いよいよ

1241133482-DVC00246.jpg
ラストスパート!

回収業者に来て貰い、大物は昼間片付いた。

夜にはラストスパートで、家の中のガチャガチャした部分の追い込みをする。


画像は、ペンションからの帰りに寄った、西原村の「萌の里」に広がるポピーの花畑。
こんな感じで沢山咲いていると、すごく良いね!


今日も手抜きでスマソ。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

あこちんもほしいかな(BlogPet)

ころりんこはエスプーマがほしいな。
あこちんもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「ころりんこ」が書きました。

忙しい~!

20090501075529
深夜までゴエモンと片付けをして…。
疲れた。

blog、完全に手抜き。
更新に手が回らない。


ペンション駐車場の外周に、野性のミツバがありまして。

摘んで持ち帰り、おひたしにした。
香りが良くて、素晴らしいおひたしになった。
山菜に飢えていたゴエモンにも好評!

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

よく働けよく遊べ(後編)

よく働いた後は、よく遊べ!なのだ。
それでは後編、行ってみよう。


晴れたり曇ったり雨が降ったり、はっきりしないヘンテコな天候で、凄く冷え込んだ。
(この夜、阿蘇山上では季節はずれの雪がうっすらと積もったそうな)
だけどお出掛けモードの心は、ウキウキなのさ。

外観

期待で高鳴る胸を押さえつつ、南阿蘇のペンションへ到着。
5か月ぶりのこのドア。
お?青く塗り替えられているのね。(以前は緑だった)

今日はまだ連休前の平日とあって、泊まり客は我々の他に、男性2人組、男性ライダー氏(和泉ナンバーの大型オートバイ…長旅!)1人と、合計で3組しかない。
私とOちゃんは、ゆったり過ごせる4人部屋に案内された。
隣の4人部屋は空室。
落ち着いて過ごせるようにとの配慮が嬉しいじゃないですか。
前回泊まりに来た時も、私たちは2人なのに4人部屋を使わせて下さったのよ。

今回の部屋は、その時の隣の部屋だった。
元々は2人部屋だったものを、2部屋ぶち抜きにしたものがこの宿の4人部屋。

客室1

ま、二間続きって感じね

客室2

前回の部屋と違うのは、こっちにはちょっとしたテラスが付属していることだ。

こっちの部屋の方が好きだな~。


それではこの夜のメニューを、登場順にご紹介。

ワイン

ボトルで頼んじゃったワイン。
ほのかな甘口で、飲みやすかった。
Oちゃんはそもそも下戸なので、グラスに半分も飲む事が出来ず、結局あこちんが一人で1本を飲んでしまったのと同じようなもんだ。

ディナー1

カポレーゼ(カプレーゼとも言う)は、トマトとモッツァレラチーズとバジルのカプリ風サラダ。
Caprese とはカプリ風という意味とか。
そしていきなり真ん中にキャビアでっせ!
このにぎり寿司のおいしさに、まずOちゃんが感動。
どれどれ…、うん、うまいっ!
ケパーと一緒に食べると、さっぱり感が出てなおウマイ!

ディナー2

タルタルステーキは、ナッツやニンニク、そして林檎の刻んだもの等と混ぜてあり、これは絶妙なバランスだった。
タルタルステーキを食べる機会って、これまでほとんど持ち合わせなくて、取り立てて美味しいものという印象を持っていなかった。
だけど今夜はそれが根底から覆された感じだ。

ディナー3

トリッパーって何ぞや?
そう思いながら食べ始めると、その正体がわかった。
「いわゆる蜂の巣だ、これ!」
と私。
「ああ、なるほど」
と頷くOちゃん。

  通称:蜂の巣=牛の2番目の胃。
  横浜の中華街では、程よい味付けで煮込んだものが売られていたっけ。
  伊勢佐木町の路地裏にある焼肉屋では、これを焼いた事があったっけ。


トリッパー(イタリア語)は、イタリア・トスカーナ地方でよく食べられているそうな。
そうとは知らなかった。
豆と一緒に煮込んだものを、オーブンで焼いてある。
臭みは全然ない。
ここまで柔らくし、そしてクセがない状態にするのは、かなり手間暇を書けないと…と思う。

ディナー4

ここで一緒にパンが出て来た。
こちらのペンションの自家製パン、モチモチのパンやサクサクのパン、色々とあって楽しめる。

ディナー5

自家製ベーコンがうまい!
それも豪快に厚切りと来ているから、ベーコン好きな二人にはたまらん。
柔らかなキャベツの甘みとベーコンは、とても良く合いますな。
ここに惜しげもなく散らしてある黒いモノ、これがトリュフ。
その匂いは…凡人には良くワカランだった…。

パンを平らげ、パスタを食べ、それでもまだまだ料理は続く。

ディナー6

パスタ作りに使うセモリナ粉。
これをまぶして焼いた真鯛は、皮の部分がカリカリしており、香ばしさが増す。
パリパリの下にある身がふんわり。
工夫しているなぁ。
ヒョロッと長い添え物は、薄~くスライスした牛蒡をカラッと揚げたもの。
これがまたカリカリッと美味しくて。
パスタはいかにも「手打ち」って感じが出ていたよ。

ディナー7

「お口直しにどうぞ」
と出て来た。
エスプーマは、炭酸ガスを使い、色々な素材をムース状にする手法。
エスプーマで作ったムースは、一瞬の夢のように今まで味わった事のない淡くはかないムースになるそうだ。
この夏みかんのエスプーマ…う~ん、ふんわりろとり…あ…消えた。
夏みかんの甘酸っぱい風味は損なわれずに押し込まれており、おかわりしたいくらいの美味。

魚料理からお口直しを経て、肉料理へ。

ディナー8

来た来た、来たよ~。
ステーキの登場だよ!
前回は炭火の上で網焼きした。
「今回は溶岩焼きです」

ディナー9

ジューッ!といい音を立てながら焼かれて行く。
肉に厚みがたっぷりあるから、固くなってしまうことなく、食べ頃な焼き加減が得られる。.

ディナー10

自家製のステーキソースは、タマネギをタップリ使った醤油ベース。
焼きたての柔らかな肉に、大変お似合いのソース。
肉だけじゃなく、ご飯にこれをかけて食べても美味しいだろうって感じ。
残っちゃうのが勿体ないよ。

「ご飯はいかがですか?」
と声が掛かったので、このお肉と一緒に軽くご飯を頂いた。
(良く食うなぁ)

この後に出て来たのが、本日のメインだ。

ディナー12

うぉぉぉ!手前がフォアグラ。
豪勢な厚さ。
遂にこれで、今宵は三大珍味を制覇。
赤ワインで煮込んだ肉の、なんと柔らかなことよ。
好きだわぁこれ。
しかし贅沢だなぁ、本当に。

これだけ食べれば、相当な満腹…と感じながらも、お楽しみはこの後のドルチェ。

出たー!
このペンションは、これが有名なのよね。

ディナー13

こちらへコーヒーが付いて来る。
あれだけ食べたのに、まだこれだけ食べる。
ああ幸せ…。


この食事のために、朝も昼も抜いて来た(本当)。
美食バンザイ!

この極上ディナーが頂けて、翌朝は朝食が付いて、8,400円なんだから凄すぎる。
感動の嵐のディナー、あっと言う間に2時間経過。
やっぱりここを選んで良かった!


明日はこのでの朝食と、その後出掛けた先の話題をお届け予定。
帰省したゴエモンと話をしながら過ごしていたら、すっかり今宵は遅くなってしまったさ。

  本日のBGM 酒と薔薇の日々/阿川泰子

テーマ : 思い出し旅日記
ジャンル : 日記

よく働けよく遊べ(前編)

遊びに行く前には、きちんとやる事をやっておかなければならない(おかあちゃんの法則)

遊びに行ったご報告の前に、ちゃんと家の事もやったのだと自己弁護。
今日のブログは、前編と後編に分けて書いた方が、内容的に整理される。

ってことで、まずは前編。


5LDK+Sの我が家には、仏間と床の間そして広縁付きの和室が1つだけあり、ここの広縁との境、そして床の間の地窓に、障子戸がついている。

障子の張り替えをしたのは、もう9年半も前の事。
私がちょっと関わっている情報番組で、「親子で挑戦、大掃除!」の企画があり、我が家がそのロケ現場になった。
あこちんと当時10歳のゴエモンが、障子の張り替えと窓磨きのコツを習得するというその企画に出演。
県の建具職人組合だかのトップの親方様がご夫婦でアドバイザーになり、費用一切テレビ局持ちで障子を貼り替えた。

その時我が家は築後10年を迎えていたが、私自身もこの時生まれて初めて経験した障子の張り替え。
本格的に、刷毛を使って障子を貼って行った。
親方様のご指導と、奥様のテキパキした働きぶりで、コツがわかれば障子の張り替えは結構楽しく出来るものだと思えた。

しかし撮影分の時間だけで張り替えたのでは、大きな障子1枚程度しか張り替えられず、我が家の障子は中途半端な状態になってしまう。
撮影を終えた後で、リポーター・ディレクター・カメラマン等、スタッフ全員が参加して残りの分も張り替えたのであった。

その後は普段全く使わない…と言うか、洗濯物の室内干しの場となっている広縁と、衣類や普段使わない品々の置き場所になっているだけみたいな和室になっていた。

思い起こせば、このロケ当時も和室は使わない品々が多く置かれており、ロケを敢行する1日のために、3日かかってこの和室を片づけたんだっけ。

今回はそれよりももっと長い年月この部屋を使っていないので、片づけに要する時間のかかり方が半端じゃなかった訳だ。

床の間の地窓、これはちょうど玄関の脇に当たる。
この障子紙の傷み具合が激しかった。
湿度や日照、それらによるダメージが強いからだ。
それが最近では破れ始めており、お客さんが来ないとしても、ここの障子は早晩貼り替えねばと思っていたのだ。

午後から南阿蘇へ出掛けようとするこの日、私は思いきってこの地窓の障子張り替えに着手した。
さほど大きくないものだから、一人で張り替えられるだろうと思って。

取り外した障子は、こんなにもひどい状態。

障子修理前

これが玄関脇に面していた側。
湿気によるシミがあるし、ガラスの隙間からナメクジかカタツムリがやって来て、糊付けしている部分を食して行ったようである。
見るも無惨に、その部分の紙がハゲハゲになっているじゃない。
あいつら、こんなモンが好きなのか…。
こ~んな障子が、玄関のすぐ脇にあったのでは、あまりにもみっともないじゃありませんか。

霧吹きと濡れタオルを使い、古い障子紙を取り除く。
ペロペロリ~と剥がれていくのが、ちょっと快感♪


最近は便利なものがあるんだな、刷毛を使う糊付けで苦労しなくても、アイロンで貼れる障子紙ってのがホームセンターで売られている。

障子修理中

今回はそれを買って来て、チョチョイのチョイ!と貼って行くよ。
とにかく簡単で嬉しい限り。
特に地窓と言う、比較的小さな障子戸だから、作業は一人でも容易。
地窓2枚分を剥がすのと貼るのとが、30分程度で終了~!

障子修理後2

玄関脇から見たら、あ~んなにシミシミ&ハゲハゲだった障子が、このように美しくなったとさ。
ちょっとだけたるみが出たけれど、素人仕事だからそれは何も言うまい。

床の間を見るとこんな感じ。
ウフン♪白くてきれいだわ~。

障子修理後1

掛け軸になっているのは、あこちん筆による色紙、自作の俳句なのじゃよ。
「雄大と 吾子(あこ)も かくあれ 阿蘇晩夏」
と書いている。
ま、このくらい書けないと困るくらい、書道には投資もしたんだわ>月謝や道具。


この仕事を終え、自己満足と安堵を感じながら、南阿蘇へうまいもんを食べに出発したのだ~!

(後編へ続く)

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

堪能した!

20090428075210
南阿蘇のペンションにて、携帯からアップ。

期待どおりの豪華ディナーを堪能した。
もー、お腹苦しいー!

本日のメインは、肥後赤牛の赤ワイン煮込みとハンガリー産フォアグラのソテー。
とろけるくらいに牛肉が柔らかくて、フォアグラはデカイし、たまらんねー。

フォアグラ、キャビア、そしてトリフ…の世界三大珍味が、別々な料理に添えられて出て来た。

何もかも本当においしゅうございました!


詳細はまた帰宅後に。

明日の夜にはゴエモンが帰省っす。
家の手伝いから始めて頂こうか…(ニヤリッ)。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

フクシア

詰め込みすぎでしょ~!とぼやかずにはいられない盛況で、非常に慌ただしい仕事をこなして来た一日。
待ち時間が長くなったお客さんへ、ペコペコと頭を下げまくる。
早出の担当になり、早朝6時半には出勤し、退出するのが午後6時半。
たっぷりと残業代を稼がせて頂いたけど、目先の1組を追えば良いってもんじゃないと思うよ>うちの職場。

家に入ってぐったりとしていたら、庭へOちゃんの車が入って来た。
私よりも遅く退社したOちゃんだが、連絡もなく我が家へ立ち寄り。
仕事の帰りに買い物をして来たようで、こんな時間に?と怪訝に思いながらも、明日生協の訪問日だから、回収して貰うべき空き瓶等を持ってきたのかな?とも考える。

「今日、何もしてあげられなくて。
 何ヶ所か走り回って、やっと…。
 こんなものしかなかったんだけど…」

鉢植え

おおー、フクシアですかね?
かわいい鉢植えを頂いた。
あらら、こりゃわざわざどうも。






パソコンを開くと、mixiのホームに、

mixi

My Yahoo!の片隅に、

my_yahoo!

メールをチェックすると、メルマガではJALから、

JAL

そしてANAから、

ANA


そうなんス。
誕生日なんス。

航空2社は、壁紙などがダウンロードできるようになっていた。
(この画像をクリックしてもDL出来ませんぜ)

ダンナからは夕方に、
「お金ないから何も買えないけどハッピーバースデー」
とメールが来ていた。

お金がないってアンタね…。
そーゆー時は、お金があるうちに何か用意しておけばいいってもんジャマイカ?

もっともダンナには何も期待していない。
現在乗っている愛車バロンちゃんへ買い換える時に、
「この先10年、誕生日もクリスマスもどんな記念日も、
 何もプレゼントは要らないから、どうしてもこの車を買ってちょ!」
と言って、買わせたからだ。
あれからまだ10年は経っていないのさ。


ゴエモンからもメールをもらった。

お祝いメール

社会人2年生の公務員さんから頂戴するものにしては、幼すぎる…かも。(__;)


お金がないダンナと、家で質素に餃子とラーメン等の夕食。
疲れているし、簡単に済ませる。
ケーキ?
ナ━━━━━━(´・ω・`)━━━……‥ ‥イ



専属カメラマン氏から、mixiでお祝いメッセージ。
ありがたや~…と思ったら、HP更新の仕事の依頼がメインでもあったりして。
(TдT)アリガトウ






今日はいいの。
繁忙期の日曜日だし、自分が忙しくて疲れて帰ってくる事は予知していた。
誕生日だからと言って、何もそれらしい事は出来ないつもりでいたから。



明日と明後日、休みを取っている。
昨秋行った南阿蘇のペンションへ、極上のディナーを食べに行くために!!

あそこの食事、すっかりファンになり、季節毎に出掛けてみようと決めたのだ。
親しい人とゆっくり食事を堪能するには、あそこは最高ですぜ。

もうね、こんなライフスタイルになっちゃうと、お母ちゃんの誕生日なんて、おうちの中では地味なイベントなのよ。
前述のような事情がある我が家だったら尚更、唯一の同居人であるダンナからも放置されるんだし。
親しい人と外へ行く方が、楽しい人生になるってもんですわ。
同世代のおかあちゃんがた、家に籠もっていちゃダメだよ、今からが青春だよ!


明日の夕食が、すっごく楽しみだな~♪
何が出て来るかな~?

ってことで、あのペンションは客室にLANが備えられていないので、明日の夜の更新は無理かも。
携帯からちょっとUP出来そうだったら、試みてみるけれど。
ワインに酔ってしまっていたら、早々と寝ちゃうかも…。


フクシアの花言葉を調べてみた。
Oちゃんの急ぎっぷりを見ると、彼女はこんなことには無頓着で品選びをしたに違いないけどさ。
(ラッピングも省かれ、鉢にはバーコードのラベルがそのまま貼り付いていた)

交友・信頼・信頼した愛・好み・センスのよさ・上品な趣味・恋の予感・愛を信じます・暖かい心・熱烈な激しい心

あのぉ…。
どれを受け入れたら良いんだ???

  本日のBGM Happy Birthday Song/槇原敬之

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

拾い読み

職場に行ったら、休憩室に新聞のコピーが置いてあった。
何だろう?と覗き込むと、先日のクタクタに気疲れしたスポーツ紙の取材、あれが記事になっているものだ。
昨日の日付の新聞だった。

へぇ~。
こんなふうに書かれていたんだ。

記事の真ん中に、大きな写真がドーン。
白黒のコピーだから良くわかんないけど、米粒のように小さく、人物も写っている。
「これ、あなたよ」
と言われた。
「え?私は写っていないでしょう~」
と返す。
カメラを向けられた記憶がないのさ。
「ううん、○○さん体型だもん」(ワタクシのこと)
「なんですと?」
食い入るように見つめると、あ…この後ろ姿はキャディの制服姿だし…。
確かにこの背中はあこちん体型。

「ね、あなたの背中でしょ?」
はい、納得です。

そう言えばカメラマン氏、グリーンサイドで撮影していたかも。
ああ、そんな記憶が甦ってきた。

あはは…。(^◇^;)

記事の中に名前も発見。
冷や汗をかく。

ま、九州版だし。
読めなかった皆さんの方が多いし。
ね。


  本日のBGM あんたの背中/Precious

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

ハズレ

休みを取り、家の片付けを終日。
う~ん( ~-~)。
完璧な状態には、まだちょっと遠い。
困っちゃう。

連休前の所用が皆無の休みは、今日が最後だったんだけどなぁ。


片付けに没頭したくて、夕食は手抜きをさせて貰おうと思った。
どこか近場にでも、外食など…とダンナに提案したら、
「なんか買って来てやるよ」
って。
ま、それでもいいか。

でもダンナの買い物センスは、イマイチだからなぁ。
先月だったか、自分で買って来た惣菜を食べながら、
「あー、失敗した!おいしくなーい!」
と悔いていたもんなー。

あの揚げ物は、それより少し前に店で見かけた時に、アタシだったら買わないわね…って思いながら通り過ぎた物だったから、ダンナが買って来た時には、マジっすか!と思っちゃったのさ。

とにかく簡単に済ませたかった夕食。
カップ麺が1個あるから、私はそれを食べちゃえ。

「弁当にする?おかず?」と尋ねるダンナヘ、
「おかずを」
と依頼。
だがなかなか出掛けないダンナ。
何故のんびりしているのさ?

「もう少ししてから行けば、惣菜が半額になるはずだ」

はぁ…、なるほどね…。
だけどあんまりゆっくり行くと、めぼしい物がなくなっているかもよ。


さて、ダンナが買い物に行っている間にも、私は掃除をしなきゃ。


買い物から戻ったダンナが、
「全部半額で買えた♪」
って喜々としながら、テーブルの上に品物を広げて食べ出した。

あのぅ…。



それって…、



おかずですか?



「え?握り寿司だよ」




どうして握り寿司なんだ。
おかずを頼んだ筈なのに。(/- -)/



おかずは、ダンナ自身が酒肴にするつもりで買った、レバニラ炒めが1パックだけ。




頭の中では、すっかり「カップ麺モード」に入っていたワタクシ。
握り寿司の気分に切り替わるまで、かなり時間を要した。


やっぱりダンナに買い物を頼むと、かなりの確率でハズレが出る。
しかし今回のハズレには、あまり文句を言わずに片目をつぶることにしよう。


今夜は天候が大荒れになるそうな。
なんとなく風が生暖かい。

本日のBGM 雨待ち風/コブクロ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

貴重な植物

朝刊を開いたら、気になる記事が載っていた。
ああ、そうか。
そんな時期になっていたんだ。
デジカメを鞄に入れ、仕事の帰りに寄ってみる事にしよう。

職場から車で約15分、我が家からもそのくらい。

アイラトビカズラFIX1

山の麓の斜面に、目的地はある。
話題になっている場所なんだけど、午後6時少し前は無人状態だった。

アイラトビカズラFIX2

石垣の上に広がっているこの蔓。
近寄って葉を見ると、

アイラトビカズラFIX3

こんな感じ。
蔓は高さ3メートルほどの棚で支えられており、

アイラトビカズラ棚FIX1

ちょっと見た感じは、怪しげなジャングルのようでもある。
こんな場所に何があるのか?と、思わせぶりな書き方をしているワタクシ。



もう少し棚に近づき、別角度から覗き込むと、ほら、葉だけじゃなくて何か見えてきたでしょ。

アイラトビカズラ棚FIX2

暗紫色の房が付いているの、わかるかな~?
棚の中から天井を見上げてみよう。

アイラトビカズラ天井1

ほらほら、沢山あるよ。
ぶら下がっているよ。
ちょっと見た感じではブドウの房のようだけど、これは花なのだ。

藤?…と思った人もいるかもね。
藤じゃないのだ。

アイラトビカズラ天井2

今年は花の数が多いようですな。

あんまり花が咲かないと思われているものでもあるらしい。
霊華「優曇華」(うどんげ)とも呼ばれ、仏教の世界では「三千年に一度開花し、その時は金輪王が出現するとも、如来が現われる」とも言われているそうな。
(本文中の斜体記述の出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


この植物の名前は、「アイラトビカズラ」。
(相良飛び葛、学名:Mucuna sempervirens)
マメ科トビカズラ属に分類される常緑つる性植物。
熱帯性のものである。
巨大な花房をつけるのでよく目立つ。
山鹿市菊鹿町相良地区のアイラトビカズラは樹齢千年とも言われ、国指定特別天然記念物に指定されている。
(昭和27年指定)

アイラトビカズラZOOM1

中国の長江流域が原産地とされ、日本にも広く分布していたとされるが国内では2カ所を除き絶滅。
20世紀末までは熊本県山鹿市菊鹿町相良地区に一本のみ自生しているとされていたが、2000年に長崎県佐世保市の沖にある九十九島の無人島である時計(とこい)島で自生しているのが発見された。
2001年に持ち帰った花弁や枝葉などを、熊本県山鹿市菊鹿町相良地区のアイラトビカズラと比較して同種とされた。


今でも報道関係では、ここのトビカズラを紹介する時に、
「日本ではここにしか自生していない」
と説明しているケースがあるけれど(今年も開花を伝えるNHKのローカルニュースはそう言っていた)、佐世保市で見つかったものも同種とみなされているので、「ここだけ」と強調する事はちょっとね…。

佐世保市のトビカズラについては、同市のボランティア団体「ふるさと自然の会」のWEBサイトに、興味深い観察記録が詳しく書かれていた。
私もこれらを読み、同種だろうと考えているところである。

ダンナに花の画像を見せながらこの九十九島の話をし、
「菊鹿だけじゃないんだってね」
と言うと、
「うん、見つかったの、もうだいぶ前だろ」
と返って来た。
ダンナが知っているくらい、とっくに地元では話題になっているじゃないか。
何してんだよ、NHK熊本放送局。

アイラトビカズラZOOM2

「芳香を放って咲く」との記述も見られたが、棚の下にいて、これだけの花に囲まれていても、香りは感じられない。
思いっきり花を近づけ、クンクンしてみるが…、
「匂いしないよね?」

すると一緒に行ったOちゃんが、
「え?いや、なんかくさい!」

臭くはないぞ。
あれ?あれれ?この香りは…。

ソース焼きそばの香りでないかい?

似ている、やっぱりソース焼きそばに似ている…。


芳香と言えるのかどうかは、個人の判断にお任せしよう。
とにかく、藤棚の下に行った時ほどの、甘い香りなどは漂って来なかった。



地に落ちている花があったので、拾い上げて手の平に乗せる。

アイラトビカズラ手の平の上

花ひとつの大きさは、けっこう大きいのよ。
これがもっと開いてくると、中の蕊(しべ)が顔を出す。

アイラトビカズラ蕊

自家受粉出来ないので、ここでは結実を見た記録がないようだ。
人工授粉して結実させたものの記録などが、佐世保市の「ふるさと自然の会」のWEBサイトには画像入りで出ている。
藤の実のオバケみたいな、かなり長いものが出来るんですな。


ま、無人島へ上陸して観察するのは、なかなか機会を得にくいので(上陸ツアーがあるらしいけど)、熊本市から車に乗って1時間ちょっとで行けるこの場所で鑑賞する方が、一般向きと言えよう。
国道325号線を、山鹿市鹿本町から県道9号線へ入り、北上して行くと、約10分でこの場所へ行く事が出来る。

アイラトビカズラZOOM3

今年は例年よりも10日ほど早く見頃を迎え、花の数も多いようだ。
4月いっぱいは十分に花が見られると思う。
GW前半はOKかな?なので、珍しいものが好きな方は、カメラ持参で是非お出掛けを。

この場所からもう少し先に行ったら、子育てや安産祈願で知られる「相良(あいら)観音」がある。
ついでに参拝もいかがかな。

本日は、なかなか見られない国指定特別天然記念物探訪・自然観察のススメでござった。

  本日のBGM まずはどこへ行こう/松任谷由実

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

再会

好天に恵まれ、今日も出張しての仕事。
5人で出掛けたいつものコース。

Oちゃんは、スタート表を見ながら、
「あっ!この間ここに来た時と同じお客さんだぁ」
と言っていたかと思うと、ちょうどそこへそのオジサンがやって来て、
「おお~、またよろしく頼むよ~!」
などと肩を抱かれているではないか。
(ゴルフ場のオジサン達は、概してこのように遠慮なく触りたがるものである)

たまにしか行かない出張先で、常連さんが出来ちゃうのって、なんだこりゃ?
Oちゃん、そのお客さんを、我がコースへ呼び込みなさい。
うちの売り上げを増やしなさい。


今日も我々には昼の休憩時間が15分しかなく、その時間は後半のお客さんのクラブチェックをするので精一杯。
結局お昼ゴハンのために用意されていた弁当を食べたのは、1ラウンド終えた午後4時近くになってしまった。

慌ただしい一日だったので、ブログにするネタが見つからなくて、昨日と同じくVIPルームが控え室になっていたから、食事を終え帰るまでの僅かな暇に、

VIPルーム眺望

VIPルームからの眺望とか、

VIPルーム浴室

VIPルームの立派な浴室とか、

VIPルーム室内

昨日とは別角度からの豪華な室内なんかの画像を撮って、
「もう一生この場所に来る事はないね」
な部屋をブログのネタにしようと思っていた。


帰宅してパソコンに向かっていたら、突然鳴り出す私の携帯。
ん~?誰から?

あら?みっちょ課長。
何だろう?

「今どこにいる?」
「自宅にいるけど」

ありゃ?私は何かドジ踏んだのかな?
出張に使った社用車(私が運転して行った)のキーかな?
あれは間違いなく事務所に戻して来たけれどな???

「レイコちゃんが、くるみを連れて来ているのよ。
 ラブに会わせようと思ってさ」
「え?」
「私もちょっと出掛ける用事があるから、少ししか寄れないんだけど」
「ああ、なんだ、みっちょも帰っているの?」

あー、びっくりした。
会社から連絡してきたのかと思ったから、私が何かやってしもうたのかと思っちゃったよ。


くるみちゃん。
そう、あのガリ子ちゃん!
レイコちゃんの家に引き取られ、今はとても幸せに暮らしている。
もうすっかり「ガリ子」じゃなくて、栄養状態も良く、あばら骨が浮いていたあの頃からは見違えるようになっており、彼女が時々デジカメで撮った画像などを見せてくれるのだった。

レイコちゃんは、私に会わせたいと言ってくれていた。
たまたま本日くるみちゃん連れのレイコちゃんが、こっちへ出掛けてきたそのついでに、我が家へも来てくれると言うのだ。

家で待っていると、くるみちゃん キタ━(゚∀゚)━!

くるみ1

きゃぁ~、すっかりキレイになちゃって!
あの頃は汚れて痩せて、

最後のガリ子

そりゃあボロボロの犬だったのに。

背景に不要品が山積みのガレージが写ってしまったぞい (;´∀`)

メスなのに、何故か足を上げてオシッコするワンコ:くるみちゃん。
我が家の玄関前にも、マーキングするかのように2ヶ所にオシッコ。
おいおい…。(;・∀・)

ラブちゃんは、いつものように訪問者にも動じないでおとなしい。
「え~!?ラブってこんなに大きかった?」
「うん、相撲取りみたいでしょ」
「大きい~!」
「でもおとなしいよ」

なーんてやっているうちに、くるみちゃんったら我が家の玄関前で…大までしてくれているし。
(´ε`;)ウーン…。

きみィ、お土産残して行くのね…。ヾ(・∀・;)オイオイ

くるみ2

でもいいよいいよ。
お前がこんなにも幸せになった姿が見られたんだもん。
毛づやピカピカで、肉もみっちりの姿になって、本当に良かったねぇ。
また会う事が出来て、凄く凄く嬉しかったよ。


みっちょ、気が付いていないみたいなので教えた。
「コケコ、いないんだよ」
「なんで!?」
「ブログ、まだ読んでいないんだね。天国へ行った」
「えっ!死んだの!?」
「いや…実は…」

事情を話すと、驚きながら何となく爆笑。
レイコちゃんもいっしょになって驚愕&笑い。

帰宅してブログを読んでいるでしょうか。
別れがあれば再会もあるのが、人生ってモンなのよね。

  本日のBGM 旧友再会/河島英五とアナム&マキ

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

空間

先日お友達のブログに携帯からアクセスしたら、スッキリした画面に「おや?」となったワタクシ。
同じFC2ブログなのに、何か違う…。

自分のブログに携帯からアクセスする事はたまにある。
面白くも何ともない画面で、センスないよなぁ…と思っていた。

面白くないはずだわ。
携帯用のテンプレートを、今まで一度も設定していなかったんだ!

お友達のブログを見習って、私も携帯用テンプレートを設定し、様子を見ている。
うむ、だいぶ雰囲気が変わった。
広告が必要以上に大きく感じられるのは、やっぱり気に入らないけれどな。
FOMAでは問題なく表示されているが、他社の携帯ではどうなんでしょ?
不具合あったら報告よろしく。


さて今日は、派遣出張のアルバイト。
先輩と3人で出掛けた。

いつもはこちらへ来ると、アルバイトキャディさんの控え室を、我々の控え室として使う事になっている。
ドリンク類の空き缶やペットボトルがテーブルの上に放置されていたり、灰皿に吸い殻がいっぱい入っていてタバコ臭かったり、洗面所やトイレを見ても、ここを使う人々は掃除が苦手な人が多いらしく、環境整備しろよ~…と思ってしまうような部屋で、イマイチ居心地が良くない空間。

ところが本日はそこへ行ってみると、内装工事中で使用出来ないではないか。
どうしたらい良いのだ?と躊躇していると、こちらの社員さんが現れて、
「今日はこちらを利用して下さい」
と別な場所へ案内された。

それがなんと、このクラブハウス2階にあるホテル部分の「VIP ROOM」だ。

VIPルーム

まさにVIPが使いそうな、大型テレビにバス・トイレ付きの立派なお部屋。
「本当にここでいいんですか?」
と言いながら入る。

こりゃゆっくりくつろげるぞ…と思ったが、う~ん…身分不相応で、なんだかこれはこれで居心地がイマイチな空間。

いざ仕事に入ってみると、今日は昼の休憩が15分しかないような忙しさで、お弁当を食べる気にもなれなかった。
先輩方は肝が据わっていると言うか何と言うか、その15分でここへ駆け上がり、弁当を食べたらしい。
私はそんなに慌てて食事したら、逆流性食道炎が暴れ出してしまう。

良い部屋だったんだけどねぇ、荷物を置きに行っただけになっちゃったよ。
手をつけなかった弁当は持ち帰った。
仕事が終わってから食べても良いんだけど、既に食べ終えている先輩方が、もう帰りたくて仕方ない顔をしているので、そんな空気の中で食べてもおいしくない。

帰り間際、エレベーターに乗ろうとしたら、そのすぐ脇にある窓で、サッシのガラスと網戸の間に、セキレイが1羽。
ガラスと網戸の隙間に入り込んでしまい、逃げ出せなくなっている。
ありゃりゃ。
こんな空間へ、どうして入ってしまったんだろう。

「ちょっと待って下さい。この子、出してあげなきゃ」
と立ち止まるあこちん。

窓を開けすぎては、逆に建物の中へ飛び込みかねない。
慎重に慎重に…。
「もういいよ、ここの人に頼んで帰ろうよ」
と最年長の先輩。

うるせえやい、そんなんい早く帰りたいかよ。
すぐに済むから、黙って待っていろ。
この人は自分の事しか考えない傾向があるからなぁ、薄情だなぁ、全く。

…とは面と向かって言える訳がないので、
「すぐ済みますから」
とだけ言って、救助工作続行。

パニックになっているセキレイは、網戸を広く開けてやっても、自分では隙間から出る事が出来ず、窓の隙間から私が手を入れ、セキレイを掴み押し出してやった。
羽は大丈夫かな?と思ったが、元気よく飛んで行ったセキレイ。
良かった良かった。

「良いことしてあげたから、きっと良い事が返ってくるよ」
すぐ近くまで来て様子を見ていたキョーコさんが言った。
うーん、そうでしょうか?
セキレイの声は聞こえませんでした?


持ち帰った弁当は、アタシの晩飯にするか…と思ったら、ダンナがそれを食べたいと言い出す。
ちゃんと晩飯は用意しているのに、どうしてこの人はこうなんだろうねぇ。


明日もここへ出張。
その時もまた、このVIPルームが控え室だってさ。
どうせゆっくりする時間はないだろうけれどね。

  本日のBGM  大丈夫だよ/川嶋あい

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

選択

我が家の庭にニワトリが落ちていた(?)のは、2月21日のことだった。

コケコ8

保護したばかりのコケコ。
鶏冠がまだ小さめで、メスだろうと思ってしまった。



メスだったら良かったのに。
まだ暗いうちから、「コケコッコー!」なんて叫ばなければ良いのに。

コケコ旅立ち前

今朝のコケコ。
立派な鶏冠、堂々とした姿。
ちょうど2か月経ったんだ。
身体も随分と大きくなったよなぁ。

大きな声で鳴くコケコに、ダンナが音を上げた。
「オレの部屋のすぐ横にいるんだぞ、たまらないよ。
 それに隣の家にも迷惑だろう」
そして先週には、水を換えてやろうとしたダンナの手に、くちばしでの突っつき攻撃を食らわせたコケコ。
この時はもの凄い怒りの表情で家に入ってきたダンナが、血が滲み出るその傷をさすりながら、
「もうアイツどうにかしてよ!
 頭に来たから、滅茶苦茶に蹴飛ばしてやったぞ!」
と怒鳴った。
私だって突かれた事はあるんだけど、そこまでカッカしなかった。
しかし以来ダンナはコケコの世話を拒否している。


ダンナが突かれてから、私は悩む日々が続いた。
コケコの大きな「コケコッコー!」が聞こえる度に、ダンナの血圧が沸騰しているようで、私は重苦しい気分になった。

コケコ、このまま我が家で飼い続けるのは、かなり無理があるよ。
隣の家から怒鳴り込まれないうちに、結論を出さなきゃね…。


Oちゃんの実家へコケコを持ち込み、その旅立ちをお願いすることにした。
経験もないし、そしてさすがに自分で手を下す事は出来ない私たちだから。

他に選択肢がなかったのかとの意見もあるだろうと言う事は承知である。
しかし現実にこのコケコケな状況下にある立場の心理は、ブログを読んでいるだけの方には伝わらないと思う。


先ほど出した今日のコケコの姿を撮影した直後、コケコをペット用キャリーに押し込んで、Oちゃんの実家へ向かった。

Oちゃんと連れだって実家へ行くと、お父さんが早速出てこられた。
お…、なんだかお父さん、張り切っている…。
いつもは寡黙なお父さんなのだが、今日は何だか違う。

コケコの足を、慣れた手つきで鷲掴みにすると、

連行

コケコをぶら下げたお父さんは、納屋の向こうへと姿を消した。




動かなくなったコケコをぶら下げたお父さんが戻って来て以降の画像は、
「ブログには出さない方がよさそうね」(by ゴエモン)
でもあり、記録には残しているが、ブログ読者の記憶には残らないようにした。

直接手を下せないと言っている自分だけど、結局それ以降はその場の流れで手伝っていた。

子どもの頃、自宅で飼っていた雌鳥が卵を産まなくなると、それを食していたというOちゃんは、お父さんが羽をむしり始めると、さっと手を添えて一緒に羽をむしり始めた。
うっ!
Oちゃん、手慣れている!

あこちんも、ぼんやりと突っ立っていては申し訳ない。

躊躇する暇もなくお父さんを手伝って、羽をむしりそして、
「そこば押さえとって」
と言われれば、丸裸になった首を握って、包丁を巧みに扱うお父さんの助手を務めたワタクシ。
不思議とそれほど感傷的な気持ちにはならなかった。

まあね、職場でイノシシの解体を平然と手伝っていたヒトだからね、私って。
決してこういうのがダメダメな訳じゃないのよ。

我が家とOちゃんと、そしてOちゃんの実家とでコケコを分け合った。


ゴエモンはコケコに一度も会っていない。
画像で見ただけなので、感情の面ではどうってことないのだろう。
「食べるの!?」
と尋ねて来たので、分け合って、我が家にも持ち帰っている旨を伝えると、
「連休のお食事に…」
と返ってきた。
そのつもりでいたよ…。

元々「肉用のニワトリ」として生まれ、そして飼育され、それが出荷途中でトラックから落ち、我が家に舞い込んだものである。
あのままトラックに乗っていても、コケコの運命は決まっていた。
誰かの役に立つために、この世に出て来た生き物なのだ。
牛や豚、そして馬刺しになる馬だってそうだし、魚だって…ね。
「かわいそう」と言っていては、人間は何も口に出来なくなってしまう。
そう割り切って、ゴエモンが来た後で、一緒にコケコへ感謝することにしよう。

色々な意見があるだろう。
無責任だと言われるかも知れないし、批判を受けるかも知れない。
だけどこれが「現実」というものなので、やっぱり書いておく事にした。

  本日のBGM 花になる/夏川りみ

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

愛は強し

家が片づかないとぼやいているうちに、ゴエモンの帰省まで残り10日になってしまった。
今週はかなり拍車をかけないと…、ヤバイ、ヤバすぎる。

そのゴエモンが、ここにタラの芽の話題を何度か出してきたその都度、
「うらやましい、食べたい~!」
とメールを送って来たりした。

彼の好物なんだし、そりゃ出来る事ならば食べさせてやりたい。
だけど自炊している訳ではない彼へ、送るってのも何だしなぁ。

タラの芽って、冷凍保存出来ないのかな。
「やり方次第では可能じゃないの?」
とOちゃんが言う。

自生しているタラの芽シーズンは、もう終わりになろうとしている。
採るんだったら、もう今頃がラストだろう。
冷凍保存に挑んでみるか?

そのためにはタラの芽を採りに行かないと。



ってことで、仕事が終わった後、コース内の山へ挑んだ我々二人。

藪

藪の中へ果敢に進んでいくOちゃん。
足の捻挫が癒えていないあこちんは、そこまで無理をする事が出来ないので、暢気にこの横にある見事な野生の藤を撮影して待つ。

藤2

杉の木に絡まった藤蔓が、見事なまでに高いところまで満開で、昼間にお客さん連れてここへ差し掛かった時に、仕事中だから撮影出来ないのが残念だと思っていた場所だった。

藤1

だがこの後、
「毛虫がいたぁ~!ここは諦めるぅ~!」
と絶叫してOちゃんが走って帰って来た。

あっはっは…。
もう日没も近いし、このくらいにして帰ろうか。

コース内にあるタラの芽は、お客さんにも狙われているからすぐになくなる。
お客さんの目に付きにくい場所にあるものは、ほかのキャディさん等が狙いを定めており、私たち同様仕事が終わると採りに来るので、ちょうど良い頃合いに採れるかどうかは、ライバル達との競争でもある。

ラッキーな事に、まだライバル達には持ち去られていなかったタラの芽が、思いの外多くあって、Oちゃんと分け合っても、このとおり豊作だった。

タラ1

ゴエモンよ、喜べ!
キミのためにこれだけ確保しておいたぞ。
これらを何とかして、
「タラの芽、食べる事が出来た♪」
と思わせる事が出来るように、保存方法を考えている母であった。
胡麻和えにして冷凍とか、そんな感じではどうだろう?



オダジョーの新作ドラマ、初回放送のラストがああなるとは思わなかった。
展開が気になるわぁ。

  本日のBGM ふたり/いきものがかり(「いもうと」主題歌)

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

誰のためでもなく

最近の傾向として、土曜日は従来に比べると比較的お客さんが抑え気味で、日曜日に集中して大繁盛といった雰囲気になっている我が職場。
今日もそんな感じの土曜日であり、午後からは「お帰り下さい」になりそうな気配が感じられる。
帰宅して家の片づけをしてもいいのだが、毎度毎度そそくさと帰宅したい態度を見せ、仕事に対して消極的なヤツだと思われるのも不本意なので、まだ完了していない植え込みの剪定の続きを志願。
春を通り越して、初夏みたいな陽気の中、私が枝を切り、Kさんがそれを拾い集めて下さり、バッサバッサと剪定しまくる。

植え込み2

切った切った!
Oちゃんが切ってくれた左側と併せ、ようやくきれいサッパリの姿が完成!

着手前はこんな様子だったのが、

通路1

素人仕事でもここまでスッキリしちゃったぞ。


植え込み1

誰かのためにではあるけれど、誰のためにでもない仕事。
しかも面倒だし疲れるし、これらに向き合おうとしないで、見て見ないふりをするのは簡単だ。
だけど誰かがしなければ、何も変わらないではないか。

Oちゃんを筆頭に他の人々が、今日も手が空いた時には手伝いに来てくれたが、そうした姿勢を示してくれる人というのは、毎度毎度面子が限られている。
この場所へ足を向けようともせず、ふんぞり返って大声で談笑しながら、無駄な時間を過ごしている輩が常にいるのがうちの職場。
だから能力給に見直そうかなんて意見が出るんだぞ。
ここで汗を流した面々は、この作業を絶対に手伝いに来なかった人がいたことを忘れない。
うちの管理職の皆さん方にも、そのことは知っておいていただきたいもんだ。


ここには写っていないが、右の方へ続いている部分も剪定し、丸半日を要した作業。
終わったらかなり腕がダル~で、帰宅したらグッタリだったさ。

家に帰るとカエル。
玄関の日陰にいた。

カエル

アマガエルくん、こんにちは。
このところ晴れ続きで、きみにはちょっと酷な陽気だね。
ここで良かったら涼んでいなされ。
ついでに虫でも食ってくれると助かるぞ。

  本日のBGM 誰カノタメニ/城南海

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

日焼けにご用心

行って来たぞい、女子プロゴルフツアーの観戦に。

「一緒に行ってくれる?」
と言って来られた○山さんと待ち合わせ、Oちゃんと3人で行って来た。

No.10


県下で年間唯一のプロツアーなので、第1戦の本日は平日ながら沢山の人出。
特に多くのギャラリーを引き連れていたのが、この組だ。

No.18

1組前が不動裕理・馬場ゆかり・古閑美保で、この2組を中心にして、大勢の人が移動しているって感じの一日だった。

見てのとおり好天に恵まれ、良く整備されたコースの中で、トッププロ達の戦いを見る。
臨場感があって、生観戦は大変いいもんだね~。

他県の人はピンと来ないかも知れないが、不動・古閑・上田の3選手は、我が県の出身者。
だからなおさら視線が熱い。

こんな記事もあったよ。
あはははは…。

大山は隣県出身者だけど、当県の高校を出て、このコースで研修生時代を過ごしている。
他にもこの県出身の女子プロ選手は多く、この試合の集客力は高いんだぞー。
昨年度、ツアー3日間で来場者2万人を超えた試合は、この試合だけだったそうな。
そして横峯は鹿児島出身、馬場は福岡出身と、九州勢が引っ張っているような女子プロの世界なのじゃ。

うちのダンナはゴルフをしないが、私が今年もこの試合を見に行くと聞き、
「古閑美保とか上田桃子も出るの?
 あの二人は見たいなぁ、見に行きたいなぁ」
と言っていた。
意外とミーハーな一面を知る。

そして昨日も、
「古閑とか上田、写真撮れたら撮って来てよ」
だと。
あのね…、競技エリアは撮影禁止なんだってば。

え?じゃあ上の画像は…?(^◇^;)
スンマセン、隠し撮りってヤツです。
それでもIXY920ISで撮った画像は、フォトショでここまでギリギリ処理出来たッス。
カメラ自体も持ち込みNGなんだけどね…。(__;)


最終組まで観戦し、その後の練習風景も見ていた我々。
試合が終わった後、練習場では遅くまで選手達が翌日へ向けての練習をしているのだ。
目の前にあの選手達が!世界へ飛び出しているあの人達が!…なのだが、意外と練習まで見守っているギャラリーは少ない。
至近距離でじっくり見られて、練習場はなかなかの穴場なのよ。

と言う事で、練習場の風景をサービスUP!

不動


古閑


上田

写真をリクエストしたダンナに、わざわざプリントして渡したら、
「う~ん、顔が良く見えない」
だとさ。
だーかーらー、おおっぴらにはカメラ取り出せないんだってば。

馬場ゆかりのママさんが会場に来ており、彼女の地元に近い○山さんは、このママさんとお知り合いで、練習場脇で懇談していた。
ママさん、娘さんによく似ているし若い!
○山さんにママさんを紹介して頂き、ちょこっとご挨拶して来たよ。(#^_^#)

帰宅したら、鏡に映った自分の顔が、かなり日焼けしているのでゲゲゲのゲ!
スタンド席にいた時、まともに日差しを浴びていたからなぁ。
釜山で買った、人気のB.Bクリームとパウダー(by HANSKIN)を塗って行ったんだけど(初おろし)、

B.Bクリーム
Perfect Super Magic B.B Cream

パウダー
B.B crystal sun powder

双方のSPF30、PA++の効果はあまり出なかったみたいだ…。
顔を洗ったらヒリヒリしそうだな…。
紫外線が恐ろしい季節になったんだね…。


最終日、優勝するのは誰だろう。
土日は仕事で、試合中継が見られないよぅ。


ネットで購入したレッドビーシュリンプさん5匹、本日夕刻に無事到着。
新ドラマ「スマイル」を見た後、水合わせしながらブログを書いているあこちんであった。

  本日のBGM ありあまる富/椎名林檎(「スマイル」主題歌)

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

持って行ってちょ!

今日は一日中家を片づけまくり、歴代の5本指に入るくらい、思いっきり捨てまくったッスよ!
押入の中でずっとずっと眠らせていた品物、これを外に出した出した出した。

引き出物とか頂き物とか、或いは亡母が大昔に使っていたらしい重箱とかコップとか、或いは菓子鉢とか。
この家を建ててからずっと押入に入っていて、ひたすら「保存版」でしかなかった品々は、時代遅れのデザインのものも多く、
「もう使わないよねぇ~」
と思えたものは、潔く処分しちゃった。

おかげで押入の中がスッキリ!

ゴエモン、やっと和室の広縁とその押入に着手したぞ。
2階から1階に下りてきたぞ。
ゴエモンにはわかると思うけど、広縁のゴチャゴチャがなくなって、物干しスタンドしか置かれていないんだぞ、すごいだろう!
広縁だけは素敵な我が家になったぞ。

その押入の中には、勿体なくて使わなかった品もかなりあった。

まだ子供を産む前のワタクシが、元職場の先輩の家へ行った時、
「ねえ、このお皿、1枚3,000円に見える?」
と目の前に披露されたのが、木箱入りの有田焼の長方形皿5枚揃。
花の絵か何かが絵付けされているんだけど、その絵が…なぁ。
全然上手くないの(苦笑。
正直な感想として、私はこれを1枚3,000円では決して買わないし、5枚で15,000円のセットには見えないなぁと思える品物だった。

「ね?お粗末で、とても見えないでしょ、そんな値段に。
 こんなものを引き出物にするんだから、センス悪いわよねぇ。
 使わないわよ、我が家では。
 持って行く?持って行ってくれない?」

えっ?この15,000円相当を下さると?
何でもお知り合いのパーティーか何かで頂いてきた品物らしい。
私の趣味とは遠く、そのくせ高価なもんだから、勿体ない気もして使わないかも知れないが…貰いましょうか。

そのようにして貰った有田焼の皿が、結局一度も使われずに20年以上も眠っていた。

片づけを手伝ってくれているOちゃんへ、先輩との経緯を伝え、
「ね?この皿、3,000円には見えないでしょ?」
「うん、見えないねぇ」
「だけどそれでも良かったら、あなたの家で使わない?」
「いいの!?そんなに高いものを」
「だって、結局使わないで来ちゃったんだもん。
 これでも良ければ、手伝って貰っているお礼代わりに」
「じゃぁ…、貰っておこうかな」

Oちゃん宅へお輿入れ決定。

センスの悪いものだけを押しつけても気の毒なので、私がどこかで頂戴した引き出物の、GIVENCHYのお皿セット、これも付けてあげよう。
白地に紺と金の縁取りで、シンプルなデザイン。
私は結構好きなんだけど、食器棚にはこれを入れておけるスペースがないので、また使わずに押入へ保存してしまうだろうから。

「GIVENCHY、あげる!」
「あら!これはいいなぁ~♪
 パスタとか盛りつけたら良さそうだな~」

笑顔で受け取るOちゃん。
遠慮なく使っておくれ。

そんなものやあんなもの、Oちゃんには数点を引き取って貰った。


我々が片づけものをしている時に、ちょうどリサイクル回収業者の軽トラックが、我が家の前の道へやって来たではないか。
何でも持って行ってくれるのかな?
玄関にプリンター2台とFAX1台、いずれも故障しているから捨てるつもりで置いている。
これが現在かなり邪魔なのだ。

声を掛けて車を止め、詳細を尋ねたところ、1個200円払えば回収してくれると言う。
そうだ、パソコンのモニターもあったんだ。
これも一緒に出して良いかな?
「全部まとめて、500円で良いですよ」
と言うではないの。
すっげー丼勘定な回収業者だな…。

でも助かっちゃった、すごく邪魔だったんだもん。
いずれは諸々の品を処分するために、不要品の処分業者を呼ぶつもりでいたけれど、その前に玄関が片づいて良かったわ!

回収業者がたまたま通ってくれて、大変ラッキーだったあこちん。
玄関先で四つ葉のクローバーを見つけていたんだけど、そのお陰かな。

クローバー

皆さんにも幸運が訪れますように!

庭には幾つかのクローバーの群生がある。
年ごとに範囲が広がっているような気もする。
あまり伸びてしまうと、これは結構邪魔になるんだけど、Oちゃんが自宅で飼っているモルモットの大好物だと言って、我が家へ来るたびにどっさり摘んで行くものだから、大食漢のモルモットちゃんの事を思い、刈り取らずに残しているのだった。
その中の1群に、四つ葉が良く出てくるものがあることを、まだこの家にいた当時のゴエモンが見つけた。
今年もその場所で、既に四つ葉が3個見つかっているのだよ。


庭と言えば、実は我が家の庭でも、藤が咲いている。

藤

母が鉢植えにして鑑賞していた藤が、段々と大きくなってしまったので、地植えにして楓の木に登らせておいたら、もっともっと伸びてしまってこの有様。
ここ数年は思い切った剪定をしていないので、楓の木のてっぺんまで伸びていってしまっている。
先日道端で撮影してきた藤よりも、数日遅れで咲いた我が家の藤。
近くで撮影していたら、やっぱり甘い香りがほのかに漂っていた。

日没まで片づけものをして、やれやれと一息。
傍らで猫が眠っている。

2匹1

「シャー!」って威嚇していたくせに、寅蔵は銀之丞と、もうこんなふうにくっついているんだから。
脳みその中はどうなっているのかねぇ、お前さん。

2匹2

「何か言った?」
いいえ、何にも。

さて今日の片づけの続きは、また明日、ゴルフ観戦から帰宅後に。
そろそろタンスの整理がメインになって来るぞー。

  本日のBGM あなたにあげる/西川峰子

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

ょうはあこちんで(BlogPet)

きょうはあこちんで調理したいなぁ。
だけど、あこちんとオイルヒーターへ管制しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「ころりんこ」が書きました。

筋書きのない物語

今朝出勤すると、駐車場でみっちょ課長に、
「剪定お疲れ様」(^o^)
と声を掛けられた。
いやドモドモ。\(^_^
昨日出勤されてご覧になっているのだろうか、ブログを読まれたのかも知れないな。

うちのセクションの人間は昨日出勤していない。
出勤し、事務所へ通じるあのバッサリ切った植え込みを見て、
「一昨日やったの!?頑張ったねぇ~!」
と言って慰労してくれるご一同。
しかし、
「はあー…。こんなに早い時期からこれほど切ってしまわなくても…」
と言ったばあさまが1名。
Oちゃん、
「そんな事を言うあのババアが、
 このような仕事を最もしようとはしないヤツ」( `д´) ケッ!
と鼻息が荒かった。

ヨカヨカ、あの人は他人の行動を肯定出来ない人生を送っている人なんだから。
絶対にアレを見て何か一言二言放つと思っていたよ。


今日も少し時間が空きそうなので、続きを切ってしまうつもりで、自宅から刈り込み鋏と剪定用ノコギリを持参しているワタクシ。
一昨日コース管理課から借りた鋏よりは、切れ味が良いはずだ。

ところが出勤してみると、私はコースへ出て行く仕事になっており、剪定している場合じゃないようだ。
クラブハウスに残りそうなOちゃんへ、もしも剪定作業をすることが出来そうだったら、これを使うと良いよ…と、自前の剪定用具を託しておいた。

夕方にそこを見ると、残っていた部分の剪定がだいぶ進んでいる。
「あなたがやったの?」
とOちゃんへ尋ねると、
「私しかやるような人間はいないじゃないの!」(#゚Д゚) プンスコ!
と息巻いていた。

でも枝集めぐらいは、他の人も手伝ってくださったのだろう?
「うん、キョーコさんが道具持ってきて、すぐ手伝ってくれた」
うんうん。
「だけどババアは、また今朝と同じ台詞を言ったんだよ!」
(# ゚Д゚) ムッカー
あら、まあ。
彼女の鼻息はまた荒くなり、
「小さい毛虫が、もう付いていたから、
 ウヨウヨと湧き出さないうちに切ったんですよって言ってやった!」
( ゚皿゚)キーッ!!

そう、小さい毛虫は、既に先週発生していた。
ちょうど卵からウヨウヨと這いだしているものを私が見つけ、みっちょ課長に殺虫剤を借りて退治した。

で…、その人は手伝ったのかね?
「手伝う訳ないじゃん!口だけ出していなくなったよ」ヽ(`Д´)ノプンプン
あちゃー。

あれこれ言うんだったら、それなりの事をしてからにしてくれよって感じ。
困ったちゃんだね、まったく。


昼休みに携帯を見ると、ゴエモンから写メが来ていた。
今日は小松で、F-15のコクピットに座らせてもらったりしたそうな。

F15

誠に嬉しそうだわ。
戦闘機パイロットに憧れていたんだものねぇ。

空自に入って、そしてこうした一部の職種にでも巡り合わせがない限り、ゴエモンがこのような経験をする機会などは、なかなか生まれなかっただろう。
1年半ほど前の秋に、
「大学には行かないで、空自へ行こうと思う」
と突然言い出した時には、
「うっそぉ!なんで!?」
と驚愕のあまり仰け反ったが、
「大学出ても、航空業界に就職する夢は叶わないかも知れないでしょ」
とゴエモンが言うのにも一理あり、その意思表示に納得出来た。
彼の人生を彼の選択に任せ、その結果本人が充実した日々を送っているんだから、親としても悔いはない。


夕方、職場の玄関でお見送りの仕事をしていると、本日ご一緒したお客さんが、
「キャディが良いから優勝出来たぞ!」
と満面の笑みで、液晶テレビを抱えて出て来られた。
あら~、今日のペアマッチ(当社主催のオープンコンペ)、優勝なさったんですね!
その台詞、総支配人の前で、もう一度大声で言って下さい(爆。

喜んで頂ける仕事が出来て、よろしゅうござんした。
コツコツやっていりゃ、結果はいつか付いて来るもんだわな。
地味な剪定作業だってそうだし、夢を叶えようとしているゴエモンだってそうだよ。
それがわかっていても、時々嫌な事があると、「こんなところ、いつだってやめてやるぅ!」等と腐っちゃうんだけどさ。(#^ω^)


同じく夕方の玄関でのこと。
○山さんが帰り支度をして出て来られたので、
「今日は奥様もご一緒に、ありがとうございました」
とご挨拶。
このペアマッチに是非出て下さいなと、早いうちから懇願し、その誘客叶って、普段はなかなか当社へお出掛けにならない奥様とご一緒に出場して下さったのである。
「キャディさんには、ライフカードレディースに行く人いないの?」
と○山さんが尋ねる。
「いますよ、私が知っている限りでは、5人ほど行きますね」
私とOちゃん以外にも、行く予定を立てている人がいる。
「でも土日は私たち休めないから、みんな金曜日に行くんですけど」
「オレ、連れて行ってくれない?」
「へ?」
「今日の賞品、そのチケットだったんだよ」
「奥様と一緒に行かれたら…」
「私は仕事だから、ダメなのよ」
「トーナメントとか、見に行った事ないからさー」
「あら、意外!」
「一人じゃ寂しいじゃん」
「ですよね…」
「一緒に行ってくれる?」
今日の借りがあるから、ワタクシ断れませんわな…。
「じゃ、山鹿で待ち合わせして行こう、連絡するね♪」
との事になったのさ。

「18番グリーンの横のスタンドの最前列で、のほほんと見物しようと言っているんですよ」
と伝えると、
「あ~んなところにいたって、グリーン見ているだけじゃ面白くないじゃん。
 歩いて回らなきゃ!」
って、○山さんはやる気満々。
「何時頃行く?トップのスタートは8時ぐらいかな?」
Σ(゚Д゚;)アラマッ!そんなに早くから行くつもりではなかったのじゃがのう。

こうした遣り取りがあった事をOちゃんに伝えると、
「うへぇ、歩き回るの?疲れるよねぇ、きっと…」
と言いつつ、
「でもお供しないと、そりゃ悪いよね…。
 一人で行くのが心細いから、一緒に行こうと言うんでしょ?」
○山さんと私たちは、去年秋に試合の応援に行った時、一日中一緒に過ごし、それ以来親しさが深まった。

な~んか想定外の展開で、○山さんとデートすることになりそうな。
( ゚д゚)ハッ!
その日は帰りに熱帯魚店へ寄って、エビさん追加購入しようとしていたんだった!
あうあう。
この展開では無理じゃん、それって…。
(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)

ジョージアポイントプログラムで、楽天スーパーポイントが2,000円分貰えていたあこちん。
楽天市場でそのポイントを使って、エビさんを5匹注文したよ…。


筋書きのない人生、何がどうなるかホントにわからんもんですわ。


  本日のBGM ストーリー/ゆず

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

伊勢へ行ったそうな

昨晩から今日の昼頃までは久し振りの雨で、乾ききっていた庭に潤いが。
予定外の休みを貰った私は、家の片づけにせっせと取り組んでいたのだった。

まだまだ処分しちゃえ!な品が出て来て、2階の廊下は人がやっと歩けるだけの幅しか残らないくらいに、不要品が山積みになっている。
実は今日がうちの地区の資源ゴミの収集日だったんだけど、雨降りだから紙類や古着を出す事が出来なかった。
困ったなぁ。
次回は2週間後。
困ったなぁ。
だってその朝、私は家にいないんだもの。
ダンナに全部任せたら、きっと怒るだろうなぁ。

ま、悩んでいても仕方ないや。
どうにかしよう。
Oちゃんの地区の収集日にでも出して貰うか…。(^◇^;)

そんなふうに過ごしていたので、さえない一日だった訳で。
番外編として、ゴエモンの近況画像をUPしておこう。

11日の土曜日、ゴエモンは仲間達と伊勢神宮へ行って来たとのこと。
長島のレジャー施設へ行くのは、来週だってさ。

伊勢1

これは外宮(豊受大神宮)…かな?

非常に規模のでかいところだったそうな。
だろうなぁ、歴史も古いし。

伊勢神宮は、親しみを込めて「お伊勢さん」とか呼ばれるけれど、正式名称は「伊勢神宮」じゃなくて「神宮」なんだって。
(出典:Wikipedia)
知らなかったよ。

伊勢2

しだれ桜?花の色からするとしだれ桃?

赤福を食べたりして、お伊勢さん参りを満喫して来たとのことだった。

伊勢3

色々とあったけれど、やっぱり伊勢は赤福なのだな…。

私は近畿・東海地方にはあまり出向く機会がなく、伊勢にも行った事がない。
GWへ向けてお金をキープしておかなくちゃ…とか言っていたゴエモンなのに、何だよ結構ウロウロとしているじゃないか~と思っちゃったりして。
でも行ける時に色々なところへ行った方が良いさ。
見聞を広めるのはきっと自分の糧になる。
なかなか自分の時間を持てなくなる時が来てから、出掛けられない事を悔やんでも仕方ないもんね。

そのゴエモン、
「昨日と今日は小松基地見学。ということで今、小松」
と本日メールして来た。
へぇ、そんな事もしているんだ。

官民共用の小松空港。
戦闘機部隊もあり、代表的な基地みたいなもの。
小牧とはまた違った面が学べるのだろう。
自衛隊・民航機ともに、航空自衛隊小松基地 小松管制隊により管制が行われていて、管制塔は自衛隊側の敷地にある。

ちなみに小松空港は、国内の官民共用空港としては、唯一、死亡事故の発生がない飛行場でもあるそうな。

たしかゴエモン、初の北陸地方訪問。
基地の外を出歩くような機会はないのだろうが、日本海の風景でも眺めているかな。
代表的な基地と言うのだったら、新千歳にも見学に行けたらいいのにねぇ。

あと3か月程で、ゴエモンは部隊配属になる。
小松も希望任地先のひとつなのだと言っていたような。
九州へ来るような事はないだろうと思っているけれど、南北に長い日本、どこへ行くようになるやら…。

  本日のBGM ささやかなこの人生/伊勢正三

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

肩の力を抜き、腕に力を込める

土日に怒濤のお仕事をこなし、あまりにも疲れてしまったので、
>かなり疲れる週末だった。
>明日は少し肩の力を抜いて仕事をしたいなぁ。

等と昨日書いていたワタクシ。

だってだってだって、先週の6日(月)に休んで以来、次の休みは16日(木)までやって来ないんだもん。
ここらへんでちょっと一息ついておきたいじゃない(生来のナマケモノ)。

そんな曲がった根性のヤツを安堵させるかのように、今日の予約はまばらに9組しか入っていないと来たもんだ。
うほ!肩の力を抜いていられそうじゃないですか。

これくらい閑散とした客入りだと、私を含めた何人かは、もしかしたらお昼までで「お帰り下さい」になるかも知れないので、本日は弁当を持参していない。
午後まで残って仕事をするようならば、職場のレストランから何か取れば良いだろう。

今日は朝からOちゃんと二人で玄関番。
まばらにやってくるお客さんを待ちながら、11時近くまで過ごせば良い。

しかしだからと言って椅子に座ったまま、居眠りこいているような性分でもない。
目の前にある植え込みの雑草や吹き溜まりの落ち葉が気になったので、それを片づけながら時を過ごす事にした二人。

そうしているうちに、この植え込みのベニカナメモチが不揃いな枝振りになっている事を思い出し、
「そうだ、だいぶ前からこれが気になっていたんだ。
 玄関は会社の顔だわよ。
 良い機会だからきれいに剪定しちゃえ」
と閃く。
「お客さんが来る合間を見ながら、これを切っちゃおうよ」
と声を掛けると、Oちゃんも、
「うん、それは良い!
 私たちぐらいしか、こんな事をしようとはしないもんねぇ。
 良い機会だからやってしまおう!」
と満足げに賛同。
コース管理課へ行って、刈り込み鋏を借りて来る。

しかしこの鋏が切れ味悪いんだわ(涙。
手入れをするか、良いものを買ってくれよ。

それでもジャカジャカ切り落とし、美しく揃っていく植え込み。
ちょうど営業に出て行こうとしたH相談役が玄関から出て来て、
「おっ!ありがと~。
 そうそう、そんな感じで思いっきり切っておいてヨカばい!」
期待を込めて激励される。

切り落とすおこちん、それを拾い集めるOちゃん。
ナイスなコンビネーションで順調な作業。

しかし人手が足りないと言うか何と言うか、たまたま時間が取れるとは言え、本来の業務ではないのに、我々のようなオナゴが「ふと思いついた折」に、このような仕事をしなきゃならん職場とはのう。

ちょうど11時過ぎに、最後のお客さんご一行が到着するまでの間に、玄関前はきれいにシャキッと切り揃えられた植え込みに変身。
自画自賛、自己満足。

肩の力を抜いて過ごすつもりが、腕に力を込めて、鋏を振り回すような事になったわい。


お昼までまだ間がある。
この後はどうするのだ?…と思っていたら、上がり客が終わるまで、残っていて貰おうかねと言う事に。
あら、昼で帰る事にはならないのね。
ま、今日は私たちのセクションって、半分しか出勤していないからね。
人を帰すのには微妙な空気だわな。

それでもびっちり仕事がある訳ではないので、この後も仕事の合間に、クラブハウス周りの植え込みを整備しようと決起した二人。
またベニカナメモチ剪定作戦に突入。

ちょうど新芽の成長期にあるこの樹木、狭い通路に覆い被さり始めており、我々が通用口から事務所へ行き来する時にも、枝が身体に触れてしまうようになって来ている。

通路1

通路の間に轍が写っているが、ここを毎日往復しているのが、お客さんのキャディバッグを積んで走る、バッテリー式のキャリー・カー。
コイツが運行されている時に、その脇をすり抜けて行く際には、伸びた枝先を潜り抜けて行かなくてはならぬ。

なのにこの樹木には、毎年デッカイ毛虫が発生し、目の前まで枝先が迫る通路を通る際には、一同戦々恐々としてしまうのだった。

通路2  通路3

切るぞ切るぞ、ここはお客さんが来ないプライベート・ゾーンだから、美しくと言うよりは実用面重視で行ってしまうぞ。

刈り込み鋏をもうひとつ借りてきて、Oちゃんも剪定作業。

通路4

非力なOちゃん、太い枝に苦労している。

どうせこの樹木は、剪定してもまたすぐに新芽を伸ばしてくるので、何年にかに一度は、バッサリ切っちゃって良いのだ。
近くでカートの整備作業をしていたYおっちゃんが、切れない鋏を見かねて、自前の剪定用ノコギリを貸してくれた。
おかげではかどる剪定作業。

おっと、お昼になったよ。
とりあえず食事をしようじゃないか。

本日レストランで注文したのは、

ランチ

馬すね肉の煮込み定食、従業員価格530円。
薄切りにした馬すね肉に、デミグラスソース風でありながらピリ辛のソースがかかっている。
「あんまりピリ辛にしなくて良いわ」
とお願いし、お客さんに出しているものよりも辛さを抑え調理して貰ったが、このソースはなんだか不思議に美味しかった。

ウマイもんを食って、午後からも上がり客をさばく合間に、いや剪定作業の合間に上がり客をこなし、バッサバサと枝をブチ切って行った。
段々と腕がダル~になって来たぞ…。
だけどこの植え込みは規模がチョイと大きいので、ここで諦めるわけにはいかない。

がんばれ自分たち!

しかし4時半近くになり、ここでお客さんも終わってしまい、本日の勤務終了。
すべての枝を切ってしまう事はかなわなかったが、とえあえずこんな感じでサッパリした。

通路5

通路6  通路7

(≧∀≦) 葉っぱ、全然残っていないし(爆。
でもこれでこの春は毛虫が来なくて済むだろうし(満足。

またどうせ暇が出来る日が来るんだから、ま、この続きはおいら達がその時も引き受ければいいさ。
「他の人に任せておけないんでしょ?」
とOちゃん。
それはアンタも同じでしょうが(苦笑。

思いっきり腕が疲れた一日。
え?明日は雨予報で4組?
来なくて良いって?
お休み下さいだって?
( ´゚д゚`)エー


嬉しいような、悲しいような…。
予定外の休みが舞い込んでしまった。
明日は家の片づけ確定。


タイムカードを押しに事務所へ行ったら、総務課長ドノに、
「ありがとうね、きれいにしてくれて。
 枝が身体に触るようになって来ちゃっていたものね」
と労われる。
「丸坊主にしてしまったの!?」(`皿´)
などと言われなくて良かった…。(;^ω^)

でも明日出勤した人は、絶対に驚くぞ、あの短さを見たら。

  本日のBGM ガッツだぜ!!/ウルフルズ

テーマ : (・3・)ぷぇー
ジャンル : 日記

長い長い週末

昨日私をヘトヘトにさせてくれた仕事ってのは、某スポーツ新聞の取材チームに帯同するものだったのでさ。
総支配人も一緒でね。
突如出動を命じられた時には、思わず、
「わ、私で良いんですか!?」
とキャディマスターに聞き返しちゃったよ。(^◇^;)

粗相があってはいけないと、もの凄く気を遣い続け、動かないヤツだと思わせちゃいけないので、普段だったら諦めるような斜面の上までOBボールを探しに行ったりもして…。
捻挫しているこの足で…だよ。
サポーターのお陰で足首は悲鳴を上げることなく、走りそして上り下りもこなしたんだけど、もう~精神的にぐったりよ。

ご一行は大変満足してお帰りになったけど、ハーフ回っただけでも5ラウンドしたぐらい疲れて戻り、みんなに憐憫の表情で迎えられたよ、とほほ。
昼食を半分残すくらい、がっくりと疲れちゃって、残りのハーフに出て行ったさ。

記事になるのかね?
記事になりそうなんだけどね。
記事になる日が恐ろしいよ。(__;)



さて、銀之丞が帰宅した直後の話を。

銀を入れたキャリーをリビングに置くと、寅蔵&富久娘が早速近づいてきた。
「怪しい…」
「不審者…」
思いっきり怪訝そうな表情をして。

そしていきなり寅蔵が、キャリーの扉越しに銀へ向かって、
「シャー!!」
と威嚇した。

うっそぉ!
寅蔵どうしたの!?
銀ちゃんじゃない、家族じゃない!

どうして一晩で忘れちゃうのさ。

フクちゃんはキャリーから出て来た銀を追って、しきりに匂いを確認する。
威嚇するようなことはなく、ただ好奇心丸出しなだけのフクちゃん。

好奇心富久娘

シャー!!と言ったっきり寅蔵は、リビングの隅、出窓に登ったままずっと降りてこようとせず(30分以上)、不機嫌丸出しの表情。

不機嫌寅蔵

「気に入らねぇな、なんだよアイツ。
 どこかで嗅いだことのあるあの匂いは、
 白衣のあの人達を思い出すんだよな…」
寅蔵は去勢手術の先輩。
そして嘔吐やそれに伴う潰瘍で、診察経験豊富。

銀之丞は傷跡をしきりと舐めたりしているものの、家の中をウロウロしたり、疲れたように寝転んでみたり、我が家に帰ってきた気分を満喫しているだけなんだけど、寅蔵はとにかく不機嫌な顔のまま。

その後やっと出窓から降りてきた寅蔵が、また銀と向かい合ったのだが、
「シャー!!」
を2連発し、怒り爆発の表情で銀を追い払う。

それを見ていたダンナもびっくり。
「寅蔵、お前って心が狭いヤツだなぁ…」

ま、時間が経てば解決するさ。


そして我々は翌朝を迎えた。
ちょっと心配で、私はリビングで寝たのだが(ウソ、疲れ果ててそのまま寝てしまっただけ)、猫が大喧嘩を繰り広げることもなく、穏やかに朝が来た。

この1週間、実に好天続きだった。
今日も一日、素晴らしい青空だった。

久々に(?)大賑わいの職場になり、プレイが遅い困ったちゃんも多く出てしまい、長い長い一日を過ごす私たち。
夕方になってやっと、少し時間が空いた。

「練習グリーン先に、藤が沢山咲いているんですよ」
とキョーコさんに教えると、見たいと言うので、一緒にテクテク歩いて行ったあこちん。
ポケットにデジカメを入れていた。

すると練習グリーンの横で、ふと目に留まったのはコレ。

ミツバアケビ

ミツバアケビが花を付けていた。
キョーコさんに教えてあげると、田舎育ちの彼女だけど、
「初めて見た!」
と言って面白がって、花を写しやすいように、蔓を日向に引っ張り出し、撮影に協力してくれた。

「アケビは葉が5枚なんだけど、こっちは3枚の葉だからすぐ区別出来るんですよ」
「実は食べられるの?」
「食べられますよ」
当たり前のように田舎で過ごしている人ほど、当たり前の風景を見過ごしているものである。
あこちんみたいに都会から移住した者の方が、好奇心旺盛で、色々な者に対しての知識を蓄積しようとするのかも知れない。

明日から天気が下り坂になる予報。
だからなんだろうかな、今日の夕方は飛行機雲がとても良く見かけられたので、カメラを向ける。

飛行機雲1

これって、どこまで撮れているのかな?と思って切り出してみたら、

飛行機雲2

機体がどうにかわかる程度までは撮れているんだね。


18時にやっと私たちの仕事が終わる。
しかし本日早朝6時半から早出しているOちゃんは、居残りの玄関番にも当たってしまい、まだ仕事をしている。

玄関

お先に失礼します~。

日没直前の空にも飛行機雲。
デジカメの「夕焼けモード」で撮影してみる。

夕焼け

夕焼けはきれいに写るが、空の色が実際よりも暗い感じで写るんだな。



帰宅すると、休みで一日家にいたダンナが、
「今日はシャー!って言わないでいるよ」
と教える。
そんなもんだと思っていたよ。

それでもまだ寅蔵と銀之丞は微妙な距離を保ったままだったが、数時間後には銀の方から接近して行った。

復縁

短時間だったけれど、親愛の情を示す銀を受け入れたところを見せた寅蔵。


銀はまだまだ傷跡が気になって仕方ない様子。
舐めてばっかりいるんだから。

撮っちゃうぞ!

見た!?

撮ったよ。
早く毛が生え揃うと良いね…。

長い長い一日だった。
かなり疲れる週末だった。
明日は少し肩の力を抜いて仕事をしたいなぁ。

ゴエモン、この週末は長島のテーマパークに遊びに行ったんじゃなかったっけ?
レポが届かないぞ~。

  本日のBGM 飛行機雲/松任谷由実

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

おかえり

無事に去勢手術を終えて帰宅した銀之丞。

銀ちん

イランことされた跡が大変気になる様子。



今日はもの凄く気の張る仕事にぶち当たり、気力体力とも使い果たして、抜け殻のようになっているあこちん。

銀ちゃん帰宅後の様子などは、明日UPします。
本日はこれでご容赦を。

  本日のBGM いないと/川村結花

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

走り回るわたくし

まったりとした時間が流れる本日の職場。
我々の目の前へ、昨日同様ツバメが何度も舞い降りる。
あまりにもまったりし過ぎる雰囲気で、私は長い事この様子を観察し、携帯カメラを向けたりしていた。

ツバメ1

口元にくわえる芝の切れ端。
一度に何本もくわえようとして、欲張りすぎると全部落としてしまってやり直し。
「バカだねぇ」
とソレを見て苦笑しているOちゃん。

そして目と鼻の先の巣へ運び込む。

ツバメ2

念入りにリフォーム中。
一日中何度も何度も、本当に熱心に芝の切れ端を集めて運んでいたので、
「お前は働き者だねぇ」
と思わず声を掛ける。

しかし良く観察していると、熱心に仕事をしているのは1羽だけで、伴侶であるはずのもう1羽は、芝の切れ端を拾いに来ない。
では何をしているのかというと、

ツバメ3

巣から2m弱のところを定位置にし、ここに留まってさえずりながら、仕事の采配を振るっているのか、或いは周囲対して警備中なのか。

左官工事担当と警備担当、これを雌雄どちらが請け負っているのかわからない。
燕は外見だけで雌雄を見分ける事が困難だ。

このリフォーム工事、いつまで続くのやら。


さて職場の空気はやけにまったりとしていたが(やかましモン【熊本弁でうるさい人】が休んでいたからだよ)、私自身の本日は、ちょっと多忙であった。

まずは診察開始時刻を待って、動物病院へ電話。
銀之丞の去勢手術を依頼。
最短だったら今日にでも引き受けて貰える可能性もあるだろうと考え、家を出て来る時にダンナへ餌を与えないようにと念を押しておいた。
これまでの経験から、オペの日は朝から絶食と承知しているからだ。

「一応餌は今朝から与えていないんですけど」
「あ、じゃあ1泊になりますが、今日お引き受け出来ますよ」
「お、お、お願いしますっ!」

銀ちゃん、今夜のオペ決定。
(外来の診察が終わってから手術)
オペでスプレー行動が完全になくなる保証はないが、思い立ったら早ければ早いほうが良い。

早めに仕事が終わるのを祈りつつ、まったりとした時間の流れに身を任せ、16時に「はい、終わり~」の声を聞いて、素早くタイムカードを押し、脱兎の如く帰宅。

銀之丞1匹に付き合わされ、他の2匹も今朝から餌抜き状態。
部屋に入るなり猫たちから、
「ごーはーんー!」
の大合唱を受けるが、聞こえないふり。

甘い声で誘い、好奇心丸出しで近寄ってきた銀を、騙すようにしてキャリーに押し込み、いざ動物病院へ!

銀INキャリー

我が家の玄関前、キャリーの中でふてくされている銀之丞。

「お前はこんなにも大きな声を出す事が出来たのか?」
と思うくらい、キャリーの中で不満爆発の銀之丞が鳴き続ける。
さすが野生の本能。
不穏な空気を察知している模様。

やって来ました、さくら色したこの建物。
一年中玄関先の花を絶やさないところに、心遣いが感じられる。
ペンションのような外見だが、かかりつけの動物病院だ。

動物病院

診察台に上がると同時に、大型の洗濯ネットに押し込まれた銀ちゃん。
(マヌケな姿を撮影しようと思っていたのに、まだ後から来た患者さんもいて、そそくさと診察室を出てしまったあこちん。しくじったなぁ…)
恐怖のあまりか、銀はこれ以降鳴かなくなった。
体重を測ると5.0kg、でかっ!
(だが寅蔵はそれよりもさらに重く、7kg近い筈)
ネットの中で丸まったまま、さらにキャリーに入れられた銀をガラス越しに励まし、動物病院を後にする。

続いて向かったのは、かかりつけの整形外科。
7日に転んで捻った足が、まだ結構痛いのである。
足の着き方や捻り方次第では、飛び上がるほど唸るほど痛いのだ。
ちゃんと診察を受け、湿布を貰っておいた方がよさげ。

レントゲン撮影した上で、診察して頂いた結果は、

足骨格

右足の親指と人差し指、2本の捻挫。
「骨折した時のサポーターがあるでしょ?あれで固定した方がいいね」
(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)
また靴ひもを緩めないと、足が靴に入らない~。

しばらくおとなしめに過ごさねば…。


さらに本日はもう1ヶ所、立ち寄るべき場所がある。
壊れちゃったシュレッダーの身代わりを買い求めに、いつもの家電量販店へ。

電源が切れてしまう状況になる2日前、厚い熨斗袋を押し込んで、紙詰まりを起こしたOちゃんが、
「もしかしたら壊れちゃったのは私のせいかもしれないから、
 買い直すのだったら2,000円くらいは出すわ」
と言っている。

さて買うぞ!と思ったら、想定外の高値ではないか!
ポイントと商品券で1,800円近く値引き出来るのだが、買いたいと思う商品はA4が5~6枚一度に放り込めるサイズで、なんと9,800円もする。
昨秋買ったものは、ポイントの値引き込みで4,000円くらいの負担で済んだ筈だった。

買おうかな、どうしようかなと迷い出したので、店員さんに故障の状況を説明。
「修理に出したら高くつかない?買い換えた方が安くない?」
「購入から1年以内だったら、無償で修理出来る可能性が大きいですよ」
「でも無理に厚めの紙を押し込んだ可能性があるのよ」
「落としたりしたんじゃなかったら、ほとんどのケースは無償修理OKですよ。
 あ…、もしかしたら…。
 止まった後、スイッチ入れ直してみました?」
「入れてみたけど、ダメだった」
「熱を持ちすぎたりすると、保護装置の働きで動かなくなるんです」

ああ、そういえば本体に【3分以上連続して運転しないで下さい】と書かれていた。
次々放り込んでいたから、気づかぬうちに、そのくらい連続して運転していたかも。
だからモーター付近が熱を持っていたのかな。

「少し待ってからスイッチ入れたけど、動いてくれなかったなぁ」
「少しじゃなくて、15分とか20分くらい開けてから、また試してみましたか?」
「そんなに間を置いていないわ。
 その後はもう諦めて、試してもいないのだわ」
「じゃあ、もう一度試してみて下さい、動くかも。
 それでも動かなかったら、修理に出してみてはいかがでしょう」

なんだか騙されたと思ってやってみよう!的な事になったが、結局買わずに帰り、もう処分するつもりで袋に入れていたシュレッダーを取り出し、コンセントを入れてスイッチオン。

ガーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

おー!
動くぅ!!
復活ぅ!!!


このシュレッダーは、展示処分品を買って来たので、買った時に外箱がなかった。
マニュアルをどこにしまったか覚えておらず、動かなくなった時の危機管理が不十分だった当方。
本体にリセットボタンみたいな者が付いていないかと探したんだけれど、そんなものはなかったんだよね…。
なるほど、こうした隠れキャラ的な安全装置が働くようになっていたのか。

慌てて買い換えなくて良かったわ…。
あやうく9,800円払ってしまうところだった。

忙しい夕方が終わった。
夕食を取りながら、Nスペ「象徴天皇・素顔の記録」を見た。
ほぉ…、本当に素顔…。
しかしお顔がふっくらとされたようだが、投薬の副作用とかの影響なのかな?
それにしても、良く取材させたなぁ。
野蒜や土筆を熱心に採るお姿は、我々と変わらないなぁと、微笑ましかった。

今夜は飲み会だと言っていたダンナから電話。
「職場に泊まる~」
はいはい、こうなるだろうと思っていたよ。
亭主元気で留守が良い。
両陛下ご結婚50年、我が家は今年で結婚28年。

  本日のBGM 銀の雨/松山千春

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

忍ぶ

なんだこれ?な画像。

ツバメ

巣作り作業中のツバメが降りてきた。
くちばしには短い草の茎や芝の切れ端をくわえて飛んで行く。
これらは泥の「つなぎ」になる。
くちばしで巣へ運んだ泥団子に、この「つなぎ」を混ぜ、左官作業をして巣をリフォーム。

小さなくちばしで、実に器用なものだと感心しちゃう。



さて桜が散り終え、続いてあちこちで見え始めているのが、

藤1

自生している藤の花である。
これは自宅近くの道沿いで撮影してきたもの。
近くへ行ったら、ほのかに甘い香りが漂って来た。

あっちこっちで咲き始めており、道沿いの斜面を覆うような大きいものなどは、かなり見応えがある。
コースの中でも見られる藤。
花の期間が割と長いので、思わぬ場所で視界に入って来たりして、結構楽しめるものなんだなこれが。

藤2

これなんかまだまだ蕾状態。
満開までタップリ楽しめるよね。

そういえば…と突然思い出した。
藤色の学生服を着ていた彼は、何と言ったっけ?
ああ!藤正樹だ。



今は何をしているのかねぇ…。
(こういうのを貼り付けるから「低速化」しちゃうんだろっての…苦笑)


おまけ:今日のランチ

ヒレカツ定食

昼で帰る事が出来るかも?と思っていたので、弁当を持たずに出勤。
ところが昼で帰る事が可能だったポジションから外れてしまった。
我が社のレストランから取った「ヒレカツ定食」、社員価格で370円。
また知らないうちにゴハンが大盛りになっているんですけど、タナカさん…。(^◇^;)



帰宅後に家の片づけをしながら、古い手紙や請求書関係など、シュレッダーにかけていたら、突然動かなくなるシュレッダー。
その後は何をしても復活しなかった。
あ…、負荷をかけすぎてモーターが昇天した模様。
微妙に焦げた匂いがした。
あーあ、昨年10月に買ったばかりだったのに。
数日前に、手伝ってくれていたOちゃんが、折りたたんだままの熨斗袋を押し込んで、動かなくなると言う仕業もやってくれていたしなぁ(涙。

どうしています?手紙とか請求書とか。
そのままゴミ箱に放り込む?
私は何だかソレが出来ないんだよねぇ。
だから家庭用シュレッダーを使っていたんだけど。

明日また買いに行かなくては…とほほ。


とほほと言えば、この頃急に銀之丞のスプレー行動が見られるようになった。
叱ってもやめない。
先日は椅子にかけていた私の服にやってしまい、今日も帰宅後に2回、壁とオイルヒーターに。
発情期?
この間からウニャウニャ鳴いてうるさかったのはソレかも?
去年はなかったのに。
ああ…、去勢しなくちゃ。
実はまだしていなかった。
寅蔵とフクちゃんは済んでいるんだけど。
この「雨」は忍ぶ事が出来ない。
明日、かかりつけの病院へオペの予約入れるわ、とほほ…。

  本日のBGM 忍ぶ雨/藤正樹

テーマ : アギャ――――('Д`;)
ジャンル : 日記

反旗を翻す意思表示

このブログを借りているFC2が、

>2009年4月9日(木)よりFC2ブログ (blog.fc2.com) に、
>アカマイの高速コンテンツ配信システムの導入と、それに伴う広告表示を、
>FC2ブログ全サーバで実施、運用を開始します。


などと7日に告知してきて、アメブロで見られるような広告が、本日からいきなり表示されるようになっちゃってんの。

■ 高速コンテンツ配信システムが導入されると・・・アカマイ高速コンテンツについて
ブログや管理画面などが、従来よりも高速で表示されます。
読み込み時間も短くなり、読者・訪問者もストレスなく閲覧できるようになります。


って説明している。
うちは光回線だけど、広告が表示されたものと表示されていないものを比較してみても、そんなに「高速化」と言うほどの大きな差が感じられない。
うちのブログは元々ブログパーツが多かったり、テキスト表示だけじゃなくて画像もUPしているから(しかしあまりストレスを感じさせないよう、画像のサイズは50KB程度に調整するよう努めている)、表示までに時間はかかる方だと思う。
ADSL回線で見ている方などには、表示を待つ間のイライラがあるかも知れぬ。
だけど亀が歩いているほどの遅さではないだろう。

広告表示した画面は、非常に鬱陶しいものに感じられた。
個人のブログ上で、求めてもいない情報を押しつけられているといった印象は否めず、私の好みではない。
したがって「高速化」とやらに背を向け、私は広告非表示を選択している。

「表示が遅いジャマイカ!ムキ~!」
と思われる方へ、一応こうした意図をご報告。

テーマ : (・3・)ぷぇー
ジャンル : 日記

地層

我が職場には、ツバメの巣が数カ所にある。
入居者が決まるまで、下見客でケンカが頻繁に見られる人気沸騰の巣があるかと思えば、下見に来てすぐに決まってしまうような、競争率の低い巣も。
人気の高い巣は、昨日画像を載せた正面玄関前のものだが、ここはカラスに雛が襲われる事も何度か発生したり、スズメが乗っ取りを企てたりと、あまり閑静な住まいとは言い難いのに、なぜ毎年のように真っ先にツバメがやってくるのか、私にはその理由がさっぱりワカラン。

最も風雨をしのぎやすく、カラスからも目立ちにくいスタート室前のツバメの巣。
ここにはすんなりと入居者が決まったようで、ケンカも見られず今日からリフォーム作業中。

ツバメの巣

前年のものをそのまま使うのではなく、縁の辺りへ土を運び、毎年少しずつリフォームされていくので、そのリフォームごとに土の色が微妙に異なり、地層のように重なっている。
黒っぽく帯状に見えているのは、2年前のリフォームの地層。

「あんなにどんどん重ねていったら、頭がぶつかるようになっちゃうのにねぇ」
とこの様子を見ながらみんなで話していた。

うむ、ホントにねぇ。


昨晩ゴエモンとメールを交わしている時に、家の大々的お片づけの事に触れ、
「まだ2階の部屋(開かずの間)をやっているの?」
と返され、ちょっとムカッ!
ここがどんな状況になっていたか、彼だって十分知っているだろうに。

そう書かれた事について、お片づけの助っ人でもあるOちゃんにブツブツこぼすと、
「じゃあ、お前がGWに来て、友達が来る前に片づけろ!って言ってやりな!」
と。

うむ、ホントにねぇ。

なかなか終わらない大々的お片づけ。
不要品の置き場所に困るようになったくらい、思いっきり処分しているのになぁ。

母が亡くなって20年近く、そして父が亡くなって10年近く。
さらにはゴエモンが使った子供服や、絵本にオモチャ等々。
或いはこの部屋で、熱心に書道の練習をしていた歳月。
そしてゴエモンが小さかった頃から中学生までの間に、毎年行っていたキャンプ。
そうしたライフスタイルの変化の名残が、手つかずのままに近い状態で押し込まれて行き、我が家の歴史が地層のように積み重なった。
時々捜し物をしては、そこで地殻変動が発生し、山が崩壊したり地盤沈下が発生。
こうしてグチャグチャになったクローゼットは、そう簡単には片づかないのであった。

明日はお昼で何人か帰れそうな仕事の気配なんだけれどなぁ。
帰れる組に入らないかなぁ…と淡い期待。

  本日のBGM hometown/川村結花

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

春の使者

昨日ゴエモンが送ってくれた桜の画像は、やはり基地の中の道路沿いに咲いているものだったそうな。
基地の人々、あの桜並木でお花見しないのかな?

今日はオマケでこんな画像も送られて来た。

桜3

桜の下の紅顔の美少年って感じ?(褒めすぎ)
去年の入隊式に桜の下で撮った写真よりも、お顔が引き締まっているわね。
(あの頃はまだ、アンパンマンだった)


そうかぁ、名古屋地方は今が満開なのかぁ。
こちらとは、1週間くらい違うなぁ。

春の使者=桜。
そしてこちらも春の使者。

ツバメの巣

職場の玄関前に、数年前からかけられているツバメの巣。
先日から下見客(ツバメ)が多かったけれど、どうやら入居者が決まった模様。
今日は朝から2羽が入れ替わり立ち替わり、リフォーム作業に勤しんでいた。
邪魔しに来ているツバメと揉めている様子も見られたが、どうやらこの2羽の意地が強かったようだ。


普段は手弁当で仕事に行っている私だが、今日はちょっと弁当作りをサボり、当社のレストランからランチを取った。
お客さんが多い日は多忙を極めている昼食時間帯だから、従業員が注文をするのは憚られるのだけれど、お客さんが少ない日には、
「簡単に出来るもので良いから、ちょっとお願いしますぅ~」
みたいな感じで厨房に声を掛ける事が出来る。
たまーに、
「何かオススメはあるかしら~?」
なんて声を掛けられる余裕がある日には、シェフの気分次第で、メニューにはない特別編も作ってくれたりするのよ♪

「今日のオススメは何?」と尋ねたら、

ランチ

「馬のすじ肉煮込み入り野菜炒めを定食で出しているよ。
 ○○っち(私の名前)、野菜を沢山食べないとダメだぞ、野菜炒めがいいよ」
とシェフのMさんが言い、定食メニューならば手間を取らせずに済みそうなので、それを頼んだ。
小鉢の中は、左:海苔とキノコの佃煮、右:高菜漬けの油炒め。
一緒に作って盛りつけられていたお客さん用のものよりも、あこちんの定食の方が、野菜炒めの盛りが多かったし、お肉もたっぷり入っていた。
サンキュー、Mさん!
しかも配膳のTさん、ご飯大盛りにしてくれているし。(^◇^;)
昼休みが30分しかなかったので、これだけ食べるのは忙しかったよー。(嬉しい悲鳴)

うちのレストラン、従業員は定価の半額でOK。
これでたったの370円!安いだろー♪
コンビニでお弁当を買って来るよりも、ずっと安く済むのだ~。

明日は弁当を作って持って行く。
とは言っても、おかずは前の晩おかずを、1品か2品流用する事が多い。
今夜のおかずから、タラの芽の天ぷらとエリンギの天ぷら、そしてしめじとミツバのだし巻き卵を流用予定にして、多めに作る。
今日もタラの芽採って来ちゃった♪
職場近くの道路脇に、食べ頃サイズが出ていたのを見つけちゃった。

そして採り終わって車に乗り込む直前に、躓いて転んで、腕を擦り剥き、骨折した方の足を捻っちゃった。
(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)
足の甲の内側が、かなり痛む。
帰宅して速攻湿布しているけど、ちょっとヤバイっす。
もー、バカじゃん!


後で聞いたら、Oちゃんもそのタラの芽には目を付けていたそうな。
しかし昨日と今日、彼女は休みだった。
早い者勝ちなのじゃ!
Oちゃんは実家の近くで採れた野生のミツバなどの野菜を、夕方我が家に届けてくれた。
「タラの芽、分けようか?」
と尋ねたら、
「実家から少し貰って来たから、今日は良いよ」
って。

今日の天ぷらは、普段にも増してパリッと揚がり、
「タラの芽の葉の部分が、カリッとしていて、天ぷらが美味しいなぁ」
とダンナが結構喜んでいた。
今年のタラの芽天ぷらは、自分でもなんだかうまくできている傾向だと感じる。
(等と書くと、またゴエモンが羨ましがるに違いない)

桜の話題から、ツバメに転じた春便りと思っていたら、結局旬の食べ物の話になっちゃって。
こういうのって、花より団子ってヤツでっか?

  本日のBGM 桜の下で逢いましょう/DEEN

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

桜前線北上中

ゴエモンから写メが送られてきた。

桜2

おお~、満開の桜。
どこの桜なんだろう?…と思ったら、

桜1

どうやらこの風景は、基地の中のようだ。
なかなか見事ではないか。

桜に向かって携帯カメラを構えている余裕があるようならば、まあゴエモンもまだ精神的にゆとりがあるって事かも。
シミュレータの実習も大過なくこなしているらしいし、とりあえず大丈夫だろう。


さて我が家の中では、久し振りでほうれん草を貰ったレッドビーシュリンプさん達が、大喜びで群がっている。

エビさん

しかしね…、良く見るとメスはたくさんいるんだけど、卵巣が発達している状態ではないものがほとんど。
卵巣が発達しているものは、頭の後ろが黒く透けて見えるものなんだがなぁ。

水槽を立ち上げ、10匹を入れてスタートしてから、今月初めで11か月が経過。
秋までは繁殖を繰り返してきたが、そろそろ新しい血を入れないと、繁殖率が低下するものなのかも。

家の片づけが気になる今日この頃故、行きつけのショップまで、往復2時間近くかけて出掛けている余裕が生まれない。
ネットで探そうかな…。

おっと!そうだった!
あと10日したら、あのショップの近くへ出掛ける予定があったんだ!

主催している放送局からペア招待券を貰ったので、今年もまた女子プロゴルフツアー「ライフカードレディース」を見に行くつもりで休みを入れている。
この試合会場は、熱帯魚ショップのほど近く。
試合の帰りに寄ってみよう。

このくらいの数でも良いんじゃないか?とも気持ちもあるが、Oちゃんから時々、
「最近は増えていないの?」
と尋ねられ、ちょっとプレッシャーも。
赤ちゃんが生まれると、それもまた楽しいしね。

水槽のメダカは、特に卵を隔離していない関係で、どうやら親たちが卵を食ってしまっている模様。
稚魚は見当たらないし、卵もいつの間にか消えている。
バカですねぇ、こいつら。

  本日のBGM さくら(独唱)/森山直太郎

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

きみはミステリアス

ものもらいの地方名、「犬ン糞」(いぬんくそ)ではく「犬の糞」(いんのくそ)と言うのが、本当の熊本弁なのだった。

コメント欄へ降臨されたみっちょ課長から、非常にためになるご指摘を受け、似非ひのくに県民であるあこちんには、まだまだ難しい道が続いている事をありありと知らされる。

「知っていた?」
とOちゃんに言うと、
「うん、横で聞いていて知っていたけど、訂正しなかった」
だって。
冷たい女!気づいていたんだったら教えろよぉ~!


熊本弁と言えば、うちの職場ではバリバリの熊本弁が飛び交っており、中でも随一の熊本弁の使い手が、昨日登場した、マムシの声を聞く事が出来、「メダカの躍り食い」でカルシウムを摂取して育った(?)キョーコさん。
韓国人客を相手にキャディを務めながら、ボールが飛んでいった位置を示すのに、
「山ンあっです、山に!」
と叫んでいる声を私は聞いて、「(≧∀≦)通じていないだろー!」と可笑しくて仕方なかった。

以前このマムシの声の事を書いた時に、まだある彼女の逸話に関して、「その話はまたいつか…」と書いた事があった。
で、今日はその話を。

真夜中に一人で読んでいる人は、周囲に良く気をつけて読んでね…。



2年ほど前に、我が社の下を通っている川沿いの県道で、交通事故があった。
緩いカーブの途中にある脇道から、バイクで出て来たおじいちゃんが、県道を走ってきたオートバイとぶつかって、亡くなってしまった事故である。

私たちは毎日その場所を通って通勤している。
死亡事故があった場所を通るのは、その都度ちょっと複雑な気持ちになる。

不思議な力を持つキョーコさんなので、もしかしたら…と思い、私は事故の少し後で尋ねてみた。
「あそこを通る時、誰か見えません?」
と。
するとキョーコさんは平然とした表情で答えた。
「うん、2回見たバイ」
以下、熊本弁丸出して書くと、他の地方の方には通じないおそれがあるので、意訳して標準語表記。

「えええっ!?見えたんですか!?」
「うん、黒い影が立っていてね、何か探している様子だった」
「へー、何を探していたんだろう?眼鏡かな?
 その時に声は聞こえなかったの?」
「聞こえなかったけど、なーんか探していたんだよね」
いや~ん!やっぱりキョーコさんには見えちゃうのね!コワーイ!

それからしばらくして、キョーコさんと話をしている時に、
「最近はあそこで人影を見る事はないですか?」
と私が尋ねた。
「もう見えないよ。あのね…」
と彼女が続けた話は、こういう内容だった。

救急車が事故現場へ来た時、おじいさんはヘルメットを被っていなかったそうだ。
だから頭を強打したりして、致命傷に繋がってしまったのだろう思われていたらしい。
だけどそのご家族の話では、バイクに乗る時はいつも必ずヘルメットを被って出て行くので、ノーヘルだった筈はないと首を傾げていたそうな。

「だからヘルメットを探していたんだと思うんだよ、私が見たあの人影は」
とキョーコさんが言う。
「えっ?」

ノーヘルだったと言われ、「そんな筈はないのに…」と思っていたご家族。
腑に落ちない思いでいたから、周辺を良く探してみたらしい。
すると!
県道から数メートル下の川で、そのヘルメットが見つかったんですと!
事故の時に、飛んで行っちゃったんだろう。

「黒い人影は、ヘルメットを探していたんだろうね。
 だからもう見えなくなったんだろうねー」
と納得の表情で語るキョーコさん。
ひえ~~~~~~~~!
こわいよぉ、ちびっちゃいそうだよぉ!
ぞわぞわぞわぁ~!!

キョーコさんの不思議な力の話は、他にもまだまだある。
それもまたいつか…。
真夏の夜の話にした方がよさげなものが多いんだけどね。

私の「いんのくそ」は、もう触っても痛くないところまで回復。
念のために目薬だけは、まだ差し続けている。

  本日のBGM 見えないもの/SMAP

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

CALENDER
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR