バス乗った(仇討ち新田原基地航空祭)

降雨午後中止の築城基地航空祭から1週間経過。
ブルーの演技を見ること叶わず、不完全燃焼だった私は、
「バス乗る?」
とその結構前からダンナに問われていたのだが、

ニュータ23

結局バスに乗せてもらった(笑。

ダメ元で申請していた休みが貰えることになり、築城行きの時には既にこの2週連続出撃は決まっていた。
あんまり前からワイワイ騒ぐのも大人げないので、当日まで黙っちょりました、スマソ。


好天♪

ニュータ1

築城の仇を新田原で討つ。



自力で行くならばオープニングフライトに間に合うように行くところだが、ツアーバスが現地に着いたのは9時を回ってから。
既にプログラムは進んでおり、23SQによるF-15の教育飛行展示(機動飛行等)から見る。

ニュータ2

バス駐車場がタクシーウェイや滑走路に近くて、

ニュータ3

こりゃエエわい♪と思って暫く見ていた。
ダンナがそこにいた場内警備担当の空自制服若い衆へ、
「ここで写真撮ったりしていてもいいんでしょ?」
と尋ねたら、
「はい」
と答えていたので、終日ここに居ればいいわ~ってな感じ。

しかしやがて迷彩柄の衣服に身を包んだガタイのいい隊員がやって来て、無線でやりとりしながら何やら指示を出されている様子で、
「ここでの見学は出来ません」
と言われる羽目になり、パイロットへ手を振っていたバスの運転手さんたちも一緒に、ここの好位置を追い出されてしまった。

やむなくエプロン方面、そのハズレの芝生が多いエリアがまったりしているので、ここでのんびりと鑑賞。
だが新田原の難点がひとつ。
この基地、エプロンからだと滑走路方面がモロに逆光。
撮り難いよね。

それでも期待していた演目:アグレッサー殿の迷彩柄F-15が楽しめたぉ。

ニュータ10

新田原ならではですもんなぁ、この高機動飛行は。

ニュータ5

逆光悲しい…。

ニュータ6

オイラのカメラのズーム限界。

ニュータ7

もっと遠くまで撮れるのを買えと?
(・ω・ ;)(; ・ω・)

ニュータ8

いや、無理っす、この装備で辛抱っす。

ニュータ9

小豆たんカコ(・∀・)イイ!!

ニュータ11

青たんは新塗装。

ニュータ12

ズームの限界突破例(涙。



F-4爺さん、ケロヨン301飛行隊はキビキビと頑張ってくれたし、

ニュータ4

築城からリモートでやって来たF-2も、

ニュータ13

切れの良い機動で元気元気♪



そして…凄かったっす、米軍のF-16によるアクロ。

ニュータ14

もー、クレイジーな飛び方で呆気に取られっぱなし。
爆音ビリビリ響いて足元にまで振動が伝わる。
早すぎてヘタレミラーレス一眼では追えない。
時速1100kmでローパスとか、高度100mから4000mへグルグルひらひらと、きりもみ急上昇とか降下とか、マジでクレージーなF-16凄すぎ。
いやー、これが見られて儲けもの。



そして築城では降雨中止になったブルーインパルスの演技も、本日はたっぷり堪能。

ニュータ15

実はこの1時間ほど前にはバス駐車場へ戻って来て、昼食を食べていたりしていた我々。
朝のうちに我々が追い出されたあの場所は、ぼちぼちと帰りの時間が迫り、集合時間を告げられているのであろう多くのバス乗客が戻り始めており、警備担当者だけでは収集がつかない程度に見学客が居座り始めていた。

ニュータ16

あんまり前へ出るとお咎め受けていたけれど、やや後方にいる分には追い出されることもなく、

ニュータ17

ブルーの演技はここでまったりと眺められた。

ニュータ18

築城の仇討ち!

ニュータ20

ハート&スターは望遠レンズには収まらないので、

ニュータ22

スマホで撮影。
思ったよりも冷え込まなかったし、良かった良かった。


6万人の人出だったそうな。
業者による売店エリアの配置、新田原は不便だわなぁ。。。。。
休憩できるところや食事を手に入れられるところが、バス駐車場からも遠いしねぇ。
ご高齢の参加者さん、集合時間のかなり前にもうくたびれ加減になり、ヘロヘロになってバスへ戻って来られ、
「な、中に入れて貰えませんか…」
と、イレギュラーな対応をお求めになられましたがな。
お気の毒っす。
収容したっす。

昼休みに食べ物関係の売店方面へ行ったけど、ごった返し過ぎで行列を見ただけで買う気が失せた。
おにぎり&カップ麺&お湯を用意してきていたので、それで昼食は済ませたよ。
売店の配置は小松が一番便利だったなぁ。


今年の航空祭行きはこれで終了。
それにしても…だ。
レンズの望遠の限界、撮影中の連写後の読み込み時の時間の長さ、そして連写能力の限界などなど、でっかいデジイチと大砲を備えている方々の近くで迅速な連射音を聞きながら撮影していると、トホホな気持ちになってしまうのよねぇ。
それとやっぱりEVFは欲しいねぇ。
天気が良すぎて、液晶モニターは見づらくなる。
でもこのカメラで狙うには、どんなタイミングにすればいいのか…は、少しわかってきた。
あんまり早くから連写すると、目の前に来た一番いい時には読み込み中で出遅れてしまうってことが…いまさらだけどわかった(苦笑。

16GBのSDXC入れていたけど、800枚に達する手前でメモリー切れ。

ニュータ19

ちょうどブルーが最後の演目、この時期ならではの演出、クリスマスツリーで侵入してくる時だった。
切ないよ、今教えるなよ(滝汗。
そんなもんかSDHC。
RAWも保存するようにしているからか?
小松の時は2000枚近く撮ったけどなぁ?
保蔵データの設定、あの時とは変えていたっけ?

まだまだ自分のカメラが良くわかっていないワタクシ。
今後も懲りずに写真は撮る。
ヤモリ兄さん&くうぴいちゃん、少しは目の保養になったすか。


往復ともでっかい車を転がしていたダンナ、お疲れさん。
新田原は…また行きたい(笑。
でも個人的に行って、南側から写真を撮るのが夢。


励みになります

雨には勝てない航空祭(築城基地…長文だよ)

12月に突入、今年も残り1ヶ月。
相変わらずブログ記事をツイート自動投下に丸投げ、サボり魔になっているあこちんッス。



昨日のワタクシ、ツイートにもあるように、築城基地の航空祭へ初見参。
同じ九州の中にあっても、築城基地ってところは隣県にありながら、我が家から行くにはちょいとばかり不便な土地。
高速使って行っても大回りになるし、山越えの国道を使ってショートカットで行くのと、所要時間があまり変わらない。
カーブが続く山道を越えて行くよりも、高速道路が走りやすいのは承知だが、通行料金が勿体ない〜っていう話になるばかりで、あちら方面へ行く際には、下道使って行くのがなんとなく常識。

山越えの国道=下道使っておよそ120km余り。
休憩入れても3時間弱ってところだろうか。
第一この山越えの国道、日田市に出るまでコンビニもないような、夜中は真っ暗な心細い山道である。
築城基地周辺の道路の渋滞がひどいとも聞き及び、ここの航空祭へ行くことにはそもそも消極的だったワタクシ。
確かに…渋滞はねぇ、それがあるから車はねぇ。
小松でもその様子は見ているもん。

ところが11月の勤務予定を見ていたら、普通ならば土日にはほとんど仕事が入っているシフトなのに、なぜかこの日曜日は、ポッカリと仕事が休みになっていた。

んー、行ってみちゃおうかな?
去年は築城基地航空祭の土曜日のブルーインパルス予行をニコ生で見ていて、少しだけど興味は湧いたのよねぇ。

天候が良ければ行ってみようか。
ひとりでそう考えていた。

臨時駐車場も用意されるけど、早々と満車になることが常である。
そして小松での経験からすると、そこと基地を結ぶシャトルバスってのも、相当な渋滞に巻き込まれる。
だから基地の間近まで自家用車で行くのは避けよう。

我が家からだと車で山越えの国道を未明に走り、中津駅にでも出て、始発前くらいだったら空きがありそうな駅前の駐車場に車を入れ、JR日豊本線で築城入りすればいいじゃないか。
築城基地はJRの駅から近く、歩いて行ける。
この駅でも帰りの時間帯には大混雑になるらしいが、今年のJR九州さんは去年(「空飛ぶ広報室」放映の影響で、各地の航空祭が絶賛大観衆)の阿鼻叫喚に懲りたのか、臨時列車を大増発なのである。
福岡・北九州方面から押し寄せる人々よりも、大分側から来る人々のほうが少なめの筈だ。
大増発の列車のお陰で、去年よりも利用客をさばけるのでは?

そんなことを考えて、
「天気さえ良ければ、私は一人でも行く」
と、そのつもりだった。

しかしですな、夜中の山越え道を考え、一人で行くのはちょっと心細くなってきた。
普段から休日を共に過ごすことが少ないので、こんな時でもあんまり一緒に行きたい相手じゃないけど、ダンナでもいいから同伴できないかと、そんなことも考えて、一応訪ねてみたところ、
「その日はダメ。
 土日で泊まりの出張」
却下された。

ダンナがダメか。
そっか。
出張ってことは、土曜日の夕食作らなくていいんだな、ラッキー♪


妹と話している時に、この話題を持ち出してみた。
最近は妹と、しばしば一緒に出掛けたりしている。
先週は佐賀の「かき焼き海道」へ、相方O嬢も伴って、3人で焼き牡蠣を食べに行ってきた。
元空自の子息を持つ妹なれど、機動飛行やブルーインパルスの演技が行われる航空祭には行ったことがない。
妹は興味を示し、一緒に行ってもいいよと言ってくれた。

妹と二人で航空祭へ繰り出す計画になってきた。



ところがだ。
ご存知のように、先週は阿蘇山が噴火活動活発化。
元々警戒レベル2が続いていたけれど、空港の発着に支障が出るような状況に及び、ダンナの仕事にも影響が。
「土日の出張、キャンセルになった」
とダンナは金曜日に伝えて来たのである。
観光業界の人であるダンナ、関東からのツアー客さんが来なくなっちゃったんだってさ―。
阿蘇噴火の影響、我が家にも波及。

えええ〜!
土曜日の夕食作らなきゃなの?
(それかよ自分、主婦なのに)
日曜日も何時に帰る事ができるかわかんないのに、ダンナのほうが先に帰宅するかもしれないの?
それとも日曜日は休みで家にいるのかい?
(,, ゚Д゚)メンドクセー
(重ね重ねそれかよ自分、主婦なのに)

まあ…災い転じて福とする手もあるな。
ダンナも航空祭に当初は少し興味示していたんだわ、運転交代要員として、築城にくっついてこないかなぁ?


結論から言うと、ダンナも築城へ同行。
運転要員としての提案を受諾してくれた。
妹の夫も一時は行きそうな気配になったのだが、仕事の都合で直前になり不参加。
私・妹・ダンナ、この3名で我が愛車バロンちゃんに乗り込み、事前に調べていた駅前の有料駐車場に空きがありますように…と祈りつつ、深夜2時に家を出て、一路JR中津駅へ向かう。

山越えのクネクネ国道は、何度か通っている道なのに、夜中のためにチョー運転しにくかった。
途中でうっすらと霧も出て視界悪し。
妹がトイレに立ち寄りたいと言い出したので、山の中にある中津江の道の駅に立ち寄ったけど、真っ暗で不気味だし、こんなところのトイレ、夜中に一人じゃ来られないよ!

バロンちゃんのカーナビは、日田市内ではバイパス使わせずに、事前にチェックしたグーグルマップのルート検索とは違う道を案内し、どんな事情かは知らないが、古い町並みが並ぶ豆田町等、市街地の中をクネクネと通過させる。
自己修正してルートを変えるのも面倒なので、ナビの言いなりに走るワタクシ。
このあたりの道を知っているダンナが、何故こっちを通るのかと、後部座席で呆れている。
疲れるわぁ、このドライブ(苦笑。

今回の計画は、中津駅前の駐車場が全滅状態だったら、イチかバチかで築城方面へ向かい、臨時駐車場へ挑戦する…というものだった。
我が家を出てから約2時間45分、無事到着した中津駅前の駐車場は、拍子抜けするほど空きがあった(笑。
また航空祭へ行く時はこの作戦でいいわ。

駐車場に入れた車の中で、弁当を食らいながら時間調整。
おにぎり作ってきたもんね♪
妹よ、おかずまで持ってきてくれてありがとう。
中津駅構内のトイレは大変よく手入れされており、気持ちよく使わせて頂けた。
ありがとう、駅の関係者の人。
昔は駅のトイレって言うとイメージがひどかったけどねぇ、今は違うね。

お弁当食べて仮眠。
でもメガシャキが効いて眠れないワタクシ(笑。
実は前夜、一睡もせずに家を出る時間を迎えている。

既に始発列車は出ているが、あんまり早く行っても、基地の前で開門待ちの列に並ばされるだけである。
車の中から見ていると、駐車場へ入ってきた車にも、そして駅前を歩く人にも、いかにも航空祭行き!なスタイルの人がぼちぼち増えてくる。
折りたたみの椅子とか、でっかいカメラバッグとか、そんなものを持っているからすぐわかる。

中津から築城までは、片道370円で約20分。
「私、電車に乗るのなんてどの位ぶりかしら???」
と妹。
我が家界隈で暮らしていると、電車に乗る機会がまずないからねぇ。
帰りの築城駅の混雑を考えて、切符は勿論往復購入。

7時頃に築城へ着けばいいやと踏んで中津駅から電車に乗る。
車内はガラガラ。
横に見える国道も、そんなに渋滞している雰囲気ではない。

しかし築城駅に着くと、結構な人出になっている。
徒歩の人々用のゲート前にある横断歩道では、一度の信号で渡りきれない人の列。
「みんな早くから来るんだねぇ…」
わしらもそうだけどな。

ゲート通過後、エプロン地区解放時間まで待たされる。
どんどん増えていく人の数。
我々の後ろに、どんだけ増えているんだろ。
ホントに早朝からすげーな、オイ。
初航空祭の妹も呆れていただろうな。
エプロンの解放、8時の予定が15分繰り上げ。
こんだけ溜まってきていりゃ、さもありなん。


そこからエプロンの最前列へダッシュする気持ちはない。
それよりも天気予報が怪しいので、休憩館になっている格納庫へ先に行き、休憩用の場所を確保することを意識する。
妹は股関節に難があり、余り長時間歩き回るのが得意ではない。
休憩は大事っす、休める場所を得たっす。
結果的にはこの作戦が、後々我々を大いに助けるのだった。

そう、天気予報。
前日の予報では、夕方になって降り出しそうな予報が出て、その後は昼から降るような予報になって来ていた。
我々には航空祭出陣を諦めるという考え方もあっただろうが、ここまで気分が盛り上がってきていたら、なかなか引っ込みつかないもん…。
実際家を出る時なんて、満点の星空だったんだよ。


オープニングフライトは、

築城1

築城基地所属のF-15とF-2、記念塗装機体。
青空なんだよ、この時は。

築城2

2機で何度もグルグルしてくれた。

築城3

シンプルだけどカッコイイ記念塗装。

築城4

今年は空自創設60周年なので、いずれも尾翼に60の数字。
F-2Aは高千穂の峰の「天の逆鉾」と、「神武東征神話の弓」に因んだエンブレムの第6飛行隊。

築城5

F-15Jは天狗さんエンブレムの第304飛行隊。
こちらは那覇基地への移転が計画されており、築城でこの部隊参加の航空祭は今年が最後か…と思って参戦を決めたワタクシ。

築城6

しかし来年の航空祭の時もいるとかいないとか…って噂が。
どっち???

築城7

見納めのつもりで撮影していたっす。




プログラムでは第8航空団F-2A×4機での模擬空対地射爆撃が09:15〜09:35に行われる。
オープニングを見た後で、一旦休憩場所へ移動。
だってエプロン前方って、人が多くて撮影しにくくてさ―。
それもですよ、前方なのに、エプロン地区では禁止されているレジャーシートに椅子とか、平気で使われているし。
(´・ω・`)=зガッカリっす。

セノ・ビーとか使って、立ち位置高くしている人も結構いた。
前方でのこれは、すっごく迷惑。
エプロン地区前方で、レジャーシートを広げるだけでなく、そこに脚立を立てて乗ろうとしているアホが、私の目の前にいた。
加えてこの連れが、三脚まで取り出して撮影始めたオヤジだっつーの。
脚立・三脚は禁止っす。
隣にいた男の人も、この三脚オヤジをチラチラ見て気にしていた様子だったけど、あたしゃ勇気を出してこの三脚馬鹿オヤジに言ったよ。
「三脚使って撮影禁止って、ご存知ないんですか」
プログラムのパンフ広げ、そこに書かれている文字を示してね。
「はぁ、そうなんですか、知りませんでした」
馬鹿じゃん、こいつ。
「一脚はいいんですかね?」
と言い出す。
「はぁ!?そこは常識の範囲でご判断なさったらどうですか。
 周囲の状況を見ればわかるでしょう」
誰か締め出して下さい、このオヤジ。

「どうするのかなぁと思ったんだけど」
って妹。
「やっぱり言ったね」
「言うわよ、あんなバカ」
「知らなかったって、放送でも言っているのにね」
「あんな奴来るな!」

そもそもさぁ、入り口で手荷物検査所まで設けているのにさ、なんだって脚立持参をスルーさせちゃうのよ。
持参している時点で、没収しちゃえばいいんだよ。
場所は設けているのに、全く受けなかったっすよ、手荷物検査。
みーんなその場所を静々と通過しているだけ。
カバンの中身まで見られるのかと思ったのに。


模擬空対地射爆撃開始。
エプロンの後方で見た。
もう前の方に行くのはヤメタ。

築城8

4機編隊が離陸して展開していくその先に、ちょうど野鳥の群れがいて、
「今、鳥がぶつからなかった!?」
って妹がびっくりな顔をして心配している。
いや、ぶつかっていないと思うけど…。

築城9

鳥さんの群れ、しばらく周囲を飛び回っていてハラハラさせた。
(写真右下は地上展示中のYS-11の尾翼)



築城10

迫力ありの模擬空対地射爆撃だった。
撮影しているのが勿体無くて、カメラは休ませ、多くは肉眼で楽しませてもらった。
この日一番のお気に入りプログラムだな―。
でもね…気になっていたんだ。
「あ…ヴェイパー引いている…」
って。
そんなに高速度で飛行していなくても出ていたヴェイパー。
空気中の湿度が高まっているってことだよね。

築城11

雲が増えて来ているんだわ…。
降り出さないで欲しいんだけどなぁ。




ちょっとフライトの間が開いたので、雨が降る前にエプロンの前方へ進み、ギャラリーの頭上にカメラを持ち上げて撮影しておこうかな。

築城12

エプロンへ戻っているF-15記念塗装機の向こうを、第8航空団混合編隊飛行へ向かうF-15が離陸。

築城13

F-2にも離陸機を絡めて撮りたかったが、ことごとく他人の頭に邪魔された〜。



築城14

新田原基地から見参の、第5航空団F-4EJ改の機動飛行。
望遠レンズを外して駐機機体を撮りに行った時なので、14-42mmのレンズ付けたままで撮っているため、小さくしか撮れていないっす。
無理して拡大した痕跡ありありの画像でごめん。

去年の青いケロヨン(知っている人は知っている)の機動飛行よりも高度があった感じ。
でも魅せてくれたよ、カッコ良かったよF-4爺さん!
最後にはハイレートクライムで、白い雲にポカッと穴を開けて消えていって、
「おお〜!!」
って会場の一同どよめき。


この後の第8航空団混合編隊飛行は、編隊の行き来に時間がかかるのでナニゲで間延び。
結局この編隊が着陸した頃合い、10時50分頃に最初の雨粒がポツリ。
ああ、来ちゃった…。


雷雨も予想されるので、午後からのプログラムは中止として、航空祭も13時で終了しますとのアナウンス。
13:25からの予定だったブルーインパルスのフライトがぁ〜!
妹にはこれこそ見せたかったのに!!

築城15

雨は降る降る、ブルーは濡れる。
飛ぶに飛べない悪天候。
ブルーが飛んでくれたならば、それがこの日一番お気に入りのものになっただろうに。


しかし去年の小松を思えば、この築城は思ったよりもエプロン内は空いていた感がある。
「隙間がたくさんあるよね」
「そうだな、小松はびっしりだったよな」
ダンナとの会話。
予報がイマイチな天候の事もあって、あんまり人出がなかったのかな?
え?人出は4万人とかって話なの?
そりゃ去年の小松の半分以下だわな。

休憩館で何度か休みながら観覧できた。
プログラムの間が開くと、座って休憩。
雨が降りだした後、ちょうど昼前時にこの格納庫内では基地の太鼓部と音楽部の演奏会。
これを見ながら昼食。
降りだした雨で一気に人々が避難してきていて、休憩館の格納庫内はごった返していたけれど、我々はこの降雨も想定に入れて休憩場所を朝のうちに確保していたため、しっかりと恩恵を受ける。
結構歩き回って、私も足が疲れたよ…。
休憩場所ありがとう。


帰る頃には本降り。
駅までの徒歩の人の列がすごく多い、そしてちっとも進まない動かない。
基地内から出る車も大渋滞。
そして基地前の道路も大渋滞。
雨の中、あんまりにも長い列になっていたので、人の列を避け、裏技使って駅まで出させてもらってしまった、許せ。
妹よ、立ち止まってイライラさせられるよりも、雨の中歩くことを選んだために、ちっとばかり道に迷って余計に歩かせゴメン。
でもあの行列の中にそのまま入っていたら、あの時間の電車には乗れなかったと思うよ。


帰りの電車は結構混んでいたけれど、首都圏の通勤電車の混みよう程ではない。
中止を知って、昼食など取らず、早く基地を出た人もいただろうしね。
しかしなぁ、去年よりも大増発の臨時列車を用意していたJR九州さん、午後の部の中止は気の毒でしたなぁ…。

中津駅前の駐車料金は600円で済んだ。
高くないよねこれならば。
パーク&ライド作戦成功っす。

予定よりも3時間近く早く帰ることになったので、明るいうちに自宅へ着ける。
しかし中津駅を出て1時間ほどで、運転手あこちんは徹夜のツケが…。
まずい、眠くなってきた…。

ダンナは眠くないというので、運転を代わってもらった。
後部座席で眠らせてもらい、1時間ほどで目が覚めたけど、結局そのままダンナが運転して帰宅。
バロンちゃんをこんなにも長時間(と言っても2時間半くらい?)ダンナに運転してもらったのは、たぶん初めてだと思う。
そもそも近年は彼と一緒に出かけることがほとんどないし、車で出かけたとしても近年では近距離ばかり。
100km超えるような同行は、ホントに近年ないなぁ。
去年秋の小松行きの際、福岡空港へ行ったけれど、100kmあるかないかだし、あの時は往復とも私が運転したもん。



そんな訳で築城基地初遠征弾丸ツアー。
午後中止のハプニングはあったけれど、行ったことに後悔はしていない。

ちょうど1週間後には、宮崎の新田原基地航空祭。
今のところお天気はまずまずっぽいけれど、寒波到来とかって話だわ。
ダンナは仕事でこちらへ行くことになっている。
「バス乗る?」
って去年も今年も聞かれたよなー、ダンナに。
あっはっは。


妹が、
「ダンナも連れて来てあげたかったわ。
 あの人もこういうの好きだから…」
と言っていた。
新田原があるぞキミたち。
バス乗る?(笑)




休みだった本日、オイル交換に出かけたついでに、寒波到来の予報を聞き、例年よりも早いけれどスタッドレスタイヤに履き替えた。
バロンちゃんは冬だって負けない、どこにでも行く。


励みになります

ゴエモン基地航空祭本番

おはようです。
今朝も金沢駅前のホテルの一室。
昨夜は疲れでバタンキュー。
早朝から最終便まで見届けてのゴエモン基地ツアーは長かった。
でも大満足!
堪能したっす。


予報を心配していたけれど、昼休みにパラっと小雨が通過した程度にて、イベント内容にはまったく支障なかったー。


F15の展示飛行は迫力あるっす。

航空祭4

曇天でちょっと写真としては苦しいけれど、

航空祭3

機動力のすごさを見せてもらい、

航空祭2

アフターバーナーもこの目で見届け、

航空祭1

団体演技(?)も楽しめたー。



機動力あり過ぎで写真も撮らずに見惚れていたけど、F2の失速ギリギリ急上昇演技はすごかったー。




航空祭5

ブルーインパルスも曇り空の中。
しかし雲の高さの影響を受けず、一区分全部やってくれたという素敵な演技。

航空祭6

立体感のあるスモーク展開、この目で2日も見られて幸せじゃー。



航空祭の人出は122,000人だったそうな。



こうした展示飛行もさることながら、航空祭後に勤務へと向かったゴエモンの、仕事ぶり=交信をリアルタイムで聞けた。
感動っす、親として航空マニアとして、不思議な気持ちになるっす。


まだ書き足りないところだが、チェックアウト準備が出いていないので、走り書きのみにてご容赦。



今日は金沢見物をして帰るんじゃー。
取り敢えず台風の影響を受けずに帰れそうだ。



励みになります

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

初遠征で初ブルー!

おはよ~でござんす。
金沢駅前のホテルの一室からお届けです。

遂にゴエモン基地へ乗り込みっす。
初北陸は青空で我々をお迎えしてくれた。
基地のエプロンにはブルーインパルスの期待が整然と並んでいて、ワクワク感が高まる!


あんまり詳しいことは大人の事情で書けないけれど、ブルーの前日予行は午前中だけになったとの情報を前日に得た。
空港ターミナルまでお迎えに来てくれたゴエモンが、
「順光で撮影できるポイントへ行こう」
と我々を24エンドへ連行。
既に大勢のファンが待っていたその場所で、カメラを取り出して待つ。



下手な鉄砲も数打ちゃ当たる作戦、行きまっせー!!

ブルー1

順光の青空!

ブルー2

ブルー、かっけー!!!

ブルー3

買っておいて良かったズームレンズ。

ブルー4

思えば私は今回が初リアルブルー。

ブルー5

感動したのは言うまでもない。

ブルー6

青い空に白いスモークが映えまくる。

ブルー7

こちらの画像だけはスマホから。
展開が広すぎてミラーレス&ズームではおさまりきれない。




本番当日の今日は天気予報が良くないので、この様に青空の背景は望めそうにない。
良かった、いや実に良かった前日予行。



ゴエモンに基地を案内してもらい、管制塔見学もし、美味いもんも案内してもらったけど、その様子などはTwitterおまとめの方で見てちょ。
遠征前の2日間で3時間程度しか寝ていなかったから、昨夜はホテルの部屋に入って間もなく爆睡しちゃった。
予行の模様だけ取り急ぎアップし、この後いざ雨予報の本番へ!


ではまたご報告は今宵。



励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

訓練の賜物 訓練の落し物

熊本地方を震源とし、その震源地近くでは震度5強を観測したあの夜。
23時33分の地震発生から数時間、つまりその夜はかなり遅くと言うか未明まで、私はやることを残していたので起きていた。

地震が発生してからしばらく後、気がつくと何度も上空で航空機が飛行する音が聞こえていた。
ジェット機の音あり、プロペラ機の音あり、ヘリの音あり。

我が家はちょうど航空路の下にあり、西から東へ向かう高高度の機体が通過する。
そして佐賀空港へのアプローチコースの近くにもなっており、深夜でも貨物機が上空を飛行するのでそれには慣れていて、深夜1時過ぎに東から西へ低高度で向かって行く機体は、佐賀へ向かうそれだと言うことを知っている。

だがこの夜は違った。
定期便よりも高度が低く、定期便の時間ではない上に、そのコースとは違う南北に飛んだりしているようだし、それに繰り返して飛行している様子だった。



地震による被害でも出ていて、取材の機体が飛んでいるのかな?
それとも被害が出ていないか、自衛隊などがその調査のための飛行をしているものなのかな?

「あ、そうだわ、航空無線を聞けばいいんだわ」
気づいてIC-RX7のスイッチを入れたときはかなり遅く、もうほとんど定期便ではなさそうな高度の我が家上空フライトも無かったし、それらしい交信も聞こえて来なかった。
何のために受信機を持っているんだか、アホやん私。



今朝届いた朝刊を見ていたら、この事に関する記事が出ていた。
未明の飛行を不審に思った市民から、110番通報が相次いだというのである(苦笑。
   その程度で110番するなよ~!

記事の内容を要約すると、空自新田原基地(宮崎県)から、地震の被害調査と確認のために、F4戦闘機が2機、U-125救難捜索機が1機、0時6分に離陸し、震源地があった菊池市上空を中心に巡回し、それぞれ1時13分と同45分に帰還したそうだ。
自治体などから要請がある前にフライトした形になるようだが、独自に被害調査を行う基準については「公表していない」としている。
この他、県や陸自のヘリ計3機も情報収集のために夜間飛行したとのことだ。
こちらのほうは、熊本空港から離陸(陸自高遊原航空隊が空港に隣接)していると思われる。


私も「あれ?」と思い続けていたフライトは、この機体のことだったんだ。


結果的にこの地震では火災や崖崩れなども発生せず、人的被害というような被害は出なかった。
「おや~?」
と思いながら深夜の飛行音を聞いていたけれど、そんな時間帯でも臨機応変に出動できるのは、日頃からの訓練や備えの賜だと感じながらこの記事を読んでいたのである。





そんな今朝、そろそろ仕事に行く時間だー…と思いつつ、10時のNHKニュースを見ていたら、
「石川県能美市に、航空機から部品落下」
のニュースが流れて、
「えええええっ!?」
こりゃ間違いなく小松基地所属の機体だろ!?と思っていたら、やっぱりそうだったねぇ。

あーあ・・・


あーあ、やっちゃいましたな…。
訓練の賜だと書いた直後に、訓練の落し物のことを書かなきゃならぬ。



小松基地では10/30(日)に、基地創設50周年記念航空祭を予定。
F-15の展示飛行は当然予定されている訳で…。

この事故の影響で、F-15の訓練飛行は当分中止だよねー。
航空祭どころじゃないね。

さらにニュースが更新されて続けているのだが、
・管制官が「機体から煙が上がったのを見た」と話している
なんて話もあり、もしもゴエモン氏がタワーにいたら、あの胴体着陸事案同様、騒然たる現場に居合わせたかも知れない。

さらにこの機体、10/16(日)の航空観閲式(百里)に参加予定だったので、その訓練中だったんですと!

そのことも懸念していた。
こりゃ間違いなく、観閲式での展示飛行にも影響が出るだろうなーって。

事故機は茨城県小美玉市の百里基地で16日に開かれる航空観閲式の予行演習のため、長距離飛行できるよう機外にタンクを増設していた。
一川保夫防衛相は、事故原因が判明するまでF15の訓練を見合わせるよう指示したほか、観閲式にも参加させない方針。

(毎日jp)


観閲式参加あぼーん。
多くの航空ファンががっかりしているどー。



機体整備関係者そして搭乗員、異変に気づいていなかったから飛行させたんだろうけれど、事故原因究明までは辛い日々だろうなぁ。


秋は各地で航空祭が行われるシーズンでもある。
小松以外の部隊でもF-15の晴れ姿が見られなくなるかも…の懸念が、某巨大掲示板ではガクブルで語られているのだった。
だって熱心なファンは、この航空祭への遠征のために、空路や鉄道のチケットそして宿を予約し、早くから楽しみにしていたのだもの。



こうした事故が起きてしまうと、空自は加害者側になる。
いつかどこかで気づいていれば、きっと防げた事故なのだろうと思う。
だが誰よりも辛いのは、機体を信頼して飛んでいた現場の面々なのだと思うと、私は切なーい気持ちになってしまうのだった。




励みになります

テーマ : (´-ω-)
ジャンル : 日記

エマージェンシー

昼休みを終えて、まだ午後の仕事が忙しくなる前のこと。

ちょっとヒマだったから、私は携帯を取り出して、ニュースサイトをチェックした。



な、なっ、なにぃ~!?





驚いたぁ。

fi5




ゴエモンは昨3日に、入間でのあれこれを終えて原隊へ戻っていた。
今日は何をしているんだろう。
もう仕事に復帰しているんだろうか。
このエマージェンシーの瞬間、彼は管制塔にいたんだろうか。


気になる、すっごく気になるよ。




夜にでも電話してねとメールを送った。



傷の消毒処置で通院中の医院でこのニュースを見たダンナも、
「ニュース知っている?」
って私へメールして来ていた。

あたしゃテレビは見ておらぬ。




日暮れて後、仕事を終えたゴエモンが電話をくれた。


その瞬間、彼は管制塔にいた。




しかしちょうどコーヒーカップなどを洗いに行っており、管制塔にいることはいたが、交信を担当している時間ではなかった。





急に管制室の中から騒ぎ声が聞こえ、何事かと戻ってみたところ、
「ちょうど機体が滑走路を塞ぐように止まっていて、
 煙が低く立ち込めているところだった。
 止まっちゃった直後、そこを見たって感じだった」
との事であった。

その後は管制塔の中も外も緊急事態発生で大騒ぎ。
「うわぁ…、来たぁ…と思っちゃったよ」

新人ATCゴエモン、こんなにも早くエマーに遭遇。
肝を冷やしたねー。


ゴエモンが管制業務をしている時じゃなかったと知り、思わず安堵の親心。



1機125憶円とかのF-15だけど、海に沈めて全損って事にはならなかったし、人身事故ではなかったとのこと。
16時頃まで滑走路が閉鎖になって、民間機の発着にかなりの影響が出たけれど、大事故にならなくてその点では本当に良かったよね。



報道にもあるように、F-15は先月から千歳と築城で、部品落下事案が続いていた。
ちょっと心配ね。
築城基地航空祭での尾翼落下事故を受け、点検して安全確認が済むまでは、F-15の飛行を見合わせていた。
12/1に飛行再開されたばかりだったのに。


明後日の日曜日(12/6)、新田原基地(宮崎県)では航空祭が開かれる。
F-15のフライトも予定されているんだけど、この事故の影響でF-15は当分の間飛ばないかも。




さて、また週末がやって来る。
なんだかこのところ、忙しくなる周期が早いなぁ…。


  本日のBGM In a jam/TBS系ドラマ 日曜劇場「GOODLUCK!!」オリジナル・サントラ



励みになります

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

早春

今日はかなりのポカポカ陽気で、桜の開花が一気に進んだであろうと思わせる。
仕事帰りに信号待ちをしていると、国道沿いにもこのように、

金堀の桜

良い感じで枝を張り出した桜が、ね。

日ごと日ごとに進む春ですなぁ。



最近このブログへ飛んで来られる検索キーワードの傾向は、「icom IC-RX7」が増加。
あんまり参考になる事は書いていないんだけどねぇ。(__;)
失望させてゴメンよ。

それとこの数日で増加したのが、「防府南 入隊式」なんていう関連。
春から入隊する方がご覧になるのだろうか?
もうあれからやがて1年が経つんだねぇ。

高校を卒業してすぐの人だけでなく、専門学校卒業や短大4年生大学卒業の人も、同じ立場で迎える入隊式。
社会人を経験してから入隊する人も少なくない。
ゴエモンの班は12名のうち、半数が18歳で入隊組だが、残りはそれ以上24歳(だっけ?)と幅があった。
同期生全体を見ても、それに似た比率だったであろう。

「入隊式に親が来るのなんて恥ずかしいやい!」と思う人もいるみたいだけど、親御さんが入隊に賛成しているか反対しているかにもよるだろうが、ご家族が入隊式に参列するのは、悪い事じゃないと思うよ。
家ではジャージ姿&ボサボサの髪で、だらだらと惰眠をむさぼっていた彼らが、短髪に切り揃えられ、制服姿で整然と行進していく姿を見ると、
「着隊から1週間(或いは10日前後)で、こんなに見違えるほどの統率が!」
なんて思えるし。
制服姿が七五三みたいでも、やっぱり制服って頼もしく見えて、「見違えちゃう~」って言う気持ちになる。
どんなところで、どんな姿をして、これから3か月強の間の訓練をして行くのか、家族が見届けるのは良い事だと思う。
5月下旬の開庁記念日も含め、身内の皆さんには「教育隊へ行こう!」と声を掛けたい。

入隊前に不安を抱えている人も多い筈。
ゴエモンの同期の場合、途中で辞めちゃった人は、私が想像していたよりもかな~り少なかった。
入って早々、現実に直面して辞めていく人は、警察学校でも見て来た私。
自衛隊の入隊直後では、もっと挫折組が多いんじゃないかと思ったけど、それほどでもなかったという印象。
あれだけ規則や時間に縛られた中での団体生活だから、核家族やプライバシーを重んじる暮らしからガラリと変化する毎日を送るようになるのは、抵抗を感じる人もかなりいるだろう。
だけど大部分の人が「続けられる」生活なのだから、仲間と支え合いながら、かつ自分を強く持って毎日を送って行く事は、そう高い壁ではないと思う。
つーか、あれが乗り越えられないようでは、その後の自衛隊生活は無理だろうし、逆の意味では、あれが乗り越えられる人々は、その先はかなりの苦難が乗り越えられるようになるだろう。

ま、入隊を控えている皆さん方は、あんまり不安を抱かず、そして持っていく荷物は最低限にしておき(行った先で色々と購入出来る)、希望を胸に基地のゲートをくぐってね。
体力は付けておいた方が良いに越した事はない。
ジョギングくらいは日課にしておくと良い。
土日に外出が出来るようになるのは、3週間ぐらい先になると思うけどね。
それからちょっとしたら、ゴールデンウィークで、10日間近く里帰り出来るよ。

ゴエモン、何か言っておく事ある?



玄関先で、クリスマスローズが咲いている。
クリスマスには全然関係ない時期に咲くのに、何故にこの名前?と思うよね。

クリスマスローズ

本来クリスマスローズとは、クリスマスの頃に咲く原種の「ノイガー」を指す。
2~3月に咲くオリエンタリスは、キリスト教の四旬節(レント)の頃に咲くので「レンテンローズ」と呼ばれる。
日本では一般的に、まとめてクリスマスローズと呼ばれている。
※レント:イースター前の40日間。
イースターとは、春分の日以降、最初の満月の直後の日曜日。
キリストの復活を祝う日だが、春の訪れを喜ぶ日でもある。


…と言うことらしい。

4年ほど前に、仕事でお世話になっていたおばあちゃんに頂いたこのクリスマスローズ。
「増え過ぎちゃって、庭の一角に放置しているから、株が弱って来たみたいだけど…」
とおっしゃっていたのを、少し引き取って来た。
鉢植えにして、特に何もせずにいるだけだが、今年はかなりの花を咲かせている。
確か去年は全然咲かなかったよ。
あのおばあちゃん、今はどうしているかなぁ。

元々強い性質を持っていれば、地味な日々を重ねていても、こうしてひょっこりと花を咲かせる日が来る。
人間だって似たようなもんだな、うん。
それが判っていても、私もしょっちゅうクサクサしているけどね(苦笑。

ってことで、春から新生活を控えている皆さんも、コツコツとした積み重ねを大事にして、頑張りすぎない程度に頑張りましょうや。

  本日のBGM やんちゃ道/ ジェロ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

CALENDER
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR