エビ道まだ半ば

エビさん水槽の水草をチョイと手入れ。
ちょっと増えてきたウィローモスを株分けし、モスドームにセット。
うまい具合に繁殖してくれるといいなー。


時々このブログには、レッドビーシュリンプ関係を検索し、ヒットした結果からの足あとも見受けられる。
たまにはエビさんネタも書いておかないと、もうコイツって水槽崩壊して、飼育をやめちゃったの?って思われているかもしれない(苦笑。
だからたまにはテーマをレッドビーシュリンプにして、記事を書いておこうっと。


そしてまた朝からほうれん草を給餌。
3日続けて入れているけれど、飽きずに食べに来るエビさんたち。


えび1

赤ちゃんエビは、あんまりほうれん草を食べに来ないと思い込んでいた。
ホントに今日までは、そう思っていたのだよ。
だけど食べに来ていることに気づく。
生まれたてのものはさすがに来ていないけれど、ちょっとだけ成長したエビは、オトナに混じってほうれん草を食べに来るんだー。




しかしいつも感じるんだが、水槽の中って撮影が難しいなぁ。
GX1のiAモードではボケてしまう感じが否めず、

えび2

CANON IXY 920ISの、水族館モードにして撮ってみる。
あー、でもGX1のほうが、色の表現力が自然かも…。

爪楊枝の先の方や、左下の隅にも赤ちゃんエビ。
爪楊枝に来ている子なんて、紛れもなくほうれん草を食べていた。
朝入れてから12時間以上経過し、かなり食べられてしまいスジが目立ってきたほうれん草。
それでもなお人気を集めている。

えび3

爪楊枝のてっぺんや、奥の格子の上にも赤ちゃんエビ。
すっごく小さいのに、ちゃんと大人並みの模様が入っているところが、このエビのいいいところでもある。

えび4

育てやすい水草=アヌビアス・ナナを活着させた流木に、大人と子供のエビさん共演。
水槽の中を眺めているのって、ホント飽きないなー。


レッドビーシュリンプしか入れていない水槽。
物足りないと感じる人もいるかもしれないし、実際混泳飼育をしている人もいるのだけれど、エビさん飼育には単独飼育のほうが向いていると私は思う。
このやり方を5年続けてきたからこそ、やっと私みたいな素人にも繁殖が上手く行くようになって来たのだとも言えるんじゃないかなぁ。

昨日相方O嬢が水槽の中を眺めながら、
「最後にエビさんを買い足したのっていつだっけ?」
と聞いて来た。
うーんと…1年以上前だと思うよ。
「それ以外って、ここで増えたエビも含まれているのよね?」
そうだよ、赤ちゃん生まれたりして増えたよ。

ソイル(床材)の交換時期も考えているんだけど、繁殖が上手く行っている時って、
「何もしないで環境そのまま」
なのがベターなんだって、行きつけのショップの人が言っていた。
なので今は交換する気になれない。

前にも書いたけど、冬場って結構繁殖が盛んになる気がする。
夏場と違ってヒーターのお陰で、水温が安定し続けるから、繁殖の面でも環境が安定し続けるのじゃないかと、私なりに考えているんだけど…。


でも気がつくと、一年を通じてポチポチ出産を繰り返しているエビさん。
じゃあ、ソイルはいつ換えたらいいんですかぁ???
コレばっかりは〈今でしょ〉な答えをまだ見つけられない。


まだまだ奥が深いよエビ道…。




励みになります

テーマ : ♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
ジャンル : 日記

たまごちゃん

「年末頃になって来ると、何故かレッドビーシュリンプのお産が増えるような気がする」
これはエビちゃん飼育を始めて3年半を過ぎた、現在の私の実感。

どうしてなのだろうと考えてみた。
秋から水槽ではヒーターが働き始め、水温が安定し続ける。
もしかするとそのことが原因ではないだろうか。

夏の間はどうしても水温の上下動がある。
ヒーターのコンセントは抜いており、その代わり水槽用の冷却ファンを設置して動かし、気化熱によって水温の上昇を抑えている。
加えて留守にするときには、午後になるとエアコンで冷房が始まるようにタイマーセットし、同じ部屋の中にいる猫・ハムスター・インコの熱中症対策も施している。
だがどうしても暑い日には水温が28度近くまで上がるし、加水して水温を下げたりしているのでその時は25度近くまで下がる。
夏でも夜なんか水槽の背後の窓を開けておくと(水槽は出窓に置かれている)、風通しが良くて水温が23度くらいまで下がっていることもある。
一日中水温が一定しているような環境にならないのが夏場。
一日中水温が一定している環境を保てるのが秋から春。
だから秋から水槽の中では繁殖に適した環境が維持できるようになり、年末を迎える頃になると稚エビの数が増え、そして稚エビがいると思えば抱卵しているメスもまた見られる・・・のではないかなぁ。


稚エビがいると嬉しそうに記事にしたのがつい先日。
その後稚エビの数は少し増えているし、昨日水槽の中を見ていたら、抱卵しているメスがいた。

エビ1

この御方が抱卵中のおっかさん。
ダンナのお世話をしなくても良い今夜、エビさんの抱卵姿を収めようと水槽に張り付いてカメラを構え、しょーもない時間を送っていた。

エビ2

ほれ!
お腹に卵ー!!

エビ3

「エビの卵なんか珍しくないぞー、
 ボタンエビの腹にいっぱいくっついているだろうが!」
と言われてしまっては元も子もない画像になっちゃうのだが、私みたいな写真の素人がコンデジ構え、水槽の中を頑張って撮影しているので付き合ってくだせぇよー。

エビ4

この卵は孵化までまだ日数がありそうだ。
抱卵を始めてから10日以内だろうな。
抱卵期間はだいたい3週間程度。
満月の日に交配するとか言われているが、ホントかなぁ?と疑問に思っている。
なぜなら満月の日じゃなくても「求愛の泳ぎ」が見られるから。
でもこの間の皆既月食の日前後に、盛んに求愛行動をしているのを見た気もする・・・。
ま、満月との関連は、私の中ではまだハッキリしないってことだ(笑。

このメスが抱えているように茶褐色の卵が、やがて透明度を増して赤みを帯び、中の稚エビが丸くなっている状態が見えるようにまでなると、生まれ落ちるのはもう間近。
ってことは孵化まであと2週間くらいかなー?



撮影していて気づいたのだが、このメスの他にも1匹抱卵していた。
卵の色はやはり同じくらいの程度。


撮影はCANON IXY 920ISの「水族館モード」でマクロ撮影。
撮れた画像をフォトショで拡大して切り取り処理。
コンデジで撮影し、体長3cm程度のエビちゃんをこれだけ大きく切り出すのには、ピンぼけが多くてかなり苦労する。

エビは動くし、水の流はあるし、水草の陰に入れれてしまうし、ちょうど卵が映るような角度になかなか来てくれないし・・・はぁ・・・。


そして足元に猫が来て邪魔するし、


エビ5

水槽の上にまで来て邪魔するし!!

寅蔵~!乗らないで~!!
体重7kgがそんな所に乗ったら、水槽のライトのカバーが壊れちゃうよー!
( ;∀;)

でも寅蔵がここに乗るのは珍しいんだな。
よっぽど私に何か言いたかったのだろう。
でも何が言いたかったのかわかんなーい。


抱卵しているのを見たら、何もしないで放っておくのが一番いいと言われる。
環境が変化すると、孵化する前に「脱卵=卵を落としてしまうこと」を起こすんだって。
でもろ過装置のマットを交換しなければならない限界に来ているので、今夜はマットの交換だけをそっと行い、そして減って来ていた水を足しておいた。
脱卵しないでくれよー。



マニアには受けるが、興味のない人にはどうでもいいような写真でござったな。
外では北風が強く吹き、窓が時々ガタガタと鳴る。
明日から冷え込むんだってねぇ。
明日の福岡県、雪予報が出ているわ。

久々に会ったお友達が、明後日から仕事先の旅行で釜山に行くんだと言っていた。
「すっごく寒いんだって!」
と言うから、
「そうぉ?
 私は年が明けてから行ったけれど、それほど寒くなかったよー」
って返したら、
「予報見ていないの?
 明日からすごく冷え込むんだって!」
だって。
帰宅後に予報を見ていたら、朝鮮半島から日本海そして九州北部まで、すっぽりと寒気に覆われていた(爆。

まだ半袖で仕事しているワタクシ。
マジで暑いくらいなんだもん、ウチの職場。
遅番で出て行った本日、社内に入ったら「もあ~!」っと来たねー。
暖房強すぎねぇ?と思ったさ。
お客さんも言っていた。
「温かいですねぇここ。ムンムンするわ」
とね。

でも明日からは・・・半袖着ていたらおバカ?かも。





励みになります


テーマ : .+.(♥´ω`♥)゜+.゜
ジャンル : 日記

本日の水の中と空の上

数日前から気づいていた。
エビちゃん水槽の中に赤子が現れておる。

えび1

そう。
毛のあるものだとか腹の赤いイモリだとか、彼らのことを記事にして取り上げていたけれど、私はまだ懲りずにエビちゃん飼育も続けている。
レッドビーシュリンプである。

相手に動かれてブレてしまったが、親と比べるとまだまだこんなに小さい。

えび2

親の体長が3cmに満たないのだから、赤子がどれほど小さいかお分かりいただけるだろう。
受精卵を腹に抱えたメスの腹で育ち、その腹の卵から殻を破って生まれ落ちる。
その時にはもう親と同じ姿をしているのだ。

えび3


素人飼育なので出産が行われても「爆殖」にはならぬ。
ささやかに生まれ、そしてそんなに増え続けはしない。
その道に長けた方からは「オメーが育て方下手くそなんだよっ!」と叱られそうだ。

おまけに水草には苔も生じ、マジ下手な管理丸出し。
だけどエビちゃん水槽はかなりの癒し系アイテムになっている。

えび4

この2匹は体長の差から見て、生まれた時期が異なっていると思われる。
向かって右のほうが小さい。
果たして何匹の赤子が生まれ落ちているのやら。
水槽の中には赤子らの隠れ家になるようにと、水草を多めに入れているので、その陰に隠れているものがいるとしたら、なかなか全体像は掴みにくい。





それにしてもエビちゃんの画像撮影は難しい。
相手が動いてばかりいることに加え、


えび5

野次馬がいつも邪魔をしに来るから(苦笑。









今日は仕事が遅番で、午前中はゆっくりと家で過ごしていた。
そのトロトロした昼前に、遠くからドドドドドドドド・・・とヘリの編隊飛行音。
一昨日の休みにもこの音を聞いた。
その時はエアバンドも聞いていたので、この編隊のコールサインもわかっていたし、どの辺りを飛ぶ予定なのかも伝わって来ていた。


今年も・・・フォーメーション


中一日でまた我が家上空へやって来たこの編隊ヘリは、コールサインから紛れも無く陸自のものだ。
水曜日と金曜日にやって来たって事は、日曜日に行われるイベントの予行であるに違いない。
毎年こうした風景を見ているので、予行フライトだってことはすぐに気付くし、その予行フライトが事前に2回、こうした曜日に行われることも記憶の中にある。

えっと・・・、この時期にイベント開催するのは何処じゃろか?
12月にイベントってあったかなぁ?
県内にはこうした展示飛行をしそうな陸自の基地・分屯地が3ヶ所ある。

調べてみたらすぐに分かった。
11日(日)に「西部方面航空隊創隊50周年高遊原分屯地創立40周年記念行事」が、熊本空港に隣接する高遊原分屯地で行われるのだった。
この分屯地には、西部方面航空隊第3飛行隊と第8飛行隊が駐屯している。

だがここの創立記念行事は毎年4月頃に行われていた筈。
しかし今年のその時期と言ったら、各地で軒並みイベントは中止されていた。
節目の年でもあるので、今の時期に日程変更して挙行なのかなー。


今年県内では10月恒例の健軍駐屯地の記念行事は開催されたが、4月恒例の北熊本駐屯地の記念行事は中止になった。
でもこの3ヶ所の駐屯地が、記念行事でこのような編隊飛行をご披露しているために、予行のフライトがあると新聞などを見なくても、
「あー、次の日曜日が記念行事なんだなー」
と知ることが可能。

この週末はえらく冷え込むらしいが、今のところ雨予報にはなっていない。
まあ実際のところこの編隊ヘリの音ってのはかなりウルサイものなんだが、楽しみにしている人もそれなりに多くいるだろうから、無事挙行されるような天候になるといいですな。
興味のある方は公共の交通機関を利用してお出掛けを。
周辺は絶対に渋滞するんだから。
そしてもしもこの日、熊本空港を利用するならば早めに出掛けないと、出発&到着に間に合わないという悲劇も起きるよー。
何せイベント会場が空港の隣なんだから。
でも一般の空港利用者の中には、そのことを知らない人も多いんだろうなぁ。
知らないぞー、エライことになっても。



そういえばこの間ダンナが仕事で、宮崎県にある空自の新田原基地の記念行事へ行って来た。
ブルーインパルスの展示飛行もさることながら、あそこの飛行教導隊のフライトにど肝を抜かれたと、興奮気味で話していたっけ。
イベント終了後、駐車場から車が出るのに、2時間半かかったってことには閉口していたが、仕事で行ったくせに展示飛行にはかなーり感動していた役得のダンナである。


「ふ~ん・・・」
と冷静を装ってその話を聞きながら、実はかなり悔しいワタクシでありましたとさ、フン!!




励みになります

テーマ : ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~
ジャンル : 日記

水槽リセット大作戦

お買い物のハシゴ!

O嬢のテレビラックは、あんまり気に入る品に出会えず、結局地元のホームセンターで見た品物を取り寄せしてもテレビの納品に間に合うことがわかり、そちらを手に入れることに決定。

ま、折角一緒に出て来たのだから、ランチでもしようかね。

裏カフェランチ

隠れ家的お店:裏カフェへ。
大型家具店から普段は使わぬ裏道を通って久々に出向いたので、あまりにも「隠れ家的お店」なので一度道を間違えてしまったワタクシ(苦笑。

今日まで開催中のカレーフェアとやらの選べるカレー2種というメニューが魅力的で、これを注文した二人。
激ウマだった!
ちょいと小振りのナンはおかわり可能の美味しいナン。
二人とも追加をお願いしちゃったよ~。




熱帯魚ショップへ行って、水槽リセット用品を購入。
水草も一気に替えようと思っているので、これも何種類か購入。
帰宅後の私は作業に没頭しなくては…。


ユニクロにもお立ち寄り。
冬用のモノを少し買う。
ユニクロって言えばさ、地元に店ができるとかって噂が出ているけれど、真偽の程はいかに?

ユニクロに関しては、もう何年も前からそんな話はある。
大型家電ショップが出来ているあたりに出来るという話も、大型パチンコ店が進出したあたりに出来るという話も、結局噂だけで終わってしまった。

出来たら出来たで私は歓迎しますけどなぁ。





さて。
水槽リセット作業の始まりだよ。


60cm水槽から水草やヒーター他の用具などを取り出し、水槽掃除用の吸出しホースで水を全て抜く。
抜いた水は捨てず、釣り用の大型のクーラーボックスに移す。
中に棲んでいるエビさんもその水に中へお引越し。

床材に敷いてるソイルも全て取り出して、

空の水槽

ガラス面の内側に付いているコケなども除去。


はあ…、ここまでもでかなり疲れる。


きれいになった水槽へ、新たに買って来たソイル(床材)を敷く。

ソイル

各社から色々と出ているけれど、私はADAのアマゾニア利用者。
アマゾニア2の9リットル1袋を全部入れ、その上にバクテリアの元の粉をパラパラを撒き、更にその上にアマゾニアのパウダー(小粒)9リットルを1/3袋くらい重ねて敷く。
これはショップで教えてもらった方法なんだけど、ノーマルタイプだけ使うのよりも、こちらの方法はレッドビーシュリンプの飼育環境を長く維持できたよなぁ~と経験上の実感。


だけどもっと安くならんのかのうアマゾニア。
2袋買って7,000円を超えるのって勘弁してくれない?(^_^;)



外部フィルターも掃除。
テトラのAX-60を使っているのだが、この外部フィルターは一度電源を切ってしまうと、中の水を全て抜いてしまわないと電源を入れても水が流れないからだ。
面倒なのよね、実にこの外部フィルターのこうした機能が。
最初の時、壊れたかと思って焦ったよ。
気がついて水を抜こうと蓋を外したら、パイプの中の水が逆流して来て周りが水浸しで大慌て。
今は100円ショップで買って来たバケツの中に、この外部フィルター本体を入れてから、蓋を開けるようにしている。

一気にバクテリアが消えてしまうと困るので、上部フィルターは手を着けない。
もう少し日数が経過してからこちらはフィルター交換すればいい。


クーラーボックスに移しておいた水を、水槽へ戻す。
水槽の2/3位まで戻し、残りは新しい水を加える。
我が家は井戸水なので、カルキ抜きの必要なしなのがお手軽~。


ヒーターやエアストーン等を水槽に戻す。

そして買って来た水草をセット。




途中でガスや新聞の集金人さんが来て、何度か作業中断。
ああ、めんどくさー。



さあ、外部フィルターの電源を入れるぞ。
・・・・・と入れたら、ホースの途中2ヶ所から、ピュー!と細く水が吹き出すじゃないの!
えええ~!?
どうして!?


ヤバイです、ホースの交換しなきゃです。


このホースは、外部フィルター本体を新しく買って間もなく、猫の寅蔵が齧って穴を開けてしまった。
そのため近所のホームセンターにパーツの注文をして買い換えた。
その後は噛まれないように、ホース部分にタオルを巻いて保護している。

先ほど集金人の対応をしている間に、また猫が齧ったのか?
それとも劣化していたの?
うーむ、原因がわからぬ…。

割と簡単に穴が開く素材のようなので、寅蔵に破られた時、予備をもう1個手に入れていた。
これが今回すぐに役に立ってくれたよ、とほほ・・・。
でも買い置きしておいて良かった、マジで。
また注文しておかなきゃ…。


このホース、外すのがこれまたすごく面倒。
一度セットしてしまうと、手で引き抜くことはまず不可能。
結局カッターで薄く切り込みを入れないと、取り外せなかった。


もっとイージーなモノを作ってくれよ、テトラさん!!





で…紆余曲折で波乱があったが、全てセットし終え、エビさんを戻し、水中の濁りも収まった水槽の中がこれ。


リセット水槽1

エビさん元気っす。

リセット水槽2

前から入っていた水草は大部分を捨てた。
水草の表面に髭苔が発生していたからだ。

リセット水槽3

水草を巻きつけていた流木は、一度水草を外して表面を洗ってまた利用。
水草のうち、アヌビアス・ナナは髭苔に襲われていなかった新芽部分をカットして再利用。


リセット水槽4

今回は赤い水草も買って来た。
これは売り場で選んでいたときに、O嬢がリクエストしたからだ。
一部分にだけ赤い水草を使うのは、レイアウト上少し難しいところがある。
水槽好き好き生活が長いので、その間には赤い水草を用いたことが何度かあるんだけれど、結局は避けていく傾向が定着していた。
久々に入れたよ、赤い水草…。


リセット水槽5

100円ショップで買った植木鉢の底穴用ネットを用いて作った、お手製のヒーターカバーは、1年経過しても劣化することなく、まだまだしっかりしていた。
エビさんの火傷防止に効果大!






リセットを終えた水槽は、中の水がキラキラしていて気持ちイイね~。
新たに入れた水草が成長を始めてくれたら、また雰囲気が変わると思う。

あーあ、大変だったけれどスッキリした!









さて水槽といえば、きっとこの画像の数々を見ながら気にしている人が約1名いると思うので、ちゃんとご報告しておこう!


いもりくん

アカハライモリくんは元気ですよ(笑。

冷凍アカムシを主食にしている。
食べているところはいまだに見られないのだけど、餌が減っているということは食べているということだと思われ。

水の中にいることよりも、こうして陸に上がっていることのほうが多い。
イモリって、冬眠するんじゃないの?
でも家の中だとそれほど冷え込まないから、冬眠しないとも考えられる。


冬の間はこの子をどうしたらいいのかね?
ちょっと考えておこうっと。



励みになります

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

和み系趣味のススメ

色々と慌ただしくて、じっくり書いている暇が無い(汗。
コメント返しも遅くてスマソ。



何はともあれ、まずは本日の画像。

エビ1

私の趣味の一つ。
レッドビーシュリンプたちは元気である。

昨年の春先は、まだ飼育から1年経過する直前だというのに、ソイル崩壊でエビが次々と☆になり、私はとてもガックリしていた。
その後水槽をリセットし、1年が経過するけど無事である。
上部フィルターを買い換えたのも良かったかも知れないが、一番の要因はソイルじゃないかと思う。
リセットの際に導入したアマゾニアの普通粒とパウダーの2層式設置。
高値だったけれどそれだけの結果に結びついている…と思っている。



爆殖とは言えないが、子どもだって何期かにわたって、ぼつぼつと増え続けているよ。

エビ2

ほらほら、わかるかな~?

一番手前が1年もの。
その奥にいるのが、1年ものの子ども。
そして、右上の水草の上。

エビ3

生まれて間もないエビもいるよ~。



これが目の前にある食卓。
和みます。
かなり良いです。


しかし水草が増える勢い良すぎる~。
近いうちに少しトリミングしなくちゃだわ。



水槽ひとつあると、かなり和み系の部屋にイメチェンする。
オススメです。
だがいきなりレッドビーシュリンプは、ちょっと難しいかも。
まずはメダカでもいいから飼ってみてちょ!
メダカは楽よ、メダカは、うん。




励みになります

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

紅蜂海老水槽再構築記

アタシはいつ頃からこんなに疲れやすくなっちゃったんだろ?
トシのせい?
一晩徹夜した疲れが、取れない取れない…。


その徹夜の原因となった、水槽リセットの話。

レッドビーシュリンプを検索キーワードにして、こちらへ飛んで来るケースもあったりする。
素人の飼育メモだから、参考になる話はあんまり出ていないと思うんだけど、折角訪問して下さった方が迷子になってしまわれないように、一応飼育に関する記事もたまには書く。

60cm水槽の立ち上げから1年1か月経過。
10匹でスタートしたレッドビーシュリンプの飼育。
去年の夏頃は、
「この調子で増え続けちゃったらどうしよう!?」
と考えるくらい、抱卵と孵化を続けていた。

抱卵しないなぁと気づいてきたのは、冬が始まる頃から。
成長していたものが減っているような気がしていたのは、冬が終わる頃から。
エビが☆になっているものを見かける事はなかった。
水草を多く入れているので、たぶん物陰で死んでいたのだろう。
4月に入ってから、初めてえびの死骸を見つけ、この頃にはさすがにヤバイとの気持ちが強くなった。


今回リセットを決行して、残っているエビを網で掬い上げたら…、


その時点で生き残りは3匹しかいなかった!
嗚呼、衝撃のこの事実。


ろ過装置は、一般的な上部フィルターと、外部フィルター(Tetra:AX-60)。
そこへエアカーテンのエアレーション。
足し水をしていく程度で、あんまり水替えはしていなかった。
ショップでもその程度で大丈夫って言われたんだけどなぁ。

まあ今回相談しに行ったら、
「1年という事ならば、ソイルの寿命ではないか?」
との話なので、これが噂に聞いていたソイル崩壊かぁ…と思って、水槽のリセットを実行するに至った。


モーター類やヒーターのコンセントを全て抜いてから作業スタート。

水草や流木などを取り上げ、乾燥してしまわないようにバケツに入れて水に漬けておく。

まずは水槽の水抜き。
釣り用のクーラーBOXに、やや厚手の70リットルゴミ袋(先日の大掃除の残り物活用)を入れ、そこへ水槽から抜いた水を移す。
ビニール袋を用いたのは、クーラーを洗った際の残留洗剤が気になるから。
この水は、再び水槽へ戻すのに使う。

水抜き



今回使用するソイル(床材)は、ADAのアマゾニア。

ソイル2種

1年前には、ショップで勧められたどこかのエビ屋さんが出しているソイル(2,800円/9リットル)を用いた。
その時は普通の粒を1種類だけ。

ソイルって高いよねぇ。
でも今回はショップの勧めもあって、2種類のソイルを用いる事に。
左の小粒が3リットル2,100円、右の普通の粒が、9リットル2,940円で購入。

2層式にして、下には9リットル袋の2/3程度を入れる。
その上に、ろ過バクテリア(これも高い!)をチョイと添加。

ろ過バクテリア

60cm水槽だから、添付されているスプーンに山盛り3杯。
まだまだ沢山残っている。
コレを使い切るのはいつの事?

その上に小粒(パウダー)のソイルを1袋全部敷き詰める。

ソイル投入

これで合計9リットル程度入れたことになるね。

2層式の方が良いという理由は、あんまりわかっていないワタクシ。
細かい突っ込みはご容赦。


先ほど抜いておいた水を水槽へ戻す。
これを水槽へ7割程度入れ、残りは新しい水を入れた。
我が家は井戸水なので、汲み置きした水ではなく、蛇口から出て来た水をそのまま使う。

アマゾニア、結構「木くず」みたいなのが浮いてくるのね。
これは網などで丁寧に掬って取り除くしかない。

コンセント類を戻し、モーター作動の再開。
水槽内の濁りが取れるまで、そのまま放置して待つ。


3時間ほど待ったのち、濁りがかなり収まった。
リセット後の水槽がこちら。

リセット後の水槽

水草がだいぶ生長しているので、これまで入れていたエビの隠れ家用のオブジェは取り出したままにした。
それと、苔対策で入れていたカワニナ数匹、これも今回は撤去。
コイツが水草の新芽を食うものだから、コブラグラスが全然伸びてくれなかったんだもん。

生き残りのエビさん3匹を戻し、それに加えてパイロット・フィッシュの代わりに、レッドビーシュリンプの1cmクラスを15匹投入。
水槽リセット時にいきなり!?と思われるだろうが、まあこれは人柱みたいなものでもある。
リセット後の水槽の状況を観察する目的もあり、大量入荷後で1匹198円になっていたエビを、ソイルと同時に買って来た。

エビさん投入

水合わせをした後に投入したエビさん達、一晩経過した後はまあ元気にしている様子。
勿論、こうした環境にあった水槽をリセットした直後に入れているのだから、死ぬものもあると思う。
はっきり言って、半分残れば良い方じゃないかと。
だけどこの段階を乗り切らないと、この先がないだろうから…。

ろ材関係は、今回交換せず。
これはリセット時の鉄則。
ひどい汚れを、元の水で洗い流した程度。
一気に環境を替えてしまうと、ろ過バクテリアの面でもよろしくない。


午前0時近くからこんなことを始めていたので、終わったのは5時頃になってしまった。
休みの日など、ゆっくりと時間が取れる日にやった方が良いよ、絶対…。

「1年ごとに、そんなにも手間とお金がかかるってこと?」
とOちゃんに言われた。
そのような事になるんだろうと思う。
フィルターのろ材交換や掃除の際にも、彼女は、
「大変ねぇ、だから私には飼えないのよ」

言いたくなる気持ちは分かる。
でも1年飼い続けた感想としては、熱帯魚を買っていた時よりも、水は汚れないし、手間は少ないような。
もっともあの頃よりは、大事にしようという気持ちがこもっている現在のワタクシ。

エビが激減した時に、メダカ水槽に切り替えてしまおうかと、そんな気持ちがチラと横切った。
だけど何年も憧れ続けて、やっと飼い始めたレッドビーシュリンプ。
それを1年で放り出しては、あんまりじゃないか。
誰だって失敗を繰り返して試行錯誤しながら、それでも何とか前へ前へ歩んでいるのだろうと、そう思うようにして2年目を迎える事にした。

明日は休み。
明日は明日で、また色々な用事をこなさなくては。
ああ、眠い…。

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

桜前線北上中

ゴエモンから写メが送られてきた。

桜2

おお~、満開の桜。
どこの桜なんだろう?…と思ったら、

桜1

どうやらこの風景は、基地の中のようだ。
なかなか見事ではないか。

桜に向かって携帯カメラを構えている余裕があるようならば、まあゴエモンもまだ精神的にゆとりがあるって事かも。
シミュレータの実習も大過なくこなしているらしいし、とりあえず大丈夫だろう。


さて我が家の中では、久し振りでほうれん草を貰ったレッドビーシュリンプさん達が、大喜びで群がっている。

エビさん

しかしね…、良く見るとメスはたくさんいるんだけど、卵巣が発達している状態ではないものがほとんど。
卵巣が発達しているものは、頭の後ろが黒く透けて見えるものなんだがなぁ。

水槽を立ち上げ、10匹を入れてスタートしてから、今月初めで11か月が経過。
秋までは繁殖を繰り返してきたが、そろそろ新しい血を入れないと、繁殖率が低下するものなのかも。

家の片づけが気になる今日この頃故、行きつけのショップまで、往復2時間近くかけて出掛けている余裕が生まれない。
ネットで探そうかな…。

おっと!そうだった!
あと10日したら、あのショップの近くへ出掛ける予定があったんだ!

主催している放送局からペア招待券を貰ったので、今年もまた女子プロゴルフツアー「ライフカードレディース」を見に行くつもりで休みを入れている。
この試合会場は、熱帯魚ショップのほど近く。
試合の帰りに寄ってみよう。

このくらいの数でも良いんじゃないか?とも気持ちもあるが、Oちゃんから時々、
「最近は増えていないの?」
と尋ねられ、ちょっとプレッシャーも。
赤ちゃんが生まれると、それもまた楽しいしね。

水槽のメダカは、特に卵を隔離していない関係で、どうやら親たちが卵を食ってしまっている模様。
稚魚は見当たらないし、卵もいつの間にか消えている。
バカですねぇ、こいつら。

  本日のBGM さくら(独唱)/森山直太郎

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

CALENDER
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR