真鯛はお休み中の模様で…。

釣り好きである。
その釣り好きが高じて、天草の釣り船のWEBサイトの管理人をしていることは、以前からお伝えしている通り。

「釣れていますよー」
船頭さんから釣果の画像や情報が伝わってくる。
天草の海は真鯛釣りシーズン真っ盛り。
大物も釣れていてウラヤマス!
そして船頭さんは必ず、
「釣りに来てください」
と誘ってくださる。

今の時期の真鯛釣りを逃す手はない。
月曜日と火曜日が連休だったワタクシ。
月曜日が休みになっているO嬢へ、
「ねえ、明日釣りに行かない?」
と声を掛けた日曜日。
「嫌よぉ!」
そらぁ急に振っても無理だってのは承知。
一日だけの休み程度じゃ、睡眠不足になる釣行に彼女が付き合う筈など無い。

職場の若い衆にも尋ねてみたが、皆さんご都合が合わなかった。


一人で行くも~ん!

火曜日の朝4時に家を出て、高速使って1時間45分ほど。
出港時=6時の港は、まだ日の出前である。

釣り1

曇っていたけど波は静かだ。
朝方少し冷え込んでいたので、ヒートテックを下に着込んで来た。
日が出てきたらちょっとこれではヌクヌク過ぎた(苦笑。


昨日までは本当に釣れていたんだって。
でもこの日は、
「今シーズン一番の不調〜」
と船頭さんの息子さんがおっしゃるくらい、真鯛のアタリが来なかった。
   休暇中の船頭さんの息子さんもご一緒。
   普段はタンカーの船乗りさんで、数ヶ月間も海に出ている。

しかし素人の私には、外道だって釣れれば面白い。
家で土産を待っているダンナなんか、刺身が食えれば何だって喜ぶ。

本日の釣り魚図鑑。

釣り2

22cmのカワハギ。
これだけあると刺身が取れる!

釣り3

図鑑的にはたぶんアオハタ。
出荷量は少ないがクエの仲間で高値にて取引されるそうだ。

帰港後に、
「高かとバイ、これは」
と言いながら船頭さんが血抜きしていた。
ふふふ・・・、良い物釣った〜。
( ̄ー ̄)ニヤリ

これは28cmで、私は3匹釣った。
いや、釣ったのは船上で私だけ(笑。
一番大きいのは34.5cmあった。

「何にしても美味い魚ですよ」
と息子さんが言う。
「真鯛よりも今日はこっちのほうがいい魚だったかも〜」
だって!
じゃあ刺身にしてみよう。

釣り8

エサ取りで困るのはフグ。
鋭い歯を持つので、仕掛けを切ってしまうことがあるからだ。
針を外そうと捕まえたら、怒って腹を膨らませ、
「キュ〜〜〜〜」
と鳴いた。

このフグはサバフグの仲間で、無毒のものだとのこと。
皮を剥ぎ内蔵を取り除いた上で、頂いて来た。
鍋物にして食べちゃったよ、美味しかったよ、ダンナ大喜びだよ。


釣り6

触ると硬いのでサンゴの仲間だよなぁ。
冬場には雪が舞うこともあるこの海でも、こうしたサンゴ類が生きているんだなぁ。

え?
そうですよ、釣ったんですけど…何か?
長径約7cm。

・・・真鯛釣りに根がかりは付き物なのさ!
ネガティブに考えていたらダメダメ。
仕掛けが切れずにこれが上がってきたんだから、プラスに考えようよ〜。
なんでも楽しく感じるのがレジャーではないか!



釣り4

諦めかけていた真鯛に会えた!
お一人様塩焼きサイズだが、今日みたいな調子の中で、贅沢は言っていられない。

と思ったら、確実に違う手応えあり!



釣り5

1kgものでーぃ!
これならば刺身がしっかり取れるー!!


釣り7

船頭さんたちがチヌやカサゴを釣り上げていた。
帰港後これらをお土産いいただき、少ない釣果ながらも素人釣り師あこちんはニコニコで帰宅。

釣り10

だって「今日イチ」は私の真鯛だったのだから…。


フグを入れた鍋、本当に美味しかった。
鍋物なんて久々だったので、ダンナが特に喜んでいた。

そして、

釣り11

この盛り合わせは贅沢だろー。
アオハタは歯ごたえアリで美味いとのこと。
全部の魚をさばき、あら煮まで仕込んでおくのに約2時間もかかり、私は鍋を頬張るだけで精一杯。
刺身はダンナに任せ、私は一切れも食べていない。
釣ってきた日ってこんなもんよ…。



貴重な魚は冷凍にもして、ゴエモン帰省に備えたぞい。
帰省したらまた釣りに行こう、な!


釣行の御礼の釣り船サイトの更新も完了。
釣りに行った日は、帰宅後がとにかく忙しいのだった…。


励みになります

テーマ : (´ε`;)ウーン…
ジャンル : 日記

マダコの味は最高ですじゃ!

朝の4時前に家を出て、

釣り1

日の出時刻の上天草市大矢野、野釜島に到着する。
いつもの船頭さんに船を出して頂き、有明海へいざ出陣なのじゃ!

山の方では雨が降っている。

釣り2

朝日を浴びてこれもまた何とも言えぬ風景。


本日の獲物はマダコ。
真鯛も釣れているそうなのだが、ゴエモンが、
「まだマダコ釣りに行ったことがないんだよね」
と言うので、船頭さんにお願いした。
大潮なのでマダコ釣りにはイマイチ向かない潮回り。
果たして釣れるのか?


釣り3

マダコ釣りの餌はマダコの足。
仕掛けを底に這わせながら、微妙な当たりを探る。



船頭さんは流石だなぁ。
次々上げるんだよなぁ。
「ゴエモン、頑張ろうぜ、マダコは居るぞ!」
彼を励まし、そして自らをも励ますワタクシ。


釣り4

キタ――(゚∀゚)――!!
念願のマダコがゴエモンに!

釣り5

満面の笑みでござる。
これで今夜の我が家の食材は確保できたぞよ!


ゴエモンが釣り上げる間に、船頭さんが釣り上げる。

釣り6

ポンと放られた船頭さんマダコと、自分が釣ったマダコ、合わせて2匹を捕まえようとして、苦戦するゴエモン。



しかし海はいいよなー。

釣り7

湯島が見えて、雲仙普賢岳が見えて、波は静かでゆらゆらして居るだけで、

釣り8

時々見える飛行機雲が爽やかで・・・。
「来て良かった」
ゴエモンはそう言ってくれている。


釣り9

下げ潮になったので、早めの帰港となる。
それでも船頭さんの頑張りのお陰で、かなりの数のマダコが上がった。

釣り10

ゴエモンも1kg以上のマダコを釣り上げてくれた。
ご満足でありましょうぞ。




釣り11

我が家だけで食べるには、やや多いほどのマダコを貰って帰る。
往復ともゴエモンの運転で、オカンは楽をさせてもらった。
「眠いの大丈夫?」
って何度も聞いたけど、
「大丈夫!」
って。
頼もしい我が子。


3時半頃起きて釣りに行ったのに、帰宅後一休みした後、
「あー、走らなきゃイカン!」
とか言い出して、夕方には家の近所を5kmほど走って来たゴエモン。
これまでも帰省時にもよく走っているので、よくあることだとは思ったけれど、こんな日にも走るなんてさ、やっぱりあんたフツーじゃないよ!と思ったら、
「実はさぁ、9月9日にハーフマラソン走るんだよね」
「えっ!?」
金沢城下町ハーフマラソン2012に、エントリーしたの。
 先輩に誘われてさー、乗っちゃった。
 向こうじゃ普通に、いつも10kmくらい走っているよ」

マジですか!
アンタ、富士山に登ったり、ハーフマラソンに挑んだり、なんでそんなに過酷なことが好きなのさ(笑。

走るの苦手じゃないのは知っていたけれど、そこまでやるのか!とオカンは正直呆れた。
いや、呆れたと言うよりも、感心したというか、何とも言えねぇ!


高低差が100mと厳しいコースのようだ。
時間制限もハードルが高い。
完走できるのかねぇ、大丈夫かねぇ。




我が息子ながら良くやるわい。
オカンはキミの完走を願っている。
タイムなんてどうでもいいけど、カットされないように頑張れよ。



マダコを肴にして、旨い酒を飲みました。
私の夏休みは明日まででござる。
その明日の記事を書こうとしていたが、時間切れになったのでまた後でー。


励みになります


テーマ : (^ω^)にゅーん
ジャンル : 日記

北風小僧の寒太郎

いやー、寒かった!!

釣り1

真鯛を狙っていつもの船頭さんの船に乗り、

釣り4

湯島沖に出たのだけれど、北風が強くてもーガクブル。
暖かい服装で出てきたつもりだったが、それでも体の芯まで冷え込んでしまう。
ゴエモンが着用しているのは、私が若い頃使っていたスキー用のピステで、風には結構強いウエアの筈なんだけど、それでも風が体の中へ染み込んで来るって。


これで当たりが活発だったら良かったが、
「年末までは結構釣れていたんだけど、
 このところの冷え込みでサッパリ・・・」
という状況になっているそうで、とにかく寒いばかりで全然釣れないよー!!



釣り2

やっとゴエモンがカサゴを釣り上げた。


船頭さんにも当たりが余り来なくて、本当に寂しい釣果になった。
私が釣り上げた30cm超のイラが一番大きいものだった。

釣り3

船はかなり出ている方だったが、どの船も釣れていないと言っていた。
おまけに風に加えて画像でもわかるように波もそこそこあり、潮の流れも早いしキビシイ釣りになったのさー。
酔い止めの薬を飲んでいなければ、船に弱いゴエモンはへばっていたに違いない。




冷え込みで体力をかなり消耗したのだろうと思う。
帰宅途中で私もゴエモンも睡魔に襲われ、道の駅に車を止めて1時間近く眠った。
さらに帰宅後も二人で死んだように眠った。



魚は極めて少なかったが、船頭さんから緋扇貝を頂いてしまった。
年末のお歳暮に続いてまた・・・。
なんだか気の毒だなぁ。





夏にゴエモンが帰省するときには、良い釣りができますように。
冬のリベンジは夏に持ち越しだ。





励みになります

テーマ : (´Д`;)
ジャンル : 日記

ワクワク

釣りに行く前夜は、早起きに備えて早く寝なければならぬ。
だがいつもダラダラと夜を過ごしてしまう悪い癖があり、それに加えて釣りへ行くことでワクワクしちゃうのとがあって、結局あんまり早く眠れないんだなー。


でも寝なきゃ。
明日は4時起きだ。
5時前に家を出なくちゃ。



今では夏と冬、年2回だけの機会になったゴエモンとの釣り。
予報では寒そうなんだけど、釣れるかなー。
釣れるといいなー。



励みになります

テーマ : .+.(♥´ω`♥)゜+.゜
ジャンル : 日記

海老で鯛を釣って来た

釣りに行く朝は、超がつくほど早起きになるのだ。
いつもお世話になっている船頭さん(釣り船WEBサイト管理人=私)の船が停泊している上天草市の港まで、我が家から高速道路を使って未明の道路を疾走しても1時間50分近くかかる。
今の時期は夜明けが遅いので、6時半に港へ来てくださいと言われ、4時半に家を出た。
早起きしなくちゃいけないとわかっているのに、結局2時間程度しか眠れずに出掛けることになってしまった。
家から一番近いコンビニに立ち寄り、眠気を追い払うドリンク剤を購入してゴクリ、美味しくなーい(悲。


前の職場のお客さんで釣り好きなヨシカワさんは、この船の常連さんになってくださった。
先週あたり釣りに来ていたらしい。
しかしその時はサッパリ釣れなかったんだって。
「来週彼女が来ますよ、その時にまたどうですか」
と船頭さんが声を掛けていたそうだ。
私の知らない間に、一緒に釣りに行く予定になっていたらしい(苦笑。


まだ暗い6時半に出港。
11月最後の日は「変な気候ですね」と言うほど温かで、釣りをする側としては好都合だった。
波も比較的穏やかなほうで、上天草の野釜港を出た船は疾走し、湯島と鬼池の中間よりもさらに鬼池に近いポイントへ。

第一投目から当たりがゴツゴツと来たけれど、残念ながらそれは途中でバレた。
釣るぞ釣るぞ、今日は釣れるはずだぞ!


釣り6

実績があり人気の高いポイントなので、多くの釣り船が出ている。
右奥に見えるのは雲仙普賢岳。

この船で船頭さんが用意してくれる真鯛釣りの仕掛けは、

釣り2

手釣り用のテンヤ仕掛け。
針2本にそれぞれ生きエビの餌をつける。
その餌となるのが、

釣り3

本日はカブトエビ。
この仕掛と餌で、水深45メートル付近のポイントを釣る。

お。
小さめだけど真鯛の引きが来た♪

釣り1

マジで小さめ(苦笑。


ヨシカワさんが、
「これはデカイぞ!」
と糸を手繰っている。

釣り4

来ましたか、ついに来ましたか!!
船頭さんも気にかかるのか様子を見に来ている。

釣り7

「ありゃー!」
「あああー!」
魚の色が違う(爆。

釣り5

46.5cm、1.7kgのイラだったー。
苦笑いしながらも、その大きさに少し嬉しそう。
イラとしては大きい方だわ。
皮をつけたまま湯引きにして、すぐに氷で締めて、水気を拭きとって切り、これをポン酢で食べると美味しいのだ。






釣り8

船頭さんがコロダイを釣り上げた。
56cm、1.8kgとなかなかの良型。

そして船頭さんには、

釣り9

大物真鯛も続けてヒット。

釣り10

本日釣り上げた大物真鯛は、3kg、2kg、1.5kg、1kgが来ていた。
釣り客である我々二人は、本日は船頭さんのご招待扱いで無料乗船しているので(二人揃って船頭さんへ焼酎のお土産を持参していたが)、
「燃料代に…ヨカですかぁ?」
との船頭さんの申し出に、
「どうぞどうぞ!」
と答え、これら大物は生きたまま船頭さんが漁協へ出す事になった。


私にも「確実に2kgクラス!」な引きが来ていた。
しかし慎重に半分以上糸を手繰ったあたりで、急に軽くなってしまった。
バレた・・・。
いや、錘もついていない感じだ。
手繰り終えて先を見ると、ハリスが途中で切れており、その周囲は擦れてザラついている。
嗚呼、根がかりが何度か会ったので、そうした時にハリスが傷んでいたのだろう。
逃した魚は本当に大きかった。
かなりショックを受ける。



青物の回遊に当たったようで、

釣り11

お二人がほぼ同時に、50cmのハマチを1匹ずつ釣り上げた。
撮影班に回っていたワタクシ、その回遊層を見事に逃す(無念!



昼が近くなり潮の動きが鈍くなったので、湯島付近へポイント移動。

釣り13

湯島の西海上、メッチャ賑わっております。

釣り12

そこそこの型の真鯛を釣っているので楽しんでいるワタクシ。
本日の釣りはお昼で終了なり~。




釣り14

船頭さんが漁協へ出す予定の大物真鯛は生簀の中。
船頭さんが釣ったハマチも、
「孫の大好物なので…」
とのことで生簀の中。良型のコロダイとそれを少し下回るサイズのコショウダイは、船頭さんが釣り上げたもの。
これと中型のイラは、全部私にくださった。


帰宅後には魚をさばくのが大変である。
睡眠不足の影響なく、一度も眠気を感じないで帰宅まで漕ぎ着けたが、家に入ると気が抜ける。
夕食準備まで少しだけ眠らせてもらい、大きな魚とその後格闘。
O嬢にもお土産として魚をお裾分けし、ガラカブ(カサゴ)は職場の人に譲渡。
それでも残りの魚を一人で片付けるのは、やっぱり大変なのよね~。


良型コロダイはゴエモンが帰省した時に備え、3枚におろして身を冷凍保存。
我が家には大量のあら炊きと、あらの味噌汁が出来上がった次第。
今宵はコショウダイの刺身とイラの霜作りのポン酢仕立てで晩酌のダンナ。
全然釣りには行かないくせに、生物が大好きなので、
「うまい!」
を連発していた。



天気も良く、そして楽しかったが、睡眠不足の影響でさすがに疲れた。
激しく眠くて夜はさっさと寝た。
その後数日間、この疲れが残ることもまだ知らずに…。




励みになります


テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

キャンセルなのだ

楽しみにしていた真鯛釣りのスケジュールが入っている本日♪
何日も前から、早くこの日が来ないかな~と思っていた。
ミラクル伝説(予定)の人による、私の休暇急遽変更という不運もあったが、良い釣果が出ている間に、私もなんとか出かけられそうだ。



ところが天気予報を見て、数日前から心配になり、そして私は昨日の夕方には諦めた。
天気予報でハッキリわかる。
私だって天気図を見れば理解できる。
26日の海上は風と波が厳しすぎる。


夕焼け1


素敵な夕焼けが広がっているのになー。
明日は晴れるんだろう。
そう思いながら船頭さんへ電話を入れた。

船頭さんもやはり風と波のことを心配しておられ、
「厳しそうですが・・・明日の朝に判断しましょうか?」
とおっしゃったが、回復の見込みはないと思われたので、だったらわざわざ暗いうちに超早起きしなくてもいいよ…と観念していた私は、もうこの電話でキャンセルを決めた。



夕焼け2


綺麗な夕焼けなのに・・・。




釣りの予定が消えちゃった。
あいつに振り回されたお陰で公休日が変更され、楽しみにしていた釣りがなくなってしまった。
25日の朝方はいい釣りができていたんだって。
2kg~1.3kgの真鯛が6匹上がったって。
でも風と波が強くなり、午前10時頃切り上げたんだって。
船頭さんがそう教えてくださって残念がっていた。
昨日までは海に出られたのに、今日はもうダメー。
あーあ、ツマンネー!


次回行けるのはいつのことだろう(遠い目)





ずっと家にいて、庭へちょっと出たくらい。
本日お目にかかった人は、ダスキンの担当さんとうちのダンナだけ。
しょーもない休日・・・。




励みになります

テーマ : ・゚・(ノД`;)・゚・ウわああ!!
ジャンル : 日記

予定変更

私の次の仕事の休みは15日(土)で、先日記事に書いた真鯛釣りの予定はそこに入っていた。
しかし本日船頭さんから電話があり、その日はお客さんが入ったとのこと。
「どうぞどうぞ、お客さん優先で結構ですから~」
そうお伝えして、私の15日の予定は消えた。

そもそも私は、この釣り船のWEBサイト管理をしている立場で、船頭さんからお礼の代わりとして時々船に乗せてもらっている。
その時に船頭さんは私からお金を取ろうとなさらない。
WEBサイトの管理代の代わりといっても、燃料代を考えたりすると気の毒なので、時々おみやげを持って行ったりするし、盆暮れには贈答品を送っている。


遊漁船を生業としている船頭さんなので、お客さんが来てくださったほうが収入がある。
釣りをしない人にはピンと来ないと思うけれど、仕立船=貸切と言うシステムは、餌も仕掛けも船頭さんが用意してくれて、釣り場に案内してくれるものである。
自分で釣り竿を持ち込んでも良い。
この場合は船頭さんも案内をしながら釣りをし、船頭さんが釣り上げたものもお土産としてお客さんが貰える仕組み。
漁協の協定で料金が決まっており、この船の場合だと、真鯛釣りは2名までの仕立て料金が22,000円。
そこへ1名追加されるごとに、4,000円の追加となるが、船の大きさの関係や釣り人同士の「おまつり」をさけるために、こちらの船ではお客さんの数を最大5名までとしている。

嬉しい釣果が出ることもあれば、さっぱり釣れないこともあるのが自然相手の釣り。
1枚も釣れませんでした!ってことも出てくるから、こればっかりは行ってみないとわからない。

「釣り船って高い!」
と思うだろうが、燃料代もかかるからねぇ。
釣りの面白さを知らない人には、そんなにまでして出かけないで、魚を買ってくればそれでよし!ってことにしかなりませんな。


お金を払わず乗っている私だから、当然お客さんを優先して頂いている。
そのお客さんが、
「ホームページを見て予約しました」
と言うことになっていたら、私が管理しているシンプルなWEBサイトも船頭さんに少しは貢献しているってことだしね。



目の前の予定は消えたが、実は次の予定を組んである。
次回の候補は20日(木)である。
行けるのかなー?



断りの電話の時に、船頭さんが言っていた。
「でも15日は、シケか風が強い日になりそうですよ、あはは・・・」
天気予報がそんな感じになっているらしい。
キャンセルになって良かったじゃんワタクシ。
予約入れちゃって気の毒じゃんお客さん。


そうか、週末の天気は悪いのか。

ゴエモン参加の航空観閲式は16日(日)が本番。
お天気は大丈夫なのかねぇ?
雨だったら行進はなくなるのじゃろか?



励みになります


テーマ : >°))))彡
ジャンル : 日記

CALENDER
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR