丸1年とか丸9年とか

ご無沙汰しております。
ブログの存在を忘れられていそうな気がするー。
(お前だろって? orz)


震災から丸1年は、長いようで短かった。
私たちは変わらぬ暮らしを続けられている。
感謝。
家の中の壁紙に、
「こんな所に亀裂が入っていたっけ?」
な箇所があるけれど、木造ゆえの経年伸縮によるものなのか、震災の揺れによるものなのかわからないから、まぁいいや。


先週、数年ぶりで生まれ故郷のお江戸へ1泊で行った。
休日使って、取引先様の接待出張みたいなもの。
カツカツのスケジュールだったので、あちらに居られる知人友人の皆様にはお会いすること叶わず。
無礼をご容赦くださいな。

2日目はFreeなスケジュールだったため、義母の命日が近いので、何年も不義理を続けているご先祖様墓参の時間を作った。
嫁ぎ先の墓参に行くのはこれで3回目で、一人で行くのは初めて。
行き方はわかるから「一人で行けるもん♪」と出掛けたのは良いが、これがなかなか大変だった。

バス停から徒歩3分と、利便性の良い場所なのだが、バスを降りて周囲を見回したところ花屋がない。
およよ、最寄りの花屋はどこなのさ。
何年も前に親戚一同と一緒に、JRの駅からトコトコ歩いてきた時は、その途中に花屋があった。
しかし今回はバスで来ちゃったため、そのルートを通っていない。

今は便利な時代故、Googleさんに花屋を尋ねたが、バス停3つばかり離れた場所だったわぁ。
そっちで降りればよかったねぇ。
歩かなくても良かった距離を歩く。
それもスーツケースをゴロゴロ転がしながら。
(;´д`)トホホ…。

無事に供花を買い求め、ゴロゴロスーツケースと共に墓地着。
ところが狭い土地に墓石が犇めき合う墓地で、当家の墓石がどこにあるのかわからなくなった。
入口の門をくぐったら右側よね…って記憶していたんだけど、右の何区画めだったっけ?

墓石が犇めき合う間を行ったり来たり、何度もウロウロ。
30分近く彷徨って、遂にギブアップ。

ゴエモンへLINEで「お墓どこぉ!?」と送る。

だがなかなか返事が来ない。

仕方ないからダンナへ電話。
「門を入ったらすぐ右」
「細かい区画の中じゃなくて、門からのメインの通りに面している」
「卒塔婆見ればわかるだろ、卒塔婆に◯◯家とかかいてあるだろ」
とか何とか言うのだが、バカヤロー、卒塔婆の数のほうが墓石の数よりも多いんだよ。
墓石の後ろに、卒塔婆が何本立っていると思っているんだよ。
んなもん探すよりも墓石探したほうが早いんだよ。
メインの通りってそれホント?私の記憶と違うじゃないの。

そんな頃合いにやっとゴエモンからお返事。
彼のLINEによる短いトークの説明のほうが、ダンナとの直接会話よりも理解しやすかったという…。

本当に門を入ったらすぐだった。
私はその裏手の細かい区画の中を、散々歩き回っていたのである。
バカじゃん私。
すっごく適当な記憶力に呆れた自分。


帰りの羽田発の便までには時間がまだあったので、実はちょうどこの時に短期上京中のゴエモンと上野で会う約束をしていた。
出張初日が私の誕生日だったため、
「誕生会!誕生会!」
とおねだりしていた悪い母。

上野精養軒で、大層美味しいビーフシチューをご馳走していただきましたとさ。
m(_ _)m
ありがと。
プレゼントも貰っちゃった。
4月27日のツイートおまとめ参照


たまたまそんな日程になったので、お江戸でゴエモンとランチという、私ら何処の県民よ?な、不思議な嬉しい時間を持てた。

時間があればねぇ、上京したら行きたいところが沢山有るわな。
フリータイム東京感傷ツアーしたいなぁ。







さて、そんな優しいゴエモンさんが、このたび職場の紹介動画に登場致しましてな。

Tweetでは触れているのだが、親バカだから貼っちゃう。


若い頃の私に似ているらしい。
何人かにそう言われた。
でもあんまりそう言うとダンナがひねくれるので、ダンナにはその事を伝えないほうがいいだろう。

数多いる隊員さんの中から、なぜ彼に白羽の矢が立ったのかねぇ?
話し方硬いよゴエモン。
役者じゃないんだしそりゃ仕方ないけどさ(笑。


ゴエモンがこの家から旅立ち、早いもので丸9年が過ぎた。
もっと近くにいてくれたらなぁと思う気持ちは、私だって勿論人並みに時々浮かび上がる。
だがオカンは遠くから、ゴエモンの健康と活躍を、末永く祈念しておりまする。
出来れば今年も航空祭に行きたいぞよ。



励みになります

ゴエモン24th Anniversary

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
昨日の出勤時、田んぼに軽自動車が落ちて横転しており、クレーンで引き上げている光景を見て、
「何故このような場所で落ちる???」
と不思議で仕方なかったあこちんです。
見通しの良い県道なのに、車が田んぼに入っていることって何故か多いのよねー。


本日は日曜日なのにお仕事休み。
近隣では秋のイベントも行われているが、何となく気乗りせず、特にどこへも行くあて無し。
ニコ生で浜松の航空祭でも見るか!と思っていたが、

雨1

このとおり降雨により展示飛行中止でガックリ。
閑散としている浜松航空祭。
ブルーインパルスの前にも人影まばら。
小松に行けて良かったなぁ。
あとで近所の温泉にでも行きますかなぁ。
今度の日曜日は築城の航空祭。
私は土曜日が休みだから、前日のBI予行でも頑張って見に行っちゃおうかしら!なんて思っていたりするんだけど、どうやらその頃にまた台風が・・・。
無理かもねー、無理はしないよー。



さて本日はゴエモン24回目の誕生日。
おめでとう。
先日の親孝行ぶりと言い、職場への溶け込み方と言い、もうすっかり立派な青年におなりで・・・。
もう24年。
感慨深いっす。


10月に逢えるなんて、まさか考えもしていなかったもんだから、今年は夏の帰省の時に、ゴエモンに誕生日プレゼントを前渡ししていたワタクシ。
結構前から、
「彼にはコレを贈りたい!」
そう思っていた品物。

シャツ3

一応調べてみたんだけど、限定販売になっている様子で、ここに行かないと買えないみたいだったので、

シャツ2

県民百貨店へ出向いて入手。

ゴエモンに着て欲しい「人吉シャツ くまモンバージョン」である。
人吉シャツは熊本が誇る逸品シャツ。
胸ポケットからヒョイと顔を出す「押し付けがましくない」くまモンが好印象。
北陸の地にあっても、さりげなく「くまモン県出身」の人間であることをアピールして貰いたし。

シャツ1

オカンとしては、
「こうしたストライプ入りのシャツを、
 お休みの日なんかに着て出掛けて欲しいわよ♪
 できればセーターやカーディガンを、
 ディレクター巻きにしてさ(笑)」
と思うのだけど、LINE上で交わされた
「ボタンダウンシャツって、長袖と半袖どっちがいい?」
「長袖」
「白とストライプ入り、どっちがいい?」
「白」
という質疑応答結果によって、ゴエモンへ贈ったのは白の長袖ボタンダウンシャツになった。


すぐ横の売り場にはネクタイも置かれていたので、シャツのお供に・・・とネクタイも追加。
そもそも制服以外ではネクタイを着用する機会が少ないゴエモンなので、これまでに私が贈った3本のネクタイだけで十分事足りていると言われていたんだけど、ウケ狙いのネクタイが1本紛れ込んでいても良かろう。

まだ持っていない色系統のものをチョイス。

タイ

地味に見えるかもしれないけどグレー系。
そしてくまモンを控えめに。
後ろ姿がドットのように配置されているので、よく見ないとわからないところがミソ。
下部にひとつだけ正面姿。
8月下旬の博多出張(ANA機便乗)には、このネクタイで挑んだそうな。
早速使ってくれてありがとね。


ダンナ(ゴエモン父)なんて、私の趣味でネクタイを買い足してしているだけなれど(自分じゃ買わない人)、ミッキーマウス、鉄腕アトムなど、結構キャラ物だって締めて仕事に行っている。
そのキャラが相手との会話を引き出したりすることもあるそうな。
くまモン関連でもそれが言えている。
背広の襟元にくまモンピンバッジを付けて県外出張すると、社章を付けている時よりも受けが良く、相手との会話が弾むという話題も見かけた。

買い物に行ったのは7月下旬。
ゴエモンの贈り物を買って終わりにするつもりだった。
帰省したら直接手渡して、喜んでくれる反応を見たかったから、このタイミングでの贈り物だった。
しかし買い物をしながらはたと気づく。
8月中旬、ゴエモンが帰省しているその時に、ダンナが誕生日を迎える。

なーんにするつもりがなかったんだけどさー、ゴエモンにだけ贈り物をしておいて、ダンナには何もなしってのも家族として気まずいでしょー。


ダンナはあんまり服装に気配りしない人である。
この夏、運転免許証の更新に行ったのだが、
「免許証を受け取ってから気づいたんだけどさー、
 前回の更新の時と同じシャツを着ているよ俺」
と苦笑いしていた。

行く前にに気がつけよ!

(怒 `Д´)≡⊃)`ν°)・;'.、


そんな無頓着オトコにくまモンのネクタイが必要なのかというのも疑問だが、義理プレとしてダンナにも色違いのくまモンネクタイを1本買い、そして誕生日プレゼントとして贈った。
ダンナには、
「オジサンが地味に見えないようにエンジ系」
と選んだそれを、
「赤いの?」
「赤じゃないわよ、エンジよ」
「派手じゃね?」
とか言いながら笑って受け取っていたので、おそらく機嫌よく受け入れたのであろう。
夏の間はクールビズで、会社の制服になっているポロシャツ着用のダンナ。
秋に入ってからこの時のネクタイを使い始めている。

「この間お客さんに、くまモンのネクタイしとったなーって言われたよ」
そんなこともご機嫌顔で言っていた。
ほらね、会話が弾んだじゃろ。



ゴエモンは今月もまた、仕事の関係で研修のような機会があり、東京に出張予定が入っていると聞いている。
オカンとしてはその時に、くまモンをアピールした装いで行って欲しいと思っているぞよ。
そして先日の訪問時、ゴエモンにはくまモンのピンバッジを2種渡してある。
ひとつは正面向きのノーマルくまモン。
もうひとつは我が専属カメラマン氏・健軍の小笠原写真館さんから頂戴した、何故かくまモンのブルーインパルスのパイロットツナギ姿のくまモン。
カメラマン氏、どうしてこんなもんがロアッソ熊本の試合会場で手に入るのですか(爆。

どっちを付けてもいいのだが、上着着用のスタイルで行くのならば、是非とも襟元にくまモンをキラリとさせて欲しいぞよ。



誕生日のゴエモンは、おそらく仕事DAYである。
あちらも雨模様みたいだ。

雨2

市役所ライブカメラの窓に、水滴が写り込んでいる。

雨3

このような天候時のお仕事お疲れさん。
彼女いない歴更新中なるも、我らの息子の未来に幸多かれと祈る。
胸ポケットから顔を出しているくまモンに、ニッコリしてくれるようなパートナーが見つかったら、オカンに教えておくれ。



励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

ゴエモン 溺れる(夏休み余談)

15日の夜、ゴエモンは中学時代の同級生と飲みに出かけた。
帰宅したのは深夜、もちろん日付が変わってから。
彼の帰宅を見届け、オカンは安堵して眠りについた。


16日の私はお仕事が休みだった。
しかし寝坊はしない。
何故ならば、朝からリアルタイムで「あまちゃん」を見たいから。
Twitterに時々書いているので、私が熱心にこのドラマを見ているのはご承知の方もおられましょう。
今までの朝ドラとは違いますがな、クドカンの小ネタがツボですがな。
奇抜な展開にダンナも相当ハマっていますがな。
私なんか愛車のBGMは、



もうこのとことずっとこの番組のサントラ盤ですがな。
そして当然、



こっちも持っていますがな、先日のカラオケでは熱唱していましたがな(2回も!)。


ゴエモンはとても遅い時間に起きて来た。
前夜が飲み会だったとは言え、オカンよりも早く寝て、オカンよりも相当遅く起きて来るゴエモン。
夏休みだと言っても、そりゃあんまりにもぐうたらした生活じゃねぇか?

起きて来て開口一番、
「見ちゃったよぉ」
と言うゴエモン。
「え?まさか?」
「そう、『朝まで”あま”テレビ』、見ちゃったよぉ!」
飲んで帰って来て、そのまま見始めたら、朝まで見ちゃったんだって。
そこからやっと眠りについたので、べらぼうな寝坊になったのだとのこと。

彼の職場でこのドラマを話題にしている人はいるけれど、その人々はゴエモンよりも年かさの面々で、
「僕自身は特に関心があった訳じゃないんだよ」
目の前のテレビで放映されている時は、皆と一緒になんとなーく見ている程度だったらしい。
割と見る回数が多くなってきたのは、『東京編』に入ってからなんだって。

ところが我が家では、夫婦の会話にもこのドラマのことが何度か出て来る。
ゴエモンもちょっと興味が湧いたのかも。

「小泉今日子の『潮騒のメモリー』が、まだ耳の中で繰り返されているー」
苦笑いしながらゴエモンは言った。
「僕は『北三陸編』をほとんど見ないでいたから、
 やっと人間関係が分かって来た、スッキリしたー!」
って。
「しかし面白いねぇ、小ネタが満載で〜」
「でしょ、笑えるでしょ」
「うんうん!
 僕ね、この人が好き、夏ばっぱ!」

おおー、この女優さんの偉大さがわかったか。
これでキミも立派なあまラーだ!
そして是非とも「お葬式」「タンポポ」「マルサの女」などを見給え。
「お葬式」は我が家に録画したVTRがあるけどな。
衝撃的だったなぁ、そして面白かったなぁ、伊丹作品には結構ハマったなぁ。



この朝ドラに関して、オカンはこんな書籍も買ってしまった。



ここにあるど、読めよゴエモン!
「えー?・・・・・」
迷っているゴエモン。
どうせ休暇中は毎日、時間がたっぷりあるくせに。
いや、本当はね、9月初めに控えている試験勉強のために、勉強道具も持って来ているんだけどね、こんな調子でいつ勉強しているの?
(・∀・) ニヤニヤ


結局ゴエモンは、3夜連続放映の『朝まで”あま”テレビ』を、録画してまで全部見た!
2夜めは録画で、3夜めはほぼリアルタイムで。

「ああ、やっと今に追い付いたー」
3夜分を見終えて、とても満足気なゴエモン。
そして件の書籍も手に取って読み始め、
「ああ、ネタバレが出てくるー!
 この先のあらすじが書かれているー!
 どうしよう、うーん、えーい、読んじゃえ!」
ネタバレも読んじゃったゴエモン。



『朝まで”あま”テレビ』は、ナレーションが局アナ担当で、北三陸編の夏ばっぱのナレの味わい深さが消えてしまっていた。
また割愛されていた小ネタなどもあり、存分にこのドラマの『面白い』部分が伝わったとは言い切れない。

実は我が家では、毎日録画だけはしている。
それがまだ6月分辺りからHDDに残ったまま。
勤務の都合でダンナが見られない日など、帰宅後に見ていることもあるし、毎日見ているくせに一週間分をまとめて見たくなったりするダンナ。
そう、一昨日の土曜日なんて休みで家にいて、
「BSで一週間分をまとめて放送しているのを見ちゃったよー。
 今日の回なんて、結局朝から昼までの間に、4回も見ちゃったよー」
なんて言っていた。

その録画しているものを、休暇中にせっせと見続けることにもなったゴエモン。
見逃していた本編を味わい、益々溺れた。



休暇中に「あまちゃん」にすっかり溺れてしまったゴエモンは、
「帰ったら、録画予約開始だな・・・」
と言い出した。

「ああ、そうだ!
 20日はどこで見よう、どうしよう!?」
その日といえば、帰省を終えて19日夜発のフェリーで帰り、ひと晩かけて移動した瀬戸内海の航路から20日朝に下船し、大阪市内を抜けて戻って行く途中になるゴエモン。
どのタイミングでその日の放送を見ればいいのか、真顔で悩んでいた。



またね!

西日を浴びるゴエモン号。
軽く手を上げて、ゴエモンは19日夕方、実家を後にした。

彼の車はナビにフルセグ付き仕様である。
「時間調整して、どこかのSAで見ればいいじゃん」
どこで見たのかなー。



半年にわたる朝ドラの、残り1ヶ月ちょっとになってから溺れたゴエモン。
残り期間を存分に楽しんでくれ。
オカンも連日、BSの「早あま」を字幕入りで見てから始まり、8時からの「朝あま」をオトンと見て、その続きの「あさイチ!」のコメントまで含めてが「あまちゃん」だとばかりに面白がって朝を送っている。
仕事が早出の日は、支度しながら見ているので忙しいんだなこれが。
私がBSで早くに見ていることを知ったダンナは、出勤が早い日にはこっちを一緒に見てから仕事に行くようになった。
・・・(゚Д゚)ウゼェェェ
折角一人でじっくり見ていたのに(苦笑。


てな訳で、日曜日はこのドラマの放送がなくて、ヽ(´Д`;)ノ ツマンネ-!と思ってしまうワタクシ。
次作関係者には悪いが、我が家は全員、10月になるとあまロス・シンドロームになりそうな希ガス。



励みになります

テーマ : (*´∀`*)タハ
ジャンル : 日記

ゴエモンの夏休み2013 その2

ゴエモンさんは帰省のお土産に、毎回のようにあちらの地酒を持参する。
ゴエモン父は晩酌を毎日欠かさない人で、それも飲めれば何でも(*'-')b OK!みたいな傾向。
普段は安い焼酎を飲んでいるけれど、暑い時期にはビールや缶チューハイが加わることもあるし、焼酎の飲み方もロックありサワーで割ることもあり。
頂き物で日本酒が来ればそれだって飲む。
このように実に様々なので、当然ながらゴエモンが届けてくれるあちらの高級な日本酒を大歓迎。

私は「飲めるクチ」ではあるけれど、毎日飲む人ではない。
普段の私は家飲みをせず、家においてはごくたまに頂く程度。
外で宴会があれば元は取る。
但し車で行かねばならぬ時は、飲まずに済ませることが出来る人。
自宅で連日飲むのは、ゴエモンが帰省している間だけ。

そんな訳でゴエモンが土産にしてくれた日本酒は、気がついたらもうダンナが空にしているという事がほとんど。
今回も私の口には入っていないぞー。

そうした状況を配慮してか、ゴエモンはこの夏、お酒以外の土産も届けてくれた。

みやげ1

金沢カレーのレトルト。
金沢カレー?
くまモン県民には馴染みがないぞ??

金沢カレーのwikiがちゃんとあった(笑。

ゴエモンからは
・カツを載せること
・カツにはソースをかけること
・キャベツの千切り、それもできるだけ細くきったものを載せること
・フォークで食べること
それが流儀だと熱弁を振るわれ、これを指定された。
さらに本場ではステンレス製の器に入れて出すそうだが、我が家にはそれがないので大目に見てもらう。

「これを出している店は沢山あるけれど、
 僕が一番好きなのはこの店のものなんだ」
とのこと。
「ゴーゴー」は県出身の著名人、背番号55のあの人に因んでいるとか。
しかしあの人は「ゴジラ」だったと思うが、こっちは著作権とか大人の事情があるので、顔は全然似ていると思わないけれど「ゴリラ」なのかもなー。

食べ方指南も含め、ゴエモンが滞在している間にこれを我が家で食すことにした。



みやげ2

こぎゃーん感じで良かとでしょうか???
「うん、いいよー」

カツは並のとんかつじゃなくて、ヒレカツにした。
ゴエモンは、
「僕はヘルシーにチキンカツにすることもあるよ」
と話している。

で…、濃厚なドロッとしたカレーだ。
そしてなかなか美味かった。
そもそも濃い味なのに、ソースまでかけなくてもいいだろーとも思うが、一応ここはゴエモン先生のご指南に従った。

まあね、私もカレーを作る時に隠し味でソースを入れることがあるしね。
あとさ、子供の頃、カレーにソースをかける大人、あれはよく見たなぁ。
ウスターソースをジャブジャブとね。
昭和の時代には、何故かあのような食べ方をする人が多かった。
しかし我が家では禁じ手の部類だったように思う。
いつかやりたいと子供心に思っていた。
いつかやったことはある気がする。
でも出来上がっているカレーにジャブジャブとかけなくても、作る時にコソッと入れてしまえばいいじゃないか、今はそう考える。

カツカレーを我が家で作ったとしても、カツにソースはかけないんだよなー。
まあ、カレーなんてのはその家それぞれの味があるしね。
美味しく食べられたらそれでいいのさ!



ゴエモンはカレーの土産を、妹宅と相方O嬢宅にも用意してくれた。
気配りヽ(*⌒∇⌒*)ノ サンキュ♪




我が家がこうして金沢カレーを食べようとしている頃、ご近所友達toshiちゃんから電話が。
妹さんのくうぴいちゃんが実家へ来ており、自宅で採れたブルーベリーを我が家へお届けしてくださると!!

みやげ3

恐縮ですー。
以前はお手製ブルーベリージャムを頂いたこともあるですー。

鳥さんにも食われず、立派に育ったブルーベリー。
ありがたく頂戴しますです。

お礼にゴエモンからあちらのお菓子を。
いや、ちょうど予備の土産があったんス。
釣りに行くようならば船頭さんへ…みたいな準備をしていたんだけど、釣りに行かなくなったので手元にあったんス。
そんな品だけど、お口に合ったでしょか。



相方からは実家へ行った土産として、採れたての立派な茄子をたっぷり頂いた。
ゴエモンが茄子の素揚げを大好きだということを知っている彼女は、いつもこうしてタイミング良く配慮してくれる。
お陰でゴエモンは「我が家の味」を満喫できた。



更にはヤモリさんから頂いた岡山の桃を、

みやげ4

力いっぱい頬張るゴエモン。
美味でございます、感謝でございます。



贈ったり贈られたり。
良い夏ですなー。


ヤモリさんへの「ほんの気持ち」も無事手元に届いたようで、あこちん安堵。
コメント返しは帰宅後にでもまた…。




ゴエモンの夏休み記事、放り出さないで続編が書けたので、その2は(仮)を外す。
続編なければその1は(仮)のままだった筈だもんねー。




まだもうちょいとネタはあるんだが、果たして書けるのか自分よ。
ともかく仕事へ行く仕度をしよう。




励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

ゴエモンの夏休み2013 その1(仮)

11日から12日に日付が変わって間もなく、ゴエモンが我が家に到着。
今回の帰省は割と長めの休暇になり、19日夕方、新門司港発のフェリーに乗船して帰って行った。

ゴエモン滞在中、私は職場から温情あるシフトを賜り、1日の出勤を挟んで3連休と2連休が与えられた。
釣りに行きたいねー…と話していたが、いつもお世話になっている釣り船は船頭さんのお盆休みや予約客などの都合で、我々のスケジュールと合わないため断念。
波止場の釣りでも…と考えたが、この猛暑の炎天下に波止場っていうのもねぇ…ということで諦め〜。


海に行かないとなると、山の方へ行くことになりますかなぁ。


「ねえ、何処か生きたいところはある?」
とゴエモンに尋ねたら、
「牛カツ丼が食べたい。
 宮地の方だった気がする」
と言い出した。
帰省直後に地元のTV番組を見ていたら紹介されていたらしい。
「宮地?一の宮の阿蘇門前商店街じゃないかなぁ?」
オカンの勘はそう働いた。
「もしかして…あそこかも」
そう閃いた推理的中。

赤牛カツ丼


私はよく行く阿蘇門前商店街。
やはりその店は、以前にも行ったことのあるお店「はなびし」さんだった。
あか牛のカツ(揚げ加減がレア)をワサビ醤油&おろし醤油で食すというもの。
サッパリしていてなかなか良ござんす。
そしてダゴ汁付き、1260円。

しかし何だな、流石はお盆休み期間だわな。
14日に行ったのだけど、あの商店街であんなにまで人出が多かったのは初めての経験。
家族連れメイン、アベックもちょろちょろ、とにかく人が多い。
件の店は開店前から行列。
番組で紹介された直後ってこともあったためだろう。
待ち時間を利用し、その隣の「阿蘇 とり宮」さんでいつもの「馬コロッケ」を1個買い、ゴエモンに食べてもらったけれど、そこもまた多くのお客さんで繁盛していた。

ランチ待ちしていたら、いつも愛車を入庫してお世話になっている整備工場の人が、同じ店の開店待ちしていてびっくらこいたどー。
世の中狭いのねー。
つーか、同じようなことを考えている人が多いってことよね~。

そうそう、とり宮さんが店の内装をリニューアルしていたのにも、これまたびっくらこいたどー。





続いて一行は押戸石の丘に向かった。
「阿蘇の草原の風景、いいよねー!」
緑の牧草地に囲まれたドライブルートは、
「北海道みたいなムードだもんねー」
などと会話も弾む。

押戸石1

ただ、昼にビールを飲んでいるダンナは、日陰のないこの丘へとダラダラ坂を登るのがキツかった様子で、管理小屋で日傘を借りていた軟弱振り。

3月にここへ来た時にはなかったグッズを小屋で無料貸し出してくれていた。
それは、

押戸石2

方位磁石である。
丘の上の石が磁気を帯びていることがワカルのだ。

押戸石3

ほらね。
石に近づけると、磁石の針がグルっと回るよ。
(地面に落ちている人影で、同じ方向から撮影しているのがわかりますな)

「いい眺めとパワースポットで元気もらった!」
なんて言いながら、しかしダンナは暑さでへばりながら、やっと歩いていた感じ〜。


続いて黒川温泉方面へ向かう。

ボルシチ

カフェ・シェルに立ち寄り、お茶とケーキ。
この日はダンナの誕生日だったので、お祝いのつもりでケーキ・・・だったのだけど、ダンナはお腹が苦しいらしくて、ケーキを敬遠した。
ところが若い人は違う。
いつかはゴエモンにも食べさせたいと思っていたここのボルシチ、そうビーツのボルシチを、
「食べてみる?」
と勧めると、パンが付いたセットではないが、単品メニューで頂戴するゴエモン。
健啖だねぇ!

「うまい!」
「でしょ、でしょ?」
「どれ、お父さんにも食わせて、味見させてー」
何だかんだで一同に好評。

いつかはゴエモン…の念願が叶ってオカン満足。


「ぬるーい温泉でゆっくり過ごしたい。
 去年行ったあそこ、アレは良かった」
ダンナがそう言うので、去年行ったあそこ、黒川温泉の奥座敷「山みず木」へ行く。

温泉1

渓流沿いの温泉、ぬるーい温泉。

温泉2

対岸の小さな滝の水音心地良し。
流石にお盆時期なので、お客さんが多かった。
遠くからも泊りがけで来ているんだろうなぁ。

「ここってさぁ、一泊いくらくらい?」
ゴエモンがコソッと尋ねる。
「んー、2万円でお釣りが来る程度から泊まれると思うよ」
「そうなのかぁー」

お宿の公式サイトで調べたら、やっぱりそんな感じでござった。
ゴエモンの目にも「ちょっとした高級宿」に映ったのかもね。
いや、ここのお風呂は周囲の自然と一体化している感じがいいし、広さも十分あるからそれだけでも贅沢感は相当なものよね。
そもそも泊まりとなると料金的にあんまり安くないですからな、黒川温泉ってところは。

まあ、そんな宿にも日帰りでお風呂だけ利用しにプラっと出かけられるんだから、私らは幸せですわな。
自宅の近所にも日帰り温泉が豊富だし、ホンにありがたいことでござんすよ。


温泉の後は一気に自宅へ戻る。
この夜は妹夫婦が来訪し、恒例の酒盛り。

おめでとう

「ちょうどダンナの誕生日だけどさ、
 ケーキなんかいいからさ、ケーキなんか」
呪文のように言い続けていたのに、ケーキ持参でやって来た妹夫婦。
いやー、悪いねぇ、テヘヘ…(*´д゚*)ゞ

自宅で飲んでいる間に、
「カラオケ行こうぜ、カラオケ!」
になって、義理の妹がやっているスナックへ繰り出すことになった。

二次会1

熱唱し、

二次会2

歓談し、もー、近年稀に見る酔い方になったワタクシ、帰宅後はゴエモンに、
「ほらほら、しっかりしなよ」
と尻を叩かれて這うように階段を登り、自室へ転がり込んだ。

オカン、もう若くないから駄目っす。



そんな感じで夏休みを過ごしていたのだけど、何だか記事にするのが遅くなったー。
ゴエモン帰省の間の話はもう少しあるので、また時間があるときに書くざんす。



ヤモリさーん、ゴエモンと「これがいいかな?」と言って選んだ心ばかりの品物を、ようやく本日発送するッス。
笑って受け取ってちょ!



励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

無事到着

お昼前くらいに高速に乗り、お一人様なので無理せずゆっくりマイカー帰省。
最後のSAで時間調整をし、午前0時を過ぎて地元インターを降り、ETCの深夜割引を利用する。

ただいま

半日近くドライブし、ゴエモン先程無事我が家に到着。
真っ先に顔を出すのはやっぱりコイツ。
寅蔵は呼びかけても寝たふりをしてんのー。

現在ゴエモンは入浴中。
これから話でもしながら、彼の寝酒に付き合って、ワタクシは遅い夕食…。

1/3の早朝まで休暇で滞在。
その間オカンは仕事びっちり。
世の中なかなか上手く行かないもんですなぁ。



励みになります

テーマ : (^ω^)にゅーん
ジャンル : 日記

完走したってねぇ、凄いねぇ!

いよいよ金沢城下町ハーフマラソン開催。
練習でも15kmまでしか走ったことがないとか言いながら、ゴエモンがハーフマラソンにエントリー。

スタート地点

スタート地点の写メ来る。




時間制限が厳しいと聞いていたので、その制限に引っかからず完走できるのだろうかと心配していた。

天気予報は雨っぽかったのに、蓋を開けたら好天で、気温は30度を超えるハードな条件。
高低差100mもあるとのコースも厳しそう。
午前8時にスタートしたレースは、金沢の城下町を駆け抜ける。

レース1

国道ライブカメラでコースを見ることが出来た。
左の車線を先導の白バイが通過!


レース2

その後ドヤドヤと走って行くこの集団のどこかに、きっとゴエモンもいる筈だ。







目標タイムは1時間45分と言っていたゴエモン。
結果はどうだったのだろう。






10時前に連絡キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


「1:42’20”で、ハーフ1642人中283位。」
お見事!
初エントリーで完走、それもその順位とは!!

なんかスゲー。
自分の子供とは思えない。
ダンナに聞いてみた。
「持久走とか得意だった?」
「全然」
首を横に振っていた。

やっぱり自分らの子供とは思えない(笑。



10月初旬には職場の持久走記録会に出るそうで、そっちに向けての訓練で走り込んでいるところなんだって。
その記録会で何キロ走るのか聞き逃しているが、ま、それなりに頑張ってくれるこっちゃろな。



励みになります

テーマ : .+.(♥´ω`♥)゜+.゜
ジャンル : 日記

CALENDER
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR