A DREAM OF A DOLPHIN

今日は愛車を転がして、福岡へ来ているのだぁ!
先日タイヤを新しくした際に、きちんとホイールバランスを取ってもらったので、高速道路を走っても快適よン♪
というのは、それまでの私の愛車バロンちゃん、いつの頃からか、高速道路を走行して100km/h以上出てくると、足下からガタガタガタと振動が生じ、ハンドルまでもガタガタガタ。
こ、これはちょっとコワイ!!

どうしたんだろう?と不審に思っていたところ、それはおそらくホイールバランスの狂いが原因だろうとのアドバイスが。
何度かタイヤ交換をしているうちに、どうやらおかしくなっていたみたい。
侮っちゃいけませんな、バランスも。
で、今日がその調整後初の高速ドライブだったけれど、ガタガタブルブルはすっかり解消していて、安心してハンドルを握っていられたさ!

さて、何故福岡へ来ているのかというと、
シャングリラ3

「行きたいなぁ~!」
とずっと思っていたこのライブ!
マリンメッセ福岡で行われている、ユーミンの「SHANGRILA3」に来ちゃったんだよぉ!

ユーミンのファン歴は結構長いこの私。20代初めの頃から買い始めたアルバム、だいぶ持っているよ。
でもライブステージには一度も行ったことがなかったの。
何となく敷居が高かったんだな…。

でも「SHANGRILA」シリーズは、今回で完結という噂。
冥土の土産に一度は見ておきたいね…と考え出した。
相方Oちゃんにこの話をすると、
「私も一度は行きたいと思っていたんだよ」
との声が返ってきて、早速チケットがまだあるかどうか調べたところ、幸いにも私たちの仕事が休みになるこの火曜日のチケットが、その時点ではまだあった!
行こう!

サーカスとシンクロナイズドスイミングとユーミンのコラボ。
見終えた感想は「スゴイ!」である。
ユーミンが歌う曲目はちょっと地味めだったが、舞台装置の素晴らしさにとにかくたまげた!
ステージが一瞬にして水面に転換し、そしてプールにもなる。
公式HP>スペシャル>スポットCM 第3弾・・・からその一端が見られる)
一体どういう仕組みなんだろうと、首を捻るばかり。
この装置を考えた人はすごい。演出がスゴイ。
サーカスアクトも、シンクロも、ダンサー達も、皆美しくそして高水準であったし、ユーミンも彼女の年齢のことを忘れさせる奮闘だったし、いつまでも変わらぬそのスリムなスタイルは流石だと思わせた。

冥土の土産には十分すぎるライブだった。
チケットを買う時には、12,000円…ちょっと高い~と思っていたが、見終えた今、私たちは「それだけの価値はあったね」と話している。

観客の年齢層の幅広さが目についた公演でもあった。
小学生の子供さんを連れたお母さんもいたし、私の周りには髪が白くなった方々も少なくなかった。
そうしたことからか、ある意味ノリの悪い客だったかも。
地味めの曲が多かったので、観客総立ち!にはなりにくいものだったが、それでも数曲はアリーナ席のお客さんがかなり立ち上がっていたそんな時でさえ、私たちの周囲はおとなしく席に着いたまま…(^◇^;)。
まあ、こうした風景にもまた、あらためてユーミン世代の広さを感じるのだった。

あちこちのサイトを覗き込んでいると、このステージを絶賛する声も不満の声もある。
サーカス&シンクロ不要論もある。
でも「SHANGRILA」とはこういうものなんだと思って出掛けていたから、私たちは十分満足している。

東京へ行った時に、会長へ、
「今度ユーミンのSHANGRILAを見に行くんだ~♪」
と話していたら、会長はこれの1と2を見ており、今度の3は機会を逃してしまったそうだが、
「ユーミンがね、
 30人くらいもいると思えるキャストの名前を全部紹介するの。
 それがロシア風の、なんとかスキーとか何とかビッチとか、
 とにかく覚えにくそうな名前ばかりなわけよ。
 でも全部覚えているユーミンがすごいなぁ~って、
 私は変なところに感心しちゃったよ」(^_^;
と言っていた。

今回のステージでもそうなのかな?と思っていたら、最後に…、
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
やっぱり全部紹介していた。
シンクロの武田美保以外は、皆さんロシアの方々の模様。
一度聞いたくらいじゃ覚えられない、本当に難しいお名前でござった。
私も会長同様、感心致したぞい。

9月に行われる東京公演では、追加公演&再追加公演まであるらしい。
まだチケットがあるのかな?
おっ。9月12日(水)・13日(木)は残席わずかだがあるみたい。
一見の価値がある公演ですぜ!とお伝えしておこう。

  本日のBGM 人魚姫の夢/松任谷由実

テーマ : いやっほぅ(*´∀`*)ノシ+゜
ジャンル : 日記

挑戦(BlogPet)

きのうあこちんと、剣道とか挑戦しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「ころりんこ」が書きました。

お手伝いな一日

今年2回目のお手伝いとして出かけた、高原の真っ只中にあるゴルフ場。
吹く風には「さすがは阿蘇の高原だぁ!」と思わせるものがあり、それだけで心地良くなってくる。

やまなみ


だけど今年の残暑はまだまだ厳しく、動き回っているとやはり暑くなってきた。
この高原の風が吹いていなかったら、きっと早々とバテバテになっていたことだろう。

私の組は、ひとりキャンセルが出て3人組。他の組はほとんどが4人組だったので、皆から「ラッキーねぇ」と羨ましがられる。
人数が少ない方が、手がかからずに済むからだ。

だがのっけから「あ、この人はちょっと神経質かも…」と不安にさせるお客様が一人。
ちょっと気をつけながらお付き合いしようっと。

ところが彼のピリピリした神経の矛先は、私ではなく、私たちの前を行く組のキャディさんに向けられてしまった。
「動きが悪い!」「遅い!」「ボール、見えていないんじゃないか」
大きなコンペというものは、概して流れが悪くなりがち。
前後を4人組に挟まれた私たちなので、どうしても前の4人組のプレイを待っている時間が生じてしまうから、これが続くとお客さんは焦れてくるものだ。
そのために、彼の不満もズンズンと蓄積していく模様。

確かに私が見ていても、前の組はキャディさんもお客さんも、
「あれれ?ちょっと動きが悪いんじゃないかい?」
と思える節があった。
暑さもあるし、ホームグラウンドではないし、仕事がしにくいだろうということはある。
だけどそれでも上手くリードしようと思えば、そこでは走るべきだろうと映る場面で歩いていたりと、彼が指摘する点もまんざら間違っていないように思えるのだった。

そうしたムードで進行するうち、彼だけではなく、他の方々も何度か不満を漏らすようになってきてしまった。

「あの人もあんたと同じで、手伝い派遣組か?」
「そうです、うちの職場の者です」
「それにしてもお粗末だな。
 あんなのがいるんじゃ、お宅のゴルフ場もたいしたことないな。
 絶対に行かないよ~」
ううー。そこまで言われるとは…と小さくなってくる私だが、
「済みません、私も未熟ですし…、ご迷惑ばかりで…」
「いや、あんたはあんたで良くやっているよ。
 だけど前の、ありゃダメだな」
「前の組のキャディに言って来なよ、遅いって。もっと急げって」
「はぁ…(^_^;。で、でも大先輩ですし、ちょっと言いにくいっす」
「あんたが言えなかったら、俺が言うぞ」
あ、あ、お待ちください、もう少し様子を見てから…。

そうなのだ。前の組のキャディさんは、うちの職場の人なのだ。
いつもその仕事ぶりを見ている。
だけど今日は特に動きが今ひとつではないかね?…と感じているわたくし。

結局前の組の彼女には、私はこの苦情を伝えられなかった。
彼女の性格を知っているので、そのようなことを伝えようものならば、どんな反応を示すか想像がつくからだ。

昼休みに顔を見かけたOちゃんにだけは伝えた。
こんな事言われながらやっているよって。困ったよって。
「相手が相手だから、そりゃ言いにくいわな」
Oちゃんは同情してくれた。

お客さんを上手く持ち上げながら、なんとかラウンドを終えた。
このようなことがあったから厳しい評価を与えられるかなと案じていたけれど、意外や皆さん機嫌良くホールアウトされ、件の神経質ドノは80切りのスコアが出たとのことで、良かったですね!と声を掛けると、笑顔を返して来た。

自分の職場へ戻っても、上司へこのことを報告するのは控えておこうと思う。
なんとなく告げ口のようになって、後味が悪そうだから…。


こんなこともあり、ちょっと疲れが増したお手伝い派遣だった一日。
帰りに例の「道の駅」で買った「うぶやま牧場」の「飲むヨーグルト」は、甘すぎずほどよい酸味で、レモンのような味があり、疲れた体にとても優しかった。
初めてこれを買ったけど、リピーターになりそうだ。

  本日のBGM 風は秋色/松田聖子

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

みえはる。

3連休を取って旅をしてきた者には、なかなか仕事勘が取り戻せなかったりする。
だから復帰直後の今日は、比較的楽ちんな仕事に当たったので良かった。
しかし明日は違う。
うちと同系列のあの山の中のゴルフ場へ、お手伝いに行かねばならぬ。
しかも、大きなコンペが開かれるそうで、うちのキャディさん全員があちらへ引き抜かれる。

自家用車2台にに分乗して行くことになっており、我々は5人で1台に乗り込むことに。
こう言う時、普通車に乗っているのは私とOちゃんの二人だけでもあり、運転を任されるのはだいたい私たち若手(なのだ、私たちは若手!)である。

私の愛車バロンちゃんはクーペなので窮屈だし、Oちゃんの愛車bBでも5人分の荷物を載せるとなると大変なのである。
ここへ仕事で行くとなると、行ったついでに近くの「道の駅」で、高原野菜やら何やらを買い込んで出来るという楽しみを持っている皆さんだから、キャディの身支度だけでも大荷物なのに、帰る時にはキャベツやらトウモロコシやら、大物が増えてくるのだった。

あまり借りを作りたくないのだが、うちのダンナの車を借りていくことにした。
相当古いが、腐っても鯛、古くてもクラウンだ。
ところがこのクラウン、グレードが低くてタイヤのホイールはアルミではなく、キャップを被せているタイプで、しかもこのキャップってのが、爪が弱くて良く外れた。
とうとうはめ直せなくなったキャップがひとつ生じてしまい、もう何ヶ月もの間、ダンナの車はキャップがひとつ外れたままの、私から見るとダサくて「乗りたくな~い!」な状態だった。
ホームセンターやカーショップあたりで、社外品のキャップでも買ってくればいいのに、うちのダンナと来たら、ワイパーゴムがギコギコ鳴っていても、それさえ交換しようとしないで1年近く(たぶんそれ以上の数年)も放置しているようなヤツなので、キャップのこととなると、こちらからそのことを話題にすれば「買ってきてよ」程度で、自分の車のくせに人任せにする。
癪だから買ってこないでそのままにしてきたのだけど、自分が乗るとなると、このままではどうしても許せない。

悔しいことだが、今日ついにそれを買ってきた。4枚セットで2,990円。ついでにワイパーゴムも買ってきたが、1本1,000円もしないのに、なんで交換しないんだろう、あの人は。
パチンコで散財してくるぐらいだったら、このくらい自分で買えよ!とダンナに言いたいが、口に出したらつまらないケンカのタネになるだけなので言わないで辛抱する。

もうどのくらい洗っていないの?ってくらい汚いので、夕食後にムスコ少年を伴ってガソリンスタンドへ行き、洗車したのち拭き上げ場でキャップとワイパーゴムを交換した。
このキャップもワイパーも、取り付けにくかったぞぉ!
ワイパーゴムの交換くらいだったら、自分の車やOちゃんの車のものを良く手がけているので、比較的慣れている方だと思っていたが、ダンナの車種はとても交換しにくい構造になっていた。
キャップの方は無理をしたら爪が折れそうで怖かった。
まっすぐに押し込まないといけないのに、それが難しい。キャップの四方くらいにうまく力を分散させて押さえないと、すぐにズルッと曲がってしまう。
これは二人がかりじゃないとちょっと困難だろうという感じ。ムスコを連れてきて良かった。
ワンタッチでパッケージには簡単装着!みたいに書いてあったけど、それって誇大広告じゃん!

息子は頼りになる相棒だ。先日私の愛車の車幅灯を車検対応のものに交換する際も、自分で購入した電球を彼を助手にして交換した。
この程度の作業は、自分で済ませてしまうのが安上がりで良い。
しかし今回は色々と手間取り、帰宅したら日付が変わっていた。がっくり疲れたぜ。

我々のおかげで、ダンナの車が見違えるように輝きを取り戻したが、それなのにヤツは「燃料入れてから車を返してよ」と念を押す。
ムカァ!だったらパーツ代を出してよ。洗車代も出してよ!
ダンナの車であの山道を使って、しかもエアコン入れて5人乗せて…だと、燃費はかなり悪くなり、リッターあたり6km位しか走ってくれない。
なのに会社から支給される交通費は、往復150km近くもあるのに一律2,000円ポッキリと来たもんだ。
こう言う時に、私は他人の車には乗って行きたくなく、自分でハンドル握っている方が気楽なので、Oちゃんの車を使っていく時でさえ、運転は私が引き受けているのだが、今回はどう考えても損な役回りになったような気がしてならないなぁ。

私もダンナの車を借りるからと言って、ここまで見栄を張らなくても良いのだろうが、やっぱりイヤなものは嫌だった。意地から出た結果だと諦めるしかない。
これで困ったお客さんにでも付こうものなら、踏んだり蹴ったりだわ。

  本日のBGM 月夜ノ物語/KinKi Kids

テーマ : 夏のお出かけ
ジャンル : 日記

東京の空の下

朝食後直ちに、この浅草から埼玉まで、各自が電車に乗って分科会に行き、帰りの飛行機の時間の都合があるから、0時半頃までには戻ってくださいとのスケジュール。
分科会はそれぞれ0時20分まで、いくつもの会場に分かれて行われている。
結局最後まで参加できず、早く切り上げて帰らなきゃいけないということになる。
意見発表も途中までになりそうだし、最後の総括まで聞くことが出来ないのかぁ。

「分科会には行かないで、それぞれこのあたりで過ごすよ」
他校の動向を探ってみると、そのような意見が多いではないか!
あ~らら、そうなの???

会長が言う。
「うちも無理しないでおこうか…」
教頭が言う。
「お二人、こっちに残って良いですよ。
 私だけ、ちょっと顔出してきますから」

会長がホテルのロビーで見かけたチラシから、行ってみたいところがあると言うので、ここ浅草からだったら路線バスですぐだし、それは私も興味があるものなので、行ってみましょうかという話にまとまり、我々二人は分科会をパスすることにしてしまう。

「どこからバスに乗るの?」
「おそらくこっち。だいたいわかるから大丈夫」
東京出身の私が案内役だ。
この路線だったら、旦那の父のお墓がある本所へ行く時に利用している。
実は昨日が、たまたまその義父の命日だった。
稀にしか上京しない私が、義父の命日にこちらにいるなんて奇遇も良いところだなぁと思った。義父が亡くなり10数年経過したけれど、前回来たのは3回忌の時だったと思う。
一人で行動できるんだったら墓参に行くのだが、今回は近くから手を合わせることでご容赦願おう。
奇遇にも命日であることや、近くに墓所があることなど、昨日バスの中で話していたのを聞きつけていた方々から、
「今日はお墓参りに行くの?」
なんて言われたりしたが、それはちょっとあまりにも…。てへへ。

バスに乗って着いたのは、

西郷隆盛


こんなお方がいらっしゃる所で、目指したのは、

国立科学博物館


こ~んな建物である。
ここはどこ?

国立科学博物館


そう、国立科学博物館だ。
会長が見つけたチラシとは、ここで行われている特別展のものだった。

特別展


先日来、たまたまNHKでこの類の番組をシリーズ放映したものを見ていた。
私にも感心深いものだったので、会長の提言には賛成!と出掛けた次第。
主催が博物館の他、NHKになっておるではないか。ははぁ。あの番組はこのイベントに関連したものだったのか。そんなこと全然気にしないで見ていたあの番組。
九州では来年3月~6月に、巡回展が福岡で開催されるそうだ。

内容にはかなり満足!
インカ・マヤ・アステカ、この文明には昔から興味があった。
宇宙人が知恵を貸していたんじゃないかいうような奇妙さがあると思える私なのだった。
石組みの技術とか、ミステリアスな絵画や彫刻とか…。
謎が深いよなぁ、中南米三大文明って。

浅草へ戻ると、格別な賑わいようだ。
何故ならば今日は、浅草サンバフェスティバルが行われるのだった。
このパレードも見たかったが、羽田へ向かう時間の方が早く、諦めざるを得ない。
普段よりも更に人出が増えた仲見世に立ち寄り、チャチャッと土産物を買う。

いずこの学校も、
「分科会はパスしちゃいましたぁ」(^^ゞ
みたいな感じだった。
去年(秋田開催)も参加した人の話を聞くと、やはり2日目の分科会はそんな感じになることが多いようだ。
「意見発表の内容は、大会冊子で紹介されているしね」
ってことで。
確かにね…。そもそもスケジュールに無理があるものねぇ。
浅草そぞろ歩きをした方々もいたそうだけれど、博物館行きは格別な収穫があったし、それはそれで良かったよ…と考えるようにしよう。

羽田でもまたお土産を買い込み、大きな袋を抱えて帰ることになった。
羽田の出発ロビーで「解散式」とか言って、130名近くを並べさせ、最後に「一本締め!」なんてことは大変恥ずかしかったよ。

高速道路から見た生まれ故郷周辺は、見違えるようにビルが増えており、時代の流れを思いっきり感じさせた。
あの辺りには、もう20年近く行っていないのかな。
ふるさとは東京だと、今でもずっと思っているけれど、自分が住んでいた家のあった場所など、今行っても見分けられなくなっているかもしれない。
次に上京するのはいつのことだろう。
出来ればその時には、生まれた土地を訪ねてみたいものだねぇ。

  本日のBGM インカの花嫁/松任谷由実

テーマ : 夏休み日記
ジャンル : 日記

メインイベント

6時半から朝食で、7時にはバスが出るって言うので、大急ぎで掻き込むバイキングの朝食。
収容人数1,000人という宿なんだから、朝食時間の便宜を図れないのかね。
130人もの団体がそんなに慌ただしくしなくても良いくらいの融通を利かせてくれないのかねぇ…と思う我々。
忙しかったぞ、とにかく。

さてまたもやバスに揺られての一行。
居眠りこいているうちに、段々と今日の目的地であるさいたま新都心が近づいてきた。
東京23区でも北に位置する区で15歳まで育った私。
子供の頃の意識では、埼玉県は荒川を越えたらすぐそこのお隣さんで、色々な用事で何度も出掛けたが、レンゲ畑や緑の濃い森林などと親しみ、長閑な土地といったイメージを持っている。
もっともその頃は、都内にだってまだサンシャイン60も出来ておらず、今の様子とは大違いだった。

ところが!!
さいたまスーパーアリーナ


なんじゃこりゃ!?
ここが埼玉?これが埼玉の今の姿!?

もう「ダサイたま」なんて言わせないといった自己主張をしているビル群。
はぁ~。30年近くも経つと、まさに浦島太郎の気分だわ。

さいたまスーパーアリーナは、この写真の中央の建物。
ここで第57回全国高等学校PTA連合会大会の全体会が行われる。

場内に入ってまたまたびっくり!

場内


広い、とにかく広い場内に、人・人・人・人・人・人・人・人・人・・・・・。
6月に行ってきた長崎での九州大会が、3千人規模だった。
会長と「首都圏での開催だから、地元周辺の参加も多くなるだろうし、最終的には1万人近くなるのかねぇ?」なんて事前に話してはいたけれど、全国各地から良くもまあこんなに集まったものだ。
結局およそ1万1千人もの参加者だという。
運営はさぞかし大変だろうが、その陰で色々な業界が稼げる機会でもある訳だ。
弁当だけでも何食手配している事やら…。

大会に来たら、どこのPTAでも必ずやっておくこと、それは…、

全体会看板


ちゃんと行ってきましたよ!の証拠写真撮影(苦笑)。
この看板の周りには、撮影の順番待ちの人垣が出来るのであった。
うちのPTAでも、この写真をPTA新聞に載せる予定。

記念講演はNHKアナウンサーの堀尾正明氏だった。埼玉県出身だという。
さすがに話術にお長けており、「ご近所の底力」をネタに飽きさせない講演をされた。

夕方までたっぷりと全体会に参加し、浅草のホテルへ移動。
夕食は各自でとのスケジュールだったので、私がネットで調べ予約していた居酒屋へ、この3人で出掛ける。
雷門近くのそのお店は、花の金曜日とあって賑わっていたため、料理が出てくるまで少しばかり時間がかかるという印象はあったが、良心的な価格であり料理もなかなかGOODで、会長&教頭も喜んでくださった。

帰りには浅草寺境内を通り抜けて行く。

雷門


ライトアップされた雷門を、境内側から撮影。
人気のまばらな夜の浅草寺も、なかなか悪くない。ゆったりと歩き参拝もし、「浅草に来た~!」というムードを味わうには十分だった。

私はまた早く寝かせていただいたが、会長はエネルギッシュに他校の方の部屋に誘われて交流を深めに行った。
明日は分科会に参加し、午後の飛行機で熊本へ帰る。
しかしそのスケジュールには厳しいものがあるので、各校の方々から様々な意見が聞こえている。
どうなるのかねぇ?

  本日のBGM なぜか埼玉/さいたまんぞう

テーマ : 夏休み日記
ジャンル : 日記

日光、結構…ってCMコピーを知っている世代。

5年ぶりで飛行機に乗り、PTAの仕事で上京。
今回の旅は、県下の公立高校PTAご一行と一緒の、総勢約130名ものツアーである。
全国大会参加の他、この団体さんは日光の見学と、鬼怒川温泉での懇親会が行事に含まれている。
うちの高校から一緒に行く教頭先生とPTA会長以外は、ほとんどが初対面の人ばかり…。そういうのって、そんな中での宴会ってちょっと苦手なあこちん。実はシャイなんだから…。

生憎前線が日本列島に覆い被さっており、揺れ揺れなフライトになったが、B777-200のモニター付きシートのおかげでそんな悪天候も気にならなかった。
普段はB767で運行されているこの便だが、さすがは天下のJTBが募った団体様。この人数がものを言って今日の便は定員多めの機材に変更されるといった具合にJALを動かす!

羽田で貸し切りバス3台に乗り込み、一行は一路日光を目指した。
バスで移動するのって、こんなに疲れるものだっけ?と思うのは、年をとったからなのか?
日光へ行くのはこれで3回目。
最初は小学校6年生の移動教室。今はひのくに県民の私だが、都内の小学校に通ったので、小学校の旅行先は日光だった。
(ムスコ少年などは小学校でも「修学旅行」と称しているが、私の場合は「移動教室」と呼ばれて、2泊3日の旅をしていた)
そして高校2年生での修学旅行でも日光へ来て1泊した。ムスコが通うこの高校の修学旅行だ。
京都~東京~日光と、そこまで遠くへ強行軍で行かなくても…と思うような修学旅行だった。
(この高校1年後輩であるPTA会長やOちゃんは、日光には来ない修学旅行をしている)
それ以来、約30年振りの日光である。
だけどあこちん、心の中で密かに思う。
何も日光を行程に入れなくたって良いじゃないか。
鬼怒川に泊まらなくたって良いじゃないか。
そんなに遠くまで行かなくたって良いじゃないか。
明日はまた埼玉まで戻ってこなきゃいけないんだぞ。
いたずらに疲れを増やすだけじゃないのかねと。
都内のホテルに泊まらせてくれた方が良いのに。
みんな大人なんだから、適当に自由行動するだろうに。

当時もそれぞれバスで移動し、ああ、日光って遠いのね…と思っていたものだが、あの頃と違って今は東北自動車道やら何やらと、高速道路網が広がっており、かなり時間は短縮されているはず。それでも普段バス旅行には縁が遠い私には(会長も教頭もそうだったようだが)、バスに乗って移動する3日間は、先が思いやられるのだった。

羽田からおよそ4時間かけて到着した東照宮の、これがご存じ陽明門。

陽明門


30年振りで訪れても、派手な色彩豪華な建築物の東照宮。いかに家康が偉大な人物であろうとも、金を使いすぎだろうと徳川幕府へ申し上げたい。

三猿


三猿はよく見ると塗装が剥げていたりする。(すねの部分)
木の葉猿の方が馴染み深いし愛嬌があるわ…」
ぼそっと会長が呟いた。

眠り猫


眠り猫を見せてもらうのには、500円の拝観料が必要ってご存じ?
こんなに小さな彫刻ひとつに…ねぇ。

鳴き竜


昔はこの「鳴き竜」の下で見学者が手を叩き、その共鳴を確かめたものだけど、今はこの薬師堂の解説者が拍子木を打って聞かせている。
びぃぃぃぃぃ~~~~~んとしたその共鳴が、くっきりはっきり聞き取れたのは拍子木ならではのものか?
この竜の天井画が堅山南風画伯の作だとは、記憶から全く消えていたわたくし。3回目の訪問での収穫はこの新知識くらいか?

それにしてもだ。
輪王寺でも鳴き竜の下でも、ありがた~い縁起話が始まったかと思うと、いつの間にか「貴重なこのお守りはここでしか買えません」と話がすり替わったように語り始める寺社の方々。そして眠り猫の拝観料。
おいおいおい、ちゃっかりし過ぎているぞ、あまりにも。
世界遺産の名が泣くだろうに。
この金儲け主義的運営には、ひのくにPTA集団ご一行からも、「呆れたねぇ」との声多数であった。
世界遺産に名を連ねてもよさげな、ひのくに阿蘇へ来てご覧なされ。
金なんか使わなくても眺めているだけで心身共に健康になれそうだし、おいしい空気や大パノラマを満喫できるし、何よりもひのくに県民気質はあけっぴろげでいいっすよ。

いろは坂を上って(途中の林でイノシシ発見!)華厳の滝へ着いた時には、午後5時近くなっていた。
標高1.200mを超えるそこは、ひんやりとして快適そのもの。
今日一日の強行軍や、蒸し暑い中でのあれこれをしばし忘れるひとときだった。

華厳の滝


華厳の滝といえば昔からナニの名所で、時としてその写真にはアレが写っているとか、奇怪な話もあるとされるが、果たしてこの写真はいかに!?

とっぷり暗くなってから、鬼怒川温泉に到着した。
ふぅ~~ん…、やけに大きなホテルばかりで…。でもどこかサエないこの空気は何なのだろう?

正直なところ、山鹿温泉に入り浸っている私には、鬼怒川温泉へ来たといってもあまり感動がない。
昔、横浜で暮らしていた頃までは、温泉などと言うものは滅多に行けるところではないと思っていたから、年に2回春と秋に行われる職場の旅行で伊豆や箱根あたりの温泉へ出掛けられたり、或いはスキーで越後湯沢へ行って温泉に入ることが出来たりするのは、とっても楽しみなことだった。
しかし現在、私は温泉が生活圏内にある土地で暮らしていて(最も近い日帰り温泉は自宅から2kmと離れていない)、源泉掛け流しのカルキ臭もないような良質の湯に親しんでいるので、前述のような頃に比べたら想像もしなかったほど贅沢な、身近に温泉がある日々を送っている。

シャイな私が、130名近い大宴会で慎ましやかに他校の先生やPTA役員さんと交流し(会長はさすがに名刺交換したり大活躍だった!)、漸く一日の疲れを癒さんと、会長と二人で大浴場へ行ったのは、午後11時近くになっていて割と空いている時間だったが、
「あ…、カルキ臭いね…」
との会長の言葉に同感で、だだっ広い岩風呂に浸かっても、感動という程のものは味わえないのだった。

山鹿の温泉は無色透明無味無臭だが、ちょっとヌルッとした感じがあって、とても「温泉だぁ~!」と言う味わいが得られる。
これに慣れてしまっているから、同じく無色透明無味無臭であっても、サラッとしている鬼怒川の湯には感動が得られないんだなぁ…。

前夜にやっと荷造りをした私は、1時間ほどしか寝ていなかったので、とにかく疲れていて、風呂から戻るとすぐに寝てしまった。
私と同室の会長と他校の役員さんは、布団の上で長く話をしていたそうだが、そんなことも全然知らないで、ただただ爆睡。
まあぐっすり眠れたのは、鬼怒川の湯が疲れを癒してくれたからかもね…と書いておこう。

明日は6時半朝食で、7時出発だって。
朝食がバイキングなのが楽しみなことなのに、その時間のなさって何なのよ!!

  本日のBGM お久しぶりね/小柳ルミ子

テーマ : 夏休み日記
ジャンル : 日記

出掛けてきます。

明日から2泊3日で上京する。
高校の全国PTA研究大会に出席するため、つまりPTAの出張だ。

ところが全然準備が出来ていない。
日付が変わろうとしているのに、なーんにも出来ていない。

3日も家を空けるのは久々。
色々とやっておかねばならぬ事が溜まっており、そっちから先に手をつけていると、旅行鞄に手を触れるのは一体いつになるのさ!?って感じ。

この大会参加目的のPTA対象に組まれたツアーに参加するのだが、2日目の夕食が各自でとのことだったので、ネットで探し出した店へ予約を入れたぐらいの仕事しかしていない。

明日は上京後、日光を眺めて鬼怒川温泉泊。
明後日はPTA大会に参加した後、浅草泊。
明々後日はまたPTA大会に出て、夕方熊本へ戻る。

「飛行機事故って、何故か続くんだよね…」
中華航空機事故のニュースを見ながら、不穏なことを囁き合う家族であった。
続くんだったら、来月初めに旦那が社員旅行で上海へ行く時にしてくれ。
この人がこのような旅行予定を抱えていたなんて、今日まで知らなかった私とムスコ少年。
会話をしていそうで、肝心なことなどちっとも話していないという、抜け殻家族の構図が浮き彫りに。
でも私のこのPTA出張は、5年ぶりで飛行機に乗るという高揚も手伝い(お上りさん)、かなり前から家族間で告知済み。
そもそもお母ちゃんが3日も家を空けるとなると、食事の事やら心配の種が尽きない。

それにしてもだ。
例の那覇空港の事故のニュースを見ていて思った。
民放は「中華航空機」と呼び、NHKは「チャイナ・エア」と呼ぶ。
NHKは、昨日見た料理番組でも、料理人が「中華そば」と呼んだ材料の麺を、アナウンサーはわざわざ「中国そば」と言い換え、そしてレシピの文字もそのように書き換えていた。
普通は言わねぇだろ、中国そばだなんて。

かつて「真っ赤なポルシェ」を「真っ赤な車」と変えて歌わせた放送局だが、『中華』はタブーなキーワードなのだろうか。
誰か教えて。

  本日のBGM IT'S TOO LATE/中島美嘉

テーマ : いやっほぅ(*´∀`*)ノシ+゜
ジャンル : 日記

レスキュー!

いつまで経っても猛暑から脱却できない今日この頃。
本日仕事でお供していたお客さん(70代)が、ゴルフのプレイ中に熱中症となってダウン。
ちょっと焦ったあこちんであった!

さっきまで元気だったのに、プレイ開始から5番目のホールの途中で、歩き出した後急にうずくまり、
「そこでめまいがして…」
苦しそうな表情。
「気分が悪い…」
こ、これは…!もしかして熱中症!?
回復しそうにないその体調不良に、尋常ではないものを感じ、ご本人の年齢も年齢であえることから、出来るだけ早く安静にするべきだと判断し、即座に上司へ携帯電話で連絡入れ、この方を引き上げさせるべく迎えを呼んだ。

折良く支配人がコース内へ所用で出てきており、すぐにこの場へ来てくれたので、間を置かずに引き渡すことができ、結局このお客さんは、支配人が付き添い救急車で病院へ搬送され、点滴を2本打たれ、ご家族が迎えに来られ、無事帰宅されたとのこと。
回復が早くて良かったっす!

そしてこれが昨日じゃなくて良かった。
だって昨日のあたしってば、自宅に携帯を置いて来ちゃっていたんだもん。
もしも昨日のような状況だったら、もっと連絡取るのに手間取っていただろう。

もうー。
こんなに暑い日に、ゴルフをしようなんて…。
無理しちゃいけませんよ、お客さん方。

こう暑い日が続いていると、新聞やニュースだけではなく、身近に起きてくる熱中症問題。
まだまだ残暑の厳しい日が続きそうな気配なので、皆様もどうぞご注意を。

  本日のBGM 大人の夏景色/稲垣潤一

テーマ : (´ω`)暑い暑いーっ
ジャンル : 日記

考査(BlogPet)

きのうあこちんと、考査したかった。

*このエントリは、ブログペットの「ころりんこ」が書きました。

ペルセウス座流星群 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ ペルセウス座流星群
「今日はペルセウス座流星群の観測がピークだそうです。流れ星は見えましたか?」
昨晩見ちゃった。我が家の庭で。
そろそろ極大を迎えるなぁ~と思って、外に出て10分ほど東の空を見ている間に、4~5個は見ることが出来たよン♪
この情報を伝えてあげたら、ムスコっちも彼女と電話しながら同じ星空を見上げることにし、いくつもの流れ星が見られたって。うっひょぉ~!やるねぇ!
毎年この時期には欠かせないイベントですな。
記憶の中で最も多く見られた夜は、22年前、あの日航機事故があった夜。
その年は夏休みを職場の後輩2人と一緒に、愛車を1300km近くも走らせ、私の実家へ来て過ごしていた。
みんなで飲みに行って深夜に帰宅し、家へ入る前に夜空を見上げたら満天の星。
都会っ子の後輩達が「星がすごーい!」と歓声を上げていたら、「あっ!流れ星!」
そのまま庭先に止めてあった愛車のボンネットに寝そべるようにして、しばらく星空を見上げ続けていた。
その間にどんどん流れてくる星の数は、見事なもので、一同酔いも手伝いうっとりと盛り上がった。
その時はペルセウス座のことをすっかり忘れていて、田舎って言うのはこーんなに流れ星が見られてすごいねぇ!みたいな感じだったのだけれど、何年か後に、あの時ってすごかったよなぁ…と思い出したら、そうだ!8月12日だった!ペルセウス座の流星群を見ていたんだ!と気づいたよ。
今夜も見られるかな?でも昨日よりも雲が広がっているよ…。


  本日のBGM 夏の流星/伊勢正三

テーマ : ゜+☆流星群☆+゜
ジャンル : 日記

久々なんです。

PTAの懇親会が行われた。
今年度のPTA、一体何回目の懇親会だろう???
とにかく今年は団結力が強いというか、何かにつけて良く集まる。

役員レクリエーションという名目で、まずはボーリング大会。
4人1チームの団体戦で、勿論個人表彰もある。頑張っちゃうぞ。
だけどボーリング、果たして何年ぶりだっけ???
思い出せないくらい久しぶり…。

練習投球で、いきなりストライクを出しちゃったよ!
うひょ~!私ってなかなか好調?

と思ったのも束の間。
本番に弱いわたくし…。あとはボロボロ。
もしかして100行かないかも…と、マジで焦る。

結果は113という、実に控えめな成績に終わる。
しかしうちのチームは、顔に似合わず凄腕の(?)Hさんが199を叩き出した(転がし出した?)のを始め、いずれも好成績をあげてくださり、4人の合計が650を超えるという、見事ダントツでチーム優勝だった。

113はちょっと悲しかった。
でも校長の111には勝った。
T校長、日体大卒の体育科教師出身で、うちへ来る前は県の保健体育課長。
バリバリの体育会系であるのに、ボーリングは不得手だった模様…。
それでも楽しそうにしていて、憎めない人だから好きだわぁ。
今年の懇親会の多さは、ひとえにこの校長の人徳のおかげかも。

  本日のBGM 美しきチャレンジャー/堀江美都子
        ( 『美しきチャレンジャー』主題歌
          私はこのドラマを知っている世代である)

テーマ : ・゚・(ノД`;)・゚・ウわああ!!
ジャンル : 日記

お役に立てました。

職場で暑気払いのバーベキューと、ゴルフコンペが行われた。
ゴルフの方は、ムスコと回った時よりもガタガタなスコアであったが、ド素人として膨大なハンデキャップを頂戴しているものだから、ネットで10位という成績をおさめる。うっしっし。

バーベキューの席へ、先日釣って来たタコを差し入れた。
いつも釣りに行った話ばかりで、なかなかその成果をご披露できない職場の皆々様へお裾分け。

自宅で茹でておいたタコを丸ごと、職場のレストランの厨房へ持ち込んで、料理長へお願いする。
「切ってもらっていいですかぁ?」
「これ、本当に釣ってきたの!?」
「そうですよ♪私とOちゃんで釣ってきたの」
本当のことを言うと、たぶんそのタコは船頭さんが釣ってくれた分だろうけれど…。

さすがはプロの料理人様である。
私が包丁を入れた刺身なんかよりも、美しく薄く切られ盛りつけられ、
「酢みそ和えと、梅肉和えも作ってみたよ(^^)V」
ゴージャスな盛り合わせになって登場した。

「これ、どうしたの!?」
会場を作っている間に、何人もが目をつけてきた。
「えへん!釣ってきましたぁ!」
「すっごーい!」
「うわぁ、おいしそう…」
早くも乾杯前からタコを狙う人々…。

意外や意外、タコ好きな人が多いのである。
宴が始まるや否や、あっという間にタコ刺しは奪い合いのようになり、皿からきれいに消えてしまった。
焼き肉は持て余されたが、タコ刺しが消えるのが一番早かったとは!
酢みそ和え、大変おいしゅうございました。我が家でも作ってみようっと。

私とOちゃんの釣り道楽が、初めて職場の皆々様のお役に立ち、面目躍如な今宵であったとさ!

さ~て、9月に入ったら真鯛釣りに行こうかね♪

  本日のBGM 真夏の夜のユメ/スガシカオ

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

旬を釣り、旬を食べる。

夏と言えばタコである。
Oちゃんを誘い、天草へタコ釣りに行ってきた。

07tako1.jpg


今年のタコ漁は、ちょっと悩める状態らしい。
水揚げが少ないのだと言う。
それでも「釣りをした」という程度の収穫があり、当分の間はおいしい刺身などを楽しめそうだ。

釣りの結果はこちらのページからご覧いただけるのでチェックしてみてちょ!

釣りの帰りに、Oちゃんの実家へ寄った。
前々からこちらのお母さんに、
「あんた方にもらったタコがおいしかった。
 また楽しみにしているから、頼みますよ」
と言われていたので、お待ちかねのお土産を届けに行ったのだ。

タコを渡して帰ろうとする私たちを見送りに出てきたお母さん、私の車のタイヤあたりを指さしてこう言った。
「空気の抜けているごたるが…」

お母さんっっっっ!!
このタイヤはこういうタイヤなんですってば!

幅広扁平タイヤは、昭和ひとケタには理解しがたいドレスアップのなのだろうねぇ…。
(O.O;)(o。o;)

  本日のBGM 夏の日/森高千里

テーマ : 夏休み日記
ジャンル : 日記

ムスコ少年のコースデビュー。

「ゴルフ場へ行ってみたい!」
ゴルフ練習場へ一度連れて行ったムスコ少年が、ずっとこう言っていた。
息子の通う高校には、体育コースが1学級あり、このクラスの生徒達は3年生の3学期にゴルフ実習としてコースにも出る。
最近はハニカミ王子だのポッチャリ王子だの、色々な若い人が脚光を浴び、ムスコ世代にも身近なのだろう。
ゴルフ場は緑が一杯で、行ってみるとかなり気分がいい場所だ。
しかしド下手が出掛ける場所ではないし、私の休みと彼の休みはなかなか合わない。

だが夏休みの間に、一回くらいだったら連れて行けるかな?と思い始めていた。
薄暮プレーだったら、安くて良いかも。
家族はメンバー料金で遊べるという我が職場。
こうして客としてお邪魔する場合、私は600円あまりのゴルフ場利用税だけで良い。
ハーフ(9ホール)回って、ムスコが2,500円。
一般のお客さんがスタートした後の、最後の最後だったらノロノロしていても、社会に迷惑掛けないで済むよね。

で、今日がそのチャンスのようなので、午後から仕事が暇になった私は帰らせてもらい、ムスコを伴って再び職場へ。
雷雨が来そうな予報なので、その前に回れるだけ回ろうという目論見。
「行けるの!?」
ムスコは大喜び。

CIMG0873.jpg


格好だけは一人前。

CIMG0874_2.jpg


このショートホールは、2on2patでなんとボギー!(まぐれって怖いわ!)

CIMG0876_2.jpg


谷越えのミドルホール、このティーショットはチョロだった!

猛暑の中、とにかく走り回ったムスコ。
「こんなに走るとは思わなかった!」
下手ほど走るのがゴルフ。
チョロを打っては走り、右へ左へと曲げては走る。
カートに乗っている暇などない。
そのように下手なお客さんと一緒だと、キャディーもまた走らねばならぬ。
「お母さんが、家に帰ってから『疲れたぁ…』と言っているのがわかったか?」
「よーーーーーーーく、わかった!」
職場見学させるもの悪くないな。

しかし一度練習場へ行っただけの人だが、当たる時は当たる。そして良く飛ぶ。
さすがは日頃から長いものを振り回し続けているだけあるなぁ…っていうのもおかしいか?
練習場でも思ったが、彼は決してセンスは悪くない方だろう。

彼は9ホールを74で回った。お疲れ様の一言である。
ハーフ終わった直後に雷雨の豪雨。この日はこれでおしまい。
私がこの夏の間に彼と遊んでやれるのは、このゴルフだけだろうと思う。

「また行きたいなぁ!」
受験生はそんな暇などないだろっ!

  本日のBGM 風を受け走る君には怖いものは何もない/UN'z

テーマ : 夏のお出かけ
ジャンル : 日記

ああ、夏休み

世間は夏休みである。
ムスコ少年も夏休みに入った。しかし連日課外授業に出掛け、弁当作りから解放されない母と、勉強から解放されない息子。
受験生はつらいよ。

で、その受験生ムスコのために、三者面談というヤツに出掛けてきた。
彼の場合、かなり前から目標がしっかりとしており、目指す進路に迷いはない。
ただし、それが彼の手に届くものであるかどうかは別として。。。。。。。

第一志望は地元の工学部なのだが、あくまでもそれは志望であって、実力との釣り合いが。。。
「遠方でも良ければ、偏差値が多少低くても受けられる学校があるぞ。
 北海道とか沖縄とか・・・」
せ、先生…(^◇^;)。

ところがこのお言葉から、思いもよらずその遠方の学校が笑い話ではなく、
「それもいいかもね♪」
みたいな感じになって来ちゃった。
沖縄…、視野に入って来ておりますぞ。

センター入試まであと何ヶ月?5ヶ月か。
一応、大学がダメだった時のために、某公務員を抑えで狙う態勢を取っている。
浪人はさせません。ニートにはさせません。親としてそう宣言している。
要するに、ムスコは多角的に構えているものの、その足下は背水の陣である。
彼はいったいどうなるのでしょう???

6月の高校総体を終え、部活動から引退していたムスコだが、まだ課題がひとつ残っていた。
剣道の昇段審査だ。
昨年の夏、3段を受けて落ちた。
信じられないその結果へ、もう剣道なんかやめちまえ!と私から怒鳴りつけられたこの馬鹿ムスコ。
結局やめずに続けていて、諸々の都合で昨年受験できなかった3年生の仲間と一緒に、彼はまたこの夏挑戦した。
そして…、無事合格。
正直、私の方がかなりホッとしたかも。
剣道3段は、社会に出ても結構聞こえがいい。
彼が抑えで狙う某公務員なども、2段と3段では3段を持っている方がプラスイメージだもの。
普通科の高校へ通った彼が履歴書に書ける資格は、現在のところ英検準2級と剣道3段である。

彼が課外から解放されるのは、旧盆期間のわずかな間だけ。
今年は釣りにも行けません。とほほ。

  本日のBGM ああ夏休み/TUBE

テーマ : 夏休み日記
ジャンル : 日記

釣り禁断症状

愛車バロンちゃんのタイヤがかなり磨り減って来てしまい、タイヤ交換の必要が出てきた。
本来ならば14インチのタイヤが標準装備されている車だが、16インチのアルミホイールにインチアップしており、205/45R16などという幅広タイヤを履いている。
この状態って、見かけは大変お気に入りなのだけど、
★タイヤが高価になってしまう。
★高価な上に、あまり店頭には出ていない。
★しかも車検の時「ちょっと出ちゃいますね」でノーマルタイヤに交換!
というデメリットがあり、維持費が嵩むことが悩みの種。

同じアルミホイールを履かせていくならば、195/50R16のタイヤを装着すれば、車検にも通る幅になるんじゃないの?というご意見を頂戴し、そうか!と閃く。
このサイズで探したら、オークションストアからかなり安く手に入った。

といってもその価格は4本で2万円近く。
車検を前に痛い出費だけど仕方ない。

工賃を安く上げるべく、近くのタイヤショップではなく、少々遠いが知り合いの修理工場へ持ち込んだ。
ここの近くにはきれいな川が流れており、地元の子供達が泳ぐ場所などもあって、釣りキチの私には魅力的な方面だ。
最近釣りをしていない…。
どうせそっちまで出掛けるならば、余った時間に少し遊んで来ちゃおうかな…。

タイヤと釣り道具を積んで出向いた。

タイヤ交換とバランス調整を終え、修理工場のちかくにポイントを見つけ、夕方のひととき竿を出す。
川遊びを終えて帰ろうとする地元の中学生達が、私の背後で釣りをしている様子を眺めていた。
緊張させないでくれよ~。
30分ほど遊んで、この釣果。

070730_211030.jpg


カワムツ2匹と、ウグイ1匹だが、いずれもこの魚としては大物サイズに入る。
特にカワムツに関しては、うちの近くの川でも良く釣りをしていた魚だが、20cmを超えたものを釣り上げたのはこれが初めてだ。

下処理をし、塩胡椒を振り、丸のままバター焼きにして食卓に出したら好評だった。

愛車の方は、時々エンジンの掛かりが悪くなっていており、バッテリーが弱っていることが判明。
バッテリーも交換する羽目になったが、こちらは別の知り合いを通じ、新品のバッテリーを積んでも2,500円で済ませることが出来ちゃった。

転んでもただでは起きないって、このこと?

  本日のBGM 空に唄えば/175R

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

CALENDER
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR