見逃せましぇん

今夜からATCもののドラマが始まったねー。
セットはよく出来ているし、ロケ風景と来たら、飛行機好きにはたまらんッス。
ゴエモンは所用により、リアルタイムで視聴できず、録画して見るとのことだった。

ATCに縁がなかった人も、これで興味を持つようになるかなー。
突っ込みどころは相当あるけれど、私としては見逃したくない作品かも。

TYO

それにしても、私が次にこの空港へ行くのはいつだろー?
来年の春の、義母の三回忌はどうすんのかなー。
(画像は2011.05.13撮影)




励みになります

テーマ : .+.(♥´ω`♥)゜+.゜
ジャンル : 日記

icom IC-RX7 使い勝手の勝手なレポ

今日のガリ子ちゃん。

ガリ子食事2/6

どなた様か心お優しいお方が、レストランの残飯を与えてくれたらしく、私が退社間際に通りかかったら、ガツガツとむさぼり食っていた。
良かったね…。
今日は、あの怒鳴っていたおばちゃん、もう帰っちゃっていたんだよ。
見つかったら、またまた怒り心頭だったよ。

サラダの残り物も入っていたみたいで、トマトが幾つか含まれていた。
だけどトマトはお気に召さないと見え、しっかり残していたガリ子。
放浪の身の割には、好き嫌いあり。

だけど今日、役立たず兄妹の事を含め、
「引き取り手が見つからないみたいだから、もう役場に連絡しないと…」
って、総支配人が言っていたよ…。

はぁ…。
どうにか出来ないかねぇ。


さて!
念願叶って手に入れた、広帯域受信機「icom IC-RX7」を、自分の環境に合わせて使いこなすべく、あれこれいじくってみた。
2008年7月に発売された、このメーカーの最新機種で、WEB検索すると幾つかのレビューも見られるが、自分なりの感想などをちょこっと。

まずは大きさ。

3機種比較

左のMVT-7000は、もう20年以上前に入手した物。
まだ熊本へ来る前に、茅ヶ崎のダイクマで買ったと記憶。
それに比べりゃ、テン・キー付きの機種としては、コンパクトな大きさだと思う。
携帯と並べても、このとおり。
だから、これまでの物の印象があるので、手に持った感じも「重くはない」のだが、携帯電話と比べると、やっぱりそれなりに重い物ではある。

そして最初に「薄い!」と感心した、その薄さ。

3機種厚さ比較

折りたたんだ携帯と、それほど変わらないくらい。
今やレシーバーも、ここまで薄くなったのか!の感あり。

開いた携帯と比べても、こんな感じである。

受信機・携帯比較


ところでおいらの携帯、「似合わない~」と言われそうなくらい、最近になってちょいとデコっている。
いずれ機種交換を…と考えているところではあるので、それまでのお遊び感覚のつもりで、「高蒔絵シール」なんてものを貼り、デコっちゃったのだ。

携帯デコ

ある日突然この状態になった携帯を見て、Oちゃんがたまげた顔をして固まっていたので、
「ヘンチクリン?」
と尋ねたら、
「…地味なのね…」
とコメントされた。

本当は金か銀の龍でも貼りたかったのだが、それはあんまりだろうと自主規制。


さて、地元空港の管制関連でも受信しようかね…と思ったところ、スイッチを入れる前にゴエモンから情報メール。
「プリセットには、何故か熊本空港が入っていないよ。
 なのに芦屋とか、渋いのが入っていたりする」
がーん!
雑誌などの記事を読んだ限りでは、エアバンド関係のチャンネルは、殆どプリセットされているみたいなイメージだったのに。
役に立たないじゃないか。

仕方がないから、とりあえず「AIR CONTROL」なんていうカテゴリーをスキャン。
カテゴリースキャンだと、北から南までの全部のACCをスキャンしちゃうんだ。
自分には関係ないチャンネルまで巡っている事はないよな。
SKIPしちゃえ。
ポチッ。
押しにくいな、このテン・キー。
本体が薄く作られている都合なのだろうが、ボタン部分の出っ張りもかなり控えめになっていて、出っ張り方が抑えられている。
従ってボタンを押しにくいのであった。

取扱説明書は、判らない人には判らない専門用語が並ぶ。
「エアバンドってものを聞いてみたい!」
と思い立っただけで、生まれて初めてこの手の物を購入した人には、たぶん相当不親切な印象だろう。
巻末の索引も、docomoの携帯電話マニュアルほど長々とはしていなくても良いが、シンプルすぎると思った。

時間をかけて、操作しながら説明書を読み、やっと理解出来てくるその仕組み。
難しいぞ、コレ。

「以前からの受信機に慣れている人は、戸惑いそうな操作」
と書かれている記事もあったっけ。
だけどまあ、操作そのものは、覚えてしまえばなんて事はない。
だが覚えるまでの道程が、曲がり道クネクネ。

地元空港関係のチャンネルと、地元消防本部のチャンネルをカテゴリーを新規作成して上でメモリーに入れる。
だがやっぱりボタンを押しにくい上に、「航空無線のすべて2009」(三才ブックス)付録の「エアバンド手帳2008~2009」を見ながら入力するが、どれを入れたか、どのチャンネルにどのナンバーを振り分けたか、それが作業開始早々で判らなくなり、早くも入力するのが億劫になってきてしまった。

別売の「クローニングソフト」とやらを使うと、パソコンと受信機を繋ぎ、パソからデータの編集が出来るような話があるけれど、残念ながらこのソフトは、窓パソ専用。
林檎使いには、本体のキーから入力する以外にないみたい。

Excelを立ち上げ、プライベート入力用のチャンネル一覧表を作る。
これを元に、コツコツと地味な作業再開。

メモリチャンネル(M-CH)の書き込みは、根気のある人にしかお勧めしたくない作業。
でもコレを使うからには、たぶん避けては通れなさそうな作業。
細かな分類が出来、MVT-7000なんかとは違って、チャンネルそのものに名前を付ける事が出来るようになっているものだから、ついそこまでやってしまおうとすると、結構時間がかかってしまう手動入力。

福岡ACCのチャンネルと共に、それぞれのカテゴリーを「リンクスキャン」で聞いてみる事にする。
アンテナは本体附属のアンテナ使用。

一戸建て1階のリビング中央付近で受信。
パイロットからの交信が、どうにか入って来るって感じかな。
地元消防本部のものは、基地局からのものがバリバリの感度で入る。
「本部から各局。救急指令、救急指令」の指令とか。
これなんだけど、私がMVT-7000をぶっ壊して、聞けなくなってしまっている間に、消防本部が立て替え移転になって、無線のシステムが変更されているんだわ。
指令の第一報が、コンピューターの合成音声になっているので、ありゃりゃ!と驚いている。

但し、ノートパソの近くへ本体を持ってくると、チャンネルによっては電波障害を受けてしまう。
ノーパソがスリープ状態の時は大丈夫だが、スリープから復帰して、画面が出て来たらアカンのですわ。
そしてこのノイズを受ける状況は、車に乗せて走っている時、ダッシュボード近くへ本体を置いても同様。
助手席の上に置くと、やっとノイズは消える。

車で出掛ける時は、置き場所に困るなぁ。
車用の広帯域受信アンテナ&ゲインコントローラーを持っていて、バロンちゃんの前に乗っていた車には取り付けていたんだけど、スタイル重視のバロンちゃんには取り付けたくないと思って、物置の中に入れている。
誰か欲しい人いる?
ゴエモンが車を買ったら、あげようか?


IC-RX7には、メーカー純正のキャリングケース(ソフトカバー)も付いて来た。
傷から保護するためには、こうしてものを被せておいた方が良いと思われるので(MVT-7000は、何度も落として傷だらけにした)、これをセットしてみた。
そしてアンテナを、外部アンテナに取り替える。

カバーの難点1

外部からのジャックと、本体のジャックの形式が異なるので、コネクターが必要。
メーカーから出ているIC-RX7用の純正コネクターは、1,050円もするのだが、コネクター1個にそんな出費をする必要はない。
普通のパーツを買えば用は足りる。
だが我が市内に唯一あった無線ショップが、数年前に閉店してしまい(携帯電話の普及のせいかも)、今はその風変わりな国道沿いの建物がラーメン屋になってしまったので、遠くまで買いに行くのを惜しみ、ヤフオクにて入手したこのコネクター。
お安くて1個198円!送料は140円。
これで十分ッス!!

我が家の屋根の上には、かなり前から、

外部アンテナ

広帯域無線受信用のアンテナが立っている。
あこちん、自分で屋根に登って取り付けた。
これを使うと感度はどうだ?

おお!格段の向上。
空港のTWR、APP等、管制官の声もしっかり入って来るようになった。
そしてパイロット側の交信も、感度良好に。
カンパニー(航空会社)の地上無線も、基地局側はクリアに入感。
だけど移動局側は、さすがにコレでも聞けないな。

消防本部のものも、移動局側のものが入りやすくなった。
救急車からの「心肺停止状態(!)」とか…。
近所で救急車や消防車のサイレンが聞こえたら、このチャンネルをワッチすると、本部との交信から、現場の状況が伝わって来るんだよ。
(思いっきり電波的野次馬じゃん…)

しかしねぇ…。
早口で英語をまくし立てているエアバンドを聞いていて、やっぱりつくづく思うわ。
「うちのゴエモンさん、本当にコレをやるの!?」
ってね。
先日、小牧の管制隊を見学して来たそうな。
どうだった?って尋ねたら、
「怒られている現場を見て来た…」(^◇^;)
だそうで。
それは数ヶ月後のアンタの姿!だな。

ところでね、キャリングケースの事なんだけど、

カバーの難点2

これを付けてしまうと、一段とキーを押しにくくなっちゃうよ。
キーの出っ張りよりも、カバーの厚みの方がすごいんだもん。
特にこの段差に近い部分などは、かなり深く押し込む感じでやらないと、キー操作が出来ないの。
それから、これを付けた状態では、透明ビニールのテカリが邪魔して、液晶画面が見にくくて仕方ないよ。
(2枚前の画像参照)
「どうしても傷を付けたくない」という人は使っても良いだろうけれど、「サクサク使いこなしたい」と言う人には向かないなぁ。

イヤホン用差し込みのゴムキャップを開けて、また閉めようとしたら、なかなかキチンと閉じる事が出来なくて、かなり苦労しちゃった。
私だけ?って思ったが、ゴエモンからも、
「あれはかなりコツが必要だった!」
と同様の報告が来ており、メーカーさんには改善して欲しい点かも。
だけど「防滴仕様」とのことなので、こうした密閉する必要のある、開口部のゴムキャップなんかは、かなりキチキチに作っておかねばならぬ点だったんだろうなぁ。
しかしそのすぐ隣にあるAC電源ケーブル差し込み用のキャップは、同じような作りでありながら、とっても開け閉めしやすい。
この差が良くワカランのう、素人には。

どの周波数帯の入りが良いとか悪いとか、そうした玄人っぽいレポは書けないあこちん。
イヤホンでは聞いていないけれど、本体のスピーカーから流れてくる音質は、決して悪くないと思う。
スピーカー音の出力も、MVT-7000よりは上に感じている。


とりあえず、まずは手に入れて、そして使ってみたいと思う人向けのレポ程度。
これまでのアクセス履歴を見ると、検索キーワードに、この機種の名前が入っていたりするんだよね。
今から買おうかな?と思っている人には、使い勝手等が少しは参考になるかいな?

しかしこのレポって、ブログ訪問常連さんの中では、ハム免許を持っているKさんとかTさんとか、それからゴエモンなど、そうしたマニアックな人にしかわからないネタだよ…。

興味のない人は、飛ばし読みしちゃっただろうねぇ、済まないねぇ。
いい大人がお気に入りのおもちゃをやっと手に入れて、嬉しくていじくり回している、そんな感じでねぇ。

久々でデジカメ使って画像を確保したもんで、レシーバーの操作や、その加工等にも手間取り、アップがチョイと遅くなったッス。

  本日のBGM おもちゃのチャチャチャ/ダカーポ

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

CALENDER
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
COUNTER
TWITTER
たまにつぶやいている
RECENT・・・
PROFILE

あこちん

Author:あこちん
FC2プロフ作ってみました。こちらをクリック!
・火の国在住
・似ている人=金太郎
・釣りが好きなナマケモノ。某釣り船サイトの管理人。
・下手っぴーだがGOLFに手を出し…そして諦めた。
・休日はドライブ/温泉/うまいものなどの探求。
・PCは林檎使い歴23年ほど。はじめの一歩はMacintosh LC575。現在はiMacの27inch。
・'10.06末に窓PCを手に入れたが、こちら方面のことはちょびっとしかわかりましぇん。
・最近は主にミラーレス一眼DMC GX1とズームレンズ、それとあくおす・ぽんを使って撮影している。
・ヒコーキとか空とか草花とか、浅く広く多趣味。
・日々の日記を綴りながら、その時に聞いている曲や頭の中に浮かんできた曲が「本日のBGM」。クリックしても曲が流れ出す訳ではないのでご注意下され。(マジでクリックする人がいるそうな…)

  • 管理者ページ
  • CATEGORY
    お勧め書籍&CD&etc…












    LINKS
    時々覗き込んでいるBlogなど…
    SEACH THIS SITE..
    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS
    RSS FEED
    QRコード
    QR