またとないよね、家族旅行

11日12日と1泊2日で出掛けていた長崎から帰ってきたばかりの私だが、13日には続けてまた1泊2日で長崎県へ向かう。
ムスコ少年がハンドルを握る、初心者マークのクラウンで目指すのは、オバマ候補を応援するのでちょっと名前が出てきた、長崎県雲仙市の小浜温泉。

名ドライバー


「ムスコが家を出て行ってしまう前に、家族で旅行をしよう」とダンナが言い出した。
家族3人揃って旅行なんて、思い出せないくらい久しく行っていない。
ダンナ(一応旅行会社の人である)に段取りを全て任せたところ、日頃から仕事で付き合いのある旅館に部屋を取ってくれた。
私が注文を出したのは、「ムスコに牡蠣焼き小屋体験させたいのと、折角海沿いの温泉へ行くのだから、伊勢エビの活き作りと、アワビのステーキが食べたい」という、一見素直で、実はけっこう贅沢な希望である。

家族旅行の話が出た時に、ムスコが免許を取れそうなタイミングを考え、この日程にしたのだった。
会社の旅行は、今までの事を考えると、たぶんこの1週間前迄に持ってこられそうなスケジュールだったから(去年までは2月だったのよ)、かなり前から家族旅行の日程は休暇を願い出ていたのだ。
まさか4日連続で休みになり、1泊2日の長崎県内旅行をWで続けることになるとは思わなかったのさ。

かき焼き


牡蠣焼き…、たらふく食いまくった。
もう当分の間、牡蠣は見なくても良いと言うくらい食った。
ムスコが運転してくれるものだから、ダンナはビールだけでなく日本酒まで飲む始末。
「こういうのが嬉しいんだよなぁ…」
勝手に喜んでいろよ。

小浜港


早めに小浜に着くようにし、夕食時間まで波止場でルアーを投げる。
しかしダンナが貴重なルアーを根掛かりで失うのみで、魚はちっとも追いかけてこなかった。残念無念。

ほとんど貸し切り状態で温泉に浸かり(団体さんの宴会時間を狙って入浴した成果)、夕食は部屋食である。

刺身盛り


わ~い♪伊勢エビ!プリップリ!
(翌朝は、この伊勢エビの頭がみそ汁になって出てきた)

あわびステーキ


うおー!踊るアワビ!

懐石


うひょぉ~!ワタリガニも出てきたよ!!
写真には撮らなかったが、天ぷらも出てきたし。
いくら何でも食い切れません、こんなには!

デザート


デザートまでこんなにあるんかい…。

マジで食いきれなくて、ムスコにかなりお任せした。

この料理で、ビールも焼酎もかなり出して貰ったのに、部屋はこの宿で一番高いらしい和洋室だったのに、なんとも格別のご配慮により、一人8,000円しか取ってくれなかった。
信じられないお値段だ。
「これはオレにまたお客さんを入れてくれよとの、
 支配人の無言のプレッシャーだな…」
と呟くダンナ。
なるほど…。

ま、普段余り役に立たないダンナなれど、この日ばかりは家族の役に立ったってことで。

帰りもまた小浜港でルアーを投げたが、またダンナが貴重なルアーを根掛かりで失っただけ。(もうこの人と釣りに行くのは止めたい気分)
事前に集めた小浜港釣り情報では、メッキやスズキなどが期待出来るかも…なんて事だったけど、ポイントが今ひとつ絞りきれなくて、初めて行くにはちょっと難しかったかも。

そして東へ向けて山を登り、雲仙地獄巡りを。

雲仙地獄


雲仙普賢岳など、我が家からも遠くに見えて、結構近くにある訳だが、こうして地獄巡りをするのは、実は私は小学6年生の春休み以来だし、ムスコは初めてのこと。
30年あまり前の朧気な記憶に比べると、遊歩道が整備され、かなり歩きやすい観光地になっているみたい。

島原へ降り、火砕流の後などを見て、フェリーで有明海を渡って帰って来た。

有明フェリー


ちぎって投げるパンを狙ってフェリーを追うカモメの群れは、このフェリーの名物になっている。
手に持っているパンを、ひったくるヤツもいて、見ていて面白かったけど、鳥が苦手な人にかなり恐ろしい光景になるかも。

途中で何度も、
「運転、代わろうか?」
ってムスコに声を掛けたのだが(ダンナは朝も昼も飲んでいて、お話しになりましぇん!)、
「いいよ、全然疲れていないし、運転するのが楽しい♪」
と言って代わろうとしなかった。
免許取り立てのムスコに命預けての長距離ドライブなんだから、我々も勇気があるというか、信頼しているというか…。
確かにムスコの運転は全く危なげなく、なかなかセンスの良いヤツだなと思わせた。
自衛隊に入っちゃったらしばらくは、運転禁止の身分になるムスコ。
ドライバーさんとしての爽快な気分を味わえるのは、もう少しの間だもんね。

もうこんな風に家族3人で旅行するなんて日は、やって来ないかも知れない。
いや、もしかしたら、ダンナがまた夏休みにでも、
「家族旅行する?」
って言い出すかも知れないけど、3人のスケジュールが合うかどうかも未知数。

ハンドルを握るムスコは頼もしく見えたし、こうして家族3人で旅行したことは、なかなか良い思い出になったよなぁ。
あくまでもムスコがいればこその家族旅行。
ダンナと私二人では、決してあり得ない旅行である。
「子は鎹」と申します。
我が家の場合、マジでそうだわ。

ああ、ムスコがいなくなった先が思いやられるよ。

  本日のBGM 潮騒ドライブ/コブクロ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

不揃いな○○達

年に一度の社員研修旅行へ行ってきた。
我が社の旅行は、ゴルフ&宴会というパターンがお決まり。
今年の行き先は、去年同様決定まで二転三転し、すったもんだの挙げ句に長崎県の「パサージュ琴海アイランドリゾート」で1日目のゴルフ、2日目はゴルフ組とハウステンボス観光組に分かれて行動と言うことになった。
二日間とも好天に恵まれ、疲れたけれど良い経験をしてきた…と書いておこう。

パサージュ琴海1

(パサージュ琴海、スタート前に。私が撮影しているので、当然私はこの中にはおりませぬ)

パサージュ琴海は、聞くところによると「名門中の名門」と謳われるコースだそうな。
なるほど、海沿いにあるコースは、聞きしにまさる景観とレイアウトで、

パサージュ琴海3番ティー


こうした海越えのショートホールなんてものもあり、

パサージュ琴海3番グリーン


かろうじて海は越えたものの、悲しくも林にボールが入ってしまってOB…となり、ボールを探してきたOちゃんとキャディさんの姿も見られるのだった。

だいたいねぇ、こんな「名門コース」に来るようなゴルフをする私やOちゃんではないのよ。下手くそなんだから!
それなのに、元はプロを目指していたほどのキャディマスターと同じ組になることが旅行前に決まり、気分はどよ~ん!と落ち込んだ。
だってそう決まったらこの人、私たちの顔を見る度に、
「とにかく前の組と離れないように、遅れないように、
 それだけは頑張ってプレイしましょう。
 ロングパットや、アプローチの練習をしておくと、
 かなり違うと思いますよ」
などと繰り返して語り、かなりのプレッシャーを与え続けてくれたんだもの。

あのねぇ、人よりも多く叩くのは間違いナシの我々っすよ。
しかも前の組には、うちの職場でもゴルフが上手な人が揃っているじゃないのさ。
遅れてしまうのは避けられないでしょっての!

とにかく、私たちの組と来たら、腕前に格差がありすぎる。
不揃いなゴルファー達。
ついたキャディさんもお気の毒…。
だけどみんな、自分のことは自分で出来る、手の掛からないゴルファーだから、下手とはいえ、その点ではキャディさんに迷惑は掛けないように気遣っているつもり。

18ホール、とにかく走りまくった。
彼から「遅れ出したよ」などと言われないように、それはそれは気を遣った。

結果…遅れずに済んだよ、とほほ。
幸いにも私たちのコンペの前から、全体的に流れが滞りがちで、前の組の背中が見える範囲で回ることが出来た。

成績のことは聞かないでくれ…。ビリではなく、ブービーでもなかった。
とは言え私は、おおむね普段通りのスコア程度で上がることが出来たので一安心。

ここのホテルの部屋は、オーシャンビューで素晴らしいと聞いていた。
宴会終えたらゆっくり過ごしたいと思っていたのだが、生憎ホテルの外壁塗り替え工事中で、一面にネットが張られているからとの理由で、格別のご配慮を頂き、私たちの宿泊はプライベートビーチを目の前にした、この立派なコテージ4棟に分かれてであった。

パサージュ琴海コテージ


コテージには6人で泊まる事に。
ああ、はっきり言って私が欲しかったのは、今時泳げる訳でもないプライベートビーチではなく(釣り道具でも持ってくれば良かったな)、プライベートタイムだよ。
酔った勢いそのままで、何故か我々の棟へなだれ込んできた部長おじさんが、この棟で2次会を始めようとなさったので、Oちゃんが頭痛がすると言ってくたばっているから、それは勘弁してくれ、隣にでも行ってくれと断固お断りし、私も疲れが手伝って早くに寝入る。
(二次会がいつまで続いていたのかさえも知らない)

翌朝は、年寄りの(?)悲しい性で、日が昇る前には目が覚めてしまった。
テレビをつけるのもなんとなく気が引けて、プライベートビーチを一人散歩してきた。
あ~あ。やっぱり釣り道具を持ってくれば良かった…などと思いながら。
だってここ、岩場の足下には絶対にカサゴがいるぞ。
(釣った魚は、コテージのキッチンで料理出来るよなぁ)

朝日に輝く海を見ながら優雅な朝食を取り、まあ、こんな所へ来る事なんて、もう無いだろうねと思いつつ、2日目の目的地へと移動する時間までを過ごす。
バスを借り切って、このようなところでゴルフをして泊まる。
それでいて、旅行積み立てはひと月2,000円だから、一年で24,000円。
20数名しか参加しない旅行で、この予算はかなり無理があるよなぁ。
今回も受け入れ先には相当のご配慮を頂き、とても他には漏らせないような予算で対応して頂いたようだ。
案の定、来年分からはひと月3,000円に積み立てが値上げになる事に決まった。
それを聞いて「3,000円は痛い」と猛反発を見せた同僚がいたのだが、その人がこうした台詞を言うのには、私もOちゃんも呆れてこう思ってしまう。
「だったらアンタ、
 山ほどのコンビニ弁当を買ってくるのをやめなさいよ。
 それ以前にパチンコ通いをやめなさいよ。
 それだけで十分、1,000円の差額なんかは穴埋め出来るだろうよ」
(これを聞いたダンナは「穴埋めどころか、おつりが来るだろ」と言っていたが、お説ごもっともである。ちなみに彼の会社は、旅行積み立て5,000円である)

2日目のゴルフ組と観光組は、ほぼ半々の割合になった。
ハウステンボスは2006~2007年のカウントダウン以来2回目だし、予備調査を十分に行っておいたので、パスポートは買わないという面々とは全くの別行動を取り、私とOちゃんは二人だけパスポートを買って、時間いっぱい園内を縦横に巡った。
移動には園内を走るバスを多用し、時間を有効に使った。
「大航海体験館」は、臨場感のあるアトラクションを味わえるが、激しく動くリアリティなものだけあって、ドスンバタンと動くにしては、あの木製ベンチじゃかな~りお尻が痛いのだと言うことも知ることが出来た。(ちょっと考えましょうね、ハウステンボス関係者)

折しも、チューリップ祭の季節を迎えたハウステンボス。
この季節には、是非来てみたいと考えていたのでラッキー♪

しかしよく考えると、露地物のチューリップの開花にはまだまだ早い。
ここで咲いているものは、温室で育てられたものを移植しているのだろう。
園内を巡るとよくわかるのだが、私たちが行ったその日にも、ちょうど開花の見頃を迎えたチューリップを園内のあらゆる所で、その担当の方々が植え替えるという、地道な作業を目立たぬように行っているのだった。
私とOちゃんは、密かにこの方々をゴルフ場風に「コース管理課の人々」と呼んでいたが、こうした作業あってこそ、このテーマパークはこうして美しく彩られるのだった。

ハウステンボス


土産につい買ってしまうチューリップの球根。
地味なものが好きなので、原種に近いものを買ってきた。
繰り返して咲かせることが出来る種類らしい。毎年咲いてくれると良いな。

バスでの移動は結構疲れる。
疲れが取れないまま、実はまた明日も私は…あはは。

  本日のBGM 魔法の黄色い靴/チューリップ
         (私のゴルフシューズは、黄色のル・コック)

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

ドライバーの仲間入り記念日

自動車学校へ1月23日から通い出し、2月26日に卒検に合格したムスコ。
本日免許センターで学科試験に合格し、念願の自動車運転免許を取得した。

高校と近隣自動車学校との協定により、うちの高校は大学センター試験が終わるまでは、自動車学校への入校を認めていない。
そして学科試験を受験出来るのは、3月1日に、高校の卒業式を終えてからとも決められている。
学校へ無届けで、この協定を破って自動車学校へ通ったり免許を取得したり…な場合は、それなりの処分が下されることになっている。
実際、ムスコらの学年では、昨年末あたりにこれがバレた生徒さんが、推薦で決まっていた短大の、推薦取り消しになって、号泣していたのですと
だから、ルールは守らないと…(__;)。

この時期、自動車学校は一年でもっとも混雑している。
高校生がひしめき合っているから。
つまり実技教習の予約が、物凄く取りにくい。
なかなか路上の教習が進まなくて、苦労しているという話も多く聞いた。
たまたまムスコが通った自動車学校の教頭さんが、ダンナの知り合いだったので、キャンセル待ちなど格別のご配慮を頂いたりしちゃって(校内食堂の食券、ありがとうございました!)、スイスイと進むことが出来ちゃった。
この時期に、約1ヶ月で卒業出来たのはラッキーよ♪

初めて教習を受けた日、
「余裕だよ♪
 練習したことあるの?なんて、教官から言われたくらいだよ」
と言っていたムスコ。
初めて路上に出た日、
「楽しい~♪」
とワクワク顔で帰宅したムスコ。
コースを聞いたら、ほとんど真っ直ぐ行って帰って来ただけのルートだったから、
「難しくなるのはこれからだぞぉ」
と釘を刺しておいた。

その後、市街地や商店街を走るようになり、
「初めて2車線へ走り、僕はいっぱいいっぱいになっていたんだろうね。
 救急車が来ているのに、全然気がつかず、
 教官に補助ブレーキ踏まれちゃったよ…(T-T)」
「もう~!隈府商店街、大嫌い~!
  狭いし、訳のわかんないお年寄りが多すぎる~!」
徐々に泣きも入って来たりした。

そんな話を面白おかしく聞きながら、でも順調に進んでいる様子だったので、卒検に落ちるような真似だけはしないでくれよと伝えていた。
結果的にはオール一発で卒業出来、費用は最小限で済んだのだった。

ダンナが免許センターまで車で送って行き、帰りは初心者マークを付け、ムスコが運転して熊本空港へ飛行機を見に行ったりしてから帰宅したそうな。
若葉マークのクラウン!?
かっちょワルー!
「安心して乗っていられたよ」
とダンナの感想である。

それにしても、免許センターも大混雑。
そうだよなぁ。県内の公立高校卒業式後、初めての学科試験実施日だ。
受験者数が430人とかで、ムスコが交付を受けたのは、かなり待たされてからの午後4時近くになったそうだ。

この1月から、運転免許証にはICチップが埋め込まれるようになった。
ムスコの免許証を透かすようにして眺めると、ははぁ、ここに入っているのね…がわかる。
ICチップの関係で、暗証番号を設定するなど、面倒なこともあるようだ。
5年後更新のゴールド免許になったりしたら、暗証番号なんて次の更新の時には忘れていそうで怖いんですけど。

ムスコは早速、お気に入りの自動車の公式ホームページなどを見ていた。
せいぜい貯金して、マイカー取得の夢を果たしておくれ。
それまでには絶対、アンタが今気に入っている車は、ガラリとモデルチェンジして、別物になってしまっているはずだがな。

  本日のBGM TROPHY/CHARA(ムスコが欲しがっているトヨタ自動車/bBのCM曲)

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

蛍の光

式辞


ムスコ少年が、高校の卒業式を迎えた。

これまでのこの学校の卒業式とは少しスタイルを変え、

卒業証書授与


一人ひとりの名前を点呼し、起立させて、最後に代表者1名が卒業証書を受け取るものだった。
「本当は一人ひとりに手渡したいんだけど…」
【私はこの生徒たちの、一番のファンです!】を自称する熱血校長(最初の写真)が提案したことで、これはなかなか良いことだったと思う。

卒業生が退場する時、彼らは回れ右をして後ろに控えている在校生と保護者の席へ顔を向けるのだけれど、クラスによってはこの時に、
「ありがとうございましたっ!」
と声を出して一礼しているのだった。
ああ、これもいいねぇ。
私もこの学校の卒業生だけれど、当時はそんなことなかったなぁ。

本日の私はPTA役員として来賓扱いされ、来賓席にて列席していた。
卒業生の真横にいられて、彼らの表情が良く見えた。

ムスコらのクラスはどうするのかな?って思っていたら、やりましたぜ。
しかも…、
「気を付け、礼!」
って号令掛けた良く通るその声は、うちのムスコさんじゃん!あはは…。(^◇^;)

うちの高校は普通科だけの学校だが、その中の1クラス(各学年の1組)だけは体育コースである。
ムスコの学年の体育コースは、男子だけのクラスになった。
卒業生退場の時、このクラスの担任の先生(若くて本校卒業生の体育教師)は男泣き。
この1組諸君が最後に退場する順序だったが、生徒を先導して涙をぬぐいながら歩き出そうとすると、先生へ向かって生徒が突進し、先生を抱きかかえ、ステージ前までドドドドド!と進み出し、先生の胴上げを始めた。
1組は何かやってくれるんじゃないかなぁ~?o(^o^)o ワクワク
そう思っていたので、期待通りでやっほぉ!
会場内も大歓声。
いいねぇ、スポーツマンだぜ!って感じで。

式が終わった後、各学級で担任から一人ひとりに卒業証書が手渡された。
ムスコも少しはにかみながら受け取る。

ホームルーム


一言ずつ生徒がコメントを述べていたのだが、誰もが、
「このクラスで楽しかった」
と口にしていたのが印象的だった。

ホームルーム2


以上、本日の画像は、ムスコの顔もモザイクなしでお届けしました!

この日、PTA新聞の3学期号が配られた。
この編集作業で、1月~2月はものすごく忙しくしていたわたくし。
ブログも放り出しっぱなしで。(言い訳させてね…)
スッキリとした出来栄えは、会う人ごとに好評で、胸を撫で下ろす。
私のPTA活動も、いよいよ卒業である。

ムスコも私も、泣かない卒業式だったが、良い卒業式だったなぁと思えた。
あ、忘れていた。
ダンナも一応来ていた。仕事を抜け出して。
ダンナは保護者席の方にいたので、泣いたのかどうかは知らないし、その事についての会話もしていない。
ダンナは入学式に来ておらず、PTA総会にも来たことがなく、部活の時の送迎くらいでしか来校していなかったので、校舎内に入ったのはこれが初めてになった。
ちょうど1年前に耐震補強工事が終わったばかりの校舎なので、ピッカピカの美しさ。
「きれいな校舎だなぁ…」
なんて感心していた。
それと、
「ムスコのクラスって、生徒がひねくれていないって言うか、
 男子にしても、なんか可愛い感じの子ばかりだったな…」
と言っていた。
可愛いというか…、そうねぇ…私の頃に比べたら、生徒がきちんとしているよね。
あの頃はアイパーかけているような男子も結構いたけれど、今の生徒たちの方がウブな感じがするね。

私は来賓の特権…折り詰め弁当を頂いて帰る。ダンナには当然、ない。
ダンナは帰宅するとすぐに仕事へ戻り、私はひとりでこのごちそうを昼食にする。
ごっつぁんでした!

夕方からは、保護者と先生方とで、「卒業を祝う会」が行われるので私は出席する。
ムスコは午後からクラスメイトとカラオケに行き、夜は剣道部の3年生一同で会食だそうな。
我が家でしみじみとお祝い…の雰囲気は、今の時代希薄なのね…。
(今宵のダンナは、自分で会社帰りにスーパーに寄って、総菜を買ってきて食べる…)

出掛けるまでの間、先日ヤフオクで落札したゴルフウエアなどが届いたので、やほほ~い♪とばかりに試着。
この取引、同じ出品者から合計8点、25,000円以上もの取引をしたのだが、【切手可】の出品だったので、全額切手で支払った。

我が家は一時期、記念切手を集めていたことがあり、62円とか41円のものも含め、かなりの未使用切手が1シートとか1/2シートとかの単位で保存されたままになっていた。
その頃はまだしばしば郵便物を出すことがあり、これらの切手も活躍していたのだが、今はすっかり郵便物を出さなくなってしまった。
いったい何年間眠らせていた事やら。

だから減らなかった…なのだが、この機会にと計算してみると、我が家にはなんと40,000円分近くもの未使用切手があるじゃないか!
勿体ない~!
切手だって、こうして取引に使えるんだもん、有価証券と呼んでもよさげだよね?
このまま眠らせたって、どうせまた使わないでいるだけだもの。
使ってしまえ!

ってことで、財布の中には触れることなく商品入手。
ヤフオクで【切手可】の出品を探すと、結構いろいろと見つかるもので、まだ残りの切手を使って、何か手に入れようと目論見中。

浮かれ気分でゴルフウエアの試着をしていた私なのだが…あれ?あれれ?
試着を終えて、これらを片づけ始めたら…、おかしいなぁ、なんだか右の肩が痛いぞぉ。

さっきベストを頭から被ったりしていた時に、
「伸びない生地だな、着にくいな…」
なんて思ったんだけど、その時に捻ったか?

ま、いいか。そのうちに良くなるだろ。

まだ出掛けるには時間があるので、しばし読書など。
読んでいるうちに眠くなってきた。ウトウトウト…。

気が付いたら2時間弱も寝ていた。
ああ、もう出掛ける準備をしなくては。

が、イテテ…。
肩が一段と痛くなっている。
ヤバイじゃん!
湿布しておこうっと。

しかし痛みは治まらなかった。
楽しい宴の最中も、ズキズキと痛みが走る。
帰宅した時には最悪だった。腕が伸ばせない、物が持てない。
なんだこれ!?

薬箱を漁って、痛み止めを探し出して飲む。
明日は日曜日だし、かかりつけの整形外科は休診である。
仕事に行かなくちゃならないから、近くの休日在宅医に整形外科があったとしても、通院は無理だしなぁ。
それよりも…、あの重たいゴルフバッグを運ばなきゃならない我が仕事。
痛みがひどかったら無理じゃないか。

10日ほど後には、職場の慰安旅行が控えている。
長崎県内の超高級リゾートで、ゴルフコンペという1泊2日のこの旅行。
肩が痛かったらゴルフなんて出来ないじゃん!

びえ~ん!
お願い、早く治って!

  本日のBGM 仰げば尊し&蛍の光/ムスコ少年の学校の皆さん

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

CALENDER
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR