて来たが、つまりこの人はみっちょである。
(今日は仕事を離れているので、課長とは呼ばない)
親元を離れて一人暮らしをしながら、熊本市内の大学へ通うご子息(ゴエモンの同級生)へ、黒猫画像付きのメールを送ってくれた。

黒猫


「探してみるよ」
そんな返事が返って来ていたようだ。

「じゃなくて、あなたが飼わない?」
そうご子息へプッシュ。


黒猫ちゃんの画像に一目惚れしていたみっちょは、諦めていなかったのである。

「息子が飼えば、私はこの子に逢えるじゃない♪」
みっちょ、その発想がえらいっ!!




「いいよ♪」

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!
ご子息からOKの返事!




黒猫ちゃん、里親が見つかった。
ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

ブログ読者の皆さんも一緒に心配してくださっていたけれど、予想以上の速さで解決致しました。


みっちょ、ありがとう!
もしもどうしても里親が見つからなかったら、その時はあこちんが引き取ってもいいかな…って思っていたの。
ありがとう、ありがとう!!


「あの子が飼っている猫だってことだったら、
 うちにちょいちょい連れて返って来たりしても、
 ダンナは文句言わないかも…だしね。
 友達に引き取ってもらったけど、飼えなくなっちゃったって、
 そう言って息子が引き取ったことにでもすればいいわよ」

見事な作戦でありんす。


黒猫の話を持ち込んだ友人へ、早速この話をメールで伝えると、まだあちらでは里親が見つかっておらず、こっちで見つかったことをとても喜んでくれていた。


安心したので、食が進む。




がしかし。
ここの料理、こんなにも出てくるの!?


餃子

餃子が出て来て、

酢豚

お肉大盛りの酢豚も出て来て、しかも画像を撮り逃したが、さきほどのトマト鍋の具を取り出した後のスープで、リゾットを作って出してくれると言う。

「トマト味にはチーズを添えると美味いぞ」
そう言っていたら期待通りのチーズ入りで、このリゾットがとてもマイウー!

でもねでもね、ここまでの料理で苦しくてさ。
リゾットをおかわりするだけの余裕が全くなかったあこちん不覚!


果物

果物が登場し、

栗団子

ココナツをまぶした栗団子まで登場。

もう入らない!!
ギブアップ!



呑み代別で、本日はひとり2,500円のコース。
いやはや、安くてスゴすぎるっす!
ゴエモン、帰省して友達と飲み食いしたかったら、ここへ是非とも行くべし!!



ところで我々の忘年会といえば、恒例のプレゼント交換を忘れちゃいけない。
予算は1,000円。
それぞれが持ち寄った品物を、

プレゼント1

くじびきで貰うのだ。
もしも自分が持ち込んだ品物を引き当ててしまった人がいたら、くじびきのやり直し。

で…、あこちんよ、何故2回も続けて自分の品物の番号を引き当てるかなぁ?
ヾ(゚Д゚ )ォィォィ


3回目にしてようやく抽選成立!

プレゼント2

みんなが持ち寄ったプレゼントは、このような品物だった。

みっちょ、本日昼間に大相撲熊本巡業を見に行っていた。
そこで買ってきたと言う大相撲座布団。
笑えたっす。
そして黒猫ジジの母であるみっちょに、黒猫をモチーフにしたふわふわモップが行ったのも、なにか不思議な縁を感じるのであった。



2次会は我が家とのことになっていた。
私が作って冷凍保存していた、あの栗のロールケーキ、それを食べようとの予定。
みっちょは明日も忘年かが入っているので、2次会参加を遠慮しておくと言い、家まで送り届ける。



我が家へ到着し、toshiちゃんがなかなか玄関からリビングへ移動してこないので、どうしたのだろうと思って玄関へ行くと、
「早速これ使わせてもらおう!
 こういうの、ちょうど欲しいと思っていたから嬉しい~」
先程のプレゼント交換で引き当てた「低反発室内履き」を袋から出して履いていた。

それを買ってきたのはおいらです。
そんなにも気に入ってもらえて光栄です。



お客さんをお客さんとも思わぬ、我が家の3CATS。
人見知りをしない寅蔵と銀之丞は、ソファに座った人の膝へ早速乗ってしまう。
特にこの2匹、女性が好きなように思えるわ…。
光ケーブルが切れて工事の人が来たときには、すごく警戒していたってゴエモンが言っていたもの。


宴会で食べきれないくらい苦しくなっていたが、また色々と話しをしているうちに、
「別腹だったね」
と笑いながらロールケーキを食べられるようになっていた。

ロールケーキ



くりちゃんの家のニャンコが、
「1メートルくらいのリボンを食べちゃった」
と言う話が、面白すぎて爆笑だった。

「贈り物に付いてくる、あのリボン」
うんうん。
「あれが消えていて、猫の口を見たら、端っこがちょっと見えていて」
うひうひ。
「なに!?って驚いてそれを引っ張ったら、どんどん出て来て」
ぎゃはは!
「引いても引いてもまだ続いているんだもの~」

手品の万国旗じゃないんだから!!
(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
おかしすぎる~!!



くりちゃんと私とOちゃんは、5年ほど前まで同じ職場にいた。
その後彼女が仕事をしていた場所で2年くらい前に何度か会っていたが、彼女が別な仕事に変わってしまった以降は、ここ2年くらい顔を合わせていなかった。
お子さん二人が県外へ出ており、その上旦那さんが単身赴任中で、一人暮らしだと聞いていたけれど、元気そうで良かったよ。


またこのメンバーで集まる機会を作ろう。
そう話しながら、日付が変わるまで2次会は続いた。

気がつくとOちゃんは完璧に眠っていた。
座ったまま眠っていたが、いつの間にかしっかり横になり、しかも暑くなったとか言って上着まで脱いで。
「どこでもいつでも眠れる」
と自分自身で言っている人だが、
「本当に簡単に寝るよね」
とその姿を見て3人でクスリ。
「昼間もね、髪を染めている間にカクッとしていたから、
 悪いけどもう少しだけ頑張って!って、声を掛けながら染めていたんだよ」
Oちゃんは本当に良く寝る人なんス。


toshiちゃんとくりちゃんが帰宅するので、Oちゃんも起こしたのだが、なにやら意味不明なことを口にし、まだそのまま眠り続けてしまった。

風邪でもひかせてはいけないので、毛布を掛けてそのまま眠らせておく。
彼女が目を覚ますまで、私は傍らでパソコンをいじっていたが、だんだんと眠気が襲って来た…。
あうあう、ブログ更新無理だよ…。

すると突然目を覚ますOちゃん。
「私、なんか寝ぼけてたよね?」
うん、訳の分からないことを口にして、そしてまた寝ちゃっていた。
「ああ、やっちゃった…」




今年の私の忘年会はこれでおしまい。
しかし今日は本当に良く食べた。
これからは来年春の健康診断へ向けて、少し控えめな食生活を心がけておこう…と、そのつもりにだけはなっている。


友達の皆さんもお疲れ様でした!
そしてありがとう!
(toshiちゃん、トラバいつでもOKよ)


  本日のBGM 中華料理/山崎まさよし



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

黒猫続報

「幸せの黒い子猫はいかがですか…?」

今日一日、誰かの顔を見るとこうして声を掛けていた、クロネコ仲介人のワタクシ。

黒猫

本日動物病院で受診してきた結果が伝わって来た。
友人の友人からのメール転送として。

「生後3ヶ月の女の子。
 栄養状態良し。
 すべての異常なし。
 ノミや悪い虫もついてないって。
 ワクチンは1週間後だって。
 洋猫が入っていて、とても性格がいいって誉められちゃった。
 はっはっは、悪い気がしなかった」
・・・・・だそうです。


健康な女の子で、性格良し。
おまけに画像で見るように器量良し。

条件が良いじゃありませんか、この黒猫ちゃん。




「幸せの黒い子猫はいかがですか…」


「うっ、かわいい…」
と言い、画像に引きつけられるものの、
「ばあちゃんがいるうちは飼えない…」
等々、いざとなると、うしろ髪ひかれ隊なのよねぇ。


幸せの黒い子猫。
黒猫は縁起の悪い物とされる向きもあるが、そ~んなことはない!

みなさんもご存知のように、「魔女の宅急便」のジジは大活躍だった。
招き猫の世界では、黒猫は魔除の色である。
私も真っ黒な猫って、何となくカッコいい!と思っている。



そうだ、ジジ!!



黒猫を1匹買っている人を思い出した!




「幸せの黒い子猫はいかがですか…?」
画像を見せ、おずおずと声を掛ける。

「え?ちょ、ちょっとそんな事言われると…」
「ジジに弟妹はいかがでしょうか」
このお宅では、黒猫にジジと名を付けている。

画像をひと目見るなり、
「いやぁ~ん、かわいいぃ~!」

明らかに心が揺れ動いている。


「ちょっと、この画像を私にメールで送ってよ~」
画像にデレデレ。
目の前にいる人へ、携帯からメールで画像を送る。

かなり心が揺れ動いているぞ。


「もー、このごろさぁ、ダンナがかなり猫を可愛がるのよねぇ」

そんなお宅様へもう1匹!
猫は多頭飼いがいいよォ!!

「そうなんだよねー。かわいいわぁ、たまらん~」



画像を持ち帰って、旦那さんとお話をしてくださると言っていた。
まだその結果報告が返って来ない。
どうなっただろうか。


George!
良い返事を待っているわ!!



明日と明後日はお休み。
楽しみにしていた、お友達との忘年会は明日。
ああ、その前に髪を染めないと。

12月に入り、休みの日には大掃除を始めていると言う人もポツポツ出て来た。
しかし我が家ではそのような予定はちょっと無理。
今年も諦めモードっす。
キッチンとか気になるけれど、それをするには時間が足りない。
年末ギリギリまで仕事が詰まっているもんだから、何年もの間、大掃除って言っても、まったくやる気が湧かないの。


でも今年の歳末大イベントは、妹の助力を得て行う庭木の剪定。
それは来週頑張るっす!


  本日のBGM まったくやる気がございません/所ジョージ



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

里親募集

熊本市内在住のお友達からメールが来た。

黒猫

知り合いが転勤で飼えなくなってしまう黒猫。
生後4ヶ月。
「たいぎゃな、かわいかよ~!」

里親を探している。




男の子?女の子?
健康診断の結果は?
ワクチン1回目は済んでいる?


「性別不詳。
 健康診断とワクチンも含め、
 明日、動物病院(日曜日も診察しているところ)へダッシュで連れて行くそうです」


そう返事が来て苦笑。
里親探しするんだったら、必要最低事項だわよ~。





知人から生まれてすぐの子猫を貰って飼っていたそうだ。
拾い猫じゃないのね。
ミルクで育て、このごろキャットフードを食べるようになったとか。
この頃?4ヶ月だよね??遅くね???

まだ小さくて、性別を見極め憎かったんだろう。
どっちだろね?

スラッとした尻尾の子だわ。
ワタクシ、個人的には真っ直ぐで長い尻尾の猫が好き。


4ヶ月かぁ。
銀之丞が我が家へ来た時と同じ月齢だわ。


どなたか心お優しい方がおられたら、声を掛けてくださいまし。
私のすぐ近くを見回しても、猫アレルギーは沢山いるが(苦笑)、里親になってくれそうなお方はあんまりいない。
困ったな。
友達の方で里親が見つからなかったら、あこちんお尻がモゾモゾとしてしまいそうだ~。


どうぞよろしくね!




すっげえ慌ただしいお仕事だった。
沖縄からのゴルフ宅配便で届いたキャディバッグも数本あった、某企業の7組コンペあり。

「沖縄かぁ。
 初めてうちにお越しになったんだろうなぁ。
 キャディを付けずに回って、大丈夫なのかな?」

漠然とそう思っていた。


うちのコースって、初めて来たお客さんは難儀する。
「キャディさんがいないと、遭難しそうだね」
等と言われることも少なくないのよ。

あーあ、このコンペが今日の流れを悪くしなければいいんだけれどなぁ…。



7組分をカートに積み込み終え、セルフプレイのコンペとしてカートを並べたところ、
「キャディ付きで予約していたんだけど…?」
とお客さんが言っていると、Oちゃんが走って戻って来た。

ええっ?
(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!




どうやらその情報は真実らしい。
うあー。
予約の入力ミス!!



「ど、どうしますか!?」
と上司に問う。
「用意して!」

まぢ!?
( ゚Д゚)アライヤダ!!


焦るわよ。
だってワタクシ、トップで出なきゃだもん!!



幸か不幸か、たまたま丁度いい具合に、キャディが7人空いていた。
その7人とも、
「今日はお仕事に付きそうにないわね…」
てな気持ちでいた。

ワタクシだけが、予定に入っていたお客さんに付いていく見込みだった。
しかし予定変更。
この、今にもスタートしてくれなきゃ困る切羽詰った7組コンペに、私がトップでスクランブル発進しなくては!


吃驚仰天で駆け出すキャディ一同。
何も用意していなかったキャディもいた訳で、そりゃもう大騒ぎさ!


ああ、前に出て行った組が、もう遥か先へ行ってしまった。
1ホールくらい開いてしまっている。

早くこのコンペを出して、前の組に追いつかなくては、今日一日のお客さんの流れが滞ってしまう!
なんで私が、こんなにも慌ただしい目に合わねばならんの!
ヽ(゚皿゚)ヽ ガオー!!


クラブチェックをしている暇もない。
お客さんの顔と名前も一致しない。


それなのにお客さん一同、
「キャディさん、記念写真をお願い~」
って言って、呑気にティーグラウンドに整列して待っている。

誰か撮ってあげてくれ。
えっ!?
誰もティーグラウンドに登ってくれないの?
私の後ろのOちゃん、聞こえないふりしているの?
(;^ω^)


「私かい!?」
クラブチェック済んでいないのにぃ!
ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!


駆け上る階段。
焦る気持ちを隠して押すシャッター。
「はい!撮りますよ~、一足す一は~?」
「に~!」


急げ急げ!
OB出したらさっさと打ち直せ!


3ホール目で先行組に追いついた。
ヤッターマン!
やるときはやるのよ、私だって。
これで「流れを悪くした」とは言われないで済むわ。

しかし途中で雨は降り出すし、それが何度も止んだり降ったりを繰返し。
もー、本当にドタバタ劇だった。


このところ時々あるのよねぇ、予約ミス。
頑張ってください、予約担当の皆さん方。
( ;∀;)


  本日のBGM 開運!招き猫音頭/細川たかし



励みになります

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

CALENDER
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR